人気記事!!
By: senov
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「アコムでお金を借りたい」

「アコムは審査が甘いらしいし、私には安定した収入もあるから審査は大丈夫そう」

「でも、アコムで借りられたとして、一体アコムは私にいくらお金を貸してくれるのだろう?」

アコムはカードローン会社なので、契約する際に限度額が設定されます。

この限度額がお金を借りられる枠で、10万円の限度額なら10万円まで。30万円の枠なら30万円まで繰り返し借り入れが可能になります。

この限度額が自分の希望する額になるのか、気になりますよね。

限度額が自分の希望する額になればいいのですが、30万円を希望しているのに10万円しか限度額がつかなかったりすると、困った事になってしまいます。

アコムの限度額はいくらぐらいになり、いつ決まり、どのように決まるのでしょうか?

この記事ではアコムの限度額について

  • アコムの限度額の基本情報
  • アコムの限度額はいつ決まるのか
  • アコムの限度額がどのように決まるのか
  • アコムの限度額の増枠について
  • アコムで増枠する為に事前にやっておきたい事
  • アコムの増額の申し込み方法

について解説していきます。

限度額は申し込む人によって大きく異なるので正確な予想は難しいですが、この記事を読めば自分がいくらぐらいの限度額になるかの大まかな予想。また、アコムの利用中に増枠するにはどうしたらいいかについて理解が得られます。

スポンサーリンク

アコムの最大限度額は800万円

アコムの限度額は最小1万円で、最大限度額は800万円となっています。

限度額を他のカードローンと比較してみると、下表のようになります。

カードローン名 限度額
消費者金融 アコム 800万円
レイクALSA 500万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円
銀行 楽天銀行スーパーローン 800万円
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
横浜銀行カードローン 1,000万円

アコムの最大限度額は消費者金融系の中ではアイフルと並んで最も高く、銀行系と比べても横浜銀行カードローンを除くと遜色のない数字となっています。

しかし、アコムの限度額800万円というのはあくまで最大限度額なので、この数字が高いからといって、自身が借り入れする際の限度額が大きくなるという訳ではありません。

詳しくは後述しますが、限度額の決定に重要なのは借り入れする人の信用や年収などの属性になります。

アコムの初回利用限度額の平均は15万円

アコムの初回貸付単価は、アコムデータブックの2019年3月期のデータによると15万円となっています。

この数字は貸付単価の平均なので、限度額とは少し異なる数字です。

アコムを利用する人の大半は手軽さに魅力を感じている人が多いでしょうから、15万円という数字は妥当と見るべきでしょうか。

もっと大きな額を借りたいと考えている人の場合、貸付単価の平均が15万円というアコムの利用はためらってしまうかもしれません。

ですが、限度額は申し込んだ人によって大きく異なり、人によっては、30万円、50万円といった大きな限度額が設定される事もあります。

アコムの初回利用限度額が15万円だからといって、自分が利用する場合も15万円になる訳ではありません。

アコムからの借り入れは限度額の範囲内であれば何回でも利用可能

限度額が50万円である場合、その50万円までであれば、何度でも繰り返し借り入れが出来ます。

アコムと50万円で契約し、10万円を借り入れしたとします。後からさらにお金が必要になった場合、限度額50万円まで40万円の余裕があるので、40万円までならATMや振り込みで追加の借り入れをする事が可能です。

利息は借りている金額に対して発生するので、限度額50万円で10万円だけ借りる場合なら、借りている10万円分だけの利息を返済します。

利息は限度額とは無関係なので、限度額が大きければ利息も大きくなる訳ではありません。

ただし、少しややこしいですが利息に元になる金利は限度額が大きいほど小さくなる為、結果的に借りる金額が同じなら利息は安くなります。

限度額は借り入れ可能な枠にあたり、限度額の範囲内であれば繰り返し融資を受ける事が可能で、利息は実際に借り入れした金額に対してのみ発生するという点は覚えておきましょう。

アコムは限度額によって金利が変わる

アコムの限度額について知っておきたい事の一つに、契約限度額によって適用される金利が変わるという点があります。

限度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

アコムで限度額10万円の契約をすると、金利は7.7%から18.0%が適用されます。しかし、アコムで限度額が100万円の契約をする場合の適用金利は7.7%から15.0%です。

