人気記事!!
Googleがアン・マクラーレン生誕94周年を祝福!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

本日、4月26日のGoogleのロゴに変化がありましたね!

題材となっている方の名前は、アン・マクラーレンさんです!

 

アン・マクラーレンさんは何をした人なのか?

そのことについて、ざっとウィキなどで調べた情報を筆者なりにまとめてみました!

スポンサーリンク

アン・マクラーレンって何をした人?

そもそもアン・マクラーレンさんの職業は生物学者です。

発生生物学者とは…その名の通り、発生、生命が誕生し、細胞が分裂を繰り返して、体の組織を作る、そして、複雑な構造から生体になるまでを研究する学者さんのことを言います。

例えば、人間に例えるとすると、人間の細胞は、37兆個もあると言われています。

細胞の種類は200を超えるとか。

これらが、骨、筋肉、臓器を形成して、心臓や肺などの器官に変わるわけです。

なぜ、そのように変わっていくのか?

その研究分野が発生生物学と呼ばれるものです。

 

実際に研究に使われる生き物は、魚やカエル、ネズミなどがあげられます。

これらを研究することによって、例えば、人がどうしてジョギングをしたら血流がよくなって良い気分になるのか、などの理由解明につながることができるんです。

 

アン・マクラーレンさんは、その中でも特にマウスの腰椎の数の母体環境による変化について研究をおこなったり、過排卵や過妊娠(通常、1つも母体から1つの生命が誕生するところを二つ以上の複数の生命を宿すには)についての研究をおこなわれました。

胚移植、免疫避妊といった研究もおこない、大英帝国勲章を受賞したり、英国学術教会の会長をつとめ、イギリス医学アカデミーのフェローに就任をするなど、輝かしい実績を収められています。

 

生物発生学の研究が行われると?

発生生物学の研究がおこなわれるとどうなるのか?

例えば、日本!

日本の人口は年々減少しています。

以下は厚生労働省が発表している日本の人口の推移です。

資料上部の記載内容から、なんと、日本の人口は2060年には総人口が9000万人を切るとの予測が立てられています。

 

人口が減る(生産年齢人口)→労働が減る→経済が低迷 していき、ますます日本の景気は悪化していきます。

人口が減る問題には色々あります。出産数が減ったり、離婚率が上がったりなど…

そのような問題に向き合えることができるのが発生生物学とも言われています。

 

もちろんこういった問題は、我々日本だけではなく、発展途上国の国々などさらに根深い問題を抱えている国にもございます。

彼女、アン・マクラーレンさんが取り組んでいた研究は、世界に多大な影響を及ぼす研究だったのです。

 

このような研究者の方々の研究によって今があると思い、アン・マクラーレンさんの生誕を祝福しましょう。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事