でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

金融・キャッシング

ブラックの方必見!!債務整理中・後に借入・融資可能な消費者金融とその方法!!

更新日:

債務整理中や金融ブラック、過去に金融事故を起こした経験がある方は多数いらっしゃいます。

こういったステータスの方々はキャッシングや借入を行う際に通常の金融の事故経験無しの方と比べると大きなハンデを背負っています。

金融事故を起こすと信用情報期間に自身の情報が載り、キャッシングや借入を行う場合その事故の情報が邪魔をしてしまいます。

この記事では、以下の2点に留意して記載していきます。

・自身がそもそも金融ブラックなのか?

・金融ブラックというハンデを背負っても少しでも審査通過率を上げる為の方法。

・『結局どこの消費者金融が自分に合ってるいるのか分からない』と路頭に迷わないように数ある消費者金融の中から特徴別に消費者金融業者を紹介。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




そもそも金融ブラックの基準とは?

金融ブラックという言葉を耳にする機会もあるでしょう。

いわゆる、これまでに滞納をしたり、返済が滞ったりするとそのようになります。

では、返済が`1日遅れた場合でも金融ブラックになるのでしょうか?

これから何を基準に金融ラックになるのか?どのくらいの期間で金融ブラックになるのか説明致します。

金融ブラックとはどういう意味か

金融ブラックの人=信用情報期間に金融事故の情報が記載された人の事を指します。

信用情報期間は大きく3つあります。

信用情報機関名 加盟金融機関
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行系
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融系
CIC(クレジットインフォメーションセンター) クレジット会社系

加盟金融機関の種類によって自身の情報が載る信用情報機関が違います。

ただ、JICCに個人情報が載っていてCICにも載っているパターンもあります。

これは金融機関がどの信用情報機関の加盟会員になっているかによって変わってきます。

金融機関の中には、例えばJICCにも加盟をしていてCICにも加盟をしているパターンは多いです。

信用情報機関の役割は加盟会社から登録される情報を管理し、提供をします。

そうする事により信用情報機関は消費者金融へ信用を提供でき、消費者金融からすると信用情報機関から情報の提供を頂く事により顧客の信頼性の判断をよりつきやすくなります。

そういったお互いのメリットがあるからこそ信用情報機関の存在があるわけです。

信用情報機関の存在・役割を知って頂いたのであれば、ではこの項目の本題に入ります。

冒頭で金融ブラックの人=信用情報に金融事故の情報が記載された人

と説明をしましたが、イメージがしづらいので写真を載せます。

こちらは実際にCICにて発行ができる書類です。(手数料1000円税抜き)

写真の赤丸の中を見て頂けますでしょうか。

『返済状況』という項目の右に『異動』という記載があります。

この『異動』という文字が記載されている=金融ブラックの人

というわけです。

ただ、注意点して頂きたいのが『異動』が載っているかどうかは電話をしてすぐに分かるのかと言われるとそうでもありません。

窓口、もしくはWebから申し込みをして郵送でしか調べる事ができません。

できれば窓口が良いですが、窓口も主要都市にしかないので郵送をお勧めいたします。

申し込みをして郵送で送った後は約1週間程で自身の信用情報が記載された書類が届きます。

ちなみに必要な書類ですが

信用情報機関名 必要書類
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 身分証明書
JICC(株式会社日本信用情報機構) 身分証明書
CIC(クレジットインフォメーションセンター) クレカ発行の際に登録した電話番号

◯◯ヶ月の支払いの遅れ・滞納で金融ブラック

前述で金融ブラックは信用情報に『異動』と記載されていると説明しましたが、では異動が記載されるまでの期間はどのくらいなのでしょうか?

