でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

Google

『ペドロ インファンテ』生誕100周年をGoogleロゴで祝う!!

投稿日:

本日2017年11月18日はペドロ インファンテさんの生誕100周年です。

Googleロゴのトップにもなっていますが果たしてどんな方なのでしょうか?

ご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




ペドロ インファンテってだれ?何をしている人?

生年月日 1917年11月18日
生まれ メキシコ マサトラン
死亡 1957年4月15日(メキシコ メリダ)
本名 Pedro Infante Cruz

ペドロ インファンテさんは、メキシコの有名な俳優であり歌手でもある方なんですね。

メキシコでは大半の方が知っているくらい有名な方です。なんでも『国民のアイドル』とも呼ばれていたそうです。

第7回ベルリン国際映画祭も受賞をしており経歴としても素晴らしい方なのですね。

そんな彼ですが、1917年にマザトラン漁村でペドロ インファンテさんは生まれました。

大工に弟子入りし、父親から音楽を学んだんですね。

そこで、多くの楽器(ちなみに彼は自分自身のギターを作った事もあります)を巧みに扱いました。

しかし、それ以上に彼の歌声はもっと才能に溢れていました。

10代の頃、彼の父親のバンド『ラ・ラビア』の一員として、ペドロ インファンテさんは新しい歌のスタイルを編み出します。

それが、彼のソウルフルな音楽ジャンルなのです。

さらにその音楽ジャンルは世界に広がっていく事になります。

その音楽ジャンルというものがこちらです。

これがまさに彼の曲の中の1つです。

メキシコの曲なのでもっと騒がしいかと思いきや、意外と静かな曲です。

ただラテン系の声は特徴的です。

彼の歌声は少し鼻にかかった濁りのないテノールです。

さらにはその歌い方は丁寧で柔らかく、素直に歌っているという印象がします。

是非一度聞いてみて下さい。

 

ペドロ インファンテさんは映画出演回数60回以上!?曲は350曲!?

彼の凄さは曲がいいだけではありません。

その回数がとてつもないです。

なんと、映画の出演回数が60本以上、曲数が350曲以上なのです。

この数字を見れば『国民的アイドル』と呼ばれる理由が分かります。

第7回ベルリン国際映画祭を受賞した作品『Tizoc』

この映画で彼は、第7回ベルリン国際映画祭、最優秀俳優部門でSilver Bear銀熊賞を貰いました

ペドロ インファンテさんは飛行機事故で亡くなる

国民的アイドルの彼ですが、死は突然やってきます。

それが、1957年に起きた飛行機事故す。

彼はその当時、まだ39歳でした。

その若さで亡くなります。

彼を惜しみながらも没後50周年を祝う式典なども開催されていました。

それだけ国民から愛されていたんですね。

Google Arts&Cultureでペドロ インファンテさん生誕を祝って展覧会

彼の生誕100周年を祝ってDoodleで展覧会が開かれています。

メキスコはスペイン語になっていますが、彼の生い立ちについて記載されています。

>展覧会はこちら<

Doodleが表示されている地域・国

メキシコを筆頭に、アメリカ、南米の国々、ヨーロッパの国や日本でこの彼のロゴが表示されています。

まとめ

ペドロ インファンテさんについて記載しましたがいかがでしたでしょうか。

初めて知る方もいらっしゃると思いますが是非この機会に知って頂ければと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-Google

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.