でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

月9ドラマ『民衆の敵』あらすじ・出演キャスト一覧(篠原涼子/高橋一生/石田ゆり子/前田敦子等)まとめ

更新日:

10月からいよいよ篠原涼子さん主演の月9ドラマが放送開始されます。

みどころといえば、篠原涼子さんが今回、月9初の主演だという事です。

果たしてどのようなドラマなのでしょうか。

番組内容はもちろん、出演キャストについてまとめています。

是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




ドラマ『民衆の敵』の見逃し無料配信動画を観るならFOD!!

過去の月9(フジテレビ・月曜21時枠)のドラマを見るならFOD(フジテレビオンデマンド)がお勧めです。

今なら、最大31日間無料お試しキャンペーン実施中です。

ドラマ民衆の敵も予想ではありますが、放送が開始されたら見逃し配信動画にて視聴する事ができると予想されます。

是非一度利用してみて下さい。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会

月9ドラマ『民衆の敵』あらすじ/番組内容

民衆の敵のあらすじ、番組内容を紹介します。

あらすじの前に今回は篠原涼子さんが、初めての月9初主演として出演をされます。

篠原さんといえば、『格好が良い女性』として人気を集める女優さんですね。

果たして、その役柄に今回のドラマがどうFITしていくのでしょうか。

意外にも今回が初めての主演となる篠原さんですが、今回は、市政、社会の悪などに対決する新米女性市議を熱演されます。

番組内容としては、現在、日本では、『待機児童』『介護』『生活保護』…

と何かと社会問題になってるが事が多いです。

そんな時だからこそこのドラマでは、新米ママさん市議会議員を主人公に、声なき市民と向き合いながら市政にはこびる悪、今現代に起こっている問題を素人目線、女性目線でぶった斬っていく、痛快で爽快な市政エンタテインメントとなっています。

今回のドラマは、オリジナルとなっています。

今回篠原さん演じる佐藤智子(さとうともこ)は夫と保育園に通う子供1人の家族3人でごく普通のアパートで平凡な生活を送っています。

智子のこれまでの経歴としたら、次々と両親が失踪し、自暴自棄になり高校を中退してしまう事になります。

その後、職を転々としながら、決して両親のようにはなるまいと真面目に生きてきました。

それから、バイトで知り合った夫と結婚をする事になります。

夫もフリーターで転職を繰り返しており、結局智子がパートで家系を助けていたのでした。

しかし、そんな智子ですが会社のルールに納得がいかずに逆らう事になり職場をクビになってしまうんですね。

智子は現在40代で高校を中退しており、特別な資格も特にない。

果たして、職は見つかるのでしょうか。

意気消沈をする智子でしたが、ある時テレビを見ていて、そこで取り上げられていた市議会議員の汚職事件が気になり調べてみる事になります。

※汚職(おしょく)とは、議員・公務員など公職にある者が、自らの地位や職権・裁量権を利用して横領や不作為、収賄や天下りをしたり、またその見返りに特定の事業者等に対し優遇措置をとることなどの不法行為をいいます。

そこで智子が目にしたのは市議会議員の高額報酬でした。

さらに調べていくと、あるデータが彼女の心を完全に後押しする事になります。

それは、実際に市区町村議員の当選確率は80%超というデータでした。

全く政治経験のない新人によって無謀な挑戦ではなかったのです。

智子の性格から、『高額報酬=家族の幸せ』を求め市議会議員に立候補する事を早くも決意します。

ママさん議員になるために『就職活動』をスタートさせる智子。

最初はポスター制作、演説原稿作成など、悪戦苦闘ながらも夫やママ友の協力のもと選挙戦を戦う事になります。

『しあわせになろうね!』がキャッチコピーです。

政治に全く興味を持っていなかった中卒の素人が、番狂わせを起こす事ができるのでしょうか?

私利私欲にまみれた海千山千の候補者達に翻弄されながらも一か八かの大勝負。

無所属新人の佐藤智子候補にとって運命の開票が始まります。

月9ドラマ『民衆の敵』予告動画

ドラマ『コード・ブルー3rd season』の放送中のCMの時に初めて『民衆の敵』の予告動画が放送されました!

月9ドラマ『民衆の敵』出演者・キャスト一覧

佐藤智子役 篠原涼子

名前:篠原 涼子(しのはら りょうこ)

本名:市村 涼子(いちむら りょうこ)旧姓、藤原。

生年月日:1973年8月13日

出身地:群馬県桐生市

所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

篠原さんの経歴についてまとめました。篠原さんといえば、歌に映画にドラマと…超売れっ子女優さんですよね。

篠原涼子が芸能人としてデビューしたきっかけですが、所属している事務所のオーディションに受かり、その後からテレビドラマに出演をし始めたり歌手活動を始める事になります。

この歌手活動を行っている時にアイドルとしてのグループを作って人気も得ていたんですね。

当時は、体を張ってお笑い番組にも出演されていたんですね。

その頃から人気があったんですね。

2017年現在では44歳を迎えている女優・篠原涼子さんですが…

歌手やタレントとしての経験を積んだのち、2000年代からは本格的な女優活動を行なっていく事になります。

一番のヒット作品といえば、大ヒットドラマ『アンフェア』シリーズ。

さらには、『ハケンの品格』『anego』など、数多くのヒット作に出演してきました。

今や日本を代表するトップ女優と言っても過言ではないでしょう。

また、篠原涼子さんは歌手としても有名です。

代表曲『恋しさとせつなさと心強さと』は日本レコード大賞で優秀賞もとってるほどです。

そんな篠原さんですが、今回の役のことでコメントも残されています。

まず、フジテレビ公式HPからです。

Q・企画を聞いたもしくは台本を読んだご感想は?