それは、返済日より61日以上、もしくは3ヶ月以上の支払いの遅れ・滞納があった場合です。※滞納しているものによって機関が変わります。なので2ヶ月という認識でいましょう。

また、滞納者に変わって保証会社が返済をした場合もです。

こういった場合は異動がつきます。

なので、自身が金融ブラックかどうかを確認する方法は信用情報機関にて調べるか、もしくは現在支払っているもので2ヶ月滞納をしているものがないか、払いそびれているものがないか確認するかです。

ちなみに金融ブラックになってしまうとその情報が消えるまで膨大な時間が掛かります。

また、債務整理や自己破産を行なったかによっても変わってきますが、おおよその期間を記載します。

  CIC JICC KSC
61日以上滞納 5年 1年 5年
3ヶ月以上滞納 5年 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 指定無 5年 5年

※年数は最長を表しています。また、債務整理には任意整理・特定調停・個人再生を含みます。

金融ブラックになってしまうと表の年数の期間は審査に通りにくい状態になります。

なので、できるだけ金融ブラックにならないように早め早めの対策をしましょう。

金融ブラックと呼ばれる人のステータス

前述で信用情報機関の書類に『異動』とつくのが3ヶ月以上滞納してからと記載をしましたが、金融ブラックと呼ばれる人のステータスをまとめました。

 ・3ヶ月以上の滞納・返済遅れ

 ・任意整理

 ・個人再生

 ・特定調停

 ・カード強制解約

 ・保証会社の代位弁済

 ・債権回収会社へ債権の譲渡

上記の経験が過去にあった場合は金融ブラックと言えるでしょう。

3ヶ月以上の滞納・返済遅れ

支払いの遅れがあると『長期延滞』として扱われ、支払い予定日から61日を超えて入金・返済がない場合『長期延滞』として登録がされます。

任意整理

司法書士等の専門家が債権者と返済の方法の額について交渉をして、支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きを言います。

自己破産

個人、もしくは弁護士等を通して破産手続きを行います。

その手続きとは、破産申立書を提出し、免責許可を貰います。

そうする事により全ての借金をゼロにする事が可能です。

個人再生

債務整理の一つで借金減額を目的とします。

減額に成功できたらおおよそ3〜5年で返済する必要があります。具体的には裁判所を通じて行う事になります。

特定調停

民事調停手続きの一種です。借金の返済が滞りつつある債務者の申し立てにより、裁判所が債務者と債権者の仲立ちを行う事によって、債務者の返済条件の軽減に務める制度です。

カード強制解約

その名の通りクレジットカードを強制的に解約させられる事です。

クレジットカード会社によって期間は変わってきますが、返済・支払いを遅らせた場合、督促が電話や郵便できます。

その際にひたすら無視をし続けたらカードの強制解約になります。

基本的には一度や二度の滞納ではなりませんが、3回以上になってくる場合悪質と判断をされます。

保証会社の代位弁済

代位弁済とは、債権者に変わって債務の弁済を行う行為を指します。

要は、債務者が支払えない場合、第三者が代わりに債権者に支払うという行為です。

一般的には3ヶ月以上滞納をすると代位弁済が行われます。

代位弁済を仮に保証会社が行なってくれたからといって債務がなくなるわけではありません。

これまで債権者から督促が来ていたのが今度は代位弁済を行なってくれた保証会社から来る事になる。

そもそも信用情報期間が存在する理由

融資を行う賃金業者側も損をするリスクがあります。

これまでも述べましたが過去に金融事故を起こすと、賃金業者からの融資が厳しい状況になります。

それは信用情報機関にある自身の情報から信用力・返済力を勝ち取る事ができない為です。

これは、金融事故者がこれまでに約束通りに返済を行わず、自己破産・債務整理等で免れている事実を信用情報機関同士で情報を共有し貸し倒れを防ぐために行っていますが当然といえば当然のことです。

ちなみに自身の情報は、賃金業者に申し込みを行った時点で登録がされます。

申し込みのみの場合の個人情報保管機関は6ヶ月です。

ブラックや債務整理中・後の方に大手消費者金融の審査はお勧めできない

この記事を読まれている方は大半の方が今すぐにお金が必要であったり、近い将来にお金が必要な場面がある場合がほとんどでしょう。

そういった方はある程度消費者金融の名前も頭の中に入ってるはず。

仮に申し込みをしようとしている消費者金融が決まっているのであれば、一つだけ確認をして欲しい。

それは大手の消費者金融ではないか?

何も大手の消費者金融業者を否定しているわけではない。

この記事は金融事故経験者向けの記事。

そういった方々が大手消費者金融に申し込んだところで審査を通過するわけがない。

理由はなぜか?

