人気記事!!
アコムとアイフルの違いは!?金利・審査・利便性など比較した結果、お勧めできる人を解説
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「お金を借りるなら、アコムかアイフルがいいよ」

カードローン・キャッシングの利用を検討していると、上記のように、アコム・アイフルの利用をよく勧められます。

確かに、アコム・アイフルならTVCMを通しての親しみがあり、お金を借りるうえでの安心感もあります。

しかし、いざアコムかアイフルのどちらかを選ぼうとすると、アコムとアイフルにどのような違いがあるのか、よくわからず戸惑う人も多いでしょう。

アコムとアイフル、同じく”ア”から始まるカードローンであり、どこか似た印象もあるかと思いますが、実際共通点も多いです。

例えばアコムとアイフルの金利は18.0%で同じ。最大限度額についてもアコム、アイフル共に800万円と全く同じです。

しかし、アコムとアイフルについてよく調べていくと、実際に利用する上での利便性に違いがある事に気づきます。

この記事では、

  • アコムとアイフルの共通点
  • アコムとアイフルの審査はどちらが通りやすいか
  • アコムとアイフルの融資はどちらが早い?
  • アコムとアイフルの4つの違い
  • アコムとアイフルに同時に申し込むのはアリ?ナシ?

について解説していきます。

また、記事の後半に上記から導き出されるアコムに向く人、アイフルに向く人がどんな人かを紹介します。

スポンサーリンク

アコムとアイフルの基本スペックはほぼ同じ!

アコム アイフル
金利 3.0%から18.0% 3.0%から18.0%
限度額 800万円 800万円
無利息期間

30日間

アコムの利用が初めの人で、返済期日を35日サイクルにするのが条件

30日間

アイフルの利用が初めての人が対象

最短即日融資

可能

審査は最短30分

可能

最短30分で審査解答

提携ATM

50,723台

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネット、イオン銀行ATM等

101,121

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネット、イオン銀行ATM等

アコムとアイフルの基本スペックは同条件のものが多く、金利や最大限度額などの目立つものに関してはほぼ同じと思って間違いありません。

例えば、アコムの金利は3.0%から18.0%ですが、アイフルの金利も3.0%から18.0%と全く同じ金利です。

金利18.0%は銀行と比べると安いとは言えません。銀行系カードローンの金利は14.5%程度が多くなっているので、単純に金利でカードローン・キャッシングを選ぶなら、アコムでもアイフルでもなく銀行系カードローンを考慮した方が良いでしょう。

最大限度額に関してもアコムとアイフルは800万円と同額になっています。

消費者金融系カードローンのメリットである無利息期間サービスはアコム・アイフル共に提供しており、期間は30日間とこれまた同じです。

ただし、アコムの無利息期間サービスには返済期日を35日サイクルに設定するという条件があります。

消費者金融系カードローンのもう一つの特徴である即日融資に関しても、アコム・アイフルはともに対応していて、審査が最短30分という点まで同じです。

提携ATMの数はアイフルの方が目立って多くなっていますが、利便性の高いセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネット、イオン銀行ATMはアコム・アイフルのどちらも利用可能となっています。

コンビニでATMを利用したいのなら、アコム・アイフルのどちらでも大きな差はありません。

ただし、提携ATMの利用にはアコム・アイフル共に手数がかかり、1万円以内の利用で108円。1万円越えの利用で216円の手数料がかかってしまう点に注意が必要です。

アコムとアイフルの利用者数はどれぐらい?

利用者数(2019年5月時点)
アコム 1,559,590
アイフル 882,000

2019年5月のレポートによると、アコムの利用者数は155万9,590人。アイフルの利用者数(口座数)は88万2,000人となっています。

アコム・アイフルと並べて語られる事の多い両者ですが、利用者数の差をみるとアコムの方が2倍近く多く、アコム・アイフルの間でかなりの差がついています。

利用する人が多いのはアコムを選択する人が多いという事でもあるので、市場の評価としてはアコムの方が高いといっていいのかもしれません。

アコムとアイフルはどちらが審査に通りやすい?

