人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理を行ってからでも融資を受けることが出来る消費者金融はあるのでしょうか

債務整理後でも基本的に5年から最大10年程度まで一定期間は街金と言われる消費者金融などから新規の融資を受けることはできないことが一般的です。

しかし、中小の消費者金融会社であれば、審査を実施してもらうことが出来、かつ融資を受けることが出来る可能性があります。

それは一体何故なのでしょうか。

この記事では、中小消費者金融会社で審査が甘くなっている理由と共にその会社のご紹介を行います。

闇金に手を出すことは身の破滅を招きます。

営業許可を得ている消費者金融会社から融資を受けるために、申し込むことをお勧めします。

スポンサーリンク

債務整理(後)をした申込者は金融ブラック

残念ながら、以下の債務整理を行なった申込者は「金融ブラック」と呼ばれる状態になります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 自己破産
  • 個人再生

を行った申込者は「金融ブラック」と呼ばれる状態になります。

この金融ブラックは信用情報機関(CIC・JICC・KSC)に債務整理実施の情報が登録されている状態の方を指し、返済が滞ったり、金利の条件を変更したり等の金融事故と呼ばれる金融機関側に不利益がある事故を起こしてしまっている方に付けられる俗称です。

信用情報機関の名称 主な加盟企業(系列)
JBA(全国銀行協会) 銀行・銀行系クレジットカード会社
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社・信販会社
CIC(クレジットインフォメーションセンター) クレジットカード会社・信販会社

この状態の申込者は基本的にあらゆる金融審査も通過できないことが一般的です。

ブラックの期間は?

任意整理で7年間、一番長いとされる自己破産で最大10年間(KSCの場合)と長期に渡っており、万が一の場合もお金を融資してもらえないなどの大きな不利益のリスクを抱えて生活することを余儀なくされます。

金銭に関する信用を失っている状態とも言えるこのブラックの方は、申し込み時のスコアリング審査(他社からの借入状況や年収などを審査する手法)にて、事故情報が露見してしまいます

そのために審査不可(通過せず)の通知が返ってくることになってしまい、その記録も信用情報に記録されていくため、融資を益々受けることが出来なくなっていきます。

中小と大手の違い

そもそも、街金と呼ばれる地元密着型の中小消費者金融会社と大手消費者金融会社の違いはどのような点でしょうか。

もちろん、例外は存在していますが、一般的な内容をまとめて比較します。

項目 大手消費者金融 中小消費者金融
知名度 ×
貸出金利 18.0%程度まで 20.0%まで
貸付限度額 800万円程度まで

300万円程度まで

※殆どが数十万円程度です。

信用情報について ブラックはNG ブラックでも条件次第でOK
即日融資
ATMの利用について 全国にATMや自動貸出機有り 地域限定や提携先のみ利用可能
他社の借り入れがある場合 NGの場合が多い

審査可能

※5社以上借りているとNGになることが殆ど

債務整理について ほぼ間違いなくNG 審査可能

他社の借り入れがある場合、大手消費者金融は多重債務を嫌いますが、中小消費者金融は審査可能となっている場合が多いです。

貸し出しの能力(即日融資など)は大手と中小で差は目立ちませんが、信用情報に傷を持っていると審査の段階で差が生まれています。

このような違いを踏まえて、金融ブラックとなってしまっている方は中小消費者金融会社の門を叩くのが良いと言えるでしょう。

信用情報を重視しない貸金業者は中小消費者金融にしかない

実は、個人信用情報の照会は消費者金融会社などの融資審査で義務付けられている審査項目ではありません

「街金」と呼ばれている地域密着型の中小消費者金融会社であれば、債務整理を実施していても十分に融資可能であるケースがインターネット上の口コミサイトなどを調べても見られます。

要チェック!!この街金と呼ばれる貸金業者ももちろん国や都道府県より営業許可を得て貸金業を営んでいるれっきとした正規の業者です。

 

