人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

キャッシングの審査を申し込んだら、審査に落ちてしまった。

「この消費者金融は審査が厳しいのかな……」と思いつつ、別の消費者金融の審査に申し込むと、またしても審査を通過できなかった。

「こうなったら審査通過するまで色々な消費者金融に申し込んでやる!」と意気込んでいませんか。

このまま続けると1社も審査が通らず、そして「申込ブラック」と呼ばれる状態になっている可能性があります。

この申し込みブラックというブラックリストに載っている状態だと、キャッシングなどの融資審査に通過することはまず出来なくなります。

スポンサーリンク

ブラックリストとは

「ブラックリスト」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。簡単に言うと「業者にとってお客にしたくない方」のことを「ブラック」と呼ぶのが一般的です。

具体的には以下のような特徴の方々のことになります。

「ブラック」と呼ばれる顧客の特徴
  • 過去に決められた期日や約束を守らなかった事実がある(返済が遅れたことがある)
  • 過去にギャンブルや遊びで破産したことがある(金遣いが荒い)
  • 過去に貸したお金を返済出来なかった経験がある(債務整理した経験がある)
  • 現在無職で収入が無い(定職についていない)

もし、あなたが融資担当者だとして、このような顧客に自社から融資をしたいかと問われると、おそらくほとんどの方が「NO」を突き付けるのではないでしょうか。それは返せる見込みを立てられないからではないでしょうか。

しかし、そのような顧客は懲りずに他店で何事もなかったように新たな申し込みを行うかもしれません。

その際に「この顧客は危険人物である」という情報を集めた顧客リストがあり、互いに共有できていれば、リスクを減少させ安全なスムーズな審査に繋げられます。

それらの顧客リストがブラックリストとなるわけでですが、実際にそのようなリストが紙であるのかというとほとんどの会社には存在していません。

しかし、銀行や消費者金融等の金融会社やクレジットカード会社には「このお客さんにお金を貸すのはちょっと待った方が良い」というアラートは存在しています。

そのアラートがブラックリストだと考えるのが自然だと思います。

もっと具体的にブラックについて知りたい方はこちら

申し込みブラックとは

では、今回取り上げている申込ブラックとは一体どのような状態なのでしょうか。

申し込みブラックとは一言で言うと、「融資の申し込みを短期間で様々な消費者金融に行いすぎている状態」のことを指します。

特に「短期間」がキーワードとなります。

短期間とはどのくらいの期間なのか

短期間といっても、各社共通で期間設定されて決められているわけではありません。

ここでの短期間とは一般的に「1ヶ月間に3社以上申し込んでいる状態」だと言われています。

なぜ3社かと言うとよく言われているのが…

1社目の審査後、次の会社に申し込んだ場合の担当者の反応
2社目 「1社目に落ちたのはきっと前社の審査が厳しかったんだな!」
3社目 「1社目・2社目と連続で審査落ちしている!?これはきっと何かあるぞ…今回も審査に落とそう」

となってしまう可能性が高いからです。二度ある事は三度あるという事ではありませんが、ご自身がもし担当者だったら同じように考えるはずです。

実は申込者が申し込みブラック状態に陥った場合、申し込まれている消費者金融以外もその情報を得て確認することが出来るのです。

それはなぜなのでしょうか。

融資の申し込み情報は信用情報機関に登録されている

なぜ申込者が申し込みブラックになっているのかを他の金融業者までもが知ることが出来るのか。

その答えは銀行や消費者金融などの審査時に利用されている信用情報機関に今までの「申し込み情報が掲載されているから」です。

信用情報機関には、個人の借入やクレジットカードの利用情報などの金銭に関する情報が掲載されていて、加盟している会社は自社の審査申込者の信用情報を検索することが出来るのです。

ここ数年で延滞や債務整理等を経験していないか、現在返済に困っているような大きな借り入れをしているのではないか等々、この信用情報機関を通して得られる情報は非常に多くあるのです。

信用情報機関に記載されている情報

信用情報機関には上記のように数多くの信用情報が掲載されています。

特に申し込みブラックとなってしまう人に関係しているのが、一番最後の「申込みに関する情報」です。

この情報の内容に「申込日」と「申込商品種別」があります。

この2点が1ケ月の間に複数の金融機関から登録され、かつ契約情報が登録されていないとなるとその後に申し込みを受けた他社から「審査を申し込んだけど、通過できなかったのだな」と判断されてしまうのです。

