人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

副業をしたい人の中にはサラリーマンのように、帰宅してからの数時間しか副業ができない人もいます。そんなサラリーマンの方におすすめなのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションは、仕組み自体が簡単で、株やFXよりも勝ちやすい投資です。

バイナリーオプションは主婦やサラリーマンの方におすすめの副業ですが、特に以下の方にはぴったりの副業です。

  • 平日の夜と休日しか時間がないサラリーマン
  • 家や通勤中に手軽にできる副業をしたいサラリーマン

 

今回の記事ではバイナリーオプションの仕組みや特徴、メリットやデメリット、FXとの違い、おすすめのFX業者について紹介いたします。

目次

スポンサーリンク

バイナリーオプションは円安になるか円高になるかを予想するだけ!

バイナリーオプションとは、ある為替の価格が円安になるのか円高になるのかを予想して、当たればお金が増える投資商品のことです。

下の画像のように、判定時刻に為替の価格が配信レートより円安になるのか、円高になるのか予想します。

今回は価格が配信レートよりも上にあります。したがって、円安になると予想していれば報酬が支払われ、円高になると予想していれば損をします。

バイナリーオプションは為替の価格を使う意味ではFXと似ている商品ですが、全く違う商品です。FXとの違いについては後ほど説明いたします。

実際にバイナリーオプションで取引をする流れは以下の通りです。

バイナリーオプションでの取引の流れ

1.現在の価格を見る

2.円高になると思えば、円高のチケットを購入する。円安になると思えば円安のチケットを購入する

3.判定時刻になる

4.価格が購入したチケットの条件を満たしていれば、投資金額が1〜20倍になって返ってきます。

5.価格が購入したチケットの条件を満たしていなければ、投資した金額を全て失います。

このようにルールが単純ですが、二者択一型の取引になるのでギャンブルに似ている性質があります。ただし、「バイナリーオプション=ギャンブルだから悪い」ではありません。

 

ここがポイント!!投資はその人のやり方によってギャンブルにも投資にもなるゲームです。

 

きちんと戦略を立てれば、バイナリーオプションは立派な投資です。チケットは、円安も円高も複数のチケットがあります。またチケットの購入は1種類だけでなく、2種類以上でも可能です。

そして、購入したチケットは判定時刻を待たなくても途中で決済が可能です。ただし、利益も損失も少なくなります。

 

 

サラリーマンにバイナリーオプションをおすすめする理由は夜の時間にできる副業だから

私がサラリーマンの方にバイナリーオプションをおすすめ理由は4つあります。

サラリーマンにバイナリーオプションをおすすめする理由!
  • 平日の夜に為替の価格がよく動くから
  • 家で誰にも邪魔されず取引ができる
  • 通勤時間や帰宅時間でもスマートフォンから簡単にできる
  • ルールがシンプルで、取引が簡単

バイナリーオプションは為替の価格を基に取引をします。為替は、日本時間は穏やかな動きをする事が多いですが、夕方〜深夜1時頃に掛けて活発に価格が上下します。

なぜなら、この時間帯は、日本人だけでなく、欧州やアメリカの投資家が多く取引をする時間帯です。特に夜の9時〜深夜1時に掛けては、価格の上下が激しくなります。(11月〜3月の期間は、夜の10時〜深夜2時)

 

ここがポイント!!

したがって、株のように昼間に仕事をしている時に株の値動きが気になってという事がありません。為替は昼よりも夜の方が活発に動きますからね。

 

また夜の時間帯は各国の経済指標が発表される時間帯と重なるので、倍率が高いチケットでも勝てる事があります。そして、通勤中や家でも取引が可能です。

肉体労働でなく、パソコンやスマートフォンから簡単に取引ができ、ルールもシンプルです。バイナリーオプションなら、仕事が忙しくてあまり時間がないサラリーマンでも簡単にできます。

もちろん長期的にお金を稼ぐためには勉強も必要ですが、1つか2つシンプルなルールを決めて取引を行えば良いのです。

 

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションにはいくつかの特徴があります。金融商品といえば難しいイメージがありますが、バイナリーオプションはその中でもシンプルな商品です。

