人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

借り入れに失敗してしまい債務整理してブラックになった人向けにブラックだけど借り入れができやすい消費者金融をご紹介いたします。

せっかく借り入れをするのであれば、始めから審査に通りやすい中小消費者金融からお勧めする理由を分かりやすく説明いたしますので、ぜひご参考にしてみてください。

目次

スポンサーリンク

借りやすいのは銀行系・消費者金融系・ヤミ金系のどれか?

カードローンやキャッシングからの借入をしようと思ったときに、初めての人はどのカード会社が良いか迷ってしまいます。

一番安心できるのは銀行系のカードローンだろうなのイメージと、消費者金融やヤミ金は怖いイメージがあるのがごく一般の認識です。

そんな3つの銀行系・消費者金融系・ヤミ金系のカード会社の違いについてご紹介します。

借り入れローンの銀行系とは

銀行系カード会社と言えば、大手の銀行名なのでみなさんも安心して利用できる会社がほとんどになります。

有名どころでいえば

  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行

などが有名ですが、安心できる点ともう一つのメリットは、金利が消費者金融系やヤミ金に比べて低金利だということが最大のメリットです。

借り入れをもし200~300万した場合でも、完済できるまでの間に利子額を相当な負担になりますので、利子においては少しでも低い銀行系から借りた方がいいでしょう。

しかしデメリットもあり、申し込み審査が非常に厳しいことも有名なところです。

まずブラックな人は借り入れできないと思って頂いたほうがいいです。

あと、安定した収入が無い場合や、借り入れ額が大幅に多い人は審査が厳しいので可能性としては低いです。

借り入れローンの消費者金融系とは

消費者金融系会社と言えば、テレビや雑誌でよく宣伝しているアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットが挙げられます。

先に挙げた消費者金融は大手会社で、資金力が豊富で全国展開をしており認知度も借り入れしている率も高いので、真っ先に消費者金融で借り入れしたい人は借りようとします。

昔は街金などの呼び方などで悪いイメージしかありませんでしたが、現在は宣伝の効果や法律が厳しくなったこともあり悪質な消費者金融会社はほとんどなくなりました。

消費者金融系は銀行系に比べて全国認知度や信用力・資金力などは低いですが、借りやすさの面で言えば消費者金融系がお勧めになります。

また、特にに借りやすいのが、大手消費者金融ではなく中小の消費者金融会社が借りやすいことがあります。

まだ認知度や資金力が豊富でない中小な会社は、どんどん新規顧客を増やして全国展開をしたい為に借り入れを積極的に勧めようとしていますので、借り入れを早くしたい人には向いています。

消費者金融系のデメリットとしては、金利が銀行系に比べて高いことと、まだ怖いイメージが少しあることが気になる点ではあります。

金利は、各社によってまちまちですが優良の会社は法律内での金利でしていますので、法外な金利を設定しているところは違法業者の可能性があります。

利用するかどうかはよく考えてから情報を集めて判断されてください。

借り入れローンのヤミ金系とは

闇金(ヤミ金)は違法業者のことで、許可を得ずに勝手にお金の借入をしている悪徳業者になります。

銀行系や消費者金融系の金融業者はちゃんと許可を得てやっており、法律に定められた金利内でしていますが、ヤミ金業者はそんなことはお構いなしに、金利がやたらと高かったり、もし未払いが発生したらすぐ悪質な取り立てをしたりしてヤミ金から借りるメリットはほとんどありません。

しかし、ブラックでお金が借りれない人は、ヤミ金であればブラックの人も借りれることがほとんどなので、どうしても最終的に頼ってしまう人もいるのも現実です。

ただ、借りてしまって返済にするにしても金利が高い為に、元金はほとんど減らずに利子だけを返済するような状況に陥ります。

ヤミ金から借りてしまい生活が困難になったり、返済が出来なくなり職場や家族にまで取り立てに来る可能性がありますので危険性が非常に高い事だけはご注意ください。

消費者金融で借りるときの審査はどんな基準なのか?

