人気記事!!
アコムで土日祝日に即日融資を受ける方法!!申し込み・審査・在籍確認・受け取り方法を解説!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「今日中にお金が必要、何とかしてお金を用意しなければ」

「周りの人にお金に困っているのを知られたくないし、もうカードローンを利用するしかない」

「CMでもよく見かけるアコムで借りたい。でも、今日は土曜日だ。アコムでは休日に即日融資が受けれるのだろうか?」

あなたはこのように困っていませんか?

アコムは融資速度に定評のある、即日融資が可能なカードローンです。

でも、アコムも企業の一つと考えると、休日に営業しているのか、お金を借りることができるのか、ましてや即日に対応してくれるのか、不安になりますよね。

実際、銀行などの金融機関は土日祝日は休みで営業していないのでなおさらです。

しかし、結論から言うと、アコムは土日祝日の即日融資に対応しています。

仮に今日が土曜日であっても、日曜日であっても、アコムでなら即日融資を受けることが可能です。

ただし、アコムで土日祝日に即日融資を受けるにはどのような申し込みを行う必要があるのか、お金を引き出すにはどうすればいいのかなどでいくつかの注意点もあります。

この記事では、アコムで土日祝日に即日融資を受ける際の注意点について解説し、実際にどう行動すれば即日融資が受けられるのか紹介していきます。

この記事でわかる事

  • アコムで土日祝日に融資を受ける為の申し込み方法
  • アコムで土日祝日に融資を受ける為の審査
  • アコムで土日祝日に融資を受ける為の在籍確認
  • アコムで土日祝日に融資を受ける為のお金の引き出し方
  • アコムで実際に土日祝日に融資を受ける為の行動指針

 

スポンサーリンク

アコムの特徴は融資速度!アコムなら土日祝日でも即日融資が可能!

アコムの基本スペック
提供会社 アコム株式会社
申し込み資格 満20歳以上で安定した収入があり、アコムの定めた基準を満たす人
金利 3.0%から18.0%
無利息期間 30日間
最大契約限度額 800万円
即日融資 可能・土日祝日も対応
ATM・提携ATM

全国に56,128台設置

提携ATMはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネット、イオン銀行ATMなど

アコムの特徴は最短即日融資という融資速度にあり、土日祝日でもこのメリットは変わりません。

必要な時にインターネットを通じてどこからでも申し込みが可能で、全国にある自動契約機でカードを受け取れ、コンビニATMで気軽に利用出来るというのもアコムのメリットです。

アコムの金利は18.0%とアイフルなど他の消費者金融系カードローンとは同水準ですが、14.5%程度が多い銀行の金利と比べると、アコムの金利は有利とは言えません。

しかし、銀行は土日祝日が休業日で融資に対応しておらず、なにより平日であっても即日融資そのものに対応していません。

土日祝日に即日融資を希望するのなら、融資速度が速く全国に自動契約機・提携ATMがあり利便性の高いアコムが最もニーズに合う選択になるでしょう。

緊急に少額の融資を受けてすぐに返済したいという場合なら、30日間あるアコムの無利息期間サービスも有用になります。

アコムの無利息期間はアコムとの契約が初めての人、返済サイクルを35日事に設定すれば利用可能になるので、ぜひとも活用したいサービスです。

アコムで土日祝日に即日融資を受けるには申し込み方法に注意!