「政治の事とか難しくて私には演じられないのではないかと思っておりましたが、プロデューサーさんからわからない主婦がどう変わっていくのか、変えていくのかを演じながら見せて行けたらとのことでしたので私もこの作品を通して学んで行きたいなと思っております」

Q・意外にも月9初主演ですが・・・

「プレッシャーでいっぱいですが、周りの皆様に力をお借りして、楽しい作品にしたいなと思っております」

Q・選挙演説シーンなども予定されていますが、役作りについて現在の心境をお聞かせください。

「現在、ワイドショーやニュース番組でも選挙の映像が流れていたりするので、意識して見るようにはして勉強しております」

Q・共演のみなさんの印象は?

「石田さんとはこの間もCMでご一緒させていただいたのですが、気さくな方なのでまた一緒に仕事ができる!って感じです。高橋さんは初めましてなのですが、ご一緒させていただくのが楽しみです」

コメントから、なんと言っても月9初主演となる今回ですが、役所としても主婦が政治家になっていくストーリーとなっていますが、こちらも初めての役の様子ですね。

ただ、篠原さんの経験からすると心配することは全くないですね!

これまでたくさんの役を演じて来られました。ラスト・シンデレラでは美容師、アンフェアでは刑事、月の恋人ではキャリアウーマン…となどなど。

ただ、共通して言えるのが篠原さんのキャラとも言える、まさに『格好良い女性』は篠原さんの代名詞と言えるのではないでしょうか。

今回の役も一般市民が言えないことをバッサリとドラマを通じて言ってくれることでしょう。

ちなみに篠原涼子さんは今回の月9のために髪をバッサリ切られたそうです。

ショートヘアの篠原涼子さんも素敵ですね!

写真は少し見辛いですが…いずれもどんなドラマになるかが楽しみです!また、新しい篠原さんに出会えることを期待しています!

篠原涼子の演技の評判

篠原涼子さんの演技ですが、評判は良いですね。

なんと言っても篠原涼子さんが主演したドラマはいずれも高視聴率になることから『ドラマ視聴率女王』とも呼ばれています。

ただ、『オトナ女子』の時は初回視聴率9.9%とイマイチな結果に終わってましたね。

ただ、篠原さんの演技の特徴としては、どんな役であろうと『篠原さんっぽい』というのが顕著に現れる部分だと思います。

例えば、髪をかきあげる仕草、独特の口調などは篠原さんならではのものかと思います。

逆に言えばドラマ内に篠原カラーを持ち込み過ぎている部分もあるかもしれませんが、視聴率の感想を見るとむしろ前向きに出して欲しい、もしくは篠原カラーがいいという声が多いです。

今回も篠原カラーを全面に出して役にハマってほしいですね。

藤堂 誠役 高橋一生

名前:高橋 一生(たかはし いっせい)

生年月日:1980年12月9日

出身地:東京都

所属事務所:舞プロモーション

高橋一生さんはここ最近で急激に人気俳優になりましたね。

もともとは映画『ほしをつぐもの』が1990年にあり、そこで映画初出演されました。今から30年前ほどです。

意外と前から俳優業はされていたんですね…

そこから扉座という劇団に入団していきます。

実はあの有名なスタジオジブリの『耳をすませば』で天沢聖司の声を演じたのが高橋一生さんなんですね。

これにはかなり驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それから、2015年頃から開花していきます。

ドラマ『民王』から1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞をします。

さらには、ドラマ『カルテット』、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の影響から、2017年上半期ブレイク俳優ランキング、10代から50代の男女世代別ランキングにおいても全て首位となり、圧倒的な人気を得たんですね。

そんな高橋一生さんですが、篠原さんとは互いにドラマ初共演となります。

高橋さん演じる藤堂誠(とうどう・まこと)は篠原さん演じる智子とは選挙戦で議席を争うライバル関係にあたります。

藤堂は代々続く政治家一家の次男として『恵まれた』環境で育ちました。

ゆくゆくは総理大臣も夢ではない。まさに雑草魂のような性格の智子とは相対する市政のプリンスになるんです。

そんな藤堂も政治家になりたくなくないと思った時期もありました。

しかし、敷かれたレールから外れることはできなかったのです。

そんな自分にずっと葛藤し悩んできましたが、次第にゆがんでいき誰も知らない裏の顔を持つようになっていきます。

果たしてどんな顔をドラマでは見せてくれるのでしょうか。

高橋一生さんも番組HPにて今回のドラマについてコメントを残されていますので抜粋します。

Q・企画を聞かれた時の感想は?

