人気記事!!
副業|「校正」と「校閲」の違いとは?校正の仕事内容や稼げる額・必要なスキル・向いている人や向いていない人を紹介
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

主婦(夫)さんだったり、家庭の事情で家を長時間空けるのは難しいという方もいらっしゃいますよね。

そういった時は自宅で仕事ができれば効率良く働くことができるので嬉しいですよね。

でも、自宅でできる副業ってどんなものがあるか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では在宅ワークとして始めやすい「校正」のお仕事をテーマに、お仕事内容や必要なスキル、向いている人をご紹介します。

自宅でできる人気の副業ランキングも合わせてご紹介しますので、気になるものがあれば是非チェックしてみてくださいね。

目次

スポンサーリンク

文章の「文字校正」のお仕事とは?

在宅で出来る副業としてはライティングなどの記事作成業務が有名ですが、文章を書くのは苦手という方もいらっしゃると思います。

そういった方には「文章の校正」も同じく在宅でできる副業の1つとして人気です。

最近は雑誌やウェブサイトなどの文字校正の仕事はほとんどパソコンを通して作成されています。

そのため、在宅で校正のお仕事をしたいと思った時、パソコンさえあればどこからでも作業可能です。

文字校正のお仕事は、その名の通り文字を校正します。

客観的に文章を読み、間違いや疑問を提示することが校正のお仕事です。

校正とは

校正(こうせい、英語: proofreading)は、印刷物等の字句や内容、体裁、色彩の誤りや不具合を、あらかじめ修正すること。校合(きょうごう)ともいう。(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/校正)

「校正」と「校閲」の違いって?

みなさんは「校正」と「校閲」の違いについてご存知ですか?

2016年秋ドラマとして放送されていた石原さとみさん主演の「校閲ガール」を見ていた方は校閲についてのお仕事はイメージしやすいかと思います。

しかし、具体的に「校正」と「校閲」の違いを聞かれると、どう違うの?と疑問に思う人もいらっしゃいますよね。

実は、「校正」と「校閲」の業務は混合しです。

簡潔にご説明すると、

「校正」と「校閲」の違い

  • 「校正」… 執筆上のミスを見つけ、誤りを正す
  • 「校閲」… 原稿に書かれている文章を読み、意味や内容の誤りを正す

と言うとイメージしやすいのではないでしょうか。

文面上の誤りを見つけるか、文章を読みこんで内容の誤りを修正するか。

校正と校閲にはこのような違いがあります。

覚えておきたい!文字を校正する際に利用する「校正記号」とは?

文字を校正する際には赤ペンでペン入れを行うのが一般的です。

例えば「改行」や「改行をやめる」、「文字の削除」などが多数存在した場合、1つ1つに「○○を△△に変更する」などと訂正していては紙やデータが赤ペンだらけになってしまいますよね。

そこで、校正をする人が活用しているのが「校正記号」です。

まずは基本的な校正を知っていれば、作業を始める際にスムーズに始めることができますので、簡単な構成記号についてご紹介していきたいと思います。

1.文章を訂正する場合の校正記号

文章の文字を校正する場合の記号は上記のようになります。

訂正する文字に斜線を引き、線を引っ張って新しい文字を記載しておきます。

それ以外の記載は必要がなく、シンプルに訂正を行うことができます。

2.文字を促音(そくおん)や拗音(ようおん)に校正する場合

文字を促音(そくおん)や拗音(ようおん)に校正する場合は、「>」や「<」を使用します。

小さくする 大きくするが一目で分かりますので、こちらももシンプルな記号です。

文字の上に「チイサク」、「オオキク」と書くのが一般的です。

3.文章の一部の文字を削除し、スペースを空けるor詰める場合

上の画像を例にすると、「高い収入」という文章を高収入という単語に変えたい場合は「斜線」+「トルツメ」を記載します。

また、「信頼と信用」という文章を「信頼 信用」としたい場合は「斜線」+トルアキと記載します。

この方法を知ってしまうと簡単ですが、仕組みを知らずにいきなり校正を始めてしまうと、少し時間がかかってしまうこともありますので、校正記号を覚えましょう。

校正のお仕事が向いている人とは?

