人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「お金が無い、お金を借りたい。けれど、借りて大丈夫だろうか?」

消費者金融・サラ金・街金、お金を借りれそうなところは多いけど

  • 消費者金融
  • サラ金
  • 街金

は何が違う?いや、そもそも、サラ金と街金は闇金とは違うの?

あなたはこんな悩みを感じていませんか?

お金を借りるのなら、安心できるところから借り入れがしたいですよね。闇金なんか絶対に利用したくありません。

消費者金融・サラ金・街金・闇金、お金を借りる所は多いですが、何が違ってどこが安全なのでしょうか。

サラ金・街金と闇金は別物です。しかし、闇金がサラ金・街金に偽装していることはあります。

この記事では、サラ金・街金・闇金の違いを明確にし、闇金の見抜き方を解説していきます。

スポンサーリンク

サラ金・街金・闇金とは?

サラ金の指す範囲は非常に広く、街金を含む消費者金融全般をサラ金と呼びます。

街金はサラ金(消費者金融)の中の一部を指し、具体的には中小消費者金融の事を街金と呼びます。

サラ金・街金は呼び方や規模の違いはあれど、法を守って貸金業を行っているという点では共通です。

闇金はサラ金・街金とは全くの別物です。共通するのは無担保でお金を貸してくれるという点だけです。

しかし、闇金とサラ金・街金を混同している人は多々います。そのため、サラ金・街金は、呼ぶ人によって意味が変わる事も多いです。

サラ金・街金・闇金の違いを明確にするため、より詳しく見ていきましょう。

サラ金とは?

サラ金とは一昔前、具体的にはバブル前後の1980年当時の消費者金融をこう呼んでいました。

1980年頃は消費者金融のメインターゲットがサラリーマンだったこともあり、サラリーマン金融の略称として、サラ金と呼ばれていました。

そのため、サラ金というとアコム・プロミス・アイフルといった現在の大手消費者金融を連想する人も多いでしょう。

そして同時に、怖いもの・利用してはいけないものというイメージを持っているかもしれません。

サラ金時代(1980年から2006年頃)は法整備が進んでおらず金利が高く(29.2%)、総量規制もなく、取り立ても今より厳しいものだったため、借金の返済に苦しむ人が多くいました。

サラ金の金利・取り立ては一時社会問題にもなり、サラ金=危険というイメージは現在でも尾を引いています。

しかし、2006年から2010年の間に貸金業法の整備が進み、金利は最高20%までに抑えられ、取り立てに関しても厳しい規制ができ、それにともなってサラ金の健全化が進みました。

現在のサラ金・消費者金融は、2006年以前のサラ金とは別物と考えてよいでしょう。この変化に合わせ、サラ金という呼び方はあまりされなくなっています。

現状ではサラ金ではなく、消費者金融という呼び方が一般化しています。

ですが、サラ金=大手を連想することが多いため、この記事では便宜的にサラ金=大手消費者金融として解説していきます。

街金とは?

街金とは、中消費者金融のことです。街の一角にあるビルで営業している金融業者を略して街金、というのが通説です

街金は、中小消費者金融全体を指すためその数は非常に多く、幅も広いです。金融庁のデータによると、平成30年7月時点で貸金業登録をしている貸金業者は1,739となっています。

大手消費者金融の数は広く見ても10社もありません。それ以外が街金と考えると、その数の多さがよく分かると思います。(ただし、上記の数字にはクレジットカードなどの貸金業者も含む)

