人気記事!!
即日・当日お金が欲しい人!!今すぐに借りれるお勧め消費者金融とキャッシング・カードローン!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら
急な出費が必要となったのに貯金残高が全然足りていない、そんなときに助けてくれるのがキャッシング商品です。

しかし、そんなに突然に審査し、貸し出しをしてくれるか不安もあるのではないかと思います。

どの会社からキャッシングすればよいのか、お勧めの金融業者や審査通過のコツをお伝えします。

即日で融資を受ける場合には、予めの準備は非常に重要です。

きちんと対策を取ってから審査に申し込みましょう。

目次

スポンサーリンク

即日・当日キャッシングを行うための事前に知っておくべき金融機関の特徴

即日キャッシングの実現の為に、準備としてまずは即日融資を実行してくれやすい貸金業者を知っておく必要があります。

キャッシング可能な業者一覧
  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金融
  • 銀行系キャッシング会社
  • 闇金系キャッシング(言わずもがな違法です)

以上のキャッシングが可能な業者をネット上の情報や口コミ情報を元に、各業者毎に以下にまとめましたので参考にしてください。

各図の項目は5段階で分けており、3を【普通(平均値)】として数字が大きくなればなるほど、項目の観点での評価が高くなります。

【(低評価)1→2→3(普通)→4→5(高評価)】ということになります。

3は申し込みや利用に際して、特に問題を感じないレベル(平均値)と考えてもらえれば大丈夫です。

大手消費者金融

まずは大手消費者金融についてです。
大手消費者金融はCMなども多く流しており、認知度が非常に高いのが特徴です。
特に「アコム」「レイクALSA」「プロミス」は大手消費者金融の中でも勢いのある会社になっています。
流石に大手消費者金融といったところでしょうか。
知名度は満点という他よりも非常に高い数字を誇っているのと即日融資度が高いのが特徴です。
大手の人海戦術ともいえるスタッフの多さで即日審査、即日キャッシングを可能としています。
但し、審査に関しては個人信用情報を重視する傾向が強い為、債務整理等がある場合は審査を通過できない可能性が高くなります。
しかし、その分ある程度まとまった金額をキャッシングする場合の金利は他社よりも安くなる傾向があり、審査を通過できるのであれば、「即日融資、低金利」の両面を達成できる業者となりそうです。

中小消費者金融

続いてはは中小消費者金融についてです。
所謂「街金」と呼ばれている貸金業者で、ドラマなどのイメージからか闇金と混同されることが多いのですが、大手消費者金融と同じく国や知事などの営業認可を得ている業者がほとんどです。
大手消費者金融ほどCMなどを流しているわけではありませんので認知度は低めです。
しかし、地域密着の地元感溢れるサービスが強く、大手消費者金融の貸し出しATMが無い地域などでは重宝される存在です。
近年では、即日融資に対応している会社も増加しましたが、まだまだ融資できる地域が限られていたり、審査が長引いてしまったりすることで即日融資が出来ないことも多くあります。
しかし、債務整理を行ってブラック(異動登録者)となってしまった申込者に対しても「現在」の収支状況を確認し、審査を行うことが出来るなど、マニュアルや常識に捉われない融資審査方法を取ってくれる為、「債務整理への理解度」は非常に高いと考えられます。
これらのことから、即日に融資を受けたい場合は、事前にご自身の家庭状況を整理しておくのが良いと言えます。
また、金利については、大手消費者金融と比較すると若干高めに設定されてる場合が多いですので、予め確認を行ってください。
各会社のホームページ上に無料の返済シミュレーションページが用意されている場合が多いので審査前には是非利用しましょう。