国内証券会社で利用できる注文タイプはラダー・レンジ・ワンタッチオプションの3種類

バイナリーオプションには以下の4つの注文タイプがあります。

4つのタイプのうち唯一ハイ&ローについては国内証券会社では提供されていません。ハイ&ローは2013年までバイナリーオプションで一番有名だった注文タイプでした。

単純に現在の価格よりも円安になるか円高になるかを予想して、予想が当たれば投資金額の1.8倍〜2倍が戻ってきます。しかし、日本ではギャンブルの温床になるということで法律によって提供が禁止されました。

ただし、海外のバイナリーオプションを提供している会社では今も主流のタイプです。

現在の主流はラダーオプション

(画像引用元:オプトレ公式サイトhttps://www.yjfx.jp/opt/)
そして、現在主流になっている注文タイプはラダーオプションです。現在の価格よりも円安になるか円高になるかを予想する点ははい&ローと同じです。しかし、以下の2つの点が違います。
ハイ&ローとラダーオプションの違い
  • ラダーオプションでは当たった場合の報酬が1倍〜20倍に設定された。
  • ラダーオプションは、円安・円高だけでなく、判定時刻にどの価格帯になるかまで予想しないといけなくなった

 

大きな違いは以上の2点です。ラダーオプションの方がハイ&ローよりも難易度は上がりました。国内でバイナリーオプションを提供している会社では100%提供している注文タイプです。

レンジオプションやワンタッチオプションを提供する業者もある

 

そして、一部の証券会社ではレンジオプションやワンタッチオプションを提供しています。レンジオプションは、判定時刻に価格が一定の幅(レンジ)に収まるか収まらないか予想する方法です。

つまり、レンジオプションでは以下の2つの注文方法があります。

レンジオプションの掛け方

  • レンジ内に価格が収まる→レンジイン
  • レンジ内に価格が収まらない→レンジアウト

 

次にレンジインとレンジアウトの意味について簡単に説明します。

レンジアウトとレンジインの実例を解説!

以下の画像はYJFXのオプトレの取引画面です。この画面では、赤く囲ったAの112.652〜112.722のレンジアウトを選択しています。次に左側の青く囲った部分をみてください。

レンジアウトは、レンジの外という意味なので、判定時刻の価格が青緑の範囲であれば報酬が発生します。逆に黒い範囲に価格が入っていれば投資金額は戻ってきません。

 

(画像引用元:オプトレ公式サイトhttps://www.yjfx.jp/opt/)

 

次にレンジインを選択した場合は以下の画像のようになります。左の青く囲った部分をみてください。今回は、判定時刻にオレンジ色の部分に価格が入っていれば報酬が発生します。

逆に上下の黒い部分に価格が出ていれば、投資した金額は戻ってきません。

 

(画像引用元:オプトレ公式サイトhttps://www.yjfx.jp/opt/)

 

2つの画像をみればわかりますが、レンジアウトよりもレンジインの方が範囲が狭いので難易度は高いですが、その分報酬金額は高いです。

 

次にワンタッチオプションについて説明します。ワンタッチオプションでは、判定時刻までに1度でも価格帯に到達すれば報酬が支払われます。つまり、判定時刻を待たなくても良く、判定時刻にレートから大きく価格が離れていても関係ありません。

ラダーオプションやレンジオプションは取り扱っている業者が多いですが、ワンタッチオプションを取り扱っている業者は多くありません。

 

チケットの金額は常に10円〜1000円の間で変動し、払い戻し価格は1枚1000円で固定されている

取引をする際はチケットを購入します。購入金額は1枚のチケットで10円〜1000円の間で変化しています。ほとんどの業者は50円〜1000円です。

ただ実際に稼ぐとなると複数枚同じチケットを買うことになります。1枚の購入しただけでは稼げる金額は数百円程度です。実際の取引は下記のような画面で行います。この画像はGMOクリック証券の取引画面です。

(画像引用元:GMOクリック証券https://fx.click-sec.com/fxop2/top.do)

実際に注文する場合は、レートを見ながら円高か円安のボタンを押します。そして購入枚数を入力し、下の購入ボタンを押すだけです。

注文時間が始まった頃は購入金額にばらつきがあります。しかし、判定時間30分前になると、ほとんどのチケットの価格が1000円と33円になります。

 

ここがポイント!!なぜなら、判定時刻が迫っているので、現在の価格から大きく離れた価格になることはあまりないからです。

 

当たった場合の払い戻し金額は1枚1000円で固定されています。

つまり、1000円に近いチケットを購入した場合、1枚あたりの報酬は数十円にしかなりません。

しかし、33円で購入したチケットが1000円に化ければ1枚あたり967円になります。33円のチケットを1000枚買っていれば、33000円の投資金額が、100万円になるのです。

