人気記事!!
LINEポケットマネーで今すぐにお金を借りる方法!!在籍確認はあるの?気になる審査基準や審査時間を紹介
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

LINEポケットマネー」とは、2019年8月29日にリリースされた新しい融資サービスです。

利用している方も多いコミュニケーションツール「LINE」を通じてお金を借りることができるもの。

本記事では、LINEポケットマネーの審査基準お金を借りるまでのスピード・サービス内容などの情報について詳しくご紹介します。

LINEポケットマネーが気になっているという人は是非こちらの記事を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

LINEポケットマネーとは?どうやってお金を借りる?

LINEポケットマネー」とは、2019年8月29日にリリースされたキャッシングサービスです。

運営しているのはソーシャルメディア「LINE株式会社」のグループ企業である「LINE credit株式会社」と3大メガバンクである「株式会社みずほ銀行」、オリコカードの「株式会社オリエントコーポレーション」。

「大手金融会社であるプロミスやアコムでお金を借りるのはハードルが高い…。」という方もいらっしゃるでしょう。

日頃からLINEを利用している人は多いと思いますので、身近なサービスでお金が借りられるとなんだか安心ですよね。

また、LINEポケットマネーはLINE独自のAIによる新しい審査基準を元に決定します。

そのため、他の融資会社ではお金を借りることができなかった人でも、お金を借りることができるかもしれません。

LINEポケットマネーでは、どのような流れでお金を借りることができるのでしょうか。

お金を借りる流れは簡単で、次のようになっています。

LINEポケットマネーでお金を借りる流れ

  1. LINE Scoreを測定する
  2. LINE Scoreに応じて借り入れ可能金額が決定
  3. LINEポケットマネーの登録手続きをする
    ※ LINE Payの登録が必要
  4. 審査結果を確認し、契約を行う
  5. 返済方法を決める
  6. 融資額を決定する
    (※LINE Scoreについては次の章でご紹介します。)

LINEポケットマネーでお金を借りるには、まずはLINE Scoreの測定が必要です。 

LINEスコアに応じて借入可能額が決定し、審査手続きを行います。

手続きをすると審査結果がでますので、借入可能であれば契約をして返済方法を決定します。

返済方法を決定し、審査が通らなかった場合は、残念ながら借入はできません。

LINEポケットマネーで借入をした場合、消費者金融会社に足を運ばなくても、LINE Payの残高に借入金額がチャージされますので、自宅に居ながらも簡単にお金を借りることができます。

借入を行った後は、すぐにLINE Payの残高を確認してみてください。

LINEポケットマネーの申し込みの条件は?

LINEポケットマネーを利用するには下記の条件を満たしている必要があります。

LINEポケットマネー利用条件

  • LINEポケットマネー加入時の年齢が満20歳から満65歳までの安定かつ継続した収入の見込める方、その他当社が認める方
  • LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方
  • LINE Scoreが301点以上の方

LINEスコア公式ブログより引用:(http://linescore-blog.line.me/archives/20650386.html)

まず、この3つの基準に達していないとLINEポケットマネーで借入を行うことはできません。

LINEポケットマネー利用条件の1つ目の年齢は変えられませんし、安定した収入についてはすぐにどうこうできるものではありません。

しかし、「LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方」「LINE Scoreが301点以上の方」の制限に関してはすぐにクリアすることができますので、ご紹介します。

LINE Payの「LINE Cash」と「LINE Money」の違いは?

