でんちゅうが送るちょっと気になる事

でんろぐ2

Google

『ヤン・インゲンホウス』生誕287周年をGoogleロゴで祝う!!

投稿日:

本日、2017年12月8日は、生理学者のヤン・インゲンホウスさんの生誕287周年です。

この機会にヤン・インゲンホウスさんについてご紹介いたします。

[adense]

ヤン・インゲンホウスさんってどんな人?何をした人?

名前 ヤン・インゲンホウス
出身地 オランダ
生年月日 1730年12月8日
1799年9月7日
職業 植物生理学者、化学者、物理学者

彼は、オランダのブレンダという場所で生まれました。

23歳の時にルーヴェン・カトリック大学で博士博士号を取得します。

そこからさらにライデン大学で学ぶことになります。

42歳の時に、オーストリア皇族のマリア・テレサ・フォン・ポルトゥガルの侍医、ウィーン宮廷会議一員に就任しました。

主に植物生理学の実験で植物の作用についての実験を繰り返しました。

※植物生理学とは…植物の生態領域の分野のことを指します。

植物生理学と聞いてしまうと…難しく考えてしまうかもしれませんが…

なんと彼は光合成や植物の呼吸作用を発見した人なのです。

光合成と聞けば大抵の方は『小学生の時に習ったな〜』と思う方もいらっしゃるでしょう。

人類が酸素がなくならずに生きていけるのは光合成を行なっている植物があるからこそなんですね。

光合成の歴史 ヤン・インゲンホウスが影響を受けた人とは?

光合成の歴史には大きく登場人物が4名登場します。

ことの発端は『ジョセフ・ブリーストリー』という化学者の研究でした。

彼は、ある仮説を立てて研究をしました。

それが、『植物はきれいな空気を出して空気を浄化している』という仮説です。

その仮説を元に研究をします。

※当時使われていたとされる実験器具です。

密閉したガラス瓶の中でロウソクを燃やして汚れた空気を作ります。

その中に、

・ハッカとネズミを入れた瓶

・ネズミだけを入れた瓶

の両方を準備します。

実験結果では、ハッカを入れた方が生き続けました。

しかし、ネズミだけの瓶はほんの数秒で気絶し死にました。

この実験は有名な実験でもあります。

この実験結果から『植物には呼吸で汚れた空気を浄化する何かがあるのではないか』

と考えたわけなんですね。

その実験を元にジョセフ・ブリーストリーは『酸素の発見』

をしました。

彼に影響を受けたのが『ヤン・インゲンホウス』さんです。

ヤン インゲンホウスさんは、以前ジョセフ・ブリーストリーさんが行った実験から、さらに水草の実験をして『植物が空気をきれいにするのは葉の緑色の部分と光に影響を受ける』と発見をしたんですね。

ちなみに水草の実験というのは…

・光を照らした水中にある水草

・光を照らさなかった水中の水草

上記の2つの水草から出る気泡に火をつけたら前者の方が燃えたという実験です。

※イメージとしてはこのような実験です。

これも小学生の時に理科の授業で実験した方がいらっしゃるかもしれませんね。

さらにその後に『ニコラス・テオドール・ド・ソシュール』さんは植物には二酸化炭素がないと生きていくことができないということを発見します。

そして、光合成には水が必要だということも突き止めました。

最後に『ユリウス・フォン・ザックス』さんは、植物は日光が当たると二酸化炭素を取り込んで葉緑体の中でデンプンを作ります。そのデンプンを使って生きているということを発見します。

これでようやく光合成が完全に解明されたというわけなんですね。

最初の実験が1771年で、『ユリウス・フォン・ザックス』さんの発見まで1862年です。

なので、約90年の研究をかけて光合成が発見されたわけなのです。

長い歳月をかけて発見されましたが、最低でもこれまで登場した4名の方がいなければ…

植物の重要性を知らずに生活をしていたかもしれません。

そうなると…地球の問題(地球温暖化など)にも目を向けることができなかったのかもしれなかったわけなんですね。

Googleロゴは光合成をイメージ

今回のGoogleロゴでは、植物が光を浴びることによってどんな活動をしているかをイメージしています。

その動きをまさにヤン・インゲンホウスさんが観察をしているというわけなんですね。

ヤン・インゲンホウスがGoogleのトップになっている国

大半の国が表示されていますね。

それもそのはずです。光合成は世界共通のことです。むしろもっと表示されても良いと感じるくらいですね。

光合成を発見した人まとめ

最後に光合成を発見した人をまとめます。

①光合成で酸素が出るという発見をした人

⇒ジョセフ・ブリーストリー

②光合成により酸素が出るのは緑色の葉と光に関連があると発見した人

⇒ヤン・インゲンホウス

③植物には二酸化炭素がないと生きていけないということを発見した人

⇒ニコラス・テオドール・ド・ソシュール

④葉は二酸化炭素を取り込んでデンプンを作って生きているということを発見した人

⇒ユリウス・フォン・ザックス

以上光合成の発見に関わった代表する4名の方々です。

また、今度はGoogleのロゴがどう変わるのか楽しみですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-Google

Copyright© でんろぐ2 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.