でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

2017年5月17日はantikythera(アンティキティラ)メカニズムの発見から115周年!!最古のコンピュータとは!?

更新日:

Googleのトップページにもなっているこの模様はご存知でしょうか?

これは『アンティキティラ島の機械』です。

それを聞いただけだと…果て?なんだそれは!?

という方もいらっしゃると思いますので、本日は詳しく記載をしていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




アンティキティラ島(antikythera)の機械とは?

まずは初めにアンティキティラ島の機械とは何か!

簡単に言いますと…天体運行を計算するために作られた古代ギリシアの歯車式機械なんですね!

さらには、最古の複雑な科学計算機と考えられています。

複雑な計算機とは、こんなイメージではこんな感じでしょうか…汗

ただ本文とは関係ございませんのでご注意を汗

本題に戻ります。

機械の作りが完璧なため、発見されていない試作品や類似の機械の存在が予想されるのですが、多くの歯車が組み合わさっており、最古のアナログコンピュータと呼ぶ人もいるそうです。

また、一緒に引き揚げられた『アンフォラ』と呼ばれる土器の調査や、機械が収められていた木箱の片の放射性炭素年代測定法により、機械に刻まれていた古代ギリシャ文字の解析などから、この『機械』の成立年代が紀元前1世紀くらいであることは、ほぼ確定しているそうです。

アンフォラの土器は上記の写真の土器ですね。

同じレベルの機能を備えた天文計算機がヨーロッパ諸国で製作されるようになったのは、はるか後年、1500年以上も経てからのことでしたから、やはり驚くべき発見であることは確かだそうです。

アンティキティラ島(antikythera)の機械の驚くべき機能とは!?

側面につけられているクランクを回すことによって、様々な機能を実行することができるんです。

この機械は日食や月食が起こる時期(月・日・時間)を予測することができます。

しかも、うるう年まで考慮に入れられています。

この機械は、黄道帯上における太陽や月の位置を予測することもできるんです。

また、黒と白の石を歯車と連動させることによって、月の満ち欠けを表示することもできます。

更には、水星・金星・火星・木星・土星の位置を割り出す機能が含まれていた可能性もあります。

アンティキティラ島(antikythera)の機械はオリンピックの年かどうかも告げていた?

研究グループは、3次元スキャナを使って錆びて金属の塊となってしまっていた『アンティキティラの歯車』の内部構造の解析を進めることにより、文字盤の閏年を示す部分にはギリシャ語で『オリピック』という文字が刻まれていたことを確認します。

その上で『アンティキティラの歯車』は天体の動きを示すだけでなく、4年に1度の閏年の発生を示すことで、オリンピックの開催年を知らせる機械としての役割を果たしていたことが判ったとされているんです。

これまでの調査の結果、『アンティキティラの歯車』は非常に高度な技術力を投入することで天体の正確な運行を示す天球儀としての機能を持っていたことは判明していたが、どうしてそこまで正確な天球儀が必要だったのか、その機械の目的に関しては判らなかったそうです。

フリース博士は『4年に1度の閏年は誰でも判ることと思うかもしれないが、閏年に開催されていた古代オリンピックは社会的に非常に重要な行事であったため、その開催日時を正確に知ることが必要だったのではないか』と述べていたそうです。

アンティキティラ島(antikythera)の機械はどうやって見つかったのか?

それは1901年の頃です。アンティキティラの沈没船から発見されたのです。

しかし、アンティキティラ島の機械はその複雑さ、重要性は何十年もの間気づかれる事はありませんでした。

もともとは紀元前150〜100年に作られたと考えられていて、その複雑さを持った技術品はその後、1000年後まで現れる事がなかったとのことでした

ということは紀元前150〜100に作られたが、紀元後850年〜900年と同等の技術を持った機械だったんですね…

フランスの海洋学者ジャック=イヴ・クストーは1978年に沈没船を訪れるが、『アンティキティラ島の機械』の残りの部分を発見することはできませんでした。

『アンティキティラ島の機械』に関する最新の研究を導入しているカーディフ大学のマイケル・エドマンド教授は…

『この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確に出来ている。機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。歴史的にまた希少価値から見て、私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない』

と評価をされてるほどだそうです。

アンティキティラ(antikythera)島の機械の実物はあるの?

 

 

実物はあります!