校閲のお仕事が向いている人は次のような人が挙げられます。

校閲の仕事に向いている人

  • 几帳面な人
  • 細かいことに良く気付く人
  • しつこく物事を追える人
  • メールなどで誤字脱字をしない人
  • 集中力のある人
  • 疑い深い人

几帳面な人

校正のお仕事は文章を読む仕事というよりは、一字一句の文字を確認し、間違った表記を直すお仕事です。

つまり、「文章や本を読むことが好きだから校正のお仕事に挑戦したい」という人には難しいお仕事になるかもしれません。

ただ文章を読むだけではなく、誤字脱字などの間違いはないか不適切な表現はないかなど丁寧にチェックしていく力が必要です。

そのため、几帳面な人は、校閲のお仕事に向いていると言えるでしょう。

細かいことに良く気付く人

校正において、「細かいことに良く」という性格はとても重要です。

他の人が見逃してしまうような細かいミスをしっかりとチェックできれば、重宝されるでしょう。

細かいことに良く気付く人は、書体や行間などのミスにも敏感に対応できるケースが多いです。

記号などは1度覚えてしまえばOKです。

しつこく物事を追える人

校正をしていると同じ読み方でも複数の漢字を持つ単語にも出会います。

例えば、「つとめる」なら、”努める”、”務める”、”勤める”など多くの漢字がありますし、「おさめる」にも“収める”、“納める”、“治める”など複数の漢字を持っています。

この文章ならその漢字が適しているかなど、分からない場合にも辞書やネットなどで調べられるような「しつこく物事を追う力」はとても大切です。

集中力のある人

校正のお仕事は多いものだと100万文字を超える文章を校正することもあります。

集中力が無ければ後半になればなるほどミスが多くなりますし、精神的にもキツくなってきます。

集中して物事に取り組める人は校正の仕事に向いていると言えるでしょう。

疑い深い人

校正の仕事は「大雑把な人」や「疑わない人」は向いていません。

常に「どこか間違えているのではないか」というような疑う気持ちをお持って業務に取り組める方が校正の見落としをしにくい傾向にあります。

逆に「きっと大丈夫だろう」と思ってしまう方や、「疑い」を持ちながら、文章と向き合いましょう。

校正をする上で持っていると役に立つ資格とは?

校正の仕事を始めようと思っても、「何から始めていいか分からない」や「自分にできるか不安」という方もいらっしゃいますよね。

そういった場合には資格をとって自信に繋げるのも良いでしょう。

校正の業務を行うにあたって、持っていると便利な資格についてご紹介していきます。

校正技能検定

校正技能検定とは、名前の通り校正の仕事をする人のための資格で、文章を想定通りに校正できるスキルを証明できます。

初級・中級・上級の2種類があり、初級は各種教育機関で指定単位科目を修得することで認定されます。

どの会社で働くにしても、まずは自分のスキルなどをアピールしなければなりませんよね。

しかし、出版業界ではな働くには、なかなか自身のスキルを伝えることが難しいもの。

雑誌の編集などを希望される場合は過去に編集した雑誌などの作品を見せることができますが、裏方の校正となると、さらに伝えることが難しくなります。

そこで、校正技能検定を保有しているとある程度の校正スキルがあることが一目でアピールでき、強い味方となってくれるでしょう。

校正技術検定は校正のお仕事をする上で欠かせない知識が詰まっていますので、取得して損はありません。

さらには、資格取得のために勉強をすると、いざ業務に取る掛かる際に楽ということもあります。

「校正技能検定」の試験を受けるための受験資格は?

「校正技能検定」の試験を受けるためには、どういった受験資格が必要なのでしょうか。

初級・中級・上級の階級によって受験資格は異なりますが、次のようになります。

初級

なし
日本エディタースクールの校正コースを修了することで認定を受けられる。

中級

  • 日本エディタースクールの指定コースを修了していること。
  • 校正に関して各種機関で一定の実技訓練を受けた、もしくは実務経験がある。
  • 上記に準ずると校正技能検定委員会が認めた場合。

上級

上級を受けるためには、中級試験に合格することが必須。

校正技能検定を受けるためには、いきなり上級・中級を受けることはできず、中級を受けたい場合は初級から、上級を受けたい場合は中級に合格する必要があります。

2016年(145回)に実施された試験の結果は次のとおりです。

中級 上級
受験者数 161名 43名
合学者数 61名 16名
合格率 37.9% 37.2%

中級・上級ともにぐ合格率は37%前後。

先ほどの漢字検定1級と比べると難易度は優しめですが、合格率は37%前後のみの定ですので、比較的難易度は高いと言えるでしょう。

最後まで油断せずに試験に挑みましょう。

実施日:年1~2回
難易度:★★★★☆(上級)
検定料(税込):8,640円(中級)、9,720円(上級)

初級は日本エディタースクールのコースの受講が必要。
目安として8ヶ月で学費は50,280円(税込)。
校正記号の使い方や校正の順序と方法などの学び、コースを修了すると校正技能検定〈初級〉が認定されます。

