でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

【Apple関係者が語る…】データ移行ができない・アプリが待機中/iPhoneユーザートラブル対処方法まとめ

更新日:

iPhoneユーザーの方向けにデータ移行をする際に起きるトラブルの対処方法についてまとめました。

データ移行ができないとイライラしちゃったりしますよね…

エラーメッセージを見ても良く分からない場合がほとんどです。

その対処方法についてまとめていますので一度ご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




iTunesバックアップから復元時、パスワードを求められる時の対処方法

パソコンに保存したデータをiTunesで戻そうとするとパスワードを求められる場合。

この状態は忘れてしまってる方もかなり多いみたいで、必ずバックアップをとる際に『iPhoneのバックアップを暗号化』にチェックを入れた状態です。

この場合戻す方法はパスワードを思い出すか、何度も一致するまで試すかの二択しか解決できません。

よくある質問で…

・他のパソコンではどうなの?

・バックアップデータを他のパソコンに移動したらいけるんじゃない?

等ございますが、これでも結果は同じです。

なので以前の端末があるのなら、iCloudを使ってデータ移行をしましょう。

iCloudを使ってのデータ移行方法はこちら

『バックアップデータが壊れてるか…互換性がない為…』のエラー時の対処方法

上記のエラーの場合は、バックアップデータが壊れてるか、もしくはiOSのバージョンの互換性があるかです。

対処方法としては、まず以前の端末、そして新しい端末のIOSのバージョンを確認します。

その次に、以前の端末があるがある場合、もしくはない場合の対処方法を記載していきます。

バックアップの履歴が出てこない!データ移行ができない場合

以前の端末と、新しい端末のIOSのバージョンをまずは確認をしましょう。

というのが、新しいIOSから古いIOSにデータ移行というものがそもそもの使用上iPhoneはできません。

以前の端末:IOS10.2.1

購入した端末:IOS10.0.1

だとデータ移行ができないという事です。

例えば、以前の端末は常にバージョンアップをしていた。

しかし、新品のiPhoneは箱に入って保管されていた状態。もちろん誰も触っていません。

という事はバージョンアップもされてるわけではないのです。

iPhoneは2~3カ月で新しいIOSがリリースされる事もあります。

そうなると上記のようなメッセージ、もしくはバックアップ履歴が出てこない!といった状態になります。

なので、確実なのは機種変更、新規で購入したiPhoneは最初にIOSのバージョンアップをする事をお勧め致します。

以前の端末がある場合

iTunesの中にあるバックアップデータを一度削除した後にもう一度バックアップをとりましょう。

バックアップデータの削除方法はとても簡単です。

上記の画面まで。

①編集 → ②設定 → ③デバイス → ④バックアップを削除

の順番で進んでいきます。

削除が完了をしたら、再度データが入ってる端末にてバックアップをとります。

以前の端末がない場合 バックアップデータを別のパソコンに移動

以前の端末が無い場合はデータが戻るという期待度は正直低いかもしれません…

方法としては、バックアップをとってるパソコンから別のパソコンにそのデータを移動して改善があるのか確認をする方法です。

いわゆる、『iTunesライブラリの移行』です。

iTunesライブラリの移行方法については公式ページから

先ほど記載したように、ライブラリ、もしくはバックアップデータを別のパソコンに移動してから、また同じように『バックアップデータが壊れている可能性がある』のエラーメッセージが出た場合は、以前のデータは諦める必要が出てきます。

 

アプリが待機中!?アプリが戻ってこない場合の対処方法

バックアップから復元を開始してからアプリが待機中のままから変わらない!

と言った事もあると思います。

そういった時の対処方法も記載させて頂きます。

このパターンの場合、色々考えられるパターンがあるのですが…

①アプリをとった時のAppleIDが違う。

②単純に時間が掛かってる。

③ネットワークのエラーか何か。

iTunes&Appstoreサインアウト・ネットワーク設定のリセット・サインイン

まず一旦行って頂きたいのが…

①設定 → iTunes&Appstoreサインアウト

②設定 → 一般 → リセット → ネットワーク設定のリセット

③設定 → iTunes&Appstoreサインイン

上記の手順を行います。

もし、待機中の原因が一時的なネットワークのエラーであれば改善します。

App storeの購入済みから再ダウンロード

青いAのアイコンのアプリ、Appstoreから再ダウンロードしましょう。

待機中の状態から再ダウンロードの場合はデータが戻ってきます。

手順としては…

①Appstore → 1番右下のアップデート → 購入済み → アプリの右隣にある雲下矢印マークをタップ

このやり方にて再ダウンロードが始まったら、後は待てば大丈夫です。

購入済みにアプリがない!?別のAppleIDパスワードを入力する

『あれ!?購入済みに待機中のアプリが無い!?』

こういった方もいらっしゃると思います。

そういった場合の対処方法は、まずは別のAppleID、パスワードを覚えてるか思い出してみましょう。

以前のAppleID・パスワードを覚えてる場合

以前のAppleID・パスワードを覚えてる場合は…

①設定 → iTunes&Appstoreサインアウト。

②設定 → iTunes&Appstoreにて以前のAppleIDにてサインイン。

③Appstoreの購入済みを確認。

出てきたら、以前のAppleIDでアプリをとったという事で間違いないです。

再ダウンロードをしましょう。

再ダウンロードする事によって新しくダウンロードする事とは違いますのである程度のデータは戻ってくるかと思います。

ただ、他社アプリの関してはどこまで戻ってくるかどうかは分からないです。

以前のAppleIDが思いだせない場合 削除再インストールをしましょう

以前のAppleIDが思い出せない場合、これは削除再インストールをしましょう。

これまで述べてきたように、別のAppleIDでとったアプリはそのAppleIDに紐付くのです。

なので、そのAppleIDを忘れてしまった場合は削除再インストールが有効的です。

再インストールをするという事は、今のAppleID、すなわち設定→iTunse&Appstoreにサインインされてるアドレス(AppleID)に紐付ける事ができるというわけです。

ただ、これは新しくインストールするという事ですのでアプリによってはデータが消えます。

今まで散々課金したアプリなんかは要注意ですね…

優先度的にはデータなどがないアプリから行いましょう。ゲーム等の課金したアプリに関しては提供元に確認をとってからがベストですね。

最後にiPhoneユーザートラブル対処方法まとめについて

データ移行時、アプリが待機中時の内容をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

せっかく新規購入・機種変更をしたiPhoneがなんらかのトラブルになったりしたらユーザーの方にとっても嫌ですよね。

これまでまとめた記事でそんな嫌な思いをしないように少しでも早く対処できiPhoneを楽しんでいけたら幸いです。

以上です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.