〜お金に関するプロフェッショナルな情報〜

マネー塾

金融・キャッシング

キャッシング返済の延滞は危険!?信用情報はどうなるのか最悪のケースまで解説!!

投稿日:

突然ですが、みなさんはキャッシングをした際にきちんと返済していますか?まさかお金が足りなくなって返済日に遅れがちということはありませんよね?実はキャッシングをした際に返済に遅れるという事はとても危険な事なのです。

当然キャッシング先からの心証が悪くなる事はみなさんもわかっているとは思いますが、それ以外にも危険な状態に陥ってしまいます。

 

この記事では、キャッシングをした際に延滞をすると具体的にどのような事になってしまうのかという点や、もし延滞をすると信用情報がどうなってしまうのかという点を中心に説明いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




目次

キャッシングの返済はきちんと行うべき

まず最初に言っておきたいのはキャッシングの返済というのはきちんと毎月行うべきだという事です。キャッシングをする方にはそれぞれの事情があるかと思います。しかし、基本的にキャッシングに頼るという事は、銀行からの融資が下りない、すぐにお金が必要になった、生活費に困窮しているなどの事情があるからという方が多いかと思います。

 

したがって、キャッシングでの返済に遅れるような事があるとますます自分が追い込まれていくのです。もちろん、中にはたまたま一時的にお金が必要になっただけという人もいるでしょう。しかし、いよいよ返済が難しい状況に追い込まれると返済をしなくてもいいかと考える人も出てくるようです。

 

返済期日に1日でも遅れると延滞になる!

延滞というのは、1日でも返済期日に遅れると延滞になります。ただ実際には消費者金融、銀行、クレジットカード会社など全ての金融機関が延滞の期日に厳しいわけではありません。それぞれの会社で延滞に対する許容範囲というものがあり、少し緩い会社もあります。

 

例えば、数日の延滞ならお咎めなしで強制解約にしない会社もあります。その一例がクレディ・セゾンなどの流通系の会社です。流通系の会社は他のクレジットカード会社と比較して審査も少し緩い傾向にあります。

 

だからといって数日なら延滞しても大丈夫だと判断するのはどうかと思います。誤って延滞に厳しい会社の返済期日と勘違いをするととんでもないことになります。

延滞は言い訳できない

 

キャッシング会社で借りたお金を返す際は、セブン銀行や銀行振込などで返す方が多いと思います。他の返し方をする場合もそうですが、たまたま寝坊したり、出張が入るなど仕事の都合で返済日に支払えない人もいるかもしれません。

 

しかし、よほどの事が無い限り、延滞は延滞という扱いになります。キャッシングをしてくれた会社はきちんと返済日に返済をしてくれたかを重視して判断しているのです。個人の事情に合わせていれば、不公平ですしキャッシング会社も商売になりません。

 

特例としては、ATMがなんらかのエラーを起こしていたり、大地震などでどうしようも無い場合ぐらいです。ですので基本的にはきちんと返済期日に間に合うように支払いをしましょう。

 

もし返済に遅れるとどうなるのか?

ちなみにもし仮に返済期日になっても返済ができなかった場合はどうなるのでしょうか?一般的には返済が遅れた事は延滞ということになります。返済に遅れると以下のようなデメリットがあります。

遅延損害金が掛かる

まずは遅延損害金というものが掛かってしまいます。遅延損害金とは、金銭的な債務不履行が起きた際に貸し手に対して借り手が支払う賠償金の事です。つまりキャッシングをした人が返済期日までにお金を返済しなかった場合などは遅延損害金が返済日翌日から掛かってきます。遅延損害金が掛かることは契約書にも書かれてある事です。計算式は以下の通りです。

 

遅延損害金の計算式

 

借入金額×各キャッシング会社で定められた遅延損害金利率÷365日×日数=支払う遅延損害金

 

遅延損害金の利率はだいたい20%前後です。この数字は利息制限法の上限といっしょの数字で、いくら借りていても遅延損害金の上限利率は一緒です。

 