消費者金融からの借り入れを希望するときに、審査の基準となっているのが、下記ポイントが主な審査内容になります。

金融業者ごとによって審査基準は多少変わってきますが重要なポイントは共通しています。今回はその重要でかつ共通しているポイントに絞って紹介していきます。

借りる時の審査のポイントその1:申し込み時の入力情報の精査を確認

まず審査基準のポイントその1は、借りたい人が申し込み時に入力している情報からの確認になります。

1番はじめに顧客からの申し込みしたいというアクションが無い限りは調べようがないからです。

そこで、よく間違って記入したり嘘の情報を大げさに書いたりして、後々に本当の情報と違っていて審査する側の心証が悪くなり落とされてしまう危険性もありますので、間違っての入力や嘘の記載は極力しないようにしましょう。

入力してもらった情報をカード会社側は、よく「スコアリング審査」と呼んでおり、入力された項目によりそれぞれの評価基準があるので、それを評価判断して総合的なほかの審査ポイントも含めて最終的な判断をします。

下記に簡単なスコアリング審査の項目を掲載します。

・基礎的な個人情報(お名前、フリガナ、誕生日、年齢、郵便番号と住所、性別など)
・家族構成(独身か配偶者、子供の有無、同居人数など)
・勤務先情報(職種、勤務先の会社名と住所、勤続年数、年収など)
・現在の借入情報(借り入れ件数、借り入れ額など)
・過去の信用情報(今までの借入状況から債務整理など詳細に記載)

借りる時の審査のポイントその2:現在の安定した収入があるか確認

審査ポイントのその2では、審査ポイント1で入力してもらった申し込み情報を元に、安定した収入が継続されているかが重要になってきます。

借り入れをして貰うには、最後には借りた額と利息を継続的に支払い済むまで払い続けることになりますが、安定した収入が無ければ毎月ちゃんと支払してくれる能力が無いと判断されるのです。

また、安定した収入があっても、毎月の収入額が毎月払う借り入れ額より少なかったり、生活状態が粗悪な状況であれば借り入れ継続が厳しいと判断されてしまう事があります。

申し込み時の情報において書いてもらった、業種や勤務形態(正社員かバイトパートかなど)や勤続年数、年収(毎月の月収含む)などが審査に影響してくるのです。

カード会社によっては、バイトやパートであったとしても、勤続年数が長く続いていたり、勤めている会社の認知度によっても審査の評価が変わってくることもあります。

よくある事例として、個人事業している社長とかでも、毎月の収入がこの月は200万で、次の月は10万しか収入がないような差があるような人よりも、公務員や士業(弁護士・医者・官系など)系は長年安定して収入がありますので、どうしても比べると後者が有利にはなってしまいます。

借りる時の審査のポイントその3:他社カード会社からの借り入れ状況を確認

審査ポイントその3では、他社からの借入が現在どのくらいの借金額があり、何社からの借入をしているのかを判断します。

また、審査申し込みが同時に数社ある場合は、現在お金の工面に相当困っている状況と判断されてしまいます。

もし他社から複数の借り入れで、まとめての借金額が大幅に多いようであれば返済する能力が実際にあるのかが、各カード会社の審査ポイントになります。

予想以上に返済額が多い場合は支払能力が低いと評価されてしまい借り入れは不可能になる可能性が高いでしょう。

借りる時の審査のポイントその4:過去の信用情報の事故(ブラック)歴を確認

審査ポイントその4では、申し込み時の基本情報を元に個人信用情報機関に信用情報の確認をします。

信用情報には、今までに借り入れした人の情報が集まっているので、過去にどんな借り入れをして、借り入れ時の支払いなどに問題が無かったかを調べる事ができます。

過去に借り入れをたくさんしていてもしっかり完済していたり、毎月支払い続けていることが確認できれば評価は高いです。

しかし、過去に支払続けることが困難になり債務整理したり、遅延や滞納が頻繁に起きているような状況であれば、今後もしっかりと支払してくれるのか心証が悪くなり、借り入れの審査ポイントとしては低くなるでしょう。

