人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

即日キャッシングを利用する事態が起きた場合に、どこからキャッシングすればいいか分からない人に向けて、金融業者の見分け方や即日キャッシングのコツを解説します。

即日審査ではなく即日融資を受ける為にはしっかりとした対策で臨みましょう。

目次

スポンサーリンク

即日・当日キャッシングできるようにするなら消費者金融か銀行信販系のどちらかを考える

結論から申しますと、とにかく当日・今すぐにお金が欲しいのであれば大手消費者金融を選んで申し込みをする事をお勧めします。

銀行系は特に審査が細かく、のちほど詳しく触れますが総量規制がない分、審査には慎重です。

優先的に大手消費者金融をターゲットにして業者を選びましょう。

では、これから即日にキャッシング受けるにはどのような金融業者が良いのかを詳しく紹介します。まずは、即日審査と即日融資の違いについて説明します。

キャッシングにおける即日審査と即日融資の違いとは

まず初めにキャッシングにおいての即日審査と即日融資の違いをはっきりと理解していない人もいるので説明します。

即日審査と即日融資の違いとは
即日融資:申し込んだその日にキャッシング(借入融資)が可能
即日審査:申し込んだその日に審査結果を判断できる状態

即日(当日)に手元にお金が欲しい人の場合は、即日融資になります。

即日ではなく取りあえず融資が可能かを当日に知りたいのであれば即日審査になります。

即日融資・即日審査を希望するのであれば、色々な条件をみても消費者金融系からのキャッシングしか選択はないでしょう。

まず、悪質な違法の闇金業者から即日融資もしくは即日審査等で、キャッシングする事は可能でしょう。

しかし、闇金業者からキャッシングする事は今後の人生を破滅に向かわせる事になるので絶対にやめましょう。

闇金業者の事は後程、詳しく説明します。

銀行系キャッシングは即日融資は停止へ

銀行系キャッシングも以前は即日融資を行っている事がありました。

しかし「貸し過ぎ(過剰融資)・多重債務問題」の件がクローズアップされるようになってきました。

銀行系キャッシングには、消費者金融のように金利の総量規制等の法的縛りが無い為にお金を必要以上に貸していたのです。

そこでこのままの状況ではまずいという事で、2018年度より銀行系キャッシングは即日融資を停止して審査を厳格化してきました。

その為に、今回は即日にキャッシング出来る金融業者だけに絞っているので必然的に銀行系キャッシングは除外されます。

またもう一つの理由として、融資する人の対象者の中に「反社会的勢力」の人に融資していた事も要因になります。

審査をそこまで厳しくしていなかった為に、反社会的勢力の人にキャッシングしてしまいそれを元手に闇の犯罪活動に利用されている事が問題でした。

銀行系キャッシングの審査に2018年度より追加された審査基準
1.銀行へ申込者が申し込み依頼
2.銀行が個人情報を元に預金保険機構に照会
3.預金保険機構が警察機関のデータベースに照会

新たに審査方法を追加した事によって暴力団等の闇組織にお金が行き渡りずらくなったのは大きいですが、その分審査スピードが遅くなりました。

その為に、即日融資や即日審査はどうしても不可能になり、選択として消費者金融系のキャッシングだけになるのです。

全国銀行協会に加盟している銀行等になる為、信用金庫や労働金庫等のキャッシングはどうなるかと言えば、元々審査が厳しいので即日での融資や審査結果を期待するのは無理です。

キャッシングの大手消費者金融と中小消費者金融の業者の違い

即日にキャッシング出来る金融業者が消費者金融だけなのは下記にまとめました。

即日にキャッシングだけを考えた場合の金融業者の比較
●銀行系キャッシング:2018年度より審査厳格化により即日不可
●信用金庫・労働金庫系キャッシング:元より即日融資していないので即日不可
●消費者金融系キャッシング:業者によるが審査条件をクリアしていれば即日融資可能
●闇金業者キャッシング:まず違法な悪徳業者なので論外

