〜お金に関するプロフェッショナルな情報〜

マネー塾

金融・キャッシング

返済滞納者・長期延滞者向け!!お金を借りれる消費者金融やキャッシングカードローン会社!!

投稿日:

どこからから借り入れした事を忘れ、その返済を滞納していたり長期にわたって延滞したりしていると、一般の金融機関では借り入れができなくなる場合が多いです。

 

そんな状況でも消費者金融やキャッシングのカードローン会社があることをご存知でしょうか。

 

ここではそのよう返済滞納者の方や、長期延滞者の方向けのお金を借りられる消費者金融やキャッシングカードローン会社をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




目次

そもそも返済滞納者・長期延滞者はどのような状態なのか?

  • 返済を滞納している
  • 長期にわたって延滞している

というのは一般的にどういう状態を指すのか確認しましょう。自分がそれに該当するかどうかチェックしてみてください。

返済滞納者・長期延滞者に対する金融会社の対応

まず返済を滞納したり、長期に延滞すると以下のように金融会社が対応してきます。

  1. 滞納するとすぐに金融機関から電話で返済の催促が来る(約1ヶ月)
  2. 電話から配達証明郵便や内容証明郵便による督促に代わる(書留でくる)
  3. 同時に自宅に担当者が訪問し、返済を督促するようになる
  4. 返済の一括請求や差し押さえなどの法的手続きが取られる
  5. 最終的には裁判を起こされ、家、自動車、預金、給与といった、あらゆる動産、不動産を借金の肩代わりに差し押さえられる

ここまで行くともう完全な返済滞納者で、これ以降、一般の金融機関は借入金の申し込みを拒否するようになります。

そもそもブラックとは?

最初の段階で、返済の延滞や遅延などをしてしまうとブラックリストに載ってしまいます。

この「ブラック」というのは借り入れをするときによく聞く言葉ですが、そもそもどういう意味なのでしょうか。

ブラックとは、すべての金融機関が個人情報を交換するネットワークである「信用情報機関」に「異動」と掲載された人のことを指します。「異動」とは、クレジットカードやローン、キャッシング、消費者金融や、信販会社、保証会社への支払いにおいて、借金の返済情報に遅延などの何かしらのマイナスな事故があり、その人の「信用情報」に傷がついた場合に、「信用情報機関」にその情報が登録されることをいいます。

 

人事では部署を変わることを「異動」といいますが、金融の世界での「異動」とは、イコール事故情報のことなのです。

 

金融機関が貸し出しをしてそのお金が回収できないリスクを限りなく0にするために、どの人が「信用できない」かをお互いに情報交換して、その人が来てもお金を貸さないようにし、焦げ付きを避けるために行われるのです。

 

ですので、クレジットカードや割賦払いの支払い状況を含め、あらゆる金融取引は信用情報に記録が残されます。

金融機関に「申し込みをした」という情報も記載されます。

ブラックの影響度とは?

ブラックになった場合の影響度はですが

  • 住宅や自動車購入時のローンが組めなくなる
  • クレジットカードが契約できなくなる
  • カードローンで借り入れができなくなる
  • スマホの機種代金の分割払いができなくなる
  • 賃貸住宅の契約で、保証会社を保証人にする場合に審査に落ちる
  • 自分がブラックになっている事実が職場や家族に知られると信用を失う
  • 結婚を控えていて身元調査をされると、信用を失い破談になる

いずれにせよ世間一般的に言われる「大きなお買い物」がほぼできなくなります。

ブラックかどうかはどうやって判断する?

自身が過去に滞納や延滞をしているかも含めてブラック認定されているかどうかを知ることはできるのでしょうか。

 

実は先に書いた信用機関は、金融機関に対してだけではなく一般の消費者に対しても本人の情報であれば開示してくれます。具体的には、信用機関に本人が申し込めば、信用機関に加盟しているクレジット会社や消費者金融における契約内容、支払い状況などの信用情報が確認できるのです。

 

その時に確認できる内容は以下の通りです。

申込情報

クレジットやローンの新規申込み時に支払能力を確認するための情報です。

 

  • 本人の個人情報(氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など)
  • 借り入れ申し込み履歴に関する情報(どこの金融機関が信用情報を照会したかの日付、その商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名)

 

クレジット情報

金融機関と本人が締結した借り入れの契約内容や支払状況を示す情報です。具体的には

 