例:借入額が100万円の場合で1ヶ月延滞した場合と半年延滞した場合

100万円×20%÷365日×30日=16438円

100万円×20%÷365日×180日=98630円

 

つまり30日延滞し続けると、元金や利息に加え、16438円も余分に支払わなければなりません。半年間延滞を続ければ、この金額は98630円にまで膨らみます。

 

遅延損害金は毎日増え続けます。2日や3日ならたいしたことない金額ですが、1ヶ月、半年、1年と期間が長くなれば長くなるほど大きな金額になってしまいます。つまり遅延損害金が発生したら1日でも早く返済をするべきです。

 

さらに悪い事に、返済の余裕がないからといって、遅延損害金の金額だけを払っても、元金や利息分が支払われていないと借金は永遠に減らないので注意が必要です。正直このような状態が長く続くといつ破産や債務整理になってもおかしくない状態です。

 

また遅延損害金は20%前後ですが、業者ごとに以下のように違います。

 

会社 通常の利率 遅延損害金の実質年率
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 20.0%
アコム 3.0%〜18.0% 20.0%
プロミス 4.5%〜17.8% 20.0%
新生銀行カードローンレイク 4.5%〜18.0% 20.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 19.94%
クレディ・セゾン 12.0%〜18.0% 17.52%〜20.0%
オリエントコーポレーション 15.0%〜18.0% 18.0%
三菱UFJニコス 14.94%〜17.94% 20.0%

 

このように延滞をすると通常の利率よりも高い利率の金額を支払わないといけなくなります。

 

なおこの表を見ると通常の利率が幅がありますが、下限の金利はほとんどの会社の場合借り入れ限度額が最大にならないと適用されません。つまりそれ以外の方のほとんどは、それぞれ上限金利での借り入れとなるケースが多くなります。

 

連絡がきたり督促状などが来て家族にバレることも

返済が遅れると、当然返済期日の次の日から消費者金融の場合はその会社から、銀行カードローンの場合は保証会社から返済の督促が来るようになります。そうはいっても、昔のドラマのようにいきなり自宅や勤務先に連絡が来るわけではありません。

 

延滞後の流れ

 

1.携帯電話に連絡(返済期日から3日前後〜)

2.ハガキや封書

3.自宅に電話

4. 自宅に督促状(2ヶ月以内)

5.自宅に催告書(3ヶ月以内)

 

 

最初は携帯電話に電話が掛かってきます。聞かれる内容としては「いつまでに返済が可能か」という内容がほとんどです。だいたい延滞してから3日後から掛かってくる業者が多いです。その時に電話に出てすぐに延滞した金額を支払えば特に問題はありません。電話が掛かってくる頻度は、3日や5日に1度という会社もあれば、毎日掛けてくる銀行もあります。

 

携帯への連絡ならまだ良いですが、キャッシング会社からの電話を無視したり、延滞がさらに伸びると今度はハガキや封書が届くようになります。ハガキや封書が届くようになると注意する事があります。それは他の人にキャッシングをしていることがバレることです。

 

なぜなら、ハガキや封書は自宅に届くのが普通です。一人暮らしならまだしも、自分以外の家族が住んでいると、キャッシングをしている事だけでなく、延滞している事までばれてしまう可能性が高いからです。キャッシングをする方の中には家族には黙ってお金を借りている人も多いでしょうから、これは困る事です。

 

しかし、それでも、延滞を続けると今度は自宅などに電話が掛かってきます。さらに延滞が続けば督促状や催告書が来るようになります。

 

督促状を出すまでの期間は返済期日から遅くとも2ヶ月以内です。そして、連絡自体が取れない場合は、自宅への訪問をする業者も多いです。さらに延滞が3ヶ月を超えてくると催告書が発送されるようになります。

 

催告書とは「早急にお支払いをお願いします」、「期日までに支払えない場合は残高の一括請求を行います」といった内容が書かれている書類

 

 