日本語検定

日本語検定はあまり聞きなじみのない言葉かもしれません。

日本語検定とは、ビジネススキルの向上や就職活動で役立つ検定です。

名前の通り日本語を正しく使えるようになるため知識が必要とされています。

出題されるのは、語彙力や文法、敬語など様々です。

文章をただ書くだけではなく、裏付けられた実践的なライティングスキルが身に付きます。

日本語検定のレベルは、7級で小学生程度、3級-高校卒業レベル~社会人基礎レベル、1級は実践的な社会人レベルの日本語力がなければ合格できません。

公式サイトによると、一般的には3級が平均レベルとなるようで、細かい日本語のルールや知識をしっかりと勉強することで、文章に違いが出てくると言われています。

過去4年の日本語検定の試験の結果は次のとおりです。

実施年 受験者数 合格者数 合格率
2018年 1,225 93 7.60%
2017年 1,409 202 14.30%
2016年 1,576 154 9.80%
2015年 1,924 34 1.70%

合格率は年によりバラつきがありますが、平均すると合格率は8%程度になります。

自分がどの程度のスキルがあるのかを知るために検定を受けて見るのも良いかもしれません。

実施日:年2回
難易度:★★★☆☆(1級)
受験費用:1級 6,300円、2級 5,300円

日本漢字能力検定

漢字検定は誰しも一度は聞いたことのある資格ではないでしょうか。

正式名称は日本漢字能力検定で、公益財団法人 日本漢字能力検定協会が運営しています。

漢字検定は個人から団体まで多くの受験者がいます。

受検級は、10級~1級までの12段階に分かれていますが、自分がどの級を受ければよいか、目安をご紹介します。

生活総合情報サイトALL ABOUTによると、漢字検定のレベルは、3級が中学校卒業程度(1,607字:200点満点)、2級が高校卒業・大学・一般程度(2,136字:200点満点)、1級が大学・一般程度(約6,000字:200点満点)です。

合格率は次のようになります。

■日本漢字能力検定の合格率

  志願者数 受検者数 合格者数 合格率
1級 1,373人 1,217人 145人 11.90%
準1級 5,928人 5,136人 326人 6.30%
2級 62,132人 59,192人 12,706人 21.50%
準2級 103,342人 101,116人 32,129人 31.80%
3級 156,394人 153,862人 70,380人 45.70%
4級 78,805人 77,417人 38,528人 49.80%
5級 67,799人 65,950人 47,195人 71.60%

中学校卒業程度のレベルである3.4級であれば、およそ半数の人が合格しています。

受験者の中には小学生や中学生などの学生も混ざっていますので、大人の合格率はもう少し高くなるかもしれません。

準1級や1級になると合格率がガクッと下がり、約10%の合格率となります。

有名人で言えば、クイズ番組などによく出演している「宮崎美子」さんが漢字検定1級を保有しています。

実施日:年2回
難易度:★★★★★(1級)
受験費用:6,000円(1級)

校正のお仕事を未経験からスタートするにはどのくらいの時間が必要?

未経験からお仕事を始めるとなると、「稼げるようになるまでに時間がかかる」や「結局勉強しても仕事がもらえなかったらどうしよう」など、さまざまな不安があるはずです。

校正のお仕事は、仕事ができるようになるまでどの程度の勉強時間が必要なのでしょうか。

結論から言うと、校正のお仕事はすぐに始めることができます。

もちろん、いきなりのスタートだと業務を進めているうちに校正記号や校正方法でつまづくこともあるかもしれません。

しかし、「校正」は慣れが必要なお仕事なので、業務を勧めながら慣れていることができます。

やり進めていくうちに、「楽しい」と思うことや、「こうしたらやりやすいのではないか」という新しい発見や気付きがあると、やる気もアップします。

勉強で知識を進めてから業務に取り掛かることももちろんOKですが、校正は独学でスタートすることができるお仕事です。

しかし、しっかりと座学で勉強してから校正のお仕事を始めたいという方は、文法や漢字、日本語の使い方について勉強すると良いでしょう。

先ほどご紹介した日本エディタースクールの「校正コース」を修了することで校正についての知識を得ることができるので、オススメです。

こちらのコースの目安受講期間は8ヶ月になっていますので、コースを受ける方は8ヶ月の勉強時間が必要です。

校正はどのくらいお金を稼ぐことができる?

