人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

最近耳にする事も多くなってきたロボアドバイザー。

「AIが自分の代わりに資産運用をしてくれるというれけれど、本当?」

「ロボット・AIに投資を任せて儲かるの?」

と、気になっていませんか?

ロボアドバイザーは日本ではまだ始まったばかりのサービスですが、実際に利益を上げ、ロボアドバイザーの一つウェルスナビでは預かり資産が1,000億円を突破するなど注目を集めています。

ロボアドバイザーが注目を集める理由は、ただ人口知能が資産運用をするという珍しさからではありません。しっかりと実績のあるところからきているのです。

資産運用はしたいけれど投資の知識はないし時間もそうそう取れない、そんな人におすすめなのが、ロボアドバイザーです。

この記事では、

  • ロボアドバイザーとはどんなものか
  • ロボアドバイザーのメリット・デメリット
  • ロボアドバイザーの有効な使い方
  • おすすめのロボアドバイザー
  • ロボアドバイザーの始め方

について解説していきます。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとはロボット(AI)に投資のアドバイスを受け、それを元に資産の運用を任せる事が出来る新しい形態の金融サービスです。

資産運用をしたいと思っても、その為の勉強や投資先の選定、実際の取引をおこなうのは楽ではありません。

出来るなら資産運用は専門家に任せてしまいたいところですが、人に頼むのには大きなコストがかかってしまいます。

しっかりと利益の出せるプロに任せようと思うなら、尚更高いコストが必要です。

ロボアドバイザーはこの問題を解決します。

資産運用をAIに任せる事で、自分の時間・労力を節約し、人に頼むより安いコストで資産運用を任せる事が可能なのがロボアドバイザーです。

fa-checkチェック

ロボアドバイザーはインターネット上で取引が完結する為スマホ一つで始められ、提供会社によっては1万円という少額からスタートする事も可能です。

ロボアドバイザーの登場により、一般の人でも資産運用を任せる事が出来るようになったのです。

ロボアドバイザーにはアドバイス型と運用一任型の2種類がある

ロボアドバイザーには

  • アドバイス型
  • 運用一任型

の2つのタイプが存在します。

アドバイス型のロボアドバイザーでは、いくつかの質問に答える事でリスク許容度を算出し、それに沿った運用プランを提示してもらう事が可能です。

運用一任型では上記のアドバイスに加え、提示された運用プランをロボアドバイザーが実際に自分に代わって運用してくれます。

アドバイス型も便利ではありますが、プランを提示してもらっても実際にそれを実行するのは面倒なものです。

投資に馴染みのない人にとってはアドバイスがあっても実行するのはそう簡単ではありません。

ロボアドバイザーの魅力は、自分の代わりに資産運用をしてもらえるという点にあります。

ロボアドバイザーの利用を検討する場合、基本的に運用一任型を考えている人が多いでしょう。

この記事で解説するロボアドバイザーも運用一任型についてのものになっています。

ロボアドバイザーを利用するには

ロボアドバイザーを利用する大まかな流れは共通で、年齢や資産状況などのいくつかの質問に答える事でリスク許容度を算出し、それを元に資産運用が行われます。

ロボアドバイザーでは主に投資信託やETFを購入し、利用者に最適なポートフォリオを組んで運用されます。

投資対象は日本だけに留まらず、投資信託を通して世界中の株・債権に投資が可能というのもロボアドバイザーの特徴です。

人によって取れるリスク・許容できるリスクには違いがあります。年齢が若くリスクを取って大きなリターンを得たい人には新興国の株がメインのポートフォリオ。

年齢が高くローリスクで堅実な運用がしたい人には債権メインのポートフォリオ。

このように、その人にあったリスク許容度に応じた資産運用を行うのがロボアドバイザーの特徴です。

一任型のロボアドバイザーといっても、自分の意志や趣向が全く資産運用に反映されないというわけではありません。

fa-checkチェック

ロボアドバイザーはその人にあった資産の運用を行います。

ロボアドバイザーは儲かるの?稼げるの?