彼らの審査方法は大手消費者金融会社のように個人信用情報ありきではなく、「申込者の収入状況や資産状況」で審査を判断し、融資の可否を決定しています。

そのため、過去の債務整理の有無や現在の進捗状況に関係なく融資を受けることが出来る可能性があります。

大手消費者金融の審査が通らなかった場合はぜひ検討したい業者を以下にまとめますので参考にしてください。

ただし、大手消費者金融に対して金利は高めに設定されていることが多く、また、融資可能金額も小額になりがちですので注意が必要です。

長期間の借り入れを希望している場合は、各消費者金融の特徴や返済方法を比較検討して、審査依頼先を決めましょう

なぜなら審査申込情報も個人信用情報として記録される対象となっているからです。

消費者金融に借り入れの申し込みをすると、その情報も約6ヶ月間信用情報機関に登録されることになりますので、無闇に多くの申し込みを出すことは有益な手法とは言えません。

会社名 ブラックの状態 借入限度額 実質年率 備考 会社ホームページ
ライフティ 債務整理前・中・後 500万円 8.0%~20.0% 最短30分で審査完了13時までの申込で即日融資可
アロー 債務整理前・中 200万円 15.00%~19.94% 14時までの契約で即日融資可
フタバ 債務整理中・後 50万円 14.959%~17.950% 即日融資可
セントラル 債務整理後 300万円 4.80%~18.00% 14時までの契約で即日融資可

上記の様に多くの中小消費者金融が債務整理後の状態でも融資を実行することが可能である可能性を持っています。

続いてそれぞれの会社の特徴と審査について見ていきましょう。

債務整理後でも借りれる即日融資可能で審査甘い消費者金融と街金「ライフティ」


ライフティ(東京都知事(5)第28992号)は1991年創業の中小消費者金融で、親会社は「ビジネスパートナー」です。

2014年に商号を現行のライフティに変えて営業しています。

このライフティは東京都新宿区歌舞伎町に本社を構えており、有数の歓楽街にあることからも資金需要は高いため、他社に負けない積極融資姿勢を打ち出しています

ライフティの強み!!

審査時間が最短で30分間というスピードは業界内でも最速とも言えるレベルです。
この融資姿勢のために、ライフティの審査は現在の収入状況と返済能力を重視しています。

また、債務整理が始まった場合は利息の計算も止まりますので、元々の貸し出し金額から膨れ上がる心配もありません。

その為、返済能力がある申込者であれば新規で貸し付けすることも可能となります。

もちろん、債務整理後に個人信用情報に事故情報(異動)として記録されてしまっている場合でも、審査に通過する可能性が十分にあります。

但し、平均的な融資可決額は最大で20~30万円程度と500万円迄の融資枠を持っている消費者金融としてはかなり小さくなっていますので注意が必要です。

また、ネット上の口コミによると、他社で現時点で延滞が発生している場合や5社を超える消費者金融から借り入れを行っている多重債務者は審査に通過できないようです

審査対象審査対象は20歳以上69歳以下の安定した収入のある方となっています。

この収入には年金受給も含まれており、無職であっても安心して審査を受けることが出来ますので、金融ブラックとなってしまっても申込検討をするべきだと言えます。

ライフティのホームページには、現時点で借り入れ可能かを診断できる「0.3秒簡易診断」が準備されていますので、審査通過の可能性を探ってみるのが良いのではないでしょうか。

債務整理後でも借りれる即日融資可能で審査甘い消費者金融と街金「アロー」


アロー(愛知県知事(3)第04195号)は愛知県を地盤とする中堅の消費者金融会社です。

アローの強み!!

自社独自の審査基準を持っていて、銀行や大手消費者金融の審査がなかなか通らない申込者からの依頼も積極的に引き受けています。
その為、債務整理を行っていても審査を実施して積極的に融資を実行してくれます。
審査時間も最短で45分間と大手消費者金融並みのスピードを誇っており、競争力を持っています。

なぜなら、このように速さで大手消費者金融に勝ち、申込者に融資を実行することで顧客を新規に獲得しているからです。

注意点としては、金利が他の消費者金融よりも若干高く設定されてしまっていることが挙げられます。

そして、申し込み方法がインターネットと郵送・FAXに限られており、電話での申し込みができないという点に注意を向けておく必要があります。

必要書類!!また、債務整理中でもそうでなかったとしても審査を通過して融資を受けるには以下の2点の書類が必要となります。

    • 身分証明書(運転免許証または健康保険証)
    • 直近の収入証明書(源泉徴収票または直近2か月の給与明細表)