 

チケットの購入方法と利益を得るまでの流れ

例えば、以下の画面をみてください。今回のトレードで1万円分のトレードをするとします。現在の価格は112.5円ですが、判定時刻に112.8円になる(=円安)と考えたとします。

同じチケットを購入する場合、1枚70円のチケットなので、142枚購入します。複数のレート帯のチケットを購入するなら、112.7円の円安チケットを60枚と112.8円の円安チケットを14枚購入するといったことも可能です。

では1枚70円のチケットを142枚購入し、判定時刻の価格が112.8円台になった場合の利益を計算してみます。

 

(画像引用元:GMOクリック証券https://fx.click-sec.com/fxop2/top.do)

報酬金額の計算方法

  • 購入価格は1枚70円でした。チケットのペイアウト金額は1000円です。つまり、1枚70円だったチケットはわずか2,3時間の間に1000円になったのです。
  • 利益の出たチケットは1枚1000円×142枚=142000円です。
  • 投資した金額は1枚70円×142枚=9940円です。
  • 利益は13万2060円です。

 

つまり投資した金額が10倍以上になって戻ってきたのです。

もちろん、購入したチケットが当たらなければ投資した金額の9940円は全て戻ってきません。

バイナリーオプションで勝ち続ければ、短期間で何倍ものお金を稼げる!

バイナリーオプションでは、取引を繰り返した結果連勝すれば、比較的短期間で投資したお金が何倍にもなります。

 

3連勝した時の利益

回数 投資金額 倍率 結果 報酬金額(投資金額も含める)
1回目 10,000円 1.5倍 勝ち 15,000円
2回目 10,000円 3倍 勝ち 30,000円
3回目 10,000円 2倍 勝ち 20,000円
結果 30,000円 3勝0敗 65,000円

 

また以下のように勝率が悪くても、一度の取引で20倍の報酬が得られれば、それまでの損失分を大きく取り戻すことも可能です。投資金額も同じ金額である必要はありません。

 

ここがポイント!!ここぞという自信のある場面では投資金額を増やすことも考えましょう。

 

10回取引して、3勝7敗だった場合の利益

回数 投資金額 倍率 結果 報酬金額(投資した金額も含める)
1回目 5,000円 1.5倍 負け 0円
2回目 10,000円 3倍 勝ち 30000円
3回目 5,000円 1.2倍 負け 0円
4回目 10,000円 1.5倍 負け 0円
5回目 20,000円 2倍 勝ち 40,000円
6回目 10,000円 8倍 負け 0円
7回目 10,000円 3倍 負け 0円
8回目 5,000円 2倍 負け 0円
9回目 10,000円 2倍 負け 0円
10回目 10,000円 4倍 勝ち 40,000円
結果 95,000円 3勝7敗 110,000円

 

このようにバイナリーオプションでは、投資金額を自分で決める事ができます。さらに投資した金額以上の損失が発生しないことが大きなメリットです。

 

バイナリーオプションのメリットは投資金額以上の損失が発生しないこと!

バイナリーオプションは様々なメリットがあります。以下のようなメリットがあるので忙しいサラリーマンの方にもおすすめできるのです。

バイナリーオプションのメリット
  • 投資した金額以上の損失が発生しない
  • 投資金額を自由に決定できる
  • 購入金額は1枚辺り最低10円から1000円までと少額から可能
  • ドル円だけでなく、ユーロドルやポンド円など複数の通貨を選択できる
  • 判定時間前の決済が可能
  • 判定時刻になったら自動的に決済されるので楽
  • 値動きがほとんどなくても利益を増やす事が可能
  • 注文方法が簡単
  • 判定時刻の2分前まで注文できる

一番大きいメリットは、投資した金額以上に損失が発生しない事です。つまり、自分がそのチケットを購入する際の自信によって、チケットの購入金額を上下させる事ができるのです。

また一度購入したチケットは途中で売却することも可能です。例えば、下の画像のように判定時刻まで少しの時間しかない時に収益が少ない時は途中決済も一つの手段です。

 

(画像引用元:オプトレ公式サイトhttps://www.yjfx.jp/opt/)

 

ここがポイント!!私が気になるのは判定時間まであと少ししかないのに、利益が小ない点です。

 