ロボット、AIに投資を任せるという点に不安を感じるかもしれませんが、人口知能は進化し、現状ではプロ将棋の棋士にAIが勝つ時す。

この進化の波が投資の世界にも及んでいるのです。

機械に投資を任せる場合、少なくとも2つ、人間より優れる点があります。

一つは、感情によるミスが無い事。投資ではお金の増減があります。大きな損失を出したり、大きな利益を得たりすると、人間の精神には大きな負荷がかかります。

損をすればそれを取り返そうとするのは人間の常です。利益を得ればどん欲になり、リスクを小さく見るようにもなります。

どちらも、投資の負けにつながるものですが、感情のないロボットならこの種のミスとは無縁です。

もう一つは、客観性です。人間が投資を行えば、主観が入ります。好きな国、好きな企業の株は好意から実質より良く見え、業績が悪化してもなかなか手放せないという事があります。

しかし、ロボットならこの種の主観とは無縁に、数字に基づく客観的な判断が可能です。

fa-checkチェック

参考までにロボアドバイザーの一つ、ウェルスナビの2016年開始以来のリターンを見てみると、2018年11月までにリスク許容度最大で17.6%のリターンになっています。

ロボアドバイザーの5つのメリット

ロボアドバイザーには5つの大きなメリットがあります。

ロボアドバイザーメリット
  1. 投資の知識がなくても始める事が出来る
  2. 大きな投資資金が必要ではない
  3. 完全放置の資産運用が可能
  4. 手数料が安い
  5. 税金の支払いを自分でやる必要がない

ロボアドバイザーは投資の知識が0でも始められる

ロボアドバイザーでは資産運用の全てをロボットが行ってくれます。投資銘柄の選定から分配金の再投資、リバランスまで全てです。

通常、投資をするには勉強が不可欠です。

  • 自分がどれぐらいのリスクを取れ、どの程度のリターンを求めるのが適正なのか
  • リスク・リターンに見合う投資の種類は株・FX・投資信託
  • 株ならどの企業の株が良いのか、FXならどう売買のタイミングを計るのか、投資信託ならどのファンドを購入するのか

考える事、決める事は山のようにあり、正しい決断には知識・経験が必要です。

しかし、上記のとおり、ロボアドバイザーでは投資商品の購入、運用、売却を全てAIが代行してくれます。

自分でやる事はロボアドバイザーの質問に答えて資金を投入するだけと負担がほとんどありません。

fa-checkチェック

投資初心者でまるで知識の無い人でも資産運用が出来る、これがロボアドバイザーの一番の魅力です。

ロボアドバイザーは最小1万円から始められる

ロボアドバイザーの種類にもよりますが、最低資金が1万円あればロボアドバイザーを利用して資産運用を始める事が出来ます。

資産運用というと多額の資金が必要そうですが、ロボアドバイザーではこのような心配は必要ありません。

少し試してみたい、少額から資産運用を始めたいという人でもロボアドバイザーなら気軽にスタートする事が出来ます。

ロボアドバイザーでは積み立て投資が重要になるのですが、これに関しても毎月1,000円からの積み立てが可能というロボアドバイザーもあり、資金の多寡によらず資産運用が可能になっています。