なお、インターネット上の口コミサイトには「任意整理中でも融資を受けることが出来た」という内容の書き込みや「自己破産経験者でも20万円融資してもらえた」等の書き込みを多く見つけることが出来ます。

来店不要でWEBから24時間申し込めますので、忙しい仕事や手続きの合間にも審査が可能です。

債務整理前の検討中の方や債務整理中の方には一度申し込みをしてみることをお勧めします。

債務整理後でも借りれる即日融資可能で審査甘い消費者金融と街金「フタバ」


1963年創業のフタバ(東京都知事(2)第31502号)は歴史のある中小消費者金融会社です。

ホームページでの宣伝などでは「自己破産・任意整理」経験者の方も条件次第ではお申込みができると呼びかけられています。

これらのことからもわかる通り、債務整理経験者に対しても積極的に審査を行っており、顧客として重視している姿勢が明確です。

フタバの強み!!

債務整理経験者は他社で審査を行っても審査が通らないことが殆どですが、その方々の現在の収支状況も重視し、審査している会社となっています審査は僅か30分程度で完了する、というかなりのスピード審査を行っているので急いでいる方にもお勧めです。

審査の流れとしては、2次審査までを実施しており、2次審査は電話でのヒアリングとなります。

1次審査となるお申し込みフォームに記載する指定時間になると入力した連絡先にフタバスタッフより連絡が入ります。

2次審査として本人確認と何点かの現状に応じた質問に回答し、本審査に通過すると指定口座へ振込入金されるという流れです。

振込入金という融資の形になるので、指定した口座の銀行が土日祝日が休業日であると、翌営業日までご自身の受け取りが持ち越されてしまうことになりますからご注意ください

 

必要書類!!審査を通過後、融資を受ける場合は以下の書類が必要となりますので予め用意しておくのが良いです。

  • 身分証明書(運転免許証または健康保険証)

現住所が異なる場合はそれを証明できる書類(公共料金や社会保険料、税金の領収証書等)が必要となります。

なお、50万円の極度額を超えて融資を申し込みたい場合は、別途、以下の書類の提出が必要となります。

  • 直近の収入証明書(源泉徴収票または給与明細書)

特に債務整理後、信用情報に傷が残っているブラック期間に申し込みを行うのに適している消費者金融だと考えられます。

債務整理後でも借りれる即日融資可能で審査甘い消費者金融と街金「セントラル」


セントラル(四国財務局長(6)第00083号)もフタバと同じく、操業が1973年の老舗中小消費者金融です。

本社を愛媛県松山市に構えています。

セントラルの特徴は申込当日に審査、即日振込が可能であるところです。

審査は最短30分で実施されていて、業界内でもトップクラスの速さです。

もちろん、同レベルの審査は他の消費者金融でも可能ではありますが、セントラルの場合は即日振込以外にも方法を持っているところが異なっています。

振込の場合は14時までに来店、またはWEBか電話での申し込みが必要となりますが、その方法だけでなく、セントラルは自動契約機(セントラルくん)で21時までの契約、24時まで融資が可能です

しかも土日・祝日も融資可能日となっていますので、実質年中無休で融資をしてくれることになります

大手消費者金融が持つようなシステムを持っているところがこの会社の強みです。

しかし、セントラルも地方に地盤を持つ所謂中小消費者金融です。

その為、新規顧客獲得のために積極融資を行っており、債務整理中や延滞などで金融ブラックとなってしまっている方など、他の消費者金融会社の審査はまず通らないだろうと考えられる方にも融資実績を作っています

セントラルの強み!!

