〜お金に関するプロフェッショナルな情報〜

マネー塾

仮想通貨

簡単解説!!仮想通貨の仕組みとブロックチェーン技術を分かりやすく説明!!

投稿日:

今話題になっている「仮想通貨」について気になっているものの、仕組みが良く分からず怖くて手が出せないというも多いのではないでしょうか。

また、仮想通貨に対して「ハッキング事件が起きた」、「知人が投資で大損した」「詐欺のニュースをよく目にする」という風に、マイナスなイメージを抱いている人も多いでしょう。

しかし、実は仮想通貨はコンピュータの発展により可能となった大きな技術革新であり、今もなお将来に向けてより大きく発展していくことが期待されているものなのです。

仮想通貨についてその仕組みをしっかりと理解することにより、仮想通貨に投資をするのも怖くなくなるかもしれません。

今回は、そんな仮想通貨のありとあらゆる「仕組み」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットで利用することができる通貨です。

2009年に「ビットコイン」が初めて発行されたことから仮想通貨の歴史が始まりました。

その後も様々な仮想通貨が発行されており、現在その種類は2000種類を超えると言われています。

利用用途としては

  • 飲食店での勘定
  • 特定のプラットフォームでの課金

など、主に決済に用いられています。

通貨としての機能はまだまだ発展途上ですが、ビットコインやADAコインのように実用的なレベルまで開発が進められている仮想通貨もあります。

仮想通貨と法定通貨・電子マネーとの違い

仮想通貨は電子マネーと似ていますが、その性質や仕組みは全く違っています。

ここでは仮想通貨と法定通貨(円やドル)、電子マネーとの違いについていくつかに分けて紹介をしていきます。

仮想通貨は世界中どの国でも使える

当たり前のことですが、日本円は原則日本国内でしか利用ができません。

また、電子マネーのSuicaも、日本国内の駅やコンビニやでしか利用ができません。

これに対し、仮想通貨は日本だけではなく他の国でも決済に利用することができます。

ただし、これは理論上そうなのであって現実的な話としてはまだ世界中で使えるとは言えません。

しかし、今後仮想通貨の発展が進められれば進められるほど、実用性が上がっていくことは間違いありません。

中央管理が不在

仮想通貨には中央管理者が存在しません。

「中央管理者」はその通貨の発行体、または管理を行うもののことです。

日本円であれば通貨の発行体である「日本国」、電子マネーSuicaであれば、その管理者である「JR東日本」のことを指します。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨には、このような「通貨を管理する者」が存在せず、決済する人・支払いを受ける人が直接やり取りをしています。

このように、通貨のやり取りに中央管理者が存在しないことを「分散型台帳」といいます。

分散型台帳については、ブロックチェーンの技術が大きくかかわっているのですが、ブロックチェーン技術については後程詳しく解説します。

価値の裏付け-なぜ仮想通貨には価値があるのか-

円やドルなどの法定通貨の価値の裏付けは、その発行体となる「国の信用」にあります。

円で支払う電子マネーについても同様のことが言えますね。

しかし、発行体が存在しないビットコインなどの仮想通貨の価値の裏付けは「ブロックチェーン技術」にあると言えます。

ブロックチェーンには「絶対に改ざんされない」「匿名性が高い」という優秀な性質があります。

その技術に価値があると考えた人たちがビットコインに投資をします。

つまり、法定通貨がその国の信用で価値が決まるのに対し、仮想通貨は「仮想通貨に関わる人すべて」が価値を決めることになります。

仮想通貨の仕組みの根幹「ブロックチェーンの仕組み」とは?

ここからは、仮想通貨の仕組みの根幹である「ブロックチェーン技術」について説明したいと思います。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインの中核的な技術で、仮想通貨取引の記録を行う仕組みのことを指します。

送金や出金、決済などの一つ一つの仮想通貨取引データのことを「トランザクション」と呼び、それがひとまとめにされたものを「ブロック」と呼びます。

「トランザクション」および「ブロック」はインターネット上で公開されており、世界中の誰でも閲覧することができます。

ブロックチェーンは、電子マネーのようなクライアントが管理する「中央集権型」の台帳ではなく、取引履歴が記録された台帳を、ネットワークに参加しているコンピュータに保管する「分散型台帳」という仕組みを採用しています。

