でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

【クレイジージャーニー】垂直の岩壁を攻める超絶無謀クライマー平出和也!

更新日:

本日のクレイジージャーニーについてまとめてみました。

出演者:松本人志(ダウンタウン)、設楽統(バナナマン)、小池栄子

垂直の岩壁を攻める超絶無謀なクライマー!

歴代屈指の暗いジー男が拘るのは、山頂までのスピード、そしてダイレクトに未踏のルートに挑む事です。

標高7000mで恐怖のテント泊、その全貌を大公開します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




クライマー 平出和也

平出和也(ひらいで・かずや)

生年月日:1979年5月25日

出身校:東海大学

職業:山岳ガイド、山岳カメラマン

もともとは陸上部で、競歩をやっていたそうですね。日本選手権も10位だったり成績も凄かったようです。

番組内では『人が行った事がないような所をいきたい。それがぼくの挑戦の仕方。』

と語っていました。

平出和也について詳しく

アルパインクライミング

登山の一種ですが、より標高な場所を、荷物も最小限で登る事を言うそうです。

平出は、自分の道を作りたい、という気持ちからアルパインクライマーになったそうです。

アルパインクライミングとは、そもそも岩壁を登るそうです。

アルパインクライミングについて詳しく

①ルート選び:誰も登った事がない未踏ルート、なおかつ山頂にダイレクトに登れるルート。

簡単に言うと、ほぼ垂直に山を登るという事です。

垂直に登るなんて考えられないです汗

ほとんど断崖絶壁です。

みなさんが想像してる登山とは全く違います汗

そして、大変なのが未踏ルートを探し出すのも大変だそうです。

平出は、地図を見てから誰が登ってるかを地図に書き、誰も登った事ないルートを作るそうです。

それが登山の醍醐味だそうです汗

クレイジーの人の考える事はまた違いますね汗

②クライミング方法:2人1組でスタカットというスタイル

具体的には、一人が登ってる時は、一人が支える、そして、また登り一人が支えると交互に行う事です。

上記の写真の登り方ですね。

一応、一人が落ちたとしてももう一人が支えになるそうですが、実際はあまり関係ないそうです汗

何をしても危険と平出は言っていました。

登り方はアイススクリューという物を壁につけていきます。

アイスクリューというものを雪の中に埋め込み登っていくそうです。

いずれにせよ、安全な方法は無い様子でした汗

そして、大変なのが、1日12時間をひたすら登り続けてるそうです汗

登ってる時は、酸素も薄く、そして疲れから極度の睡魔が来るそうです。

③高所で野宿:ビバークという方法で野宿

これは落ち着かないですね~汗

上記のような形がビバークという方法で、ほとんど壁にぶら下がってるそうです。

ただ、まだこれは良い方との事でした。ひどい時はミノ虫のような形で、足をぶらぶらした状態で休むそうです。

これで本当に寝れるの!?とスタジオで声が上がってましたが…

平出は熟睡できるそうです汗

また、テントの中でもマイナス10℃だそうです汗

また、登山に必要な荷物は10キロ程なので、食事も一人前をパートナーと分け合ってるそうです。

何もかも本当に最小限なんですね汗

④自然の猛威:いつ起こるかわからない雪崩

標高が上がるごとに気温も下がり、酸素も薄くなる。

自然の猛威は雪崩だけではないそうです。

それはセラックです。簡単に言うと氷の塔。

セラミックは、気候などに関係なく、崩れたりするらしくとても危険だそうです。

これに巻き込まれたら死んでしまうそうです。

アルパインクライマーにとって、一番危険なのがセラミックです。

下山する理由の8割がセラミックがある場合だそうです。

その危険さが伺えます。

そしてついに…

頂上に到着

頂上にようやく到着しました。

ただ、すぐに下山する為に動き出さなければなりません。

そして、これまでに充実した映像…

これも平出が撮ったものだそうです。

平出は、山岳カメラマンとしても活動をされてるそうです。

自分にしかできない事にとことん拘る、それが平出さんだそうです。

パートナーとの絆

ロープがあるからこそ大胆な事ができるそうです。

ロープを通じて、ロープの伸びだったりでお互いの緊張感が伝わるそうです。

独特な食事・トイレ事情

食事は先ほど記載したように、1食を二人で分けるそうです。

そして、トイレは毎日あるそうです。

10秒もあれば、トイレの大も出るそうです汗 

でないと、お尻が凍傷になるそうです汗

本当になんでも大変ですね汗

仲間の別れ

これまで載せてきた、写真の中にパートーナーの方が写っていたそうですが、その方の名前は、谷口けいさん。

実は2年前に亡くなっていたそうです。

それも登山の途中で不慮の事故で亡くなったそうです。

本当に危険なんですね…

今日のクレイジージャーニーは登山ってすごいな、と思った反面とても考えさせられるものでした。

本日は以上です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.