つまり、このポジションは現在は2つ合わせてわずかにプラスの金額ですが、判定時刻直前にマイナスになる確率も半分あります。

 

もし2つのポジションが、そのまま上のチケットが勝ち、下のチケットが負けの状態で終わると大変なことになります。

上のチケットは購入金額の9500円が損失です。そして、下のチケットは4100円と利益の300円を足した4400円の利益です。

つまりこのままでは、5100円の損失で終わります。勝つためには、両方のチケットが利益を出さないといけません。

 

ここがポイント!!そして、元々の倍率が1.5倍未満なので、両方が利益を出しても大きな金額にはなりません。

 

このような時は途中決済した方が良いです。

 

また判定時刻が22時や23時の時は途中決済を使うケースも多くなります。なぜなら為替の値動きが激しくなる経済指標の発表時間が重なることが多いからです。

目論見通りの値動きになれば良いのですが、経済指標前に大きな利益があっても、指標の発表で一気に負ける確率が大きくなることもよくあります。

その場合は、一旦、指標発表前に利益を確定しておいても良いでしょう。このように途中決済の使い方一つで損益が大きく変わります。

 

バイナリーオプションのデメリットは投資した金額を失うリスクがある

バイナリーオプションにはデメリットも存在します。特に長期的に勝ち続けるためには勝率を安定させることは大事です。

バイナリーオプションのデメリット
  • 報酬条件を満たさなければ投資した金額を全て失う
  • 判定時間が決まっており1回あたりの注文時間が長い。
  • 1日の取引回数が9回〜12回と決まっている
  • 長期的に稼ぎ続けるためにはある程度の勝率が必要
  • 勝ちやすいチケットは倍率がとても低い
  • 倍率の高いチケットは勝ちにくい

注意するのは1日の取引回数が各証券会社ごとに決まっていることです。

サラリーマンの方は、帰宅後の4時間ぐらいで取引することが多いので、そこまで気にする必要はありませんが、日中もトレードをする人は注意してください。

 

判定時刻に価格が購入したチケットのレート帯にいなければならない

前述したようにラダーオプションでは、価格が判定時刻に購入したチケットの価格帯にいないと利益になりません。

つまり判定時刻までに一度購入したチケットのレート帯に入っていても、判定時刻にそのレート帯から外れていれば負けになります。

ただし、ワンタッチオプションを提供している証券会社でワンタッチオプションのチケットを購入すれば、判定時刻までに一度でも価格に到達すれば、判定時刻まで待たなくても利益は払い戻しされます。

利益が出やすいチケットは倍率が1倍〜1.5倍しか報酬がもらえない

バイナリーオプションでは、様々な倍率のチケットを購入する事が可能です。倍率が低いチケットは、1倍〜1.5倍ぐらいですが、条件を満たしやすいので勝率は高くなります。

逆に倍率が高いチケットは、条件を満たすのは厳しいですが、倍率は10倍以上で、最高で20倍になります。取引画面で見ると倍率ではなく、以下のように金額で表示されます。

(画像引用元:FXトレードファイナンシャルhttps://www.fxtrade.co.jp/bt)

 

倍率が低いほどチケットの金額は1000円に近い

  • 倍率が1倍に近いのは、ペイアウト金額の1000円に近い価格のチケット
  • 倍率が高いのはペイアウト金額の1000円から遠い価格である0円に近い価格のチケット

 

倍率が10倍以上のチケットは投資した金額が10倍になって戻ってくるので夢はありますが、よほど戦略的にやらないとその経験はできないでしょう。現実的には倍率が2倍〜5倍前後のチケットを購入すれば良いでしょう。

 

このようにバイナリーオプションにはいくつかデメリットが存在します。投資をする上の鉄則は適当に取引をするのではなく、きちんと戦略を立てることです。

バイナリーオプションとFXの一番の違いは損切りの有無!

