人気記事!!
専業主婦には家事代行がお勧めの理由と月7万円が超簡単に稼げる背景を解説!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

現在はとても多くの副業があります。しかし、専業主婦の方の中には、ネットでの副業や投資については勉強するのも大変で必ずしもお金がもらえるわけではない副業はやりたくない人が多いのではないでしょうか?

実は副業の中には専業主婦のみなさんだからこそ簡単にできるものがあります。それは家事代行です。家事なら専業主婦の方でもできそうと感じる方が多いのではないでしょうか?

でも、特段家事が得意というわけではないから上手くいくか心配だなと感じる方もいるかもしれません。

そんな専業主婦の方でも研修制度が充実している会社もあるので簡単にお金を稼ぐことができます。

今回の記事では、家事代行の仕事内容、家事代行のメリットやデメリット、家事代行にまつわる疑問、家事代行の始め方、オススメの家事代行会社の解説という順番で説明いたします。

家事代行はなるべく時給が高い仕事や専業主婦としてのスキルを活かしたいと考えている人にはぴったりの副業です。

目次

スポンサーリンク

家事代行とは依頼者の代わりに家事を行う副業

家事代行とは、一般家庭のお宅にお伺いし、洗濯や掃除、料理などの家事全般を依頼者の代わりに行う仕事です。副業というよりパートやアルバイトに近いかもしれません。

家事代行と一口にいっても実は様々な仕事があります。例えば以下のようなお仕事を依頼されます。

家事代行の主な依頼内容
  • 料理を作る
  • 洗濯
  • 買い物
  • 掃除
  • 子供や高齢者の世話
  • ゴミ出し
  • 植物の水やり
  • 食器洗いなど

家事代行で依頼される仕事内容は概ね以上の通りです。

掃除や洗濯などはイメージがつきやすいですが、ほかにも依頼者からの要望は多岐に渡ります。例えば以下のような要望です。

家事代行の要望は多種多様

  • 料理の作り置き
  • 出産や出産直後の依頼
  • ペットシッターや庭の水やりの依頼

料理の作り置きは会社員だけでなく、高齢者にもニーズがある

料理の作り置きは、毎日帰宅が遅い会社員の方や共働きの家庭、単身赴任や一人で暮らしている高齢者にニーズがあります。数日から1週間分の食事をまとめて作り冷蔵・冷凍しておくといった仕事内容です

仕事内容には、調理はもちろん、献立の作成や後片付けも含みます。例えば、平日5日分の夕食を作る場合は、料理にもよりますがおよそ4時間の作業時間が必要です。

 

ここがポイント!!1週間全ての夕食を作る場合も5時間ほどで作らないといけません。料理が得意な方にはぴったりの副業ですが、時間通りに全ての作業を終える必要もあります。

 

また献立の作成には頭を捻らなくてはなりませんし、依頼者によって味の好みや食材の好き嫌い、硬いものが噛めないなど要望がある点に注意します。

出産間近の依頼は短期間でお金を稼ぐチャンス!

家事代行の依頼者によっては出産などで長期間家を空ける方からの依頼もあります。短くても1週間は依頼されることが多いので、まとまった収入が入るチャンスですね。

仕事内容は洗濯・料理など家事全般にわたり、通園・通学の送迎、病院の検診の送迎なども含まれることがあるので少し大変かもしれません。

また依頼者からペットの散歩や庭の水やりや草むしりを頼まれることがあります。

 

ここがポイント!!ペットの世話は、家事代行会社で働く場合は断るケースも多いようですが、直接依頼された場合やマッチングサイトなどで依頼をされた場合は依頼内容に含まれることもあります。

家事代行で引き受けない仕事もある

家事代行というと、依頼者の希望に全て応えなければならないと考えるかもしれませんが、そうではありません。例えば、以下のような作業内容は事前に断ることも可能です。

 

家事代行で必ずしもやる必要のない作業

  • ハウスクリーニング
  • 高齢者や障害者の介護
  • ペットの散歩
  • 医療行為
  • ベビーシッター
  • 家具の運搬など重労働

 

これらの作業は必ずしもやる必要はありません。ちなみにハウスクリーニングとは、以下のような業務内容です

ハウスクリーニングとは?
  • エアコンの内部の掃除
  • レンジフードの清掃
  • 洗濯機内部のカビ取り
  • 室外機の掃除
  • 床の清掃とワックス掛けなど