2つ目の基準「LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyの方」の「LINE Money」について説明します。

LINE Payには、「LINE Cash」と「LINE Money」の2つの登録状態があります。

これら2つの大きな違いは、「本人認証をしているかどうか」になります。

LINE Cash LINE Money
本人確認 未登録(× 登録済(

本人確認をしているか、していないかで利用できる機能にも違いがあり、LINEポケットマネーは本人確認が済んだ「LINE Money」のみが利用可能です。

まだ「LINE Cash」の登録になっている方も、本人確認登録を行うことで「LINE Money」となり、LINEポケットマネーを利用することができます。

本人確認登録の方法は簡単で、下記の3つの本人確認方法を選べます。
  • スマホでかんたん本人確認
  • 銀行口座で本人確認
  • 郵送で本人確認

スマホでかんたん本人確認

スマホでかんたん本人確認は、運転免許曙などの写真付きの身分証があれば、名前や住所をスマホで入力するだけで簡単に申請ができます。

銀行口座で本人確認

銀行口座で本人確認は、LINE Payより銀行口座の登録を行い、氏名や生年月日を登録するだけ。
身分証明書は不要です。

郵送で本人確認

郵送で本人確認は身分証の提出と申請時に登録された住所にハガキが送られてくるので、そのハガキに記載されているQRコードを読み取ればOKです。

上記のいずれかの方法で登録するだけで簡単に銀行口座からLINE Payに入金ができるようになります。

本人登録をしないLINE cashの状態だと、LINE Payに入金するには毎回コンビニなどでチャージしなければなりません。

LINE Score(ラインスコア)ってなに?

3つ目の基準に「LINE Scoreが301点以上の方」とありますが、「LINE Score」と初めて聞いても、何のことだかよく分かりませんよね。

一体、「LINE Score」とは何なのでしょうか。

LINE Scoreとは生年月日や住居の状況、年収などからなる15項目の質問に答えて決定される個人信用度を表す点数です。

LINEポケットマネーで借入できる金額は、スコアに応じて変わります。

スコアはあらかじめ初期点数として“スコア100~150”が付与されることが決まりとなっています。

LINEスコアのスコアに応じて借入金額が異なるのに、最初に付与されるスコアが統一でなければ不利・有利ができるのではないかという意見もあるかもしれません。

どのようにして「初期スコア100~150」を決定しているのでしょうか。

現在の情報では明確に分かっていません。

しかし、INE Scoreの公式サイトのQ&Aに次のような回答がありました。

スコアはどのように算出されますか?

サービスのご利用に同意頂いたユーザーに関して、ライフスタイルに関する質問へのご回答の他、LINE株式会社および各グループ会社のサービス利用状況に関する情報を分析し、スコアを算出します。

なお、スコアの算出にあたり利用される、ユーザーのサービス利用状況の範囲は、ユーザーがあらかじめ各サービスにおいて同意した範囲を超えることはありません。

また、ユーザープライバシーに配慮し、LINE Credit株式会社が取り扱う各社のデータは、ユーザーが各サービスをどのようにご利用頂いているか、という傾向を示す値のみとなり、詳細なデータの取り扱いはございません。

LINEスコア公式サイトより引用:(https://help2.line.me/line_score/web/?contentId=20013407)

この回答によると、LINEポケットマネーはLINE Payなどと連動しているため、LINE PayやLINE家計簿の利用状況によって変動するというのは間違いなさそうです。

LINE Scoreのスコア登録ユーザーは、サービス開始から約5ヶ月で300万人を突破している人気ぶりです(2019年11月26日時点)。

LINEポケットマネーの審査は厳しい?AI分析「LINE Score」による新しい審査基準

新しく登場したサービス「LINEポケットマネー」の審査基準は厳しいのでしょうか。

LINEポケットマネーの審査基準は、LINEスコアによって判断されますが、LINEポケットマネーはLINE Payと連動しているため、このスコアはLINEサービスの利用の度合い(LINE PayやLINE家計簿)や質問への回答内容によって決定します。

実際に、LINE Scoreで初期スコアがどのくらいのスコアになるか試してみたところ、100、111、128、141スタートなどLINEアカウント(人)によって異なるスコアとなりました。

LINE Scoreの点数は最低スコアの100から最高スコアの1000で個人信用度が決められますが、そもそもLINEポケットマネーでお金を借りるのには最低でもスコア300が必要となります。

LINEポケットマネーの審査まとめ

  • LINE Scoreの点数はスコア100~1000で個人信用度が決められる
  • 初期点数としてスコア100~150ほど付与される
  • LINEポケットマネーで借入をするには最低でもスコア301以上が必要

LINE Scoreのスコアを上げる方法は?スコアが上がると何が変わる?

