人気記事!!
給料の前借りってできる?前借りでお金を作る為の方法や条件・注意点を解説
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

毎月給料日前に日々の生活費に苦しんでいる方はいませんか?

急にお金が必要になったとはいえ、消費者金融やカードローンは利用したくない方もいるかもしれませんね。

こんな悩みをお持ちでないですか?

  • 給料の前借りをしたいけど会社にバレるのが嫌だなぁー
  • 給料の前借りを気軽にできるサービスはないの?
  • ファクタリングに興味があるけどなんか怪しいので不安

この記事では、そもそも給料の前借りを会社に頼むことは可能なのか、給料を前借りする3つの方法やそれぞれのメリットやデメリット、給料を前借りする時の注意点などなど。

給料の前借りについてのすべてを解説します。

もし忙しくて全部の文章を読む時間がないという方は、見出しを読むだけで理解できるのでぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

毎日給料日くんなら今すぐにお金を作れる

近年、給料の前借りの代わりに出てきたサービスが、ファクタリングでお金を作る方法です。

ただ、怪しい評判の会社や手数料が高すぎる会社もあるので不安かもしれません。当サイトがおすすめするファクタリング業者は毎日給料日くん。

毎日給料日くんのメリットやデメリット

毎日給料日くんのメリットやデメリットは以下の通り。

■毎日給料日くんのメリット

  • 最短30分で入金できる
  • 24時間365日利用可能
  • スマホやパソコンからすぐに申し込みができる
  • 少額から高額のお金を作れる
  • 1万円〜100万円以上の利用に対応
  • 勤務先への在籍確認がない
  • 信用情報の情報を参照しない

■毎日給料日くんのデメリット

  • 手数料は審査を受けないとわからない
  • 審査に落ちることもある

 
毎日給料日くんのメリットは、最短即日でお金を作れること。また他のファクタリング業者の一部で行われている在籍確認もありません

そのため、お金に困っていることが会社にバレる可能性はゼロですね。ただ、審査に必ず通るわけではない点や手数料に満足できない可能性もある点には注意してください。

毎日給料日くんの申込方法はとても簡単

毎日給料日くんの申込手順は以下の通りです。

毎日給料日くんの利用手順
  1. スマホやパソコンから毎日給料日くんの公式サイトに行く
  2. 申し込み
  3. ファクタリング業者の審査
  4. 審査結果が届く
  5. お金が作れる

 
まず毎日給料日くんの公式サイトから申し込みを行います。毎日給料日くんの申込時に入力する内容はわずか7項目なので、3分ほどで申し込みができます。
 

毎日給料日くんの申込み時に入力する内容

  1. 希望金額
  2. 住んでいる都道府県
  3. 勤務年数
  4. 手取り月給
  5. 名前
  6. 電話番号
  7. メールアドレス

そして、審査に入り、最短即日〜1日ぐらいでファクタリング業者から審査結果が届きます。審査結果はメッセージや電話で来るので対面の必要はありません。

後は、条件に不満がなければ、最短即日でお金を作れます。

また、毎日給料日くんの公式サイトでは、今日の利用者や過去に毎日給料日くんでお金を作った人の金額や口コミを閲覧できます。

最低でも5万円、最大で30万円以上のお金を作った人もいるなど様々な金額に対応可能です。

給料の前借りとは給料日より前に給料を借りること

給料の前借りとは、毎月指定された給料日よりも前に会社から給料を支払ってもらうこと。

通常給料は、毎月指定された日にしかもらえないのが当たり前です。(週払いや日払いを採用している一部の会社を除く)

しかし、急な事情があったり、給料が安すぎて給料日まで待てないという方も多いかもしれません。

■給料の前借りをせざるを得ない事情

  • 急に飲み会が入って参加したいけどお金が足りない
  • 給料日までの生活費が足りない
  • 友達の結婚式に参加したいけど、貯金がなくて参加が厳しい

 
給料の前借りをするためには、以下の3つのいずれかの方法で借ります。

■給料の前借り方法

  • 会社から直接借りる
  • 社内貸付制度を利用する
  • ファクタリングでお金を作る

そもそも、給料の前借りは労働基準法で認められている権利

会社に相談しても給料の前借りを絶対に認めてくれないと思っていませんか?実はそうとも限りません。

なぜなら、あなたが会社に対して給料の前借りを頼んだ場合、会社は給料の前払いに応じなければならないから。
このことは労働基準法25条にも明記されています。
 

労働基準法第25条

使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

 
ただし、どんな理由や目的でも会社から給料を前借りできるわけではありません。会社が給料の前借りに応じなければならないのは、非常時に限られます
 

非常時とは?