冒頭でも少し触れたが、金融事故経験者の場合、そうでない方に比べて大きなハンデがある。

ここで大手消費者金融業者の審査から融資までの流れを簡単に説明する。

主に上記の流れになるが、特に見て頂きたいのが3番目にある『スコアリングシステムによる採点』である。

これはシステムが申し込み者の情報(年収、雇用体系、勤続年数、現在の借入状況等)をチェックし採点をつける行為を指す。

金融事故の方の場合はここで、いわゆる赤点になってしまう為に審査に通過する事がほぼ不可能である。

別に大手消費者金融の担当の方が『たまたま今回は審査に落とした』というわけではない。

予めシステムである程度の信用力・返済力に基準を決めその基準を満たしているのか、もしくは否かを決めているのだ。

ただ、これを見ていると思う事があるはず…

『審査に落ちてもまた別の消費者金融に申し込めば問題ないだろう』と。

しかし、そういうわけにはいかない。

個人情報を保管する信用情報期間のHPにはこのように記載がされている。

上記は代表的な信用情報期間JICCの公式HPに記載されている内容である。

一度審査の申し込みを行うと審査に落ちようが、通ろうが信用情報機関には『本人を特定する情報(氏名・生年月日、電話番号、運転免許証等の記号番号)を6ヶ月間は保管する』という内容である。

仮に1社目の消費者金融に審査の申し込みを行い審査に落ちたとする。

『2社目だったら受かるかもしれないから申し込んでみよう!』と2社目に申し込みをする。

そうすると2社目からすると

『あれ?既に1社申し込んでるんだ!でも待てよ…1社目の審査に落ちているぞ?これは何か裏があるのか?』と疑いの目を持つ。

そうなると、返済できない場合のリスク等も考えると

『怖いから今回も審査は落としておこう!』

となる。

なので、審査の申し込みをする1社目は特に大切なのだ。

もう一度、自分は大手消費者金融に申し込んでないか?という事を確認する事をお勧めする。

ちなみに大手消費者金融の代表的な業者を挙げた。

消費者金融名 公式HPのURL
プロミス https://cyber.promise.co.jp/Pcmain
アイフル https://www.aiful.co.jp
アコム https://www.acom.co.jp
SMBCモビット http://www.mobit.ne.jp/index.html

また、銀行やカードローン業者も大手消費者金融業者と同じくスコアリングシステムを採用している。

審査通過率を上げる!!高い!!のは中小消費者金融業者

 

では、まず第一段階として『どういった消費者金融業者に申し込めばいいのか?』についてこれから紹介していく。

結論から申すとお勧めは中小消費者金融業者である。

大手でなくても信頼と実績が豊富で、かつ審査に柔軟な消費者金融は他にもたくさんある。

中小消費者金融の特徴として以下が挙げられる。

①審査基準が独自基準。

②意外にも老舗消費者金融が多い。

③サービスが大手と遜色ない。

④地域密着型の業者が多いが融資は全国対応。

上記の理由から中小消費者金融業者をお勧めするがそれぞれ解説をしていく。

審査基準が独自審査だと緩い?敷居が低い?

独自審査とはそもそもどういう意味なのか?

独自とはいわゆる『自社のルール』という事である。

前述でも記載したが大手のシステムを使った審査に対して中小消費者金融の場合は『人』が申し込み用紙を目視で確認し、申し込み者との電話でのやり取りの中から総合的に審査の合否の判断を下すわけである。

なので、極端に言えば過去に金融事故を起こした方でも『この人は信頼できる!』と担当者に思わせる事ができれば審査に通過する場合もあるわけである。

中小消費者金融は老舗消費者金融が多数で信頼度が高い

代表的な中小消費者金融業者と各業者の設立、もしくは創業年を一覧で記載します。

消費者金融業者名 本社場所 創立or創業
アロー 愛知県名古屋市 設立2000年
セントラル 愛媛県松山市 創業1973年
アルコシステム 兵庫県姫路市 設立1983年
フクホー 大阪府大阪市浪速区 創業1967年
フタバ 東京都千代田区 設立1963年
ユニーファイナンス 愛知県名古屋市 創業1971年
ライフティ 東京都新宿区 設立1991年