副業として校正のお仕事はどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。

業務委託契約なので、初心者でも始めやすい「クラウドワークス」で稼げる金額を調査してみました。

クラウドワークスでは、「校正」で検索するとこれまで16,407件の募集が掲載されていました。

募集終了したのものを除き、現在もなお募集されているのは95件。

固定報酬で「保険記事の文章校正、エビデンスチェック」が4万円の案件や、4000文字の校正で8000円の報酬が売れとれる依頼がありました。

例えば、月にこの2つの業務を行うだけでも4万8千円稼ぐことができます。

倍の仕事量をすると、10万円近くも稼ぐことも可能です。

校正の副業でどのくらい稼ぐことができるかはその人が副業に掛けられる時間によって異なりますが、クラウドワークスの募集求人と照らし合わせると5万円前後は稼ぐことができるでしょう。

文字校正のお仕事が探せるサイト

校正の仕事は、求人サイトに募集されているケースが多いです。

校正のお仕事を探す場合には2パターンの仕事の探し方があります。

1つ目はIndeedタウンワークなどの求人に応募するケースです。

このパターンは、求人を掲載している会社や掲載を依頼されている会社の社員になって働くケースが多いです。

その中でも「在宅ワーク」として募集している企業もありますので、募集要項をチェックしてみる必要があります。

そして、2つ目はフリーランスとして働く方法です。

例えば、クラウドソーシングサイトで募集している「校正」の仕事を見つけ、応募すれば業務委託として自分のペースで働くことも可能です。

校正の仕事が見つかるサイトをご紹介します。

マイナビバイト

引用元:マイナビバイト

現在、マイナビバイト、吉沢亮さんや池田美優さん出演の新CMで話題ですが、掲載されている求人もとても魅力的なものばかり。

というのも、マイナビバイトでは副業を探している人にピッタリの「副業特集」を行っています。

副業として働くことができる企業の求人のみに絞って検索することができるので、ヒットする求人に多く出会えるでしょう。

また、在宅ワークから副業バイトを探すという項目もありますので、在宅ワークとして副業を探している人にはうってつけの求人サイトです。

時給・日給・月給制を好きな働き方から選ぶことができるので、ワークライフバランスに合わせて働くことが可能。

自宅勤務の在宅ワークなら、勤務地に縛られずに働くことができるので、働き口が増えますよね。

求人ボックス

引用元:求人ボックス

校正のお仕事を探すなら、求人ボックスもおすすめです。

求人ボックスで「校正 在宅」と検索した場合、203 件の求人情報がヒットします。(※2019/11/22時点)

地域で絞って検索する必要がありませんので、圧倒的な求人件数を誇ります。

その時に良いお仕事が見つからなくても、その条件で保存しておくことや、新着があればメールでお知らせしてくれる機能も充実しています。

クラウドワークス

引用元:(https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZH6XP+4DRW36+2OM2+TRVYQ/)

先ほどご紹介したマイナビバイトIndeedタウンワークなどの求人サイトでは、「面接があるので本業との調整がなかなかできない」という方もいらっしゃいますよね。

そういった方は面接なしでお仕事に進める“クラウドソーシングサイト”がおすすめです。

クラウドワークスは、“仕事を探している人”と“仕事を依頼したい人”をマッチングさせるクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトでの応募から仕事終了までの流れや注意点は?

クラウドソーシングサイトを利用する人にとって、「応募してからなかなか仕事が決まらない」「報酬が支払われない」ということは避けたいですよね。

クラウドワークスは、報酬の支払い制度は基本的に「先払い」となっています。

先払いといっても、先に報酬が貰えるわけではなく、クライアントが支払った報酬をクラウドワークスが作業が終了するまで一時預かりをします。

そのため、フリーランスの不安の1つである報酬の未払いはほとんど発生しません。

また、クラウドワークスでは、請求書払いなどの「後払い」にも対応していますが、「後払い制度」は与信審査を通過した一部のクライアントのみしか使用できないので安心です。

応募からお仕事終了までの流れは次のようになります。

応募からお仕事終了までの流れ

  • STEP1:募集されている求人の内容を見て、取り組みたいと思った仕事に応募する。
  • STEP2:クライアントが応募者の中から合格者を選別し、仕事を依頼する。
  • STEP3:クライアントがクラウドソーシングサイトに代金を支払い、業務を開始する。
  • STEP4:業務が終了したら成果物をクライアントに納品し、検収が終了すればクラウドソーシングサイト経由で報酬が支払われる。

STEP1で注意したいことは、自己PRをしっかりと書くことです。

クラウドソーシングサイトでは、面接なしで仕事に進める分、クライアントはあなたのこと知る術はあなたのプロフィールや応募の際の自己PRです。

同じ報酬で働いてもらうのであれば、しっかりと記載された事故PRや充実したプロフィールの人の方が信頼できますよね。

応募の際の文章は一度作成すれば保存することができますので、クラウドワークスの利用を検討している方は是非作成してみてくださいね。

クラウドワークスの利用手数料は?