先ほど、LINEポケットマネーを利用するには、“LINE Scoreの信用スコアが301以上必要”とお伝えしました。

スコアが301以下の方はどのようにしてスコアを上げれば良いのでしょうか。

LINE Scoreを上げるためには、生年月日や住居、年収などの15項目の質問に答えることが重要です。

また、この15項目の質問は借入の審査に大きく関わる情報なため、きちんと正しい回答を選択しましょう。

さて、ここで気になるのはLINE Scoreのスコアを上げることによって、何が変わるかですよね。

スコア301を獲得することが最低条件ですが、それ以上のスコアを獲得している人全員の特典が同じな訳ではありません。

例えば、LINEスコア324の人が、借入をする場合は15%の年利となります。

しかし、スコア481の人が借入を行うと8%の年利、スコア553だと5%の年利となります。

スコア 481 553
年利 8% 5%

このようにLINEスコアに応じて金利は変動し、最安年利は年3.0%〜最高年利は年18.0%で設定されています。

できるだけスコアを上げることをオススメする理由は「年利の変動」があるからです。

ちなみに、みずほ銀行で100万円の借入を行った場合は12.0%の年利がかかりますので、LINEポケットマネーの最低年利3.0%はお得に借りることができると言えるでしょう。

15項目の質問の質問内容は?

LINE Scoreのスコアを獲得するための15項目の質問といっても、「どんなことを聞かれるのか不安…。」という方もいらっしゃいますよね。

そんな方のために、15項目の質問内容を記載しておきます。

質問の内容は下記になります。

15項目の質問内容

  1. 生年月日を教えてください
  2. 性別を教えてください
  3. ご結婚はされていますか?
  4. お子様はいらっしゃいますか?(扶養している方のみ)
  5. お住まいの住居タイプについて教えてください
  6. お住まいの住居の所有状況について教えてください
  7. 現在の住居にはいつから入居されていますか?
  8. 同居されているご家族の人数を教えてください(ご本人は除く)
  9. 現在の雇用形態を教えてください
  10. 現在のお勤めの職種を教えてください
  11. 現在のお勤め業種を教えてください
  12. 現在の会社にはいつからお勤めですか?
  13. 現在お勤めの企業規模に最も近いものを選択してください
  14. 去年のおおよその年収について教えてください
  15. 保険証種別について教えてください

LINE Scoreの15項目の質問に答えると、回答内容によってボーナスとしてスコアを獲得できます。

この質問の回答内容によってスコアが変動し、借入金額が高くなることがあります。

しかし、たくさんのお金を借りたいからと言って、虚偽の申請をしてしまうと返済ができなくなるリスクも高まります。

支払いが遅れて滞納してしまうと、「遅延損害金」として20.0%の手数料が発生しますので、気を付けましょう。

・LINEポケットマネーの審査基準は?

LINEポケットマネーの審査基準は「AIによる診断」とされていますが、どのように判断しているのでしょうか。

LINEポケットマネーの審査基準には、LINEスコアだけでなく「みずほ銀行やオリエントコーポレーションの与信審査」も関係します。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの審査要項は次のようになっています。

みずほ銀行カードローンの審査要項

・満20歳以上満66歳未満の人
・保証会社の保証を受けられる人
・安定した収入の見込める人

上記の基準を満たす人であれば、LINEポケットマネーの審査は「通りやすい」と言えるでしょう。

オリエントコーポレーションは、勤務先への在籍確認が必須ではなく、ほかの大手銀行の審査と比べると「通りやすい」と言われています。

LINEポケットマネーは最小5万円からの借入となるため、少額であるほど借りやすい傾向にあり、みずほ銀行やオリエントコーポレーションで延滞を繰り返していたり、よっぽどのことがない限り審査は通ると言われています。

LINEポケットマネーでお金を借りられる限度額は?

