人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

副業、ネットビジネスの一つに懸賞があります。

以前は懸賞だけで生活するというTV番組などもあり、楽に稼げる副業として話題になることも多い懸賞ですが、実際のところ懸賞で本当に稼ぐことは可能なのでしょうか?

懸賞で儲かるといわれても、あまり現実感はありませんよね。

ですが、実は懸賞はスマホ一つで出来るお得な副業なんです。

この記事では

  • 懸賞って本当に儲かる?
  • 懸賞を当てるコツは?
  • 懸賞で稼ぐにどうすればいい?

これらの疑問について解説し、懸賞で稼ぐコツを紹介ていきます。

スポンサーリンク

懸賞とは?本当に儲かる?

ハガキ懸賞 ネット懸賞 SNS懸賞
応募方法 ハガキ インターネット SNS(Twitter、LINEなど)
メリット ネット懸賞より応募数が少なくその分当たる確率が高い スマホ一つで手軽に応募できる 当選したかどうかが分かりやすい
デメリット ハガキ・切手代がかかる 応募が手軽な分競争率が高くなる Twitter・Facebookなどのアカウント開設が必要

懸賞には主に3つの種類があります。

  • ハガキ懸賞
  • ネット懸賞
  • SNS懸賞

ハガキ懸賞は昔ながらの懸賞で、雑誌などに載っている懸賞にハガキを使って応募します。

手書きで住所やあて名を書く必要があり、応募が少し面倒なことからネット懸賞などより応募数が少なくなりがちで、その分当選の期待値が少し高くなります。

しかし、ハガキ懸賞はハガキ代や切手代がかかり、応募するのにお金がかかるのがデメリットです。

ネット懸賞は懸賞サイトや企業のホームページで募集される懸賞に、インターネットから応募します。

スマホ一つで気軽に応募ができて、ハガキ代などのコストがかからないのがネット懸賞の特徴です。

ただし、その手軽さゆえに応募数が多くなり、当選の期待値はハガキ懸賞より下がるのがネット懸賞のデメリットです。

SNS懸賞はTwitterで特定のツイートをリツイートすることなどで懸賞に応募します。

Twitterでの応募の場合、当選するとTwitterに告知が来るので当選が分かりやすいのがメリットです。

ハガキ懸賞の場合は賞品が届くまで当選がわからない懸賞もあり、ネット懸賞の場合は当選メールを見落とすと当選が無効になることもあります。

SNS懸賞の場合は当選を見落とすことがありません。

SNS懸賞を行う場合、応募にアカウントの開設が必要になります。

懸賞に個人情報を送っても安全?

ハガキ・ネット・SNS、どの懸賞に応募するにしても、応募には個人情報を記入する必要があります。

賞品が当選したら自宅へ送付されるので、住所などを記入するのは当然必要になります。

ですが、情報の漏洩やしつこい営業があるのでは?と個人情報を送るのには少し不安が出てきます。

実際、ネット懸賞に応募すると、メールアドレスに大量の宣伝メールが届くようになったという声は多くあります。

また、自宅に宣伝の郵送物が届くようになるケースもあります。

全ての懸賞に言えるわけではありませんが、懸賞自体が宣伝の意味を持っています。

懸賞を行う側は、懸賞によって自社製品のアピールをするのを目的にしています。

新商品のサンプルが賞品になっている懸賞などが良い例です。

懸賞に応募する場合、宣伝のメールやハガキが来るようになるというのはやむを得ないと考えておく必要があります。

悪質なメールや詐欺、しつこすぎる勧誘などは、まともな懸賞に応募していれば基本はありません。

しかし、中には個人情報の収集が目的の悪質な懸賞も存在するので、聞いたこともないような企業がおこなう懸賞には注意が必要です。

安全に懸賞を行うには、信頼出来る情報誌や懸賞サイトに載っている、信頼できる企業の懸賞に応募するようにしましょう。

懸賞は本当に儲かる?