  • 本人の個人情報(氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号など)
  • 契約内容に関する情報(契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名など)
  • 支払状況に関する情報(報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞)
  • 保証履行(自己破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況など)
  • 割賦販売法対象商品(自動車ローンなど)の支払状況に関する情報(割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無など)
  • 貸金業法対象商品(消費者金融などでの借り入れなど)の支払状況に関する情報(確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無など)

利用記録

クレジットやローンの利用している途中での支払能力を調査するための情報です。具体的には、

 

  • 本人の個人情報(氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など)
  • 借り入れを利用した事実に関する情報(利用日、利用目的、利用会社名など)

 

このうち特に自分がブラックかどうか確認するための情報がクレジット情報です。自分がブラックかどうかを知りたければこれらを確認し、返済の延滞や遅延の情報があるかどうかを見ればよいわけです。

信用情報機関の情報開示方法

各代表的な信用情報機関(JICC、CIC、全国銀行協会)

  • インターネット(パソコン、スマートフォン)
  • 郵送
  • 窓口

インターネットで開示する場合

※CICを例に説明致します。

CIC公式HP

上記からアクセスします。

パソコンの場合、ブラウザがIEまたはWindows Edgeでなければ利用できないので注意してください.

 

  1. 自分の情報を入力
  2. 入力内容を確認して「確定」ボタンをクリック
  3. 情報開示の申込手続きは完了
  4. 利用手数料が発生
  5. 開示報告書の表示(基本はPDF形式、自分のパソコンにファイルをダウンロードして保存し、パソコンやスマホ上で開いて内容を確認)

郵送で開示する場合

パソコンで「郵送用情報開示申込書」を印刷することが必要です。

 

郵送用情報開示申込書

 

  1. 印刷
  2. 必要事項を記入
  3. 本人確認書類と手数料の1000円を一緒に書留で郵送

 

【1つ用意すればよい書類】

運転免許証または運転経歴証明書

  • マイナンバーカード[個人番号カード]
  • パスポート
  • 写真付住民基本台帳カード
  • 写真付各種障がい者手帳
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

 

【以下のうち2つを用意する必要がある書類】

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 戸籍謄本または戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
  • 印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)

また手数料の1000円は現金を入れてはいけません。郵便局のゆうちょ銀行で、1000 円分(消費税込み)の定額小為替証書を購入して同封してください。

 

郵送先は以下。

〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛

 

窓口で開示する場合

窓口一覧

 

  • 本人確認書類持っていく
  • 開示手数料として現金500円(消費税込み)を支払う
  • その場で作成し貰う

 

情報開示を申し込まなくても確認できる方法

以上の方法が手間だと感じた場合は、情報を開示しなくても以下のものに該当しているかどうか自分で振り返れば、自分がブラックかどうかわかります。

 

  • クレジットカードや携帯料金を60日以上、もしくは90日以上滞納または返済遅延したことがある
  • カードローンの支払い遅れをしたことがある
  • 自己破産、任意整理、民事再生をしたことがある
  • その他お金関係でトラブルを起こした経験がある

 

これらに該当している場合はブラックになっている可能性がかなり高いと言えるでしょう。

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りたい場合は消費者金融、キャッシングカードローン会社がお勧めの理由

このようにブラックに認定されると、一般の金融機関では借り入れを断わられます。しかし、ブラック情報のうち、すでに延滞の解消や携帯電話の機種代金の支払い延滞が解消、債務整理の支払いが完了していれば、ブラック情報が残っていても、借入れに応じてくれる金融機関が増えてきました「ブラック」といっても実はその人たちの内訳は以下のように3つに分かれるからです。

 

  1. 焦げ付きを起こして支払い不能になり、当然の結果としてブラックになっている人
  2. 債務整理や法的整理をしたがその責任を全うし、社会的に復活しているがブラック情報はまだ残っている人
  3. 信用情報の重要性を理解していないため、うっかり支払い忘れて、知らない間にブラックになってしまった人

 

信用情報のあり方に問題があるとしたら、このa〜cの全ての人が信用情報上は、同じ「ブラック」になり、その情報が5年から7年前後抹消されないことです。しかし現実的には、bやcのブラックの人は、支払い能力には問題ないはずです。

 

そこで金融機関は、仮にブラックになっていても、bやcの人には、現在問題が解決していれば、返済能力があると判断し、貸し付けを行うようになってきているのです。特に1度ブラックになっている人は、2回目に借り入れをする場合、慎重になるということを金融機関は過去の実績で知っているのです。そのような人には問題なく貸し出しをしようというわけです。