このようになると「申し込みを繰り返す客=お金が足りない危ない顧客」と考えられてしまい、審査に通過させて融資することをためらうようになります。

個人信用情報機関について詳しくはこちら

信用情報機関に登録された情報は消えるのか

この問いに対する答えは「YES」です。

申し込み情報についての信用情報機関の標準登録期間は6ケ月間です。

つまり、申し込みブラック期間が明けて実際にお金を借りられるようになるまでには最低でも6ヶ月間(半年間)は新規の融資申し込みを控えることが賢明です。

継続的に申し込みをし続けると、その新しい融資申し込みも信用情報に登録されていき、常に申込情報が複数登録されている状態が更新されていくことになります。

よって、常に3社近く申し込みが溜まっている状態となると、審査には非常に通過しにくい状態が維持され続けてしまうことになります。

信用情報は自身の手で確認出来る

実は信用情報は自分自身でも閲覧確認することが出来るのをご存知でしょうか。

情報開示を請求すると自身の信用情報が開示され、金融機関に提供されている情報と同じ情報を得ることが出来ます。

また、もしも記載されている情報に誤りがあった場合は、対象の信用情報機関に申し立てを行うことにより、情報の変更依頼をすることも出来るのです。

しかし、この情報開示は自身の情報にも関わらず、無料ではなく有料での開示です。

各信用情報機関毎に1回1,000円程度の手数料を必要としますので、情報が必要なタイミングを間違わないようにしましょう。

信用情報の詳しい開示方法はこちら

申し込みブラックになるといつから新しくお金を借りられるのか

申し込みブラックになって審査に通過できなかった方が6ヶ月間を経て、ブラック状態でなくなれば、どこでもすぐにお金を貸してくれるというわけではありません。

申し込み情報は信用情報から消えていても、審査に通過できるかどうかは申込者個人の収支状況によって変わってきます。

もし、申し込みブラックを脱していても借りることが出来ないという場合は別の要因を考えてみる必要があります。

その要因の例として、以下の項目を挙げることが出来ます。

申し込みブラックでなくなったのに新たに借りられない主な3つの原因
  1. 総量規制
  2. 債務整理の記録がある
  3. その他の問題点

これらの項目をそれぞれ見ていきましょう。

申し込みブラックでないのに借りれない要因①:総量規制

総量規制とは、「貸金業者が個人に貸し出すことのできる金額は年収の1/3の額までに制限する」という仕組みの制度です

つまり、多重債務者や破産者を減らす為に、個人の借り入れ金額の上限を決めると同時に、貸金業者側に年収の確認を義務化し、返済が難しくなる年収の1/3を超えるような無理な貸し出しをすることを貸金業者に禁じた仕組みです。

よって、申し込みブラックでなくても審査時に信用情報を閲覧し、既に年収の1/3を借り入れている場合は融資の申し込みをしても審査に通過できないようになっています。

ただし、銀行からの借入は総量規制の規制対象外となっていますので、知っておくと良いでしょう。

申し込みブラックでないのに借りれない要因②:債務整理の記録がある

債務整理というのは平たく言えば、借金の返済で苦しんでいる人のための法による救済措置です。

つまり、支払いが難しくなってしまった借金問題の解決を国が決めた法的な手続きに従って処理をすることによって、新しい生活に向けて再スタートをしやすくなるように作られた制度になります。

一般的に債務整理といわれる手続きは以下の4つの方法があります。

債務整理の種類
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生

これらの4種類のどの処理方法を選択しても金融業者側から信用情報機関に異動情報(所謂事故情報です)が登録されるのです。

上記の表の右端記載のように、信用情報機関に記録が残っている期間を確認し、新規の融資に申し込まない期間を決めて行動すると良いでしょう。

債務整理について詳しくはこちら

申し込みブラックでないのに借りれない要因③:その他の問題点

例えば審査時に住所や電話番号を架空にして申し込んでしまったり、年収項目等に虚偽記載があったりすると大きなトラブルに発展してしまいます。

例えば、1社の消費者金融から50万円を超える借り入れを行う際には年収の証明書(源泉徴収書類や確定申告書類等)が必要となります。

しかし、ここで申告している年収額と実際の年収額の乖離が余りに大きい場合、消費者金融から「信用ならない人物」と捉えられてしまう可能性もあります。

機械や信用情報などの補助はあるものの、現状では審査の可否を最終判断しているのは、多くの場合人間(消費者金融の職員)です。

申し込み時に顔を突き合わせていないからといって、架空の申請を出す等の迷惑行為は後々の身分証明書の提示等の申し込みプロセスで発覚してしまいますので、絶対にしないようにしましょう。

結局申し込みブラックはいつからお金を借りられるのか

やはり申し込みブラックとなっている6ケ月間は新規の融資審査に通過するのは非常に難易度は高いと考えざるを得ません。

まずは信用情報をご自身で確認して、審査に通過できないのは申し込みブラックが原因だと感じた場合、まずは6ヶ月間新規の申込を避けるべきです。

その後、申し込み情報が消えるまでの6ヶ月間の期間中に自身の収支状況、現在の借り入れ状況などを整理しておくのが良いでしょう。

よって、申し込みブラックとなってしまった時は、6ケ月後のご自身の収支状況によって審査通過可能かが決まってくると考えるのが正しいと言えます。

申し込みブラック後でも新しくお金を借りれる消費者金融・街金

商品名 フリープラン(使途自由フリーローン)
ご融資限度額 200万円まで可能
使途 原則自由
貸付金利率 15.00%~19.94%(実質年率)
遅延利率 19.94%(実質年率)
返済方式・回数 残高スライドリボルビング
元利均等返済 2~180回 最長15年以内/要相談有り
担保・保証人 原則不要

アローは愛知県に本社を置く中小の消費者金融です。過去に債務整理(任意整理・自己破産等)をした方や滞納・延滞をしたブラックの方でも融資実績があります。

また、それだけでなく審査も最短45分で午前中までに申し込みが完了できれば、即日融資も可能となります。

指定の口座にも振り込んでもらう事が可能という事で振込融資にも対応をしています。

ブラックでも融資ができる消費者金融を探したいならこちらをご覧ください

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事