人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

借金が積もりに積もってしまうと『この借金…返せる気がしない…』と誰もが思ってしまいます。でも、そんな状態でも救済措置があります。

それが債務整理(任意整理、自己破産、民事再生、特定調停)です。弁護士を通して所定の手続きを行う事により借金の負債額を減らす事が可能です。

しかし、その救済措置をしたとしても急に生活レベルを下げる事ができずお金をついつい使ってしまったり、はたまた急な冠婚葬祭があり突如お金が必要になる場合もあるでしょう。

では、債務整理中や任意整理中、そしてその後にお金が必要な時にどうやって手に入れれば良いのかをこれからご紹介させて頂きます。

目次

スポンサーリンク

債務整理(任意整理)中にお金が必要!!お金を手に入れる事は可能?即日融資もできる?

結論から申しますと可能です。

もちろん方法にもよります。単純にアルバイトなど、仕事をしてお金を稼ぐやり方が一番良いです。本来であればちゃんと働いて計画的に借金を返済していく事がとても大切です。

しかし、この記事をご覧に頂いている大半の方が

  • 『働く時間なんてない!』
  • 『今日中にお金が必要!』

と時間の猶予がない方やもしくは、

  • 『働くとかそんなのいいから一時的にお金が欲しい!』

という方もいらっしゃるでしょう。

それでは一番お金を手に入れる方法として一番早いのは何か…

日雇いバイト?株、FX、ビットコイン?オークションでの転売?

筆者も色々試しましたがなんだかんだ一番手取り早いのがキャッシングです。

ただ、この記事をご覧になられている方はキャッシングや借入を繰り返して債務整理(任意整理)を行なっている方がほとんどのはずです。

今現在、債務整理(任意整理)中なのにキャッシングができるのか?

と疑問に残る方もいらっしゃるかもしれません。しかし、中小の消費者金融であれば大手と違って独自審査をされていますので債務整理(任意整理)中であろうと融資を受けれる可能性はあります。

さらには中には即日で融資が可能な消費者金融もございます。

記事後半にかけて中小消費者金融を紹介しますが、まずは債務整理(任意整理)中や、後にお金を借りた場合、果たしてどうなるのか?どういったリスクがあるのか?

そもそも債務整理というものを知らない方もいらっしゃると思いますので順を追って説明していきます。

『キャッシングは絶対に嫌だ!』

という方であれば、別の記事にてキャッシング以外の方法でお金を作る方法を記載していますのでそちらをご覧下さい。

キャッシング以外の方法でお金を作る方法はコチラ!!

そもそも債務整理(任意整理)とは?目的は?

そもそも任意整理は、裁判所を通しません。その代わり弁護士が直接債権者(お金を借りている業者)に返済期限の延長や返済額の減額を行い交渉をする方法です。

なので、法的効力はもちろん効きません。私的手続きになるからです。

ではなぜわざわざ弁護士にお願いをするのか?

それは一般の人が債権者(お金を借りている業者)に直接交渉に行ったところで相手にされるわけがありません。なのでプロの弁護士にお願いをするわけです。

目的は、返済期限の延長、返済額の減額だけでなく、任意整理を行う事によって取り立て、催促の電話は来ないようになります。

なので、精神的にも安定した生活を送る為に行う手続きなのです。

債務整理(任意整理)の費用はどのくらい掛かるのか?

債務整理(任意整理)はもちろん無料でできるわけではございません。弁護士の方に動いて頂きますので費用は掛かってきます。

こちらも結論から申しますと、値段は断定できません。

というのが、債務者(借金をしている人)の借金状況、収入、生活状況等で変わってくる為です。その状況によっては債務整理(任意整理)の難易度が変わってきます。

その難易度によって弁護士と債務者の間ではその報酬額を自由に決める事が可能です。

ただ、自由に決める事が可能と言われたら債権者からすると相談しづらい気持ちも出てくるのではないでしょうか。

安心して頂きたいのが費用の上限はあります。上限が決まった経緯については割愛しますが、2011年4月1日以降に委任した債務整理は規定の上限に沿うように決められています。

>規定のPDFはコチラ<

ちなみにこちらは日本弁護士連合会で決められているものです。が、一般の方が見てもとても分かり辛いと思いますのであくまでもおおよその金額を記載します。

借金している業者数 費用
1社のみ 30000円程度
2社以上 1社につき20000円程度

債務整理(任意整理)費用の内訳 

 ・着手金

弁護士の方に債務整理を依頼する場合に支払うものになります。これは債務整理が上手くいった、いかなかった関係なく最初に弁護士の方に支払うものになります。

 

 ・報酬金

これは債務整理という事件に対してその達成度合い、成功度合いによって支払うものになります。

 

 ・過払金返還報酬金

債権者から返還を受けた過払金を元に算出した報酬です。

 

 ・手数料

債務整理を行う上で手続き等で出てしまう費用です。

債務整理(任意整理)を行うべき人は?

