人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

カードローンの審査で避けられないのが「在籍確認」です。

 在籍確認では現在お勤めの職場に電話をされる事になります。

 この為、「カードローンに申し込みしたいけど在籍確認が不安で躊躇している・・・」という人は少なくありません。

 そこでこの記事ではそんなカードローンの在籍確認について徹底解説。

  • 在籍確認をナシにできないのか?
  • いつ・どんなタイミングでされるのか?
  • どのような内容になるのか?
  • 申し込みの事実がバレてしまう危険はないのか?
  • バレない為の対処方法はあるのか?

上記のような、多くの人が気になるであろう疑問について分りやすく解説しています。

 この記事を読んでもらえれば、カードローンの在籍確認について疑問がスッキリ解決しますので、「カードローンの在籍確認について詳しく知りたい!」という人は是非お読みください。

目次

スポンサーリンク

 そもそもなぜ「在籍確認」をするのか?

なぜ在籍確認をするのかと言いますと、「申込者が申告した職場で本当に働いているかをチェックするため」です。

 在籍確認では申込時に申告した職場の電話番号に電話をされることになります。

 これにより、申込者が申告通りの職場に在籍していることを確かめることが可能です。

 しかし、在籍確認をしなかったらどうでしょうか?

 嘘の申告がいくらでも通用してしまいますよね。

 そうした場合、無職などの返済能力がない人にお金を貸してしまう可能性が高まり、そうした人へ融資してしまうと延滞や貸倒れをされるリスクが大きくなります。

 カードローン会社は利息で儲けていますので、このような人への融資は避けなくてはいけません。

 そうした事から、このようなリスクを少しでも下げる為、カードローン会社は在籍確認をしているのです。

 在籍確認に必要な情報はどんなもの?

カードローンに申し込みする際は「勤め先の情報」を入力します。

 これが在籍確認に必要な情報となります。

 その情報とは、例えば大手消費者金融の「プロミス」ですと以下のようなものです。

  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 郵便番号
  • 勤務先住所
  • 所属部署
  • 電話番号
  • 社員数
  • 業種
  • 職種

これはどのカードローン会社であっても大きな違いはありません。

 従って、申込前には勤務先の情報を控えておきましょう。

 特に「社名、郵便番号・住所、電話番号」は間違いがないようにしなくてはいけません。

 在籍確認をナシにする事は可能か?

「在籍確認をどうしてもしてほしくない」このような人は少なくありません。

 では、そのような時、カードローン会社に相談すれば在籍確認をなしにできるのでしょうか?

 結論から言いますと、在籍確認をなしにする事はほぼ不可能です。

 その理由は先に解説したとおりです。

 この為、在籍確認はどの会社であっても必ずあると思っておきましょう。

 ただしされないケースも一部ある!

在籍確認を意図的になしにする事はほぼ不可能ですが、カードローン会社によってはしないケースもあるようです。

たとえば、大手消費者金融の「レイクALSA」の「よくある質問」には以下のような記述があります。

出典:レイクALSA「よくある質問」

 レイクALSAの場合ですと、「電話するケースもある」と記載がある為、しないケースもある可能性があります。

 実際にレイクALSAに電話で確認したところ、「基本はしますがこちらの判断でしないケースもあります」と回答をもらいました。

 どのような基準でするかしないかを決めるかは教えてもらえませんでしたが、レイクALSAでは在籍確認がないケースもあるようですね。

 また、ネットの口コミなどを確認しても「在籍確認がなかった!」という書き込みもありました。

 このように、レイクALSAのように在籍確認がせず融資をするケースも、一部ではありますが存在します。

 会社によっては電話以外の方法にできるケースも!

カードローン会社の中には、在籍確認を「電話以外の方法」にできるケースもあります。

 その方法とは、主に「勤め先を確認できる書類」を提出するというものになります。

 勤め先から発行される「保険証」や「給与明細」などがあれば、申告した職場に在籍していることが分ります。

 この為、そうした書類の提出でもOKという会社もあるのです。

 例えば、大手消費者金融のごとの対応を見てみましょう。

業者名 書類提出に変更可能か?
アコム
アイフル
SMBCモビット
プロミス ×
レイクALSA

 電話で問い合わせたところ、プロミス以外の業者はすべて「書類提出でもOK」という回答をもらいました。

 特にSMBCモビットの場合「WEB完結」というサービスがあり、公式に在籍確認を電話ではなく書類提出にできるようになっています。

 このような業者であれば、在籍確認そのものをなしにすることはできませんが、職場への電話を回避できます。

 よって、「どうしても職場への電話は避けたい」というような場合は申込後、担当者に「電話ではなく書類提出にできないか?」と相談してみるのがお勧めです。

 ただし、基本的これはあくまで特例措置です。

 プロミスのようにそもそも出来なかったり、担当者の判断でNGになってしまうケースもあると覚えておきましょう。

 銀行カードローンは必ず電話があると思っておく!