審査基準となる申し込み資格を確認すると、

アコム: 満20歳以上69歳までの人で安定した収入があり、アコムの定めた基準を満たす人
アイフル:満20歳以上69歳以下で定期的な収入があり、アイフルの定めた基準を満たす人

上記のようになっています。

  • 年齢が20歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力がある

という点はアコム・アイフル共に共通した条件となっています。

アコムの定めた基準、アイフルの定めた基準というのが気になりますが、この基準についてはアコム・アイフル共に公表していません。

明確な基準が公開されていない為、アコム・アイフルの審査難易度を比較する事も難しくなっています。

しかし、アコム・アイフルは成約率のデータは公開しているので、その点から審査難易度を比較する事が可能です。

成約率はアコムが上

2019年3月 2019年4月 2019年5月
アコム 44.7% 44.4% 48.0%
アイフル 42.5% 42.4% 44.0%

2019年3月から2019年5月までの3か月間の新規成約率

上の表はアコムのマンスリーレポートアイフルの月次報告から成約率を引用しています。

表から分かるように、アコムの方が成約率は高く推移していて、アコムの審査通過率はアイフルより2.0%から4.0%程高いというのが分かります。

成約率が10%や20%も離れている訳ではないので、アコム・アイフルの審査基準や難易度にそこまで大きな違いがあるという訳ではないでしょう。

しかし、2.0%から4.0%といっても、100人アコム・アイフルに申し込めば2人、4人と審査に通過する人数は変わり、そこに自分が含まれないとも限ません。

公式データの成約率から判断するとアコムの方が審査は通りやすいといえるので、少しでも審査通過率の高い方へ申し込みたいというのなら、アコムへ申し込むのがお勧めです。

アコムとアイフル、融資速度が速いのはどっち?

アコムとアイフルはどちらも即日融資に対応していて、審査は最短30分と融資速度は非常にスピーディーです。

また、アコム・アイフルは土日祝日でも即日融資が可能なので、急ぎでお金が借りたいという場合に非常に頼りになります

単に即日融資を望むというのならアコム・アイフルどちらでも構わないのですが、「1分1秒を争う」というのなら、アイフルの方がお勧めです。

アイフルには急ぎの人用のフリーダイヤルが用意されていて、インターネットでの申し込み後、フリーダイヤル:0120-337-137へ電話をかければ優先して審査を開始してもらえます。

アイフル公式ホームページで審査時間の短縮を明言しているので、急ぎの人はインターへネットからアイフルへ申し込み、フリーダイヤルへの電話を利用するとよいでしょう。

即日融資を希望する場合は時間に注意

アコム・アイフルで即日融資を受けるには申し込みを遅くとも20:00ぐらいまでには終えておく必要があります。

アコム・アイフル共に審査対応時間は9:00から21:00までです。

21:00以降の申し込みでは審査解答が早くても翌日以降になってしまうので、即日融資を受けることが出来ません。

即日融資を受けるには20:00までには申し込みを終えておくという点に注意しておきましょう。

アコムとアイフルの違い1:自動契約機・自社ATMの利便性はアコムが上!

自動契約機 自社ATM
アコム 1,017台 1,014台
アイフル 856台 462台

カードローンへの申し込みや契約、カードの受け取りが可能な自動契約機は、アコムの自動契約機むじんくんが全国に1,017台設置。アイフルの無人契約でんわBOXてまいらずの設置が856台となっています。※2019年7月16日時点

自動契約機の設置台数を比較するとアコムの方が161台多い為、契約・カードの受け取りがしやすという点ではアコムの方が上です。

また、アコムの自動契約機むじんくんには一部の例外を除いてアコムATMが併設されているので、契約が完了してカードを受け取ったらすぐに手数料無料での借り入れが可能になります。

アコム・アイフル共に提携ATMはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネット、イオン銀行ATM等があり、コンビニ・スーパーでATMの利用が可能です。

しかし、提携ATMの利用には1万円までの利用で110円。1万円越えの利用で220円の手数料がかかってしまいます。

無駄な手数料を支払うのは出来れば避けたいものなので、手数料無料の自社ATMが利用しやすいというアコムのメリットは大きなものです。

アイフルの場合、自社ATMの数が462台と少なく、てまいらずの近くに手数料無料のアイフルATMがない場合が多いというのが地味なデメリットになってしまっています。

アコムとアイフルの違い2:カードレスでATMが利用できるのはアイフルだけ!