これらの業務は専業主婦の仕事の範囲を明らかに超えています。その主な理由は以下の3点です。

ハウスクリーニングが家事代行の範囲を超えている理由

  • エアコンやレンジフード(換気扇含む)、洗濯機内部のカビ取りは分解が必要
  • 危険で特殊な洗剤などを使う
  • そもそも道具が揃っていない

エアコンやレンジフードの外側を拭くだけならまだ良いですが、分解するためのドライバーなど工具が必要ですし、作業も危ない環境で行わなければならないので非常に危険です。

またハウスクリーニングはしつこい汚れやカビを除かなければならないので、特殊な洗剤などが必要です。そしてこれらの洗剤は触れると危険なものが多いです。

家事代行業者にさえこのような工具は揃っていません。したがって、これらの業務は清掃業者の仕事です。私は以前ダスキンのハウスクリーニングの事業部で働いていました。

家事代行についてはメリーメイド事業部が行いますが、このような依頼はハウスクリーニングの事業部であるサービスマスターという事業部がやっていました。

 

ここがポイント!!高齢者の介護などについてもやる必要はありません。介護業務はヘルパーさんなどの仕事です。またペットの散歩やペットのケージ内の掃除、ベビーシッターについても家事代行の範囲内ではありません。

 

ただ、子供の世話や高齢者の世話を全くしないわけではありません。共働きの家庭であれば、子供や高齢者の食事を作ることもあるからです。

このように家事代行では依頼者のどんな依頼にも答えるわけではないので安心してください。したがって、普段毎日やっている家事をこなす力があれば家事代行として働くことができるのです。

家政婦との違いは、依頼内容のメニューが細分化されている点

家事代行と聞いた際に家政婦さんと同じだと感じた人もいるかもしれませんが、家政婦さんとは以下の点で違います。

家政婦さんと家事代行の違い

家政婦→家政婦の派遣会社から派遣されており、家事全般を行う

家事代行→依頼のメニューが細分化されているので、家事全般を行うとは限らない

また家事代行の場合、依頼された内容のみを行えば良いですし、逆に依頼者からのちょっとした要望に細かく応えることもあります。そして全ての家事が得意でなくても大丈夫です。

 

ここがポイント!!なぜなら、家事代行業者に雇われて働く場合、掃除の代行や料理の代行というようにカテゴリー分けをしてくれる会社がほとんどです。つまり、自分の得意分野の家事を専門に行うこともできます。

 

このように家事代行をするからといってすべての家事が得意でなくても大丈夫です。

家事代行のメリットやデメリットについて解説

ここからは家事代行の副業のメリットやデメリットについて解説します。家事代行は専業主婦の方におすすめの副業ですが、様々なメリットがあります。

家事代行で働くメリット
  • 家ではあたりまえにやっていることをとても高く評価される
  • 依頼者に頼りにされることが多い
  • 特別な資格などは必要なく未経験者でも高時給
  • 未経験者でも研修が充実しているので安心
  • 経験年数を積めば、時給2000円以上も可能
  • 家事代行の潜在的な需要は高い
  • 家事代行といっても、メニュー分けされている
  • 自分の働きたい時間だけ働く事も可能

家では当たり前に家事をこなしても誰も褒めてくれませんが、家事代行の依頼先もそうとは限りません。お互い専業主婦としての苦労も分かり合えますし、良い仕事をすれば感謝もしてもらえます。

また家事代行は自分の家事のスキルアップにもつながりますし、未経験者でも研修が充実しています。時給も他のアルバイトよりも高めで、好きな時間に働く事も可能です。

 

家事代行をするデメリット
  • 家事代行業者によっては必ず働かなければならない曜日があったりする。
  • 責任感は軽くない
  • 家事代行業者によって時給が低い会社もある
  • 依頼者とのコミュニケーションが円満であったり、ちょっとしたことに配慮することは必要
  • 依頼先に通わなければならない(会社から行くケースもある)

ただ、家事代行にもデメリットはあります。家事代行会社で働く場合はシフト制を採用している会社もあり、その場合は週○日以上は働いてくださいと言われることもあります。

また時間内に作業を終わらすことやお金をもらっているので、プロとしての仕事をしなければならないので責任感も必要です。

このようにデメリットはありますが、家事代行会社は他のアルバイトよりも空いた時間にしやすく時給も高めなので働きやすい仕事です。

家事代行についての疑問に答えます!

