人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら
キャッシングをしたが、返済が滞ってしまって結果的には債務整理をすることになってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
債務整理をし、今後しっかりとやり直そうと考えている矢先に急にお金が必要になってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。

債務整理をしている最中、そして完了後も最大10年間は「金融ブラック」と俗に言われる状態になってしまいます。

所謂個人信用情報に傷がついている状態となり、新規の融資審査やクレジットカードの審査が一般的には通らない時期となってしまいます。

そんな時にでもキャッシングや融資可能な消費者金融・街金は存在しているのでしょうか。

そのような方にも融資可能となる消費者金融や街金をご紹介します。

スポンサーリンク

債務整理とは何か

そもそも債務整理というのを平たく言うと、借金の返済で苦しんでいる人のために存在している法律による救済措置です。

つまり、支払いが難しくなってしまった借金問題の解決を国が決めた法的な手続きに従って処理をすることによって、新しい生活に向けて再スタートをしやすくなるように作られた制度になります。

もちろん、個人信用情報という銀行やクレジットカード会社の使用している情報に債務整理を実施したことが記録されますので、その後の日常生活に多少なりとも影響を残すこととなってしまいますが、致し方のないことと言えるでしょう。

一方で日本では年間約10万人程度がこの債務整理制度を利用していると言われていて、意外にも身近な制度になっていると言っても良いでしょう。

正規の借金に関する問題はこの制度を利用しての解決が一番望ましいと言えます。

なぜなら、この制度を利用しても解決できない借金問題は日本の中には原則的に存在していないからです。

しかし、債務整理を利用するか利用せずにこのまま返済を続けるかは、他の誰かが決めてくれるわけではなく、自分で決めなくてはいけません。

具体的には、現時点で既に以下の状態になっている場合は早急に検討を始めた方が良いと言えます。

債務整理を検討したほうが良い方
  • 借金の返済を延滞している方(月々の返済期日に遅れている)
  • 借金の返済を滞納している方(月々の返済期日に返済ができず、翌月の返済期日を迎えてしまっている)
  • 借金を返済するために別の会社から借金をしている。

特に現在3点目の状態に陥ってしまっている場合はすぐにでも債務整理利用の検討が必要です

このまま返済を続けていても幸せな人生が待っているとは考えにくい状況です。

さて、債務整理と一般的に言われるこの制度には4種類の方法が存在しているのをご存知でしょうか。次はその4種類の方法をそれぞれ紹介しながら、各制度の特徴を紹介します。

債務整理の種類

まずは4種類の債務整理を簡単に紹介します。

中でも債務整理中にキャッシングを利用したり、融資可能と審査通過を受けることができたりするのは「任意整理」となります。

4種類の債務整理
1.自己破産
2.任意整理
3.特定調停
4.個人再生

1.自己破産

ドラマやマスコミでも取り上げられる一番有名な方法である「自己破産」は、簡単に言うと

  • キャッシングで借りた金額をすべて帳消し

 

にする方法です。キャッシング履歴を全て帳消しにする代わりに「財産もすべて処分し返済に充てる」ことになります。

自己破産の審査はとても厳しく、簡単には行うことができない仕組みになっています

 

ポイント!!なぜなら、この自己破産は債務整理の中でも最終手段ともいえるほど強力な処理で、キャッシングをした債務者、お金を貸した債権者(銀行などの金融業者)、双方が大きなダメージを受けてしまう方法であるからです

 

そのため、債務の免責(借金の帳消し)を決定するのは国の機関である裁判所となります。よって、支払いをすることも困難で、自己破産をしなければどうしようもないという状況にまで陥ってしまっていることを裁判所が認定することが自己破産の利用条件となります。

以下のような状況に2点以上当てはまっている方は、裁判所から支払い不能状態に陥っていると判断される可能性がありますので、具体的に専門家に相談するなどの検討が必要であると考えられます。