アコムにはなく、アイフルにしかないものとして、スマホアプリを使ってカードレスでのATMの利用が可能という点があります。

アイフルはセブン銀行ATMで使えるアイフルアプリを提供していて、アイフルアプリをカード替わりに利用する事で、カードレスでの借り入れ・返済が可能です。

アイフルのスマホアプリがあれば、あまり人に見られたくない消費者金融のカードを持ち歩かなくても、スマホさえあれば必要な時にセブン銀行ATMで借り入れが可能で、いつでも返済が可能になります。

アイフルのスマホアプリを使えばカードの発行自体を受ける必要がないので、無人契約でんわBOXのてまいらずまで行けない、カードの自宅への郵送が困るという人でもアイフルと契約し、セブン銀行ATMでの利用が可能です。

ただし、スマホアプリで借り入れ・返済が出来るのはセブン銀行ATMに限られ、利用のたびに1万円まで110円。1万円越えの利用で220円の手数料がかかってしまいます。

コンビニでスマホアプリが使えて便利だからと頻繁に借り入れ・返済を繰り返していると手数料がかさんでしまうので、利用は計画的に行わないといけません。

アコムにはカード替わりに使えるスマホアプリはないので、カードレスでATMを利用したいのならアイフルの利用がお勧めです。

参考記事:カードレス!!「アイフル・アプリ」で使い勝手が良くなった3つのこと

アコムとアイフルの違い3:銀行振り込みの対応時間はアコムの方が長い!

金融機関名 曜日 受付時間 振り込み実施目安時間
アコム 楽天銀行 日曜~月曜・祝日 0:10~23:49 受付完了から1分程度

三菱UFJ銀行

ゆうちょ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

月曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土日祝日 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~19:59 受付完了から1分程度
20:~23:49 翌日9:30頃
モアタイム金融機関 月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
その他 月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
アイフル モアタイム金融機関 月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃
その他 月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30頃
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:10~23:49 翌営業日9:30頃

借り入れを振り込みで行う場合、振り込み対応時間が長いのはアコムです。

金融機関への振り込みは、モアタイム未対応だと土日祝日は当日中には反映されず、平日も14:20以降は振り込みが反映されるのが翌営業日になってしまいます。

しかし、アコムは楽天銀行と提携しているので、楽天銀行への振り込みであれば土日祝日、時間に関係なく振り込みを申請してから1分程度で口座に振り込みが反映されます。

アコムでは、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の4行への振り込みの場合も、平日なら23:49まで。土日祝日であっても、申し込みを19:59までに行えば、1分程度で口座に振り込みが反映されます。

通常の金融機関への振り込みと違い、アコムなら18:00や平日20:00でも振り込みが当日中に反映されるので、仕事帰りでも振り込みで当日中にお金を引き出す事が可能です。

ただし、楽天銀行、もしくは三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行に口座が必要になるので、持っていない人だと振り込み時間拡大のメリットを受けることが出来ません。

振り込みで即日の融資を希望する場合、平日14:10以降や土日祝日ならアコムの利用を検討した方がよいでしょう。

アコムとアイフルの違い4:最低返済金額はアイフルの方が少ない!

アコム・アイフルから借り入れを行うと、金額に応じて最低返済金額が設定されます。

借り入れ金額 アコム アイフル
10万円 5,000円 4,000円
20万円 9,000円 8,000円
30万円 13,000円 11,000円
50万円 15,000円 13,000円
100万円 30,000円 26,000円

最低返済金額はアコムの方が高く、10万円の借り入れの場合、アコムの最低返済金額は5,000円ですが、アイフルの最低返済金額は4,000円です。

借り入れが30万円になると、アコムの最低返済金額は13,000円。アイフルの最低返済金額は11,000円になります。

借り入れが100万円だと、アコムの最低返済金額は30,000円。アイフルの最低返済金額は26,000円です。

お金が足りない状況だと1回の返済金額1,000円少ないだけでも助かるので、一回事の返済を出来るだけ抑えたい場合、アイフルの利用を検討した方がよいでしょう。

返済金額が少ないと利息の合計が多くなる点に注意!