アコムへの申し込み方法 土日祝日の即日融資の可否
インターネット
電話
店頭窓口 ×
郵送 ×
自動契約機

アコムで土日祝日に即日融資を受けるには、申し込みをインターネット、電話、自動契約機のいずれかで行う必要があります。

有人店舗であるアコムの店頭窓口は土日祝日は営業していない為、申し込み自体が出来ません。

郵送の場合書類の送付に時間がかかる為、平日の申し込みであっても即日融資を受けることが物理的に不可能です。

必然的に、アコムで土日祝日に即日融資を受けるにはインターネット、電話、自動契約機のいずれかで申し込みを行う必要があります。

アコムで土日祝日に即日融資を受けるならインターネットからの申し込みがおすすめ

アコムへのインターネット申し込みは、24時間365日いつでも可能となっています。

場所を選ばずパソコン・スマートフォンを使って申し込め、所要時間も10分程度で済むインターネット申し込みは、非常に便利です。

他のカードローンは対応時間が限られる場合も多いのですが、アコムでは電話での申し込みも、24時間365日受け付けています。

アコムフリーダイヤル:0120-07-1000

疑問点を質問しながら申し込みをしたい場合は、電話での申し込みも有力な選択肢になるでしょう。

ただし、電話での申し込みの場合、どうしても受け答えに時間がかかるので、インターネットからの申し込みよりは完了までに少し時間がかかってしまいます。

また、電話での申し込みの場合、18:00以降の申し込みでは審査解答が翌日になってしまうので、18:00以降に即日融資を希望する場合は、電話以外の申し込み方法を検討した方が良いでしょう。

アコムの自動契約機、むじんくんで申し込みを行う場合、必要書類を持参し、自動契約機内の電話窓口で申し込みを行います。

疑問点を質問しながら申し込みが出来る。審査に通過すればその場でカードが発行されるというのは自動契約機での申し込みの大きなメリットです。

しかし、自動契約機で申し込みを行うと、30分から1時間30分ほどかかる審査を自動契約機内で待つ事になります。

カードローンの審査を待つのはそれなりに不安もあるでしょうし、監視カメラのある自動契約機内で審査結果を待つというのは正直なところあまりお勧め出来る事ではありません。

なにより、自動契約機でカードを受け取る場合、申し込みをインターネットか電話で済ませ、審査通過を確認してから自動契約機に向かえば、待ち時間なくカードの受け取りが可能になります。

メリット・デメリットを総合して考えると、パソコン・スマートフォンでどこからでも申し込み可能で、電話のように受け答えに時間がかからず、18:00以降でも即日融資が可能なインターネットでの申し込みが、一番お勧めの申し込み方法になります。

アコムで土日祝日に即日融資を受けるにはどんな審査がある?

アコムで土日祝日に即日融資を希望する場合、審査そのものは通常の融資を受ける場合と同様です。

急ぎの融資だからと審査が簡略化されたり、なにか特別な審査が加わったりという事はありません。

アコムの主な審査項目

  • 信用情報
  • 他社の借り入れ状況
  • 年収・勤続年数などの属性

信用情報は

という3つの信用情報機関に記録されている、カードローン、クレジットカードなどの利用履歴が調査されます。

この信用情報に、

  • 61日以上、または3か月以上の延滞
  • 債務整理・自己破産
  • 短期間(半年間)に複数のカードローンへの申し込み

といった情報が残っていないかが審査され、もし上記に該当する記録が残っていると、いわゆるブラックと判断され、審査落ちの原因となってしまいます。

他社の借り入れ状況は、アコム以外のカードローンから3件以上の借り入れがあるようだと審査では厳しくなります。

また、年収の3分の1を超える借り入れを他社でしている場合や、他社と合わせてアコムで年収の3分の1を超える申し込みをすると、総量規制の関係から審査落ちの原因となります。

半年間に3件を超えるカードローンへ申し込んでいると、酷くお金に困っている人物と見られ、返済されないリスクが高いと判断される為、審査では不利となってしまいます。

年収や職業、勤続年数などに関しては、毎月の安定した収入があれば、年収が100万円程度でも、職業がパート・アルバイトの人でも審査通過の可能性は十分あります。

審査に関しては、過去にローン関係で延滞などの問題を起こしたことがなく、安定した収入があれば審査通過の可能性は十分です。

アコムで即日融資を希望する場合は審査時間に注意

アコムの審査対応時間は、9:00から21:00までです。

アコムへの申し込みはインターネット・電話からなら23:00でも行えますが、この場合は審査解答が早くても翌日9:00以降になり、当日中に融資を受ける事は出来なくなります。

