人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

カードローンや消費者金融でキャッシングを利用する際に必ず行われるのが審査です。

その審査を通過しないことには融資の決定は貰えませんので、カードローンを組むこともキャッシングを行うこともできないのです。

そして、その審査時に必ず関係してくるのが「スコアリング評価」と呼ばれる審査方法です。

この記事ではこのスコアリング評価が一体どのようなもので、どのような項目を評価されているのか徹底的に解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

キャッシングやカードローンの自動仮審査は属性でスコアリングしている

近年キャッシングやカードローンを申し込む手段として増え続けているWEB審査の申込では、まずは申し込みと同時に仮審査が行われます。

下記は「アイフル」を例に画面遷移を確認していきます。

アイフルの公式HPに入って頂きますと、上記写真の左下に「事前にご融資可能か診断!1秒診断」があります。

こちらが仮審査のページとなります。

仮審査は本審査と違い個人情報を使用しないので、審査履歴が信用情報に記録されませんので安心して利用可能です。

ただし、仮審査で融資可能が確定したわけではありません。本審査で落ちる場合もあります。

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

の4つの項目を入力し、「診断開始」ボタンをクリックします。

すると即時に審査結果が表示され、このまま本審査を申し込む画面に移動出来ます。

但し…

残念ながら仮審査で借入・融資が難しい可能性がある場合は、上記の画面が表示されます。

仮審査は人間による審査ではなく、キャッシング会社の持つ自動審査システムが行っているものです。

入力された申し込み情報を元に、スコアリング評価を行って一定得点に達していれば仮審査に合格となり、本審査へと移行できます。

残念ながらこの時点でスコアリング基準に達していなかった場合はその場で審査落ちとなってしまいます。

キャッシングの自動審査とは

上記はキャッシングを行うことができるまでの流れの簡単な表です。

仮審査を受けてもらう為に消費者金融やカードローン会社は申込者自身に必要情報を入力してもらい、その情報をもとに簡易的に仮審査を実施し、その結果を申込者に伝え、本審査に移ることで審査効率を上げています。

キャッシングの自動審査とは何か
自動審査とは、申し込み完了時画面に記載された情報をもとに仮審査結果を出すことです。
もちろん仮審査に通過をしたとしても、本審査に通過できない場合もありますので、最後まで注意が必要です。
しかし、自動審査による仮審査に合格している場合、申込内容や提出書類に不備や虚偽事項がなければ本審査に通過できる可能性が高いと考えられます。
この自動審査を行う際に利用されている評価制度の仕組みのことを一般的にスコアリング評価と呼んでいます。
スコアリング評価に併せて個人信用情報機関の個人信用情報を利用しそれらを参考に自動審査を行っています。

自動審査は即時結果報告とは限らない

スコアリング評価の利用方法や合格点は各消費者金融やカードローン会社によって異なります。

自動審査は前述の通り、スコアリング評価に併せて信用情報機関に登録された個人信用情報を利用することが前提です。

しかし、一般的に消費者金融が信用情報機関から個人信用情報を取得できる時間は午前9時から午後9時までです。

つまり、審査を申し込む時間帯によっては自動審査とはいえ、即時の返答が来るわけではないということを念頭に置いておくと申込後に余計な不安を持つことは無いでしょう。

また、合格ラインは会社や商品によっても異なりますので明確な基準が存在しているわけではありませんが、特に重視されている項目をこの後の項目で詳しくご紹介します。

属性によるスコアリング評価

では、実際にスコアリング評価を行う際にはどのような項目が確認されているのでしょうか。

  • 氏名、住所、年齢
  • 職業、勤務先、雇用形態、勤続年数
  • 年収
  • 居住年数、居住形態
  • 家族構成
  • 健康保険証の種類

どの消費者金融やカードローン会社に審査を申し込む場合でも、「属性情報」と呼ばれる上記の情報が必要となっています。

特にWEBから申し込むタイプのカードローン会社は送信されてきた申込情報を元に機械的に個人の登録情報を点数化して審査の可否を決定していますので、情報が不備なく入力されていることがまずは大前提になります。

スコアリング評価の重要項目①:氏名・住所・年齢

申込時の氏名・住所・年齢はキャッシング等の返済期間に定年退職などで職を失う可能性がどの程度あるか、現在の給与が今後どの程度向上する見込みがあるか等の参考資料に利用されています。

20代前半というような社会人駆け出しの若すぎる年齢よりは年齢を重ねている方が有利と考えられる項目ですが、申込年齢が60歳を超えると途端に不利に働くようになる項目です。

大手をはじめとする消費者金融は69歳まで申込可能であることがほとんどです。

しかし、年金受給者となっている場合はキャッシング審査において厳しいスコアリング評価となることが多いようです。

これは国からの年金は2か月に1度しか振り込まれないですが、それに対して毎月やって来る返済日に口座から返済金を受け取れなかった場合、次回の年金受給日まで待たなければならないという不利益を受けることになります。