そして、督促状や催告書が来る段階は最終警告です。その後キャッシング会社から裁判所に訴えられて、キャッシング金額の全額の一括返還を求められたり、給料の差し押さえに発展するケースもあります。

督促状が来る条件

キャッシングをした会社から督促状が来る場合は主に以下の2点です。

・取り立ての電話に出続けなかった時

・電話で約束した返済期日までに返済がなかった時

 

 

給料の差し押さえ給料の差し押さえは全額が差し押さえの対象ではありません。手取りの4分の1の金額までが対象です。もちろん、その時点で会社にばれてしまう

 

 

返済期日までに返済できないとどのぐらいでカードを止められるの?

返済日までに返済しなかった場合どれぐらいの時間でカードを止められてしまうのでしょうか?だいたいの会社は返済日翌日にはカードを止められてしまいます。あたりまえといったら確かに当たり前です。もちろん、すぐに返済をして連絡もすればカードを再び使えるようになる時間はそこまでかからないでしょう。

 

止められたカードが返済後いつから使えるようになるかはカード会社によります。早ければ翌日には使えますが、遅い会社だと2,3日掛かる会社もあります。

 

キャッシングの返済をさらに延滞すると信用情報にも影響が!?

前述したように1日でも返済期限に間に合わなければ、延滞になります。延滞になると個人信用情報機関に影響はあるのでしょうか?

 

もちろんあります。カード会社によっては数日の延滞は見逃してくれる場合もありますが、キャッッシングした会社が加盟している個人信用情報機関に延滞が記録されます。

 

通常毎月きちんと支払いがされた場合、以下の表のように$マークが記録されます。ところが、延滞が発生するとAマークが記録されてしまうのです。この情報はもちろん他の同じく加盟している金融機関でキャッシングを申し込んだ場合も、金融機関の担当者は見る事ができます。

 

《入金状況》

年度 H30     H29        
3 2 1 12 11 10 9 8
状況 $ A $ $ $ $ $ $

 

Aマークが1個ついただけで良くないことですが、さらに2個,3個とAマークが記録されるとかなり心証が悪くなるので、キャッシングの審査に通りにくくなります。

 

さらに延滞が重なったり、3ヶ月以上の延滞が続くとAマークだけでなく、異動という情報まで記録されます。異動はいわゆるブラックの状態なので、ほとんどの金融機関でキャッシングなどができなくなります。

 

なお、延滞情報は延滞してすぐに記録されるとは限りません。延滞してから1ヶ月以上経過してから開示請求をしましょう。

 

延滞が61日を越えてない場合や延滞を繰り返していない場合延滞が61日を超えてない時や延滞を繰り返していない場合は、その時点ではまだ信用情報機関に延滞の記録は登録されません。延滞をしたカード会社や保証会社では延滞が解消されるまでキャッシングなどができなくなりますが、他のカード会社などには延滞の情報はまだ行っていないため、新たなキャッシングができる可能性は残ります。

 

各金融機関は延滞記録をしっかりとチェックしている

ちなみに延滞記録についてどのぐらいの期間をチェックするのかはその金融機関次第ですが、短ければ1年、長いところだと5年分チェックされます。また延滞を解消していてもローンや’キャッシングの審査に落ちることはよくあることなので注意が必要です。

 

また延滞記録があるとたとえ、キャッシングやカードローンの審査に通ったとしても利用限度額が下がるケースが多くあります。必ずしも具体的に決まっているわけではありませんが、ある消費者金融では延滞がない場合に設定される利用限度額の50%〜80%に抑えられてしまうそうです。

 

 

キャッシングが2,3ヶ月以上続くと最悪のケースも

さらに延滞期間が長くなった場合はそれ以上に困る事になります。今後もキャッシングをしたりクレジットカードなどを使い続けたいと考えるのなら、以下のような事態は避けねばなりません。

 

その会社でキャッシングができなくなり、カードが使えなくなる

キャッシングした会社によって基準はありますが、延滞を2〜3ヶ月続けるとさらに大変な事になります。まずキャッシングをしていた会社では2度とキャッシングができなくなります。つまりカード自体も使えなくなるのです。これは遅延損害金を全て支払った場合も以後のカード使用はできなくなるので注意が必要です。

 

キャッシング会社の立場に立ってみてください。キャッシング会社はあなたにお金を貸す時に支払い能力があると考えて、あなたを信用してお金を貸してくれたのです。それを約束を守れなかった人に数十万円以上のお金を貸そうとは思いませんよね?