「どう役に向き合っていけるか、楽しみにしています。打ち合わせをさせていただいて、ますます期待が膨らみました」

Q・役作りについて現在の心境をお聞かせください。

「台本に書かれていることを土台に、監督や共演者の方々、スタッフさん方と一人の人間を作っていきたいと思っています」

篠原さん演じる智子とはライバル関係ということで、出演の回数もかなり多いかと予想されますね。

また、違う顔が出てくるというところでどのような性格、役を演じてくれるのかも楽しみですね。

ちなみに話は変わりますが、高橋さんが別の機会に結婚願望について明かしたそうです。

「結婚は…タイミングらしいんです、話を聞いていると。『この人だ』と思う人に会うと言われているので、タイミングがくるのを待っている…だけじゃ遅くなったら、またこういうところで発表します(笑)」

と結婚はあくまでも待つとコメントをされていたようですね。

そんな高橋さんですがドラマで会えるのが楽しみですね。

高橋一生の演技の評判

高橋一生さんの演技には『実力派』との意見がありますね。

『直虎』時の高橋一生さんの演技は特に目を見張るものがありました。

小野但馬上政次役を演じましたが、彼の巧みな演技は本当にすごいです。

セリフの言葉の裏に隠された感情、想い、そこから出てくる表情や仕草、さらには視線の先を目で追ってしまわずにはいられない役でした。

言われているのが、直虎時の小野但馬上政次役では、本当に彼以外に演じる人がいないのではないかと思うほど役にハマっていたのです。

ただ、10歳の頃から役者として活動をされていたので、実力としてはかなりのものがあるのでないでしょうか。

その甘い顔立ち、そしてギャップのある声。果たして今回のドラマではどのような演技をしてくれるのでしょうか。

犬崎和久役 古田新太

※写真は真ん中が古田さんです。

名前:古田 新太(ふるた あらた)

本名:古田 岳史(ふるた たけふみ)

生年月日:1965年12月3日

出身地:兵庫県神戸市西区出身

所属事務所:リコモーション

愛称:古ちん

古田さんは知名度としては高い人気俳優さんです。もともと俳優を目指すきっかけとなったのが実は小学校の時だったんですね。

中学では演劇部がなかった為、運動部に所属されており、バンドを組んでいたそうです。

高校生からはライブハウスでの活動を行なったり本格的に演劇部に入ったりとしたそうです。

高校を卒業してからは、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科ミュージカルコース入学しました。

本当に学生の頃から演劇には興味があったんですね。

古田さんの演技と言えば、『面白い』『怖い』などのコメントがよくツイッターにも見かけます。

その独特の演技力が視聴側を魅了するんですね。

代表作品を何個かあげるとするなら、信長協奏曲の時の松永弾正久秀役でしたり、木更津キャッツアイの時のオジー役ですね。

その後も重要な役割を多く演じられてますね!

今回の役としては、一癖、二癖もある市議会のドン・犬崎和久を演じます。

まさに古田さんにぴったりのような役ですね。

ただ、以外な事ですが、古田さんは月9が初めてだそうなんですね。

役の細かい設定としては、犬崎は長年市議会議員を務めています。それゆえに議会、政界に強いパイプを持ってるんですね。

自らリーダーにはならず陰で人をコントロールし、最大会派の犬崎派を形成します。

最初は、篠原涼子さん演じる佐藤智子の存在は眼中にはなかったのですが、次第に意識し始め変わっていくんですね。

犬崎が今回は佐藤智子の一番の大きな壁になりそうですね!

小出未亜役 前田敦子

名前:前田敦子

生年月日:1991年7月10日

出身地:千葉県市川市行徳

愛称:あっちゃん

所属事務所:太田プロダクション

職業:女優、歌手、元AKB48のメンバー。

AKB48のオープニングメンバーを決めるオーディションにて7924名の中から選ばれた1人です。

AKB48では、知らない方はいないくらいめまぐるしい活躍をされていますね。

6年半にわたり不動のセンターを務めました。

今回のドラマで話題になったのが、前田敦子さんのポスターですね!

このポスターが発表されてから早速ネット上では話題になりました。

『輝きが違う!さすが、総選挙1位ですわ』

『鷲掴み。もうされました』

『あっちゃん可愛いです。このポスター欲しいなぁ』

『お~総選挙思い出す』

『はい投票!トップ当選間違いなし』

などのコメントが続出しています。

選挙といえば、前田敦子さんはAKB時代にAKB総選挙をやられてましたね!第1回と第3回で首位をとった前田さんですが、果たしてドラマではどのような展開になるのでしょうか。