銀行系キャッシング

一方、銀行系キャッシングは審査基準が非常に厳しいのが特徴です。

また、審査期間についても完了するまでには基本的に1週間程度必要となる場合が多く、即日キャッシングが出来ることは現在ではほとんどありません。
しかし、社名自体に銀行の名前を冠している場合が多いため、非常に信頼の厚いキャッシング会社と言えます。
もちろん申込者の信用情報や取引履歴は細かくチェックされることとなります。
個人の信用は信用情報や数々の取引結果の積み重ねです。
かつては銀行系キャッシングも即日融資を実施していました。
しかし、「多重債務問題」と「過剰融資」の問題が世間的にも問題が頻繁に取り上げられるようになり、問題視された為、近年は自粛の流れとなっています。
また、2018年度からは以下の2点が審査基準として新たに追加され、審査スピードが遅くなってしまう要因となりました。
銀行系キャッシング審査の追加基準(2018年度)
  • 申込者の個人情報を預金保険機構に照会する
  • 受け取った預金保険機構は警察機関データベースに照会する

その為、銀行系キャッシングは依然と比較してもかなり審査が厳しくなっており顧客を慎重に選ぶ傾向も強く、信用情報をスコア化して評価するスコアリング方式を採用している会社が多数です。

中小消費者金融のように申込者の現在の収支に目を向けて、個別にヒアリング審査をすることなどは殆どありません。

闇金系キャッシング(違法です)

最後は闇金系キャッシングの紹介です。
「金利が無料!」や「保証人も不要」といったような甘い文句で迫ってくるような業者は信用してはいけません。
彼らにとって、債務整理をしているかどうかすらも関係なく、目の前の顧客をカモとしか考えていません。
借りようとしている会社が闇金であるかを見抜く方法は以下の4点の確認が基本です。
  • 連絡先が固定電話ではなく、携帯電話になっている(貸金業を正式に登録して営むには固定電話番号が必要です)
  • 「ブラックOK」等の債務整理者への融資が可能であることを文言で謳っている(ブラックは俗称です。正規の業者はブラックという言い方をそもそもしません)
  • 貸金業許可番号が公開されていない、または金融庁データベースで名称検索しても出てこない(認可を受けていない可能性があります)
  • 貸出金利が法定金利(極度金額によって異なりますが、一般的には20.0%)を超えている。

上記の中に1つでも当てはまる場合は、闇金である可能性が非常に高いので詳しく調べるか、審査申込をすぐに止める必要があります。

闇金は甘い言葉で誘惑し、法外な金利で貸出を行っている業者です。
絶対に利用してはなりません。
闇金に一度でも足を踏み入れてしまうと、抜け出すことが困難ですし、法外な金利だけでなく、職場への取り立てなども行われるなど、法的に問題のある行為も多く見られます。
十分に注意するようにしてください。

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

ここまでの内容から、現在即日キャッシングを行えるのは消費者金融系の商品だけだとご理解いただけたでしょうか。(もちろん、闇金はご法度なので除外します)

即日キャッシング・融資を絶対条件としている場合、やはり大手消費者金融の商品を利用するのが一番良いと考えられます。

近年の中小消費者金融は大手と比較しても、サービスも劣っていない会社が多く存在しているのは紛れもない事実です。

しかし、貸出枠に上限が大手に比べて小額であったり、審査で通過した金額が想像以上に小額になったりすることも多いです。

この違いは申込者にとって大きな差を生んでしまうことは明白です。

つまり、即日融資でありながら申込者の希望全てを叶えることが出来ないこともありますので、まずは大手消費者金融から審査を申込むのが鉄則と言えるでしょう。

即日・当日キャッシングへの障害

即日キャッシングへの調査も終えて、大手消費者金融にて貸し出しの審査申込をする前に以下の項目に該当していないかを最終確認するようにしてください。

これらの項目に当てはまっていると、即日キャッシングは諦めなければならないほど、時間がかかる可能性があります。

即日キャッシングへ障害となる状況
  • 現在既に他社(銀行以外)から年収の3分の1を超える借り入れがある
  • 5年以内に債務整理をした経験がある
  • 現在無収入である