「分散型台帳」とは

分散型台帳とは、具体的に言うと「取引ネットワークに参加する全員のノードに取引履歴が保管される」ということです。

「ノード」とは、「パソコン」や「スマートフォン」などの、仮想通貨のネットワークに参加する媒体のことを指します。

つまり、ビットコイン取引を行っている世界中のパソコンやスマートフォンに、仮想通貨の取引が保管されているのです。

この「分散型台帳」こそが、ブロックチェーンの強みであり、仮想通貨の価値がここまで上昇している理由なのです。

「電子マネー国」と「仮想通貨国」の例でみるブロックチェーン技術

ブロックチェーンの強みの1つとして「取引の改ざんや二重取引が不可能である」という点があります。

この「仮想通貨取引は改ざんがされない」という噂を聞いたことがある方も多いと思いますが、その理由がなぜなのか具体的に説明することができる方は少ないと思います。

ここでは、「電子マネー国」と「仮想通貨国」という2つの国を例として挙げ、ブロックチェーン技術の強みについて説明したいと思います。

電子マネー国では、王様がマネーの取引を管理しています。

ある国民が違う国民にお金を送金したい時は、王様にそのことを通知しなければいけません。

また、送金履歴は王様が台帳に書き込みます。

ここで重要なのが、「王様が中央集権的にすべての取引データを台帳に書き込んでいる」ということです。

これは「JR東日本がSuicaで行われた決済を記録・保管している」というのと同じですね。

現代社会では電子マネーに限らず、官公庁から中小企業までありとあらゆる事業について、中央管理者がすべてを管理しています。

一方で、「仮想通貨国」での通貨の保管が電子マネー国とは全く違います。

仮想通貨国の街の中央公園には「石板」があり、お金を送金したり取引したりする際には、それぞれの町の中央広場にある石板に取引情報を刻み込むよう「マイナー」に依頼します。