長期間に渡り借金をしている人

これは過払い金と呼ばれる、いわゆる債権者に返済をし過ぎている可能性があります。

なので、払いすぎてしまっている分に関しては戻ってきますので長期間に渡って借金をしている場合債務整理(任意整理)を検討した方が良いかもしれません。

特定の債権者のみに借金を返済したい場合

債務整理(任意整理)にて返済をする相手は選ぶ事ができます。債務整理(任意整理)をしたからと言って全ての借金の返済の手続きをするわけではありません。

家族にバレずに返済を行いたい場合

仮に債務整理(任意整理)をしなかった場合は、催促の電話や通知が自宅に届きます。

そうなると家族に借金をしている事がバレてしまいますよね。

そうなる前に債務整理(任意整理)を行う事により債権者から連絡が行く事もなくなり、裁判所も通さないので裁判所からの連絡が行く事もありません。

定的な収入がある方

債務整理(任意整理)の場合3年、もしくは5年に渡って返済を行います。

なので、収入が多い、少ない関係なく安定した収入がある事は大切になります。

債務整理(任意整理)のメリットとデメリット

改めて債務整理(任意整理)のメリットとデメリットを簡単にまとめます。

メリット

  1. 債権者、裁判所からの連絡等は一切ない。無くなる
  2. 裁判所を通さないので負担無く手続きが可能
  3. 過払い金が発生した場合は返還される
  4. 自宅等の財産を処分する必要がない
  5. 債権者を選ぶ事が可能
  6. 利息の支払いが無くなる
  7. 官報(国の広報誌)に記載されない
  8. 資格制限、職業制限がない

デメリット

  1. 返済を継続して行う必要がある
  2. 新たな返済がスタートして滞ると契約解除の可能性がある
  3. 債権者によっては上手く和解ができない場合がある
  4. 個人信用情報機関に『異動』(ブラックリストに載る)と記載がされる
  5. 新たな借入(おおよそ5年間)ができない可能性がある
  6. 費用が掛かる

債務整理(任意整理)中にお金が必要になって借りる時のリスク

これは単純に返済先が増える事により返済額も増えます。更には、本来返済に充てる事ができたであろうお金が余分にのっかってきます。

その理由ですが…

債務整理(任意整理)中にお金を借りると契約解除のリスクが出てきます。

債務整理(任意整理)は弁護士に依頼をして契約書を交わします。契約書の内容は依頼するにあたって報酬の支払い方法であったり、他にも沢山の契約があります。

それ以外にも契約解除になる場合の事も多く記載されています。

契約解除になる場合の大抵の理由が弁護士の方への報酬の支払いができなかったり、債権者への支払いができなかったり、あとはそもそも依頼した内容の中に嘘があったりすると契約解除になってしまいます。

なので、改めて考えていきたいのがお金が底をついたから、返済できず滞納をしていたから債務整理(任意整理)をしようとしているのに新たにお金を借りようとしている時点で現在の返済ができるわけがないのです。

仮に新たな借りてを見つける事ができたとします。

そうなるとまた、返済先が多くなり債務整理(任意整理)した債権者に返済ができなくなるのは目に見えています。

それでは、もし債務整理(任意整理)をしている債権者に対して返済ができなくなって契約解除になった場合はどうなるのでしょうか?

未払いの弁護士費用を払う必要がある

契約解除になると単純です。弁護士からすると関わりたくない気持ちが出てきます。

かと言って報酬は払う必要があります。ここで未払いになっても相手は弁護士なので勝てるわけがありません。

後ほど請求が行くようになります。

債務整理(任意整理)で和解した賃金業者・金融業者へは?

和解した賃金業者・金融業者への返済は特に変わる事なく継続して行う事があります。

既に和解しているので契約解除というのはあくまでも弁護士との契約解除なわけであって賃金業者・金融業者にはなんら影響はないです。

和解できていない債権者には新たに弁護士が必要

まだ、和解できていない債権者があったとします。その場合は新たに弁護士の方に依頼をする必要があります。

債務整理(任意整理)は弁護士に依頼しなくてもできる事はできます。直接債権者と交渉する事は法律上は可能ではあります。

しかし、99%の債権者は嫌がると思って頂いた方が良いです。

では、なぜ嫌がるのか?