上記を見て頂くとわかりますが、アロー以外のセントラル、アルコシステム、フクホー、フタバ、ユニーファイナンス、ライフティは創業、設立を開始してから25年以上経っている。(2018年1月1日時点)

2006年に消費者金融など賃金業者に対する規制を強化した改正賃金業法が成立しました。

そこでは、大きく貸出金利上限の引き下げ、融資額の規制が行われました。

消費者金融などの賃金業者では売り上げの見通しが立たない厳しい状況であったのです。

ちなみに全国の賃金業者は2006年度末の時点で全国に約1万1800社ありましたが、2015年度末では約1900社と6分の1までに減少をしました。

これだけ規制が厳しい、賃金業者の業績・信頼性の良さが試されます。

紹介した消費者金融は、これだけ長く営業を続けてきています。

これたのは確かな信頼に繋がります。顧客からの多大なる信頼があったからこそ営業を続けてこれたわけです。

また、大手の消費者金融の中でもアコムの場合は設立1978年なのでセントラル、フクホー、フタバ、ユニーファイナンスはそれよりも営業実績は長い。

闇金等の怪しい業者であればそこまで営業を続ける事は金融業界の厳しい取り締まりが増えた現代で営業を行っていくのは不可能だ。

中小という企業の大小は全く関係がなくなっている時代というわけです。

むしろ老舗消費者金融が多い中小消費者金融業者は信頼が高いと言えるでしょう。

中小消費者金融のサービスは大手と遜色無い

中小と呼ばれるのはあくまでも企業規模(従業員数、資本金等)の話であって、中小だからサービスは劣っているとは限らない。

例えば、代表的なサービスでいうと無金利・無利息サービスというものがある。※サービス名は各社違う。

この無利息サービスとは、金融機関に支払う手数料・サービス料を指します。

無利息サービスとは、その手数料・サービス料を無しで借入ができるという意味です。

なので、無利息サービス期間内に全額返済ができたとすると一切利息を支払う必要はありません。

仮に1月1日にアイフルと契約を完了。30万円の借入をしたとして無利息サービスを適用します。

1月25日に返済をする場合は30万円のみでオッケーとなります。

仮に30日を超えて借入を行う場合の利息の計算としては、31日目からの日割りという事になります。

30万円を18.0%で借りた場合、1ヶ月(30日間)に掛かる利息は

30万円×0.18÷365×30は4,438円です。

という事は、30日間無利息で4438円もお得になるという事です。

仮に1ヶ月後に1万円を返済したとすると、1万円のうちに4,438円が利息に充てられるので残りの5,562円が元金の返済に充てられます。

なので1万円を返済した後の元金は30万円−5,562円は294,438円に減ったという事です。

少し話が逸れましたが、それだけ無利息サービスがお得なサービスという事です。

では、無利息サービスを各社比較してみる。

消費者金融名 無利息サービス期間
大手/アコム 30日間
大手/プロミス 30日間
大手/SMBCモビット
中小/セントラル 30日間
中小/ライフティ 35日間
中小/フタバ 30日間

無利息期間だけで見ると一番期間が長いのが中小のライフティ です。

他の消費者金融を比べても期間に大差ない事から中小のサービスも大手並みと言えるでしょう。

中小消費者金融のデメリットと弱み

これまで中小消費者金融業者のお勧めポイントや強みを紹介しましたが、これからはその真逆です。

中小消費者金融を利用するにあたってのデメリットを解説していきます。

キャッシング ・借入の申し込みをしようとすると一度金融事故を起こした方は、その金融事故がトラウマになっているという方も多数いらっしゃるかと思います。

また、二度も同じ過ちを繰り返さないようにここで中小消費者金融のデメリットもご理解頂いて上で申し込みを行なって頂きたく思います。

中小消費者金融は総量規制の対象

2006年の改正賃金業法にていわゆる貸し倒れを防ぐ為、また滞納者を減らす為に総量規制の導入が開始されました。

総量規制とは、年収の1/3までしか融資ができない決まりである。

例えば、年収300万円の人がいるとします。

既にA社から50万円を借りていました。しかし、お金が必要になったので別の消費者金融からお金を借りようとします。

その場合、消費者金融の融資できる最高の額は50万円です。

300万円×1/3=100万円

100万円−50万円=50万円

となるわけである。

では、どのような業者が総量規制の対象になるのか?