「マイナー」は各町に1人ずつおり、正当な取引が行われたと確認ができたら石板に全くおなじ取引情報を刻み込みます。

これにより、全ての町の全ての石板には、これまで行われてきた仮想通貨取引情報が常に同じように刻み込まれていることになります。

また、石板は町の中央広場にあるので、石板に刻み込まれた取引情報は中央管理者ではなく町民全員で管理します。

ちなみにマイナー達は、正しい取引情報を石板に刻み込むことにより「マイナー報酬」という報酬を按分して得られます。

逆に、誤った取引情報を刻み込んでしまうと報酬が貰えず、他のマイナーが多めに報酬を得られるようにます。

そのため、報酬をもらいたいマイナーは、全員が正しい情報を石板に刻みこむようになります。

電子マネー国と仮想通貨国とを比較してみる

ここで、「電子マネー国」と「仮想通貨国」とのお金のやり取りについて比較してみましょう。

「電子マネー国」では、王様一人が取引台帳を管理しているのに対し、「仮想通貨国」では国民全員で取引台帳を管理していることになります。

また、電子マネー国では「王様は不正をしない」という「王様への信用」が、通貨の価値の裏付けとなっていることになります。

このことから、電子マネー国にはいくつかデメリットがあります。

まず、コストがかかります。記録作業をしているのが王様だけだからです。

また、外部からの攻撃にも弱いとも言えます。

王様の家が嵐や、敵国の攻撃により破壊されてしまえば、取引の履歴がすべて消えてしまうかもしれません。

さらに王様が不正を行い自分にとって有利な取引情報に改ざんしてしまうという可能性も0ではありません。

しかし、仮想通貨国であれば、石板に刻みこむ「マイナー」は誰でもOKなので、その分低コストで済みます。

また、1つの町が災害に合い石板が壊れてしまっても、他の町にある石板に取引履歴が残っているので安心できます。

さらに、取引を改ざんするにはすべての町にある石板の取引情報を書き換える必要があります。

そのため、取引を改ざんするのは現実的に考えて絶対に不可能です。

一方で、現実問題では電子マネー国の方が仮想通貨国よりも取引履歴の記録が簡単です。

石板に刻み込む取引情報は、企業間の送金から個人のお買い物まで、多岐にわたります。

それらの取引があるたびに中央広場で石板を削るとなると、非常に大変で非効率的だと言えます。

ブロックチェーン技術は仮想通貨国のお手軽バージョン

仮想通貨国のデメリットである「取引履歴を石板に削り込む」という面倒な行為を、電子的な仕組みにより短時間で済ませることができる技術が「ブロックチェーン」なのです。

つまりは、「取引が改ざんできない」「管理データが破壊されても大丈夫」「コストが低い」という性質をもった通貨が、仮想通貨なのです。

今度はたとえ話ではなく、具体的にブロックチェーンについて説明をします。

ブロックチェーンは取引履歴を記録する台帳が複数あって、それらを各ノードに分散している仕組みです。

従来の中央集権型な「クライアント・サーバー方式」での管理ではなく「P2P」を構成するコンピュータが分散管理を行います。

P2Pとは、だれでも自由にアクセスすることができるネットワークの集まりで、仮想通貨取引に参加する際にアクセスを行います。

P2Pを構成するコンピュータのことを「ノード」と呼び、ノードは取引が正しいかどうかを判別します。

このチェックは、あらかじめ決められた「プロトコル」というルールに基づいて行われます。

AさんからBさんへ仮想通貨が送金されたとします。

この時、P2Pのメンバーは「Aさんは送金する通貨を実際に保有しているか」「二重取引になっていないか」などをチェックします。

ノードのメンバー全員が送金のデータを受け取ることができるので、全員でその取引について監視します。

各ノードはチェックルールである「プロトコル」に従って、全てのノードで取引に不正が無いことが確認できると、取引情報が刻み込まれた「トランザクション」が作られます。

一定時間がたつと、トランザクションがまとめられた「ブロック」が形成され、すでに作成されたブロックとつながります。

このようにしてブロックチェーンが作られていくのです。

仮想通貨国と同様に、ブロックチェーン上に記録された取引履歴を改ざんするには、世界中全てのノードに記録された取引履歴を同時に改ざんする必要があります。

ビットコインの取引ネットワーク参加者は世界中で10億人を超えていると言われているので、取引の改ざんは絶対に不可能だということが分かります。

ブロックチェーン技術はまだまだ発展途上

仮想通貨の仕組みの根幹となる「ブロックチェーン」について説明をしましたが、ブロックチェーン技術は今なお開発が進められています。

ビットコインに採用されていた従来のブロックチェーン技術には「ブロック形成までに時間がかかりすぎる」という弱みがあります。

これにより、送金が多くなりすぎると「送金詰まり」という現象が起きてしまい、1ビットコインを送金するのに丸1日かかってしまうという事態に陥ってしまうこともありました。

しかし、ブロックチェーンの発展により「ブロック形成時間の短縮」や「ブロックではなく、より細かいトランザクションの形で保管・送信する」という技術が開発されました。

新しいブロックチェーン技術により発行された代表的な通貨に「イーサリアム」や「IOTA」などがあります。

イーサリアムはビットコインと比べてより細かい金額を、より早く送金することができるようになっています。

また、ビットコインにはなかった「スマートコントラクト」という「ある契約が実行されたら自動的に別の契約を履行する」という新しい機能も加えられています。

今後もより実用的に、より便利にさらにブロックチェーン技術の開発が進められていくと予想がされています。

また、ブロックチェーン技術は仮想通貨だけではなく、様々な「権利が関わる取引」に応用ができると予想されています。

不動産の売買や保険など、応用が利きそうな分野はたくさんあります。

仮想通貨の悪い噂-「コインチェック流出事件」はなぜ起こったのか?-

ここまで仮想通貨の根幹となる「ブロックチェーンの技術」について解説をしてきました。

さて、みなさんは「コインチェックのネム流出事件」というものをご存知でしょうか。

「コインチェックのネム流出事件」は、仮想通貨取引所であるコインチェックのシステムに何者かがハッキングを行い、580億円分の仮想通貨ネムが流出してしまったという大事件です。

この流出事件は仮想通貨業界に大きな衝撃を与え、ビットコインをはじめとするあらゆる仮想通貨の暴落を招きました。

コインチェック流出事件はなぜ起こってしまったのでしょうか。

ここからは、「仮想通貨流出」や「フィッシング詐欺」など、仮想通貨の悪い噂の仕組みや真相について解説をします。

「ネム流出」は仮想通貨ではなくコインチェックが原因

仮想通貨について、「取引の改ざんができない」と説明しましたが、なぜ流出事件が起きたのでしょうか。

その原因は「コインチェックのずさんな管理体制」にありました。

本来、仮想通貨ネムはオフライン上で管理する「コールドウォレット」というウォレットで保管するところを、コインチェックは「ホットウォレット」というオンライン上での管理体制で保管をしていました。