また、債務整理などについては、ブラックリストとして数年間は記載されているので、ほとんどのカード会社では借り入れを新たにするのは厳しくなるでしょう。

借り入れをどうしても必要としているのであれば、ブラックリストが削除されてからの、審査申し込みがお勧めです。

借りる時の審査のポイントその5:本人の返済する意志を確認

審査ポイントの最後はやっぱり貸したとしても返済する意志があるかどうかが一番重要になります。

実際に安定した収入もあり過去に実際に支払いがしっかりしていたとしても、今回もしっかりと返済をしてくれる保証はどこにもありません。

貸す側としては直接会って貸しても大丈夫な人かを判断しますが、一人ひとり余計な手間を掛けていては効率性が悪くなります。

ですからポイント1からポイント4までの審査内容を加味して、信用性が担保されれば借り入れすることが可能になるのです。審査には情報だけでなく誠実さも加わりますので、正直に情報を伝えておくことが審査通過の重要性になります。

ブラックでも中小消費者金融が借りやすい理由とは

ブラックな人が借りるとしたら銀行やヤミ金ではなく、消費者金融から借りるのが得策でしょう。

しかも大手の消費者金融カードローンではなく、中小の消費者金融業者の方が借りやすい利点がありお勧めです。ここでは中小消費者金融からの借入しやすい理由を簡単にですがまとめてみましたのでご覧ください。

すべての中小消費者金融会社に当てはまる理由ではありませんので、そこは実際に借り入れしようとするサイトから違いを比較してご覧頂けたらと思います。

中小消費者金融から借りやすい理由その1:申し込みが簡単にできるようになった

金融業界においてもインターネットの普及により、ネットからの申し込みや反応が多くなってきた為に、今はほとんどの中小消費者金融各社が大手に劣らずインターネットの各サイトから申し込むことが可能になっています。

もし自宅にパソコンが無くても携帯のスマホからでも申し込むことができるので、すごく便利になってきました。

以前までは、電話やFAXやハガキまたは来店のみがふつうでしたが、いまはそれも含めてネットからの申し込みが急激に増えているのが実情です。

その為、各社ともネット申込からの獲得をもっと増やせるようにサイトの利便性を挙げたりサービスやキャンペーンなどで、新規獲得をできるように努めています。

インターネットや今までの電話でも、申し込みが完結できるので審査に入るまでの時間も節約でき早く結果を知ることが可能になりました。

中小消費者金融から借りやすい理由その2:審査が最短でのスピード融資ができる

大手の銀行などのカードローンの場合は、審査結果が分かるまでに数日は掛かることがあります。銀行などは審査基準がどうしても厳しくなってしまうので、それなりの手間や日数が掛かってしまうのが現状です。

その逆で、中小の消費者金融各社は、新規客をたくさん獲得したいために融資スピードも早くする事を売りにして、獲得をどんどん増やすことに成功しているのです。

最短で早い場合は、申し込みをして最短30分で審査結果を聞けることもあるのです。

逆にこれ以上早くなると審査をちゃんとしているかが不安になることも感じます。

概ねの各社とも審査結果は最短30~90分ほど審査結果が分かる可能性があります。

やはり開店すぐな場合や連休明けの初日は多少他の曜日に比べて時間が掛かる分は発生しますので、早めの申し込みがそのときに慌てずに動けると思いますので、申し込みするさいは早めの段階に進めておくことをおすすめします。

中小消費者金融から借りやすい理由その3:審査連絡時の電話確認がない

よく借り入れの際の申し込みで気になるのが職場への在籍確認の電話では多いです。現在はまだ浸透していませんが一部のカード会社においては、在籍確認の電話はしていない場合があります。

電話連絡をしなくても申し込み時の情報から審査することができるように審査方法を取り決めています。

ですから、ネットからの申し込みだと電話確認も無く、審査結果から融資されるまで一切カード会社側と電話で話したりすることはないメリットがあるのです。

大手消費者金融や銀行系カードローンなどを作るときはそうはいきません。しっかりと在籍確認をして実際にそちらで働いているのかどうかは、返済能力や信用力においても非常に重要な部分になるからです。