ちなみに演技はいかがなものなのでしょうか。

AKBを卒業してからはというとテレビへの露出はかなり減っていますね。

ドラマ、映画などにはちょくちょく出てらっしゃる様子ですが…

なんでもテレビ関係者によると、AKBを卒業をしてからのテレビへの売り出し方への問題があったのだと…

有名な出演作品だと…『クロユリ団地』『もらとりあむタマ子』『さよなら歌舞伎町』『イニシエーションラヴ』などなど…

アイドル時代とはうって変わって個性的な演技が目立ちます。

確かに映画やドラマはいくつか出演はしていますが、ことごとくヒット作と言えるものはありません。

クロユリ団地の時には少し評判としては良くないコメントが出ていましたね。

やはり、アイドルから女優業に変更するのは大変なんですね。

しかし、そんな中よく言われてるのが、アイドル出身にも関わらず『アイドルっぽさがない』という意見です。

確かに前田敦子さんが出演をしてもアイドル感を感じる事はないのは筆者だけでしょうか。

果たして今回のドラマがヒットしたとしたらうまく乗っかる事ができるのでしょうか。

今回の役の設定としては、小出未亜は元グラビアアイドルの設定です。

犬崎の勧めで市議会議員の選挙に立候補する事になります。

元グラビアアイドルということもありSNSを得意とするんですね。

犬崎の勧めというのが気になります。

もしかしたら、犬崎に利用される立場にあるのでしょうか?

楽しみですね。

岡本 遼役 千葉雄大

名前:千葉雄大(ちばゆうだい)

生年月日:1989年3月9日

出身地:宮城県多賀城市

所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

千葉さんですが、もともとは読者モデルとして有名でしたね。

『CHOKi CHOKi』の専属モデルとして活動をされていましたが、たまたま今の事務所の方がその雑誌をみてスカウトするきっかけになったそうです。

2009年に事務所に所属する事になり、天装戦隊ゴセイジャーでレッド役と重要な役に抜擢されるんですね。

そこからは映画にドラマとトントン拍子で仕事をこなされている様子ですね。

着実にステップアップされている様子です。

代表作品としては…

・天装戦隊ゴセイジャー

・白戸修の事件簿

・カエルの王女さま

・黒の女教師

・水球ヤンキース

・きょうは会社休みます。

などが挙げられます。

演技はどうなのかと言いますと…

『千葉雄大わりといい演技すると思う』

『千葉雄大の演技力よくわかんねぇからなんともいえねぇ、爽やか王子しかできないよ』

『千葉雄大って案外演技出来るんだね、ビックリした』

などがツイートされていますね。

評判としてはかなり良いようです。

普段の千葉さんはかなり照れ屋さんのイメージがあるのですが、演技をする時はかなり役に入り込むタイプなのではないでしょうか。

テレビでも、『自分腹黒いんですけど…そういう部分も出していいんだ』

などコメントされていましたが、どこか吹っ切れた様子も垣間見れますね。

確かに筆者からの観点で申し訳ないのですが、ツイートにもあるように『わりと良い演技をする』

経歴からも実力派ではない事もありますが、案外見てみるとキャラのイメージから一転するんですよね。

ただ、それがうまいかと呼ばれるとそうでもない、下手かと言われるとそうでもないという気持ちが出てきます。

ある意味、それこそが千葉雄大ワールドかもしれませんね。

今回の役の細かい設定ですが、千葉さんは、岡本遼を演じます。父親の借金で夜逃げ同然で去った街に勝ち組みとして戻ってくるんですね。

必死に勉強して、政治の知識を得た岡本は、市議になるのですが、反する勉強不足の篠原さん演じる智子に対してストレスを感じイライラするのですね。

『あんなやつに負けてたまるか』といったところでしょう。

この二人のバトルも楽しみですね。

園田龍太郎役 斎藤 司(トレンディエンジェル)

名前:斎藤 司(さいとうつかさ)

生年月日:1979年2月15日

出身地:神奈川県横浜市

職業:お笑いタレント、お笑いコンビ(トレンディエンジェル・ボケ担当)

相方の名前は『たかし』

今回でテレビドラマの出演が4回目となる斎藤さんですが、斎藤さんの経歴はどのようなものななのでしょうか。

もともと芸人を目指すきっかけとなったのが、失恋をして泣いていた時にテレビのお笑い番組を見て思わず笑ったのがきっかけでお笑い芸人を目指そうと思ったそうです。

その後、日本大学商学部に入学をしてから就職活動もうまくいかず、内定がもらえないまま大学を卒業する事になります。

その後は楽天で2年間ほどアルバイトを行うのですが、25歳で芸人になる決意をするわけなのですね。

芸人になってからは有名になりましたね。

2017年の3月のニュースでは、結婚間近と言われていた彼女とまさかの破局がありました。

さらにはストレスからか?お金を使い過ぎてしまって好きな高級時計、バックを買ってしまうとか…

最高月収が1150万円と明かす斎藤さんですが、本当の芸能界は売れたら収入の上がり方が尋常じゃないですね。

なんと言っても印象にあるのはギャグの『ペッペッペー!!』ではないでしょうか!

