でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

未分類

twitter(ツイッター)でも話題!2017年4月29日は初代たま駅長の生誕・18周年記念日/写真・グッズも大公開!

更新日:

2017年4月29日は初代たま駅長、生誕18周年記念日です。

初代たま駅長について記載しております。

一度ご覧下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




たま駅長とは?どこの?何駅の駅長なの?

たま(1999年4月29日 - 2015年6月22日)

たまは、和歌山県紀の川市の和歌山電鐵貴志川線貴志駅において駅長を務めた雌の三毛猫の事を言います。

同駅名誉永久駅長でもありますので凄いんですよ!

もともとは、2007年1月5日に和歌山電鐵から正式に駅長に任命されたことで話題を呼んだのがきっかけです。

主な業務としては『客招き』です。任期はなく終身雇用であり、報酬は年俸としてのキャットフード1年分でありました。

これは猫としては嬉しい報酬ですね…笑

たま駅長は、その観光へのアピールの功績から同社から『スーパー駅長』、のちに『ウルトラ駅長』に昇進をしたのでした。

また他にも『和歌山県勲功爵(わかやま で ナイト)』、『和歌山県観光招き大明神』

などの称号も与えられているのでした。

たま駅長・たまの生い立ちは!?

もともとたまの母猫であるミーコは元々、南海電気鉄道時代の貴志駅舎南側にあった倉庫内の作業員詰め所で飼われていました。

一駅隣の甘露寺前駅で生まれたそうです。

それからミーコは4匹の子猫を出産しました。

そのうち、1匹が三毛でありました。兄弟達のうち1匹は死んでしまい、他の2匹は新しい飼い主に貰われていったが、一番性格のおっとりしたおとなしい三毛の子は『たま』と名付けられました。

ミーコと一緒に小山商店で飼われるようになり、ちびは生後間もない頃に駅前に捨てられていたのを拾われ、たまが母親代わりとなって育てていたそうです。

たま達は売店と倉庫の間に作られた猫小屋で飼われるようになり、昼間は売店の前で過ごすようになりました。

所の人たちや駅の利用客にかわいがられるいわば『駅のアイドル』でありました。

また、たまは『必要以上に耳を掻く仕草をすると、次の日の降水確率は90%以上』という天気予報の特技があり、三毛猫が船を護るという言い伝えもあってある漁師から譲ってもらえないかと相談されたこともあったそうです。

たま駅長はねこブームのきっかけ!?

また猫ブームのきっかけとなったのもたま駅長がきっかけなのです。

たま駅長をきっかけに…ネコ専門のSNSサイトが開設されたり、2012年から2016年の4年間で飼い猫の頭数が30万匹増え987万匹となりました。

そして、近いうちに飼い犬の頭数を抜くだろうと予測されるなど社会現象ともなり『ネコノミクス』なる新造語も生まれた程なのです。

たま駅長死去!? たま駅長のその後…

2015年5月19日から鼻炎のため入院していましたが、復帰することなく同年6月22日に急性心不全のために死にました…

そして、たまに『名誉永久駅長』の称号を追贈したそうです。

『たま』の死後、和歌山電鐵は貴志駅に鎮座する神社の一つについて『たま神社』と命名し、2015年8月11日に社長の小嶋、仁坂吉伸(和歌山県知事)らが参列してたま神社の宮開き神事を執り行うと共に、神社に『たま』の銅像2体を設置しました。

『たま』の死は、生前と同様、海外メディアに於いても相次いで報じられた程だったのです。

ガーディアンやニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストなどの主要メディアが6月28日に営まれた『たま』の葬儀の模様も交えつつ報じました。

死後7ヶ月余り経過した2016年2月2日、和歌山県は、生前の『たま』が残した功績を同県として永く称えるべく、急遽創設した『和歌山殿堂』の第1号として殿堂入りさせることを決めました。

これを受け、和歌山県立図書館2階に入っている文化情報センターに『たま』を象った青銅製レリーフが、生前の功績を掲載したパネルや年表と共に設置されることになっています。

これに先立ち、同年2月16日の午前中にそのレリーフの除幕式を挙行、同式に於いて和歌山電鐵社長・小嶋に対するレリーフのレプリカ贈呈も行われることになっています。

たま駅長 twitter(ツイッター)の写真を大公開!

たま駅長・ニタマ・たまⅡ世の出勤日・勤務日早見表

たま駅長のグッズ一覧

たま駅長は可愛いですね!

本日は以上です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.