〜お金に関するプロフェッショナルな情報〜

マネー塾

金融・キャッシング

審査が通らない6つの理由&審査落ちでもお金を借りやすい消費者金融6社!!

更新日:

「なぜ、カードが作れないのか?」

「お金を消費者金融から借りたいけど審査に通らない」

「どうしたらお金を借りることができるのか?」

このようにキャッシングやカードローンの利用をしたいのに審査に落ちてしまい利用したくてもできないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回、審査が通らない人の考えられる6つの理由とお金を借りやすい消費者金融について6社ご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




目次

そもそもキャッシングにおける審査の通過率は?

キャッシングを利用するためには審査は必須になっています。

お金を貸す方からすれば返済ができるか?できないか?の判断が最も重要です。

お金を貸した後に返済ができない。
では大変ですからね。
ここではキャッシングにおける審査通過率について詳しく説明します。

審査通過率とは?

審査通過率を簡単に説明すると「新規に申込みをする人の数に対して何人が成約ができたかの割合」です。

「貸付件数÷申込数」が計算式になります。

この審査通過率は中小消費者金融ではほとんど公開していませんが、ほとんどの大手消費者金融では公開しています。

アイフルの審査通過率

アイフルの審査通過率は45.9%です。

例えば100人が借入の申込みをしたとして約46人が審査を無事通過して借り入れをすることができたことになります。

この数字から見るとアイフルは高い通過率だと言えます。

アイフルの審査に通るための基準をまとめました。

・年齢:20歳~69歳
・安定した収入がある方
・無職、専業主婦、外国人、年金生活者以外の方
・事故情報(ブラック)がない方
・半年以内にアイフルへ申し込みを行っていない方

プロミスの審査通過率

プロミスの審査通過率は43.9%です。

例えば100人が借入の申込みをしたとして約44人が審査を無事通過して借り入れをすることができたことになります。

この数字から見るとプロミスもアイフルと変わらず高い通過率だと言えます。

プロミスの審査に通るための基準をまとめました。

・年齢:20歳~69歳
・安定した収入がある方
・無職、専業主婦、年金生活者以外の方
・事故情報(ブラック)がない方
・プロミスで30日以上の延滞がない方

アコムの審査通過率

アコムの審査通過率は47.9%です。

例えば100人が借入の申込みをしたとして約48人が審査を無事通過して借り入れをすることができたことになります。

この数字から見るとアイフル、プロミスと比べてもかなり高い通過率だと言えます。

アコムの審査に通るための基準をまとめました。

・年齢:20歳~69歳
・安定した収入がある方
・無職、専業主婦、年金生活者以外の方
・事故情報(ブラック)がない方
・年収の1/3以上の借り入れがない方

審査が甘めの中小消費者金融の審査通過率は?

大手消費者金融では審査基準を満たすことができずに、借り入れができなかった方も中小消費者金融では無事に審査を通過し借り入れができたという方も少なくありません。

中小消費者金融は審査が甘めだと言われています。

しかし中小消費者金融は公に審査通過率を出しておりません。

正確な審査通過率までは把握することができませんが代表的な中小消費者金融会社の情報からある程度の予測を立てることはできます。

審査が甘めの代表的な中小消費者金融6社

  • アロー
  • セントラル
  • ユニーファイナンス
  • ライフティ
  • フタバ
  • フクホー

この6社はブラックの人が申し込んで10人中2~3人が通過しています。

これはひとつの考え方なのですがブラックの人が申し込んで10人中2~3人が通過できると言うことは審査が甘いと考えられます。

つまり審査が甘いと審査通過率が高くなると考えられるのです。

大手の消費者金融会社の場合、審査通過率はおよそ43%~48%です。

銀行のカードローンになると、公表はされていませんが審査通過率は20%前後と言われています。

では中小消費者金融の審査通過率はどうなのか?