また、他にも『斎藤さんゲーム』がdocomoのCMでも流行ったり、さらにはソナーポケットさんの『ONE-SIDED LOVE』という曲のPVに出演をしたりと活動の幅を広げられています。

テレビを見てもかなりの回数で斎藤さんを見かけるのではないでしょうか。

ちなみにこれまでの斎藤さんのテレビドラマ出演作品ですが…

・重版出来! 第4話

・IQ246〜華麗なる事件簿〜

・黒革の手帖 第1話ゲスト

俳優業として出演作品は明らかに少ないでしょう。

ただ、正直この出演回数では、斎藤さんの実力はまだわからないでしょう。

今回はドラマでレギュラーは初ということもありますからね。

明らかに経験値がないので、役にハマるかどうかが鍵になってきそうです。

普段斎藤さんはテレビではスーツですので、今回のドラマの役もスーツが多そうな役ですのでそのあたりは馴染みやすいかもしれませんね笑

今回のドラマの斎藤さんの役ですが、主演となる篠原涼子さん演じる佐藤智子のライバルとなります。

選挙で争う相手で園田龍太郎を演じます。

設定としては、農家の3人兄弟の長男でして、性格は、何事にも自主性がなく、すぐに人に頼ってしまう性格なんですね。

大学進学をするが、農作業が好きという事もあり、長男として家業の農家を継ぐ事になります。

しかし、毎日働く中で悲劇が訪れる事になります。

農家たちは自分の畑を守るために毎朝、身内の中から市議会議員に出馬される習わしがあるんですね。

そして、その餌食となったのが斎藤司演じる園田だったんです。

祖父が中心となって考えた『農家にとって有利な条例を作る』を公約に掲げて選挙選に挑む事になります。

人気芸人が俳優進出という事でどのような演技になるのでしょうか?

ちなみに番組HPにて斎藤さんはインタビューにも答えられていました。

そこでは、『着実にキムタクのあとを追っている』ともコメントをされていますね。

確かに初の月9出演は大きな自信にもなりますからね。

また、園田龍太郎を演じる事に関しては、斎藤さんからではなく、園田から斎藤に近づいてきてくれてると話していますね。

という事は斎藤さんカラーをドラマでは見せてくれるのではないでしょうか。

若宮 寛役 若旦那

名前:若旦那

生年月日:1976年4月6日

職業:レゲェグループ湘南乃風のメンバー

出身地:東京都世田谷区

血液型:A型

元妻:レゲェミュージシャンのMINMI

少年時代は不良だったそうですが、今や人気レゲェグループという事で日本で知らない人はいないのではないでしょうか。

特に若い世代からの人気は高いですね。

そんな若旦那さんがなんと月9ドラマ出演です。

滅多にドラマに出ない若旦那さん、そもそもテレビ出演もそこまで多くない方です。

月9に出るとわかってからファンの方はそれは嬉しいのではないでしょうか。

ドラマではどんな演技をするのだろうかとか。

若旦那さんは若宮寛役として出演されます。

しかし、若旦那さんの出演に関する情報は全く載っていないんですね汗

公式HPを確認しても出てこないので、もしかしたらそんなに多くない出番なのかなと…

しかし、どんな演技をするのか気にはなりますね!

ただ、実は以前に『下克上受験』というドラマに若旦那さんは出演をされていた事があります。

そこでは、居酒屋の店主として出演をされていました!

ツイッター等での評判はかなりよかったそうですね。確かに見た目からも…居酒屋の店主にいてもおかしくない感じがしますし…

何より、若旦那さんのキャラクターなど、ライブとか行ってないと分からないので変に先入観なく若旦那さんの演技を見れるというのも一つのポイントかもしれませんね。

今度の演技は楽しみです。

あと、最近話題になってるのが『激痩せ』ですね!

以前よりも10キロ以上も痩せてる様子です。

これには『薬物か!?』『離婚のせいか!?』などど噂になりましたが、実際のところは特別な事をせずに運動や食生活を変えて痩せていたそうですね。

ドラマで会える事が楽しみです。

望月 守役 細田善彦

名前:細田よしひこ

生年月日:1988年3月4日

職業:俳優、タレント

出身地:東京都

所属事務所:アルファーエージェンシー

細田よしひこさんといえば慶應義塾大学卒業をした高学歴出身の俳優さんですね。

さらには、実家が榮太樓總本鋪の次男という事でかなりお金持ちだそうですね。

実家金持ち、高学歴と…まさにエリートコースで育った方なんですね。

主な代表作品としては、テレビドラマだと…

・百鬼夜行抄

・ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜

・あんどーなつ

・櫻子さんの足下には死体が埋まっている

・逃げるは恥だが役にたつ

が挙げられます。

2016年に出演をされた『逃げるは恥だが役にたつ』で再注目を受けた印象があります。

現在の年齢あ28歳ですが、意外にも出演作品数が50本以上、さらには、2004年にNTT東日本「キャラクターDENPO」のCMでデビューをした事から、経歴としては芸能界に入ってから10年以上も経つんですね!