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン会社一覧

このような考え方をする金融機関は実はすべてではありません。やはり一般の銀行などは、仮にbやcの人でも返済能力に問題があると判断し、貸し出しをしてくれないでしょう。しかし、そうではなくbやcなら貸し出しをしようという金融機関もあるのです。

 

それは消費者金融やキャッシングカードローン会社なのですが、一部の審査のハードルが低い中小消費者金融です。

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「セントラル」

「セントラル」は創業40年の老舗消費者金融です。ブラックにも柔軟に対応してくれる審査基準を設定しているので、他社では審査に落ちたが今すぐ現金が必要、という場合はこの会社がよいでしょう。また貸し出しの審査期間も非常に短いのでお勧めです。

 

申し込み後、審査に通るとすぐに現金が振込まれます。特に急いでいる場合は対応してくれるので、申し込み記入時の最後の備考欄に即日融資希望の旨を記載すると良いでしょう。

 

また、コンビニ にあるセブン銀行のATMでも引き出しが可能なので、使い勝手としても中小消費者金融の中ではトップレベルに使い勝手が良いです。

セントラルの貸付条件

貸し付け条件等は以下の通りです。

  • 実質金利4.80%〜18.00%
  • 返済方式 リボ払い
  • 返済回数及び返済期間
  • 1万円〜30万円 最終借入日から最長3年0ヵ月
  • 30万円超〜100万円未満 1〜32回 最終借入日から最長4年0ヵ月
  • 100万円〜300万円 1〜47回
  • 担保、連帯保証人担保 不要

セントラルの最低返済金額

  • 借入残高が、10万円以下の場合4,000円
  • 借入残高が10万円超、20万円以下の場合8,000円
  • 借入残高が20万円超、3万円以下の場合12,000円
  • 借入残高が30万円超、40万円以下の場合12,000円 ※借入残高が10万円増すごとに3,000円追加になります

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「アロー」

「アロー」は任意整理中、自己破産後でも審査可能な消費者金融です。特にアローは大手消費者金融なら当たり前でも、中小の消費者金融ではまだ少ないの即日融資が可能な点が大きいです。

アローの貸し付け条件

  • 借り入れ限度額 200万円
  • 実質金利 15.00%〜19.94%
  • 遅延利率 19.94%
  • 返済方式、元利均等返済
  • 返済期間 契約日より5年60回
  • 返済回数 2〜180回 最長15年以内
  • 担保、保証人 原則不要

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「ユニーファイナンス 」

「ユニーファイナンス」は大手の消費者金融会社であるプロミスと提携しています。したがって全国最多のプロミスATMで自由に借り入れ、返済が可能なので非常に便利です。また、多重債務、延滞、金融ブラック、多重債務、債務整理中の場合でも審査してくれます。さらに即日融資が可能なので、すぐにお金が欲しいという人でも大丈夫です。また借入限度額が300万円と他社に比べて高いのも特徴です。

ユニーファイナンス の貸し付け条件

  • 借り入れ限度額 300万円
  • 実質金利 12.00%〜17.95%
  • 返済方式 リボ払い
  • 契約期間と返済回数 最終借入日から最長7年5ヶ月 82回まで

ユニーファイナンス の毎月の最低返済額

  • 借入額10万円まで、毎月の最低返済額3000円〜
  • 借入額10〜20万円、毎月の最低返済額6000円〜
  • 借入額20〜30万円、毎月の最低返済額9000円〜
  • 借入額30〜40万円、毎月の最低返済額12000円〜
  • 借入額40〜50万円、毎月の最低返済額15000円〜

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「ライフティ」

中堅規模の消費者金融「ライフティ」も利用しやすいと評判です。特に審査が甘いわけではありませんが、ブラックの人への貸し出し実績があるので、以下の条件が希望と合致している場合は申し込んでみるのも方策でしょう。特に金融ブラックになって最初に検討する金融機関としてはおすすめです。

ライフティの貸し付け条件

  • 借り入れ限度額 500万
  • 実質金利 8.0%〜20.0%
  • 遅延損害金 20.0%
  • 申込対象者 20歳〜69歳
  • 返済方式 リボ払い
  • 担保、連帯保証人 不要