LINEポケットマネーでは5万円単位でスコアに応じて5万円~100万円の借入ができます。

さらに、LINEポケットマネ-は連帯保証人不要なので、誰にも知られずお金を借りることができます。

連帯保証人の意味と「保証人」と「連帯保証人」の違いについて簡単にご説明します。

「保証人」と「連帯保証人」の違いとは

債務者(お金を借りた者)が金銭を返済しない場合に、債務者の代わりに、借金を返済する人のことを保証人と呼びます。

保証人には催告・検索の抗弁権が与えられるが、連帯保証人にはこれらの権利は与えられない。

催告の抗弁権とは、AさんがBさんに借金をし、Cさんが保証人になった時、Aさんが借金を返さないので、Cさんに返してほしいと頼む前に、「Aさんに借金返済の督促をせよ」と主張できる権利のこと。

検索の抗弁権とは、保証人が「借金をした主債務者には取立てが容易な財産がある」と立証した場合に、債権者は先にその財産から取立てをしなければならないというもの。

1人暮らしをするなどで家を借りるのにも必要な「連帯保証人」ですが、LINEポケットマネ-では必要ありません。

LINEポケットマネーで借りられる限度額は100万円ですので、それ以上のお金が必要な場合は他のローン会社と組み合わせるのも1つの手と言えるでしょう。

今すぐにお金を借りるのにかかる時間は?在籍確認はある?

LINEポケットマネーでお金を借りるにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

結論から申し上げますと、LINE Scoreによって審査を行いますので、スコア(人)によって異なります

「数十分、数時間で審査が通った」という人や「審査が通るまでに1日以上かかった」という声も。

つまり、スムーズに審査を完了させることができれば、即日融資にも対応することが可能です。

ただし審査時間は、申込内容やスコア結果に応じて変動しますので、人によっては、審査が完了するまで1日以上かかってしまうこともあります。

LINE Scoreが500点以上の人は、比較的短時間でお金の借入が行えるようです。

LINE Scoreは、LINEアプリからいつでも登録することができますので、借入を検討している人は事前に登録を行い。スコアをあげておくのも良いでしょう。

いざという時に役立つかもしれませんよ。

また、「職場に確認の電話が来たら困る」という方もいらっしゃいますよね。

LINE Scoreの質問では、あなたの勤め先の名前や住所・電話番号などを直接入力する質問はありません。

先ほどご紹介した「15項目の質問の質問内容は?」に記載されている通り、勤め先の情報は「雇用形態」、「職種」、「業種」、「勤続年数」、「企業規模」の質問の5つ。

これだけの情報では、あなたのお勤め先の会社名や電話番号などの会社を特定する質問項目はありませんので、登録したからと言って会社に電話が来る心配はありません。

そのため、LINEポケットマネーに登録・借入を行ったからといって「お勤め先の会社に在籍確認の電話が来るということはない」のでご安心ください。

LINEポケットマネーでお金を借りると金利はいくら?

LINEポケットマネーでお金を借りる際には、最安年利は年3.0%〜最高年利は年18.0%が発生します。

これはLINE Scoreなどの情報に基づいて設定されていますが、正確な情報は発表されていません。

スコア別に年利がどのくらいになるかを調査してみました。

スコア 年利 限度額
327 10.0% 300,000円
481 8.0% 500,000円
544 6.0% 500,000円
553 5.0% 500,000円
622 3.5% 500,000円