それは手間が掛かるからです。弁護士の方だったら法律の知識のもと同じステージで話す事ができる為、時間も労力も割く事ができます。

なので弁護士に改めて依頼する必要性があるというわけです。ただ、新たに弁護士に依頼をする場合はまたそこで費用が発生します。

着手金、報酬金等…数万また余分に掛かります。また、弁護士を探す手間、手続き等を新たにする手間も掛かってきます。

遅延損害金が膨らむので早めに新たな弁護士を見つける必要あり

返済が滞って進んでいない場合は遅延損害金が発生します。

なので早めに新たな弁護士を見つけて早期解決、早期返済の段取りを組む必要があります。

そもそも遅延損害金とは?

簡単に申しますとCDやDVDの遅延料金と同じようなものです。

約束の日までに返済をしないと約束を破ったという事で遅延損害金が発生します。

ちなみに遅延損害金について知りたい方は「キャッシング返済方法の種類と返済に遅れた場合の遅延損害金について解説!!」の記事でも詳しく紹介しています。

CD、DVDレンタルの場合だと仮に返却日から1週間遅れて返却をしたとします。そうするとCD、DVDレンタル会社からすれば『遅延した1週間の間に新しくレンタルできたかもしれません。なのでその代償として遅延損害金という名目で本来得られていた利益分を払って下さい』というわけなのです。

さらには、賃金業者から借りている場合、利息も払っています。そしてその上に遅延損害金となると大きい金額になってきますので早めに弁護士の方に相談をしたいところですよね。

遅延損害金の計算方法

 

  • 借入残高 × 遅延損害金利率(年利) ÷ 365 × 遅延日数

 

借入残高はそのまま現在借入をしている残高のことです。いわゆる『あと借金がどのくらいあるのか』という金額ですね。

遅延損害金利率は、おおよそ14〜20%です。大手のアコムやプロミス、アイフルは20%ですね。

遅延日数は賃金業者によって変わってきますが、基本的な数え方としては返済予定期日の翌日から計算が始まります。12月31日に返済予定だったのであれば、1月1日から数えられます。1月10日に返済ができたのであれば、1日から数えて10日間が遅延日数になります。

 ・遅延損害金の例

仮に借入残高が30万円で、遅延損害金利率20%×遅延日数30日とします。

30万円 × 20% ÷ 365日 × 30日 = 約4931円

になります。

これが借入残高が50万円になった場合

50万円 × 20% ÷ 365日 × 30日 = 約8219円

このようにとてつもなく大きな金額になります。この遅延損害金を返済に充てる事ができたらどんなに楽なのでしょうか。なので、早めに弁護士の方を探す事をお勧め致します。

債務整理(任意整理)後にお金が必要!!お金を手に入れる事は可能か?即日融資もできる?

こちらも結論から申しますとお金を借りる事は可能です。

債務整理(任意整理)中の際と同様に債務整理(任意整理)後も大手ではなく中小消費者金融であればキャッシングができる可能性は十分にあります。

むしろ、債務整理(任意整理)中よりも後の方が返済がないという点で有利とも言えます。返済能力としては上になるからです。

また、債務整理(任意整理)中の時と同じように中小消費者金融であれば即日融資も可能です。

債務整理(任意整理)後にお金が必要になって借りる時のリスク

債務整理(任意整理)後にお金が必要になった場合はどうなるのでしょうか?

借りる上でのリスクとして挙げられるのは、審査に通り辛くなると言った点でしょう。

しかし、それも所定の期間が過ぎればなんら問題無いです。そもそも債務整理(任意整理)は法律で定められている救済措置なので、その後にリスクがある方がおかしい話です。

ただ、リスクとまではいきませんが、債務整理(任意整理)後、所定の期間内は普通の人と比べて信用度は下がっている事に違いはありません。

債務/任意整理後の状態とは?信用情報機関の情報は?