役柄としては、悪役や、少し怖いキャラクターを演じられてるのが多いですね。

正直役柄は脇役が多いですが、悪役、怖いキャラクターだけにかなり印象に残りやすいです。

なので、顔写真を見ても大抵の方が『あ、この人ね!』と思う方は多いのではないでしょうか。

ただ、実際の普段の細田さんの性格はかなり温厚な性格だそうです。

なので、ドラマだけの印象とはプライベートでは全く違うそうですね。

今回の民衆の敵では、どんな役かはまだ公表はされていない様子ですね。

しかし、演技の評判は悪い評判は聞かないですし、むしろ良いですね。

なので今回の民衆の敵でも期待して良いのではないでしょうか。

河原田晶子役 余 貴美子

名前:余 貴美子(よ きみこ)

生年月日:1956年5月12日

職業:女優

出身地:神奈川県横浜市中区

所属事務所:アルファーエージェンシー

血液型:B型

余貴美子さんは父親が台湾人の方で、母親が日本人の方の女優さんですね。

生まれたのは神奈川県横浜市で、高校卒業後にオンシアター自由劇場に入団をされたんですね。

それから女優業の始まりですが、そこから2008年、2009年には日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続受賞をされています。

これは史上6人目の快挙となっています。

また、ハリウッドにあるコダックシアターで開催されたアカデミー賞授賞式では、映画『おくりびと』で外国語映画賞を受賞されています。

女優としてはまさにトップレベルの実力をお持ちの方なんですね。

とこれまで日本だけの止まらず海外においても活躍をされている余貴美子さんですが主な出演作品は…

映画

・学校III

・萩家の三姉妹

・ちゅらさん

・おくりびと

テレビドラマ

・はじめまして、愛しています。

・遺産争族

・ファーストクラス

・女タクシードライバーの事件日誌

などなどですね…気になる演技はどうでしょうか。

ツイッターでの評判も良いですね。

今回民衆の敵で余貴美子さんが演じる河原晶子はクリーンなイメージと、アメリカ仕込みのディベートのうまさ、洗練された魅力で圧倒的な人気を誇り見事市長に当選をします。

余貴美子さんらしい、『できる女』を演じられそうえす。

女性からは憧れの存在で市議会のドン・犬崎との対決姿勢を打ち出し、あらゆる利権の撲滅に乗り出す事になります。

犬崎と対立するという事であれば、篠原さん演じる智子側になる可能性は大きいですね。

智子と河原田晶子あたりの絡みも是非見てみたいですね。

前田 康役 大澄賢也

名前:大澄 賢也(おおすみ けんや)

生年月日:1965年10月26日

職業:日本の俳優、タレント、ダンサー

出身地:静岡県浜松市

所属事務所:キューブ

妻:女優の岡千絵、歌手の小柳ルミ子は元妻

話題となったきっかけが、まだ無名だったダンサー時代に13歳も年上の小柳ルミ子さんと電撃結婚をした事がきっかけでした。

その後は夫婦でステージ、テレビ出演を行ってから芸能界のおしどり夫婦よも呼ばれていたんですね。

その後、離婚になりますが、その離婚の時も高額の慰謝料を払うのか、無名のダンサーに戻るか小柳ルミ子から決断を迫られていたそうです。

ちなみに慰謝料は1億円払いって解決したそうです。

大澄さんは当初は無名のダンサーだったのですが、その後はすごい活躍をされています。

『CHICAGO』という名作ミュージカルでは、唯一の日本人ダンサーとして出演をされています。

ちなみに同作では、構成・演出・振付・出演全てを担当されているんですね。

現在はダンサーだけでなく振付師としても活躍をされているそうです。

また、現在の奥様の岡千絵さんは、日本で5本の指に入ると言われるダンサーとも言われています。

そんなお二人ですが、まだ子供は授かられてはないそうですね。

もし、子供ができた場合才能に溢れたダンサーのサラブレットが生まれそうです。

大澄さんの代表作品を記載します。

【テレビドラマ】

・家なき子2

・土曜ワイド劇場

・金田一少年の事件簿

・相棒 season12(第4話)

・全力失踪

【映画】

・週刊バビロン(2000年)

・ULTRAMAN(2004年)

・プレシャス・ストーン(2013年)

・Messiah メサイア -深紅ノ章-

演技の評判に関しては、そこまでネット上で話題にはなってないですね!

ただ、出演ドラマも多く、経験としては文句なしなのではないでしょうか。

今回の民衆の敵の役どころとしても特に公式HPでは公開はされてない様子ですね。

ただ、大澄さんのブログを確認すると…

『暑い日が続いていますね〜』と書かれた後に『民衆の敵2』の台本の写真がアップされていました。

なので、かなり序盤から出演される可能性大ですね。

さらに、ツイッター等での情報を見ると、スーツ姿ですので市議会議員関係者なのは間違いなさそうですので重要な役割になりそうです。

佐藤公平役 田中 圭

名前:田中圭(たなか けい)