  • 妻が出産した
  • 結婚することになった
  • 病気を患った
  • 地震や火災などの災害に遭った
  • 親が危篤になり、帰郷する費用が足りない

 
 そのため、以下のような目的で給料の前借りをしようとしても、会社は応じる必要がありません。
 
■会社に給料の前払い義務がない目的

  • 生活費が苦しい
  • ギャンブルでお金がない
  • 友人の結婚式

 
ただ、法律で義務付けられているからといって、給料の前借りが絶対にできないことはありません。

なぜなら、給料の前借りの相談をした結果、一部の会社では善意で給料の前払いに応じてくれるケースもあるからです。

もし、会社から給料を前借りしたい場合は、一度会社の上司や社長に相談してみてはいかがでしょうか?

給料の前借りはパートやアルバイトでも可能

会社は給料の前借りを頼まれると、非常時の理由であれば、給料の前借りに応じなければなりません。この法律は、パートやアルバイトでも同様です。

なぜなら、パートやアルバイトも正社員と同じく労働基準法が適用されるから。

つまり、会社側はあなたがパートやアルバイトであるという理由で、給料の前借りを認めないことはできません。

ただし、労働基準法の範囲外である場合は、会社側に給料の前払いの義務はないので注意が必要です。

■労働基準法の範囲外の雇用体系

  • 公務員
  • 同族経営のみの会社の従業員など

 
この場合は、給料の前借りができるのは、会社側が善意で動いてくれるケースのみなので、他の方法で給料の前借りをするしかありません。

給料の前借りできる範囲は働いた分だけ

給料の前借りができる範囲は、あなたが既に働いた時間分の給料だけです。つまり、前回の給料日からこれまで働いた分の金額しか前借りはできないということ。

もし、会社側があなたがまだ働いていない日の給料を支払ってしまうと、労働基準法第17条違反になる可能性があります。

労働基準法第17条

第十七条 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。

 
まだ働いていない日の給料は、条文の前借金にあたります。会社側がこの法律を知らないケースもあるので、あなたも知っておきましょう。

給料を前借りできる3つの方法のメリットやデメリットを比較!!

(画像引用元:ペイトレ公式サイト

給料を前借りできる方法は、先程も解説しましたが、3種類あります。

給料を前借りできる方法

  1. 上司や社長に相談して会社から借りる
  2. 会社の提供している社内貸付制度で借りる
  3. ファクタリングでお金を作る

    それぞれの方法のメリットやデメリットについて順番に解説しますね!

    ①上司や社長に相談して会社から借りる

    上司や社長に相談して会社から給料を前借りする方法は、みなさんが一番イメージする方法かもしれませんね。

    この方法は、会社が給料の貸付制度を用意していない場合に利用されるケースが多いです。会社から給料を借りるためには以下の手順でお金を借ります。
     

    会社から給料を借りる手順
    1. 相談
    2. 申請
    3. 借りる

     
    まず、給料の前借りをするために、直属の上司に相談します。中小企業の場合は、直接社長に相談しても構いません。

    会社によっては、そのまま口約束だけでお金を借りられますが、借用書の提出を求められるケースもあります。
    会社から給料を前借りする方法のメリットやデメリットは以下の通りです。

    ■会社から給料を前借りするメリット
    • すぐにその場でお金を借りられる
    • 特別な手続きなしで借りられることもある

     

    ■会社から給料を前借りするデメリット

    • 前借りを頼むのが苦手な人にはきつい
    • 上司や社長と仲が悪いと頼みにくい
    • 他の人にお金を借りていることがバレやすい

     
    直接会社からお金を借りる方法は最も手軽な方法で、その場ですぐに前借りができるのがメリットです。

    しかし、会社の上司や社長だけでなく、同僚にもお金を借りていることがバレやすいため、おすすめはできません。

    他の人には、「お金の管理もできない人だ」という印象を与えてしまうため、出世できなくなる可能性もあります。

    会社の提供している社内貸付制度で借りる

    一部の大手企業や中小企業では、福利厚生の一環として従業員への貸付制度を用意しています。

    貸付制度の仕組みを利用できる会社のほとんどは、銀行と給料の前借りサービスの提携をしているケースです。

     
    給料の前借りサービスを提供している主な銀行や企業

    銀行・企業名前借りサービス名
    きらぼし銀行前給制度
    三菱UFJ銀行フレックスチャージ
    三井住友銀行(さくら情報システム)即給
    CYURICACYURICA
    株式会社ペイミーPayme