自己破産を検討するべき状況
  • 延滞しているが不動産などの価値の大きな財産を所有していない方
  • 失職や病気などで収入が絶えてしまっていて、返済見込みがない方
  • 借金を返済するために別の会社から借金している状況になっている方
  • 消費者金融や銀行カードローンのキャッシング審査が通らず、これ以上キャッシングができなくなった方
  • 闇金を利用している、または利用しそうになっている方

2.任意整理

今回のメインのテーマとなる「任意整理」とはどのような制度なのでしょうか。

  • 任意整理とは、裁判所等の公的な機関を介さずに借金を減額、または免除してもらえるように債権者と交渉を行う手続きとなります。

 

債務整理の方法の中では比較的制限となる事項が少なく、心理的なハードルも小さく住むこともあって、多くの債務者が検討する手続きとなります。

この方法は弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼する必要もなく、債務者本人が貸金業者と交渉を行うことも可能です。

ただし、書類の作成などミスのできない作業も多くあることから、債務者本人だけで貸金業者である金融機関と交渉することは現実的に考えてとても難しい場合が多く、専門家である弁護士や司法書士に依頼して交渉にあたるのが一般的になります。

 

ポイント!!任意整理の最大のメリットの1つとして、交渉によって「将来発生する利息のカット」に応じてもらうことができるという点があります。

 

元金の減額には応じてもらえなかったとしても、利息も含めた総支払額を計算するとかなりの額の圧縮をすることができる場合が殆どになります。

また、交渉では完済までの期間を3~5年間に設定するなど返済期間を固定するのが一般的なので、いつまでにいくらの返済するかを明確に知ることができ、精神的にも負担は軽くなります。

そして、任意整理を行う貸金業者を選択することができることも大きなメリットとなります。

その為、金利の高い業者を選択して交渉を行うこともできますので、自由度の高い方法となっています。

この手法は「国の機関」を介していないために条件の変更等について当事者間に大きな裁量があるだけでなく、任意整理中やその後も個人信用情報機関には異動情報(事故情報)が掲載されているものの、財産の処分は行われないので比較的中小消費者金融からの融資審査は変わらず受けられることが一般的です。

しかしながら、銀行系カードローンやキャッシング、大手消費者金融は個人信用情報を重視した審査手法を取っていますので、融資審査の合格は難しいでしょうし、キャッシングやクレジットカードの利用停止、または限度額(極度額)の引き下げを通知される可能性も残されています。

債務整理を検討していて、以下のような状況に2点以上当てはまっている方は、任意整理を検討された方が良い可能性がありますので、具体的に専門家に相談するなどの検討が必要であると考えられます。

任意整理を検討するべき状況
  • 同一の貸金業者と3年間以上の長期間取引を行っている方
  • 一部の貸金業者との債務だけを整理したい方
  • 住宅ローンを優先して返済しながら他の債務を整理したい方
  • 借金問題に関して裁判所を通した処理を行いたくない方

3.特定調停

「特定調停」はあまり耳にしない制度ではないかと思います。

  • 特定調停とは裁判所に仲裁に入ってもらい、貸金業者(債権者)と金利の引き直しや返済額の減額を交渉し、3~5年で借金を全額完済できるように計画を立て直す「和解計画」を策定する手続きになります。

 

ポイント!!この方法は弁護士や司法書士といった専門家に頼ることは必須ではありません。裁判所に所属している「調停委員」が債務者の代わりに交渉を行うことになります。

特定調停は調停委員のサポートがつく手続きでもありますので、債務整理を現時点で検討しており、かつ以下のような状況や考えにどれか当てはまっている方は、特定調停を検討された方が良い状況だといえます。

裁判所に足を運んで「特定調停を考えている」ということを伝えて、話を聞いてみることが良いかもしれません。

特定調停を検討するべき状況
  • 債務整理について専門家の費用はなるべく低く抑えて節約したい方
  • 弁護士や司法書士に債務整理の契約を断られてしまった方
  • キャッシング残高があるが、平日日中(17時ごろまで)に裁判所に行くことが可能な方