肝心の懸賞が儲かるか?ですが、これはYESです。

理由はシンプルで、ネット懸賞やSNS懸賞ではそもそも金銭的なコストが発生しないため、賞品がどんなものであっても、1度でも当選すればその分が得になります。

賞金100万円や自動車の懸賞に応募して、それが簡単に当たるとは言えません。

ですが、世に懸賞は多く、飲料メーカーの新商品のサンプル、話題の新作ゲーム機、クオカードなどさまざまな懸賞が募集されています。

コカ・コーラが募集している懸賞では、「30万名様にジョージアディーブラックをプレゼント」というものもあります。

30万名に当たるなら、当選は難しくなさそうです。たかがコーヒー1本でも、当たれば130円分の得にです。

自動車などが簡単に当たらないのは事実ですが、応募すれば当たる可能性は0ではありません。

元手なしで儲けられる、運によっては高額賞品をえることができる、これが懸賞の魅力です。

ネット懸賞で稼ぐコツ1:当選したらネットオークションで売る

懸賞が儲かるといっても、現金が当たる懸賞というのはそう多くなく、多くの懸賞は現物が賞品になっています。

お金以外の懸賞では当たってもうれしくないし、自分が使わないものが当たっても仕方ない、そう思うかもしれません。

確かに、女性が懸賞で男性用のシャンプーに当選しても少し困ってしまいます。

ですが、これを捨てたりタダで人にあげるのはもったいないです。

今はヤフオク・メルカリなどのネットオークション、フリーマーケットが盛んな時代です。

自分に不要な物であっても、需要があるものならネットで転売が可能です。

化粧品・電化製品などはネットオークションに出せば高値での落札に期待が持てます。

特に、懸賞の賞品になる製品は企業の最新製品である場合が多く、新しい物好きの人には需要があります。

アピール目的での懸賞ではニンテンドースイッチなどの話題の商品が賞品になることもあり、転売すれば中々のお金になります。

おすすめのネットオークション・フリマはヤフオク・モバオク・メルカリ

懸賞の賞品を転売するさいにおすすめなのは

  • ヤフオク
  • モバオク
  • メルカリ

の3つです。

ヤフオク モバオク メルカリ
出品形式 オークション、フリマ オークション フリマ
手数料 販売価格の10%、月額462円のプレミアム会員になれば、8.64% 月額360円 販売価格の10%
メリット オークションでは高値での落札に期待が持てる 月額360円で利用可能 スマホ一つで簡単に出品できる
デメリット 個人間の取引なのでトラブルの可能性アリ 売れるジャンルが限定される 値引き交渉が多い

ヤフオクはユーザーが価格を競って落札するオークションと、出品者が価格を設定して出品できるフリマ形式を利用できます。

ヤフオクはオークションサイトのなかでは圧倒的なユーザー数を誇り、1,880万人以上の利用者がいます。

引用元:ニールセン デジタル株式会社:トータルデジタル 各ECサービス リーチ&利用者数 TOP3 2018年6月

ヤフオクのユーザーは30~40代の男性が多いと言われています。

経済的余裕のある年代のユーザーが多いので、家電など高額で売れそうな商品の転売ならヤフオクの利用が良いでしょう。

モバオクはオークションの専門サイトです。

モバオクの特徴は、出品が月額360円で何個でも出来るという点です。

懸賞で複数の賞品が当たってオークションに出品しいた場合、モバオクなら何個出品したとしても、支払う手数料を360円に抑えることができます。

モバオクはスマホユーザーが多く、ヤフオクに比べるとユーザー層が若いのが特徴です。

モバオクは同じオークションサイトのヤフオクに比べてユーザーの総数は少なく(10分の1程度)、売れ筋商品はファッション、CD・DVD、ゲームソフトなどに限られます。