銀行カードローンの場合、在籍確認はほぼ確実に職場へ電話されると思っておきましょう。

 少なくても大手銀行カードローンの場合、先に解説したような書類提出に対応してくれるという銀行は見当たりませんでした。

 当サイトが調査した範囲では、どの銀行も「在籍確認は職場に電話させて頂きます」という回答をもらいました。

 この為、銀行カードローンの場合は消費者金融のように書類提出にするのは難しいと思っておくのが無難です。

 在籍確認はいつどのようなタイミングでされる?

「在籍確認がどのようなタイミングでされるのか?」という部分も気になる点ですよね。

 在籍確認は「審査の最終段階」にされるケースがほとんどです。

 流れとしては以下のような感じです。

在籍確認がされるのはこのタイミング!
  1. 申し込み
  2. 申込確認
  3. 審査
  4. 在籍確認←ココ

 カードローンの場合、申し込みをすると「申込確認」の電話があるのが一般的です。

 申込確認では申し込みの意思確認、氏名や住所などの個人情報の確認をされます。

 その後、審査をされ「申込者は自社の融資基準を満たすだけの返済能力があるか?」という部分を調査されます。

 その審査で融資OKと判断された場合、審査の最終確認として在籍確認をするケースが一般的なのです。

 在籍確認までいけば審査は90%通ったようなもの!

在籍確認は審査の最終段階にされる為、そこまでいけば審査にはほぼ通ったと思って間違いありません。

 先の解説とおり、在籍確認は審査で融資OKと判断してからするのが一般的です。

 その為、この段階までいけば申込先から「この人は融資に値するだけの返済能力がある」と承認をもらっているのと同じなんですね。

 また、カードローン会社も職場にまで電話をしておき「やっぱり融資できません」というのは避けたいのが心情です。

 そうした事から、在籍確認は審査で融資OKと判断できた人の最終確認としてするのが基本です。

 こうした事から、在籍確認の段階までいけば審査はほぼ通過できている可能性が高いのです。

 在籍確認の電話内容はどのような感じになる?

在籍確認でもっとも気になるのが「電話はどのような感じでされるのか?」という部分ではないでしょうか・

 そこでこの章では、在籍確認の電話内容について解説していきます。

 電話は「非通知・担当者の個人名」が基本!

在籍確認の電話は「非通知・担当者の個人名」でされるのが基本です。

 これは消費者金融・銀行カードローン共に共通です。

 一部の銀行カードローンの場合は「銀行名」を名乗ることもあるようですが、それは少数派となります。

 よって、カードローンの在籍確認とは分りませんし、電話番号から会社名がバレてしまう事もありません。

 電話内容はシンプルかつ短時間で済むケースがほとんど!

在籍確認の電話内容は非常にシンプルであり、早ければ1分程度で済みます。

 内容は以下のような感じです。

カードローン会社
「こちら山本と申しますが、○○様(あなた)はいらっしゃいますでしょうか?」

あなた
「○○は自分ですが」

カードローン会社
「ご本人様でしたか。この度は当社への申し込みありがとうございました。これにてお勤め先の確認を終了させて頂きます。担当の山本がお伝えしました。」

 

このようなシンプルなものとなる為、1分もかからないケースもあるんですね。

 こちらは「はい」・「分りました」程度の応答で済むため、会話内容からお金を借りようとしてる事がバレてしまう可能性も限りなく低いです。

 本人が不在だった場合は?

在籍確認の電話に自分で確実に対応できるとは言えませんよね。

 そうした場合、職場の同僚や上司が対応することになります。

 そのような場合は、「ご不在でしたか。またこちらから電話させて頂きます」と言って終了するケースが一般的です。

 電話に対応した職場の人が用件等を尋ねたとしても、カードローン会社のオペレーターはそうしたケースも想定済みであり、慣れきっているため上手に誤魔化してくれます。

 例えば、友人などを装ったりして、カードローンの在籍確認とは分らないようにしてくれるんですね。

 決して会社名を出したり、あなたのプライバシーを侵害をしたりするようなことはありません。

 その為、あなた以外の人が在籍確認に対応してもカードローンの事がバレてしまう可能性はほとんどありません。

 また、このように本人が不在だった場合でも社内の誰かが対応し、その会社に申込者が在籍しているのが分れば在籍確認はクリアできたことになります。

 ケースごとの在籍確認Q&A

この章では、「土日祝の在籍確認はどうなるのだろう?」、「派遣社員の場合はどこに電話されるの?」といったそれぞれのケースごとの疑問に回答しています。

 「○○のような状況の在籍確認はどうなるか知りたい!」という時の参考にしてください。

 土日祝に申し込みした場合は?