中小消費者金融から借りやすい理由その4:女性や高齢でも借りやすくなっている

昔のイメージではカードローンや借金の借入をするのは、中高年の男性が思い浮かぶと思います。

今は若い世代の学生から、女性の主婦やバリバリに働いているOLもですし、高齢化によって高齢の人も利用する人が増えてきています。

昔は悪いイメージがありましたが、現在ではテレビや雑誌などでも有名人が出ていたりして認知度がついてきたら、徐々に利用する人が増えています。

また、インターネットによる普及によってネットでの申し込みや支払管理などが簡単にできる事が急激に利用者が増えていった傾向になります。

金融業界のイメージや悪い話も少しずつ風通しがよくなって健全化してきていて銀行も借り入れに力を入れています。女性でも借り入れする事への抵抗感が無くなり借りやすくなりました。

当然ですが法律(賃金業法)も厳しくなり、借りる為のバックボーンが強くなった事も理由の一つでしょう。

中小消費者金融から借りやすい理由その5:金利が高めなので低金利よりは通りやすい

銀行や信販系のカードローンに比べて、中小消費者金融の金利は高めに設定されています。それでも利用する人が多いのには理由があります。

金利が低い銀行などは低くてすごく魅力的なカードローンですが、その分審査基準が厳しくブラックな人や収入が低い場合などはほとんど審査に通ることはありません。

その分、中小消費者金融は金利は高いですが、たくさんの新規顧客を獲得したいので、金利が高くても申し込みした人のほとんどは審査に通りやすくなっています。

なかには債務整理をしてブラックな人も安定した収入が継続的にできているのであれば審査OKなこともあるのです。

いわゆる独自審査を行っているわけです。

中小消費者金融から借りやすい理由その6:大手よりは柔軟な審査基準を取り入れている

審査基準については銀行や信販系の審査よりも柔軟な対応をとっており、ブラック中でも後でも、借り入れが複数ある場合でも通ることがあります。

基本的には、申し込み時の入力情報とそこから精査して個人信用情報を総合して借り入れになりますが、なるべく借りて欲しい中小消費者金融からしたら、しっかりとした返済能力がちゃんとあるのであれば貸してあげたいのが本音になります。

中小消費者金融の各会社によっても柔軟な審査基準が違ってくることもあり、また同じ会社内でも審査する担当スタッフによっても審査判断が微妙に変わることが生じることもあります。

そこは無理のない借り入れであれば貸してくれる可能性が十分にあるのです。

消費者金融から借りやすい理由その7:認知度が低いためにブラックにも対応範囲

中小の消費者金融会社は、大手のようにお金をかけて広告したり宣伝する余力まではありません。しかし知名度が低いために甘目の審査で審査が通りやすいのはあります。

大手には知名度や安心実績がありますが、中小にはそこまでに至る知名度や安心実績がない分は、リスクを恐れずにブラックの人でも顧客獲得につなげようとする積極性はありますので、大手よりは審査通過の可能性が高いです。

すべてにおいて、各会社ごとに審査基準が違っているので、通りやすさの比較を見比べながらどこが良いかを判断されてもいいかもしれません。

消費者金融からの申込審査が通らないときの事例とは

消費者金融に申し込みしたら通らない事がよくあります。そのような場合では自分では何がダメで審査が通らないか分からずに迷ってしまいます。

ここではそんな通らなかった前例をごく一部ですがご紹介しますので、自分の状況と照らし合わせてご参考にされてください。

消費者金融に申し込むときに間違いや嘘の書き込みしていないか

借入をしたいと消費者金融のサイトの申し込みページから入力して申し込んだり、直接来店して申込用紙に記入または電話口での申し込みをするときに、間違った情報や嘘の置き換えをしている人が数割います。