ライフティの毎月の最低返済額

  • 最終借入残高5万円 5,000円
  • 最終借入残高10万円 5,000円
  • 最終借入残高20万円 9,000円
  • 最終借入残高30万円 13,000円
  • 最終借入残高50万円 15,000円
  • 最終借入残高100万円 30,000円

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「アルコシステム」

兵庫県に本社がある「アルコシステム」は創業35年の老舗の中堅消費者金融です。ここもインターネットで申し込め、過去に自己破産や債務整理をしていても審査対象になります。

アルコシステムの貸し付け条件等

  • 借入限度額 50万円
  • 実質金利 5.00%〜20.00
  • 返済方式 一括返済/元利均等返済/元金均等返済/リボルビング返済から選択可能
  • 返済期間 最長5年
  • 返済回数 1〜60回

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「フタバ」

「フタバ」は創業50年の老舗の老舗の消費者金融です。特に自己破産などの債務整理後に強いと言われていて、大手では審査が通らなかった人でもフタバなら通ったケースが多いです。特に、申し込み電話の窓口が全員女性なので、女性でも安心して利用できるでしょう。もちろん即日融資も可能で、申し込み後30日間であれば利息が発生しないというメリットも大きいです

フタバの貸し付け条件

  • 借り入れ限度額 50万円
  • 実質金利 14.959%〜17.950%
  • 返済方法 元利均等 6年以内(2〜72回)
  • 保証人、担保 不要

最低返済金額

  • 利用金額10万円の場合、2,300円
  • 利用金額20万円の場合、4,600円
  • 利用金額30万円の場合、6,900円
  • 利用金額40万円の場合、9,200円
  • 利用金額50万円までの場合、11,500円

 

返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン「フクホー」

自己破産後や、債務整理中でも利用可能な消費者金融は少ないですが、そのうちの1つが「フクホー」です。ここも創業40年と、老舗中の老舗です。審査の通過率も高いのでぜひおすすめですが、ただし審査期間が長く、最低約1週間はかかり、給与明細も求められます。ただそれさえOKであれば、債務整理後はもちろん、ブラック、債務整理中でもしっかり審査してくれますし、フリーターでも審査対象です。

フクホーの貸し付け条件等

  • 借入限度額 200万円
  • 実質金利
  • 借り入れ5万円〜10万円未満 7.30%〜20.00%
  • 借り入れ10万円〜100万円未満 7.30%〜18.00%
  • 借り入れ100万円〜200万円7.30%〜15.00%
  • 返済方式 元金自由返済または元利均等
  • 返済期間 借入日から最長5年以内
  • 返済回数 2回〜60回以内
  • 担保、連帯保証人 原則不要

返済滞納者・長期延滞者の履歴はいつ消えるのか?

以上の消費者金融であればブラックでも審査可能なのでまずはそれらを申し込むことが1つの方法ですが、1番よいのはブラック情報が消えてしまうまで待つことです。その異動履歴はいつ消えるのでしょうか。

  • 延滞は1〜5年
  • 申し込み情報は6ヶ月間
  • 利用記録情報は6ヶ月間

まず延滞は、記録年数が1〜5年と幅がありますが、これは特に61日以上や3回目の支払日を超えた場合、重い延滞として扱われ、記録期間も延びるということです。その他のクレジット情報も5年間は消えません。

 

申込情報・利用記録情報はともに6ヶ月間で消えます。さらに任意整理、すなわち借金の返済が厳しい場合に弁護士なが金融業者と交渉して返済できる金額に分割して完済を目指す方法をとった場合は、記録年数は5年間です。

 

自己破産、すなわち裁判所に破産申立てを行い、免責許可をもらって、全借金をゼロにする手続きをとった場合は、記録年数は5〜10年です。

 

債務整理(任意整理)をすると借金は返せる?

任意整理をすれば、うえでも触れたように毎月の返済額が自分が返済できる程度に減りますから、最終的には借金は返せ、ブラック情報もその後5年で消えるはずです。

 

どの程度返済額が減らせるかというと、原則として取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に金利を引き下げ、そしてその金利で借りていた場合の返済金とすでに支払った返済金を差し引いて、残りの元本のみを分割して返済することになります。したがってそれ以上の金利や遅延損害金を返済する必要がなくなります。

 

さらに、その計算をすることによって、実は過払い金が発生していたということが判明し、過払い金請求を起こして払い過ぎていた返済金を取り戻すこともあり得ます。

 

時効で借金を返さずに済む方法はあるのか?