上記の表で見ると、比較的安い年利でお金を借りることができますね。

しかし、注意して頂きたいのはこの表は「LINE Scoreに基づく仮の数字」であることです。

というのは、「あなたのLINE Scoreで、お金を借りることになったらこのくらいですよ~」を仮として提示しているもの、ということです。

つまり、見積書のようなものと思った方が良いでしょう。

実際に審査の申請を行ってみると次のようになりました。

スコア 年利 限度額
327 18.0% 200,000円
544 16.0% 400,000円

仮審査と本審査で特に差があったのは「年利」です。

仮審査と本審査を比べてみましょう。

  • 「スコア327さんの場合」
審査状態 年利 限度額
審査前 6.0% 300,000円
審査後 18.0% 200,000円

30万円借りられるはずだった限度額は20万円に。

年利は10.0%の審査から、最大年利の18.0%に上がってしまいました。

  • 「スコア544さんの場合」
審査状態 年利 限度額
審査前 6.0% 500,000円
審査後 16.0% 400,000円

スコア544さんは審査前6.0%だった金利は、審査を通してみると16.0%まで跳ね上がっています。

この審査基準はLINEポケットマネー独自の審査のため、正確な基準は分かりません。

しかし、実例を元にお話すると、仮審査時年利や上限額がそのまま審査後の数字になるということはあまり無さそうなので注意が必要です。

審査後にも借入を行うか、その数字を見て決めることもできますので、「自分がどのくらいの金利で借り入れできるのか知りたい」という人は試してみるのが良いでしょう。

申込から借入までの利用の流れは?全てLINEで完結できる!

LINEポケットマネーでお金を借りる手順はどうなっているのでしょうか。

全てLINE上で行うことなできる「申込から借入までの利用の流れ」についてご紹介します。

LINE Scoreの登録方法や本人確認の方法はすでにお伝え済みですので、その部分は省かせて頂きます。

LINEポケットマネーは、スマートフォンの「LINEアプリ」から原則24時間365日借入や返済が行えます。

※システムメンテナンスを行っている場合は利用できない可能性もあるようです。

※システムメンテナンスなどによりお申込みできない場合があります。あらかじめご了承ください。
この内容は役に立ちましたか?

気になる返済方法は?お金を借りた後はどうしたらいいの?

LINEポケットマネーの毎月の返済額は「最終借入後の残高」に応じて決定しています。

返済回数は次のようになります。

返済回数

  • 30万円以下の場合…36回以内(3年以内)
  • 30万円超100万円以下の場合…60回以内(5年以内)

つまり、30万円を36回で支払うと月々約8,333円、100万円を60回で支払う場合は月々約16,666円の元金支払いになります。

LINEポケットマネーの返済日については「毎月16日または26日」のうちどちらかを返済日に指定できます。(※返済日が休日の場合は翌営業日)

また、借入を行った場合の返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」になっています。

残高スライド元利定額リボルビング方式というのは、

  • LINE Payの残高より引き落とし
  • LINE Payに連携している銀行口座から引き落とし

上記のどちらからか引き落とされるというものです。

返済手順

  1. LINEポケットマネーメインページの【返済する】をタップ
  2. 返済金額欄に返済希望額を入力し、返済方法を選択後、【次へ】をタップ
  3. 入力内容を確認し、【返済する】をタップ
  4. LINE Payのパスワードを入力
  5. 返済完了画面を確認し、【完了】をタップ

引用元;(https://help2.line.me/line_pocketmoney/web/)より

LINEポケットマネーは借入を行った場合にもLINE Payの残高に借入金額をチャージしますので、LINE Payの残高は随時チェックしておく必要があります。

本人確認の際にLINE Payに銀行口座を連携している場合は、その口座からの引き落としを選択することも可能です。

いずれかの方法で支払えるようにしておかなければ、支払いが滞納すると「遅延損害金」として20.0%の手数料が発生します。

例えば、月々50,000円の支払い設定を行っており、支払いが遅れた場合には20%の10,000円が遅延損害金として発生します。

お金がピンチで借入を行ったのに、20%の手数料を支払うのは痛手ですので、返済方法や残高はしっかりとチェックしておきましょう。

LINEポケットマネーでお金を借りるメリット

LINEポケットマネーでお金を借りるメリットは次のようになります。

  1. 連来保証人不要で借入ができる
  2. 全てLINE上で完結できる
  3. LINE ScoreによるAI審査で審査に通りやすい
  4. 即日融資にも対応するケースもある
  5. LINEアプリから原則24時間365日借入や返済が可能
  6. 会社への在籍確認がない