現在既に他社(銀行以外)から年収の1/3を超える借り入れがある

これは2010年に貸金業法という法律内で決められた「消費者金融は申込者の年収の1/3以上を融資してはならない」という規制です。

過剰貸し付けによる多重債務者が続出するなどのトラブルが発生したことを受けて規制された仕組みとなります。

この仕組みについて、一般的には「総量規制」と呼ばれています。

ただし、この総量規制の適用範囲には銀行系キャッシング等のローン商品が該当していないのが大きな特徴です。

以下の図のようにご自身の税込年収(税金を引かれる前の年収)の3分の1を上回る金額を既に借りていないかを確認してください。

上記の金額を超えている場合、残念ながら法律の規制で消費者金融は新たに貸し出しを行うことが出来ません。

もちろん、この状態で審査に申し込んでも通過することは無いので、即日のキャッシングも行うことは出来ませんので注意してください。

5年以内に債務整理をした経験がある

こちらは、個人信用情報機関(CIC・JICC・KSC)に事故情報(異動情報)が掲載されてしまっている方が対象となります。

大手消費者金融が信用情報を非常に重視していることは先述の通りです。

正規で登録している貸金業者は上記の3機関のいずれかに登録をしていて、申込者の審査の為に信用情報を照会する権利を所持しています。

上記の3機関のいずれかに個人信用情報は必ず保管されています。

処理方法 処理に裁判所の必要性 専門家の必要性 返済までの期間

信用情報への登録期間

(ブラックリスト)

自己破産 必ず必要です。 弁護士・司法書士 免責 最大10年間掲載
任意整理 必要ありません。 必ず必要ではありません。 3~5年間or一括返済 5年間掲載
特定調停 必ず必要です。 裁判所所属の調停委員 3~5年間 5年間掲載
個人再生 必ず必要です。 必ず必要ではありません。

3年間

(最大7年まで延長可)

最大10年間掲載(7年程度)

また、個人信用情報機関への登録の期間等は上記の表を確認してください。

以上のことから考えて、信用情報機関に掲載されてブラック状態となっている場合、大手消費者金融から即日のキャッシングを得ることは難しいでしょう。

現在無収入である

この状態は即日キャッシングには非常にハードルが高い状態となります。

それは一般的に返済能力が無い状態と言えるからです。

例えば消費者金融に対して、月々3万円を返済する契約を結んでも、収入が無ければ返済は見込むことは出来ません。

特に大手消費者金融は貸出条件に「安定した収入のある方」と記載していることが多いのが特徴です。

また、主婦で貸出が可能となっている商品であっても、配偶者の収入を証明できるものを提示することを条件にしている場合もあります。

つまり、アルバイト等でも構わないので定期的な収入を得る手段を持っていないとキャッシングはできないということでもあります。

逆を言えば定期的な収入を持っていれば、正社員であるかどうかは大きな問題ではないということになります。

上記のマトリックス表は現在就いている雇用形態に対して、どの程度の評価をキャッシング会社から得ることが出来るかを図示したものです。

「○」が付くところに位置している場合は、この項目の審査は問題なく通過していることでしょう。

「△」「×」に位置する方については、他の審査基準との兼ね合いによっては即日の融資は出来なくなる可能性が非常に高いです。

では、このような障害を乗り越えた場合、即日キャッシング可能となる業者はどこなのでしょうか。

即日・当日キャッシングが可能、今すぐ借りれる大手消費者金融業者とキャッシング・カードローン

では、いよいよ即日キャッシングをするために選択するべき金融業者を3社紹介します。

即日・当日キャッシングできる、今すぐに借りれる消費者金融とキャシング・カードローンその①:「アコム」

CMなどが頻繁に流れているアコムは言わずと知れた大手企業ですが、実は審査のスピードもかなり速いのが特徴です

また、この審査を通過すると1万円から最大800万円までの融資が可能です。(但し、申込できるのは20~69歳までの返済能力を有している方です)

アコムの創業は1936年(設立1978年)で、かなりの老舗金融業者です。

それだけ多くの顧客との取引実績を持っているということですので、審査も正確でスピーディに行うことが出来ると考えられます。

アコムの貸金業登録番号
関東財務局長(12)第00022号
関東(包)第5号(包括信用購入あっせん業者)