ただし、支払いについては3~5年の和解計画での決定通りに行わないと、借金は免除になりません

4.個人再生

個人再生は、裁判所に個人再生の申し立てを行い、借金の額を減額してもらって生活の立て直しを図る制度になります。

  • 借金を最大5分の1程度にまで免除してもらい、それを原則的に3年間で返済する計画を立てて完済を目指します

 

この3年間の計画が完全に行われた場合、残りの借金は全額免除となります。

 

ポイント!!免除された後の借金額は、最大5,000万円の5分の1か、100万円のうちの大きいほうの額となります。(詳細は後述します)

 

債務整理を検討していて、以下のような考えや状況にどれか当てはまっている方は、個人再生を検討された方が良い状況だといえます。

個人再生を検討すべき状況
・自己破産の申請で免責決定が出なかった方
・キャッシング残高はあるものの今後も定期的な収入がある方
・任意整理では返済が難しいものの、自己破産までは必要のない方
・車を所有していて、ローン等がない車を所有している方 ※ただし、完済していれば所有を継続できます。

4つの債務整理の特徴

自己破産、任意整理、特定調停、個人再生と4つの方法を紹介しましたが、それぞれの特徴を表にします。

処理方法 処理に裁判所許可の必要性 専門家の必要性 返済までの期間 信用情報へのダメージ
自己破産 必ず必要です。 弁護士・司法書士 免責 最大10年間掲載
任意整理 必要ありません。 必ず必要ではありません。 3~5年間・一括返済 5年間掲載
特定調停 必ず必要です。 裁判所所属の調停委員 3~5年間 5年間掲載
個人再生 必ず必要です。 必ず必要ではありません。 3年間(最大7年まで延長可) 最大10年間掲載(7年程度)

上記の比較を見ても任意整理は他の債務整理方法と比較して、縛りも小さいことが分かります。

裁判所を通さない債務整理になりますので、日常生活にダメージが少ないので利用しやすい制度です。

任意整理は基本的に利息を抹消し、元金だけを返済していきますので、任意整理中であっても新規の貸し出しをしてくれる中小消費者金融が出てくることになります。

大切なのは現在の収入で元金の返済が出来、かつ新規のキャッシングとその利息分の支払いが可能であるかという点をクリアできるかです。

債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金一覧

債務整理中、特に任意整理中でも新規でキャッシングをすることができる消費者金融があれば生活はとても助かるのではないでしょうか。

中小消費者金融は全国に数多く存在し「街金」と言われている貸金業者です。

基本的なキャッシングなどの仕組みは大手消費者金融と特に違いはなく、CMなどによる知名度の違いによるものが大きいだけで、怪しい業者ではありません。

次は任意整理中でも融資可能となる可能性の高い消費者金融をランキング形式で紹介していきます。

どの街金も・・・

  • 即日融資可能
  • 全国への融資対応
  • 24時間Webからの申し込み可能
  • ブラック(債務整理中、任意整理中)も融資可能
  • 担保、保証人不要

となっております。

まずは紹介する会社を表で特徴を整理しますので確認してください。

順位 会社名 融資上限金額 実質年率 メリット 会社HP(バナー)
1位 アロー 200万円 15.00~19.94%

審査が緩く早い

WEBで24時間受付

2位 セントラル 300万円 4.80~18.00%

30日無利息サービス

セブン銀行可

3位 ライフティ 500万円 8.00~20.00%

35日無利息サービス

セブン銀行可

4位 フタバ 50万円 14.959%~17.950% 30日無利息サービス
5位 ユニーファイナンス 300万円 8.8~18.00% プロミスのATM利用可
6位 ニチデン 200万円 7.30~20.00% 50万円まで使途自由

