人気記事!!
キャレント検討中の方必見!!メリットやデメリットなど他社にない6つの強み!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

誰でもできる一番簡単なお金を作る方法はカードローンでお金を借りる事です。しかし、初めてお金を借りたい方には、どのカードローン会社が良いのか多すぎて迷いませんか?

もし、カードローンや消費者金融の利用が初めてならキャレントのカードローンをおすすめします。今回の記事は特に以下のような方に読んでいただきたい内容となっています。

  • 給料日までお金がほとんどないので、すぐにお金が欲しい人
  • 20代〜30代のサラリーマン
  • カードローンを使ったことがないけど、利用してみたい人

 

この記事はキャレントの特徴、キャレントのメリット・デメリット、キャレントと銀行カードローンの比較、キャレントと消費者金融の比較の順番で説明いたします。

お金を借りるなら、便利で使いやすいカードローンで借りたい人におすすめの内容です。

目次

スポンサーリンク

キャレントは手軽さ・利便性を求める若い年代の人にぴったりのカードローン!

新生銀行カードローンとキャレントの違い
最短即日融資が可能になった!! 総量規制の対象になった!!

21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

キャレントは2018年4月から新生ファイナンシャルが新たに始めたカードローンです。元々は新生銀行カードローンという名前でサービスを提供していましたが、既に新規受付を終了しています。

 

ここがポイント!!サービスの名称や内容が変わったのは、銀行カードローンが暴力団関係者への融資を防ぐなどの理由で2018年1月から即日融資ができなくなったことが原因です。

 

これらの理由からカードローン会社では、申し込みをしても最短で融資されるのは翌営業日になりました。新生銀行カードローンはカードローン会社だったので銀行法が適用されます。

 

ここがポイント!!一方、リニューアルされたキャレントは、消費者金融です。消費者金融の場合は、銀行法ではなく、貸金業法が適用されます。したがって最短即日融資が可能になったのです。

 

新生銀行カードローンからキャレントにリニューアルしたメリット!

ここからは新生銀行カードローンからキャレントにリニューアルしたメリットについて解説します。下記の表はキャレントと新生銀行カードローンの条件を比較したものです。

キャレントと新生銀行カードローンの比較表

キャレント 新生銀行カードローン
形態 消費者金融 銀行カードローン
適用される法律 貸金業法 銀行法
総量規制 あり(年収の3分の1まで) なし(自主的な規制)
即日融資 可能(最短即日) 不可能(銀行法の自主規制により)
融資が下りない人 専業主婦など収入がない人 無職や専業主婦でも融資が下りる可能性あり
融資金額 1万円〜500万円 1万円〜500万円
金利 4.5%〜18.0% 4.5%〜18.0%
申し込み年齢

20歳以上70歳以下

20歳以上70歳以下

審査にかかる時間 最短15秒 最短30分
条件

・国内に居住する方

・ご自分のメールアドレスをお持ちの方

・国内に居住する方

・ご自分のメールアドレスをお持ちの方

審査結果は申込後15秒で表示されます。またWebで最短60分融資も可能です。

21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

 

このように新生銀行カードローンからキャレントに変わって、最短即日融資が可能になりました。また本審査前の仮審査はWebからできてたったの15秒でわかります。

 

ここがポイント!!これらのメリットから、キャレントはすぐにお金を借りたいと考えている20代〜30代といった若い年齢層におすすめできるカードローンです。

 

注意点は、キャレントになったことで総量規制の対象になったことです。総量規制の対象になったことで、お金を借りられる金額が年収の3分の1に制限されるようになりました。

ちなみに、最短即日融資でお金を借りるためには以下の時間までに契約手続きを完了していなければなりません。

最短即日融資の期限時間

  • 月曜日から土曜日までは21時までの契約手続き完了で最短即日融資可能
    一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 日曜日は18時までの契約手続き完了で最短即日融資可能

契約後の借り入れ時間は22時までは自動契約機で借りられるので、一度申し込みが完了すれば時間の余裕はあります。もっともおすすめの方法はスマートフォンのアプリなどからインターネットで契約をする事です。

申し込み時間が遅くても、最短即日融資が可能なので、夜遅くまで働いていて、急に明日の朝お金が必要になった人でも簡単にお金が借りられます。

キャレントの貸付条件

ここまではキャレントと新生銀行カードローンを比較しました。前述した貸付金額や金利以外のキャレントの貸付条件は以下の表の通りです。

キャレントのその他の貸付条件

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%

貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。

ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式

残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式

ご返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)
融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。

必要書類 運転免許証等
収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

 

なおキャレントの貸付金利については以下のように決まっています。貸付金利は通常契約限度額が少ないほど金利も高くなります。初めてキャレントでお金を借りる方はほとんど上限金利が適用されると考えた方が良いです。