アコムの審査は最短30分とありますが、余裕をみるなら最低でも1時間、出来れば審査終了まで2時間程度を見ておくと、申し込みが多くて審査に時間がかかった場合などでも即日融資を受けられる可能性が高くなるでしょう。

特に土日祝日にアコムに申し込みを行う場合、連休の初めの方は連休中の遊興費に充てたい人が。連休の終わりには連休中にお金を使いすぎた人がアコムに融資を申し込む可能性があり、申し込みが増えて審査に時間がかかるかもしれないという点に注意が必要になります。

アコムで土日祝日に即日融資を希望する場合は、審査の時間を考慮して遅くとも20:00までには申し込みを済ませておくことが重要です。

アコムで土日祝日に即日融資を受けるには在籍確認はどうなる?

アコムで土日祝日に即日融資を受ける場合、一番問題になりやすいのが、この在籍確認です。

在籍確認は申し込んだ人が申告した企業に本当に努めているか確認するために行われるもので、アコムから融資を受けるには絶対に必要になります。

在籍確認は通常、勤め先への電話連絡で行われるのが基本です。

【アコムの在籍確認の例】
アコムの在籍確認は電話で行われ、担当者の個人名で勤め先に電話が入ります。
「伊藤(担当者の個人名)ですが、○○様はいらっしゃいますか?」
このように電話でアコムの社名を名乗る事は無く、カードローン・キャッシングの電話であるという用件を伝える事もありません。
在籍確認の電話に出た人が、
「○○に代わります」
「○○は席を外しています」
「○○は今日は休みです」
このように在籍している事が分かる返答をすれば、在籍確認は成功です。
自分で電話に出た場合は、フルネームの確認や生年月日を確認して在籍確認が完了となります。

勤め先が休業日で在籍確認の電話に出る人がいない場合、在籍確認は保留となり、審査通過が勤め先の次営業日以降に持ち越しとなってしまう可能性が高くなります。

土日祝日で在籍確認が取れない場合はどうなる?

勤務先が休みで在籍確認が取れない場合、アコムの対応は3つに分かれます。

  1. 在籍確認が取れるまで審査をストップ
  2. 在籍確認を書類に変更
  3. 10万円以下の少額で契約し、在籍確認が取れた後、希望の契約額に変更

そもそも少額融資を希望する場合、3のパターンであれば問題なさそうですが、少額なら在籍確認なしで契約できるかというとそういうわけでもありません。

残念ながら、在籍確認が通るまでは審査通過が保留というパターンがほとんどです。

1のパターンで自動契約機で申し込みをしていた場合、暫定的にカードが発行されるケースはあります。

しかし、カードを受け取っても契約が済まなければ利用は出来ないので、在籍確認が完了しなければ実際に金を借りる事は出来ません。

勤め先が休みの場合に在籍確認を取る一番現実的な方法は、2の在籍確認を書類に変更してもらう事です。

最近はプライバシー保護の観点から企業が個人名での電話を取りついてくれないケースが多く、また、土日祝日は在籍確認が難しいケースが多くなる事はアコム側も理解している為、アコムへの相談次第では在籍確認を書類に変更してもらえる場合があります。

その場合、

  • 給与明細書
  • 社員証
  • 源泉徴収票

などの書類が在籍確認の代わりとして必要になります。

勤め先が休みで連絡が取れない場合や、勤め先が在籍確認に応じてくれないと事前に分かってるのなら、在籍確認が行われる前にアコムへ相談しておくのが良いでしょう。

アコムに申し込みを行うと携帯電話に本人確認の電話連絡があるのでそのタイミングで在籍確認の変更を相談するか、申し込み時の備考欄に在籍確認が難しい理由を明記し、書類への変更を希望する旨を記入しておくのが良いでしょう。

ただし、在籍確認の書類への変更は審査内容次第では不可になってしまう可能性があり、相談すれば必ず変更されるというわけではありません。

3の在籍確認が行えない場合に10万円以下の少額融資になるパターンですが、これは例外的な措置と考えておいた方がよいでしょう。

元から少額融資を希望しているからと在籍確認が行えないのにアコムに申し込んでみても、ほとんどのケースでは在籍確認が終わらない限り融資を受けることは出来ません。

アコムで土日祝日に即日融資を受けるには楽天銀行口座かアコムカードが必要!