債務/任意整理後の状態について記載します。

債務整理(任意整理)後は、中の時と同様に個人信用情報機関の情報には『異動』という情報が記載されたままになります。

しかし、一生記載されたままではありません。

おおよその期間は、情報が載っている機関や債務整理の種類により変わってきます。

事故の種類 掲載期間
数ヶ月の支払い遅れ 5年間
任意整理 5年間
特定調停 5年間
個人再生 5〜10年間
自己破産 5〜10年間

完済した後は上記の図の期間、情報は残ります。

ちなみに個人信用情報機関は大きく分けて3種類ありますが、自己破産情報はCIC、JICCの場合は5年間、全銀協(KBC)であれば10年間事故情報が保有されます。

信用情報について詳しく知りたい方は「個人信用情報機関の開示までの流れとやり方!!メリット・デメリットはある?

この『異動』という情報が掲載されている内は審査に通り辛い状態が続きます。銀行や、大手消費者金融の場合はほぼ通らないと考えて頂いた方が良いでしょう。

債務整理(任意整理)後にお金が必要でキャッシングできる消費者金融

これまで、債務整理(任意整理)中や後について記載をしましたが、これから具体的なお金を借りる上で債務整理中・後のハンデを背負った状態でもキャッシングできる可能性がある消費者金融業者を紹介します。

具体的なキャッシング先のターゲットは中小消費者金融です。

まず、銀行や大手消費者金融、大手カードローン会社では審査に通る事はほぼございません。それらの賃金業者の審査はシステムを使っての審査の為、なかなか相談がしづらい状況にあります。

しかし、中小であれば独自審査を行っております。

独自審査とは、その名の通り独自で開発をしている審査基準ですが、中身の実態としては「過去だけでなく現在の状況」を優先的に見てくれるといった内容です。

過去に債務整理を行なったとしても現在はちゃんと返済を継続して行なっている場合や、収入が突如上がった場合、他にも色んな事情も親身に電話で相談にのってくれ、見合った融資を実現してくれる場合があります。

なので、中小消費者金融にターゲットを絞るわけです。では、中小消費者金融にはどのような業者があるのか?怪しい業者なのではないか?と言った不安もあるかと思いますのでこれから説明致します。

ちなみにこれから記載する消費者金融は全て

  • 独自審査
  • 債務整理(任意整理)中や後の方も審査の対象
  • 24時間Webからの申し込み可能
  • 即日、当日融資可能
  • 融資対象は全国
  • 担保、保証人不要

 

債務整理(任意整理)中や後にお金が必要!!『キャッシングアロー』でお金を手に入れる

本社所在地 愛知県名古屋市
設立年 2000年
金利(年率) 15.00%~19.94%
最大融資額 200万円
強み 新規契約に力を入れている

アローの強みとしては、設立年数からも他社と比べて若い点にあります。大手と比べてその分抱えている顧客の母体数が少なくそこにチャンスがあります。

少ないという事はそれだけ顧客数を増やそうという動きに変わります。なのでアローは現在新規契約に力を入れているわけなんですね。

金利は決して低いわけではございませんが、何よりも審査通過重視を希望するのであればアローはお勧めの消費者金融です。

アローは消費者金融の中でも珍しい『自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい』と公言をしています。

また、振込キャッシングの形式をとっていますので、急な出費にも審査最短45分で指定の口座に振り込んでくれますので利便性とスピードにおいても頼もしい存在です。

アローを別記事にて詳しく記載していますので宜しければそちらもどうぞ。

キャッシング・アローを更に詳しく知りたい方はこちら

債務整理(任意整理)中や後にお金が必要!!『ユニーファイナンス 』でお金を手に入れる

本社所在地  愛知県名古屋市
創業年  1971年
金利(年率)  12.00%~17.95%
最大融資額  300万円
強み  FITカードでプロミスATM利用可

ユニーファイナンス の強みは、専用のFITカードで全国最多のプロミスのATMを利用する事により自由に借入・返済が可能になっている点です。

ちなみにプロミスのATM数は全国に10万台以上もあると言われています。(平成28年4月時点)

急な出費にもすぐに対応ができますね。

また、ユニーファイナンスは接客のレベルは大手もしくはそれ以上とも言われています。それゆえに東海地方での信頼度はトップレベルに高いです。

その理由は、ユニーファイナンス はお客様との接する時間を大切にしているからこその実力です。

ご興味がある方は是非一度公式HPをご覧になられてはいかがでしょうか。

また、ユニーファイアンスを別記事にて詳しく記載していますので宜しければそちらもどうぞ。

ユニーファイナンスを更に詳しく知りたい方はこちら

債務整理(任意整理)中や後にお金が必要!!『セントラル』でお金を手に入れる

本社所在地  愛媛県松山市
創業  1973年
金利(年率)  4.8%〜18.00%
最大融資額  300万円
強み  Cカードで全国のセブン銀行利用可

セントラルの強みとしては、契約後に発行をしてもらえる専用のCカードで全国のセブン銀行にて自由に借入・返済を行う事が可能な点です。

また、『平日14時までのお申し込みで即日振込が可能』と公言をしておりスピードにおいても自信があります。その場合は指定の口座に振り込むという形で対応をしてくれます。