    銀行だけでなく前借りの制度を企業が提供しているケースもあります。人材派遣会社でも採用されているため、正社員だけでなく、派遣社員やアルバイトも利用可能です。
     
    会社の貸付制度を利用するメリットやデメリットは以下の通り。

    ■会社の貸付制度を利用するメリット

    • 手続きも簡単で翌日には借りられる
    • 申請がWEBからできる会社がほとんど
    • 手数料が安め

     

    ■会社の貸付制度を利用するデメリット

    • 1回ごとに振り込み手数料が発生する
    • 前借りしたお金は給料日に一括返済しなければならない会社が多い
    • 同僚などにはバレないが、出世などに響く可能性がある
    • 事前に手続きや口座の保有が必要なケースが多い

     
    会社の貸付制度を利用するメリットは、手続きが簡単で翌日にはお金が銀行口座に振り込まれること。また振込手数料しか掛からないので、1回あたりの手数料は数百円しか掛かりません。

    ただし、事前に手続きを済ませる必要があります。また同僚にはバレにくいですが会社には利用したことがバレるので、出世に響くかもしれません。

    借りた給料は、給料日に一括で返済しますが、借りた金額が大きい場合は、相談すれば分割決済に変更できる可能性があります。
     

    社内貸付制度でお金を借りる手順
    1. 事前に申請
    2. 提携システムにログイン
    3. 申し込み手続き
    4. 口座に振り込み

     
    社内貸付制度でお金を借りるためには、事前に社内貸付制度の利用申請が必要です。次に給料の前借りをしたい時に、パソコンやスマホから銀行と提携しているシステムにログインします。

    申し込み手続きは、前借りしたい金額を入力するなど簡単です。早ければ即日、遅くとも2日で前借りができます。

    なお、社内貸付制度を導入している会社は、飲食店・コールセンター・派遣会社が多いですが、他の業種の会社でも続々と導入されています。

     
    社内貸付制度を導入している主な企業

    企業名
    株式会社オリックス
    ヤマト運輸
    きらぼし銀行
    株式会社木曽路
    京王プラザホテル
    株式会社すかいらーく
    株式会社ベルシステム24
    日総工産
    ヒューマントラスト

    ファクタリングでお金を作る

    会社の上司や社長に給料の前借りを頼むことができない場合や会社に貸付制度が用意されていない場合は、ファクタリングでお金を作ってはどうでしょうか?
     

    ファクタリングとは?

    ファクタリングとは、あなたの給料を債権としてファクタリング業者に買い取ってもらう方法のこと。

    ファクタリングの仕組みは以下の通りです。
     

    ファクタリングの仕組み
    1. ファクタリングを提供している会社のアプリやサイトから給料債権の買取を依頼
    2. 業者があなたの給料債権を審査
    3. 給料債権を数%〜30%引きの価格(手数料)で買取
    4. あなたにはあらかじめ割り引かれたお金が口座に振り込まれる
    5. 給料が支払われたら、業者にお金を振り込む

     
    なお、審査の結果、あなたの希望する金額を作れなかったり、手数料に満足できなかったりする場合は、キャンセルも可能です。

    また、申込時には以下の書類を撮影してアップロードする必要があります。

    ■主な必要書類

    • 顔を確認できる身分証
    • 社会保険証
    • 直近2ヶ月分の給料明細や給料が振り込まれる口座通帳

     
    ファクタリングのメリットやデメリットは以下の通り。

    ■ファクタリングのメリット

    • 利用用途が自由
    • 働いて給料をもらっている人なら誰でも利用可能
    • 即日でお金を作れる
    • ブラックでも利用可能
    • 会社にバレない

    ■ファクタリングのデメリット

    • ファクタリングのデメリットは以下のつ
    • 手数料が高い業者もある
    • 審査がある
    • 手数料率が審査次第で変動する
    • 在籍確認がある