 

最悪の場合強制解約や裁判になり一括返済を求められるケースも

 

またさらに延滞をし続け、滞納したままにしておくとカード会社から強制解約の手続きを取られたり、裁判に発展するケースもあるので注意が必要です。

 

他社からのキャッシングやローンなども契約できなくなる

そして、延滞が2,3ヶ月続いた場合信用情報機関に事故情報として載ることになります。一度信用情報機関に延滞した事が載ると5年間はキャッシングやローンなどの審査通らなくなります。

 

つまり、その間はお金に困っても消費者金融、カードローン、クレジットカード会社からキャッシングができなくなってしまいます。私は普段金融機関からお金を借りる事はしないよという人も、住宅を買うときや車を買うときなどはローン契約を結ぶ人がほとんどです。

 

住宅を買う事や車を買う事が少しずつ常識ではなくなってきていると言っても、さすがに家や住宅のローン契約もできないとなると、若い人でも厳しいですよね?最悪のケースでは闇金融に手を出す人もいるかもしれません。

 

それ以外にも携帯電話やスマートフォンの機種変更に多くのお金が掛かります。通常本体代金は分割払いでの購入をする方が多いです。この本体代の契約もローン契約なので、ローン契約ができなければ機種変更だけで10万円以上支払わなければならなくなります。

 

闇金融に目をつけられる

長期の延滞をした人やブラックリスト入りした人は、個人情報が闇金融に渡ってしまう事があります。お金が足りない時に闇金融から電話が掛かってくることがあります。もし闇金融を利用してしまうと違法な金利を支払ったり、莫大な手数料を請求される危険性がありさらに返済に困る事になります。

 

キャッシングの返済が遅れそうな時はどうすべきか?

そうはいっても、急にお金が必要になる事が多いこのご時世なので、お金が必要になった時にキャッシングの返済日が迫って、焦っている方もいるかもしれません。ではそのような時にはどういった対処法があるのでしょうか?

 

親族などからお金を借りる

 

至急お金を集めたい時に一番良い方法は親族や友達からお金を借りるという方法です。利息が一切掛からない事が最大のメリットです。デメリットは、お金を借りる勇気がいる事や後ろめたさなどがある点やこの方法が1度しか使えない場合多い点です。また借りれなかった場合は友達関係などが一気に冷え込む危険性がありリスクの高い方法です。

 

また、キャッシングをする方の中には、ばれたくないのでそれだけはできないという方もいると思うので、そういった方は違う方法を取らなければなりません。

 

キャッシング会社の窓口に電話する

まずはキャッシングした会社の窓口に電話して相談するのが一番です。キャッシングした会社によっては返済する期日を伸ばしてくれるケースもありますし、毎月の返済する金額事態を少なくするなど対処してくれるケースもあります。会社によりますが、最長で翌月の返済日まで待ってもらうことのできる会社も結構あるようです。

 

延滞記録については、相談しても返済日翌日にマークをつけられるケースもありますが、延長後の期日まで延滞マークをつけることを待ってもらえる金融機関も存在します。もちろん全ての金融機関がそのように対応してくれるとは限りません。また延滞した場合は、遅延損害金などの支払いは免れる事はできないでしょう。

 

ただここで大事なのは自分はきちんと毎月キャッシングしたお金を返済する意思がある事を伝える事です。キャッシングするという事は相手との信頼関係の上で成り立っている契約です。何も連絡をせず返済もしないよりは、事前に返済が遅れるかもしれない旨を伝えておいた方が明らかに金融機関の心証は良いでしょう。