即日にキャッシング出来る金融業者が消費者金融だけの一択である事がご理解頂けたはずです。

そこで、消費者金融の中でもどの金融業者に申し込みをしたらよいか説明します。

まず、消費者金融でもたくさんの金融業者があり、各金融業者によって即日融資出来る業者もあれば、即日審査のみや即日の対応をしていない厳しい業者も存在します。

消費者金融の中でも中小と大手ではまた実績と知名度、または大手としての信用度も全然変わって来ます。

しかも即日融資として借りるのであれば、即日融資の実績が長い大手消費者金融の一択になるのです。

即日キャッシングしてくれるが闇金業者は危ない業者!!

違法営業している闇金業者は、申し込み条件は正規の金融業者のように条件を厳しくしていない為に、誰でもほとんど借りる事が出来ます。

闇金業者からは簡単に借りられるのであれば借りてちゃんと返済すれば問題無いと勝手に想像してしまいます。

しかし、一度借りてしまうと簡単には完済出来ない負の連鎖にハマってしまうのです。

即日キャッシングする闇金業者とは
闇金(ヤミ金)業者は、許認可をちゃんと持っておらずに違法に貸金業をして、悪質な高利貸しで申込者の金銭面だけでなく、生活面やトラブル・事件に発展する程の危険性があります。

最近の闇金業者は昔程の手荒い事は、事件性になりたくなくてあまりしなくなりました。

しかし、闇金業者は借りてくれるまでは低姿勢でおとなしくしていますが、一度でも借りてしまうと豹変して態度が横暴になり取り立てが厳しくなります。

通常であれば借りたのを返済しようとしますが、高金利の為に元金までの返済が追い付かずに高い利息分のみを毎月支払う形になります。


そうすると一向に元金は減っていかずに利子が少しずつ増えていき利息さえも返済するのに困難になってくるのです。

闇金業者だからもう払わずに無視すればいいと思うかもしれませんが、そんな事は悪徳の闇金業者には一切無駄な抵抗で、酷い取り立てが始まるのです。

即日融資出来るとアピールされても決して闇金業者からは借り入れしないようにご注意下さい。

キャッシングの即日融資・即日審査に通らない人の特徴


ここからは消費者金融から即日融資・即日審査に向けて、実際に審査に通らない人の特徴をポイント的に解説します。

キャッシングの即日融資に通らない人の特徴その1:個人信用情報に傷があると審査に通りにくい

金融系からローンを組んだりキャッシングすれば、その借り入れの情報というのは全て個人信用情報機関に登録管理されるようになっています。

個人信用情報機関は日本国内で3機関存在します。

個人信用情報機関
  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行信用情報センター(KSC)

日本で金融事業をしている金融業者は3機関のいずれかに必ず加盟しているのです。

そして、いずれかの金融業者での申し込みから借り入れ状況が細かく数年間に渡って情報が残っているのです。

そこから各金融業者は申込者の個人信用情報を照会して前歴を知る事が可能なのです。

消費者金融は銀行系キャッシングに比べて、金融事故にそこまで厳しくありませんが、中小消費者金融よりも大手消費者金融が個人信用情報に対しては厳しい審査基準になるでしょう。

また個人信用情報は、保管記録されている情報によっても、厳しい項目とあまり気にしない項目とに分かれていいます。

特に借り入れをしっかりしていればそこまで気にする必要はありません。

もし金融事故があるのならば減らすようにするか無くなる期間迄待つ事も時には必要かも知れません。

キャッシングの即日融資に通らない人の特徴その2:既に年収の1/3以上借り入れをしてる人

即日融資を受ける前にまず申込者本人が、現在で他社からの借り入れ総額が幾らくらいあるか把握している事が重要になります。

実は消費者金融には、法律に決められて年収の1/3以上を融資してはいけないと言う決まりがあります。

総量規制とは
キャッシングしたい申込者の年収に対して、他社借入総額が3分の1以上を超えていたら融資してはいけない決まりです。
総量規制は、2010年に貸し付けによるトラブルが多かった事を受けて、貸金業法によって制限を設けて規制する仕組みになります。