サラ金も同じですが、街金という言い方にはあまり良くない印象もあります。

この理由として、

  • 街金の知名度の低さ
  • 街金の中身が玉石混交
  • 街金と闇金の区別がつけづらい

などが考えられます。

街金には一般の人に名が通るというような有名企業はありません。地方に一店舗だけで営業という街金も少なくありません。

現在はインターネットの発達により全国に融資を行う街金も増えましたが、以前は地域限定で営業という街金も多くありました。

名前を聞いてもピンと来ず、よく知らないのでなんだか信用できないというのが街金に対する正直な感想ではないでしょうか。

街金の中には様々な貸金業者があります。

  • 無利息期間有り
  • 即日融資に対応
  • セブン銀行で使えるカードローンを提供

というような大手消費者金融並みのサービスを提供している街金もあれば、

  • 返金が遅れたらクレジットカードの現金化で返金を促す
  • 個人情報を闇金に流す

といったことを違法行為をする街金もあります。

大手並みのサービスを提供する街金もあれば、違法スレスレの営業をする街金もあったりと、街金を一括りに評価するのは難しくなっています。

さらに、闇金の中には街金に偽装しているところもあります。「街金と思って借りたら闇金だった」ということも有り得ない話ではありません。

街金には審査が甘いという大手消費者金融にはないメリットがあります。そのメリットを享受するには、まともな街金を利用することが大切です。

この記事では、街金は貸金業登録をしている正規の中消費者金融として解説していきます。

闇金とは?

闇金とは、闇金融の略です。闇金の定義は明確で、貸金業登録をしていない貸金業社は全て闇金という扱いです。

闇金にも幾つかの種類があります。

  • 貸金業登録済みの闇金
  • 紹介屋
  • 偽装質屋
  • クレジットカードの現金化
  • ソフト闇金

貸金業登録をしていも、法の定める金利・取り立てのルールを守っていない貸金業者は闇金です。

借り入れするのが難しい人に他の貸金業者や闇金を紹介し、紹介料という名目でお金を請求するのが紹介屋です。

体面上は質屋の形で営業し、特に価値のないものを質に貸付を行うのが偽装質屋です。質屋は金利の上限が高い(年利100%以上)ため、高い利息を支払わされることになります。

クレジットカードで商品を購入させ、転売して現金化させるのも闇金の手口です。この過程で高額な手数料を請求される上に、商品だけをだまし取られる可能性もあります。

最近増えているといわれているのが、ソフト闇金です。丁寧な物腰で貸し付けを行い、延滞の相談などにも親身に対応しますが、金利は法の上限を守りません。結果的に、法外な利息を支払うことになります。

共通するのは、闇金を利用すれば損をするという事です。

サラ金・街金・闇金の7つの違い

サラ金・街金・闇金には7つの大きな違いがあります。

  • 貸金業登録
  • 貸付対象
  • 金利
  • 貸付上限額
  • 融資速度
  • 総量規制
  • 取り立て

一つづつ確認していきましょう。

サラ金・街金・闇金の違い:1貸金業登録

サラ金・街金と闇金を分けるのが、この貸金業登録になります。貸金業を行うには、この貸金業登録が必須です。

貸金業登録をして営業するには、貸金業法を遵守して営業することが求められます。貸金業法には、

  • 金利の上限
  • 総量規制
  • 取り立てのルール

などが定められています。

貸金業法では、サラ金の悪いイメージの原泉である高金利が最高20.0%に抑えられ、過剰融資を防ぐために総量規制も導入されました。

また、取り立てに関しても貸金業法21条で厳しい規制が制定され、借り入れしている人の私生活を乱さないよう配慮されるようになりました。

先述しましたが、この貸金業法があるおかげで、安心して貸金業者を利用できるようになりました。

しかし、貸金業法を守らない闇金は例外です。

サラ金・街金・闇金の違い:2貸付対象

サラ金・街金・闇金はそれぞれ貸付対象が違います。

  • サラ金の貸付対象:信用力の高いキッチリと返済してくれそうな人
  • 街金の貸付対象:現在の返済能力がある人
  • 闇金の貸付対象:どこからも借り入れが出来ず困っている人