銀行系カードローンと同様に公表はされていませんが、申込み条件に適合する人の審査通過率は60%前後だと言われています。

やはり審査が甘い方が審査通過率も高くなると考えられます。

※当サイトの調査データです。
※ブラックでもその判断基準に幅があります。

審査時に見られるポイントは?

消費者金融で借り入れをする場合に審査を受けることは必須となっています。

ここでは実際に借り入れの申込みをする際に審査時に見られるポイントについてみていきたいと思います。

はじめて借り入れをする方にもわかりやすく説明をするので、ぜひ参考にしてください。

審査の流れと借入をするまで

①どの消費者金融から借りるのかを決める

当然ですが借入をする消費者金融を決めなければなりません。

  • 会社の信頼性
  • 金利や借入限度額
  • 返済方法
  • 申込み方法

などを見極めることがポイントです。

②申込みをする

借入先が決まったら申込みをします。
各会社によって異なりますので事前に申込み方法を調べておいてください。

  • スマートフォン、パソコンからの申込み
  • 電話からの申込み
  • 店舗窓口からの申込み
  • 自動契約機からの申込み
  • 郵送での申し込み

※いずれも本人確認(本人確認書類の提出)
運転免許証やパスポートなど写真付きの身分証明書の提出が必要です。

③消費者金融の審査

申込みを受け付けてから最短で30分から長い場合は1週間程度の審査があります。

この審査をクリアできなければ借入をすることはできません。

また勤務先へ「在籍確認」が行われます。
この在籍確認ができなければ審査は終了しません。

④審査結果の連絡

電話、メール、郵送などで審査結果の連絡がきます。
この審査結果を受けてから契約手続きに入ります。

⑤借入契約をする

審査を無事通過した後に消費者金融側と借入の契約をします。

  • パソコンから手続き
  • 店舗窓口で手続き
  • 自動契約機から手続き
  • 郵送で手続き

⑥お金を借り入れる

契約が完了すると実際にお金を借入ることができます。

  • あなたの銀行口座へ振り込んでもらい現金を受け取る
  • 店舗窓口で現金を受け取る
  • 自動契約機から現金を受け取る
  • ATMで引き出し現金を受け取る