しかし、手数料が360円で済むというのは他にない魅力なので、大量の出品を行いたい場合はモバオクを利用すると良いでしょう。

メルカリはスマホ中心のフリマアプリで、特に若い女性に絶大な人気を誇ります。

メルカリはフリマ形式での出品になるので、自分で売りたい値段を設定して出品することができます。

ユーザーに若い女性が多いことから、化粧品やファッション関連の賞品はメルカリでの出品が良いでしょう。

ただし、メルカリはユーザーからの値引き交渉が多く、値引き交渉が嫌ならヤフオクのフリマを利用した方が良いかもしれません。

ネットオークションの利用方法

ネットオークション・フリマの利用にはそれなりの手間も必要です。

  • 販売価格を決める
  • 賞品の写真を取る
  • 賞品の説明文を書く
  • 賞品が売れたら梱包して発送

適正な価格で出品しないと中々商品は売れませんし、ネットオークションやフリマでは商品の写真も重要になります。

商品の説明文を書く必要もあり、梱包・発送には段ボール代などのコストも発生します。

  • 本やCDを入れる封筒:A4サイズ100枚入りで約600円
  • 賞品に傷がつかないようにする緩衝材:家にあれば再利用可能、購入するとロールで235円程度
  • 比較的大きなものを入れる段ボール:家にあれば再利用可能、クロネコヤマトで買えばサイズによって119円から324円

発送には送料も必要になり、サイズによりますが185円~が必要になります。

賞品の転売に楽をしたい場合、買い取りサイトやリサイクルショップに持ち込むという手もありますが、これだとどうしても売値は下がってしまいます。

手間を避けるか、より稼ぐかの2択ですが、懸賞でお金を少しでも多く儲けたいのなら、ネットオークションを利用した方が良いでしょう。

懸賞で稼ぐコツ2:懸賞専用のメールアドレスを準備、SNSのアカウントを開設

ネット懸賞を行う場合、専用のメールアドレスがあった方が良いです。

ネット懸賞への応募にはメールアドレスが必須で、このメールアドレスには宣伝のメールがくるようになります。

懸賞自体が企業のPR活動の一環なので、メールの受信が増えるのは懸賞をする以上避けられません。

懸賞で当選するには多くの懸賞に応募するのが近道です。

そして、多くの懸賞に応募するようになると宣伝のメールも多く着信するようになり、メールのチェックが面倒になってしまいます。

普段使っているメールアドレスを懸賞に使用すると、私用メールや重要なメールと宣伝メールが混ざってしまい、見づらくなってしまいます。

また、懸賞によっては当選をメールで告知する場合があり、その当選メールに返信や必要事項を記入することで当選が確定、というパターンもあります。

せっかく懸賞に当選したのにメールを見落とし、結果的に賞品を逃すということがないように、メールはチェックしやすくしておく必要があるのです。

懸賞に使うメールアドレスは無料のフリーメールで十分です。

おすすめはGメールで、「Gメール、作成」で検索すれば簡単に作り方が見つかり、5分もあれば新規のメールアドレスの取得が可能です。

SNS懸賞には募集されるSNSのアカウントが必要になるので、SNS懸賞をしたいならTwitterやLINEのアカウントは事前に作っておく必要があります。

アカウント作成リンク

懸賞で稼ぐコツ3:当選のコツを知る

懸賞で当選するかどうかは確立で考えるとシンプルです。

  • 当選数が多いほど当たりやすい
  • 応募総数が少ないほど当たりやすい
当選数が1の懸賞の場合
  • 1,000人の応募があれば当選率は1,000分の1
  • 100人の応募があれば当選率は100分の1
当選数が100の懸賞の場合
  • 1,000人の応募があれば当選率は10分の1
  • 100人の応募があれば当選率は1分の1、全員が当選

当然のことですが、応募者が少なく当選数が多い懸賞ほど当たりやすくなります。

応募数が少ない懸賞は条件がつく懸賞

懸賞に当選するには、競争率の低い懸賞に応募するのが近道です。

では、実際にどのような懸賞なら競争率が低くなるかというと、条件の付く懸賞です。

クローズド懸賞というものが条件の付く懸賞で、応募条件に「当店で500円以上のお買い上げで」というような条件が入るものです。

JALが主催する懸賞に、期間中にJALグループの国内線に2回搭乗することで応募資格を得、2,000組4,000名様をユニバーサルスタジオジャパンに招待、というものがあります。