サラ金の貸付対象は、信用力の高い人です。信用力を図るため、サラ金は申し込み時に必ず信用情報機関の情報を確認します。信用情報機関は

  • JICC
  • CIC
  • KSC

の3つがあり、キャッシングやクレジットカードの利用状況が記録されています。この信用情報に

  • 61日以上の遅延・延滞
  • 債務整理
  • 強制解約

などの記載があると、サラ金の審査には通りません。

街金の貸付対象は、サラ金の審査に落ちた人がメインになります。これは街金が望んでいるのではなく、借りたい人の流れの結果、こうなるという話です。

お金を借りるのなら、安心できるところから借りたいものです。そのため、借り手が最初に向かうのはサラ金です。

そして、サラ金の審査に落ちた人が次に向かうのが、街金です。街金は最初から審査に不利な人を相手にする為、審査をサラ金と同じようにやる訳にはいきません。

街金は、独自の基準を使い現在の返済能力がある人に貸付を行います。結果として、サラ金の審査に落ちた人でも、街金で審査に通ることが出来るようになります。

しかし、街金の審査も全員が通過する訳ではありません。

街金でも借りる事が出来なかった、この状態の人をターゲットにしているのが闇金です。

闇金の被害にあった人の話は世間にあふれています。被害者に同情すると同時に、「何で闇金で借りたんだろう?」と疑問に感じないでしょうか。

その答えが、借り入れしたい人の流れにあります。街金でも借り入れが出来ない人は、相当お金に困っている人です。

お金に困っていなければ借りようとは思いませんし、街金で借りようとしているという事は、サラ金では借り入れが出来なかったという事です。

街金で借りられないというのは、どこからも借りる事ができないというのと同義です。相当追い詰められた状態であるというのが容易にわかります。

こういう状況になると、まともな判断が出来なくなります。

「もう借りられるのが闇金しかない」という状況になれば、闇金が救いに見えてしまうのです。

闇金は、追い詰められて正常な判断力を失った人を獲物にすることで、利益を上げているのです。

サラ金・街金・闇金の違い:3金利

  会社名(闇金は金利名) 年利 10万円につく1年の利子(単利)
サラ金 アコム 3.0~18.0% 18,000
プロミス 4.5~17.8% 17,800
アイフル 3.0~18.0% 18,000
街金 アロー 15.0~19.94% 19,940
セントラル 4.8~18.0% 18,000
ライフティ 8.0~20.0% 20,000
闇金 トイチ(10日で1割) 365% 365,000
トサン(10日で3割) 1095% 1,095,000
トゴ(10日で5割) 1825% 1,825,000

上の表が、サラ金・街金・闇金の金利を比較したものになります。

サラ金・街金を比較してみると、意外に金利の差が小さいことに気付くとかと思います。

大手消費者金融でも、金利はプロミスの17.8%が最安です。街金の中で一番高いライフティと比較しても、その差は2.2%です。

問題は、闇金の金利です。表の中では一番低いトイチでさえ、年利に直すと365%・365,000円の利息が付いています。

サラ金・街金の一般的な利息の実に20倍です。トゴにいたっては、利息が182万5千円と元金の18倍以上です。

闇金から借りると返済が難しいというのが良くわかる例です。しかも、上の表は元金にしか利息のかからない単利です。

闇金の中には複利(利息にも利息がかる)で営業しているところもあります。

もし、複利だった場合

  • トイチ:年利3,142%
  • トサン:年利1,441,791%
  • トゴ:年利267,504,316%

という常軌を逸した利息が発生します。

追い詰めらていると、「金利が高くても10日で返せば利息はたいしてつかないから問題ない」と思うかもしれませんが、そんな常識は闇金に通用しません。

借りてすぐに返済しようとしても、闇金はあの手この手で返金を受け付けようとしません。(分かりやすい例だと電話に出ない・対応に出ない)

