人気記事!!
生誕31周年!!Googleロゴにンコシ・ジョンソン君の世界エイズ会議でのスピーチ姿
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

2020年2月4日のgoogleロゴに変化がありました。

それは、ンコシ・ジョンソン君が2000年(当時11歳)にダーバンで行われた国際エイズ会議でスピーチしている姿です。

彼のスピーチとともに彼の歴史を振り返ります。

スポンサーリンク

ンコシ・ジョンソン君は生まれた時からのHIV感染者

1989年2月4日に南アフリカのヨハネスバーグに生まれました。

そして、彼は生まれたと同時に末期のエイズ患者でもあります。

1990年代、当時の南アフリカでは、エイズに対する効果的な、適した治療や薬は存在していませんでした。

ンゴシ君は、免疫指数と呼ばれるCD4値は、13しかない状態です。
※200以下の場合エイズを発症する、と言われている。

2010年時点でのHIV陽性者は570万人。

感染している子供は、その内28万人と言われていました。

さらにその中でも治療を受けることができるのが約3万2000人です。

ンコシ・ジョンソン君が国際エイズ会議でスピーチ

彼は、世界にエイズへの理解を、今の南アフリカの現状を伝える為に登壇に上がったわけです。

以下は、2016年に南アフリカで開催された国際エイズ会議の様子です。

2015年だけで210万人の方が感染している現状があり、今後の対策強化について会議がなされました。

彼は12歳ながら、このような会議で世界に、自国の政府に、そしてもっとエイズ感染者への理解を深めて欲しいと訴えたました。

以下は、ンコシ・ジョンソン君の言葉から抜粋です。

こんにちは。僕の名前はンコシ・ジョンソンです。僕は11歳で、末期のエイズ患者です。2歳の頃、HIVに感染した人々やエイズ患者の為のケア・センターで暮らし始めました。お母さんは、僕らがHIVに感染している事が知られて、住んでいる地域から追い出される事を、とても恐れていました。お母さんは僕が小学校に入学する前に死んでしまいました。お母さんの事がとても恋しいです。

 僕は、とっても体の調子が悪い時や、エイズの赤ちゃんや子供達の事を考える時、自分がエイズ患者である事がとても嫌になる事があります。政府は、妊娠しているHIV感染者のお母さん達が赤ちゃんにエイズウイルスを感染しないようにする為の薬をお母さん達にあげれば良いのにと思います。赤ちゃんはあっと言う間に死んでしまいます。お母さんに見捨てられて、僕達と一緒に暮らしていたミッキーという赤ちゃんがいました。彼はある日、息が出来なくなり、食べる事も出来なくなってしまい、病院に行く前に死んでしまいました。ミッキーは、とっても小さく可愛い赤ちゃんでした。もう赤ちゃんたちに死んで欲しくない。だから政府は薬をあげるべきだと思います。

 お母さんと赤ちゃんが愛情に包まれて、一緒に暮らす事が出来たら、お母さん達ももっと長生き出来ると僕は思っています。

 僕が大人になったら、世界中のもっともっと多くの人達に、エイズの真実について伝えたいと思っています。世界中の人達がエイズを予防出来るようになり、HIVと共に生きる人々やエイズ患者に対しても敬意を持って接して欲しいと思っています。HIVに感染している人に触れても、抱きしめても、キスしても、手を握っても感染しないのですから。

 僕たちの事をもっと愛して、そして受け入れて下さい。

 僕たちも普通の人間で、手もあり、足もあり、歩くことだって、話すことだって出来るし、みなさんと同じように欲しいものだってあるんです。僕たちの事を怖がらないでほしい。 僕たちもみんな同じ人間だから。

ンコシ・ジョンソン

引用:https://ameblo.jp/saori-tce-mozambique/entry-11233033128.html

ンコシ・ジョンソン君生誕31周年

当時1990年ごろのアフリカでは、多くの子供達が2歳を待たずにこの世を去っています。

それから約20年も経っているにも関わらずエイズに対する正しい知識がないばかりに、今だに差別が続いています。

ンコシ・ジョンソン君の声が今も現代に伝わり続けることを願います。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事