ロボアドバイザーは完全放置が可能

上記のとおり、ロボアドバイザーは資産をどう運用するのかを完全に代行してくれます。

自分で株を保有していれば、その株を保有し続けるのか、いつ売るのか自分で決めなければいけません。

自分の資産が増減する中、冷静に売りに最適な場面を待つというのは難しいものです。

昨日は儲けが出ていたのに今日は損失になっている、こういう状況になると精神的にも気が滅入ります。

投資をしていると自然と資産の上下が始終気になるようになってしまい、心の休まる時間が無くなりがちです。

しかし、運用を完全に任せる事が可能なロボアドバイザーなら、いつ売却するかという悩みを抱えずに済みます。

ロボアドバイザーで資産運用を行えば、投資の決断はロボアドバイザーをいつ解約するか、というシンプルのものになります。

fa-checkチェック

ロボアドバイザーは時間、労力をかけず、他の投資に比べ精神的な負荷が少なく資産運用が出来るのです。

ロボアドバイザーは手数料が安い

ロボアドバイザーを使うには手数料がかかり、預け入れ資産の1%程度が手数料として必要になります。

この手数料を高いとみるか、安いとみるかは人によって異なります。

自分で投資先の選定ができ、資産運用が可能な投資の玄人にとって、1%の手数料は高く感じられる事でしょう。

しかし、投資の知識がなく、運用を一任したい人にとっては年1%の手数料は安いといえます。

ロボアドバイザーなら自分の時間を使う事なく資産運用が出来る為、空いた時間で仕事に力を入れるなり、他の副業をするなり出来ます。

趣味や家族との時間を大切にしつつ、資産運用を行う事も可能です。この時間を得られるのに支払う手数料が1%で済むのなら、安いといっていいでしょう。

ロボアドバイザーを必要とする人にとって、年1%で資産運用を一任出来るのは手数料としては十分妥当といえるはずです。

ロボアドバイザーは税金の支払いが楽

資産運用や副業を考える時に厄介になるのが、税金の問題です。

慣れない人間にとって、確定申告を自分でやるのは非常に面倒なものです。

税金の支払いを会社が代行してくれる会社員が自分で確定申告をしようとすると、その面倒さから頭を抱えたくなるものです。

ですが、ロボアドバイザーの場合、取引口座を源泉徴収アリの特別口座に設定しておけば、税金の計算・支払いを全て証券会社に代行してもらう事が出来ます。

負担のない資産運用をした人にとって、税金の支払いや計算が不要といのもロボアドバイザーの大きなメリットになります。

ロボアドバイザーのデメリット

投資初心者が低資金で始められるなどメリットも多いロボアドバイザーですが、デメリットも存在します。

ロボアドバイザーのデメリット
  1. 損失のリスクがある
  2. パフォーマンスの評価が難しい
  3. 投資の勉強になりづらい

ロボアドバイザーにも損失のリスクがある

他の投資と同様、ロボアドバイザーにも損失のリスクが存在します。

AI・機械が実行というとミスがなさそうな感じがします。ミスなく資産運用を行えば損を抱える事などなさそうですが、ロボアドバイザーでも損失が出る事はあります。

ロボアドバイザーは基本的に株・債権などの投資信託やETFを買って資産運用を行います。

景気が良く株が値上がりする状況であれば利益が出ますが、景気が悪く株が値下がりするような状況になれば、運用成績は低下し損失が出る可能性が高まります。

fa-checkチェック

AIが進化したといっても万能ではない為、ロボアドバイザーが必ず儲かるというわけではありません。

個別株のような大きな価格変動は起きにくいですが、ロボアドバイザーにもリスクはあるという認識が必要です。

ロボアドバイザーは運用実績が少ない

引用元:WealthNaviの運用実績

上の図はウェルスナビの2016年1月から2018年11月までの運用実績を示した表です。

リスク許容度が最低の1でも、3年に満たない期間で6.0%のリターン。リスク許容度が最大の5にいたっては17.6%と非常に高いリターンになっています。

この運用成績を見ると、ロボアドバイザーは非常に高いパフォーマンスを示しているというのが分かります。

しかし、ロボアドバイザーはまだ新しいサービスであり、現在までの運用成績だけで良し悪しを評価するのは時期尚早に感じられます。

特に、「2017年は株で損をするのが難しい年だった」という人がいるぐらい経済の順調な年だった2017年がサンプルに入っている為、ロボアドバイザーの評価はより難しくなっています。

リーマンショックのような事態への例もない為、不況時にロボアドバイザーがどのようなパフォーマンスになるかは定かではありません。

ロボアドバイザーを利用するなら、この点は意識しておかなければならないでしょう。

ロボアドバイザーは投資の勉強になりづらい

ロボアドバイザーは完全放置での運用がメリットです。しかし、この自分で運用を行わないというメリットは、経験が身にならず勉強にならないというデメリットにもつながります。