さらには、今新規でお申し込み頂くお客様は、30日間無利息サービスが適用されます。

借入を行なってから最初の30日間は金利が一切掛かりません。なので、短期的にお金が必要になったという方にはお勧めです。

ご興味がある方は一度公式HPをご覧になられてはいかがでしょうか。

また、セントラルを別記事にて詳しく記載していますので宜しければそちらもどうぞ。

セントラルを更に詳しく知りたい方はこちら

債務整理(任意整理)中や後にお金が必要!!『ライフティ 』でお金を手に入れる

本社所在地  東京都新宿区
設立年  1991年
金利(年率) 8.0%~20.0% 
最大融資額  1000円〜500万円
強み  他社にない独自サービスが豊富

ライフティの強みは他社にない独自のサービスが豊富です。以下がその代表的なサービスです。

  • 融資額が1000円から可能
  • 新規でのお申し込みの場合無利息期間が35日間
  • 当日13時までの申し込みで当日融資可能と公言
  • 返済サイクルが35日

などなど他社にサービスが満載です。

さらにはサポート面でも他社よりも一歩先を走っており、気軽に質問をしたい場合は専用の『ライフティ チャット窓口』というものを公式HPにて設けています。

このチャット窓口にて聞きたい事を聞けば瞬時に返答がきます。これはAIを用いたサービスです。

ライフティは消費者金融の中でもトップレベルに勢いがある業者と言っても過言ではございません。ご興味がある方は一度公式HPをご覧になられてはいかがでしょうか。

また、ライフティ を別記事にて詳しく記載していますので宜しければそちらもどうぞ。

ライフティを更に詳しく知りたい方はこちら

債務整理(任意整理)中や後にお金が必要!!『フタバ』でお金を手に入れる

本社所在地 東京都千代田区 
設立年  1963年
金利(年率)  14.959%~17.950%
最大融資額  50万円
強み  審査の敷居が低め

フタバは、消費者金融の中でもトップレベルで営業年数が長いです。

以前から、『過去に自己破産・債務整理等をされた方もまずはお申し込みください。』と公言をしております。

なので、銀行や、大手消費者金融、大手カードローン で一度審査に落ちた方にはお勧めの消費者金融です。

また、最大融資額が50万円と小口での融資専用になります。それだけに金融事故を起こした方を1人でも多く融資を実現したいというフタバの意図も現れています。

興味がある方は一度公式HPをご覧になってはいかがでしょうか。

また、フタバを別記事にて詳しく記載していますので宜しければそちらもどうぞ。

フタバを更に詳しく知りたい方はこちら

キャッシング・融資以外で債務整理(任意整理)中と後にお金が必要で手に入れる方法

これまでは、キャッシングでお金を手に入れる方法を紹介してきましたが、それ以外の方法のやり方も記載していきます。

家族名義でのキャッシングやローンを組む

キャッシングや、ローン を組む時はほとんどの方が必ず来ると言っても過言ではないでしょう。

例えば、住宅ローンや子供の為の教育に関するローン、自動車ローンなど。こういった状況が仮に債務整理後に来た場合は、家族名義でローンの申請を行うのが効果的です。

債務整理をしたからと言って個人信用情報に傷がつくのは自身だけです。なので家族にはなんら影響がないので家族名義であれば問題無くローンを組む事が可能です。

ただ、注意点としては、もちろん家族名義で申し込む場合、その方が過去に延滞や債務整理等を行なっている場合は言うまでもなく状況は変わりません。

また、家族名義でローンの申請、審査の申し込みを行う場合その名義の方の年収や勤続年数で審査が行われますので、場合によっては条件を満たさない場合もあります。

理想は配偶者が一番身近で良いですが、結婚されていない場合は親に頼むのがベストでしょう。

そして、支払いを行う際は、自分が直接親に支払いを行うか、もしく親に親名義の口座を作って頂き管理は完全に自身で行うかです。

家族カードを利用させて貰う

そもそも『家族カード』の存在をご存知でしょうか?