借りたい人はどうしても借りたいために、年収を多めにしたり他の数社から借りている借金額を少なく見積もったりしても、ほとんどの嘘や間違いの情報はばれてしまいます。

そうなると、せっかくギリギリのラインで審査可能だったとしても、たった一つの嘘により担当スタッフの心証が悪くなってしまい、借り入れしても大丈夫な人なのか不安になり貸さなくなる可能性が高くなります。

そうならない為にも、嘘や間違いの情報は記載しないようにした方が本当に借りたいときの近道になります。

申し込むときに複数の消費者金融に申し込みをしていないか

消費者金融に申し込もうとするときに、数社のカードローン会社に申し込む人がいます。確かに複数の金融会社に申し込みをすれば1社または数社からの借入はできるかも知れません。

ただ、金融業界の常識では申し込みを同時期にたくさんされている人はお金にかなり困っている人と判断されてしまい、複数から借り入れできたとしても、たくさんの借金を返済する能力がはたしてあるのかどうか検討されてしまい、せっかく借り入れできるチャンスを逆に見逃してしまう結果になることがあります。

実は、金融業界などでは借り入れの申し込みをした情報などが、個人信用情報機関にすべて記録されているので、申し込みした人が何社に申し込みしたかが履歴で分かるようになっているのです。

借り入れする場合は、会社を絞ってはじめは1社か2社程度に抑えておくことをお勧めします。

現時点で借金が膨大に膨らんでいたり年収が少なくありませんか

ブラックでもOKな中小消費者金融でも、通らない場合があります。例えば、すでに借金額が300万あって年収が400万しかないような場合は借り入れは不可能に近いでしょう。

実は法律によって決まっていることがあり、収入になっている年収のうちの三分の一以上を貸すことは法律によって禁止されているのです。もし貸してしまった場合は、貸した側の金融会社が法律によって罰せられてしまうのです。

この法律を「総量規制」といい、これ以上の借入をすることで生活困難になったり支払能力を超えてしまって結局、債務整理や滞納などを繰り返してしまう可能性が高くなるのです。

もし、すでに総量規制に掛かっている状態であれば、一度弁護士や役所に相談されてみてください。または、複数に借りているのであれば、どこかの会社におまとめの一本化ローンを組めないか話しをしてみるのも一つの選択肢になります。

借りやすい中小の消費者金融会社の一覧

ブラックな場合は新しく借り入れをしようとしても厳しいのが現状ですが、ここではブラックでも借り入れができる可能性が高い消費者金融会社をまとめてご紹介します。

借りやすい消費者金融その1:アロー

商 号 株式会社 アロー
本 社 名古屋市中川区高畑二丁目144番地
設 立 平成12年11月6日
登録番号 貸金業:愛知県知事(3)第04195号
加盟団体 日本貸金業協会会員 第005786号
ご融資額 200万円まで
使 途 原則自由
貸付利率 15.00%~19.94%(実質年率)
返済方式 残高スライドリボルビング
担保・保証人 原則不要

中小の消費者金融カードローンで借りやすいところが、愛知県の名古屋市に本社がある「アロー」になります。

ブラックの人でも借りやすいことで知られており、債務整理をしていても、現在の返済能力が高ければ審査に通りやすくなっています。

また、総量規制に関しても、年収が少ない場合やすでに借り入れ額が多い場合は、借り換えローンによってまとめることで借り入れすることもできるプランを設けているのも特徴です。

アローを更に詳しく知りたい方はコチラ

借りやすい消費者金融その2:セントラル

商 号 株式会社セントラル
本 社 愛媛県松山市
設 立 昭和48年
加盟団体 日本貸金業協会会員 第001473号
ご融資額 100万円
最大融資額 300万円
申込方式 Webのみ
貸付利率 4.8%~18.00%
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 不要

知名度は大手の消費者金融に比べたら知られていませんが、地方の中小消費者金融で、ブラック対応の「セントラル」はお勧めです。

四国の愛媛県松山市に本社があり、普通であれば知り得ない会社ではありますが、ネットの普及とセントラルのこれまでの営業活動により全国対応でブラックの人でも借りることができる中堅クラスの消費者金融になります。