土日祝に申し込みした場合でも平日と変わりなく行なわれます。

 先に解説したとおり、在籍確認は他人が対応してもOKなため、土日祝であっても会社に誰かがいるのであれば問題なくクリアできます。

 しかし、会社自体が休みの場合ですとそうは行きません。

 このような場合ですと勤務先の翌営業日にされるのが基本です。

 注意!この為、土日祝に即日融資を希望するような場合は「当日中に在籍確認が可能か?」という部分にも気をつけておく必要があります。

 店頭・自動契約機で申し込みした場合は?

店頭・自動契約機で申し込みした場合は本人がその場にいますので、当然自分では在籍確認に対応できませんよね。

 よって、職場の上司や同僚に対応してもらうことになります。

 ただし、それは当日中に融資して欲しい場合のみです。

 そうでないなら、在籍確認は後日あなたが出社する日にしてもらうことも可能です。

 注意!「他人に対応されるのは不安がある・・・」といような場合は担当者に相談して、後日にしてもらうというのもお勧めです。

 アルバイトの場合は?

アルバイトの在籍確認はバイト先にされます。

 よって、申込時に申告する勤め先情報はバイト先のものになります。

注意点として、バイト個人に電話がかかってくるというのは稀であり、本人が対応するのは難しいという問題もあります。

 その為、在籍確認にはバイト先の店長や社員が対応するのが一般的です。

 よって、「何の電話だったの?」と聞かれてしまう可能性が高いです。

注意! この時に慌ててしまうと不信に思われてしまう可能性も否定できませんので、事前に言い訳を考えておくのがお勧めです。

 例えば、「クレジットカードを作った」、「ローンで物を買った」などと言っておけば良いでしょう。

 派遣社員の場合は?

派遣社員の場合は「派遣元」にするケースと、「派遣先」にするケースの2つがあります。

どちらになるかは申込先によって異なりますので、事前に電話等で確認しておきましょう。

 また、申込時に申告する勤め先の電話番号は、派遣元・派遣先2つのものを申告しておくのがお勧めです。

 在籍確認されるのが「派遣元」である場合の注意点

在籍確認先が派遣元である場合、派遣会社によっては「プライバシー保護」の関係で対応してくれないケースもあります。

 こうしたケースへの対処法として、事前に「在籍確認があることを派遣元に伝えておく」のがお勧めです。

 カードローンの在籍確認とは言いづらいかと思いますので、「クレカを作った」とでも言っておけば良いでしょう。

 カードローン会社によっては「書類提出」という場合もある

派遣社員の場合、カードローン会社によっては「書類提出」という形で在籍確認をするケースもあります。

 理由は先に説明したとおり、派遣会社によっては在籍確認に対応しない場合があるためです。

 この為、源泉徴収票や給与明細などの「勤め先を確認できる書類を提出」し、電話の代わりにするという形もあるんですね。

 自営業者の場合は?

自営業者の場合も勤め先に電話番号にされるのは変りありません。

自宅と職場の電話番号が同じであれば自宅の固定電話に、別になっているのであれば職場の固定電話にされます。

 注意!注意点としては、申告する電話番号は必ず固定電話のものになる点です。

 携帯電話の番号は認められないため注意しましょう。

 在籍確認に対応できそうにない・・・。こんな時とうすれば良い?

「営業なので職場にいない時間帯が多い」、「休日に申し込みした」このような場合、自分で在籍確認に対応できないケースがあります。

 この章では、そのような時どうすれば良いかその対処法をお伝えしていきます。

 本人が対応しなくてもOKと知っておこう!