     
    ファクタリングのメリットは、即日でお金を作れること。また会社にもバレないため利用目的も自由です。

    さらに、審査があるものの、給料債権自体の審査なので、キャッシングのように信用情報の問い合わせも行われません。

    そのため、消費者金融や銀行カードローンが利用できないブラックの場合でもお金を作れます

    ただし、手数料が高いのがデメリットです。実際にファクタリング業者の中には、1回の利用で20%以上の手数料を取られることもあります。

    消費者金融でお金を借りる場合は、高くても年利20.0%なので、年率換算するとかなり高い金利ですね。
     

    ■なぜファクタリングの手数料は高くできるのか?
    ファクタリングが消費者金融と比べて金利が高くなるのはファクタリングが貸金業ではないからです。そのため貸金業対象の利息制限法は適用されないのです

     
    ファクタリングは便利ですが、何度も利用するのはおすすめできないですね。

    さらにファクタリングは、審査内容によって手数料率が大きく変わり、審査結果がわかるまで、条件がわからない点もデメリットです。
     

    主なファクタリング業者

    会社名
    七福神
    PayTrade
    Get給
    日本ファクタリングサービス
    Wallet Link

    給料を前借りする際の注意点

    給料を前借りする際は次の3点に注意して借りなければ、あなたが思わぬ損害を被ることもあります。必ず事前に読んでおきましょう。

    ■給料を前借りする時の注意点

    • 借用書を作成しないで会社から給料を前借りするのは危険
    • ファクタリングサービスは手数料が高い会社もあるので、なるべく手数料が低い会社を選ぶ
    • 会社からお金を借りた場合出世に響くことがあるので、できれば利用しない

    会社から借りる場合は、借用書を作成した方が良い

    会社の上司や社長に直接相談してお金を借りる際に借用書の作成を求められなかった場合は、注意が必要です。

    なぜなら、その場合は借りた金額や利息を付けた場合の話が全て口約束になるから。
     

    ■借用書を作成しなければ脅迫に逢う可能性も

    1. 10万円を会社から前借り
    2. 給料が支給され10万円を会社に支払う
    3. 会社から10万円ではなく、15万円返してと言われる
    4. 抗議しても証明するものがなく脅迫に遭う可能性も

       
      あなたが、いくらの金額をどのぐらいの金利で前借りしたのかを証明する書類がなければ、後から、借りた金額よりも高い金額を返せと言われても太刀打ちできません。

      最悪のケースでは、文句があるなら会社を辞めるかなどと脅迫をされる可能性もあります。

      会社の上司や社長に直接相談してお金を借りる場合は、会社から求められなくても借用書を作成してもらいお金を借りましょう。

      手数料が高い給料前払いサービスもあるのでよく検討する

      ファクタリングサービスを利用する場合は、手数料がなるべく安い会社を選びます。

      なぜなら、利用するたびに20%以上の手数料が掛かってしまうと、消費者金融でお金を借りたほうが余計な利息を支払わなくて済むから。

      会社と提携しないファクタリングサービスを利用する場合は、他の手段と一緒に検討して利用することをおすすめします。
       

      主なファクタリングサービスの手数料

      会社名手数料
      七福神10%〜20%
      PayTrade非公開
      Get給非公開
      日本ファクタリングサービス3%
      Wallet Link25%〜30%

      会社から給料の前借りをすると出世に響く可能性もある

      会社から直接お金を借りた場合や会社と提携しているサービスを利用してお金を借りた場合は、あなたの人事評価に響く可能性もゼロではありません。

      同僚にはバレなくても人事や役員に給料の前借りを利用していることがバレると悪い印象を与えることもあるからです。

      もし、今の会社で出世したい場合や転職をする気がない場合は、福利厚生で用意されているサービスであっても、慎重に利用しましょう。

      給料の前借りを理由に完済するまで退職ができないわけではない

      給料の前借りをしたけど、近々退職するかもという場合、給料の前借りを理由に会社から退職を断られるのでは?と思うかもしれません。

      安心してください!