家事代行の仕事に興味を持ったけど様々な疑問が出てきた人もいるかもしれません。ここからは、家事代行についての疑問に答えます。

家事代行サービスを依頼する人は仕事で忙しい人や高齢者が多い

家事代行サービスを依頼する人はどんな人が多いのか説明いたします。家事代行サービスを依頼される人で多いのは以下の通りです。

家事代行サービスを依頼される人

  • 仕事が忙しくて家事や料理がなかなかできない独身の方
  • 共働きで家事に手が回らない方
  • 家事をするのが大変な高齢者

ご覧にように、仕事で忙しくて掃除や洗濯などの家事をする時間がなかなかできない人、独身者で料理を作る時間がなかったり面倒な人、全ての家事をするのが体力的に厳しい高齢者の方などが依頼をされるケースが多いようです。

家事代行の働き方は自分のライフスタイルに合わせて働くことができる

ここがポイント!!家事代行で気になるのは、空いた時間にできる副業なのかという点です。家事代行では依頼者によって週に2,3回定期的に依頼するケースもあれば、大掃除の時期などにスポットで依頼をされるケースがあります。

働く時間は会社によって違いますが、以下の3つのケースに分けられます。

働く時間の決め方

  • 時間が固定のシフト制
  • 毎月シフトを自己申告できるスポット型
  • 自分が好きなときに働く

家事代行会社で働く場合はシフト制を採用している企業が多いです。しかし、タスカジなどマッチングサイトを利用すれば自分が好きな時に働くことができます。

日曜日だけ働きたいといったこともできますし、平日の午前中の2時間だけ働くといった事も可能です。直接依頼をされる場合は決まった曜日の決まった時間に働くことができ、時間なども交渉して決めることがあります。

ここがポイント!!だいたい、1回あたりの作業時間は、2〜3時間前後のケースが多いです。また1日で2,3件の家事代行をこなすこともあります。

家事代行をやっている人は40歳〜50歳の専業主婦が多い!

家事代行サービスで働いていている人はどんな人が働いているのでしょうか?家事代行として働いている人は30歳〜70歳と様々な世代の方が働いており、男性でも働いている人はいます。

一番多い年代層は40歳前後〜50歳前後の主婦の方が多いです。なぜなら、40代〜50代の専業主婦は子供が大きくなったり独り立ちをして、パートやアルバイトなどで働くことができるようになるからです。

 

ここがポイント!!さらにパートやアルバイトの中でも時間の融通がきき、時給も高く、主婦としてのスキルを活かせる家事代行の仕事に魅力を持った人が多いのです。

 

 

このように家事代行の仕事は、時給が高い仕事をしたい専業主婦の方にとってまさにうってつけの副業です。

家事代行業者は潜在的な需要がある

家事代行は認知度が多いですが、果たして仕事が継続的にもらえるのか気になりますよね?実は家事代行は潜在的な需要が高いのです。なぜなら、近年は団塊世代の一斉退職により高齢者が増加したことに加え、共働き世帯が増えてきたからです。

その証拠に経済産業省が野村総合研究所に依頼して2018年に実施した平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業では家事支援サービスについて調査を行なっています。

その中のアンケート調査(3000人程が対象)によると、家事支援サービスを知っている人は77%もいますが、実際に利用している人はわずか1.8%にとどまっています。ちなみに、過去に利用したことがある人を含めても6%未満です。

家事支援サービスは認知度は高いが、まだまだ利用者は少ない

現在利用している:1.8%

過去に利用したことがある:4.7%

サービスは知っているが利用したことがない:77.7%

サービス自体を知らない:15.8%

(出典:家事支援サービスに関するアンケート調査)

このように家事代行を実際に利用している人が少ない点についてもアンケート調査では触れられています。

主な理由としては他人に家に入られることに抵抗を覚えるという理由をあげる人が3割近くもいます。つまり、家事代行業者を依頼したいが、躊躇している人もかなりの人数いるということです。