まずはアコムにはどのような特徴ポイントがあるか見てみましょう。

アコムの特徴
・初回利用時、最大30日間金利0円サービス
・資金の利用用途は自由
・インターネットから365日24時間申込可能
・審査が最短30分最短即日融資可能
・パートアルバイトでも定期収入があれば融資可能

アコムは審査時間が約30分と短いだけでなく、振込時の手数料も無料です。

楽天銀行に口座を持っていると、24時間、最短1分で振込してくれるサービスもあります。

平日であれば14時までに申し込みを行うと即日キャッシングが可能となっています。

インターネットからの申込手順はかなり簡略化されていて、契約までの手続き期間を大幅に省略できることがメリットとなっています。

※アコムHPより引用

以上のようにたった2ステップで申込完了することが出来ます。

アコムで即日融資を希望するのであれば、カードローン、クレジットカード、ビジネスサポートカードローンの3種類が可能となる商品ですが、即日キャッシングを取りやすいのは圧倒的にカードローンとなります。

これはカードローンが利用金額も巨大になることも少なく、信用情報のみで判断をすることが出来る商品であるからだと言えます。

商品概要は以下の通りです。

商品名 カードローン(キャッシング機能付)
契約極度額 1万円~800万円
貸付利率

実質年率3.00%~18.00%

※契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%

遅延損害金 年率20.00%
返済方式 定率リボルビング方式
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
担保・保証人 担保・・・不要
連帯保証人・・・不要
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
返済期間回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
審査 要審査

アコムで実際に即日キャッシングをする為には、身近に店舗や自動契約機があるのであれば直接そちらに出向いて申し込みする方法が一番早いです。

しかし、店舗や自動契約機が生活圏に無ければ、自宅からインターネットかもしくは電話での申し込み、指定口座に振り込んでもらう方法が迅速になるはずです。

即日・当日キャッシングできる、今すぐに借りれる消費者金融とキャシング・カードローンその②:「レイクALSA」

【貸付条件】

融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%

貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。

利用対象

20歳~70歳(国内居住の方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方)

遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)

融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。

必要書類 運転免許証等

収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

担保・保証人 不要

続いての紹介は「レイクALSA」になります。

このレイクALSAが大手消費者金融として、即日融資可能になったポイントを紹介します。

レイクLASAは最近テレビCMでも見かけるようになりましたが、以前の名称は「新生銀行カードローンレイク」でした。

つまり銀行系キャッシング会社であったわけです。

この会社は2018年度から消費者金融事業として「レイクALSA」と屋号を改めました

このことによって、以前までは銀行系のカードローンだった為に審査に時間を要していて即日融資・即日審査が出来なかったことが、今回、消費者金融系カードローンとなったので即日キャッシング可能となりました。

レイクALSAの貸金業登録番号
関東財務局長(9) 第01024号
日本貸金業協会会員第000003号

レイクALSAは元々は新生銀行とのグループ会社なので、れっきとした正規の金融業者になります。

まずはレイクALSAにはどのような特徴があるか見てみましょう。

レイクALSAの特徴
新生銀行グループなので安心感と企業度は抜群
・Web申し込みで新規申込60日無利息(※1)又は借入額5万円迄180日無利息(契約金額200万円まで)を選択可
・公式WEBサイトから365日24時間申込可能
・審査は最短15秒で結果を表示
・Webで最短60分で融資可能

※1.WEB経由で申し込んだ方が対象です。
※1.Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息となります。
※いずれもご契約額が1~200万円の方が対象です。
※いずれの無利息サービスも、初めてなら初回契約翌日から無利息期間適用
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可

当日21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

審査結果の通知までなんと最短15秒です。

即キャッシングまでの申し込み手順に沿って時間内に行えば十分に即日キャッシングに間に合わせることが出来ますので確認しましょう。

※レイクALSAホームページより引用

以上のように即日の融資を希望する場合でも来店なし、書類もメールに添付して送るだけで契約まで完了できる仕組みがあり、時間のない方にも非常に心強い仕組みだと思います。

そんなレイクALSAの商品概要をまとめますので参考にしてください。

商品名 レイクALSA(カードローン)
契約極度額(融資額) 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%※契約額・残高に応じて変わる
ご利用対象