生年月日:1984年7月10日

出身地:東京都

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

血液型:o型

配偶者:さ

田中圭さんは、中学3年の時に『21世紀ムービースターオーディション』に応募して最終選考まで進みましたが入賞はできませんでした。

しかし、その際に現在のプロダクションの方にスカウトされ芸能界入りをします。

デビューは2000年に任天堂『マリオパーティ3』のCMでした。

注目を集めたきっかけとしては、2003年に放送されました、『WATER BOYS』です。

メインのキャストではありませんでしたが、大きな注目を集めるきっかけとなりました。

ドラマの出演回数は、100作品以上も出演をされています。

『売れっ子イケメン脇役!』という感じでしょうか。

少し前ですと、香里奈さんとの熱愛が噂されていましたね。しかし、香里奈さん事務所側は否定されています。

現在は、女優さくらさんとの間に第一子を授かっておられますので幸せに暮らされてそうですね。

では、演技の方はどうなんでしょうか。

田中圭さんといえば…同世代の俳優さんと比べると正直目立つ個性があるというわけではありません。

しかし、逆を返せば…『どこにでもいそうな人』っぽい感がとてもリアルなようにも見えます。

田中圭さんは、明らかに塩顔で、少しなよなよしてて恋ヘタの時もスーツ姿を見ると『そういう人いるな〜』と誰もが思ったのではないでしょうか。

それゆえに、ツイッター等での評判は良いですね。

ドラマ『恋がヘタでも生きてます』では、絶大な支持を集めていました。

また『東京タラレバ女子』でも大島優子さんの不倫役としても注目を集めていましたね。

今回の民衆の敵では、篠原さん演じる智子の夫、佐藤公平として出演をされます。

公平の一目惚れで猛アタックをし、それが実って結婚に至った設定となっています。

現在は子供と3人で暮らし、優しいがゆえに常に人の気持ちをおもんばかり気疲れを起こしてしまう性格です。

市議会選挙に立候補した妻である智子をイクメンパパとして全面バックアップします。

優しそうなパパを演じてくれそうな田中圭さん、ドラマが楽しみですね。

平田和美役 石田ゆり子

名前:石田 ゆり子(いしだ ゆりこ)

本名:石田百合子(いしだ ゆりこ)

生年月日:1969年10月3日

職業:女優、エッセイスト

出身地:東京都

所属事務所:個人事務所『風鈴舎』を1999年に設立し、社長兼女優として活動をされています。

石田さんの主な作品

【テレビドラマ】

・101回目のプロポーズ

・君のためにできること

・不機嫌な果実

・できちゃった結婚

・Dr.コトー診療所

・プライド

・今週、妻が浮気します

・はだしのゲン

・専業主婦探偵〜私はシャドウ

・カエルの王女さま

・夜行観覧車

・医師たちの恋愛事情

・逃げるは恥だが役に立つ

石田さんは、愛知県名古屋市にて出生をされました。その後にすぐに東京に引っ越しをされます。

小学生の時は水泳のジュニアオリンピックにて第8位をおさめられるなど成績をおさめられています。

高校生の時に転機は訪れて、自由が丘の亀屋万年堂の前でスカウトされてモデルになられるんですね。

それをきっかけに、全日空の沖縄キャンペーンガールに選ばれてテレビCMやポスターなどにて露出が増します。

1988年に『海の群星』というドラマに出演し女優デビューを飾ります。

『彼女の嫌いな彼女』ではドラマ初出演をします。

その後、『北の零年』で第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど輝かしい実績をお持ちなんですね。

今回の民衆の敵では、篠原涼子演じる、智子のよき理解者の立場として演じられます。

石田さんが演じられる平田和美(ひらたかずみ)は一流大学を卒業してから新聞社の中でも花形にあたり政治部記者になるという、まさに『できる女』です。

しかし、40歳を迎えた時に1人娘を出産してから環境が変わってしまうんですね。

育休後、記者の仕事ができるにも関わらず事務職へ配属をされるはめになります。

ここで仕事を辞めてしまうとキャリアが終わってしまうのを理由に『できる女』を演じ続けます。

そんな時に保育園のママ友の智子が立候補をすると聞きます。

彼女の行動と求心力を見るうちに応援するようになります。

石田さんは月9に出演するのは『プライド』以来となります。

公式HPでは、石田さんのインタビューが載せられていましたのでこちらも抜粋します。

Q・台本を読まれた感想は?「社会的な問題をうまくからめており、とても興味深いと思いました。
軽快でテンポよく登場人物たちがみんな生き生きとしていて、映像になるのがとても楽しみです」

Q・役作りについて現在の心境をお聞かせください。

「私の役の平田和美という女性はかつては新聞社の花形政治記者 現在は、閑職に追いやられたシングルマザー。
母としての自分と一人の人間としての自分の狭間でもんもんとしてるような人。
このひとが篠原さん演じる佐藤智子という女性と出会うことでどんどん変わって行く…
人が人と出会うことで起こる化学変化を生き生きと演じたいと思っています」