これから家事代行の副業を始めようとしている専業主婦のみなさんが収入を得るヒントもここに隠れています。

 

ここがポイント!!家事支援サービスで継続的な依頼をいただくためには、サービスの品質を高めるだけでなく、依頼者との円滑なコミュニケーションができないといけないのです。

 

もちろん、普段の家事代行の技術も依頼者から信頼を得るために大事な点です。だまって家事だけするのではなく、依頼者ともスムーズに会話をしたり、時には配慮することも必要です。

ちなみに、調査では家事支援サービスを利用した人の利用目的にも触れており、家事支援サービスの利用目的の上位3つは以下のようになっています。

家事支援サービスを利用した目的のベスト3

1位:家事をする十分な時間がない23.3%

2位:家事をする十分な体力・気力がない15.5%

3位:質の高い家事サービスを受けたい15.2%

ちなみに家事が苦手だったり好きでないという理由は11%で次点でした。

 

また家事支援サービスに支払っている1回あたりの依頼金額は、9000円以上を超える依頼者が3割を超え、2番目に多いのは3000円〜5000円未満が多いそうです。

(出典:家事支援サービスに関するアンケート調査)

 

ここがポイント!!そして、家事支援サービスを利用した人の84%が再度の依頼を希望しています。このことから一度家事支援サービスを利用された方は再度依頼をするケースが多いことがわかります。

家事代行の平均収入は時給1200円前後だが、経験によって2000円も可能!

ここからはみなさんが一番気になる家事代行がどのぐらい稼げるのかという点を説明いたします。

 

ここがポイント!!結論から言うと家事代行の経験があれば2000円という高時給で働くことができますが、未経験者でも他のパートやアルバイトよりも高時給で働くことができます。

 

家事代行の収入はパート・アルバイトとして働く家事代行業者によって違います。また依頼者と直接契約する場合もあるのでその場合はさらに時給が高くなることが多いです。

家事代行の平均時給については、求人情報サービスとして知名度のあるindeedが家事代行で働いている人の平均時給をデータとして出しています。

indeedによると2019年1月5日の時点で家事代行の平均時給は1209円です。ちなみにこの平均時給は過去3年間に求人情報サイトindeedに掲載された求人広告や利用者から寄せられた情報から算出しています。

ちなみに、この調査では家事代行業者別に平均時給が掲載されており、それぞれの平均時給金額は以下の通りです。

 

家事代行業者で働いた場合の平均時給金額一覧

家事代行業者 平均時給金額
ベアーズ 996円
カジタク 1606円
ライフェクス 1445円
ミッシェル・ホームサービス 1291円
ファースト・インターナショナル 1531円
CaSy(カジー) 1450円
カジスルー 1441円
パソナライフケア 1423円
ミニメイド・サービス 1583円
ダスキン メリーメイド 1020円
ライフサービス 1443円

(データ出典元:indeed公式ホームページより一部抜粋https://jp.indeed.com/給与/家事代行スタッフ)

※人気のある順に載せています。

 

このように概ね平均時給金額が1200円以上の家事代行業者が多いです。さらにカジーのように、スタート時給が1450円〜といきなり高時給な会社もあります。

ただし、全ての会社が最初から高時給というわけではありません。逆に経験年数が多く高時給な人は時給2000円の人もいるのでより高い収入が得られる会社もあります。

ちなみに、依頼者宅への交通費については支給されるので、交通費を気にすることなく働ける点は良いですね。ただし、あまり依頼者宅が遠いと負担になるケースが多いので、自分や会社の車がない場合は、遠い依頼者宅の仕事は避けた方が良いです。

家事代行なら月7万円を簡単に稼げる!

家事代行のお仕事は空いた時間に働くことも可能ですが、どのぐらい稼げるのでしょうか?時給が1200円だとすると、だいたい以下のような形で報酬が得られます。

家事代行は月7万円以上稼ぐことも可能!