セントラルは積極的に都市圏へ進出している会社でもあり、近年は東京や横浜にも店舗を出しています。
借入・返済は全国のセブン銀行ATMで可能となっていますので、契約後の利便性も非常に高い消費者金融です。
最低利率も4.80%と低く抑えられており、大口の顧客に対しても備えは万全の体制です。

これらの顧客満足度向上サービスは他の中小消費者金融と同じく、大手消費者金融や中小消費者金融と激しい競争があるからであり、積極的に融資を展開するための施策になっています。

インターネット上の口コミでは、過去の債務整理経験者でも借りることが出来たという情報や70万円の債務が他社にあっても10万円近く借りることが出来たなど、金融ブラックとなっている方からの利用実績が多く投稿されています

必要書類!!なお、融資を受ける際には以下の書類が必要となりますので申し込み前に準備をしてから申し込むとスムーズです。

  • 運転免許証または健康保険証(国民健康保険証でも可能)
  • 収入証明書(直近2カ月の明細書または直近の源泉徴収票)

収入証明書は融資希望金額が大きくなる場合に必要となります。

以上のことから特に債務整理中や債務整理後に信用情報に傷が残っている期間、利用申し込みをするのに適している消費者金融だと考えられます。

安全な中小消費者金融を選ぶための3つのポイント

大手消費者金融は名前は聞いたことあるが、中小消費者金融は全く聞いたことが無くて本当に大丈夫な業者か不安という声も聞こえてきます。

確かに違法な業者がいることは事実です。

しかし、国や都道府県、財務局から貸金業の認可を受けている正規業者はかなり多く存在しています。

闇金か正規業者かを見分けるポイントを3点ご紹介しますので、参考にしてください

ポイント1:携帯電話が連絡先になっていないか

実はこれが一番わかりやすいポイントではないでしょうか。

消費者金融が貸金業の届け出を行う際は、住所と共に必ず固定電話の番号登録が必要となっています

つまり、固定電話が存在しているということは、住所地に店舗があるということの証明になります。

闇金などの違法業者は取り締まりを恐れて店舗を構えずに営業することが多く、携帯電話を連絡先にしていることがあります

このような携帯電話を連絡先にしている消費者金融は違法業者ですので、借りないようにしましょう。

ポイント2:登録番号は間違いないか

ホームページ等の案内に「貸金業者登録番号」と呼ばれるものがあります。

見つからなければ会社概要などを参照すると掲載されているはずです。

「東京都知事(0)第00000号」というような形の番号で明示が義務付けられています

この番号が明示されているかはもちろん確認事項ですが、これを金融庁のホームページ内で検索することが出来ます。

明示されていない場合は違法業者の可能性があります。

金融庁登録貸金業者情報検索入力ページというもので、登録番号だけでなく、会社名称等の一部の情報でも検索をかけることが出来ますので、こちらでの確認を必ず行いましょう。

リンク先(金融庁):https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

ポイント3:貸付金利は20.0%以下か

消費者金融の貸付金利の上限は年利20.0%までであると利息制限法によって定められています

こちらは全ての消費者金融に当てはまる基準ですので、必ず確認し、少しでも超えている業者は違法となりますので融資を受けないようにしましょう。

なお、延滞等の損害金の金利もこの20.0%を超えてはならないと定められていますので、そちらにも注意を払っておきましょう。

利息制限法には、以下のように元本金額に応じて上限金利が定められています。

元本金額 金利の上限
10万円未満 年20.0%まで
10万円以上100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

これ以上の金利を設定している貸金業者は違法な業者ですので、注意してください

債務整理後でも借りられる街金のまとめ

街金とは中小消費者金融会社のことで、地元に密着して貸金業を営んでいます。

しかし、新規顧客獲得のために積極融資を行っている消費者金融も多くあります。

そのような中小消費者金融の特徴は個人信用情報がブラック状態となっている債務整理中やその後でも審査を受け付けてくれ、かつ融資を実行してくれる業者が多いということです。

大手消費者金融は信用情報を最重視していますが、中小消費者金融は現在の収入状況から返済が可能なのかを重視して審査をしています。

もちろん融資金額は大手と比べると小額になりがちであること、金利も高めであることには注意が必要です。

また、小口融資を複数重ねると多重債務者となってしまいますので、その点にも注意が必要です。

債務整理を検討していたり、実施、完了後に融資が必要となる状況となってしまった場合、まずは上記の消費者金融の門を叩いてみることが重要ではないでしょうか。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事