気になる石田ゆり子さんの演技の評判ではありますが、さすがの経歴と言っても良いでしょう。

評判は良いですね。

その実績として、雑誌で『テレビジョン』というものがあると思いますが、その企画で視聴者の投票により決定されるドラマの賞でドラマアカデミー賞というものがあります。

そこで石田さんは、2016年の10月12月のクールにてドラマアカデミー賞の助演女優賞に選ばれているんですね。

Twitter等でのコメントはどうでしょうか。

石田ゆり子さんのツイートを見てみると、やはり演技もなる事ながら、どの世代からも『かわいい』のコメントが多いですね。

石田さんのほんのりした雰囲気や、優しい笑顔が視聴者の方を虜にするんですね。

ネガティブなコメントはほとんど見当たらないので今回の民衆の敵でも期待できるのではないでしょうか。

また、篠原さん演じる智子に対して和美は一流大学卒業とキャリアもまた正反対の二人です。

確かにドラマ以外での二人の雰囲気を比べると正反対のような気がします。

この二人の絡みがどうドラマに影響をしていくのか楽しみですね。

莉子役 今田美桜

名前:今田美桜(いまだみお)

生年月日:1997年3月5日

職業:女優

出身地:福岡県

所属事務所:BIGFACE

民衆の敵公式HPにて、9月11日の更新で今田美桜さんが出演される事が発表されましたね。

今田さんは、福岡県出身で3人兄弟の長女です。

顔立ちは、童顔ではありますが、見た目とギャップがあって男っぽい性格だそうです。

そして、演技に対してかなりストイックでもあるそうです。

アクションなどの演技に関しても合間を見て自分磨きの勉強をされてるくらいです。

もともとは16歳の時に福岡でスカウトをされます。それから軽い気持ちでモデル事務所に所属をするんですね。

そこから地元のCMに出演をしたりと注目を集めていく事になります。

さらには、地元福岡の深夜番組でもある『GeeBee』で初めてのレギュラーもつとめます。

それから東京での仕事も増え始めます。

そんな中、福岡で彼女が出ている看板にBIGFACE社長の目にとまり19歳の時に再度スカウトされます。

女優になりたい願望が強くなり晴れて東京に上京をします。

今最も注目をされている若手と言っても過言ではない方なんですね。

主な出演作品ですが…

【テレビドラマ】

・プレミアムドラマ『私は父が嫌いです』

・こわぼん 第8話

・僕たちがやりました

と出演作品数としては決して多くはないです。

しかし、弱冠ハタチのかわいらしさと、透き通るような美しさの両方を兼ね備える今田さん。

今回の役は福岡のデリヘル嬢として出演をされます。

福岡一の美女とも呼ばれてるほどですので、きっと期待以上の演技をしてくれそうですね!

また公式HPにてインタビューがされてますのでそちらも抜粋します。

Q・月9初出演になりますが?「

出演させてもらえることが決まったとき、ものすごくうれしかったです。そしてこんなにも豪華な方々の中で演じさせてもらえることを本当にありがたく思っております。一生懸命がんばります。よろしくお願いします」

Q・莉子は、どのような役ですか?「かわいくてみんなを笑顔にするような莉子を演じられるか不安でいっぱいでした。でも今はそんな莉子を楽しんで演じさせてもらっています」

Q・莉子を演じる上で楽しいところと難しいところは?「莉子はオシャレが大好きなので、衣装が変わるたびに私もオシャレを楽しんでいます。そして天真爛漫な女の子なので莉子を演じているときはワクワクします。でも私は莉子ほどキャピキャピしている性格ではないので、たまにそのテンションについていくのが大変だなと思うことがあるのでそこが難しいです」

Q・収録現場の雰囲気・印象はいかがですか?「スタジオでのドラマ撮影は今回が初めてで、セットを見るのも初めてなんです。私は主にお部屋なんですけど、本当にワープしてきたかと思うぐらいリアルすぎてビックリしました。そして前作(『僕たちがやりました』)は学園もので、同世代の子たちが多かったので今回はすごく緊張していたんですけど、みなさんがものすごく優しくて明るいのでみなさんに莉子に入りやすくしていただいています」

また、演技の評判はどうでしょうか?

なんでも評判としては、まず顔が有村架純さんに似ているという評判が目立ちます。

確かに、目などは特に似ている印象がありますね。

演技としては、やはりストイックというだけあって『僕達がやりました』ではレギュラーとして出演をされていましたが、特に下手という印象は見受けられませんでした。

今回はデリヘル嬢という事で、初めての役柄にはなりますが、そのストイックさできっと役もこなせるはずです。

月9ドラマ『民衆の敵』主題歌/AAAの『LIFE(ライフ)』

10月スタートのドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』の主題歌を担当されるのがAAAさんですね。

主題歌のタイトル:LIFE

なんでも、生きていく中で良いことや悪いこと、色々ある中でも人生は続いていくというメッセージを歌ってる曲になっているそうえす。

特にサビのフレーズは印象的な部分になってるそうなんで是非聞いてみてください。

ドラマ『民衆の敵』の見逃し無料配信動画を観るならFOD!!

過去の月9(フジテレビ・月曜21時枠)のドラマを見るならFOD(フジテレビオンデマンド)がお勧めです。

今なら、最大31日間無料お試しキャンペーン実施中です。

ドラマ民衆の敵も予想ではありますが、放送が開始されたら見逃し配信動画にて視聴する事ができると予想されます。

是非一度利用してみて下さい。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.