表からわかるように、限度額が大きくなるほど、アコムの適用金利は下がっていきます。

適用金利には7.7%から18.0%というように幅がありますが、残念ながら金利は最大のものが適用されるのが現実です。

10万円の限度額なら金利は18.0%。100万円の限度額なら金利は15.0%が設定されると思っておかなければいけません。

限度額が大きいほど金利が下がるなら、限度額は出来るだけ大きくした方が良いように思えます。

先述のように、限度額が100万円だからといって100万円借りる必要はありません。

同じ10万円を借りるにしても、限度額を10万円にするよりは、限度額を100万円にし、10万円借入した方が金利は3%お得になります。

しかし、先ほども示したように、アコムの初回貸付金の平均は15万円であり、アコムとの初回契約で限度額が100万円を超えるような限度額が設定される事はほぼありません。

アコムでは限度額が大きくなると金利が下がるというのは知識として覚えておきたいですが、残念ながらそれを活用するのは難しくなっています。

アコムの限度額は申し込み時の審査で決まる!

アコムへの申し込みを行うと希望限度額を尋ねられるのですが、実際の限度額はこの希望限度額を参考にしつつ、審査によって決定されます。

その為、希望限度額は20万円だったのに、審査の結果アコムから限度額30万円を提示される事がありますし、逆に審査次第で限度額が10万円になってしまう事もあります。

不要に多い限度額を提示されても断る事が可能なので問題はないのですが、限度額が希望した額より少なくなってしまうと困った事になりかねません。

しかし、だからといって無暗に希望限度額を大きくすると、審査で不利になってしまう可能性があります。

限度額は後から増枠する事も可能なので、希望限度額は必要な分を申告しておくのが良いでしょう。

アコムの限度額決定に重要なポイントは3つ!

アコムの限度額は審査によって決まるのですが、そこで何が重要になるかというと、下記の3点です。

  • 総量規制
  • 属性
  • 収入証明書

アコムの審査では主にこの3点から申し込んだ人の返済能力を判断し、限度額が設定される事になります。

総量規制:アコムの限度額の上限は年収の3分の1まで!

アコムに限らず消費者金融系のカードローンで最重要になるのが、貸金業法で定められた、融資は年収の3分の1を超えてはならないという総量規制の範囲内で行われるという点です。

適法に営業している消費者金融は、この年収の3分の1を超えない融資を徹底している為、限度額の上限はどんなに高くても年収の3分の1までとなります。

年収が300万円の人なら、アコムの限度額は最大でも100万円

総量規制は他社のカードローン・キャッシングも含めて判断される為、すでに他のカードローン・キャッシングを利用している場合は、その分アコムの限度額は低くなります。

年収300万円の人がすでにプロミスで30万円の借り入れをしている場合、アコムの限度額は最大で70万円(100万円-30万円=70万円)

こう聞くと、住宅ローンや自動車ローンを組んでいる人はアコムから借り入れする事は出来ないのかと不安になるかもしれませんが、この点は心配ありません。

総量規制が適用されるのは貸金業者からの借り入れなので、住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象外です。

また、クレジットカードのショッピング枠なども総量規制には含まれません。

とはいっても、多額のローンを抱えると生活が苦しくなりますし、総量規制外のローンでもその支払いが多くあるとアコムから返済能力に疑問を持たれる為、限度額が小さくなってしまう可能性はあります。