親に内緒でお金が必要になったり、夜中にお金が必要になり、朝には銀行でお金を受け取りたいという人にはLINEポケットマネーが便利です。

また、在籍確認もないので、「職場に連絡が行ってほしくない」という人にとっては嬉しいポイントではないでしょうか。

LINEポケットマネーでお金を借りるデメリット

LINEポケットマネーでお金を借りるデメリットは次のようになります。

仮審査時と本審査時では年利が異なる可能性がある
LINEをインストールしなければ利用できない
スコアによる格差が広がる

LINE Scoreの点数より、お借入金額や年利が異なりますので、あなたのスコアによってはデメリットになるケースも考えられます。

    また、仮審査と本審査の比較からみて分かるように、審査前と後では年利に差が開くこともデメリットだと言えるでしょう。

    LINEポケットマネーを利用するメリットとデメリットを知り、LINEポケットマネーを利用するか判断しましょう。

    自分の信用情報が確認できる「CIC(シーアイシー)」とは?

    これまで、LINE Scoreによる信用情報などをお話してきましたが、その中でふと「自分は社会的にどれくらいの信用があるんだろう?」と考えに至る人もいらっしゃるかもしれません。

    信用情報を調べるには「指定信用情報機関のCIC」といって、滞納などの記録を保有している会社があります。

    ここで言う「信用情報」とは、クレジットやローン契約などのお申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。

    この信用情報には「犯罪歴」や「思想」などの情報は全く影響を受けません。

    毎日生活していると、家賃や携帯料金、電気代やガス代、クレジットカードを始め、さまざまな支払いをする機会がありますよね。

    その際に「延滞」「未払い」を行っていると、あなたの浸透度は下がっているかもしれません。

    それらの情報を元に、あなたに支払い能力があるかなどを判断し、あなたがお金を借りる際にどのくらいの金額を借りることができるのかを判断するものです。

    CICには、クレジット情報は契約期間中および契約終了後5年以内の情報が記録されています。

    そのため、普段からクレジットカードの支払いなどの滞納している場合は、お金を借り入れる際に信用情報が傷ついてしまっている可能性が考えられます。

    この「傷」が多ければ多いほど、お金を借りることは難しいと言えるでしょう。

    【まとめ】まずは「LINE Score」で診断!LINEポケットマネーを使ってみよう!

    この記事ではLINEポケットマネーについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

    LINEポケットマネーの特徴

    • 100から1000のスコアがあり、LINEポケットマネーの利用には301点以上が必要(初期スコア100~150が付与)
    • LINEスコアに応じて金利は変動し、最安年利は年3.0%〜最高年利は年18.0%
    • 連来保証人不要で借入ができる
    • 最短数十分でLINE pay残高にチャージ

    LINEポケットマネーはLINE Scoreの登録と本人確認が無ければ使用することができません。

    少しでも「LINEポケットマネーについて興味が湧いた」という方は、まずはLINE Scoreを測定してみましょう。

    お金を借りることができる最低点数は301点ですので、自分のスコアが分かるだけでも、世間との比較をすることもできるしょう。

    力試しという意味でも、LINE Scoreでスコア診断をしてみる価値はありそうです。

    なるべく安い金利でお金が借りれるといいですね。

    即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

    マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
    ・低金利である
    ・即日・当日借入が可能
    ・他社で借りていても借りれる
    ・スマホから借りれる
    上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

    おすすめの記事