アコムと契約し、土日祝日に実際にお金を借り入れするには銀行振り込みかATMを利用するかの2つのパターンが存在します。

土日祝日に借り入れするという点を考えると、振り込みの利用には注意が必要です。

金融機関 受付時間 土日祝日の振り込み実施目安
楽天銀行 0:10から23:49 1分程度

三菱UFJ銀行

ゆうちょ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

0:10から8:59 当日9:30頃
9:00から19:59 1分程度
20:00から23:49 翌日9:30頃
モアタイム金融機関 0:10から23:49 翌営業日9:30頃
その他金融機関 0:10から23:49 翌営業日9:30頃

楽天銀行であれば、土日祝日の振り込みであっても、時間に関係なく振り込みは1分程度で口座に反映されます。(0:10から23:49は除く)

三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の場合、19:59までに振り込みを申し込めば、1分程度で口座に反映されます。

しかし、三菱UFJ銀、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行も20:00以降になると、振り込みが反映されるのは翌日の朝9:30頃になってしまう点は注意です。

楽天銀行、三菱UFJ銀、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行以外の金融機関では、土日祝日にアコムが口座に振り込みを行ってもそれが口座に反映されるのは、金融機関の翌営業日になってからになってしまいます。

アコムからの借り入れを振り込みで行う場合、土日祝日に即日融資を受けるには楽天銀行、もしくは三菱UFJ銀、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座が必要という点に注意しておきましょう。

楽天銀行以外は19:00を過ぎると振り込みは翌日になるので、可能なら楽天銀行の口座があるのが望ましいです。

アコムの申し込みと同時に楽天銀行に口座を開けばよさそうですが、残念ながらこの手は使えません。

楽天銀行に口座を開くには通常1週間から2週間の時間が必要になるからです。

ATMで借り入れする場合はカードを当日中に受け取る必要あり

アコムのATM、セブン銀行やローソン銀行などの提携ATMを利用する場合、営業時間は24時間365日なので、ATMの利用に時間の心配は基本的に必要ありません。(メンテナンス時除く)

ただし、ATMの利用には当然アコムカードが必要になる為、まずはカードを受け取る必要があります。

通常であればアコムカードの受け取りは郵送・店頭窓口でも可能ですが、土日祝日に即日融資を受けるという条件の場合、カードの受け取り方法はアコムの自動契約機を利用するしかありません。

アコムの自動契約機の営業時間は8:00から22:00なので、この時間内に自動契約機に出向き、カードを発行してもらう必要があります。

アコムの自動契約機にはアコムATMが併設されているので、カードを受け取ればすぐにアコムATMからお金を引き出す事が可能です。

 

※ちなみに下記写真赤枠内のマークが入っている自動契約機のみカードの発行ができますのでご注意下さい。

 

もちろん提携しているセブン銀行ATMなどの提携ATMでの借り入れも可能ですが、提携ATMの利用には1万円以下の利用で110円。1万円越えの利用で220円の手数料が必要になります。

初回利用の場合は素直に自動契約機に併設されているアコムATMを利用した方が良いでしょう。

アコムで土日祝日に即日融資を受ける為の実際の流れ

実際にアコムで土日祝日に融資を受けるまでにどう行動していくかを確認していきましょう。

ステップは単純で、次の4つの行動が必要です。

  • インターネット、もしくは電話からアコムへ申し込み
  • アコムの審査解答を待つ、必要書類の提出
  • 在籍確認に通過
  • 銀行口座への振り込み、もしくはアコムATM・提携ATMからお金を引き出す

より細かく見ると、契約・借り入れ方法の違いから下記の2パターンに分かれます。

パターン1

  • インターネット・電話で申し込み
  • 審査通過
  • インターネットで契約
  • 楽天銀行に振り込み。19:00までであれば、三菱UFJ銀、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行に振り込み