アコムの限度額は、他の貸金業者からの借り入れを含めて最大でも年収の3分の1まで、というのが絶対条件です。

ただし、おまとめローンは例外で、年収の3分の1を超えても総量規制の対象にはなりません。

収入証明書:提出しないとアコムの限度額は50万円以下に

アコムでは50万円を超える限度額を希望する場合と、他社と合わせて100万円を超える借り入れを希望する場合は収入証明書の提出が必須です。

この為、収入証明書を提出しない場合のアコムの限度額は、最大でも50万円までとなってしまいます。

アコムで50万円を超える借り入れを希望する場合は、下記の収入証明書を用意しておきましょう。

収入証明書は

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

いずれも最新のものが必要になります。

収入証明書を提出しない限りアコムの限度額は50万円を超える事はないので、希望限度額が50万円以上の人は収入照明書を準備しておきましょう。

属性:アコムの限度額が高くなる人、低くなる人

属性とは申し込みした人の個人情報の事で、

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数

などを指します。

アコムは収入の多さより安定性を重視する為、職業が公務員、大手企業に勤めるサラリーマンだと、限度額の査定にはプラス要素です。

逆に職業が自営業の人だと安定性は低いとみられ、限度額は低くなりがちで、50万円以下の利用であっても収入証明書の提出を求められるケースが多くなります。

パート・アルバイトの人でも申し込みは可能ですが、公務員やサラリーマンの人と比べると、限度額においては弱冠不利な要素です。

年収は当然多い方が有利で、高ければ高いほど限度額も大きくなる傾向にあります。

勤続年数も長い方が有利で、同じ勤め先に長期間努めいると安定した生活を送っている、急に収入が途切れることはないと判断され、限度額の審査ではプラス要素です。

勤続年数は短いと不利な要素になり、特に6か月以下の人だと限度額は低くなってしまう傾向があります。

勤続年数が短くても公務員の場合だと例外で、勤続1か月であってもマイナスな評価にはなりません。公務員という安定した職業に就いた人がすぐに辞めるという事は考えづらいので、この判断は当然でしょう。

注:アコムの初回利用時は限度額が低くなりがち

アコムの限度額は総量規制の範囲内、年収の3分の1までというのは前述のとおりですが、年収の高い人や安定性の高いサラリーマンの人であっても、基本的にアコムの初回利用時の限度額は年収の5分の1ぐらいが多くなります。

例えば、年収300万円の大手企業に勤めるサラリーマンであっても、アコムの利用時に100万円を超える限度額が付くとは限りません。

属性の強くない人ならなおさらで、基本的にアコムの限度額は50万円以下の人が多くなります。

この理由は、利用する人からみると収入証明書を提出するのが面倒、銀行と比べると金利の高いアコムで大きな借り入れはしたくないというのがあるでしょうし、アコム側からすれば、本当に返済してくれるかもわからない人に最初から大きな融資はしづらいという点があるでしょう。

年収の5分の1程度となると、年収300万円の人なら60万円。年収が150万円の人だと30万円と、人によっては設定された限度額では必要な額に足りないという場合もあるかもしれません。

また、アコムの利用中にどうしてもお金が必要になり、最初に設定された限度額では足りなくなってしまう可能性もあるでしょう。

この点については、アコムを利用し、しっかり返済を続けていけば限度額は自然に上がっていく事が多い為、急ぎでないのなら解決は可能です。

アコムの限度額は増枠が可能!

アコムの利用を続けていると、

  • 電話
  • メール
  • アコムATM

などで増枠の案内を受け取る事があります。

もちろん無条件で増枠の案内が来るわけではなく、毎月しっかりとアコムの返済を続けていくのが最低条件です。

アコムは初回の限度額を年収の5分の1程度と低く抑える傾向にあり、必然的に融資枠に余裕を持った限度額が設定されます。

初回の限度額が小さくなるのは大きな融資を期待する人にはデメリットです。

アコム側としても、貸金業者として利益を得るにはお金を貸し出し利息を受け取る必要があるので、返済が確実なら出来るだけ多くお金を貸し出したいところでしょう。

お金を借りて毎月しっかり返済をしてくれる人になら、出来るだけ多く貸してその分利息を支払って欲しいというのがアコムの本音のはずです。

審査に通り、毎月の返済をしっかり行えば利用傾向からも信用できると判断され、優良な顧客としてアコムは限度額を引き上げます。

特に年収も増えていないし、転職などの理由もないのに増枠されることがあるのかと疑問に思うかもしればせんが、上記の理由により、アコムの利用を続けていれば限度額は自然と上がっていく傾向にあります。

アコムからの増枠の案内が来る条件は?

アコムから増枠の案内が来る最低条件は、利用から6か月、遅れずに返済を続けていく事です。

借り入れしてから6か月間返済の実績を積めば、アコムはその利用者を信用できる人と判断します。

6か月遅れずに返済するのが最低条件となると、増枠の為に他の条件が気になるかと思いますが、基本的にアコムから増枠の案内が来るのに他の条件はありません。

出世によって年収が増えたなどの変化がなくても、アコムから増枠の案内は来ます。

アコムは元の限度額を低く設定する事が多いので、返済してくれるという実績を示せば、それだけで限度額を適正な水準へする為に増枠の案内を出すのです。

アコムから増枠の案内が来るのを待つのなら、最低6か月、地道に返済を続けていくだけで十分となります。

ただし、他社からの借り入れが多くなりすぎたり、仕事をやめて収入が途絶えたりと返済能力が悪化してしまうと増枠されない可能性が高くなるので、6か月返済を続ければ誰でも増枠されるという訳ではありません。