それを避ける目的もあり、スコアリング評価では低めの評価をつけていると考えられます。

しかし、年齢項目はスコアリングの中で大きな得点を占める項目ではありません。

以上のことから20代前半の若すぎる申込者は収入が低い為不利であることが多いのと同時に、60代以上の高齢者(特に年金受給者)も不利となる場合が多いようです。

20代中盤~50代の人は年収が比較的安定し、今後も伸びていくとも考えられるので審査も通過しやすくなることが多いと口コミサイト等では評判です。

スコアリング評価の重要項目②:職業・雇用形態・勤務先・勤続年数

特に申込者の就いている職業や勤務先は、スコアリング評価の中では明確に優劣の序列が決められている項目です。

考えてみるとごく自然な話ではありますが、公務員や大手企業に勤務しているほうがスコアは高く、審査には有利となります。

なぜなら、消費者金融やカードローン会社は貸出前よりも貸出後の返済を見越して審査を行っており、企業の安定性は安定的な収入、つまりは安定した返済に直結する為、重要視されているのです。

以下は一般的なスコアリング評価での獲得得点を高得点順に並べたのランキングです。

以上からも分かるようにスコアリング評価の中で雇用形態は、主に「公務員→会社員(正規雇用)→会社員(非常勤雇用)→パート&アルバイト(学生・主婦含む)>無職(失業者含む)」と続いています。

また、残念ながら無職や専業主婦の方がキャッシング審査を申し込み、無条件に通過することは難しいでしょう。

なぜなら、特に中小消費者金融は期日通りに返済できるかを重視しているからです。

定期的な収入がない以上は返済できると証明することが出来ず、信用を置くことが出来ない状態となります。

この状況を解決し、スコアリング評価で得点を得るにはアルバイトでも構わないので定期的に収入を得られる定職に就くことが大切となります。

さらに自営業者や企業経営者は、周囲からは良く思われ「社長さんだし、儲かっていそう」という声をしばしば伺いますが、残念ながら相当な大企業でもない限り、収入は会社の経営状態に大きく左右される為、収入が安定しないことが多い職業です。

よって現在の年収が高くても、正社員の申込者より評価が低く付けられるのが一般的です。

もちろん、高所得者は年収項目では大きく得点を得ることになりますので、この項目はあくまで継続的に返済が望める状況にあるのかの確認と言えます。

また、勤めていた会社から独立して新会社を立ち上げた場合、設立から1年未満の申し込みの場合は、スコアリング評価ではほとんど得点にならない可能性が考えられます。

勤続年数は長いほど有利と言われていますが、近年では転職も多い為重視される項目ではなくなってきています。

勤続年数が1年以上あれば問題なく評価されています。

しかし、一方で勤続1年未満の場合の申し込みは多少不利になってしまうことを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

実は勤続年数項目で嘘を申告するとすぐに嘘がばれてしまうことになります。

なぜなら、融資前に社会保険証の提出を求められるとそこには資格取得年月日が記載されているからです。

更に、過去に金融機関から借り入れを行ったことがある場合は、完済後も数年間は信用情報機関にも勤務先情報等が記録されているからです。

勤務先情報や勤続年数はごまかして審査を受けている方も多いようですが、正しい情報を知る方法は複数存在しています。

嘘がばれてしまった場合は確実に審査に落ちることになりますし、既にキャッシングがされていた場合は一括返済を求められることもありますので、必ず正しい情報で申し込むようにしましょう。

スコアリング評価の重要項目③:年収

年収400万円以上」「年収200万円未満

上記の2種類の基準をスコアリング評価では重視している会社が多いと言われています。

年収とは「額面での給与総額」のことであり、税金や年金保険料が引かれる前の金額の年間総額(1~12月分)です。

当然年収は高いほどスコアリング評価は良く、400万円以上になるとスコアが高くなることが一般的です。

反対に年収が200万円以下の場合はスコアリング評価で高得点がつかないことが多く、不利に働きます。

しかし、仮に年収100万円以下であったとしても金融資産の所有状況や不動産の所有状況などの項目での得点を稼ぐことができているのであれば審査に通ることは十分にあります。