それに対して、銀行系キャッシングには総量規制の縛りはありませんが、まず即日融資が出来ないのでここでは除外になります。

現在の収入を年収に換算して、他社借入総額が1/3迄に到達していないか確認されてみて下さい。

総量規制には、対象外の除外と例外がありますのでその違いを理解しておく事で実際にキャッシングを希望する際にもし聞かれた時は素直に対処出来るようになります。

総量規制にもし引っ掛かるようであれば、借り入れ額を減らす事が重要になるでしょう。

キャッシングの即日融資に通らない人の特徴その3:現在収入が無い人や返済能力が無い人

キャッシングで即日融資を実現したいのであれば、まず収入が有る事が最低条件になります。

まず大手消費者金融の申込条件の収入についてご覧下さい。

大手消費者金融の貸付資格条件
・20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
・お申込みの時点でお仕事に就いていらっしゃることが必要になります。恐れ入りますが、お仕事に就かれた段階でお申込みください。
・アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

大手消費者金融の貸付条件の一部を記載しましたが、ほとんどの金融業者で収入がある人とは要は働いている人の事になります。

中には年金受給者や不動産・資産権利収入の人もいますが、一般的ではないのでここでは除きます。


無職や失業中・転職活動中等の人は基本的に収入が無いので申込条件に当てはまりません。

専業主婦(主夫)はどうかと言えば、家庭内での働いている人がいるので問題無いだろうと認識する人もいますが、申込者本人の返済能力になるので、家族間内でも関係無いのです。

また20歳以上の学生でもパートやバイト等での収入があるのであれば、審査条件はクリア出来るので安心して下さい。

即日キャッシング出来るようにするポイントとは


ここでは即日キャッシングを如何に効率良く出来るかをまとめて紹介します。

全ての金融業者に当てはまる事ではありませんが、概ねの即日融資に対する対策は出来るはずです。

即日キャッシング・融資を可能に・できるようにするポイントその1:申し込みは平日の午前中には済ませておく

今回の最大の目的は、即日(今日)にキャッシング「手元にお金がある状態」にしたいという事です。

その為には、各金融業者での申し込み開始から審査時間に契約手続き等を含めると早めの申し込みをしないといけないと気づきます。

実際にどれくらい早い時間帯が良いのかは、その時の申し込みこみ具合でも変わりますし、申込者の審査状況でも変わって来ますので一概に何時迄とは言えないです。


しかし、大よその前例等から推測すると午前中には申し込みしておいた方が、審査のトラブルで長引いたとしても当日融資の目標になれば問題無いのです。

申し込みする曜日等も平日の午前中が理想で、土日祝日や週明け等は混みやすいのでなるべく避けるのをお勧めします。

混雑状況によっては、本日中に処理が終わらずに翌日に持ち越されてしまう危険性がありますので、早めに済ませておきましょう。

即日キャッシング・融資を可能に・できるようにするポイントその2:申し込みする時は虚偽申告やミスをしない事

即日キャッシングを希望する時にやらかしていけない事の一つに、申し込み申請する時に嘘の申告や間違ったミスをしない様にする事です。

申し込みの何割かの確率で、虚偽申告や記載ミスしている申込者が多いです。

まだミスによる記載は人間ですから間違いはありますが、あきらかに嘘をついている、本当の事を言わずに良いように書いている人もいます。

実際に調査してみるとそんな嘘はすぐバレてしまいますので、本当の事を正確に書くようにしましょう。

即日キャッシング・融資を可能に・できるようにするポイントその3:証明する必要書類等を準備しておく

即日キャッシングを受ける為には審査する時間を如何に短縮出来るかが重要になってきます。

その為には、前もって申込者の身元を証明出来る物や収入がある事を証明出来る物を、すぐに提出出来るように用意しておく事が必要です。

本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票、印鑑登録証明書、在留カード、特別永住者証明書等
・住所が異なる場合
公的機関又は公共料金等の領収書や納税証明書、記載事項証明書等
収入確認書類 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、納税通知書、所得(課税)証明書等