返済日を遅らせ、利子を搾り取るだけ搾り取るのが闇金の手口です。

正規のサラ金・街金であれば、このような利息を請求される可能性はありません。貸金業法で金利の上限は20%と決まっているからです。

もし、金利20.0%を超える利息の支払いを求められたとしたら、その貸金業者は闇金です。

サラ金・街金・闇金の違い:4貸付上限

  会社名 最高限度額
サラ金 アコム 800万
プロミス 500万
アイフル 800万
街金 アロー 200万
セントラル 300万
ライフティ 500万
闇金   10万円前後

上の表は、サラ金・街金・闇金の最高限度額を比較したものになります。こちらは金利と違い、サラ金と街金の間にもそれなりの差が出ています。

しかし、上の数値はあくまでも最高限度額です。アコムに借り入れを申し込みしたからといって、800万が簡単に借りれられる訳ではありません。

借り入れの際の限度額は、借りる人の信用力で決まります。

基本的に、サラ金の限度額は大きくなるケースが多くなります。サラ金の顧客は信用力の高い人がメインのため、その分限度額も高くなりやすいのです。

街金は、借り入れの際の限度額が低くなる傾向にあります。街金の口コミを見ても、希望限度額を減らされたという声が多数あります。

街金は、信用力の低い人に融資を行うことが多いため、限度額も小さくなってしまうのです。

闇金は街金よりさらに低い限度額になり、多くても10万程度になります。闇金の厳しい取り立てから想像すると、大金を借りているような印象を受けます。

しかし、実際の闇金は小口融資がメインです。何故かというと、それで十分な利益を出すことが可能だからです。

先述したように、トイチやトサンといった金利を設定していれば、利息はとんでもない額になります。闇金が3万円を貸し出せば、10日で3千円(トイチ)・9千円(トサン)といった利子が取れるのです。