さらに、貸付金利は契約限度額によって以下のように設定されています。銀行カードローンの上限金利である14.5%以下の金利で借りようとしたら、100万円以上借りる必要があります。

 

契約限度額によって貸付金利は変化する

契約限度額 貸付利率
1万円〜100万円を下回る金額 15.00%〜18.00%
100万円〜200万円以下 12.00%〜15.00%
200万円を超える金額〜300万円以下 9.00%〜15.00%
300万円を超える金額〜400万円以下 7.00%
400万円を超える金額〜500万円以下 4.50%

 

最初から下限金利が適用されることはありません。下限金利は限度額である500万円借りないと適用されません。さらにキャレントは消費者金融なので総量規制の対象です。

総量規制は年収の3分の1までしかお金を借りられないという法律です。

500万円を借りようと思ったらいくら必要か?

500万円×3=1500万円

 

したがって、500万円を借りようと思ったら、1500万円以上の年収が必要です。かなり現実味が薄いですね。

キャレントのメリット・デメリットについて解説!

ここまではキャレントと既存のサービスだった新生銀行カードローンを比較して説明してきました、ここからはキャレントのメリットとデメリットについて説明いたします。

キャレントのメリットはWebで最短60分融資も可能と無利息期間が選べる点!

キャレントはこれからすぐにお金を借りようとしている方におすすめのカードローンです。キャレントはメリットがたくさんあります。

キャレントのメリット
  • 初めて利用する方は選べる無利息がある
  • 審査結果のお知らせ時間が幅広い
  • 最短15秒で審査結果がわかる
  • 最短即日融資が可能
  • 審査終了後もインターネットで契約手続きが可能
  • 契約書類やカードが自宅に発送されない
  • カードなしで借り入れもできる(e-アルサとセブン銀行の場合)
  • 借り入れ方法や返済方法が豊富にあり便利
  • 24時間365日申し込みが可能
  • スマートフォン・パソコンから申し込みが簡単にできる

キャレントのメリットは初めて利用する方向けに無利息期間が用意されている点です。無利息期間は消費者金融では一般的なサービスです。

しかし、無利息期間を採用している会社では、1種類の無利息期間しか用意していないケースがとても多いです。キャレントでは好きな無利息期間を選ぶことも可能です。

ただし無利息期間は併用できるわけではなく、契約金額によっても選べる無利息期間が決まります。

キャレントが提供する無利息期間

借入額5万円まで180日間利息ゼロ

Webで申し込むと60日間利息ゼロ※1

※1.WEB経由で申し込んだ方が対象です。
※1.Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息
※いずれの無利息サービスも、初めてなら初回契約翌日から無利息期間適用。※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
※いずれも(契約額1万円~200万円まで)

借入金額のうち5万円までは180日間も利息がゼロになる!

契約額が1万円~200万円までの場合、選べる無利息期間のうちのどちらかを利用することができます。1つ目の無利息期間は借り入れ金額のうち5万円までは180日間利息ゼロというものです。

無利息期間は契約翌日から適用されます。なお5万円を超える金額については通常の金利である12.00%〜18.00%の金利が適用されます。

Webで申し込むと利息が60日間ゼロになる!

2つ目の無利息期間はWebで申し込むと借り入れ金額全額の利息が60日間ゼロになるというものです。

無利息期間は契約翌日から適用されます。60日が終了したら、通常の金利が適用されます。
契約額が1200万円の場合

 

ここがポイント!!契約額が1万円〜200万円の方は自分の都合に合わせてどちらかを選ぶことができます。契約額が200万円を超える方は、借り入れ金額全額の利息が30日間ゼロになる無利息期間しか利用できません。
※Web以外の自動契約機や電話で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。
Web申込でも契約額200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能

どちらの無利息期間を利用したらお得になるかは借りる金額と返済回数によって違う!

そして、どちらの無利息期間を使った方がお得なのかわからない方は、キャレントのホームページにシミュレーションソフトや簡単な表が用意されています。

(画像引用元キャレント公式ホームページ)

この表によると、20万円以上借りる予定のある方は、 Webからの申し込みで借入金額全額の利息630日間ゼロになるローンを利用した方がお得になることがわかります。

また20万円未満の金額を借りたい人は、返済回数が3回までなら60日、6回以上なら180日間無利息のローンを選択した方がお得です。

20万円を12回払いで返済した場合、Web申し込みで60日間無利息なら2576円お得!