総量規制の対象となる貸付

貸付種類 総量規制対象or対象外
住宅ローン 対象外
自動車ローン 対象外
法人向け貸付 対象外
銀行からの借入 対象外
銀行カードローン 対象外
クレジットカードでのキャッシング 対象
クレジットカードでのショッピング 対象外
大手消費者金融 対象
中小消費者金融 対象

簡単に一覧としてまとめました。

>金融庁の公式HPから確認する場合はこちら<

金融庁のHPからの抜粋も含めましたが、中小のデメリットというよりも、まずは消費者金融自体が総量規制の対象になります。

なので、現在の借入状況を確認した後に申し込みの際は希望額を記載する事をお勧めします。

でないと20万円だったら審査に通っていたのが、30万円という希望額を記載したばかりに審査に落ちてしまったという事がありえますからね。

ただ、その場合は消費者金融側から基本的には『20万円であれば融資が可能です。』という申告があるかと思います。

ただ、100%ではないので希望額を記載する場合は総量規制に十分に注意して記載をするようにしましょう。

また一点補足ですが、クレジットカードはキャッシングであれば総量規制に引っ掛かりますが、ショッピングであれば引っ掛かりません。

『総量規制オーバーでも融資可能!』は嘘?

『総量規制オーバーでも融資可能!』という文字を良く見かけます。

広告でしたり、悪質なサイトなど…

はっきり申し上げますと総量規制をオーバーしても融資できる消費者金融業者はございません。

あったとしたらそれは悪質業者の可能性があります。

というのが、賃金業者は必ず指定信用情報機関にて借手の信用情報を紹介する事が賃金業法という法律で決まっています。

そして、その指定信用情報機関に存在する信用情報は日々更新されています。

仮に総量規制オーバーで借りる事ができた場合信用情報機関もしくは消費者金融側が法律違反している事になります。

そんな事をしたら一発で営業停止です。なので、『総量規制オーバー』という広告などを出している消費者金融業者には十分に注意しましょう。

たまに口コミ等で『総量規制オーバーしてても借りれた!』という内容を見ますが、これは大抵借りている金額の内に総量規制対象外分が含まれているパターンがほとんどです。

大手消費者金融と比べると中小は店舗が少ない

大手の銀行や消費者金融と比べて明らかに店舗数が少ないです。

その差は少しなどではなく圧倒的に違います。

店舗で契約する場合のメリットは以下が挙げられます。

 ・当日に融資を受ける可能性が上がる。

 ・家族にバレずに済む。

 ・契約書類等スムーズに行きやすい。

特に今すぐにお金を借りたいという方の場合当日に融資を受ける可能性が上がるのは大きいのではないでしょうか。

大手消費者金融との店舗数について比較をしていきましょう。

大手消費者金融の有人店舗数

アコム 22店舗(2017年6月時点)
アイフル 25店舗(2015年1月時点)
プロミス 18店舗(2017年2月時点)

中小消費者金融の有人店舗数

アロー 0
ユニーファイナンス 1
アルコシステム 0
セントラル 2
フタバ 0
ライフティ  0
フクホー 1

※2018年1月時点

大手消費者金融の無人店舗数

アコム 1047店
アイフル 765店
プロミス 1119

※2015年1月時点

中小消費者金融の無人店舗数

アロー 0
ユニーファイナンス 7
アルコシステム 0
セントラル 15
フタバ 0
ライフティ  0
フクホー 0

※2018年1月時点

図を見て頂くとわかりますが、大手消費者金融の有人店舗と無人店舗の数はその大差です。

そもそもどうして、店舗数がこうも違うのか。それには理由があります。

それは1993年の事です。

消費者金融大手のアコムが自動契約機『むじんくん』を出したのが自動契約機の初めての登場です。

そこで一気に自動契約機・無人店舗が一気に増えたんですね。それもそうです。対面もなく当日申し込みをしてすぐに審査がありお金を借りるというシステム、何よりも対面ではないので恥ずかしくないというものは当時の顧客には人気だったのでしょう。