返済金額が小さいとその分返済期間が長くなり、結果的に多くの利息を支払う事になってしまいます。

返済金額 返済回数 利息
アコム 5,000円 24回 19,772円
アイフル 4,000円 32回 25,771円

金利は18.0%で計算

アコムで10万円を借りた場合、最低返済金額は5,000円になり、返済回数は24回、利息の合計は19,772円となります。

アイフルで10万円を借りた場合、最低返済金額は4,000円とアコムより1,000円安くなり、一度当たりの返済の負担は小さいです。

ですが、返済金額4,000円だと完済までに32回の返済が必要になり、長期間借り入れする事により利息の支払い期間が長くなり、利息の合計は25,771円とアコムより5,999円多くなります。

最低返済金額が少ないのは返済が苦しい状況では助かりますが、長期的にみると利息総額の面から損になるので、余裕があるときは多めに返済し、利息の支払いを抑えることを意識しておいたほうが良いでしょう。

アコムに向く人・アイフルに向く人

アコムに向く人

  • 利用者が多く、たくさんの人から選ばれるカードローンを選択したい人
  • 少しでも審査通過率が高いカードローンに申し込みがしたい人
  • 自動契約機でカードを受け取る予定の人で、手数料無料のATMを利用したい人
  • 振り込みですぐに借り入れをしたい人

アコムの利用者数は155万9,590人を数え、アイフルの利用者数88万2,000人を大きく上回っています。

利用者が多いという事はアコムは多くの人から支持されているという事なので、アコムを選択するのは安心につながるでしょう。

アコムの新規成約率は2019年5月度で48.0%となっていて、アイフルの44.0%より4.0%多くなっています。

100人申し込めばアコムの方が4人多く審査に通過する事になるので、少しでも審査通過率を上げたいと考えているならアコムの方が良い選択です。

アコムの自動契約機むじんくんにはアコムATMが設置されているので、カードを受け取ればすぐに手数料無料で借り入れが可能です。

また、アコムATMは全国に1,014台設置されており、自社ATMが462台しかないアイフルよりも使える機会が多くなるでしょう。

アコムは土日祝日の当日振り込みにも対応しており、楽天銀行なら24時間いつでも1分程度で振り込みが口座に反映され、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の4行だと、平日なら23:59まで。土日祝日なら19:59までに手続きを完了されせれば、1分程度で口座に振り込みが反映されます。

振り込みでの借り入れを考えているなら、アコムの方が当日中にお金を手に入れらる可能性が高くなります。

ただし、対応の金融機関、楽天銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行に口座を持っておく必要がある点に注意です。

アイフルに向く人

アイフルに向く人

  • 少しでも早く融資を受けたい人
  • カードレスでの借り入れ・返済がしたい人
  • 1回の返済金額を可能な限り抑えたい人

アイフルは急ぎの人に対して、インターネットからの申し込み後フリーダイヤルに電話をかけることで優先して審査を始めてくれます。

優先審査が明言されているので、少しでも早く借り入れをしたいという急ぎの人なら、アイフルの利用が良いでしょう。

また、アイフルにはスマホアプリがあり、このアプリを使えばセブン銀行ATMでカードレスでの借り入れ・返済が可能です。

ローンカードを持ちたくないという人にもアイフルの利用がお勧めです。

アイフルはアコムに比べて月ごとの返済金額が少なく、10万円の利用なら月4,000円。30万円の利用なら月11,000円が最低返済金額になります。

毎回の返済が苦しくなりそうな場合、返済金額の少ないアイフルの利用を優先した方がよいでしょう。

アコム・アイフルに同時に申し込むとどうなる?