家族カードは、安定した本会員となる方(最初にクレジットカードを契約した方)がいらっしゃる場合、その家族の方々もクレジットカードを利用できるサービスの事を指します。

そして、その家族の方が使うクレジットカードを家族カードと呼びます。

家族カードを作るには各クレジット会社にもよりますが、同じ住所である事、親である事、18歳以上である事等条件はありますので、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

家族カードの使い方としては、例えばある3人家族がいたとします。父、母、息子の3人です。

父が本会員で利用限度額100万円のクレジットカードを作成しました。父が早速30万円分利用をしました。そうなると母と息子はいくら使えるのか?

答えは2人で70万円です。あくまでも、利用限度額100万円をシェアするという形ですので、家族それぞれに利用限度額が100万円になるわけではありません。

なので、債務整理(任意整理)中や後の方はまずクレジットカードの利用ができない状態で、新たに作る事も難しいです。なので、親、もしくは配偶者の方に本会員となってクレジットカードを作って頂き、家族カードとして使わせて頂くのが一番良い方法です。

デビットカードを利用する

前述で家族カードについてご紹介をいたしましたが、では家族カードを使える状況にない場合はどうすれば良いのか?

例えば独身1人暮らし、もしくは家族カードを使わせてくれる人がいない、お願いし辛いなどなど様々な理由があります。

そういった方は『デビットカード』をお勧め致します。

デイビットカードは、預貯金口座と繋がっており、使った分の額がリアルタイムで引き落としがされるという機能を持ったカードです。

なので、口座に10万円が入っている場合は、最大10万円までしか使えないという事です。クレジットカードと違い、口座に残高が入ってないと使えないですし、何よりも返済という概念がございません。

また、現金を持ち歩く必要もないので利便性も高いです。

債務整理(任意整理)中や後の方には一番お勧めできる方法です。

副業を始めて稼ぐ

副業であれば、当然ですが信用情報を参照する機会もございませんので、債務整理中であろうと関係なくお金を稼ぐ事ができます。

副業については「最新副業60選!!目的別で今すぐにお金を作る・稼ぐ方法を一覧化!!初心者でも最低月10万円は即日で現金化!!」にて詳しく紹介しております。

個人的にな意見として、今すぐにお金を作ろうとするなら「自宅にある物をお金に変える買取」がお勧めです。

出資者を募集する

こちらは新しく起業や事業の立ち上げを行う際限定ではございますが、出資者を探し資金を集めるという方法もございます。

家族や、身内の方、知り合いの方に相談をするのも一つの手ですし、今の時代はソーシャルレンディングというサービスもございます。ネット上のみでお金を集める事もできる時代です。

別記事でも紹介しておりますので、詳しく知りたい方は下記をご覧下さい。

副業始めるならソーシャルレンディング!!年5万円稼げる不労所得の作り方

国や市・自治体の援助を受ける

新しくお金を作るというよりも生活費の援助を受ける事は可能です。

それは国や市、自治体は数多くの支援制度があります。特に有名なのが生活保護です。

条件はありますが、生活保護を受けると毎月県、市から生活に必要な最低限の生活費が支給されます。そのお金を使って生活をする事は可能です。

ただし、全員ができるわけではありません。審査がございます。また、生活保護だけでなく色んな支援制度がありますので、お近くの役所、自治体に相談をするようにしましょう。

我慢して現金一括で購入をする

何か購入をしたい物があった際は、その場の衝動ではなく我慢してお金を貯めてから購入をする事です。債務整理(任意整理)を行うとクレジットカードも利用する事ができません。

ただ、お金を貯めておいて現金で購入さえできれば何も問題はございません。事前に計画的にお金は貯めておくようにしましょう。

その他のお金が必要で手に入れる方法

今回のこちらの記事の冒頭にも載せましたが、10万円のお金を作る方法を別記事で載せましたのでご興味がある方は一度ご覧下さい。

キャッシング以外の方法でお金を作る方法はコチラ!!

即日融資可能!?債務整理(任意整理)中や後にお金が必要で手に入れる方法!!まとめ

これまで債務整理(任意整理)中や後の方向けにお金を手に入れる方法を記載してきましたがいかがでしたでしょうか。

債務整理(任意整理)中や後にはそれぞれつきまとうリスクがあります。しかし、そのリスクを考えた上でもお金が必要であれば、一番早くお金を手に入れる方法がキャッシングです。

その中でも中小が銀行や大手消費者金融、大手カードローンに比べると敷居が低いです。

お金が今必要という事で緊急性を要するのであれば一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

今回の記事がそういった皆様に少しでも力になれたらと思います。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事