バイナリーオプションとFXでは為替の価格を基に取引をしているので似ている商品ですが、大きな違いがいくつかあります。

 

バイナリーオプションとFXの違いについて

バイナリーオプション FX
取引時間 業者によって違うが、開始時間が遅めな業者や終了時間が早めな業者が存在する どの業者も月曜日の朝6時〜土曜日の朝6時前後(冬時間は1時間ずつずれる)
取引頻度 1日の取引回数が制限されている(9回〜12回まで) 市場が開いている時間ならいつでも何度でも可能
利益金額 投資した金額の1倍〜100倍(ほとんどの業者は1倍〜20倍) 購入した価格から決済した価格の差益
損失金額 投資した金額のみ レバレッジを掛けているので投資した金額以上の損失が発生する事がある
レバレッジ なし 最大25倍
損切り(ロスカット) なし あり
取り扱い証券会社 9社のみ(2018年現在) 45社(2018年現在)
最低資金 50円〜1000円(現実的には1万円あれば十分) 1円から可能な会社もあるが、ほとんどの業者は最低取引量を1000通貨に設定しているので、最低でも1万円。現実的には10万円はあった方が良い。
銘柄数 3〜8のみ。IG証券では株価指数・エネルギー・貴金属の取引も可能。 業者によるが20〜50銘柄以上

 

 

 

一番の特徴は、バイナリーオプションは損切りの必要がないことです。損切りをとても便利で、想定外の損失を抑える事ができます。ところが、負けるトレーダーのほとんどは損切りができません。

なぜなら人間の心理は損をする事を嫌うからです。2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンという方がプロスペクト理論という行動経済学の理論を打ち立てています。

 

画像引用元:FX攻略.COMhttp://fx-koryaku.com/traderssec/fx-qa-201706)

 

この記事によれば、人間は儲けたい欲望よりも損をしたくないという本能の方が強い事がわかります。つまり私たち人間は利益はすぐに確定したがるのに、損失はいつまでも引き延ばす傾向があるのです。

これがよくいわれるコツコツドカンと呼ばれるものです。利益は小さく何回も確定するのに、損失は全く確定しないために一気に大きな損失を出すトレーダーは典型的な負けパターンです。

 

ちなみに、損切りが必要ない事は、経験者だけでなく初心者にとってもメリットです。

なぜなら、経験者であっても、自分の誤りを認めて、損切りをするのは大変苦労するからです。自分の本能に従わないことは経験者でも大変です。

しかし、バイナリーオプションでは、損切りをする必要がありません。判定時刻で強制的に勝ち負けが確定するからです。損切りをする必要がない事で精神的に安心して取引をする事が可能です。

 

バイナリーオプションで利益を出している人は30%前後だが、FXは損失額が大きい人が多い!

バイナリーオプションはルールがシンプルでギャンブルに似ているため、FXよりも勝てていないと考える人もいます。確かにバイナリーオプションはFXよりも利益を出している人の割合は少ないです。

日経電子版の2016年の記事には、外為どっとコムが2012年からの調査している勝っているトレーダーと負けているトレーダーの割合について書かれています。

 

(参照元:日経新聞電子版よりhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO11146330X21C16A2000000/?JUMPPAGE=ADVERTISE)

この記事によると、2012年〜2014年はアベノミクスの影響で勝っているトレーダーが50%を超えていました。しかし、2016年は37%にまで落ち込んでいます。

一方、バイナリーオプション業者については、毎月各FX会社が発表しています。下記の表は各FX会社が毎月発表している月次取引実績を表にしたものです。

このデータによると、毎月バイナリーオプションで利益を出している人は、業者によりますが、だいたい20%〜30%前後です。

 

主要なFX会社の月次取引実績(2018年8月〜10月)

会社名 提供しているバイナリーオプションの名前 総取引金額に対する総支払い金額の割合 取引口座数のうち損失が発生している口座の割合
GMOクリック証券 外為オプション 8 97.8% 73.5%
9 99.7% 75.9%
10 99.4% 77.9%
FXトレードファイナンシャル FXTFバイナリー・トレード 8 85.2% 73.9%
9 84.6% 73.3%
10 85.1% 74.8%
FXプライムbyGMO 選べる外為オプション 8 96.2% 70.2%
9 98.3% 74.5%
10 93.8% 78.3%
YJFX! オプトレ! 8 97.0% 74.1%
9 101.7% 64.2%
10 101.3% 70.3%
トレイダーズ証券 みんなのバイナリー 8 86.0% 81.4%
9 94.9% 73.4%
10 84.3% 78.9%

※一部証券会社の月次取引実績がラダー・レンジなど分けて公表されている数字は平均値で算出しています

 

表の見方は以下の通りです

・総取引金額に対する総支払い金額の割合

FX会社が全ての取引金額のうち、全投資家に支払った金額です。100%を越えれば投資家が儲けている事になります。逆に100%を割り、0%に近いほど儲けている投資家や投資家が儲けている金額が少なくなります。