パターン2

  • インターネット・電話で申し込み
  • 審査通過
  • 自動契約機で契約・カード発行
  • アコムATM、提携ATMからお金を引き出す

基本的に、楽天銀行の口座がないなら自動契約機で契約してカード発行。楽天銀行の口座があるなら、インターネットでの契約後に口座に振り込み、となります。

振り込みが19:00までに行えるのなら、三菱UFJ銀、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行に口座を持っている人も、インターネットでの契約で構いません。

アコムで融資を受ける為に準備する物

準備するもの

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証プラス住民票・公共料金証明書、納税証明書からいずれか一点

上記から一つ。

確認書類の住所が現在の住所と異なる場合、現住所の記載された下記の書類が追加で必要になります。

  • 住民票(本籍地・マイナンバー・住民票コードが無いもの)
  • 公共料金の領収書(電気代、ガス代、水道代。固定電話代、NHKなど)
  • 納税証明書

アコムへの申し込みに収入証明書は基本不要ですが、アコムへの申し込み限度額が50万円を超える場合、他社と合わせて100万円を超える限度額の申し込みをする場合は、下記の書類を提出する必要があります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

上記の中から1点。書類はすべて最新のものでなければいけません。

前月分の給与明細書を捨ててしまい収入証明書が手元にない場合などは、土日祝日だと収入証明書が準備しにくい為、いったんアコムへ50万円以下、他社と合わせて100万円以下の限度額で申し込みを行った方が良いでしょう。

後からでも収入証明書を提出し、毎月の返金を滞りなく行っていれば、限度額は増額してもらえる可能性があります。

在籍確認を電話以外にしてほしい場合、必ず変更されるわけではありませんが、下記の書類も併せて準備しておきましょう。

  • 給与明細書
  • 社員証
  • 源泉徴収票

基本的に上記の書類を準備しておけば問題ありませんが、担当する人や審査の内容次第では別の書類を求められる可能性があります。

土日祝日の場合、公的機関からもらえる書類が準備しづらいので、この点は注意が必要です。

アコムで土日祝日に即日融資を受ける為のステップ1:インターネット・電話でアコムへの申し込みを行う

土日祝日にアコムへ申し込みを行う場合、おすすめの申し込み方法はインターネットでの申し込みです。

インターネットでの申し込みであれば、パソコン・スマホからどこでも人の目を気にする事なく落ち着いて申し込みが行えます。

アコムへのインターネット申し込みの所要時間は10分程度で、氏名・生年月日などの個人情報。自宅情報、勤務先情報などの下記項目を入力します。

個人情報

  • 氏名(漢字、カナ)
  • 旧姓
  • 生年月日
  • 性別・独身・既婚
  • メールアドレス

自宅情報

  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号:携帯・自宅
  • 住居種類
  • 入居年月
  • 家賃・住宅ローン
  • 家族人数(家計を共にしている人数)

勤務先情報

  • 電話番号入力で自動照会

楽天銀行に口座を持っていない場合、カード発行の為に自動契約機に行く必要があるので、それなら最初から自動契約機に行き、そこで申し込みを行った方が手間は少なそうです。

しかし、自動契約機で申し込みを行う場合、30分から1時間半ほどかかる審査時間を自動契約機内で過ごす事になります。

また、自動契約機に先客がいた場合、最悪の場合1時間以上の待ち時間が発生し、インターネットからなら10分程度で済む申し込みが、自動契約機では1時間以上かかってしまう可能性もあります。

急ぎの場合に申し込みに時間がかかってしまうのはよろしくありませんし、申し込み完了が21:00を過ぎてしまうと、即日融資を受けられない可能性も出てきてしまいます。

アコムへの申し込みは、インターネットか、もしくは電話で早めに済ませておくのが最善といえるでしょう。

電話での申し込みの場合、18:00以降になると審査解答が翌日になってしまう点に注意です。

アコムで土日祝日に即日融資を受ける為のステップ2:アコムの審査通過を待つ

申し込み後はアコムによる審査が始まります。

審査中は待ちが基本ですが、アコムから電話があった場合にすぐに電話に出れるようにしておく。必要書類をそろえ、提出できるようにしておくと、融資までの時間を短くする事が可能です。