対して中小消費者金融の場合は、そもそも見ているところが違います。

中小消費者金融は『地域密着型』という事業特性がありますのでそもそも店舗数を広げる必要性がなかったのですね。

なので、こうも店舗数が違います。一概にも大手だから資金があるから店舗をたくさん出しているというわけではありません。

大手は自動契約機・無人契約機が流行った頃にたくさん無人店舗を出したから今があるという事なのです。

そして、近年になり『店舗数を増やすよりもWebで集客をした方がコストが安い!』という事で中小消費者金融はWebでの申し込みに力を入れているわけです。

では、冒頭で店舗での契約のメリットを記載しましたが、改めて店舗と来店不要のWeb契約でのメリット・デメリットを記載します。

店舗契約と来店不要Web契約それぞれの違い(メリット・デメリット)

前述で大手消費者金融と中小消費者金融の店舗数の違いについて記載し、店舗のメリットも大方記載しました。

しかし、だからといって完全に大手が良いというわけではありません。

改めて店舗と来店不要のWeb契約の場合のそれぞれの違いについて記載します。

店舗のメリット・デメリット

メリット デメリット
当日融資の可能性が高くなる 店の出入りを見つかるかも
書類の手続きがスムーズ 店舗に行く手間
書類が家に届かずに済む 店舗で待たされる時間
  店舗までの移動時間

来店不要のWeb契約のメリット・デメリット

メリット デメリット
パソコン・スマホで簡単申し込み 書類のやり取りが面倒になる場合も
店舗に行かずに済む 即日融資の可能性が下がる
24時間いつでも申し込み可 自宅に契約書類が届く
人に見つからない  

大まかにざっと記載しましたがいかがでしたでしょうか。

人によってメリット・デメリットが若干変わってくるかもしれませんが代表的なものとして挙げました。

今回の記事は債務整理や金融ブラックの方向けの記事になりますので、そういった方は来店不要のWeb契約をお勧めします。

単純な話ですが、金融事故を過去に起こした事がある方は審査に落ちる可能性は高いです。

審査に落ちる可能性が高いのにわざわざ来店すると単なる無駄足になります。

さらにはWeb申し込みの場合でも、先ほど挙げたデメリットの部分は対策すればなんとかなります。

来店不要のWeb申し込みのデメリット対策

例えば

 ・書類のやり取りが面倒になる場合も。

⇒書類の不備が出る場合があります。そうなる前に事前に準備する書面を準備しておきましょう。免許証、免許証がない場合は、保険証ともう一点(住民票、パスポート、公共料金の領収書等)

 ・即日融資の可能性が低くなる。

⇒契約書類のやり取りを郵送で行う場合日数を要します。そうすると融資までの時間が遅くなります。ただ、コンビニからすぐにFAXで行う事ができますので担当者に郵送ではなくFAXでのやり取り希望の旨を相談する事をお勧めします。

 ・自宅に契約書類が届く。

⇒自宅に『消費者金融の名前で書類が届くと家族にバレてしまう!!』と考えていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

しかしご安心下さい。消費者金融の場合、契約書類が入った封筒の表紙には、消費者金融名で届く事はありません。なので、封筒だけみてもどこから来たかは分からないわけです。