 

・取引口座数のうち損失が発生している口座の割合

全ての投資家のうち、負けている投資家の割合です。逆にいえば、100%からこの割合を引いた投資家が勝っています。

 

単純に勝っている人の割合で見るとFXの方が良いです。しかし、FXは想定以上の損失を出す事があります。日経新聞の記事でも20%以上の方の損失が30%を超えています。この中には追い証で借金を抱えた人も含まれます。

したがって、FXは勝てている人がバイナリーオプションよりも多いですが、損失額が想定以上に大きくなる事がよくあるためバインリーオプションよりもリスクが高くなる可能性があります。

 

バイナリーオプションは取引時間が決まっている

FXは市場が空いている月曜日7時前後〜土曜日の7時前後(冬時間の場合)であればいつでも注文をして、いつでも決済ができます。しかし、バイナリーオプションでは、判定時刻が設定されているため、取引時間が決まっています。

 

 

証券会社 取引時間 1号あたりの取引時間 取引回数 注文締め切り時間(判定時間の)
GMOクリック証券 8:00〜5:00 3時間 10回 2分前
FXトレードファイナンシャル 7:20〜5:20 2時間10分 11回 2分前
FXプライムbyGMO 8:00〜4:00 2時間 10回 2分前
YJFX! 7:25〜5:25 2時間 11回 1分前
トレイダーズ証券 8:10〜6:10(冬時間) 2時間 11回 2分前

 

業者によってはトレイダーズ証券のように夏時間(3月頃〜10月頃)と冬時間(11月頃〜2月頃)で取引時間が違う業者もあります。

このようにFXとバイナリーオプションでは様々な違いがあります。サラリーマンの方にはFXよりもシンプルに取引できるバイナリーオプションをおすすめします。

バイナリーオプションのおすすめの業者を紹介!

現在バイナリーオプションを提供している業者はとても少なく、以下の会社でしか取り扱いがありません。

 

バイナリーオプションを提供しているFX会社一覧

GMOクリック証券・トレイダーズ証券・YJFX!・FXトレードフィナンシャル・IG証券・FXプライムbyGMO・外為どっとコム・ヒロセ通商・Binaryの9社のみ

 

今回はその中からおすすめのバイナリーオプションを提供しているFX会社を3社紹介します。

なお、各FX会社はバイナリーオプションの口座のみを開設することはできません。新規での口座開設の場合必ず、FX口座とバイナリーオプションが取引できる口座を同時に申し込むことになります。

GMOクリック証券の外為オプション

(画像引用元:GMOクリック証券)

まずおすすめの会社はGMOクリック証券の外為オプションです。外為オプションをおすすめする理由は以下の通りです。

外為オプションは初心者向き
  • ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ円、ユーロドルの5つの通貨の取引が可能
  • 他の証券会社と取引時間が違う(外為オプションは3時間)
  • 取引画面が見やすい
  • ラダーオプションのみの提供なのでシンプル

バイナリーオプションでは取引できる時間が決まっているため、複数の業者の口座を開設することがおすすめします。

他の業者では1号あたりの取引時間が2時間ですが、GMOクリック証券は3時間なので、より効率的に取引をすることが可能です。

取引画面もみやすく、初心者向けです。為替の価格に大きな影響を与える経済指標も一目で確認できます。オプションのタイプもラダーオプションのみなので、迷うことなく取引ができます。

FXトレードファイナンシャルのバイトレ

(画像引用元:FXトレードファイナンシャルhttps://www.fxtrade.co.jp/bt)

次におすすめするのがFXトレードファイナンシャルのバイトレです。バイトレをおすすめする理由は以下の通りです。

バイトレは色々なタイプの取引をしたい人におすすめ!
  • バイトレは取り扱っている通貨が多い(ポンドドルや豪ドル円など)
  • レンジオプションやワンタッチオプションも取り扱っている
  • 戻額が1000円バージョンと10000円バージョンから選べる

バイトレは取り扱っている通貨が多いです。ドル円やユーロ円、ユーロドルなどは他の業者でも扱っていますが、ポンドドルや豪ドル円も扱っています。

慣れてくればドル円よりも値動きが激しい通貨で取引をしたくなります。またラダーオプションだけでなく、レンジオプションやタッチオプション(ワンタッチオプション)なども扱っているので、取引方法の幅が広がります。