アコムの限度額の増枠は自分からも申し込みが可能

アコムから増枠の案内があるといっても、それが自分が必要とする時期に合うとは限りません。

もし増枠の必要性が生じた時は、利用者側からアコムへ増枠を申し込む事も可能です。

ただし、アコムに増枠を申し込み、これが認められるには審査が必要になります。

増枠の審査は利用者が申し込んだ場合だけでなく、実はアコムが増枠を打診する際にも行われています。

アコムから増枠の案内があるのは、この審査に通った場合なのです。

増枠の申し込みは、

  • アコムの会員ページ
  • フリーダイヤル:0120-629-215
  • アコムATM
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口

から行えます。

特に、会員ページとアコムのATMからなら24時間365日いつでも申し込みが可能なので、増枠の申し込み自体は簡単です。

しかし、実際に増枠を申し込み、審査に通過するのはそう簡単とは言えません。

困った事に、アコムから増枠の案内があったのにいざ申し込みをしたら審査で落ちて増枠されなかった、という場合もあります。

増枠時の審査の内容

増枠の審査はアコムに申し込んだ場合の審査とほぼ同様で、

  • 信用情報
  • 属性

が審査され、増枠可能かが判断されます。

申し込み時の審査と違い、基本的に在籍確認は転職などの理由がない限り行われません。

信用情報は下記の信用情報機関を通し、他社の借り入れ状況、返済状況がチェックされます。

他社の借り入れ先が増えていたり、借入額が増えていると審査は不利になってしまいます。

特に、借入先が3件以上になる。借入額がアコムと合わせて年収の3分の1を超えてしまうようだと、審査通過は絶望的です。

また、当然ですが他社で延滞などの問題をおこしている場合も審査は厳しくなってしまいます。

先述したよう、属性とは申し込みした人の個人情報の事で、

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数

などが審査されます。

年収は当然上がっていると審査で有利です。

職業の場合、転職すると勤続年数が短くなるので、転職先が公務員などでない限り、年収が上がった場合でも審査では不利な要素となる可能性があります。

勤続年数は申し込み時に6か月以下で、増枠の申し込み時に6か月を超えている場合などは審査では有利な要素となりえます。

アコムの増枠審査の難易度はやや高め

アコムの増額審査の難易度ですが、正確な通過率は不明ながら、落ちたという声が少なくありません。

この理由は、先述したようにアコムは増枠する価値がある人には積極的に案内を出す事が多く、増枠の可能性が高い人は特に申請する必要がないというのが理由の一つでしょう。

利用者側から増枠を依頼する場合、アコムの増枠案内とタイミングが被らないと、なにか状況の変化がないと増枠が難しい場合が多くなってしまうようです。

特に、アコムの利用が6か月未満の場合は増枠が通りづらくなっています。

アコムは6か月事に利用者の融資可能性を判断している為、この期間内では融資判断に変更が行われないのです。

例外として、アコムとの初回限度額設定時にアコムの提示額より低い限度額で契約した場合は、6か月未満でも増枠が通るケースもあります。

アコムへの増枠申し込みにはリスクもある

アコムへの増枠申し込みには、限度額の減額・利用停止といったリスクもあります。

先述のように、アコムに申し込みを行うと審査が行われます。

この審査で他社の借り入れが増えて総量規制の限度が超えている。転職で年収が減っているなどの不利な要素があると、限度額の減額や新規借り入れの停止が行わる可能性が0ではありません。

増額の申し込み自体がお金に困っているというサインになってしまうので、不必要に増枠の申し込みを行うのはよくないでしょう。

とはいっても、限度額が足りずにお金に困った場合、新たに他のカードローンに申し込むか、アコムに増枠を申し込むか、どちらにするかの判断は難しいところです。

借り入れ先が増えてしまうとアコムでの増枠が難しくなるのを考えると、信用情報・属性が悪化していない人の場合は、やはりアコムへ増枠を申し込んでみた方が良いでしょう。

増枠がリスクになるのは他社の借り入れが増えている人、返済が遅れている人、退職で無職になっている人などなので、審査に不利な要素が増えていない人なら過剰に増枠の審査を恐れる必要はありません。