闇金が小口融資メインなのは、リスクの問題も関係しています。貸す金額を大きくすれば利息は大きくなりますが、返済されない場合のリスクも大きくなります。

闇金のメインターゲットは酷くお金に困っている人であるため、大きな金額を貸すとどうやっても返済できないという状況にもなりえます。

そうなると、借り入れした人が警察・弁護士に駆け込み元金の回収が出来なくなります。

闇金は、生かさず殺さずのギリギリのラインでお金を搾り取れるように限度額を決めているのです。

限度額を考えても、闇金から借り入れするのが割に合わないのは明白です。

闇金を利用すれば、たかだか数万円のために人生を棒に振ることになりかねません。

サラ金・街金・闇金の違い:5融資速度

  会社名 即日融資
サラ金 アコム
プロミス
アイフル
街金 アロー
セントラル
ライフティ
闇金  

サラ金・街金・闇金は、全て即日融資に対応可能となっています。しかし、街金の即日融資には注意が必要です。

サラ金と街金の大きな違いに、審査方法の違いがあります。サラ金は審査を機械を使って自動化しています。そのため、審査が非常にスピーディーです。

サラ金なら、最短30分で融資可能なケースもあり、即日融資が可能です。

街金は、審査を独自基準で行います。この独自基準の審査を人間が行うため、どうしても審査に時間がかかります。

また、街金は信用情報の悪い人を相手にする事が多くなります。その結果として、審査が長引くことになりがちです。

結果的に、「即日融資対応の街金に融資を申し込んだのに、その日の借り入れが出来なかった」という事が起こり得ます。

闇金も即日融資は可能です。闇金の融資が早いのは、審査が無い・もしくはしっかり審査していないのが原因です。

「無審査OK」は闇金の誘い文句の一つですが、これに乗ってはいけません。闇金が審査をしないのは、どうやってでも取り立てるという腹積もりがあるからです。

どんな取り立てにあうのか、考えたくもありません。

サラ金・街金・闇金の違い:6総量規制

総量規制とは、原則的に年収の3分の1を超える貸付を禁じる法律です。

消費者金融からの借り入れは総量規制の制限を受けるため、サラ金・街金に年収の3分の1を超える貸入れを申し込んでも、審査に通ることはありません。

総量規制には一部例外がありますが、消費者金融で認めれている例外はおまとめローンだけです。

このため、総量規制を無視して貸付をおこなう貸金業者がいるとしたら、それは闇金ということになります。

総量規制は、年収の3分の1を超える借金をすれば返済が難しくなるという理由から導入されたものです。

総量規制を守らないというのは、借り手の返済能力を気にしていないという証拠になります。

闇金が総量規制を破って貸付を行うのは、先述したとおり何があっても返金させる自信があるからです。

この点を、次のサラ金・街金・闇金の取り立ての違いで見ていきましょう。

サラ金・街金・闇金の違い:7取り立て

  取り立てる人 当事者以外への取り立て 勤務先への取り立て
サラ金 サラリーマン 無し 無し
街金 サラリーマン 無し 無し
闇金 怖いお兄さん 有り 有り

まず最初に確認しておきたいのは、現在のサラ金・街金が暴力的な取り立てを行う可能性はほぼ無いという点です。

特に、サラ金(大手消費者金融)は各社で厳しいマニュアルを準備し、取り立てで違法な行為を行わないよう対策をとっています。

サラ金・街金も以前は今の闇金と同じような取り立てを行うところもありました。しかし、2006年から2010年の間に行われた貸金業法の改正により、取り立てに関する厳しい規制が出来た事で、サラ金・街金の取り立ての様相は大きく変化しました。

現在のサラ金・街金は、勤務先への借金の取り立ては行いませんし、家族・知人に借金の肩代わりを求める事もありません。

そもそも、取り立てを規制する貸金業法21条で、借金の事実を第三者に公開する事自体が禁じられています。

そのため、借り入れに必須となる在籍確認の時であっても、サラ金・街金は電話で会社名を告げることはありません。

ですが、闇金の取り立ては違います。闇金は、漫画や映画でみるような暴力的な取り立てを実際に行っています。

  • 深夜に取り立てに押し掛ける
  • 勤務先へ取り立ての電話を繰り返しかける
  • 家族に借金の返済を求める

など何でもありです。

違法行為を行い、なにがあっても返金を行わせる自信があるからこそ、闇金はたいした審査もせずに貸付を行います。

闇金に借りたが最後、私生活は滅茶苦茶にされてしまいます。

サラ金・街金・闇金の見分け方

ここまでで、「闇金は絶対に利用してはならない、サラ金・街金なら安心して利用できる」というのを理解してもらえたかと思います。

では、どうやってサラ金・街金・闇金を見分ければいいのでしょうか?サラ金・大手消費者金融に関しては分かりやすいでしょう。

大手消費者金融は

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

など知名度が高いものです。

問題は、街金と闇金の見分け方です。その見分け方を確認していきましょう。

貸金業登録番号で見分ける

  貸金業登録番号
アコム 関東財務局長(12)第00022号
プロミス 関東財務局長(12)第00615号
アイフル 近畿財務局長(12)第00218号
アロー 愛知県知事(3)第04195号
セントラル 四国財務局長(7)第00083号
ライフティ 東京都知事(5)第28992号