アコム・アイフルの違いを見ても、どちらもあまり変わらなように思う。急ぎだし、どちらかの審査に落ちたら嫌だから、どっちにも申し込んでおこう。こう考える人もいるかもしれません。

基本的に、カードローンへの申し込みを一度に複数行うのはお勧めできません。

その理由は申し込みブラックにあります。

カードローンへ申し込みを行うと、その情報が信用情報機関に登録され、6か月間その情報が保存されます。

1か月といった短期間に複数の申し込み履歴があると、お金に非常に困っている人とカードローン会社から判断され、申し込みブラックとして審査に不利な要素となってしまうのです。

1か月以内に何件申し込めば申し込みブラックになるのかという明確な基準はないのですが、基本的に信用情報機関に3件を超えると申し込み情報が残っていると、審査で不利になります。

特に注意したいのはアコム・アイフルに申し込む前に他のカードローンの審査に落ちていてしまった場合で、こうなるとアコム・アイフルへ申し込んだ時点で3社を超えてしまい、アコム・アイフルの審査で落ちるリスクが上がってしまいます。

アコム・アイフル以外に申し込みをしていないのなら同時に申し込みをしても問題にならない可能性もありますが、申し込みはどちらかを選んで1社づつ行った方が賢明でしょう。

アコム・アイフルへの申し込みから融資までの流れ

アコムで融資を受けるまでの流れ

  • パソコン・スマホから申し込み
  • 書類の提出
  • アコムによる審査
  • webか自動契約機むじんくんで契約
  • 振り込みかATMで借り入れ

アコムへの申し込みは電話、自動契約機、有人店舗からでも可能ですが、一番お勧めなのはwebからの申し込みになります。

webからなら24時間365日いつでも申し込みが可能で、パソコン・スマホからの申し込みなので場所も選びません。

アコムへの申し込みは本人確認書類が必要になるので、

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証プラス住民票・公共料金証明書、納税証明書からいずれか一点

のいずれかを用意しておく必要があります。

アコムへの申し込み限度額が50万円を超える場合と、他社と合わせて100万円を超える限度額の申し込みをする場合は、収入証明書の提出も必要です。

収入証明書、いずれか一点

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

提出書類はwebからのアップロードが可能なので、パソコン・スマホから提出が可能です。

アコムの審査は最短30分ほどで終わる場合もありますが、混雑状況などによっては1時間半程度かかる場合もあります。

審査通過後は契約を行うのですが、これはwebからでも自動契約機からでも行えます。

カードがすぐに必要なら自動契約機で、振り込みで良いのならwebで契約を済ませましょう。

webで契約をした場合、カードは郵送で送られてきます。

カードで借り入れをする場合、自動契約機でカードを受け取れば、併設されたATMから手数料無料でお金の借り入れが可能です。

振り込みの場合、平日14:20までならどの金融機関でも。楽天銀行に口座があれば、土日祝日や平日14:20以降でもすぐに振り込みが反映されます。

アイフルで融資を受けるまでの流れ

  • インターネット(パソコン・スマホ)から申し込み
  • フリーダイヤルへ電話(急ぎの場合)
  • 書類の提出
  • アイフルによる審査
  • webか自動契約機で契約
  • 振り込みかATMで借り入れ

アイフルでの申し込みの場合、急ぎの場合はインターネットから申し込みを行うのがお勧めです。

申し込み完了後にフリーダイヤル:0120-337-137に電話をかけ、急ぎの旨を伝えると優先して審査を開始してもらえます。

アイフルへの申し込みの場合も、本人確認書類の提出が必須となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード

収入証明書は基本不要ですが、アイフルへの申し込み希望限度額が50万円を超える場合と、アイフルと他社の借り入れの合計が100万円を超える申し込みの場合は収入証明書の提出が必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

アイフルの審査は最短30分ですが、申し込み時の状況、審査内容次第では1時間半程度かかる場合もあります。

審査通過後はwebもしくは自動契約機で契約を行います。

アイフルはカードレスでの利用が可能なので、カードが不要な人はwebで契約を完了させましょう。

webで契約完了後、アイフルのスマホアプリをインストールすれば、セブン銀行ATMでカードレスで借り入れが可能です。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事