第1位:債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金「アロー」

アローはWEB上の口コミサイトの中でも特に審査が緩く、街金(中小消費者金融)の中でも審査は非常に通りやすいと噂されています。

独自審査で審査を行っている消費者金融で、任意整理中であっても現在の収入を元に審査されます。

商 号 株式会社 アロー
本 社 名古屋市中川区
設 立 平成12年
登録番号 愛知県知事(3)第04195号
加盟団体 日本貸金業協会会員 第005786号
最大融資額 200万円まで
貸付利率 15.00%~19.94%(実質年率)
返済方式 残高スライドリボルビング
審査時間 最短45分
申込方法 WEB、FAXまたは郵送
融資方法 振込
担保・保証人 原則不要

 

また、審査は最短45分という業界トップクラスの審査時間水準ですので、大手消費者金融と比較しても融資までのスピードに遜色ありません。

つまり、アローは自社独自の審査基準を持っているため、任意整理を行っている関係で銀行や大手消費者金融の審査に通らない申込者からの依頼も積極的に引き受けています。

その為、債務整理を行っていても審査を実施して積極的に融資を実行してくれます。愛知県名古屋市を拠点としておりますが、融資時は全国でネットで審査通過後指定の口座に振り込んでくれますので、どこにいても安心して利用できます。

第2位:債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金「セントラル」

セントラルは愛媛県に本拠地を構える中小消費者金融でありながら近年都市圏への進出を積極的に行っており、使い勝手の良さは中小の中でも1、2を争います。

なぜならセブン銀行ATMを利用してキャッシングを行うことができるだけでなく、同時に返済もセブン銀行ATMを通じて行う事ができるからです。

商 号 株式会社セントラル
本 社 愛媛県松山市
設 立 昭和48年
加盟団体 日本貸金業協会会員 第001473号
最大融資額 300万円
貸付利率 4.8%~18.00%
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
融資対象年齢 満20歳以上70歳以下
審査時間 最短30分
申込方法 WEBのみ
融資方法 口座振込・店頭融資・キャッシング
担保・保証人 不要

つまり、セントラルはキャッシング方法に、セブン銀行ATMを利用することが出来、それだけでなく店頭申し込みや銀行振込もあるので、非常に利便性が高いのが特徴です。また初回利用時には、契約時から30日間の無利息サービスが有ります。

任意整理をしていても、融資可能であったという口コミは多く存在していますので、まずは申し込みをしてみると良いのではないでしょうか。無利息期間を利用して、短期的にお金を借りたい方にもお勧めできる消費者金融です。

 

第3位:債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金「ライフティ」

ライフティは中小消費者金融の中で考えるとセントラルと同様にセブン銀行ATMでのキャッシングが可能なため、利便性が良いところが特徴です。

全国のセブン銀行ATMからキャッシングや返済が極度額以内で可能となっているので、安心して利用することが出来ます。

商 号 ライフティ株式会社
本 社 東京都新宿区
設 立 1991年6月
加盟団体 日本貸金業協会会員  第005552号
登録番号 東京都知事(5)第28992号
最大融資額 500万円
貸付利率 実質年率年率8.0%~18.0%
返済方式 元利金等方式、残高スライドリボルビング方式
審査時間 最短30分
申込方法 WEB申込、電話
融資方法 キャッシング
担保・保証人 原則不要

 

融資額は1000円可能で、とても幅広いニーズに応えることができます。

また、初回利用時の無利息サービスは35日と実施している他社と比べ約5日間も長いことも大きなメリットとなっています。

口コミサイト等によると、積極融資策を取っており、任意整理中でも現在の収入から小額ではあったが融資可能の返答をもらうことが出来たという評判が多く掲載されています。

第4位:債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金「フタバ」

フタバは営業年数が老舗消費者金融で、サービスが行き届いており、信頼性が高い会社です。

借り入れ限度額はやや低いですが、任意整理中であっても懇切丁寧に相談に乗ってくれ、貸付出来るよう審査を実施してくれると口コミが多くある会社です。

商 号 フタバ株式会社
本 社 東京都千代田区
設 立 昭和38年
加盟団体 日本貸金業協会会員第000034号
登録番号 東京都知事(2)第31502号
最大融資額 50万円迄
貸付利率 14.959%~17.950%
返済方式 元利均等 6年以内(2~72回)
審査時間 不明(即日融資可)
申込方法 WEB
融資方法 振込
担保・保証人 不要