まず在籍確認は、必ずしも本人が対応しなくても良いと知っておきましょう。

 先ほどから何度か触れていますが、在籍確認は申込者本人以外の人が対応しても、申込者がその職場にいることが分ればクリアできるのです。

 在籍確認の目的は、「申込者は本当に申告した職場で働いているか?」という部分を確かめるためです。

 逆に言えばそれだけでしかないんですね。

 よって、申込者が申告した職場にいることさえ分れば良い訳です。

 その為、本人が対応せずに職場の人が「今は外出中です」、「本日はお休みです」などと回答しても在籍確認はクリアできます。

 そうした事から、ご自身で対応できなくても職場に誰かいるのであればまったく問題はありません。

 時間指定するという手も有効

電話する時間を指定するという方法もお勧めできます。

 大抵のカードローン会社では、こちらが希望した時間に電話をしてもらうことが可能です。

 特に大手消費者金融であれば電話で問い合わせたところ、以下のようにすべての会社で「時間指定が可能です」と回答をもらいました。

業者名 在籍確認の時間指定は可能か?
アコム
アイフル
SMBCモビット
プロミス
レイクALSA

 このような時間指定ができる会社であれば、自分で確実に対応できる時間に電話をしてもらうことが可能です。

 書類提出にできないか相談する

カードローン会社によっては、在籍確認を電話でなく書類提出という形に出来るケースがあります。

 この方法であれば必要な書類を提出するだけで良いため、電話に対応できないという問題をクリア可能です。

 在籍確認で審査落ちになるケースはあるか?

在籍確認は審査の最終段階にされるのが一般的なため、そこまで行けば融資はもう目の前です。

 よって、在籍確認で審査に落ちてしまう可能性はかなり低いです。

 しかし、可能性はゼロではありません。

 以下のようなケースですと審査落ちになってしまうケースも否定できません。

在籍確認で審査落ちになるのはこんな時!
  • 在籍確認できなかった
  • 嘘の申告が発覚した

 在籍確認できなかった

もっとも多いのは、単純に在籍確認ができずに審査落ちになるケースです。

 このケースで代表的なのは「電話に対応した人が申込者の事を知らない」というものです。

 これは社員数が多い企業によくあるケースですが、電話に対応した人が申込者のことを知らずに「そんな人はいません」というような返答をしてしまう事があります。

 特に部署が細かく分かれている大きな会社である場合、社員全員の事をすべて知っている人というのは少ないです。

 それでも申込時には、「配属先」や「部署名」なども申告しますので在籍確認ができないケースというのは少ないです。

 しかし、申込時に申告する勤め先の電話番号を会社の代表のものにしてしまうと、申込者の事を知らない人が電話に対応した場合、在籍確認ができないケースがあります。

 対処法その為、申込時には代表の電話番号ではなく、「所属している部署のもの」を申告し、配属先や部署名もしっかり申告するようにしなくてはいけません。

 嘘の申告が発覚した

嘘の申告が発覚した場合は確実に審査落ちになります。

 申込時の勤め先情報について嘘の申告をする人が中にはいます。

 例えば、審査に通りたいがために実際は無職なのに嘘の職場を申告するようなケースです。

 また、「偽装会社(アリバイ会社)」を利用して審査に通そうという人もいます。

 偽装会社とは、実際にはその会社で働いていない人を働いているように見せてくれるサービスです。

 つまり、お金さえ払えばクレカやカードローン等の在籍確認に対応してくれるサービスなんですね。

 このような嘘の申告をするような人は人間的に信用ができないため、お金を貸す訳には行きません。

 よって、嘘の申告が発覚した場合は確実に審査落ちになると思っておきましょう。

 在籍確認でバレるのはどんな時?その対処方法は?

ここまでお伝えしてきたように、在籍確認で他人にカードローンの申し込みがバレてしまうケースというのはほとんどありません。

 しかし100%バレないかと聞かれればそうではありません。

 可能性は低いですがバレてしまうケースもあるんですね。

 そのケースは以下のような場合です。

在籍確認でバレるケースはこの3つ!
  • 同僚が電話をかけ直してしまった
  • 勘の良い人が電話に対応した
  • 電話連絡前後の態度が原因

 同僚が電話をかけ直してしまった

在籍確認の電話に誰も対応せず、履歴の電話番号に同僚が電話をかけ直してしまい発覚するというケースがあります。

 在籍確認の電話は原則非通知でされますが、会社によっては非通知だと対応しない事もあります。

 その際は電話番号を通知してかける事になりますが、その履歴を見た人がかけ直してしまうケースがあるんですね。

 ただし、カードローン会社はそうしたケースも想定済みですので、折り返しの電話があったとしても会社名を出すことはありません。

 例えば、SMBCモビットなら「MCセンター」、アイフルなら「AIセンター」といように名乗って対応します。

 しかし、これらの名称を知っている人もいますし、ネットで検索すれば一発でバレてしまいます。

 勘の良い人が電話に対応した

勘の良い人が電話に対応し発覚するケースというのがあります。

 この場合、カードローンとまで分かるケースは少ないですが、「在籍確認の電話だな・・・」とバレてしまう可能性があります。

 特に、過去に在籍確認を体験している人が電話に対応してしまうと、勘付かれる可能性が高まります。

 電話連絡前後の態度が原因

電話連絡前後の態度が原因でバレてしまう事もあります。

 例えば、同僚から電話を取りついでもらった時に「何の電話だったの?」と尋ねられるケースも多いです。

 その時に挙動不審な態度をしてしまうと、「きっと在籍確認の電話だな・・・。お金を借りたのかな?」と勘付かれる恐れがあるんですね。

 在籍確認の電話でバレないための対処方法3つ!