1.週4日午前中の3時間だけ働く場合

1200円×3時間×4日×4週=月収57600円

 

2.週1日午前と午後合わせて7時間働く場合

1200円×7時間×4週=月収33600円

 

3.週5日午後の3時間だけ働く場合

1200円×3時間×5日×4週=72000円

ここがポイント!!このように家事代行は平日5日間、3時間働けば月7万円稼ぐことができます。月7万円も稼ぐ必要がなければ働きたい時に働くことも可能ですし、経験を積めば時給が上がるのでさらに稼ぎやすくなります。

家事代行は未経験者でも始められる副業

家事代行をするのに特別な資格や技術は必要ないので未経験者からでも始めることができます。家事代行業者で働く場合は、充実した研修制度を用意している会社が多いなど未経験者でも安心して働くことができます。

ただし、家事代行はいつもみなさんがご自身の家庭でやられている家事とは違い、お金をもらっています。当然依頼者からは完璧な家事が求められます。

さらに家事代行の依頼は1日中のケースもあれば午前中の数時間というように時間を設定しているケースもあります。時間が決まっている場合は、依頼された全ての家事を時間内に終わらせなくてはなりません。

決められた時間までに料理を作り終えていない、時間内に一部の部屋の掃除ができなかったということは許されません。

したがって、洗濯を何時までに終わらせて、子供の送り迎えをして、食事は何時までに作り終えるというような時間管理能力は必要なスキルです。

さらに、他人の家に入って作業をするため依頼者との信頼関係も必要で、普段からちょっとしたコミュニケーションを取っておくなどしておかなくては、何か物が壊れた時に信頼関係が崩れることもあるので注意が必要です。

ただ、万が一依頼者宅で物を壊してしまった場合も、家事代行業者の社員さんが仲介に入ってくれるので弁償する必要はないのでご安心ください。

ちなみに、家事代行サービス業者は各社とも研修にはとても力を入れているので未経験者でもすぐに仕事に慣れることができます。

私は以前ダスキンのメリーメイド事業部と同じ営業所(別の事業部)で働いていたので、内部事情を知っていますが、社員の方や先輩のパートさんが新人のパートさんに掃除道具の正しい使い方を教えていました。

ほかにも依頼された家庭で働く時の注意点など細かい点についても指導していたので、未経験者でも1年もすれば立派な経験者として扱ってもらえます。

ちなみに、家事代行サービス業は需要が高い割に人材難に悩んでいるため、応募すれば雇用される確率は高いです。

家事代行の具体的な研修内容とは?

未経験者の方は家事代行会社で働いた場合、どのような研修をしてもらえるのか気になる方も多いかと思います。ここでは具体的にどのような研修を受けるのか説明いたします。

なお、家事代行会社によって研修内容の力の入れ具合や内容にも違いはありますが、概ね以下の内容についての研修を行います。

 

やはり依頼者様の自宅で伺うわけなので、基本的な挨拶や接客マナーなどは最初に指導されます。座学だけでなく、実際に依頼者様宅にお伺いした際のイメージで実際に挨拶などの練習も行います。

実際の作業内容の研修については会社によって様々な方法が取られています。ビデオでの研修や座学での研修、実際にお掃除などの研修をする会社もあります。

家事のやり方はもちろん、掃除をする場合は、どの道具を使うのかなどもレクチャーしてもらえます。料理についても、どのような料理を作れば良いのかなども教えてもらえるので、未経験の人でも安心して受講できます。

もしわからないことがあれば、このようなときに聞いておいた方がいいですね。

現場での実習は、お客様宅に経験者とお伺いし、実際に自分も作業をする事です。いわゆるやりながら覚えるという部分です。この段階に入ると、依頼者からは、研修ではなくプロとして見られます。

また技術的なことだけでなく、依頼者とのコミュニケーションの取り方なども見ながら学ぶことになります。このように、座学での研修が終わったら、いきなり一人で依頼者宅へ行くことはほぼないので、安心してください。

家事代行の始め方について解説!