ここで言う「ウォレット」とは、仮想通貨を保管する方法のことです。

厳密に言うと、仮想通貨を引き出すために必要な秘密鍵の保管方法のことを指します。

ネムの秘密鍵をオフライン上で保管できる技術があったにもかかわらず、利便性を考えてオンライン上で管理していたことが、今回の流出事件の原因だと言えます。

つまり、今回の流出事件の真実は、ハッキングによる「仮想通貨取引の改ざん」ではなく「秘密鍵の盗難」であったと言えます。

もちろん、一番悪いのはハッキングを行ったハッカーですが、管理者責任をしっかり果たせなかったコインチェック側にも原因があると言えます。

仮想通貨フィッシング詐欺の手口

仮想通貨の業界で現在特に懸念されているのが「仮想通貨のフィッシング詐欺」です。

「仮想通貨のフィッシング詐欺」は、メールやフェイクページにより行われます。

例えば、取引所を装った詐欺師から「URLにアクセスして、秘密鍵を入力してください」というメールが送られてきます。

仮想通貨保有者はそのメールに騙されて、自分の秘密鍵情報を詐欺サイトに入力してしまいます。

結果的に、秘密鍵を盗まれて仮想通貨がウォレットから盗み取られてしまうという仕組みになっています。

秘密鍵は、ATMキャッシュカードでいう「暗証番号」と同じくらい、他人には知られてはいけない情報です。

みなさんも仮想通貨を保有された際は、秘密鍵を流出しないよう十分に気を付けましょう。

逆に言えば、秘密鍵さえ他人に明かさなければ仮想通貨を盗まれることはまずないと言えます。

仮想通貨の「ICOの仕組み」と「ICO詐欺」の実態

新しい仮想通貨発行するためにトークンを発行して投資家から資金を集めることを「ICO」と呼びます。

新しい仮想通貨の発行者は「ホワイトペーパー」という「仮想通貨の価値の裏付けとなる事業内容や開発について書かれたもの」を掲げ、それに賛同する投資家に対して「トークン」という引換券を売り出します。

「トークン」を入手した投資家たちは、仮想通貨が取引所に上場した後に、トークンと仮想通貨を引き換える権利を得られます。

仮想通貨総額ランキング2位の「イーサリアム」もICOにより上場した仮想通貨の一つで、現在はプレセールされたトークン価格と比べて100倍以上の価値になっています。

このように、ICOが行われる仮想通貨は大きく値上がりする可能性があると考えられており、ICO通貨は仮想通貨投資家達の間で人気のある投資先の一つとなっています。

そんなICOですが、近年では「ICO詐欺」というものが多発しています。

内容としては「ホワイトペーパーに書かれていることが嘘だった」「発行者が資金を持ち逃げした」などがあります。

近年はICOの9割が詐欺であると言われているほど危険なものになっており、これから仮想通貨投資を始める方にはICO投資はおススメできなくなっています。

仮想通貨取引で稼ぐ仕組み

最後に、仮想通貨の取引で稼ぐ仕組みについて解説をします。

仮想通貨で稼ぐ方法として、「利ザヤを取る」「マイニング報酬を得る」「分配をもらう」という3つの方法があります。

それぞれ解説をしていきます。

取引所で売買を行い「利ザヤ」を取る

最もポピュラーな仮想通貨での稼ぎ方が「仮想通貨の利ザヤを取る」という方法です。

その仕組みは簡単で、「仮想通貨を安く入手して、値上がりしたところで高く売る」だけです。

値上がりしそうな仮想通貨を見つけて、それを安いうちに買って高くなったところで手放すことにより、その利益分を稼ぐことができるということです。

株や通貨取引と同じですね。

ただし、簡単に言いますがそう簡単に儲けられるわけではありません。

特に、仮想通貨は1日の値動きが激しく、大きな損失を出してしまったという方も少なくはありません。

マイニング報酬を得る

仮想通貨を新たに発行したり仮想通貨取引の記録を付けたり、承認を行うことによりブロックを生成したりすることを「マイニング」と呼びます。

マイニングには莫大な量の計算が必要となるため、その計算の報酬として「マイニング報酬」をもらうことができます。

仮想通貨の分配をもらう

仮想通貨によっては、一定数以上保有しているだけで自動的にマイニングを行う通貨があります。

保有しているだけで行われるマイニングのことを「POS(プルーフオブステーク)」とよび、仮想通貨「イーサリアム」や「XP」などがPOSを採用しています。

また、取引所トークンと呼ばれる、仮想通貨取引所が発行している仮想通貨については、保有しているだけで手数料の一定額が還付されるという性質を持つ通貨もあります。

Fcoin取引所が発行している「Fcoin」は、保有しているだけで取引所手数料の80%が投資家へ按分されます。

このように、仮想通貨で稼ぐ仕組みは取引所売買だけではなく様々な方法があります。

仮想通貨の仕組み-まとめ-

以上、仮想通貨のありとあらゆる仕組みについて解説をしましたが、いかがでしょうか。

仮想通貨になぜ価値があるのか、仮想通貨の取引はなぜ改ざんされないのか、仮想通貨の悪い噂の真相は何だったのか、そして仮想通貨を利用してお金を稼ぐにはどうすればいいのかが分かっていただけたかと思います。

特に、仮想通貨の価値の裏付けである「ブロックチェーン技術」は、これからの未来を作っていく非常に重要な技術であるということが分かったかと思われます。

この記事で仮想通貨の仕組みについて理解することができれば、今まで手が出しづらかった仮想通貨にも投資をしてみようかなと考えられたのではないでしょうか。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-仮想通貨

Copyright© マネー塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.