なので、前もって家族対策は打てます。嘘は良くないので『書類が自宅に届くから開けずに置いておいて』と伝えておく事がベストでしょう。

ブラックや債務整理中・後の方の審査通過率を上げる方法

ではここれから具体的に審査の通過率を上げる方法を記載していきます。

特別な事はしません。

当たり前の事を当たり前に行うだけです。

申し込み書類に嘘や虚偽は書かない

申し込み書類に嘘や虚偽の内容、情報の記載は絶対にないようにしましょう。

仮に嘘の情報を書いてもバレます。

消費者金融のバックには信用情報機関が存在しますので、申し込み者の情報はある程度把握しています。

嘘をつくくらいなら本当の事を書いて相談をした方が100倍良いです。

仮に嘘がバレてしまった場合消費者金融からすると『嘘をついている。信用できないな〜』と思わせてしまい無駄に審査に落ちてしまう事になります。

ご注意下さい。

融資希望額はやや低めに

融資希望額は最小限に設定をしましょう。

お勧めは20万未満です。

融資希望額を最小限に設定する事をお勧めする理由は2つあります。

 ・融資希望額を高く設定しすぎてしまい審査に落ちてしまう。

⇒消費者金融の担当の方から『20万円だったら審査に通せたけど、希望額が30万円なら通せないな〜』と思われないようにする為です。

審査を行っていく中である程度申し込み者に貸せる額の上限が分かります。

その上限を越してしまうと審査に落ちてしまうきっかけになってしまいますので希望額はなるべく最小限に押さえましょう。

 ・融資希望額を高く設定しすぎて総量規制に引っかかってしまう。

⇒申し込み者の中には自身の年収の1/3以上の希望額を出される方やそもそも総量規制の存在を知らずに申し込みをされる方がいらっしゃいます。

『この金額だったら総量規制に引っ掛からないだろう〜』と高を括るのではなくここは確実に審査に通る為に気持ち低めに希望額を設定しましょう。

収入証明を提出しましょう

50万円までの融資であれば収入証明の提出は不要。

しかし、ある事に越したことがありません。

収入証明はその名の通り『収入の証明をする書類』なのです。

あるとないとでは、審査の担当者のイメージが代わります。

仮に年収が低くても担当者の方に『年収は低いけど、確実にあるんだね』と思わせる事が大切です。

消費者金融にとって一番怖いのが嘘の年収を記載されて、実際は無職だった…などの場合です。

また、中小消費者金融の場合ほとんどの業者が独自審査です。

独自審査などの人が介入をする審査には収入証明は武器になります。

できれば準備をしたいところですね。

無職が一番危険なのですぐに職につきましょう

無職は一番危険です。

無職=返済能力がない

と見られてしまうからです。

ただ、対策は打てます。パートでもバイトでも良いのでとにかく仕事に就く事が大切です。

無職の方の場合、消費者金融からすると『どこから返済するお金を作るの?』と考えます。

できるだけ前もって職にはついておきたいところです。

連続申し込みは審査通過率ダウンなので間隔をあけて

連続の申し込みはなるべく避けましょう。

ちなみに一度申し込みをすると審査に通ろうが落ちようが『申し込みをした』という情報は6ヶ月間、信用情報機関にその情報が載ります。

なので理想は6ヶ月間隔をあけたいです。

なぜなら以前に審査落ちした記録があると『以前審査に落ちたのは何かあるのかな?』と担当者に不安を煽ってしまいます。

仮に間隔を1週間や1ヶ月間しかあけていない場合も危険です。

人間が1ヶ月間くらいで劇的に収入が変わったり環境が変わる事はほとんどありません。

できるだけ申し込みの間隔は空けましょう。

他社借入は最大4社まで

他社からの借入は最大4社までにしましょう。

他社借入もOKと呼ばれるおまとめローンなどがある業者などは『他社借入4社まで』と記載されています。

現在が5社以上の場合はそれ相応の返済能力も見られます。

できれば4社といわずになるべく他社借入数は少ない事に越した事はありません。

中小消費者金融業者一覧

では、改めてこれから紹介する中小消費者金融を記載します。

3点に絞って表にまとめました。

審査時間⇒サービスの提供スピード

金利⇒サービスのスペック

創業後⇒信頼性

上記がそのまま当てはまるわけではありませんが、基準として見て頂ければと思います。(2017/12/23時点)

消費者金融名 審査最短  金利(実質年率)  創業後
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)
 45分  15.00%~19.94% 17年
株式会社ユニーファイナンス  即日  12.00%~17.95%  46年
過去に自己破産や債務整理された方もご相談下さい。
あなたのこれからを応援します!(要審査)株式会社アルコシステム
 即日  15.0%~20.0% 34年
日本全国の皆様からのお申込みに対応します!
WEBで当日最短融資!セントラル
 30分  4.80%~18.00% 44年
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ  即日  14.959%~17.950% 54年
他社にはない独自の審査基準とポイントサービス!
キャッシングなら【ライフティ】
 30分  8.0%~20.0% 26年
キャッシング・ローンのことならフクホーへ!  即日  7.30%~20.00%  50年

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-金融・キャッシング

Copyright© でんろぐ2 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.