クラウドワークスは副業の仕事を手軽に探せるサイトとして人気が高いですが、完全無料で使用できる訳ではありません。

お仕事を探したり、報酬が決定するまでの利用は「無料」ですが、報酬の受け取りの際に“紹介手数料”という形で料金が発生します。

■クラウドワークスの手数料

20万円超の部分 10万円超20万円以下の部分 10万円以下の部分 タスク形式での場合
報酬額の5%(税別) 報酬額の10%(税別) 報酬額の20%(税別) 報酬額の20%(税別)

掛かる手数料は金額によって異なりますが、募集されているお仕事はほとんどは10万円以下ですので、20%の手数料が発生します。

10,000円の報酬が確定した場合には、手数料として2,000円が差し引かれます。

この手数料がクラウドソーシングサイトのデメリットと言えるでしょう。

【裏ワザ】始めたばかりの時はなかなか仕事が決まらない!?

クラウドワークスは常に新しい仕事が募集されており、さまざまなお仕事に応募することができます。

しかし、クラウドワークスに登録したばかりの時に大きなお仕事を貰うのは難しいケースもあります。

その理由はクラウドワークスでは、お仕事が終了した際に仕事に対する評価が登録され、作業行った仕事件数と共に表示されます。

上記は知人のクラウドワークスのマイページ画面ですが、52件のお仕事をこなし、★5の評価を得ていることになっています。

これは“ワーカーの信頼度”を表しており、始めたばかりの時はお仕事件数が0なので、信頼度を示すことはできません。

クライアントにとって案件を途中で放棄されては困りますので、登録したばかりの頃は“大きなお仕事を貰うのは難しい”と言われています。

そのためコツとしては、最初から高単価な仕事を狙わず、アンケートの回答などの簡単なお仕事を複数こなしてから本格的にお仕事探しを始めると良いでしょう。

このシステムを知らず「応募したけど、仕事が決まらなかった。」と失敗してしまう人も多いようなので注意が必要です。

ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズは先ほどご紹介したクラウドワークスに似たクラウドソーシングサイトです。

ランサーズはフリーランス・副業で働きたい方向けの依頼を多く掲載しています。

ランサーズの利用手数料は?

ランサーズの利用手数料はどのくらいなのでしょうか。

ランサーズのシステム手数料も【5%-20%】となります。

20万円超の部分 10万円超20万円以下の部分 10万円以下の部分
報酬額の5% 報酬額の10% 報酬額の20%

20万円を超える金額部分については5%のシステム手数料、10万円超〜20万円以下は10%のシステム手数料。10万円以下の金額部分については20%のシステム手数料となります。

ランサーズはクレジットカード、PayPal、銀行振り込みに対応していますので、クラウドワークスより給与受け取りの幅が広いです。

中には、付き合いが長くなれば直接依頼に移行するケースもありますが、システム手数料を支払いたくないという方はクラウドソーシングサイトはおすすめできません。

【まとめ】副業で校正の仕事をするにはどうすればいいのか

校正のお仕事を副業で始めるには、未経験からチャレンジするか知識を得てからスタートするかの2つに分かれます。

未経験からスタートする場合は、クラウドワークスやランサーズなどの業務委託契約ができるサイトでお仕事を探しましょう。

マイナビなどの求人サイトからだと法人規模での募集が多いので、なかなかお仕事にめぐり合えないかもしれません。

そしてお仕事を経験する中で、資格を取得してキャリアアップを目指すのも良いでしょう。

知識を受けててからスタートする場合は、まずは参考書の購入や講座の申し込みが必要となります。

始めるまでに時間もコストもかかりますが、業務をスタートするとスムーズにお仕事を進めることができます。

また、他人から知識を教えてもらえることで、独学では得られないスキルを獲得できる可能性もあります。

校正のお仕事にあたっては、実務経験で知識を得ることができるため、未経験からのスタートする人は多い傾向にあります。

勉強からスタートする場合は、一度校正のお仕事の求人を見て、どのようなスキルを求められているのかをチェックしましょう。

そうすることで、あなたの得意分野と照らし合わせて、どのような勉強をすればよいのかまとまりやすいかもしれません。

 

いかがでしたか?

校正のお仕事は難しく聞こえるかもしれませんが、未経験からでもスタートできるお仕事です。

興味のある方はこの機会にチャレンジしてみては?

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事