自分で投資先の選定や運用を行えば勉強になりますが、ロボアドバイザーにはこれがありません。

委任できる部分が大きい分、自分で調べる事や考える事がロボアドバイザーでは少なくなってしまうのです。

学びながら資産運用を行い投資の力をつけていく、という事から考えるとロボアドバイザーは不利な資産運用になってしまいます。

現在は高齢化の進行などにより、資産運用の重要性は増してきています。資産運用をしていてもあまり自分の学習につばがならない、これがロボアドバイザーの一番のデメリットになるのかもしれません。

ただし、その分ロボアドバイザーは楽というのは間違いないので、メリット・デメリットを考えつつロボアドバイザーを利用し、必要なら自分で資産運用について学んでいく、という利用法も可能です。

ロボアドバイザーで儲ける為の注意点

メリット・デメリットを比較し、ロボアドバイザーの特徴から利用に向く人を考えると、ロボアドバイザーは投資初心者に向いているといえそうです。

初心者でもロボアドバイザーで資産運用をすれば簡単に儲けられるとなればよいのですが、現実はそうもいきません。

ロボアドバイザーで失敗しない為に、始める前に注意点を確認しておきましょう。

ロボアドバイザーは長期投資

ロボアドバイザーは長期の投資として考えるべきサービスであり、短期投資にはあまり向いていません。

ロボアドバイザーは気軽にスタート出来、解約もネット上で簡単に行えます。

ですが、解約してから実際に投資資金が手元に戻るには数日のタイムラグがあり、資金の回転率という点では効率が良くありません。

また、ロボアドバイザーは投資信託やETFへの投資がメインの為、値動きが個別株や為替のように大きくなく、この点からも短期投資向けのサービスとは言えません。

ロボアドバイザーの目的は数年、数十年単位で資産運用を行い、長期目線で資産を増加させる事にあります。

fa-checkチェック

短期投資に興味のある人は、ロボアドバイザーよりFXや株などへの投資を検討した方がいいでしょう。

短期間の実績を気にしすぎない

引用元:WealthNaviの運用実績

上の画像はウェルスナビの運用実績になります。

この画像を見ると、ウェルスナビの過去1年の運用成績がマイナスになってしまっているのが分かります。

ですが、通算の運用成績に目を移せばトータルの損益は大きなプラスになっています。

長期投資では、1年程度のサンプルでは損益がマイナスになってしまう事は少なくありません。

ロボアドバイザーは1年単位では成果が出ない可能性がある、この可能性をしっかり認識して資産運用を始めないと、少し運用成績が悪いとすぐに解約、という事になってしまいます。