サラ金・街金などの正規の消費者金融は、全て貸金業登録をおこなって営業しています。

そして、この登録番号は消費者金融のホームページ・広告に必ず記載することが義務付けられています。

ですので、サラ金・街金から借り入れを申し込む前にホームページ・広告に貸金業登録番号が記載されているかを確認しましょう。

貸金業登録番号が確認できなければ、そのサラ金・街金は違法業者である闇金です。

しかし、貸金業登録番号が載っていたからといって、安心するのはまだ早いです。闇金によっては、登録番号を詐称している場合もあります。

貸金業登録番号が本物かを見抜くには、金融庁のホームページで登録番号が記載されているか確認する方法が有効です。

金融庁ホームページ

上のリンクをクリックし、登録番号を検索しても業者が一致しない・見つからない場合は、登録番号を詐称している闇金です。

貸金業登録番号が本物であっても、まだ油断はできません。闇金によっては貸金業登録をしている事もあるのです。

貸金業登録をしている闇金を完璧に見抜くのは難しいのですが、方法はあります。

  • アコム:関東財務局長(12)第00022号
  • アロー愛知県知事(3)第04195号

この登録番号の、カッコ内の数字に注目します。アコムは12で、アローは3となっています。

この数字は、貸金業登録を更新するごとに増えていきます。貸金業登録の更新は3年ごとに行われるため、カッコ内の数字が1なら営業開始から3年以内というのが分かります。

この数字が1の貸金業者は要注意です。貸金業登録を行う闇金は、問題を起こす度に企業名などをリセットし、登録しなおすというのを繰り返します。

そのため、この数字が1の貸金業者は闇金の危険性が高いのです。貸金業登録番号が1の貸金業者が全て闇金ということにはなりませんが、借り入れは避けた方が無難です。

電話番号で見抜く

闇金の特徴に、連絡先が携帯電話番号になっているというものがあります。

貸金業登録を行うには、固定電話が必須になります。また、貸金業者は、ホームページ・広告に必ず固定電話番号を記載しなければいけない決まりになっています。

電話番号を固定電話・携帯電話で併記することも禁止されています。このため、連絡先を携帯電話にしている貸金業者は闇金と判断できます。

闇金が連絡先を携帯電話にする理由はシンプルで、足がつきにくいからです。

連絡先が携帯電話の貸金業者からの借り入れはやめましょう。

闇金の特徴は甘い言葉

「ブラックOK」「誰でも融資可能」「在籍確認なし」「無職でも借りられます」こういった甘い言葉も闇金の特徴です。

先述したように、闇金のターゲットは他で借り入れのできない追い詰められた人です。精神的に追い詰められ、視野が狭まった人には甘い言葉が刺さります。

  • ブラックの人
  • 総量規制を超える借金をしている人
  • 無職の人

などには闇金の誘い文句が魅力的に聞こえてしまうのです。

しかし、闇金からお金を借りても問題は解決しません。ここまで書いてきたように、闇金からお金を借りれば、待っているのは高金利の返済です。

闇金を利用すれば、お金の問題が解決するどころか、より酷い状況になるが見えています。

闇金の誘い文句でもう一つ注意したいのが、金利が低すぎる場合です。金利4%などと謳っている貸金業者は闇金を疑うべきです。

サラ金・街金の金利は18.0%前後です。これぐらいの金利がないと、サラ金・街金はまともな営業が出来ないのです。

金利が低すぎる場合は、闇金の甘言と判断しなければいけません。安すぎる金利は詐欺と判断して注意しましょう。

サラ金・街金・闇金の使い方

最後にサラ金・街金の使い方について確認してみましょう。当然ですが、闇金は使ってはダメです。

お金を借りたいのなら、基本的に利用すべきはサラ金の方になります。中小より大手のサービスの質が高いのは、どの業界でも同じです。

サラ金の審査は銀行のカードローンに比べれば甘いですが、それでも審査の通過率は下表のとおりです。

  審査通過率(2018年7月度)
アコム 41.6%
プロミス 44.6%
アイフル 45.3%

サラ金に申し込んでも半分以上の人は審査落ちするため、次は街金の利用を検討することになります。

サラ金の使い方

サラ金の特徴は、

  • 全国各地にATMあり
  • 安心感が高い
  • 即日融資が可能