老舗であることからその地域では人気店になっていましたので、積極的に全国展開に打ってでてきているので、よほどのことがない限りは借りれる可能性が高いです。

また、30日間無利息期間もありますので、短期的にお金を借りたい方は負担無しで借りれます。

セントラルを更に詳しく知りたい方はコチラ

借りやすい消費者金融その3:ユニーファイナンス

商 号 株式会社 ユニーファイナンス
本 社 愛知県名古屋市中村区名駅4-26-7 名駅UFビル2F
設 立 昭和46年1月
加盟団体 日本貸金業協会会員第003412号
登録番号 東海財務局長(10)第00086号
最大融資額 300万円
申込方式 Webのみ
貸付利率 12.00%~17.95%
返済方式 元利金等方式、残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 原則不要

債務整理してる人でも借りれる可能性が高い消費者金融が「ユニーファイナンス」になります。

ユニーファイナンスは、愛知県名古屋市に本社がある中堅クラスの消費者金融会社で、創業が昭和46年と老舗になり、東海地方ではもともとから地元で人気あるお店でした。

現在は、大手消費者金融のプロミスと提携業務していたり、有人無人のお店ATMがあることで、幅広くこれからも全国展開を積極的にしています。

ユニーファイナンスを更に詳しく知りたい方はコチラ

借りやすい消費者金融その4:ライフティ

商 号 ライフティ株式会社
本 社 東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル5F
設 立 1991年6月
加盟団体 日本貸金業協会会員  第005552号
登録番号 東京都知事(5)第28992号
最大融資額 500万円
貸付利率 金利年率8.0%~18.0%
返済方式 元利金等方式、残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 原則不要

東京に本社を構えている中小消費者金融「ライフティ」は、ブラック状態の場合でも他の消費者金融から借り入れできなくても、借りられる可能性が高いことで口コミで人気になっています。

ライフティも他の大手消費者金融に続けと全国展開と規模拡大を狙っているために、積極的に融資の実行率が高く審査申し込みしてすぐに折り返しの結果をもらえるのもライフティが指示される人気でしょう。

また、融資は1000円から行ってくれる事も特徴です。

ライフティについて更に詳しく知りたい方はコチラ

借りやすい消費者金融その5:フタバ

商 号 フタバ株式会社
本 社 東京都千代田区岩本町3-2-10
設 立 昭和38年8月1日
加盟団体 日本貸金業協会会員第000034号
登録番号 東京都知事(2)第31502号
最大融資額 10万円~50万円迄
貸付利率 14.959%~17.950%
返済方式 元利均等 6年以内(2~72回)
担保・保証人 不要

東京にある老舗の消費者金融「フタバ」は、創業から軽く50年を超えており、それなりの地元密着型の消費者金融として中堅クラスになっています。

永く営業していれば悪い噂や話が出てきますが、フタバはそこまで悪いことをネットで書かれたりすることがないので、借り入れ面においては問題なく利用することができます。

また、ブラック対応にも臨機応変に個別に対応しており融資スピードが他の金融業者に負けないように迅速にしている点もおすすめできる点です。

フタバについて更に詳しく知りたい方はコチラ

借りやすい中小消費者金融のまとめ

カードローンやキャッシングで借り入れするときに、借りやすいのが中小の消費者金融がおすすめと分かりました。

銀行系や大手の消費者金融の場合は、どうしても審査が厳しめになってしまい、ブラックな人でも借りれる可能性が高いのが中小消費者金融になります。

そんな中小消費者金融系のカード会社でも、うまく借りれるように対策を立ててから借りるプランを進めましょう。

借り入れができるからと言って無理な借入を繰り返していればそのうちに返済が経てゆかなくなり、生活が困難になったり、債務整理をするばかりでなく家族や職場などにも周りに迷惑を掛けることになりますので、借りる際は計画的にうまく借り入れはするようにしてください。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事