2,000組4,000名をユニバーサルスタジオジャパンに招待というのは魅力的ですが、国内線に2回搭乗という条件がつくと応募できる人は限られます。

国内線に2回搭乗というのは普段飛行機に乗らない人には厳しすぎますが、「当店で500円以上のお買い物で」という条件なら比較的簡単です。

懸賞の魅力は手軽さ・簡単さです。ここに何か条件が入ると、途端に面倒になって応募をやめる、という人は少なくありません。

競争率の下がるクローズド懸賞を狙うと、当選率を上げることができるのです。

当然ですが、上の懸賞で自分に不要なものを500円で買うのはあまりよろしくありません。

応募者全員当選であり、それに500円以上の価値があれば問題ないのですが、そうでないのならただの無駄遣いで終わってしまう可能性があります。

自分で無理なく条件を達成できるクローズド懸賞に応募していくこと、これが重要です。

懸賞は当選数が多いほど当たりやすい

当然ですが、懸賞は当選数が多ければ多いほど当たりやすくなります。

そうなると当選者数の多い懸賞に応募するのが良さそうですが、残念ながら当選者数が多い懸賞は商品がそこまで魅力的でない場合も多いです。

現金100万円や自動車をプレゼント、といった高額懸賞は当選数が1人というケースが多くなります。

引用元:毎月3名様に当たる!臨時ボーナス100万円キャンペーン・ワンだ・アサヒ飲料

残念ながら、賞品が100万円で当選数も多いという懸賞は現実的ではありません。

「現金100万円で当選者3人」という懸賞ばかり狙っていると、いくら応募しても当たらないという可能性が高くなってしまいます。

上記画像のWONDAの懸賞になると、懸賞サイトのチャンスイットからの応募だけで14,489の応募があります。

この数字だけみても4,829分の1の当選率です。実際は別サイトからの応募もあるので、当選率はさらに下がります。

だからといって、高額懸賞を避けるのも良くありません。高額賞品はそうそう当たるものではないと割り切りつつ、応募を繰り返していくことが大切です。

懸賞の中には応募すれば全員プレゼントというものもあります。

引用元:SUUMO・新築マンション・新築一戸建て・購入者アンケート

高額懸賞だけでなく全員当選や10,000名さまにプレゼントといった懸賞にも応募していくと、いくら応募しても当たらない、ということはなくなります。

抽選は受けないと確率は0です。確率が低くても、抽選を受けていれば当たる可能性はあります。

懸賞で1度でも自動車が当たれば、大きなリターンです。

懸賞では当選数が多く、それでいて化粧品のような魅力的な賞品もあります。自分に必要な物、ネットで転売できそうなものにはどんどん応募していくことも大切です。

懸賞で稼ぐコツ4:当選率アップする応募方法

懸賞に必ず当選するという特効薬はありませんが、少しでも当選率を上げていくことは可能です。

懸賞に応募する際、当選率がアップする応募方法を紹介します。

前提として、懸賞の抽選方法がどうなっているかを確認してみましょう。

抽選方法は懸賞によって異なるため一概には語れませんが、傾向としてコンピューターによる抽選が増えてきています。

ネット懸賞の場合はコンピューターによる抽選が一般的で、ハガキ懸賞の場合であっても、データをPCに打ち込んで番号をつけ、抽選はPCでおこなうというパターンが増えています。