 

そして、返済が遅れる可能性がある事を伝える事は緊急性の高い連絡なので、メールよりも電話や窓口で伝えた方が良い事は当然です。なお、キャッシング会社はホームページや契約をした際に連絡先を載せています。一応、主要なキャッシング会社の問い合わせ窓口の連絡先を載せておきます。

 

キャッシング会社 連絡先電話番号
アコム 0120-629-215
SMBCモビット 0120-24-7217
三井住友銀行カードローン 0120-923-923
三菱UFJ銀行カードローン 0120-959-555
クレディ・セゾン 03-6688-3300
オリエントコーポレーション 049-256-1151(東京第一サービスセンター)
新生銀行カードローンレイク 0120-09-09-24

 

オリエントコーポレーションについて

※オリエントコーポレーションについては問い合わせが都道府県によって変わってきます。以下のホームページから都道府県を選択し、連絡してください。

https://www.orico.co.jp/support/inquire_servicecenter_01/#block-service-east

 

なお、各会社ごとに営業時間は違ってくるので注意してください。

 

それでも間に合わない時には最小返済額でも支払っておく

前述したように返済が遅れそうな時は、自分は返済をする意思がある事を伝えることが大事です。一時的にですが毎月の返済金額を全て払うのではなく、最小返済額を払うという方法があります。実はキャッシング会社をそれぞれ最小返済額というものを設定しています。

 

例えば毎月1万円の返済だけど、今月だけは厳しいので5000円だけ支払うという形です。これなら元本や利息から少し返済した事になります。またこのように一部のみでも返済しておけば、延滞から3ヶ月が過ぎても事故情報として掲載されないというメリットがあります。

 

複数の金融機関からのキャッシングはおすすめできない

たまに、1つの金融機関からキャッシングをして、返済が難しくなってくると、違う金融機関からキャッシングしてきて返済しようとする人がいますが、この方法はおすすめできません。なぜなら、以下のデメリットがあるからです。

 

複数の金融機関からキャッシングした場合のデメリット・利息がどんどんかさみ余計に返済できなくなる

・返済日が異なったり、手間が掛かる

・利用可能枠が足りない場合もある

 

1つの金融機関からのキャッシングで苦労しているのに、それが2つに増えるというのは余計に返済しなければならないお金を増やす事になり苦労するだけです。むしろ逆効果です。

 

万が一延滞になってしまうと、他の金融機関からキャッシングもできませんし、複数の金融機関からお金を借りている事は他の業者にもわかるので、延滞をしていなくても審査に通りにくくなります。

 

また返済日は借りたタイミングによって変わってきます。どちらも給料日のタイミングでの返済なら大丈夫かもしれませんが、最悪返済を忘れる事にもつながります。さらに振り込みなどにも時間が掛かりますし、手数料も余分に掛かってしまいます。

 

そして、利用可能枠はキャッシング会社によって違いがあります。そんなに大きな金額の枠が無い人もいるかもしれません。枠が足りなければ申請はできますが、延滞する前に1社だけの追加ならともかく、それ以上のキャッシング先の追加はしないほうが良いです。

 

銀行カードローンへの借り換えは有力

 

そもそも返済を毎月延滞するぐらい利息が高い場合は、利息の低いキャッシング先への借り換えも有力です。銀行カードローンは消費者金融などと比べて経営が安定しており金利が低い水準で安定している金融機関が多いのでおすすめです。

 

例えば以下のような会社があります。

銀行名 借り入れ限度額 金利(年率)
三井住友銀行カードローン 10万円〜800万円 4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 10万円〜500万円 1.8%〜14.6%
みずほ銀行カードローン 10万円〜800万円 2.0%〜14.0%
新生銀行スマートカードローンプラス 1万円〜500万円 4.5%〜14.8%

 

消費者金融などと比較して、一番利息が高い場合でも14%台と利息が低めに設定されているのがわかります。なお、審査には時間が掛かる場合があるので、審査中に延滞マークが出て審査落ちという結果は避けたいですね。返済期日1週間前には申し込みを済ませておきましょう。

 

ショッピング枠の現金化には手を出さないで!