ポイント①ウソの記載をしない

これは当然のことですよね。
やはりウソは必ずバレます。

申込み書へ記載するのは住所、氏名、生年月日などの基本情報と勤務先、職業、年収、勤続年数、住居形態、居住年数などです。

とはいえ年収、勤続年数、居住年数につきましては完璧に正確な情報でなくても大丈夫のようです。

例えばですが
年収、勤続年数、居住年数などを正確に憶えている人はいないです。
ですからある程度の誤差は仕方がないです。

※ちなみに会社へ在宅確認をしても年収や勤続年数を聞くことはありません。
当然、それは個人情報なので勤務先から電話で情報を伝えることは考えられませんよね。

ポイント②他社からの借入件数を少なくする

他社からの借入状況は少ない方が有利です。

例えば年収240万円の方が、2社の消費者金融から総額で80万円の借入をしている場合
すでに年収の3分の1の借入をしていることになります。

しかし貸金業法の総量規制と言うのがあり、借入れは年収の3分の1までと制限されているのです。

ですからこの例では審査に通らない可能性が非常に高くなります。

他社からの借入件数は少ない方が審査に通りやすいのです。

ポイント③借入希望金額は少なめにする

希望する借入金額はできる限り少なめにしてください。

ここが高ければ高いほど審査は厳しくなってきます。

先にも触れましたが借入れは年収の3分の1までと制限されています。

他の消費者金融から借りた分も計算して、できる限り年収の3分の1近くにならないようにした方が良いです。

ポイント④多重申し込みをしない

消費者金融で借入をした経験がない人がやりがちな多重申し込み。

多重申し込は、数社へ同時期に借入を申込むことです。

勘違いしがちですが、数日ずらしながら数社へ申込んでも多重申し込みになります。

なぜ多重申し込みがダメなのかと申しますと、審査する側からみると「数社も同時期に申込みがあると言うことはかなりお金に困っているのだな」と判断されるからです。

また悪質なケースもあり、借りれるだけ借りて自己破産をしようとたくらんでいる人も少なからずいるからです。

ですから多重申し込みは絶対にしないでください。

ポイント⑤学生、専業主婦でも大丈夫が売りのクレジットカード

「学生や専業主婦でもOK」が売りのクレジットカード会社であれば事故情報(ブラック)がない方であればほとんどの場合審査に通る確率が高いです。

しかも申込みからクレジットカードが自宅に届くまでに5日程度です。

ほとんどのカード会社では学生や専業主婦はNGとされているので、会社勤めをされていない方にとっては審査が有利になる可能性が大きいと言えます。

審査が通らない6つの理由とは?

お金を借りようと思い申込みをしてみたけれど、審査に通らなかった。

しかしなぜ審査に通らなかったのか?原因を教えてくれる消費者金融会社はありません。

このような状態で次から次に他社に申込みをしても、マイナス評価が蓄積されるだけで審査に通らない可能性の方が高いと思われます。

ですから他社へ申込みをする前に「なぜ、審査に通らなかったのか?」その理由を探ることが大切です。

理由①審査基準の違いによることが原因

実は各消費者金融会社によって審査基準に違いがあると言われています。

例えば

A社の場合 年収がそこまで高くなくても勤続年数が長いと通りやすい。
B社の場合 年収が高い顧客を優先する。
c社の場合 若い人をあつめたいので学生でも通りやすい。
D社の場合 中高年の年齢層が通りやすく若い人は通りいくい。

どうしても会社のターゲット層によって審査基準に違いが生じてくるものと思われます。

申込みをする前に、その会社の公式ホームページなどをチェクしてどのようなターゲット層にお金を貸したいのか?

しっかり把握してから申込みをしましょう。

理由②事故情報(ブラック)に登録されている

過去に自己破産や債務整理、支払いが3ヶ月遅れたことがあるなどの心当たりがある方は信用情報機関に事故情報の登録がされている場合があります。

いわゆるブラックリスト言われているものです。

この事故情報(ブラック)はご自身で情報開示請求ができます。

消費者金融業者やクレジットカード会社などが加盟している 日本信用情報機構(JICC)
クレジットカード会社が加盟している シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行協会が運営する 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

上記3つが代表的な信用情報機関です。

窓口、スマートフォン、郵送での申込みができます。
費用は各1回1,000円です。

もし審査に通らなかった方で過去の利用で延滞等の心当たりがある方は情報開示請求をしてみることをオススメします。

理由③在籍確認ができていない

在籍確認は消費者金融会社でお金を借りる際やクレジットカードを作成する際に申込者が本当に在籍しているのか?勤務先へ電話確認をすることを言います。

中にはウソの記載をする人もいるので、そのようなケースを未然に防ぐためにも申告をした通りなのかどうかを事前に確認するのです。

在籍確認の電話は勤務先に消費者金融会社から電話がかかって来て「○○さんをお願いします。」と言う感じで本人が電話口に出てから「名前、生年月日、住所」などの確認をします。

もし営業職や現場作業者の場合は本人と直接電話で会話をすることが難しいので、そのような場合は本人が会社に在籍していることが確認できれば、本人以外が電話対応しても在籍確認が認められます。

つまり「本当に申告した勤務先に勤めている」の確認が取れないと審査は終了しないと言うことです。

もし在籍確認がとれなかった場合は審査に通らないと考えて下さい。

理由④借入総額が年収の3分の1を超える

先にも触れましたが、借入総額は年収の3分の1までと制限されています。

例えば年収300万円の人がA社で50万円、B社で30万円の借り入れをしている場合
さらにC社から30万円の借入れを申し込んだとしても、30万円は借りることができません。

すでにA社で50万円、B社で30万円の合計額が80万円となっています。

ですからさらに30万円を借りると合計額が110万円となってしまうので年収の3分1を超えてしまいます。

もしC社へ借入れの申し込みをする場合は20万円までしか借りることができないと言うことになります。

借入総額が超えてしまわないように事前に計算をしておく必要があります。

では、借入総額が年収の3分の1を超えて申込みをしC社の審査で落とされた場合は、もう二度と借入をすることはできないのでしょうか?