しかし、すべてがコンピューターによる抽選というわけではなく、応募ハガキを箱に入れ無作為にその中から当選ハガキを取り出す、というアナログなパターンも存在します。

本当に抽選しているのか?当選者はいるのかなどの不正が気になりますが、基本的にまともな企業なら不正の心配はないでしょう。

懸賞には景品表示法という法律があり、まともな企業ならこの法に則って懸賞を行っています。

前提を理解したうえで、当選率アップのコツについて見ていきましょう。

当選率アップのコツ
  • 応募要項を守る
  • 必要事項をしっかり書く
  • コメントは記入する
  • メルマガには登録

応募要項を守る

懸賞に当選するには、多く懸賞に応募する方法が有効です。

100分の1で当たるスロットで1回抽選を受けるのと100回抽選を受けるのでは、後者の方が断然当選率は高くなります。

懸賞も同じで、抽選は多く受けた方が当然有利になります。

しかし、だからといって同じ懸賞に一人で何回も応募するのは良くありません。

というのも、ほとんどの懸賞は「お一人様一回限り」という条件が付いているからです。

基本的に応募要項を満たしていない応募は無効になります。

特に応募が容易でハガキ懸賞のようにお金もかからないネット懸賞は複数応募がしたくなるかもしれませんが、応募要項をまもらないと非当選になる、という点に注意が必要です。

こういう懸賞に複数の応募を行うと問答無用で落選となる可能性が高いため、応募要項は守って応募しましょう。

家族名義での応募まで禁止される懸賞は少ないため、家族の名を使うというのは当選率アップに使える方法です。

必要事項をしっかり書く

ハガキ懸賞、ネット懸賞にかかわらず、必要事項の記載がない応募は当選しません。

SNS懸賞の場合、Twitterのフォローが必須となっている懸賞の応募期間中にフォローを外してしまうと、懸賞に当選しても無効になります。

ネット懸賞の場合、必要事項を記入しないと先へ進めないシステムになっている場合が多いので記入漏れはおきづらいですが、ハガキの場合は要注意です。

住所、郵便番号の書き忘れは以外に多く、こういうハガキは問答無用で落選です。

また、応募の際の宛先が部署まで指定されている場合も注意が必要です。

同じ企業の別の部署にハガキを送っても、それが懸賞担当の部署まで届かない可能性があるからです。

また、記入事項に電話番号があると記入をためらうこともあるかと思います。

この点は懸賞の難点で、あまり個人情報は書きたくないというのが本音です。

しかし、応募要項に電話番号が必須の場合、記入しなければ当選は無いと思わなければなりません。

だからといって、簡単に個人情報を書き込んでしまうのも考え物です。

応募する懸賞は信頼できるのか、考えて応募する必要があります。

名前の通った企業なのか、会社の知名度に比べて景品が豪華すぎないかに注意して懸賞に応募しないと、詐欺にあって個人情報だけを盗み取られる可能性があります。

記入間違いにも注意が必要です。懸賞では「当選は賞品の発送をもって発表とさせていただきます」というケースが多いです。

住所を間違えて記入していると商品が届かず、結局当選しないのと同じという可能性が出てきます。

懸賞にたくさん応募すると面倒になってしまいがちですが、必要事項はしっかり記入されているか、記入に間違いがないかチェックしてから応募する必要があります。

コメント欄のある応募は必ず記入する

応募にコメント欄のある懸賞の場合、記入するようにしましょう。

基本的に、企業が懸賞を行う目的はPRです。

コメント欄に記入のない、自社に興味のない人に賞品を上げたいと思うかというと、疑問です。

抽選は機械が行うから関係ないのでは?と思うかもしれませんが、全ての懸賞が機械的に抽選されるわけではありません。

また、機械で抽選しても、最終的に人間のチェックが入る可能性は十分あります。

その時にコメントのない応募、不快なコメントのある応募の場合、当選取り消しという可能性が0ではない以上、コメントは可能な限り前向きなものにしておく方が良いでしょう。