ここからは家事代行の始め方について説明いたします。家事代行を始めるには大きく分けて2つの方法があります。

家事代行の始め方

  • 家事代行業者に登録する
  • 自ら依頼者と契約をする

一番手間が掛からないのは家事代行業者に登録をして働くことです。また経験があるようなら直接依頼者と契約をする方法があります。

また近年では、首都圏を中心に家事代行業者の中でも依頼者と家事代行として働く人をマッチングする会社が人気があります。

家事代行業者で働く場合でも時給は高いですが、直接依頼者と契約をした方が時給は高くなる傾向があります。時給がいきなり2000円スタートも珍しくありません。

そのほかにすでに家事代行業者で働いている人から紹介を受けて働く人も多いです。次に家事代行業者で働く場合と直接依頼者と契約した場合のメリットやデメリットについて解説します。

家事代行業者に登録して働くメリットとデメリット

ここからは家事代行業者に登録して働くメリットとデメリットについて解説いたします。家事代行が未経験の人は圧倒的に家事代行業者への登録をおすすめします。

家事代行業者に登録して働くメリット
  • 研修制度が充実しており家事のスキルも身につきやすい
  • 未経験でも時給が高い
  • 物などを破損させても、弁償する必要がない
  • クレーム対応をしてもらう事も可能
  • 交通費も支給される
  • 仕事に困らず、依頼者へのヒアリングは社員の方がしてくれる

もちろん家事代行業者にもデメリットはあり、一番のデメリットは時給が直接依頼をされるよりは安くなる点です。

家事代行業者で働くデメリット
  • シフトで勤務時間を決める会社が多いので一部時間を拘束される
  • 家事代行の業者によっては時給が高くない会社もある
  • 一人ではなく他の人と仕事をすることもある

直接契約のメリットとデメリット

家事代行として働く方法には、家事代行業者に登録する方法だけでなく、直接依頼者と契約を結ぶ働き方もあります。基本的には、依頼者の方から家事代行会社を通さず直接依頼されるケースが多いです。

直接契約で働くメリット
  • 家事代行業者に登録するよりも時給が高い
  • 直接依頼者とスムーズにやりとりが可能

 

ここがポイント!!家事代行会社で働いていたけど、直接依頼者に契約をしてもらえたら時給が2倍になるケースも多くあります。しかも、依頼者側にとっても代行会社に支払うお金よりも安いというメリットもあります。

 

ただし、家事代行業者で働いている人と直接契約を結ぶのは違反になるケースが多いです。

その代わり、「次回の依頼もこの人にきて欲しい」というような指名は受けることができ、代行会社からの評価も上がるので時給アップにつながることが多いです。

また直接依頼者とやりとりをするわけなので、家事代行会社を通すよりはスムーズに日程調整などのやりとりができます。次にデメリットについて説明いたします。

直接契約のデメリット
  • 依頼者へのヒアリングや対応を自分でする必要がある
  • 依頼者からの依頼内容が増えがち
  • 物を破損させた場合などは、自分で対応しなければならない
  • まれに報酬の支払いが遅れる人もいる

直接契約にもデメリットはあります。まずは、依頼内容のヒアリングやクレーム対応など全て自分がしなければなりません。物を破損させてしまった場合も自分で弁償する必要があります。

直接契約の場合も、物損保険などはあるので必ず入っておきましょう。特に壊したものがとても高価なものだったら取り返しがつかなくなります。

また直接契約をすれば、依頼者との信頼関係は強くなりますが、家事代行業者では受け付けていない依頼をされることもあります。依頼をされると断りづらかったりするので、自分で線引きができなくてはなりません。

あとは、家事代行会社を通しているわけではないので、報酬の支払いがきちんとされなかったり、支払いが遅れ気味になるリスクもある点は注意してください。

個人間同士の取引になるので金銭トラブルは避けたいものですね。

家事代行業者の登録方法を簡単に解説!

ここからは実際にCaSyを例にとって家事代行業者の登録方法について簡単に説明いたします。登録はとても簡単です。大まかなお仕事開始までの流れは以下の通りです。

家事代行業者の登録から仕事を始めるまでの流れ
  1. 家事代行業者のホームページやアルバイト媒体から応募する
  2. 面接
  3. 研修
  4. 仕事スタート

応募方法は、媒体によって違います。電話やメールで応募する場合もあれば、スマートフォンからも応募ができたったの30秒で応募が完了する会社もあります。

面接については、希望する就業時間やエリアなどについて面接をすることが多いです。全員面接に合格するとは限りませんが、よほど倍率が高くない限りは通過しやすいです。

また最近では面接をスマートフォンで行うことができる会社もあるので、遠方に住んでいたり、面接の時間が取りにくい人でも安心ですね。

また仕事の大まかな内容についても説明してもらえることができます。わからないことがあったり、不安なことがあれば面接の段階で聞いておきます。

 