アコムへの増額申し込みの前にやっておきたい3つの事

増枠申し込みの前にやっておきたいのは下記の3点です。

  • 遅れずに返済する
  • 収入証明書を提出
  • 他社の借り入れを減らす

先述のように、アコムに増枠を申し込んでも必ず希望が叶うわけではありません。

そこで、少しでも増枠の要望が通りやすいようにやっておきたいのが上記の3点です。

最低6か月、遅れずに返済する

アコムでの増枠が可能になるのは、基本的に最初に利用してから6か月後になります。

利用開始から6か月間は利用者の信用を計る様子見の期間といってもいいので、この間の返済は延滞しないように十分な注意が必要です。

アコムには返済期日の3日前と当日に知らせてくれるeメールサービスがあるので、必要なら活用しましょう。

アコムへの返済は最低返済金額でも問題ありません。遅れず返すという事が何よりも重要になります。

仮に返済を延滞しても、1日程度の遅れであればそこまで問題にならない場合が多く、いわるゆ金融ブラックとして扱われるのは61日以上、もしくは3か月を超える延滞です。

しかし、増額を考えているなら、返済は1日の遅延もしない方が良いでしょう。

収入証明書を提出する

アコムへの収入証明書の提出は、アコムへの借入額が50万円以下の場合、もしくは他社の借り入れと合わせて100万円以内の借り入れであれば、原則不要です。

しかし、増枠で50万円を超える借り入れを希望する場合はもちろんですが、増枠で50万円以下の限度額を希望する場合であっても、収入証明書は提出した方がアコムの心象はよくなると考えられます。

アコムでは会員ページなどで利用者に広く収入証明書の提出を呼びかけています。

これは正確に収入を把握しておきたいというアコムの考えの表れなので、正確な収入を申告しておけば、限度額の増枠に前向きに検討してもらえる可能性が高くなるでしょう。

ただし、もし申し込み時に収入を多目に申告してしまった場合などは、正確な収入の申告が逆効果になる可能性があるので、心当たりのある人は注意が必要です。

他社の借り入れを減らす

他社の借り入れを減らすというのはお金が必要な状況とは少し矛盾するのですが、可能ならやっておきたい事です。

アコムは申し込み時・増枠時の審査に関わらず、必ず他社の利用状況を確認します。

総量規制にかからない為に、返済能力を見極める為に、他社の借り入れ状況は重視されているのです。

他社の借り入れ状況は信用情報機関に記録されているので、嘘をつく事は出来ません。

例えば、現在の借り入れ先がアコムを含めて3社あり、それを一つか二つにまとめることが可能なら、やっておいた方が増枠の審査に有利になります。

少額の借り入れ先がある場合、そこだけ先に完済してしまうのも有効です。

増額を考えている状況では難しいかもしれませんが、他社の借入額を減らす、借入先を減らすのが可能なら、やっておきましょう。

アコムへの増枠の申し込み方法!

アコムへの増枠の申し込みは

  • アコムの会員ページ
  • フリーダイヤル:0120-629-215
  • アコムATM
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口

から行う事が可能です。

どの申し込みなら増枠の審査が有利になるという事はありません。

おすすめの申し込み方法は会員ページから行うか、フリーダイヤルの利用です。

会員ページかアコムATMなら24時間365日増枠の申し込みを受け付けているので、時間を気にする必要なく申し込めます。

会員ページからの増枠申し込みなら、アコムのATMや自動契約機、店舗に移動する必要もなく、手軽に申し込めるのも魅力です。

会員ページから申し込む場合、パソコン・スマホから会員ページにログインし、限度額の変更申し込みの案内から申し込みが可能です。

ただし、増枠の案内は増枠の可能性がある人にしか来ないので、案内が来ていない場合は、会員ページから限度額の変更は申し込みが出来ません。

フリーダイヤルは、アコムの総合カードローンデスク:0120-629-215に電話をかけることで限度額の変更の申し込みを行います。

自動音声での案内の後、担当の人が最終確認を行うので、疑問点などがあるのなら、相談しながら増枠を申し込む事が可能です。

フリーダイヤルの場合、時間が9:00から18:00までなので仕事帰りに増枠の申し込みをしたい人などは時間に注意しましょう。

店頭窓口で直接相談しながらの増枠申し込みも可能ですが、アコムの店頭窓口は全国に22カ所なので利用できる人は限られます。

また、店頭窓口、自動契約機で増枠の申し込みを行う場合は、本人確認書類を持参する必要があります。

増枠の審査にかかる時間は最短即日ですが、アコムの審査対応時間9:00から21:00以降に申し込んだ場合などは解答が翌日になってしまう可能性があります。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事