特にワンタッチオプションは取り扱っている業者がとても少ないので貴重です。

払い戻し金額も10000円バージョンを用意しているので注文が楽です。もちろん1000円バージョンも10000円バージョンも倍率は一緒です。

 

YJFX!のオプトレは一番おすすめの業者

私が一番おすすめするのはYJFX!のオプトレです。YJFXのオプトレをおすすめする理由は以下の通りです。

(画像引用元:オプトレ公式サイトhttps://www.yjfx.jp/opt/)

オプトレは全てのバイナリーオプションをする方におすすめ!
  • チケットの価格が1枚10円から
  • 取り扱い通貨が8種類もある
  • 勝っている人の割合が他の証券会社よりも10%前後も多い
  • 月によっては、証券会社よりも投資家が勝っている

オプトレはバイナリーオプションをする全てのトレーダーにおすすめできる証券会社です。まず、チケットの価格が1枚10円から販売されています。

確率は低いですが、高い倍率のチケットが当たれば、投資した金額が100倍になって戻ってくる事もあります。他の証券会社は高くても20倍です。

取り扱い通貨も他の証券会社では取り扱いが少ない、ポンドドルやキウイ円、キウイドルなど8種類用意されています。

そして、前述した証券会社の月次取引実績を見ればわかる通り、勝っている人の割合が他の証券会社よりも10%前後も高いです。さらに、月によっては、投資家の利益の方が証券会社の利益を上回っている月もあります。(100%を超えている月)

つまり初心者の方でも勝ちやすい証券会社です。

バイナリーオプションの口座開設方法はすぐに可能!

 

(画像引用元:YJFX!公式サイトhttps://www.yjfx.jp/kouza/)

 

バイナリーオプションの口座開設は簡単です。また途中で審査もありますが、よほど年収が低かったり、無職でもない限りは学生や主婦でも口座開設が可能です。サラリーマンの方ならまず審査に通ります。

注意点としてはマイナンバー通知カードなどマイナンバーがわかる書類が必要です。だいたい口座開設から2、3日で手続きが完了します。

手続きが完了すれば数日以内に自宅の住所宛に口座にログインするためのIDやパスワードが記入された書面が到着します。そして、入金口座へ資金を入れればすぐに取引が可能になります。

バイナリーオプションで勝つコツ

バイナリーオプションには必勝法はありません。しかし、長期的に勝つためのコツはあります。

リスクリワードを高くする

投資やギャンブルの世界ではリスクリワードを高くすることが安定して勝ち続けるためのコツです。ほとんどのバイナリーオプションは投資した金額が1倍〜20倍になって戻ってきます。

以下の表は購入したチケットの倍率と勝率の関係です。1回あたり10枚ずつ同じチケットを勝った場合の損益です。

10回取引した時の勝率とチケットの倍率による損益の違い

 

購入したチケットの倍率※ 勝率8割 勝率6割 勝率5割 勝率3割
1.2倍(833円) ▲13320円 ▲23300円 ▲33000円 ▲61630円
2倍(500円) 30000円 10000円 0円 ▲20000円
4倍(250円) 55000円 35000円 25000円 5000円
10倍(100円) 70000円 50000円 40000円 20000円

※()は大まかな1枚あたりのチケットの購入代金

 

例えば、チケット倍率が1.2倍のチケットを購入しても、2回負けると損失が出ます。

計算式833円×10枚×10回=83300円

8回勝利 1000-833=167円 167円×10枚×8回(勝利した回数)=13360円

2回負け 8330円(1回あたり)×2回(負けた回数)=16600円

13360円-16600円=3300円の損失

ここがポイント!!ちなみにチケット倍率1.2倍で利益を出すためには勝率9割前後が必要です。

 

逆にチケット倍率が高ければ、勝率が3割でも利益が出ています。ただし、倍率の高いチケットは条件が厳しいので、あまり当たりません。

したがって、現実的には2倍〜4倍のチケットを狙いたいところです。最低でも勝率5割で損が出ないようにチケットを選択しましょう。

 

熟練者ならあえて、倍率の低いチケットで勝率9割を狙っても良い

FXや投資の世界で何年も成果を出しているような熟練している方であればあえて倍率が2倍以下のチケットを狙っても良いです。勝率が9割を超える自信があるなら、むしろこちらの方が安定的に利益を出せます。