 

コチラも他社同様、30日間無利息サービスを実施しており、即日融資も対応可能です。

しかし、任意整理中で申請する場合はヒアリング等の審査期間は長めになると考える方が良いでしょう。

その分信頼性は高く、利用者の立場に立った返済計画を提案してくれます。

安心してキャッシングを行えるので、任意整理中にお勧めの消費者金融です。

第5位:債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金「ユニーファイナンス」

ユニーファイナンスは大手消費者金融プロミスと提携をしていて、キャッシング・返済の利便性において大変利点がある消費者金融です。

商 号 株式会社 ユニーファイナンス
本 社 愛知県名古屋市中村区
設 立 昭和46年
加盟団体 日本貸金業協会会員第003412号
登録番号 東海財務局長(10)第00086号
最大融資額 300万円
貸付利率 12.00%~17.95%
返済方式 元利金等方式、残高スライドリボルビング方式
審査時間 不明(最短即日)
申込方法 電話(フリーダイヤル)・WEB
融資方法 セブン銀行ATM、口座振込
担保・保証人 原則不要

ユニーファイナンスは他の消費者金融と比較しても、審査通過難易度は低めで融資上限金額が他社より高く、実質年率はほぼ同様の総合力として非常に高い消費者金融です。

それはプロミスとの提携による後ろ盾もあるからで、プロミスATMでキャッシングと返済が自由に行えます

任意整理中であっても審査は比較的短時間で実施されると口コミも多いため、急な出費が出てしまった際などの場合にユニーファイナンスが優位性を発揮します。

但し、審査には収入証明が必要で、専業主婦(夫)であれば配偶者の収入を証明するもの、個人事業主でしたら確定申告時の書類等が必要となってきます。

審査通過の難易度が低い代わりに現在の収入はきっちりと確認されますのでご注意ください。

第6位:債務整理中(任意整理中)でもキャッシング・融資可能な消費者金融&街金「ニチデン」

最後に紹介するニチデンは大阪と奈良を中心に関西地域限定で事業展開をしている消費者金融です。

この消費者金融が他社にない強みとして持っているのは、融資対象地域内への配達融資があるということです。

他社には無いサービスなので、「自宅から出られない」という事情がある場合は利用すると便利ではないでしょうか。

商号 株式会社 日電社
本社 大阪府大東市
設立 不明
加盟団体 日本貸金業協会会員第002388号
登録番号 大阪府知事(4)第12923号
最大融資額 50万円
貸付利率 7.3~17.52%
返済方式 元利定額リボルビング方式
審査時間 最短即日
申込方法 WEB・電話
融資方法 店頭・振込・配達
担保・保証人 原則不要

ニチデンの特徴は、他社よりもかなり長い100日間の無利息期間です。3か月以内に返金できるのであれば、使い易さは群を抜いていると言えます。

また、即日融資可能であることもニチデンの魅力の1つです。

当日14:00までに申し込みを済ませる必要がありますが、最短10分という審査スピードは業界内で1位と言っても過言ではありません。

しかし、残念ながらニチデンは、利用できる人の居住地が限定されており、融資対象地域を、大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、三重県に絞っています。

対象地域に居住している方は検討をしてみると良いでしょう。

任意整理中でもキャッシングできる消費者金融のまとめ

今回の記事では6社の消費者金融を紹介させていただきました。各社とも任意整理中であっても融資が可能となっている消費者金融です。

各社は独自の審査基準を持っていたり、現在の収入状況を重視していたり、それぞれの審査に特性がありますが、任意整理中の方にも他の申込者と同様に門戸を開いているという点で共通しています。

このランキングは審査の通り易さだけでなく、使い勝手の良さも含めて検討した結果です。申込をなさる場合は、ご自身の状況に合っている消費者金融を選択し、申請されることをお勧めいたします。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事