などがあります。

サラ金は利便性も高いです。全国各地にATMがあり、カードローンでいつでも返済が可能で、限度額内であれば追加の借り入れも簡単です。

企業が大きいほど、信用が重要になります。そのため、貸金業法をしっかり守った営業が行われます。サラ金で違法な金利・取り立てにあうことは無いと考えてよいでしょう。

サラ金は即日融資にも期待できます。サラ金は審査が自動化されているため、融資までが非常にスピーディーです。

サラ金におすすめの人

  • 消費者金融から借り入れしたい人全般

サラ金に申し込まない方がいい人

  • 過去5年以内(自己破産の人は10年)にブラックになっている人
  • 総量規制に引っかかる人
  • 無職の人

街金

街金の特徴は、審査通過率の高さです。街金は審査通過率を公表していませんが、大体60%~70%前後の審査通過率と言われています。

サラ金を利用できない人でも利用できるのが街金の魅力です。

サラ金・街金の利用時に注意したいのが、審査に落ちるほど次の審査が不利になるという点です。

先述の信用情報機関には、貸金業者に申し込みをした情報も記録されます。そして、短期間に貸金業者へ何件も申し込みをしていると、申し込みブラックという状態になってしまうのです。

申し込みブラックの目安は、6か月間に3件以上の申し込みで、この記録は6か月間信用情報機関に残っていしまいます。

申し込みブラックになると、サラ金の審査にはまず通りません。

また、審査の甘い街金の審査でも不利な要素となってしまいます。このため、サラ金・街金への申し込みは審査に通過しそうなところに一件づつ申し込むのが基本です。

申し込みブラックに限らず、ブラックの人はサラ金の審査に通りません。一般的にブラックの人は借り入れが出来ないと認識されていますが、街金なら借り入れの可能性があります。

街金におすすめの人

  • サラ金の審査に落ちた人
  • 過去にブラックだった人

街金に申し込まない方が良い人

  • 総量規制を超える人
  • 無職の人

もし闇金から借り入れしてまったら?

闇金から借り入れしてしまい、今現在困っているのなら警察・弁護士に相談しましょう。

闇金は違法行為なので、警察・弁護士に頼めば保護を受けることができます。闇金の被害にあっているなら一人で悩まず助けを求めましょう。

また、闇金の利用を検討するほどに追い詰められているのなら、債務整理を検討した方がよいでしょう。闇金からお金を借りても問題は解決しません。

まとめ

サラ金・街金・闇金について、要点をまとめていきます。

  • サラ金:一昔前の消費者金融の呼称
  • 街金:中小消費者金融
  • 闇金:貸金業登録をしていない貸金業者
  • 貸金業登録をしていても、違法な金利・取り立てをしている貸金業者は闇金

サラ金・街金・闇金の大きな違いは7つ。

  • サラ金・街金は貸金業登録をしているが、闇金はしていない
  • サラ金の貸付対象は信用力の高い人
  • 街金の貸付対象はサラ金の審査に落ちた人
  • 闇金の貸付対象はどこからも借りれない人
  • サラ金・街金の金利は20%以下、闇金は年利1000%越えもあり
  • 貸付上限の大きさはサラ金>街金>闇金の順。闇金は借りれても10万程度
  • サラ金・街金・闇金は即日融資ができる。しかし、街金は遅れる場合も
  • サラ金・街金は総量規制を守る、闇金は無視
  • サラ金・街金は法の範囲内での取り立て、闇金はどんな手を使っても取り立てる

闇金を見抜くには、

  • 貸金業登録番号を確認
  • 貸金業登録番号が本物か確認
  • 貸金業登録番号のカッコ内の数字1の貸金業者は利用しない
  • 連絡先を携帯電話の貸金業者は闇金
  • 「誰でも借りられます」「無職OK」「電話一本で即融資」などの甘い言葉は闇金の常套句
  • 安すぎる金利も闇金の証

サラ金・街金は法を守って営業する貸金業者なので、安心して利用できます。お金に困っているときは返済計画を建て、賢く利用しましょう。

闇金は何があっても利用してはいけません。「少額だから」「すぐに返済するから」というような考えも通用しません。

サラ金・街金・闇金を正しく見分け、安全なサラ金・街金を利用するようにしましょう。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事