さらにバイナリーオプションは想定外の損失が発生しないので、無茶な取引をしなければ大丈夫です。

 

ここがポイント!!狙う相場は、値動きの少ない時間帯にレンジオプションで倍率の低いチケットを購入して、コツコツと利益を乗せていくことです。

 

また取引時間の最初に取引をした方が良いです。なぜなら、判定時刻が近いと、倍率が1.0倍に近くなるからです。お金に余裕がある人は、多くのお金で運用すれば、1.2倍でも1回で20%の利益が乗ります。

1回あたりの取引金額は総資産の1%〜2%に抑えるのが長生きするコツ

ギャンブルの世界でも投資の世界でも生き残っている人の共通点は、資金管理を徹底していることです。

 

ここがポイント!!例えばあなたが20万円をバイナリーオプションで使う予定があるなら、1回あたりに使える金額は、総資産の1%〜2%にあたる、2000円〜4000円です。

 

間違っても、お金が多くないのにいきなり10000円を突っ込むのはやめましょう。

バイナリーオプションなど投資の世界ではいかに生き残るかが大事です。バイナリーオプションで一気に大きな金額を失うと、どうしても取り返そうとして熱くなり、冷静な判断ができなくなります。

捨ててもよい金額ぐらいで勝負すれば、月に10万円以上も普通に稼げるようになります。

バイナリーオプションをする上での注意点

バイナリーオプションには取引する際に注意する点がいくつかあります。これらの点を押さえておかないと、短期的には稼げても長期的には勝てません。

業者は複数開設する

取引業者を複数開設することはとても大事な点です。なぜなら、バイナリーオプションでは、業者ごとに取引時間が違うからです。業者が一つだと取引時間が終わるのに最低でも2時間掛かるので効率が悪いです。

しかし、複数の業者の口座開設をしておけば、22時まではオプトレで、22時からは外為オプションというように使い分けができます。

出金拒否などのトラブルがある海外業者は使わない

バイナリーオプションは海外業者の方が盛んです。またハイ&ローと呼ばれるシンプルで勝ちやすいルールで取引ができます。

しかし、私は海外業者での取引はおすすめできません。なぜなら、海外業者は日本の金融庁の無登録業者だからです。このような’業者で取引を行ってしまうと、出金拒否などのトラブルに巻き込まれることがよくあります。

 

ここがポイント!!インターネットで「バイナリーオプション 詐欺」で検索してみれば海外業者でお金が出金できないなどのトラブル事例がたくさん出てきます。

 

また相手の会社は海外にあるので、訴えてお金を取り戻すことはかなり難しいです。日本の金融庁に無登録の業者で、他の国の金融庁に登録している会社も同様です。

バイナリーオプションの詐欺商材に注意

バイナリーオプションに限らず、投資家の方に注意して欲しいのは投資には必勝法がないことです。インターネットでは、バイナリーオプションの商材がたくさん販売されています。

中には、役に立つ商材もあるかもしれませんが、ほとんどの商材は全く役に立ちません。

もし、それでも勉強のために商材を購入する場合は必ず、インターネットでその商材について調べてから購入することをおすすめします。

また商材の紹介ページに以下のような文面があれば100%の確率で詐欺商材です。

 

詐欺商材の特徴

  • ネットの掲示板やSNSで「簡単に稼げる」、「1ヶ月で100万円!」などのあたかも稼ぎやすいような文面で勧誘をしている
  • SNSなどのメッセージで直接DMを送ってきて、口座開設を促すもの
  • Aという芸能人がやっている、Bという政治家がおすすめしているなど語っているもの
  • 簡単にお金を稼いで豪華なパーティーをするなど豪勢な暮らしぶりをアピールしている

バイナリーオプションはサラリーマンが自分のペースで稼げる副業

いかがでしたでしょうか?バイナリーオプションは仕事で忙しいサラリーマンでも自分のペースで稼ぐことができる副業です、帰宅後に2,3時間の取引をするだけで、1週間で3万円稼ぐことも可能です。

ただ、副業で本当に稼ぐとなると、毎月継続的に稼げるようになるのが一番です。いきなり大金を入金するのではなく、まずは数万円を入金してある程度勝てるようになったら、取引額を増やした方が良いです。

口座開設などは難しくありませんし、FXと違って、投資した金額以上の損失が発生することもありません。バイナリーオプションはサラリーマンに特におすすめの投資 です。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事