街中でよく見かけるショッピング枠の現金化という方法はお金がすぐに手に入りますが、余分な手数料を取られ、返済期限が来れば数万円〜数十万円以上の支払いもしないといけなくなるので、絶対にやめてください。

 

もし延滞が続いてしまった時はどうすればいいのか?

この記事を読まれている方の中にはすでに1,2ヶ月ほど延滞しているが、まだブラック状態になっていない人がいるかもしれません。そのような人たちはすでにブラック間近なので一刻も早く前述した方法で返済をしてください。さらに今後キャッシングをする方は信用情報についたAマークを外したいという方もいるかと思います。

 

実は延滞をした事を表すAマークは消す事が可能です。ただし直接的には消す事ができません。もしネットでそういうサービスをやっているというのを見かけたら100%危険ですので絶対に利用しないでください。個人情報を悪用される可能性もあります。

 

このAマークは、2年以上Aマークがついたクレジットカードを持ち続け、信用情報が更新されれば古い情報が自動的に削除される仕組みなのです。つまりAマークがたとえついたとしてもきちんと返済を続ける事で、そのカードを利用し続ければ良いのです。

 

したがって、新たなキャッシングの申し込みをしたい場合は延滞マークが消えてからの方が明らかに審査に通りやすくなります。

 

逆にAマークが付いている状態で、そのクレジットカードを解約してしまうとどうなるのでしょうか?その答えは、Aマークが5年も残ってしまいます。こうなってしまうと5年間キャッシングの審査は通りにくくなってしまいます。(ブラックと比べれば絶対に審査に落ちるわけではありません)

 

そもそも返済自体ができなくなった時は債務整理が可能

またどうしても返済が難しい状況に追い込まれた時は債務整理という方法があります。債務整理のメリットやデメリットは以下の通りです。

債務整理のメリット

・返済の際に掛かる利息がカットできる

・手続きが短い

債務整理の特徴は手続き期間の短さです。交渉などは弁護士に依頼すればキャッシング会社とのやりとりなどもやってもらえますし、破産など他の手段に比べて時間も掛かりません。

債務整理のデメリット

・返済はもちろん必要で、毎月安定した収入が必要

・民事再生や自己破産と比べると返済は楽ではない

ただ債務整理などの手段は最後の手段なので、できれば返済を毎月続けましょう!

延滞やブラックリスト入りしてもキャッシングが全くできないとは限らない

基本的に延滞を繰り返したり、ブラックリスト入りした場合はキャッシングはできなくなるのが常識です。ただし、中にはそういった方達に対しても、勤務期間が1年以上で継続的な収入があればキャッシングができる消費者金融もあります。

 

もし、お金に困った事があれば闇金融に手を出すのではなく以下の消費者金融を頼った方が良いです。

会社名 借り入れ限度額 実質年率
セントラル 100万円 4.8%〜18.0%
ライフティ 500万円 8.0%〜20.0%
アロー 200万円 15.0%〜19.94%

 

何があっても延滞にならないようにしよう!

以上のように少しの延滞ならまだしも61日以上の延滞を1度でもしてしまう、延滞を何度も繰り返すということをやってしまうと、今後のキャッシングやローンの審査が通りにくくなるなどかなり厳しい状況に追い込まれやすくなってしまいます。

 

一度キャッシングをしてしまうと、無理な返済計画を立てたり、ぎりぎりの返済計画を立てる人もいますが、今後何が起こるかはわかりません。まずはきちんと返済をするためにも無理な返済をしないようにしましょう。その場合は、毎月の返済金額を下げても良いかもしれません。

とにかく延滞のように事故情報に載らなければこれからもキャッシングをする事は可能なので焦らず返済を続けていきましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-金融・キャッシング

Copyright© マネー塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.