もう少し細かく見てみると、年収200万円から評価が段階的に上がり始めることが一般的で、150万円と200万円では評価が大きく異なっています。

つまり、スコアリング評価の中でも年収は細かくポイントが設定されており、キャッシング審査において重要な項目になっていると考えて問題ありません。

近年の審査では銀行カードローン、消費者金融ともに希望額50万円超で収入証明書(源泉徴収票)の提出が求められることが多いです。

希望額を低くすれば収入証明の提出は不要となりますが、収入情報は正しく入力しないと次回以降の借り入れ時に矛盾が生じることに繋がります。

スコアリング評価の重要項目④:居住年数・住居形態

住居形態は、一般論として自己所有の一戸建てやマンションが最も高評価になります。

そして、居住年数も長いほど評価は高く1年未満など短期間である程低評価となることが一般的です。

また、持ち家であるものの住宅ローンを支払っている場合であっても自己所有の家を担保にしている為、大きな影響は及ぼしません。

しかし、引っ越したばかりの賃貸住宅の場合、夜逃げなどで踏み倒して何処かへ消えてしまう可能性が否定できません。

よってカードローン会社の審査も慎重になりがちで、自動審査でも評価は低くなっています。

可能であれば同一住居に1年以上居住した上で申し込みすることをお勧めします。

自動審査に通過すると本人確認書類を提出することになります。

運転免許証の更新前に引っ越してしまうと、現在の住所と裏面に過去の住所が書かれることになります。

繰り返し引っ越しを行い、裏書が多い人は本人確認書類の提出時に引っ越し理由を添えるなどの対応を取れると印象は良いように変化するでしょう。

スコアリング評価の重要項目⑤:家族構成

こちらは意外かもしれませんが、一般的には家族構成の項目の中で、最も評価が高くなるのが、独身で家族同居のケースです。

夜逃げのリスクが小さいことが返済の障害を取り払っている状態です。

既婚の場合は、一般的に扶養している人数が増えるほど生活にかかる支出が増える(返済に回せる資金が減少する)ので、スコアリング評価は低くなります。

もちろん、勤務先の都合で単身赴任や別居中などの既婚で同居してない場合は、評価が特段低くなるというようなことは殆どありません。

そのような中で最もスコアリング評価が低いと言われているのが「独身で一人暮らし」の方々です。

自由なお金も既婚者よりも多い場合もあり、一般的に最も評価が高くなりそうと思われがちですが、簡単に引っ越しすことができる為、夜逃げリスクの高さは貸し出す側からすると最も警戒されるべき対象となっています。

スコアリング評価の重要項目⑥:健康保険証の種類

現在、日本の国の労働者は自身の勤務する会社やその形態に応じて上記図の中にある3種類の保険制度のいずれかに加入しています。

1つ目は「共済組合」、2つ目は「協会けんぽまたは組合健保」、そして3つ目の「国民健康保険」です。

共済組合は公務員が加入する社会保険で、協会けんぽや組合健保は会社員が加入する社会保険です。

それに対して国民健康保険は自営業者・パート・アルバイトが加入する保険です。

スコアリング審査時は国民健康保険よりも社会保険(共済組合・協会けんぽ・組合健保)の方が有利に設定されているのが一般的です。

これは公務員や会社員の雇用が企業や国に守られている為です。

また、組合健保は保険料率を自分たちで決めることができることや付加給付という医療費の補助を行うことができるなどのメリットがあります。

キャッシング審査では、加入している健康保険の種類の申告を求める消費者金融が多くあります。

健康保険証のコピーの提出を求められる場合がありますが、これは保険証に勤務先名や資格取得日(入社日)が書かれているので、審査に役立つ情報となる為です。

スコアリング評価の総仕上げとしての信用情報チェック

カードローン審査では必ず個人信用情報の記録を確認されます。

キャッシング審査でも確認されている場合が大半です。

実はこの信用情報がスコアリング評価では審査の可否を決めていると言っても過言ではない程、大きな割合を占めています。

この結果が原因で審査に落ちる人も多いので、十分に知っておくべき項目です。

信用情報でのチェック項目
  • クレジット、ローンの申込状況
  • クレジット、ローンの利用状況
  • 他社借入状況
  • 事故情報(異動情報)の有無
  • 入金状況

スコアリング評価ではこの5つの観点で審査がされています。

ここで誤解してはいけないのは、「既に住宅ローンや他社からのキャッシングや融資があるだけでは審査に不利になるわけではありません」という点です。

但し、複数の金融機関からキャッシングやローンを組んでいる多重債務の状態は審査に不利となります。

また、事故情報(移動情報)が表示されている場合、高確率で審査は通過することができません。

この項目は過去の借り入れの返済において、約60日を超える長期間の延滞、自己破産や代位弁済、債務整理などがあった場合に記録される項目です。

いわゆる世間ではブラックリストと呼ばれている内容です。

延滞は解消してから1年または5年、自己破産は最長10年間記録されます。

クレジットカードやローン、キャッシングなどを利用すると個人信用情報機関(CICやJICC等)に記録が残ります。

これ自体は何も問題があるわけではなく、クレジットヒストリーはある方が返済をきちんと行っている証拠となり、キャッシング審査にとっては信頼を得る形になるので、良いものです。

しかし、事故情報がつくと一転し、信頼を得ることは難しくなり、キャッシングの審査に落ちる可能性が高くなります。

個人信用情報はご自身でも確認できますので、審査前に1度確認することをお勧めします。

個人信用情報機関について詳細はこちら!!

スコアリング評価は個人の信用の証

ここまでの内容を総合すると、スコアリング評価は個人の信用の証であると考えることができます。

スコアリング評価はキャッシングやカードローン貸出をした際に、どの程度期日を守り、返済を行ってくれる人物であるのかを消費者金融やクレジットカード会社側が知る為の評価項目となっています。

その為、各社の審査項目は多少異なる部分もあります。

しかし、共通している項目としては「個人として、信用しても問題ないのか」を数値化して評価するという観点です。

審査前にご自身の信用情報や年収などをもう一度見直した上で審査を受けられるのが良いでしょう。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事