時効成立の条件

借入金の返済を延滞または遅延し続けた場合、時効が成立することもあります。

 

具体的には、借入金は、返済期間の最終日または最後の返済から一定の期間が経過すると時効が成立するのです。その期間は相手が消費者金融であれば5年です。したがって、5年間遅延し続ければその借入金は返済しなくて済むことになるわけです。ただし2020年に予定されている民法の改正によって、その期間は10年に延びる予定です。しかし信用機関の情報には残りますから、その情報が残っている間は再度借り入れをすることは難しくなるでしょう。

 

また仮に時効期間が経過しても、消滅時効の「援用」という手続きをしなければ時効は成立せず、借金も消滅しません。この「援用」とは、時効の利益を自分が受けることを借り入れている相手に伝えることを指します。

 

その方法は、消滅時効を援用するという通知を、配達証明付きの内容証明郵便で郵送するということのみですので注意してください。

 

実体験!!借金を踏み倒してみた!失敗しない消滅時効援用のやり方!!

 

内容証明郵便とは

内容証明郵便とは、「いつ、どのような内容の郵便が郵送されたか」を、日本郵便株式会社が証明してくれるという郵便サービスです。

 

一般の普通郵便で送ってしまうと、仮に書留などの配達証明付きで郵送したとしても、それでは書類を届けたことは証明できても、届いた文書に何が記してあるのか証明することができず、時効成立を裁判で争ったときに証拠になりません。

 

これに対して、配達証明付き内容証明郵便であれば、文書が届いたことと同時に届いた文書の内容が時効援用通知であるということ証明してくれるので、裁判を起こされても証拠として採用され、勝つことができます。

 

その際の内容証明郵便には、書式は1枚20文字×20行などのように決まっているので、その通りに書く必要があります。さらにその内容には、借り入れの契約番号や契約年月日などの債務を特定できる情報を記載し、その債務に関して消滅時効の援用をするということを明記しましょう。

 

実体験!!借金を踏み倒してみた!失敗しない消滅時効援用のやり方!!

 

援用の権利を持っている人は

この借金の消滅時効の「援用」ができる権利を持っている人は、借り入れた人だけではありません。

 

その権利を持っているのは、「時効によって利益を受ける者」なので、通常は借り入れた人ですが、それ以外にも、たとえば、連帯保証人にもこの権利があります。ただし、連帯保証人がこの援用を行う場合の時効期間は、5年から10年に自動的に延びますので注意しましょう。連帯保証人が主債務の消滅時効を援用すると、保証しなければならないという義務も同時に消滅します。

 

実体験!!借金を踏み倒してみた!失敗しない消滅時効援用のやり方!!

 

時効が成立した後に返済しないように注意すること

この時効を援用するうえでは注意事項があります。

 

5年または10年の消滅時効期間が経過した後で、仮に1000円でも返済をしてしまうとその段階で時効が成立しなくなるのです。

 

その場合は、その1000円を返済した日からまた5年が経たないと時効が成立しません。ですから、5年または10年の時効期間が過ぎ、援用を行った後で、消費者金融から返済督促のハガキが来ても、間違っても払ってしまわないように注意しましょう。

 

実体験!!借金を踏み倒してみた!失敗しない消滅時効援用のやり方!!

 

まとめ

いかがですか。

まず大切なことは自分がブラックにならないように、借り入れをする段階で返済計画をしっかり立てることです。

うっかり返済し忘れたり、トラブルがあって返済できなくなった場合には、自分がそれによってブラックになっているかどうかを信用機関の情報開示請求によって確かめましょう。そのうえでブラックになっている場合は、その後はしっかり返済し、ブラック情報が消えるのを待つのが最善の策です。

 

それ以前に、再度借り入れが必要になった場合は上でご紹介した、「返済滞納者・長期延滞者でもお金を借りれる消費者金融、キャッシングカードローン」の中から1社、または数社選んで借り入れの審査を申し込みましょう。おそらくご紹介した会社であれば、審査は通るはずです。

 

裏技的ですが、ずっと返済しないで督促を避け続け、さらに差し押さえなどの法的措置が取られければ、その方法も、その借り入れだけに限れば可能です。それが借入金の時効です。5年または10年の時効期間さえ過ぎれば借金が無効になりますので、万が一の場合はその方法も考えましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-金融・キャッシング

Copyright© マネー塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.