在籍確認の電話でバレないためには、以下の3つの対処方法を利用するのがお勧めです。

在籍確認での他人バレを防ぐならこの3つ!
  • 時間指定
  • 言い訳を考えおく
  • 電話以外の方法にしてもらう

 時間指定

「同僚が電話をかけ直して発覚した」、「他人に対応されてバレた・・・」というケースを防ぐなら、在籍確認の「時間指定」をすることで回避可能です。

 多くの会社では在籍確認の電話をかける時間を指定できます。

 自分で確実に対応できる時間に指定しておけば、同僚に対応される可能性はほぼ無くなります。

 言い訳を考えおく

「在籍確認後の態度でバレた」というケースを防ぐには。「事前に言い訳を考えておく」のが一番です。

 例えば以下のような言い訳が使えます。

  • クレジットカードに申し込んだ
  • ショッピングローンを組んだ
  • 投資や不動産等の営業の電話だった

このような言い訳を事前に用意しておけば、「なんの電話だったの?」と聞かれても慌てる事なく対応可能です。

 電話以外の方法にしてもらう

「どうしても会社に電話されたくない!」という場合は、「電話以外の方法にできないか?」とカードローン会社に相談してみましょう。

 何度かお伝えしていますが、カードローン会社によっては電話でなく書類提出という形で在籍確認を済ませられるケースがあります。

 そのようにすれば電話自体がありませんので、在籍確認でバレてしまうケースは100%無くなります。

 希望した会社名や個人名、用件で電話してもらえるか?

「こちらが希望した会社名や個人名、用件で電話してほしい」このような事を希望する人もいます。

 しかし、それは原則どのカードローン会社でも出来ません。

 そもそもカードローン会社のような企業が、虚偽の名称や用件で電話するのは法律違反になる可能性があります、

 この為、どの会社であっても嘘の会社名や名前などの指定はできないと思っておきましょう。

 ただし、「性別の指定」なら可能!

「性別の指定」であれば多くのカードローン会社が対応してくれます。

 人によっては「異性からの電話は困る!」というケースもあるでしょう。

 カードローンの在籍確認は個人名でかかってきますので、特に既婚者ですと異性からの電話があった場合、同僚にからかわれたり、あらぬ噂を立てられたりするケースもあります。

 そうした事が不安な場合は性別の指定をしておくのがお勧めです。

 増額時にも在籍確認はあるの?

カードローンを利用していると、「限度額がもっと欲しい!」という状況になるケースもあります。

 そのような時に検討するのが「増額」です。

 増額には審査がありますので、「増額時にも在籍確認されるの?」と疑問がある人も多いようです。

 しかし、基本的に増額時の審査に在籍確認はありません。

 ただし、前回の契約時と職場が変わっている際はされる可能性もあります。

 この為、増額時は職場が変わった場合のみ在籍確認があるかもしれないと思っておきましょう。

 勤務先が変わった場合には申告義務がある!

補足として、勤務先が変わった場合には申告義務があると知っておきましょう。

 例えば、以下の画像は「プロミス会員規約」の「第24条 (届出事項の変更等)」です。

 

出典:プロミス会員規約

 プロミスの場合、氏名や住所、勤務先の変更になったら「変更日から14日以内に申告しなくてはいけない」とはっきりと記載があります。

 他社でも同様に個人情報の変更があった際は申告義務があります。

 よって、転職等で勤務先が変わった場合には申告義務があると覚えておきましょう。

 まとめ

カードローンの在籍確認は審査の最終段階にされるのが一般的であり、電話は原則「非通知・担当者の個人名」でされます。

 その為、他人に対応されてしまってもカードローンの在籍確認と発覚してしまうケースは非常に少ないです。

 電話自体も非常に簡易なものであり、早ければ1分もかからず完了します。

 また、カードローン会社によっては電話ではなく、書類提出という形に変更可能な場合もあります。

 そうした事から、在籍確認は過度に心配するようなものではありません。

 実際に体験してみれば「なんだこんな簡単なものなんだ・・・」と拍子抜けすると思いますよ。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事