普通の場合で借入限度額が低い時は、運転免許証のみで審査申し込み出来ます。

しかし申告した際の住所と本人確認の証明書類の住所が違った場合は、複数の住所を確認出来る書類が必要になってきますのでご注意下さい。

また、ご希望の借入額が50万円を超えるような場合には、収入確認書類が必要になってきて審査の手間や時間が掛かってきます。

書類も確実に収入がしっかりあるのか確認しますので、もしかしたら複数枚必要になる可能性もあります。

その為にも万全を期す為に必要書類は事前に準備している事をお勧めします。

即日キャッシング・融資を可能に・できるようにするポイントその4:借入希望額は最低必要額を入力

即日キャッシング出来るようにするポイントの1つに、申込時の借入金額の希望額を必要最低限の額を入力する事です。

例えば借入希望額が10万円の場合と、70万円だった場合にどちらが審査が厳しくなり時間が掛かるか想像出来るはずです。

どうしても借入希望額が高い場合は、より審査内容を細かくチェックする為に、必要書類のチェック・個人信用情報の履歴・在籍確認等はしっかりと問題無いかが分かるまで調べます。

目的は即日融資をする為なので、希望額は低く記載して審査をなるべく早く通過出来るようにしましょう。

即日キャッシングや即日融資可能な大手消費者金融業者のベストランキング


今まで即日キャッシング出来る事について説明しましたが、実際にはどこの金融業者を選べばよいか分からないでしょう。

そこで即日融資な可能な大手消費者金融業者を厳選して3社だけ紹介します。

即日融資可能で審査最速の第3位は大手消費者金融プロミス!!

即日融資可能で審査が速いのは、大手消費者金融の中で第3位は「プロミス」になります。

そんなプロミスが大手消費者金融で、即日融資可能になったポイントを紹介します。


大手消費者金融プロミスの公式サイト

大手消費者金融の業者のほとんどがテレビのCM等にバンバン宣伝していますが、プロミスもそんな攻勢を仕掛けている金融企業になります。

プロミスは設立昭和37年と古く、消費者金融業として事業している実績と長年の信用度で現在まで続いています。

しかも、三井住友ファイナンシャルグループになるので、企業としての安心感もあります。

大手消費者金融プロミスの貸金業登録番号
日本貸金業協会会員 第000001号
関東財務局長(12)第00615号

プロミスもれっきとした正規の金融業者なので許認可をもらい安心して利用する事が出来ます。

加盟団体も日本貸金業協会、(社)日本クレジット協会、(社)日本経済団体連合会にも会員参加してますので信頼度はアップします。

それではプロミスのどのような特徴ポイントがあるのか見てみましょう。

大手消費者金融プロミスの最大特徴ポイント
・三井住友銀行グループなので安心感と企業度は抜群
・初めてなら30日間まるごと金利利息が0円
・365日24時間申込可能でWEB契約なら即日融資可能
・パートアルバイトでも収入あれば融資可能

