でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

最短で資産を1億円!貯金ができない方に5つの習慣&お金の使い方で100万円貯める方法

更新日:

1度でいいから…1億円の資産を形成したい!

最初から1億円と考えると無理かもしれないが、100万円を貯める事が可能であれば1億円への道が開けます。

ただ、そうは言ったものの今までやった事がない事なのでどうやって貯めていいかはわからないですよね。

現代において30代世帯の3分の1は貯蓄は無いそうです。そうなるとどうやって貯めれば良いのか?

これからお金を貯める習慣・自然にお金を貯める為のサイクルについて記載させて頂ければと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




前もって毎月の貯金を設定!給料を天引きする

貯金の習慣が身についていない場合ば最初から給料から貯金額を引く事によって残ったお金で生活をする事になる。

そうなると癖がつくので良いです。

目安は月収の6分の1

毎月貯金する額を設定する事が大切です。天引きを行えば強制的にお金を貯める事ができます。

お勧めは月収の6分の1です。というのも3年間続ける事によって年収の半分を貯金する事が可能です。

例えば月収を30万(年収を360万円)とすると5万円を給料から天引きし貯金に回します。

なんと3年間で年収の半分の180万円を貯める事が可能です。

自動積立定期預金/定期積立を利用しましょう

財形貯蓄が1番貯まりやすいと言われてますが、ただ勤務先がこの制度を導入してるかによって限定されてしまいます。

なので、財形と似たシステムの自動積立定期預金、定期積立がお勧めです。

■準備をする物

・印鑑/通帳/身分証

積立は自分で期間の設定を行う事が可能です。長い程金利が高くなりますが途中で解約をする事ができません。

目安としては1年~2年がお勧めです。

削減できるのは固定費!減らすのは支出!

理想の支出費というものがある。

支出比率(消費70%・浪費5%・投資25%)こちらが支出費の黄金比率になります。

貯金は投資に含まれます。

消費が70%なので月収が30万円だとしたら21万円を消費として利用する事が可能です。

もっと欲を言えば…この消費の部分を抑える事により貯金に回す事もできます。

その為に固定費を削減していく事が大切です。

公共料金を減らそう!(特に水道費・光熱費)

まずお風呂ですが節水型のシャワーヘッドに変更を致しましょう。

自宅の電球はLEDタイプの物に変更をしましょう。

月払い→年払いに変更

これから割引を受けられるものをざっとまとめてみました。

割引受けれるもの 割引率
生命保険 約3~5%
自動車保険

約5%

NHK受信料 2か月払いより2000円程下がる
国民健康保険/年金 約1%程

携帯代の節約は無料通話で!

電話代ですが、意識をしないで利用をしていると月に1万円は軽く超えてしまいます。

可能な範囲でSkype・LINE・FaceTimeを利用してから無料での通話に切り替えましょう。

FaceTimeはあまり知られてないですがiPhone、iPad、iPod touch、MACで利用可能な無料通話です。ビデオ通話もできるので大変便利です。

FaceTimeのやり方

Skypeのやり方

LINEでのやり方

食費・小遣いは月単位ではなく週単位で管理をする癖をつける

月に食費・小遣いで5万円を利用すると仮定する。その場合は週に1万円だけえ財布の中に入れておくようにしましょう。

1万円の範囲であれば何に使ったのかがすぐに分かります。

1か月過ぎ、お金を使い過ぎてから後悔をする前に1週間で何にどのくらい使ったのかが把握できたほうが、先手先手で対処できます。

家計簿をつける!しかも1項目だけ!

意識する上で大切なのはお金をどう使っているのかです。

その為にレシート、またはメモをとる事から始めてみましょう。

ポイントなのは全部の項目を記録せずに、記録したい項目だけを記録するようにする事です。

理由としては、今までやった事をない事をいきなりやれと言われても無理です。

続ける為にはまずは自分の興味を持てる項目からスタートをするのです。

例えば、飲み代であったり洋服、そして化粧代など…。手帳じゃなくてもメモでも良いですね。

まずは習慣をつけるようにしましょう。

お勧め家計簿アプリ

Kakeibon

パソコンから家計簿をつける事ができる。

Zaim

レシートを撮影するだけで自動で入力をしてくれ手間がかなり省けます。なので続けやすいですね。

クレジット・銀行口座・電子マネーを金融機関に登録をするだけで自動的に家計簿も作成してくれるので便利です。

欲しい物があったら1週間我慢をしてみよう!

欲しい!と思ってもまずは一旦我慢…そして冷静に考えて1週間後にもう1度欲しいのか考えてみましょう。

意外といらないなって思ったりします。気に入ったデザインの服があったとしても時間が経つと買わなくて良かったなと思う事もあります。

特に注意なのはセールです。半額で1万円が5千円で買えると値段が安くなってお買い得に感じますが、もそも5千円は結構大きな額です。ただ割引率が高いからという部分だけを見て買ってはいけません。

まとめ

お金を何に、どう使ってるのかを把握する事から始めましょう。そして少しでも多く貯蓄をする癖をつけます。

まずは100万円を貯める!貯まったら自信がつくので1億円を貯める為のステップにいきましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.