20歳~70歳(国内居住の方)
ご自分のメールアドレスをお持ちの方

遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数

最長8年、最大96回

必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じて、当行が必要とする場合)
担保・保証人 不要
審査方法 ご契約には所定の審査
申し込み方法 WEB、電話、自動契約機

レイクALSAで実際に即日キャッシングをする為に、こちらも身近に店舗や自動契約機があるのであれば、直接そちらに出向いて申し込みする方法が一番早いです。

インターネットやスマホからの申込完結でレイクALSAを利用し、即日キャッシングする為には、申込時間を間違わなければ即日で融資金を手に入れることは比較的余裕です。

また、スマホATM取引によりセブン銀行ATMからカードレスで取引をすることが出来るのも非常に便利です。

即日・当日キャッシングできる、今すぐに借りれる消費者金融とキャシング・カードローンその③:「プロミス」

次にご紹介するのはこちらも超大手消費者金融の「プロミス」となります。

プロミスは設立昭和37年と古く、消費者金融業として事業している実績と長年の信用度で現在まで続いています。

それでいてかつ、CMなどの認知活動にも積極的でユニークなCMの印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかも、三井住友ファイナンシャルグループになるので、企業としての安心感もあります。

大手消費者金融プロミスの貸金業登録番号
日本貸金業協会会員 第000001号
関東財務局長(12)第00615号

それだけでなく、加盟団体も日本貸金業協会、(社)日本クレジット協会、(社)日本経済団体連合会にも会員参加してますので信頼度はアップします。

プロミスの特徴
・三井住友銀行グループの消費者金融
初めてなら30日間まるごと金利利息が0円
・365日24時間申込可能でWEB契約なら即日融資可能
・パートやアルバイトでも定期収入があれば審査通過可能

プロミスはWEBで契約を完結する場合、以下の特徴がありますので確認してから申し込みましょう。

上記の画像のように郵送物なしでの申込やカードレスで融資を受けられるので、申込者は審査通過後も楽をすることが出来ます。

そしてプロミスも他社と同じように即日融資・即日審査が出来るように運営体制を整えています。(以下の図をご確認ください)

※プロミスHPより引用

しかしながら、即日融資を希望している場合は、平日の14時迄に申込審査を完了していなければ銀行機関のお金の処理上当日受け渡しは出来なくなります

プロミスのキャッシングローンには下記のローンプランがあります。

プロミスのキャッシングローンの商品案内
・フリーキャッシング
・レディースキャッシング
・おまとめローン
・自営者カードローン
・目的ローン

今回は即日キャッシングも可能となっているフリーキャッシングで貸付条件をご確認下さい。

商品名 フリーキャッシング
ご融資額 500万円まで
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
担保・保証人 不要

プロミスの貸付条件として、「年齢が20~69歳で安定した収入がある人」となっております。

パートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込みするのに特に問題無いという事ですので主婦や学生でも利用が可能となっています。

即日融資を希望しているのであれば、プロミスを一度検討してみることも良いのではないでしょうか。

同時に読んでおいた方が良い記事!!

番外編:最大融資額は業界トップクラスのキャシング・カードローン:「楽天銀行スーパーローン」

最後にご紹介するの「楽天銀行スーパーローン」となります。

なぜ番外編としているのかは、楽天銀行スーパーローンは即日融資はほぼ不可能で、公式HPには「できるだけ迅速に対応する」と記載がされています。

その為、今すぐに借りれるという事は少々ニュアンスが変わってくる為番外編としています。しかしながら、最大融資額は消費者金融に比べて高く、また以下のATMの場合は借入する際の手数料も無料の為負担も少なく借りれます。

【借入手数料無料のATM】

  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

 