実はそうとは限りません。

その理由は総量規制の対象になっているのが消費者金融や信販などが対象だからです。
銀行のカードローンは規制対象外となっています。

ですから銀行系のカードローンであれば審査に通る可能性があるのでチャレンジしてみる価値はあります。

理由⑤同時期に多重申し込みをした

ポイント④でもお伝えしましたが、消費者金融で借入の申込み、カードローンの申込みをすると全ての金融機関に申込みをしたことがわかります。

ですから短期間に複数の消費者金融で申込みをすると「数社も同時期に申込みがあると言うことはかなりお金に困っているのだな」と判断されたり、「借りれるだけ借りて自己破産をしようとたくらんでいるのかも?」と悪い評価を受けてしまいます。

これは「申し込みブラック」とも言われていて金融機関からは最も警戒されます。

ですから決して同時期に多重申し込みだけはしないようにして下さい。

理由⑥その他の理由

①から⑤意外に考えられる理由を見てみましょう。

  • そもそも申込み書に記載ミスがある
  • 消費者金融会社の申込み要件を満たしていない
    (年齢条件や職業など)
  • 携帯電話の機種代金を滞納している
  • 勤務年数が短い
  • ローンやクレジットカードなど利用実績がない
  • 引っ越す回数が多い
  • 本人確認書類が用意できない
  • 年収が少なすぎる

このような理由が考えられます。
しかし必ずしも上記の理由が原因で審査に通らないとは限りません。
各消費者金融会社によって審査基準にバラつきがあるのも事実です。

理由①審査基準の違いによることが原因 申込みをする前に、その会社の公式ホームページなどをチェクしてどのようなターゲット層にお金を貸したいのか?しっかり把握をしてから申込みをしましょう。
理由②事故情報(ブラック)に登録されている 過去に自己破産や債務整理、支払いが3ヶ月遅れたことがあるなどの心当たりがある方は信用情報機関に事故情報の登録がされている場合があります。
理由③在籍確認ができていない 在籍確認とは、勤務先に消費者金融会社から電話がかかって来て本人と直接電話で会話をすること
※営業職や現場作業者の場合は、本人が会社に在籍していることが確認できれば、本人以外が電話対応しても在籍確認が認められます。
理由④借入総額が年収の3分の1を超える 例えば年収300万円の場合
他社からの借入れ分を含め総額100万円まで
理由⑤同時期に多重申し込みをした  短期間に複数の消費者金融で申込みをすると「数社も同時期に申込みがあると言うことはかなりお金に困っているのだな」と判断され悪い評価を受けてしまいます。
理由⑥その他の理由 ・そもそも申込み書に記載ミスがある
・消費者金融会社の申込み要件を満たしていない
(年齢条件や職業など)
・携帯電話の機種代金を滞納している
・勤務年数が短い
・ローンやクレジットカードなど利用実績がない
・引っ越す回数が多い
・本人確認書類が用意できない
・年収が少なすぎる

この中から1個でも該当すると、審査に通らない可能性が大。

【早見表】審査が通らない・審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融6社

さて他社で審査が通らない人は、どこからもお金を借りることはできないのでしょうか?