土日祝日に即日融資を受ける場合、必要書類の提出はネットからのアップロードで行います。

アップロードは申し込み後にアコムから送られてくるメールに記載されたURLから行うか、アコムのスマホアプリで行います。

スマホアプリで必要書類の提出を行う場合、撮影してそのまま送信する事で必要書類の提出を行う事が可能です。

スマホから申し込む場合はアコムのアプリをインストールしておいた方が良いでしょう。

パソコンからアップロードする場合はスマホを使って書類を撮影し、事前に画像としてパソコンに取り込んでおくと、アップロードがスムーズに行えます。

審査完了後、在籍確認の前にアコムから携帯電話へ連絡が入る場合があるので、この電話に出れるように準備しておきましょう。

また、審査の過程で何か疑問点が出てきた場合なども、アコムから電話連絡が入る可能性があります。

本人確認や疑問点の解消がスムーズに進めばその分審査完了の時間も早まるので、電話に素早く対応する事は重要です。

アコムで土日祝日に即日融資を受ける為のステップ3:在籍確認に通過する

土日祝日にアコムに申し込みをすると在籍確認がネックになる事が多く、勤務先が休みで電話がつながらず、結果的に審査完了が翌日以降になってしまう可能性があります。

そうならない為に、勤務先が休みで在籍確認が難しいのなら、申し込み時の備考欄に電話による在籍確認が難しい事を記入しておくか、申し込み後にあるアコムからの本人確認の電話時に在籍確認が難しいという事を伝えおきましょう。

電話による在籍確認が難しい場合、給与明細書などの書類確認に変更してもらえる可能性があります。

または、休日に自分が職場に行き、電話に出ることが可能なら自分で在籍確認の電話に出て対応しましょう。

在籍確認が行えない限り、基本的にアコムからの借り入れは出来ません。

当然ですが、審査に落ちてしまうとアコムから融資を受ける事が出来なくなってしまうので、

  • 申し込み情報を正しく記入する
  • 提出書類は文字が読み取れるように撮影する
  • アコムからの電話に素早く対応する
  • 在籍確認がスムーズに進むように電話に出る人がいる確認しておく、在籍確認の代わりとなる書類を準備しておく

など自分に出来ることは確実にやっておきましょう。

アコムで土日祝日に即日融資を受ける為のステップ4:アコムとの契約・借り入れ

アコムの審査に通過すれば、次は契約を行います。

土日祝日に即日融資を受けるには、契約はインターネットか自動契約機のどちらかで行う必要があります。

インターネットでの契約はパソコン・スマホで行えるので移動の手間がなく便利ですが、すぐにカードを受け取る事が出来ません。

その為、お金の借り入れを振り込みを行う必要があるのですが、アコムの振り込みで土日祝日に口座に入金が反映されるには、提携している楽天銀行か三菱UFJ銀、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のいずれかの口座が必要となります。

振り込みが19:00以降になると楽天銀行しか口座に反映されなくなるので、注意しましょう。

他の金融機関では振り込みを依頼しても、入金が口座に反映されるのは金融機関の翌営業日となってしまうので、楽天銀行以外の口座に土曜日に振り込み依頼をすると、口座に反映されるのは月曜日です。

振り込みを利用できない場合は、契約を自動契約機で行い、カードを発行してもらう事でATMを利用してお金を引き出します。

自動契約機の営業時間は8:00から22:00なので、審査通過後はこの時間内にアコムの自動契約機へ向かいましょう。

アコム店舗・ATM検索リンク

自動契約機は先客がいると待ち時間が発生する可能性があるので、時間に余裕をもって向かった方が良いでしょう。

自動契約機でカードを受け取れば、併設されているアコムのATMからお金の引き出しが可能です。

 

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事