実際にどのようなコメントが当選アップにつながるかですが、喜ばれるのは

  • 賞品があたったらどのように活用したいか
  • その商品の具体的なレビュー

などです。

例えば温泉旅行の懸賞の場合、何もコメントを書かないよりは

「当選したら幼いころから女で一つで私を育て、今年定年を迎えた母と一緒に感謝を込めて温泉に連れていきたい」

という具体的なコメントがあった方が印象は良くなります。

引用元:暖簾松山プレゼント応募フォーム

また、少しずるいような気もしますが、自身がブログをやっているのなら

「当選した賞品は使用してブログにアップします」

と書くと主催者側からすると宣伝になりそう、と思ってもらえそうです。

ブログで当選をアピールしてもらえれば、当選者がいるという証拠にもなります。

当選したいばかりに褒め言葉ばかりを書いたり、賞品をねだるようなコメントは嫌われる傾向にあります。

コメントを書いたから必ず当選するというものではありませんが、少しでも当選率を上げるために、コメントは前向きなものを記入するようにしましょう。

メルマガは登録

懸賞の応募にはメルマガの受信可否の選択がある場合が多いです。

メルマガに登録すると宣伝メールが届くようになるため、正直なところ拒否にしたいものです。

しかし、懸賞主催者の立場から見ると、メルマガを受け取ってくれるほうが良いに決まっています。

少しでも当選率を上げるには、メルマガは受け取った方がいいでしょう。

登録したメルマガはずっと残しておく必要はないので、懸賞の当選者が決まった後に不要なら削除してしまいましょう。

懸賞で稼ぐコツ5:懸賞の探し方

懸賞の見つけ方はいろいろあり、

  • スーパーなどの店舗
  • 雑誌
  • 企業のホームページ
  • 懸賞サイト

などでさがすことができます。

一番簡単な懸賞の探し方は、懸賞サイトを利用する方法です。

懸賞サイトならさまざな懸賞がまとめられているので、探す手間を大きく省くことができます。

また、懸賞サイトによってはそこでしか扱っていないオリジナルの懸賞があったり、欲しい賞品にあわせての懸賞を検索できたりもします。

懸賞で稼ぐには多くの懸賞に応募するのがコツなので、複数の懸賞サイトを常にチェックしておくと良いでしょう。

おすすめの懸賞サイトを3つ紹介します。

おすすめの懸賞サイト1:チャンスイット

チャンスイットは懸賞メインのお小遣い稼ぎサイトです。

600件を超える懸賞情報が掲載されていて、懸賞情報の更新も早いです。

豪華賞品・全員プレゼントなどの懸賞条件からの検索がしやすく、車・現金など欲しい商品からの検索もできます。

懸賞情報が豊富で探しやすいのがチャンスイットの特徴になります。

チャンスイットは創業が1997年と古く、信頼性のあるサイトで利用する上での安心感もあります。

おすすめの懸賞サイト2:フルーツメール

フルーツメールは懸賞のできるポイントサイトです。

会員登録で車が当たる豪華懸賞がフルーツメールの特徴です。

フルーツメールでは、ゲームなどで貯めたポイントを使って懸賞に応募することが可能です。

貯めたポイントによって応募数を増やせるので、当選率アップを狙えるのがポイント懸賞の魅力です。

フルーツメールは20年以上運営されるサイトで、個人情報を預けるさいの安心感もあります。

おすすめの懸賞サイト3:懸賞生活

懸賞生活は懸賞情報がまとめられたサイトです。

懸賞に完全に特化されており、締め切り日、条件、当選者数などの条件から懸賞を探すことができます。

懸賞情報は毎日更新されるので、新しい懸賞をすぐに発見することができます。

懸賞生活ではサイトに登録しなくても懸賞情報が確認できるため、気軽に利用できます。

懸賞で稼ぐコツ6:ツールを活用して応募を楽に

懸賞では大量応募が稼ぐことにつながります。

ハガキを何枚も書くとなると大変ですが、ネット懸賞なら入力にツールを活用することで効率化が可能です。

  • 懸賞当確などの専用ツールを利用
  • テキストファイルを利用

ネット上には懸賞の無料ツールがあります。ツールの一つ、懸賞当確を使えばメールアドレス、名前や住所などを自動で入力することができます。

専用ツールでなくても、PCにインストールされているテキストファイルに氏名・住所などの必要事項を記入しておけば、コピーアンドペーストで入力できるため、手入力の必要がなくなります。