      結論からいうと、会社が従業員に対して給料の前借りを理由に退職をさせないことは禁止されています。

      労働基準法第17条
      第十七条 使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。

       
      また前借りした給料の完済を条件に退職させたり、返済に足りない金額分を無償で働かさせることも禁止されています。もしそのような要求をされても無視して構いません。

      給料の前借りをしても、会社があなたに無断で給料から天引きする行為は違反

      会社は給料の前借りを支払うべき賃金と相殺する行為は労働基準法第17条によって禁止されています。

      つまり、従業員の許可なしに、前借りしたお金を給料から天引きするのは違法なのです。なぜなら、賃金との相殺を認めてしまうと、従業員の生活の安定が確保されないから。

      したがって、給料の前借りをした時に、給料からの天引きについてお互いに合意がなかった場合は、一旦あなたに給料が支払われ、その中から返済を行います。

      ■注意点
      ただし、前借りをする時にお互いの同意があり、同意書を作成していた場合は給料からの天引きが可能になります。

      給料の前借りはよく検討して行いましょう

      この記事のまとめ

      1. 給料の前借りには3つの方法がある
      2. 社内貸付制度やファクタリングは手数料に注意しなければ、消費者金融よりも損
      3. ファクタリングなら、会社にバレることがないので安心かつ最短即日で前借りできる

      給料の前借りは労働基準法によって、認められています。また非常時だけでなく、生活費が足りない場合でも給料の前借りが可能です。

      ただ、社内貸付制度やファクタリングを利用する場合は、手数料が高く付く可能性があるので注意が必要です。

      何回も借りていたら、消費者金融で借りたほうが安かったなんてことがないようにしましょう。

      給料の前借り方法は3種類ありますが、どの方法もメリットやデメリットがあるので、利用する場合はよく比較してからがおすすめです。

      PayTrade(毎日給料日くん)ならすぐにお金を作れる

      近年、給料の前借りの代わりに出てきたサービスができるファクタリングでお金を作る方法です。

      ただ、怪しい評判の会社や手数料が高すぎる会社もあるので不安かもしれません。マネー塾がおすすめするファクタリング業者は毎日給料日くん。

      2019年11月頃から利用者が増え始め、2020年2月現在で既に1,200人以上の利用者がいるサービスです。

      さらに2020年1月のファクタリング合計金額は7億円に達し、現在も毎日給料日くんを利用する人が続々と増えています。

      毎日給料日くんのメリットやデメリット

      毎日給料日くんのメリットやデメリットは以下の通り。

      ■毎日給料日くんのメリット

      • 即日でお金を作れる
      • 24時間365日利用可能
      • スマホやパソコンからすぐに申し込みができる
      • 少額から高額のお金を作れる
      • 1万円〜100万円以上の利用に対応
      • 勤務先への在籍確認がない

      ■毎日給料日くんのデメリット

      • 手数料は審査を受けないとわからない
      • 審査に落ちることもある

       
      毎日給料日くんのメリットは、最短即日でお金を作れること。また他のファクタリング業者の一部で行われている在籍確認もありません

      そのため、お金に困っていることが会社にバレる可能性はゼロですね。

      ただ、審査に必ず通るわけではない点や手数料に満足できない可能性もある点には注意してください。

      毎日給料日くんの申込方法はとても簡単

      毎日給料日くんの申込手順は以下の通りです。

      毎日給料日くんの利用手順
      1. スマホやパソコンから毎日給料日くんの公式サイトに行く
      2. 申し込み
      3. ファクタリング業者の審査
      4. 審査結果が届く
      5. お金が作れる

       
      まず毎日給料日くんの公式サイトから申し込みを行います。毎日給料日くんの申込時に入力する内容はわずか7項目なので、3分ほどで申し込みができます。
       

      毎日給料日くんの申込み時に入力する内容

      1. 希望金額
      2. 住んでいる都道府県
      3. 勤務年数
      4. 手取り月給
      5. 名前
      6. 電話番号
      7. メールアドレス

      そして、審査に入り、最短即日〜1日ぐらいでファクタリング業者から審査結果が届きます。審査結果はメッセージや電話で来るので対面の必要はありません。

      後は、条件に不満がなければ、最短即日でお金を作れます。

      また、毎日給料日くんの公式サイトでは、今日の利用者や過去に毎日給料日くんでお金を作った人の金額や口コミ閲覧できます。

      最低でも5万円、最大で30万円以上のお金を作った人もいるなど様々な金額に対応可能です。

      即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

      マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
      ・低金利である
      ・即日・当日借入が可能
      ・他社で借りていても借りれる
      ・スマホから借りれる
      上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

      おすすめの記事