難しいのは長期で保有いしたからといって、必ず利益になるという確証がない点です。

ですが、ロボアドバイザーの前提は世界経済への投資です。そして、世界経済は好況不況を繰り返しながら成長を続けています。

世界経済の成長が続く限り、それに投資するロボアドバイザーも長期保有していれば利益になる可能性は高いのです。

ロボアドバイザーはすぐに儲けたい、資産を何倍にも増やしたいという場合に考える投資ではありません。

fa-checkチェック

ロボアドバイザーは今話題の投資だからと短期的な利益を狙うものではなく、長い目で見て地に足をつけて行うタイプの投資です。

ロボアドバイザーでは積み立て投資が重要

ウェルスナビ、THEO、楽天ラップなどロボアドバイザーのサイトを見ると、積み立て投資が強く推奨されている事に気付きす。

積み立て投資とは、毎月一定額を自動でロボアドバイザーに追加していく投資法です。

積み立て投資をする事で、余裕資金を少しずつ資産運用に回す事が可能になりす。

また、積み立て投資は投資の悩みである「いつ投資を始めるか?」という問題の解決にもなります。

投資の理想は「安く買って高く売る」です。しかし、言葉にするのは簡単ですが「安く買って高く売る」を実行するのは難しいものです。

むしろ、素人が投資をすると「高いところで買って安いところで売る」という、理想と真逆の状況になりがちです。

素人の耳に儲かるという噂が入るような状況はすでに価格が行き過ぎた状況であり、買ったらそこが天井でその後は価格が下がる一方、という状況は珍しくありません。

どうにか良いタイミングで投資を始めたいものですが、これを実現するのは難しく、投資をする人の大半は負けてしまいます。

この投資タイミングの問題を解決するのに、積み立て投資が有効なのです。

下手に投資タイミングを考えるより、毎月決まった日に決まった額を購入する方が悩みがありません。

また、同じ12万円を投資するにしても、一度に買うより12回に分けた方が購入価格は分散出来ます。

一度や2度は高いところで買ってしまうかもしれませんが、安いところでも購入すればその分価格は平均化され、高値掴みを防ぐ事が出来るのです。

余剰資金を資産運用に回す

ロボアドバイザーは現状では高いパフォーマンスを誇っています。しかし、先述のように不況時にどのような運用成績になるのかは不透明です。

この点を考えると、実績の少ないロボアドバイザーに全てを預ける、というのはかなり危険な気がします。

なにより、投資は余剰資金で行うのが大原則です。ロボアドバイザーに預ける資金は余剰資金から準備し、出来れば運用結果が気にならないぐらいの額を積み立てで投資していくのが理想です。

ロボアドバイザーのメリットに完全放置で資産運用が可能という点がありますが、あまり大きな金額を預けすぎると運用結果が気になり頻繁に運用結果をチェックするようになってしまいます。

こうなると完全放置のメリットがなくなってしまう為、資産運用の結果が出るのは数年後と割り切り、普段は忘れられるぐらいの資金をロボアドバイザーに回すのが良いでしょう。

とはいっても、運用結果を気にしないというのは難しいものです。

資産運用が上手くいっていないものに積み立てを続けるというのも難しいものですが、長期投資はそういうものという割り切りが必要です。

fa-checkチェック

ロボアドバイザーで運用する資金は余剰資金で忘れられるぐらいの額を、これを守るのが大切です。

ロボアドバイザーの選び方

ウェルスナビ テオ 楽天ラップ
最低資金 10万円 1万円 10万円
手数料 1% 1% 1%
特徴

手数料に長期割引があり

DeTAXによる税金最適化が可能

1万円という少ない資金からスタートが可能 TVTによるリスク軽減機能があり

いざロボアドバイザーで資産運用を始めようと思っても、種類が多くてどれを選べばいいのか分からない、と困ってしまう方も少なくないかと思います。

ロボアドバイザー選びで重要なのは、

  • 手数料
  • 資産運用をしっかり委任出来るか
  • 運用実績

この3点です。

資産運用を行う以上、儲かるのがかが一番気になるところです。その為、実績を重視してロボアドバイザーを選びたいところですが、これには問題があります。

先述したようにロボアドバイザーは運用開始から時間が経っておらず、比較しようにもサンプルが少なすぎて意味のある比較が出来ない、というのが現状です。

だからといって運用実績を無視は出来ませんが、これだけでロボアドバイザーを判断するというのは避けた方がいいでしょう。

運用実績があまりアテに出来ない為、ロボアドバイザー選びには目に見えて比較可能な手数料、資産運用をしっかり委任出来るのか?という点を重視する必要があります。

表から分かるように、ウェルスナビ、THEO、楽天ラップの手数料は1%とロボアドバイザーの中では安くなっています。

資産運用を委任出来るかですが、ウェルスナビ、THEO、楽天ラップの3社は再投資、リバランスまでしっかり行ってくれます。

現状では手数料、資産運用の委任がしっかり可能なこの3つのロボアドバイザーから選択するのが良いでしょう。

このうちのどれがいいかですが、特徴を考えて自分に合ったものを選ぶとなお良いでしょう。

ウェルスナビ

ウェルスナビは日本最大のロボアドバイザーで、預かり総資産が1,000億円を突破しています。

ウェルスナビの特徴は、何といっても最大手の安心感にあります。

ウェルスナビには三井住友銀行グループ・SMBCベンチャーキャピタルや三菱UFJキャピタルといった有名企業や大手金融機関が出資しており、ロボアドバイザーの中では知名度がナンバー1です。

