でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

多重債務者必見!!自己破産はやるべき?やめておくべき?

更新日:

借金が膨らみ過ぎて生活できない…

毎日の催促の電話がストレスで仕事に集中できない…

そういった方向けに本当にするべきかどうかの判断ができるように自己破産について紹介をしていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




そもそも自己破産って?

自己破産とは債務整理という手続きの中の一つです。

目的としては、借金返済を法的手段を用いて免除する手続きの事を言います。

これまでの借金(債務)を免除する手続きを行う事により、価値のある財産をお金に変え債権者に還元する事も可能なのです。

なので、借金があり自転車操業状態の方でもそこから脱出する事ができます。

※自転車操業とは…自転車は止まったら倒れる。この状態に例えており、操業を止めてしまえば倒産してしまう会社の事を指す。

自己破産を行う事により、借金を返済する必要がないので、毎月の給料から引かれる事もなく生活レベルをある程度戻す事が可能です。

さらには、これまで返済できていなかった消費者金融業者からの連絡も来る事がないので毎日鳴る着信音に怯えずにも済みます。

そういった意味でも自己破産は有効的な手続きなのですね。

自己破産をした方がいいの?

では、自己破産をした方が良いのか?

借金を返済しなくて良いのであれば、全員が全員自己破産を考えると思います。

しかし、現実は甘くありません。自己破産できるかどうかは裁判所が決めます。

財産を全てお金に変えても返済する事が難しいという状況であれば自己破産の話を進める事が可能です。

こうなるといわば『免責を認められる』という状態になります。

ここで自己破産のメリット・デメリットを簡単にまとめています。

自己破産のメリット

今ある全ての支払い義務が免除される点が一番大きいですね。

借金を一切返済をしなくても良くなるんですね。

他にも、債権者(お金を貸している側、給付している側)は強制執行(給料の差し押さえなど)ができなくなります。

他にも、自己破産と聞くと全ての財産等を代償にするというイメージがありますが、実はある程度の財産は手元に残せるんですね。

自己破産のデメリット

まず、借入が5年〜10年程度できなくなります。

これが情報機関に載るブラックリストというわけです。

また、警備員等の一部の仕事を行う事はできません。

他にも、官報と呼ばれる国が発行する機関紙に載る事になります。

ただ、この機関紙を見る事はほぼないかとは思います。

そして、最大のデメリットは、仮に持ち家を持ってる場合売却する必要があります。

免責ってどういう意味?

自己破産について調べているとよく免責という言葉を耳にする事があると思います。

そもそも免責の意味とは、要は借金などの債務の支払い義務を免れる事を言います。

自己破産を行うと『破産手続』『免責手続』ですが、裁判所から免責許可決定を受ける事によって、免責の効力が発生する事になります。

どんな借金・免責も免責許可決定を受けたらチャラになるの?

免責許可決定を行えば、借金・債務がチャラになる事はございません。

いわゆる非免責債権というものがあります。

例えば、税金、犯罪などで出た損害賠償金などです。

また『ギャンブル』で作った借金も免責許可が降りない場合があります。

ただ、裁判もある程度の『裁量免責』を適応して頂けます。これは、ギャンブルをしていても今は全くしてなかったり、また自己破産する上でも正直に、素直に話す事により裁量免責が降りる場合があります。

自己破産した方が良い人ってどういう人?

・返済催促の電話が鳴り止まずストレスで仕事に行けないなどの症状が出た方。

・最大10年間はローンを組めなくても大丈夫という方。

・マイホームを手放しても良い方。

・どう計算しても収入から借金を返済する余裕が無い。

上記の中に該当する方は自己破産を視野に入れた方が良いでしょう。

過去に自己破産・免責経験の場合、お金を借りれるのか?

結論から申しますと、過去に自己破産・免責でもお金を借りる事はできます。

自己破産をしてもある一定の期間(5年程度)が経過するとその記録は信用情報から消えます。

【信用情報期間別/自己破産情報が載る期間】

信用情報期間名 自己破産情報が載る期間
CIC(主にクレジット等) 5年間
JICC(主に消費者金融等) 5年間
KSC(銀行等) 10年間

上記の3つの情報期間が主ですが、最高で10年経過すると問答無用でホワイトになります。

自己破産・免責後も審査の対象になる消費者金融業者があるのはどうして?

消費者金融業者の中には『自己破産・免責後も審査の対象』『自己破産等の債務整理後でも申し込みOK』と公言している消費者金融業者があります。

一見怪しいのではないか?と疑ったりする気持ちも分かりますが…

ご安心下さい。こう公言しているのには理由があります。

これまで自己破産をすると債務の支払い義務が無くなるという話をしましたが、理由はそこにあります。

要は、自己破産をしてる人は逆をつくと『借金が無くある程度の水準を持った生活をしている』という事が分かります。

変に他社に借りてしまってる人の方が返済に追われたり、自己破産後の方よりも借入が難しい場合もあります。

自己破産のことで相談をするなら専門の法律事務所へ

自己破産をする際、もしくは迷っているのであれば専門家に相談するのが一番早いです。

イストワール法律事務所であれば、債権者側との交渉術等、多くの経験と実績がございます。

もちろん全国対応をしております。

是非一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.