楽天銀行スーパーローンの貸金業登録番号
登録金融機関 関東財務局長(登金)第609号
楽天銀行スーパーローンの特徴
・消費者金融系に比べて実質年率が低い
・消費者金融系に比べて最大融資額が800万円と高い
・パート、アルバイト、専業主婦でも申し込み可
商品名 楽天銀行スーパーローン
ご融資額 800万円まで
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 付利単位1円とし、1年を365日とする日割計算
借入利率 1.9%~14.5%(実質年率)
遅延利率 19.9%(実質年率)
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式D
ご返済期間・ご返済回数 定め無
お申込みいただける方 年齢20歳以上、62歳以下の方、日本国内に居住している方、勤め􏰀方で毎月安定した定期収入􏰀ある方、専業主婦の方、楽天カード株式会社また􏰁株式会社セディナ􏰀保証を受けることができる方
担保・保証人 不要

即日キャッシングする為のポイント

さて、この記事では3社の消費者金融を「キャッシングで当日にお金を得られる」会社として紹介しました。

しかし、即日キャッシングを行うためには申込者側もそのための準備をすることが必要です。

以下に準備するべき内容を記載しますので、参考にしてください。

即日キャッシングの為に必要なこと
  • 必要書類は事前に揃えておくこと
  • 申し込みは午前中に済ませること
  • 虚偽の記載や記載ミスはしないこと
  • 借入希望額は必要最低額にすること

その①:必要書類は事前に揃えておくこと

即日キャッシング実現には審査時間の短縮が重要になってきます。

その為には、申込者の身元を証明出来る物や収入がどの程度あるのかを証明出来る物を、提出出来るように準備しておく必要があります。

以下のような書類が必要であると考えられますので、該当する書類を申し込み前に準備してください。

本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票、印鑑登録証明書、在留カード、特別永住者証明書等
・住所が異なる場合
公的機関又は公共料金等の領収書や納税証明書、記載事項証明書等
収入確認書類 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、納税通知書、所得(課税)証明書等

希望する借入限度額が低い時は、運転免許証のみで審査申し込み出来る場合が殆どなので、申し込み時の先方からの指示に従って書類を提出してください。

その②:申し込みは午前中に済ませること

即日でキャッシングをして当日中に手元にお金を手にすることが出来る状態を作るためには、「なるべく早い時間帯に審査を申し込む」ことが非常に重要です。

以下の図のように審査は申し込みがされてから担当者で審査が行われるため、ある程度時間を必要とします。

午前中に審査結果が手元に来るようにするために業者の営業時間を確認し、早めに申し込みを行うことが秘訣となります。

上記の流れで行うことが出来れば、当初の希望通りのタイミングでキャッシングを行うことが可能となるのではないでしょうか。

その③:虚偽の記載や記載ミスはしないこと

申し込みをする際に当然と言えば当然ですが、例えば年収欄等で虚偽記載を書いてしまうと、意図しているかに関わらず、融資の話自体が全て消えてしまうこともあり得ます。

申し込み前に見直しを徹底的に行うことと、もしも記載方法が分からなかったとしても担当者に尋ねるなどすれば、後々のトラブルを防ぐことも出来ます。

その④:借入希望額は必要最低額にすること

これは審査に通過しやすくなるための方法で、特に総量規制の対策のための方法と言っても過言ではありません。

また、希望金額が大きくなると審査も比例して厳しくなりますが、少額の金額であれば通過しやすくなるのはネット上の口コミサイトなどからも見て取れます。

必要以上の金額をキャッシング希望するのではなく、必要な分だけを希望するようにしましょう。

結論:大手消費者金融でキャッシングするのが一番良い

ここまでの内容を総合すると、即日でキャッシングを行うためには大手消費者金融を利用する形が良いのではないかと考えます。

審査では個人信用情報を確認されますが、他社からの債務等が自身に無い場合は特に怖がる必要はありません。

大手は審査もその後の処理も速いので、十分に即日キャッシングを行うことが出来ます。

特にアコム、レイクALSA、プロミスの3社は上記の処理速度が大手の中でも秀でています。

これらの会社で即日キャッシングを可能にするためには、午前中に受付が完了している方が午後からの時間を修正などに充てることが出来ますので、精神的にも楽ではないでしょうか。

各社の特徴をご自身でも確認して、十分な事前準備の上で申し込みをするように心掛けて下さい。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事