応募は面倒ですが、ツールを使えば効率的に大量応募していくことが可能になります。

懸賞で稼ぐコツ7:あえて面倒な懸賞に応募する

懸賞には応募に

  • 俳句
  • 看護エピソード
  • 標語
  • お菓子の写真

などが必要になるコンテスト系のものがあります。

正直なところ、俳句をいちいち考えたりなどは面倒です。特に懸賞は簡単だからやっている人が多いため、コンテスト系はやりたがらない人も多いです。

しかし、応募が面倒なおかげでコンテスト系はライバルが少なく狙い目の懸賞になります。

また、お菓子の写真などは自分で工夫ができるため、応募したらただ当選を待つだけの懸賞と違って自分で当選アップのための工夫ができます。

子供向けのお菓子なら子供が喜びそうなお菓子を作って子供と一緒の写真を撮る。

バレンタイン向けならハートマークのチョコを作る、というように自分次第で当選に向けた努力ができます。

コンテスト系は手間がかかる分応募数が少なく、当選率アップを自分の力で狙えるのが魅力です。

コンテスト懸賞リンク

引用元:伊藤園おーいお茶新俳句大賞

引用元:Instagramフォトコンテスト・株式会社あわしま堂・和菓子・洋菓子

引用元:第7回 銀のスプーンおいしい幸せフォトコンテスト・ユニ・チャーム

懸賞で稼ぐコツ・まとめ

懸賞で効率よく稼ぐには、賞品の質を狙って応募を繰り返していくことが重要です。

当選数が多く、当選が見込める懸賞であっても、賞品が自分に必要ないもの、ネットオークションでも売れないものでは意味がありません。

むしろ、応募に手間がかかる分、賞品を管理する手間がある分損といっていいかもしれません。

応募する懸賞は賞品が換金できるものか?自分で使用できるものかを考えてから応募すると、効率的な稼ぎにつながります。

個人情報の漏洩の観点からも、応募する懸賞は吟味する必要があります。

詐欺懸賞にあわないために、セキュリティ面から情報漏洩がないようにするためにも、応募は可能な限り名の知れた企業へ限った方が良いでしょう。

自分が知らない企業の懸賞の場合、インターネットで検索すれば企業情報の取得は可能です。

PRのために新しい企業が派手な検証を打つ可能性もあるため、気になる場合はインターネットでチェックすると良いでしょう。

懸賞で稼ぐにはとにかく応募数を増やす

ただ当選するというだけなら、この応募するということが何より重要です。

当然ですが、懸賞に応募しなければ当選はありません。

先ほどの話と少し矛盾しますが、質を狙いすぎて高額賞品ばかりに応募していると、何十回も応募したのにまったく当選しないという可能性が十分あります。

こうなるとモチベーションは下がり、途中で嫌になって懸賞は儲からない、ヤメということになりかねません。

モチベーション維持も考えると、当選の多い懸賞に応募し、当たるという体験をすることも大切です。

懸賞で稼ぐには、継続的に淡々と応募を繰り返すことが必要になります。

空き時間に継続的に応募を繰り返していく、これが懸賞で稼ぐ一番のコツです。

懸賞当選には早めに応募するのも有効

懸賞には複数の締め切りが設けられているものがあります。

締め切りが複数ある懸賞の場合、早めに応募するほうが当選には有利になります。

締め切りが複数あると、後で応募しようと思った人が締め切り間際に応募するようになるため応募が集中します。

早めの締め切りではその分ライバルが減るため、応募を早めにおこなうのが当選率アップにつながります。

懸賞は楽しみながら続けていくのが最大のコツ

懸賞は外にでて働かなくても儲けられる可能性のある副業です。

スマホ一つでいつでもどこでも応募が可能なので、空き時間を利用しての懸賞もおすすめです。

懸賞の中には高額な賞金や自動車があたるものもあり、高額当選を夢見て応募するのも楽しいものです。

とはいっても、賞金がもらえる懸賞はそう多くなく、賞品が魅力的な検証には応募が殺到することから競争率も高いです。

懸賞の当選に確実性はないので、あまり期待しすぎていると長続きしません。

懸賞は現金や高額賞品が当たるのはマレと割り切り、現物をタダでもらって楽しむもの。

これぐらいの気楽なスタンスで長く続けていくのが、懸賞のコツです。

応募を続けていれば、いつか自動車が当選した!という日がくるかもしれません。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事