プロミスも他の金融業者と同じように即日融資・即日審査が出来るように運営体制を整えています。

即日融資を希望している場合は、平日の14時迄に申込審査を完了していなければ、銀行機関のお金の処理上当日受け渡しは出来なくなります。

プロミスの即日融資に強い一つが、「瞬フリ」と言われるサービスです。

瞬フリを利用すれば土日祝日関係なく24時間深夜でも、自分の指定した口座に最短10秒で振込してくれるのがあるのです。

本当に急いでいる人にとってはすぐに振込してくれるので大助かりです。

まずは、そんなプロミスのキャッシングローンには下記のローンプランがあります。

大手消費者金融プロミスのキャッシングローンの商品案内
・フリーキャッシング
・レディースキャッシング
・おまとめローン
・自営者カードローン
・目的ローン

今回はプロミスで初めてのキャッシング利用な事等から、フリーキャッシングとレディースキャッシングになりますが、男女両方が利用出来るフリーキャッシングで貸付条件をご覧下さい。

商品名 フリーキャッシング
ご融資額 500万円まで
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
担保・保証人 不要

プロミスの貸付条件の資格として、年齢が20~69歳になっており安定した収入がある人とあります。

要はパートやアルバイトでも全然申し込みするのに問題無いという事です。

しかもプロミスの場合はもしかしたら在籍確認の電話対応も回避出来る可能性があるようです。

即日融資を目指して在籍確認もなるべく回避したいならプロミスを一度検討してみるのもお勧めです。

即日融資可能で審査最速の第2位は大手消費者金融レイクALSA!!

即日融資可能で審査が速いのは、大手消費者金融の中で第2位は「レイクALSA」になります。

そんなレイクALSAが大手消費者金融で、即日融資可能になったポイントを紹介します。

大手消費者金融レイクALSAの公式サイト

レイクLASAは最近テレビCMでも見かけるようになりましたが、以前からある新生銀行カードローンレイクが2018年度から、消費者金融事業として「レイクALSA」に生まれ変わったのです。

以前は銀行系のカードローンだった為に、即日融資・即日審査が出来なくなるのも今回の消費者金融系カードローンとなったので即日キャッシング出来るのに強くなりました。

大手消費者金融レイクALSAの貸金業登録番号
関東財務局長(9) 第01024号
日本貸金業協会会員第000003号

レイクALSAは元々は新生銀行というバックボーンがあるのでれっきとした正規の金融業者になるので安心して利用出来ます。

まずはレイクALSAにはどのような特徴ポイントがあるか見てみましょう。

大手消費者金融レイクALSAの最大特徴ポイント
・新生銀行グループなので安心感と企業度は抜群
・新規申込30日無利息又は5万円迄180日無利息
・公式WEBサイトから365日24時間申込可能
・審査が最短15秒で審査結果を表示
・最短60分で融資も可能

レイクALSAの特徴ポイントして、審査が最短15秒で審査結果が表示されて、融資においては最短60分でキャッシング出来る可能性がある事です。

あくまで申込者の個人状況によって、審査結果や融資可能時間の変動はありますが、最短での融資が出来る事はメリットです。

そんなレイクALSAですが、以前の銀行カードローンに比べてデメリットとなる点もあります。

銀行のキャッシングの時には無かったのですが、消費者金融のキャッシングになると、総量規制の問題が発生するので、もしその制限に掛かる人であれば借り入れは出来なくなるのです。

総量規制に特に問題無い人であれば、ちゃんと利用出来るので、お金を早急に欲しい即日融資等は嬉しいポイントになります。

そこでレイクALSAの貸付条件等をまずはご覧下さい。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 5年・60回
必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じて、当行が必要とする場合)
担保・保証人 不要
審査方法 ご契約には所定の審査
申し込み方法 WEB、電話、自動契約機

レイクALSAの嬉しいメリットは他にも、パート・アルバイトの収入だけの人でも申し込み条件に該当する事です。

即日融資出来る金融業者があっても、申し込み条件で不可であればどうしようもありません。

パート・アルバイトの人で、急にお金が必要な人はレイクALSAも検討されてみて下さい。

即日融資可能で審査最速の堂々の第1位は大手消費者金融アコム!!