ここがポイント!!家事代行の仕事のメリットは研修がしっかりしている会社が多いことです。アルバイトというと研修もほとんどなくいきなり仕事をやりながら覚えるOJTを実施している企業もありますが、家事代行業者でそのような会社は少ないです。

 

またいきなり依頼者宅に一人で行かなければならないといったこともありません。最初はすでに働いている人と一緒に行く事もあるのでわからないことがあってもその都度聞くことができます。

このように家事代行の始め方は通常のアルバイトやパートと同じように、応募をして面接をしてもらうという流れなので、難しいことはありません。

人気の高くて未経験者におすすめの家事代行業者を紹介!

ここからは未経験者にも人気のあるおすすめの家事代行登録会社について紹介いたします。家事代行を始める方のほとんどは、家事代行会社に登録して始めるケースが圧倒的に多いです。

 

カジタク

(画像引用元:カジタク公式ホームページ

まず最初に紹介する業者はカジタクです。カジタクのおすすめポイントは以下の通りとなっています。

カジタクのおすすめポイント
  • 最高時給2180円
  • 短時間で好きな曜日に働ける
  • 福利厚生の充実
  • 資格取得ができる
  • お掃除代行・整理収納代行・お料理代行の3つから好きなメニューを選べる
  • スマートフォンでお仕事の案内が来る
  • 1日6時間働ける短期正社員制度もある
  • 研修制度が充実

カジタクは最高時給2180円が可能な家事代行業者です。カジタクでは毎週平日2日の午前中だけという働き方や料理作り置きは週3回、整理収納は土日の週2回といったような仕事のやり方も可能です。

またイオン系列の会社であるため、アルバイトでありながら福利厚生も充実しており、書籍購入費の補助制度があったり、有給休暇もあります。

さらに整理収納代行を行うために必要な整理収納アドバイザーの資格取得費の補助など資格取得のためのサポートを受けられます。整理収納代行の場合は、一人ではなく2人1組での作業なので実務的なスキルも身につきやすくなっています。

 

ここがポイント!!家事代行としてなるべく多くの時間働きたい人にぴったりなのが短期正社員制度です。カジタク独自の制度で月120時間以上扶養控除の範囲外でも働きたい人のための制度です。さらに正社員なので半年ごとにボーナス支給もあります。

 

カジタクは、他のアルバイトなどとダブルワークも可能なので、空いた時間に仕事を入れておけば、サッと働くことができます。ただ、サービスエリアが限られている点には注意してください。

 

ご覧のように首都圏でしかサービスを展開していません。カジタクは首都圏在住の方にのみおすすめの会社となっています。

タスカジ

(画像引用元:タスカジ公式ホームページ

タスカジは2013年にサービスが開始された比較的新しい会社です。タスカジは家事代行会社というよりも家事代行の依頼者と家事代行をする人を結ぶマッチングサイトです。

タスカジのおすすめポイントは以下の通りです。

 タスカジのおすすめポイント
  • 最高時給2100円
  • 未経験者でも時給1200円スタート
  • マッチングサイトでありながら、損害賠償の保障やサポートセンターが仲裁に入ってくれる
  • とてもわかりやすい研修内容
  • 働きたい時間を自由に選べる
  • 仕事の時間はパターン化されているので仕事が組みやすい
  • 得意分野のみ働くことも可能
  • 24時間自由に稼働日の変更が可能
  • 研修制度が充実

タスカジのメリットは、最高時給が2100円まで上がることはもちろん、未経験でも時給1200円からスタートできる点です。さらに、個人間契約になるマッチングサイトでありながら、物を壊してしまった際の保障が最大1億円つきます。

クレームなどのトラブルになった時もサポートセンターが仲裁に入ってくれるので慌てることはありません。

また依頼が入っていなければ24時間いつでもオンライン上で家事代行の稼働日の変更が可能です。そのため、いつも週3回稼働日にしているけど旅行に行きたいから休みにする、今週はいつもよりも収入が欲しいから稼働日を5日に増やすことも簡単にできます。

このメリットはシフトを事前に提出する通常の家事代行業者にはないメリットですね。どちらかというとプライベートの時間も優先したい方や隙間時間に働きたい方にぴったりの会社です。

 