実は他社で審査が通らない人でもお金を借りやすい消費者金融もあるのです。

ここでは審査に通らなかった人が借入がしやすい消費者金融会社を6社ご紹介いたします。

株式会社アロー
セントラル
ユニーファイナンス
ライフティ
フタバ
フクホー

審査が通らない・審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融『アロー』

アロー

アローの基本情報
申込み条件 20歳以上から65歳以下の方
勤続年数は半年以上、年収は100万円以上
実質年率 15.00%~19.94%
利用限度額 200万円
申込み方法 インターネット、FAX、郵送
審査時間 最短45分
強み

正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの方も申込み可能
※過去に債務整理をした人でも現在の収入を重視しているので申込みが可能

審査が通らない・審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融『セントラル』

セントラル

セントラルの基本情報
申込み条件 20歳から70歳以下の方
勤続年数は半年以上、年収は100万円以上
実質年率 4.8%~18.0%
利用限度額 1万円~100万円
申込み方法 インターネット、電話、郵送、自動契約機、有人店舗、コンビニ
審査時間 最短30分
強み

正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの方も申込み可能
※過去に債務整理や自己破産をした人、他社で断られた方でも相談可能

審査が通らない・審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融『ユニーファイナンス』

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスの基本情報
申込み条件 20歳から70歳以下の方
勤続年数は半年以上、年収は100万円以上
実質年率 12.00%~17.95%
利用限度額 1万円~300万円
申込み方法 インターネット、電話、FAX、郵送、店頭
審査時間 当日中
強み

正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの方も申込み可能
※配偶者の同意があれば専業主婦の方でも申込み可能
※過去に債務整理や自己破産をした人で5年以上経過している場合は相談可能

審査が通らない審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融『ライフティ』

ライフティ

ライフティの基本情報
申込み条件 20歳から70歳以下の方
勤続年数は半年以上、年収は100万円以上
実質年率 8.0%~20.0%
利用限度額 1,000円~500万円
申込み方法 インターネット
審査時間 数日
強み

正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの方も申込み可能
※配偶者の同意があれば専業主婦の方でも申込み可能
※過去に債務整理や自己破産をした人でも相談可能

審査が通らない・審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融『フタバ』

フタバ

フタバの基本情報
申込み条件 20歳から70歳以下の方
勤続年数は半年以上、年収は100万円以上
実質年率 14.959%~17.950%
利用限度額 50万円まで
申込み方法 インターネット、電話
審査時間 最短2時間
強み

正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの方も申込み可能
※年金収入のみ方や学生でもアルバイトをしている場合は申込み可能
※過去に債務整理や自己破産をした人でも相談可能

審査が通らない・審査落ちの人でもお金を借りやすい消費者金融『フクホー』

フクホー

フクホーの基本情報
申込み条件 20歳以上から65歳以下の方
勤続年数は半年以上、年収は100万円以上
実質年率 7.3%~20.0%
利用限度額 200万円まで円
申込み方法 インターネット、電話
審査時間 1~2時間ぐらい
強み

正社員でなくても派遣社員や契約社員、アルバイトやパートの方も申込み可能
※配偶者の同意があれば専業主婦の方でも申込み可能
※但し、法人代表の方、自営業者の方は申込みNG
※過去に債務整理や自己破産をした人、他社で断られた方でも相談可能

まとめ

お金を借りる場合には、どのような金融機関であっても必ず審査申込みが必要です。

しかし審査には大手消費者金融、中小消費者金融で違いがあることがわかりました。

その審査通過率を比べてみると

・大手消費者金融会社の場合、審査通過率はおよそ43%~48%
・銀行のカードローンの場合、審査通過率は20%前後
・中小消費者金融の場合、審査通過率は60%前後

これだけの違いがあります。

もしあなたが債務整理や自己破産などの過去がある場合は大手消費者金融では審査が難しいかもしれません。

だからと言って諦めるのは早いです。
過去に債務整理や自己破産をした人でも現在の収入を重視している中小消費者金融へ申込めば審査に通る可能性も大きくあるのです。

過去は変えられませんが、今現在ちゃんと働いて収入があればお金を貸してくれる消費者金融もあります。

最後にもう一度「審査が通らない人でもお金を借りやすい消費者金融6社」をまとめます。

  • アロー
  • セントラル
  • ユニーファイナンス
  • ライフティ
  • フタバ
  • フクホー

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-金融・キャッシング

Copyright© マネー塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.