即日融資可能で審査が最速に早い、大手消費者金融の中でベストランキング堂々の第1位は「アコム」になります。

そんなアコムが大手消費者金融で、即日融資可能なランキングトップになったのかを紹介します。


大手消費者金融アコムの公式サイト

アコムと言えばよくテレビのCMで見かける程認知度があり、創業が1936年(設立1978年)と長く運営している老舗金融業者と分かります。

長く貸金業していると言う事は、実績と信用度は誇れる物になります。

大手消費者金融アコムの貸金業登録番号
関東財務局長(12)第00022号
関東(包)第5号(包括信用購入あっせん業者)

アコムはれっきとした正規の金融業者なので、東京都から許認可をもらい安心して利用する事が出来ます。

加盟団体も日本貸金業協会、一般社団法人 日本クレジット協会、一般社団法人 日本経済団体連合会と会員になっており、企業としての安心感が違います。

まずはアコムにはどのような特徴ポイントがあるか見てみましょう。

大手消費者金融アコムの最大特徴ポイント
・大手消費者金融で抜群の認知度と信用度を確立
・初めて利用して30日間金利0円サービス
・インターネットから365日24時間申込可能
・審査が最短30分で最短即日融資可能
・パートアルバイトも融資可能

アコムの人気の特徴の1つとして、審査が最短で30分で分かる事で即日融資出来る事可能性がある点になります。

実際のアコムの公式サイトにも記載しており、24時間365日での融資も可能で、平日働いて都合つけない人でも土日祝日でも申し込み可能なので土日祝日でも融資可能なのです。

アコムがどれだけ審査スピードに力を入れている事がお分かり頂けたでしょうか。

利用者の声を最大限にお答えした結果と、企業としてたくさんの利用者を増やす為には、スピーディーさが重要と感じたのです。

そんなアコムには貸付キャッシングローン商品が、幾つか御座いますのでご覧下さい。

大手消費者金融アコムのキャッシングローンの商品案内
・カードローン
・クレジットカード
・ビジネスサポートカードローン
・貸金業法に基づく借換え専用ローン

アコムで即日融資を希望するのであれば、カードローン、クレジットカード、ビジネスサポートカードローンになりますが、ここは即日融資になりやすい確率でカードローンを紹介します。

商品名 カードローン(キャッシング機能付)
契約極度額 1万円~800万円
貸付利率 実質年率3.00%~18.00%
遅延損害金 年率20.00%
返済方式 定率リボルビング方式
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
担保・保証人 担保・・・不要
連帯保証人・・・不要
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
返済期間回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
審査 要審査有

アコムで実際に融資をお願いしようとした場合に、どのような申込方法があるのかご覧下さい。

大手消費者金融アコムの申し込み方法
・直接店舗で申し込む
・直接自動契約機で申し込む
・インターネットで申し込む
・電話で申し込む

アコムの即日融資を検討してるのであれば、身近に店舗や自動契約機があるのであれば直接そちらに伺って申し込みする方が早いです。

身近にもし店舗や自動契約機が無ければ、自宅からインターネットかもしくは電話での申し込み作業をされて、指定の口座に振り込んでもらうやり方が迅速になるはずです。

申込者自身の状況によって一概にどれが早いかは変わってきますので、もし分からない場合はアコムにお問い合わせで聞く事も最速のポイントになります。

即日キャッシングや即日融資可能の審査最速の3社のまとめ


即日キャッシングを可能にする為のポイントや審査に通りにくい人の特徴等を解説しました。

今回の目的はあくまで即日融資をいかに簡単に効率良く融資出来るかに掛かっています。

まとめると銀行系キャッシングは即日融資不可で、闇金業者は違法で危険なので問題外となり、中小消費者金融よりも安心感や実績では大手消費者金融となります。

しかも即日キャッシングで安心して確率高く出来るのは、大手消費者金融のアコム・レイクALSA・プロミスとお勧めしました。

申し込みする時はポイントを抑えながら対策をしっかりと立ててご利用されて下さい。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事