ここがポイント!!仕事の時間は一律3時間と決まっており、仕事の開始時間も9時・13時・18時からと決まっているので他の予定があっても心配になることはありません。

※依頼者から開始時間の前後2時間の変更がくる場合がありますが、受けるかは自由です。

 

タスカジでは無理に苦手な家事をする必要はありません。掃除・洗濯・料理・整理整頓・チャイルドケアの中から自分の得意分野に絞って働くことも可能です。

仕事に慣れてきて良い評価をたくさんもらえれば、定期的な依頼で時給1800円、スポット依頼で時給2100円まであげることが可能です。

 

ここがポイント!!2100円と聞くと、一握りのベテランさんだけかなと思うかもしれませんが、働いている人の3分の1の人が時給2100円で働いているそうです。

 

サービスエリアについては、以下のように関東エリアと関西エリアで仕事が可能です。特に関西方面のエリアは、都市圏以外にもエリアを拡大しています。

 

タスカジのサービスエリア

サービスエリア
関東エリア 東京
神奈川(横浜・川崎)
千葉
埼玉
関西エリア 大阪
兵庫(神戸など)
京都
奈良
和歌山

 

カジー(CaSy)

(画像引用元:カジー公式ホームページ

最後に紹介するのはカジー(CaSy)です。カジーのおすすめポイントは以下の通りです。

カジーのおすすめポイント
  • スマホで面接可能
  • 会社で面接に参加した人には1000円プレゼント
  • 未経験者でも時給1450円スタート(仙台エリアは1200円)
  • 指名制度や評価制度の導入
  • 週1回1日2時間から働ける
  • パソコンやスマホで働きたい日や時間を登録しておくだけ
  • 勤務地が幅広い
  • 料理代行と掃除代行のみなので覚えることは多くなくて済む
  • 研修制度が充実

カジーは普段忙しくて時間が取れない方でもスマホで面接可能です。また直接会社で面接を受けただけで1000円がプレゼントされるのでお得です。

カジーでは依頼者から指名を受けると時給がアップする指名制度や依頼者からの評価数によっても昇給する制度もあるので、未経験でも始めから高時給です。

 

カジーの報酬制度の仕組み

時給
基本時給 1450円
指名を受けた場合の時給 1650円
指名を受け、昇給した場合 1650円+α※

※最大時給1750円

またカジーは他の家事代行業者のように依頼内容が多くありません。そのため他の家事代行業者で働くよりもすぐに仕事に慣れることができ、昇給がしやすい環境です。

例えば、洗濯や子供のケアやペットのケアは依頼内容には含まれないので、依頼が多すぎて困ることもありません。

働く時間も週1回1日2時間から可能です。シフト制ではなくパソコンやスマホに働きたい日や時間を登録しておくだけなので、簡単です。

1件あたりのお仕事の時間

  • 掃除代行→2時間〜4時間
  • 料理代行→3時間〜5時間

カジーは未経験者でも時給1450円からスタートできますが、現在のところ時給の上限が1750円となっています。そのため、経験年数を積めば、さらに時給が高い会社に行くことを考えた方が良いかもしれません。

またサービスエリアも全国には対応していませんが、幅広いエリアで働くことができます。関東や関西以外でもサービスエリアがあり、今後もサービスエリアの拡大が進むようなので、楽しみですね。

 

お仕事可能なサービスエリア

サービスエリア
関東エリア 東京23区・東京都市部
神奈川
千葉
埼玉
関西エリア 大阪
兵庫
京都
中部エリア 愛知
東北エリア 宮城

※サービスエリアは順次拡大中

 

家事代行は専業主婦だからこそ月7万円以上が稼げる仕事

いかがでしたでしょうか?家事代行はなにも特別な資格などは必要ありません。普段家事をやっている専業主婦だからこそお金を稼ぎやすい仕事なのです。

普段やっている家事で依頼者の方に喜んでいただきながらお金も稼げるってとてもやりがいがある仕事ですよね?

家事代行会社については今回おすすめした会社以外の会社もあり全国展開している会社もあるので、この機会に家事代行の副業を始めてみてはいかがでしょうか?

他のアルバイトやパートの仕事よりも高時給で好きな時間に働くことができ、確実にお金が稼げる副業はなかなかないですよ!

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事