投資では資金を多く集める方が有利な場合が多い為、利用者が多く預かり総資産が多いというのは安心感につながります。

ウェルスナビの手数料は預け入れ資産の1%とシンプルで、余計な手数料が一切発生しないのも魅力です。

ウェルスナビの手数料には長期割引があり、最大で0.9%まで手数料を下げる事も可能です。

また、ウェルスナビには運用資金の税金を最適化するDeTAXというシステムが採用されており、資金の効率的な運用が可能になっています。

ウェルスナビの運用開始は2016年1月からですが、2018年11月までのリターンが17.6%というのも魅力です。(リスク許容度が最大の場合)

今後もこの利益が続くは不明ですが、この実績は頼りになります。

THEO(テオ)

THEOは1万円からスタート出来るのが特徴のロボアドバイザーです。

ウェルスナビ、楽天ラップは初期資金が10万円必要ですが、THEOではその10分の1である1万円からスタートが可能です。

少ない資金で始めたいという人にとってはTHEOが最良の選択になるでしょう。

THEOの公式ホームページには過去11年のシュミレーションが記載されており、それによると年率8.4%のリターンに期待出来るとなっています。

あくまでシュミレーションなので過度な期待は禁物ですが、ロボアドバイザー選びの一つの指針にはなるでしょう。

楽天ラップ

楽天ラップは楽天が提供するロボアドバイザーサービスで、楽天証券に口座を持っていれば専用口座を開設せずにスタートする事が可能です。

楽天ラップの特徴は、下落ショック軽減機能であるTVT機能にあります。TVT機能は株の値動きが大きくなると発動し、ポートフォリオの中の株の割合を減らす事でリスクを軽減する機能です。

楽天ラップの公式ホームページによると、過去のデータから株式市場の値動きが大きくなりすぎると株から得られる利益が下がる傾向があるとのことです。

株の値動き大きくなり、利益が低下する状況では株の保有比率を下げる事で利益の低減を防ぐのがTVT機能の目的になります。

リスクを取りたくない、安定した資産運用がしたい人にとっては魅力的な機能になるでしょう。

楽天ラップの実績は2016年7月から2018年9月末にかけて、最もリスクの高いもので37.52%のプラス。最もリスクの低いもので7.49%のプラスとなっています。

ロボアドバイザーの始め方

ロボアドバイザーを始めるには各社共通で

  1. 口座開設
  2. リスク診断
  3. 入金

という流れになります。

口座開設には、

  • メールアドレス
  • 本人確認書類:運転免許証・マイナンバーもしくはマイナンバーカード
  • 銀行口座

が必要になります。

本人確認書類は画像をサイト上にアップロードする形式の為、パソコンかスマホのみで手続きが完了し、口座開設費や維持費は無料となっています。

リスク診断は各業者事に異なりますが、あまり多くの質問を受ける事はありません。

口座開設には簡易書留の受け取りが必要で、ここまで完了すると最後に資金を入金し、資産運用がスタート出来るようになります。

まとめ

ロボアドバイザーは人間の代わりにロボット(AI)が資産運用を行ってくれる、誕生間もない新しい形の金融サービスです。

ロボットの質問に答える事でリスク許容度を算出し、自分にあったポートフォリオを組んで世界中の投資信託やFTFに投資が出来ます。

この投資信託の買い付け、運用を全てロボットが代行してくれるため、ユーザーは完全放置で資産運用が可能になります。

資産運用をしたいけれど知識が無いし時間も取れない、こういう人でもロボアドバイザーなら資産運用を始める事が可能です。

ロボアドバイザーは最低1万円からでもスタート出来る為、試しに資産運用をしてみたいという人でも始めやすくなっています。

 

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事