上記写真のアテネ国立考古学博物館の青銅器時代区画にデレク・デ・ソーラ・プライスによる復元品と共に展示されているそうです。

他の復元品は…

・米国モンタナ州ボーズマンのアメリカ計算機博物館

・マンハッタン子供博物館

にあります。

アンティキティラ(antikythera)島の機械の機能と実用性とは?

アンティキティラ島の機械はメトン周期に追従し、日食を予測し、古代オリンピック競技会の日取りを計算できたのです。

この新たな発見が2008年7月30日学術誌ネイチャーに掲載されたそうです。

現在のアンティキティラ(antikythera)島の機械が作られた経緯・推測

この「機械」の製作者候補としては、まず当時、ロードス島にいた名高い天文学者ヒッパルコスが考えられます。また、もう一人、ロードス島にいた政治家・哲学者・天文学者としてこの「機械」の製作者に相応しい人がいます。それはポセイドニオスといいます。当時、ロードス島に滞在していたローマ人の政治家で執筆家のキケロがこう書いています。即ち「最近ある機械を友人ポセイドニオスが作り上げました。それは天体の動きを回転によって再現する機械です・・・」と。

工作技術に重点を置くと、アレキサンドリアの工学者ヘロンも製作者の候補の一人かも知れません。また生存時期から、直接の製作者とはなり得ませんが、あのアルキメデスも同様の「機械」を製作していたとも伝えられ、その技術を継承した技術者がシチリアのシラクサをはじめとした地中海世界の広範囲に分布していた可能性はあります。

この「アンティキティラ島の機械」が見つかった沈没船を、革新的な次世代型潜水服を使って調査する考古学プロジェクトが、昨年(2014年)9月15日以降エーゲ海で開始されています。

従来の調査では水深60m程度までしか潜水出来ませんでしたが、新たに使用される最新の調査機器では水深150mでもより安全にかつ長時間にわたり作業が可能とのことです。

研究者によると、該当の沈没船の中やその周辺には、現在も考古学的価値の高い宝物が未発見のまま残されている可能性があるとされています。また難破した沈没船は一隻ではなく、別の舟が250mほど離れた海底に眠っているとも云われており、その捜索も併せて実施する予定のようです。

現在まで、特に新たな発見の報はありませんが、今後、今まで以上に驚くべき宝物の引揚げの発表があるかも知れません。是非、期待して待つことにしましょう。

著名なSF作家のアーサー・C・クラークは、この小さな「機械」を見て、「この技術や知識が正しく後の人々に継承されていたのならば、産業革命は1,000年以上早まり、今頃人類は他の惑星に到達していただろう」と述べています。

そうですね、何故このような天文学の知識と精密機械の製造技術が以降の文明に受け継がれなかったのかは解りませんが、ギリシャ人たちの天文学へのアプローチが科学的なものというよりは哲学的なものであったという点が大きく影響しているのかも知れません。更に次代の主人公であるローマ人たちが、(1500年近く後にルネサンス期を迎えるまでは)合理的な科学的思考法にさほど興味を持っていなかったことも大きいのでしょう・・・。

引用:http://kijidasu.com/?p=18155&page=2

アンティキティラ(antikythera)島の機械を動画・Youtubeにて説明!!

antikythera(アンティキティラ)島の機械・オーパーツをモデルにした腕時計!!HUBLOT(ウブロ)が再現!!

『アンティキティラ島の機械』をオマージュにウブロから2011年『MP-04アンティキティラ』が発表され大きな話題を呼びました。

ちなみにこの時計…世界で4本しかないそうです…汗

兄弟モデルの『MP-08 Antikythera Sunmoon』で 予価:26,502,000円(税込)となっていました。

とんでもない金額ですね汗

時計一本で家も買えちゃいます。

antikythera(アンティキティラ)メカニズムの発見から115周年のまとめ

誰がアンティキティラの機械を作ったのか…

その疑問に対する答えはまだ出ていません!

機械に刻まれた文字は、コリントス(古代の都市国家)またはコリントスの植民地で作られたことを示しています。

シチリアはコリントスの植民地で、シチリアの都市・シラキューズにはアルキメデスの本部があったそうですし。

研究家の説によると、アンティキティラの機械はアルキメデスのデザインに基づいているそうです。

でも、この機械がそんな形で生産されたのだったら、なぜ同じような機械が他に見つかっていないのでしょう? 謎は続くばかりですね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.