そして、具体的にどちらの無利息期間がどのぐらいの金額お得なのかを知りたければ、ページ下のボタンを押せば180日無利息期間と、60日無利息期間の詳しい比較を見ることができます。

下記のシミュレーションは、20万円を借りて、12回払いで返済する場合のシミュレーション結果です。ごらんのように支払う利息金額は60日間無利息期間の方が5万円まで180日間無利息期間よりも2576円安く済みます。

(画像引用元キャレント公式ホームページ)

このように簡単にどちらの無利息期間が良いのか調べることができます。ただし、キャレントの無利息期間を使う場合は無利息期間の適用期間が契約日の翌日からスタートする点に注意してください。

もし、契約日から数日経過した後に借り入れをした場合、無利息期間の適用期間が減ってしまいます。したがって、無利息期間を利用するときは契約翌日からお金を借りることを強くおすすめします。

ここに注意!さらに、どちらの無利息期間も無利息期間中に返済が遅れると、その時点で無利息期間が終了するので注意してください。返済遅れがないようにしましょう。

キャレントは審査結果がすぐにわかって最短即日融資も可能!

キャレントは審査結果を知ることができる時間も幅広いのが特徴です。下記のように土日も8時10分〜9時50分まで審査が可能です。平日仕事が忙しい人は、申し込みと審査を土日の間に済ませて、月曜日にお金を借りることもできます。

キャレントで審査結果を知ることができる時間

  • 通常の時間帯8時10分〜9時50分
  • 毎月第3月曜日8時10分〜19時

お金を借りたい人が一番ドキドキするのは審査結果が判明するまでの時間ですが、結果が判明する時間が長いのはとてもよいことですね。

さらに、申し込み自体は24時間365日可能です。休みがほとんどない人でも申し込みが可能です。

また借り入れ方法や返済方法も銀行口座からの引き落とし、銀行口座への振込・新生銀行キャレントATM・コンビニや銀行のATMからできるので便利です。

 

ここがポイント!!キャレントでは他のカードローンとは違って、Webで最短60分融資も可能です。さらに、申し込みから融資までパソコンやスマートフォンだけで完結することもできます。

21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

営業周りで忙しいサラリーマンの方でも簡単に申し込みからお金を借りることができて便利ですね。このようにキャレントは様々なメリットがあります。

キャレントのデメリットは上限金利が高い点!

キャレントにもデメリットがあり、全ての方にキャレントがおすすめできるわけではありません。

キャレントのデメリット
  • 上限金利が18.00%と高い 銀行カードローンは14.5%の金利が一般的
  • 総量規制の対象になるので専業主婦は借りられない
  • 在籍確認があること

 

キャレントは総量規制の対象になる消費者金融です。したがって、お金を借りる場合年収の3分の1までしか借りられません。それだけでなく、年収が0の場合は、100%お金が借りられないことになります。(0円÷3=0円)

 

ここに注意!つまりキャレントは収入がない専業主婦の方はお金が借りられません。ただし、パートやアルバイトとしてお金を稼いでいる人は年収に応じてお金が借りられます。

 

例えば、年収が100万円の主婦の場合最大で33万円前後までならお金を借りることができます。ただあまり年収が低いと、収入があってもお金を借りられない事もあるので注意が必要です。

 

ちなみに、個人情報について嘘の申告は絶対にやめてください。なぜならカードローンを申し込んだ際に、勤務先に在籍確認として電話が掛かるからです。

在籍確認は、その人が本当に申告場所で働いているのかを確かめる方法です。嘘が発覚すれば間違いなく審査に落ちます。ただ、電話での在籍確認が不安であることを伝えれば、担当者によっては電話連絡以外での在籍確認をしてくれることもあります。

キャレントとカードローン各社を比較!比べてわかった3つの強み!

キャレントは形態がカードローンから消費者金融になっています。ここからはキャレントと銀行カードローン各社を比較してどのような点でメリットがあるのかについて解説します。

キャレントがおすすめなのは借りる金額が少なく、最短即日融資を受けたい人

下記の表はキャレントと主要な銀行カードローン4社を様々な条件から比較したものです。

 

キャレントと銀行カードローン4社の比較

キャレント

三井住友銀行

カードローン

イオン銀行

カードローン

みずほ銀行

カードローン

三菱UFJ銀行

カードローンバンクイック

金利 4.5%〜18.0% 4.0%〜14.5% 3.8%〜13.8% 2.0%〜14.0% 1.8%〜14.6%
限度額 1万円〜500万円 10万円〜800万円 10万円〜800万円 10万円〜800万円 10万円〜500万円
審査に掛かる時間 最短15秒 翌営業日まで 翌営業日まで 翌営業日まで 翌営業日まで
融資に掛かる時間 webで最短60分融資も可能 翌営業日まで 翌営業日まで 翌営業日まで 翌営業日まで
申し込み方法にWEB完結型サービスがあるか あり あり あり あり あり
コンビニATMで借り入れ・返済した場合の振込手数料無料の有無 無料 無料 無料 無料 無料
返済方式 残高スライドリボルビング方式+元利定額リボルビング方式 残高スライドリボルビング方式 残高スライドリボルビング方式 残高スライドリボルビング方式 残高スライドリボルビング方式
最長返済期間と回数 8年(96回まで) 5年毎の自動更新 1年毎の自動更新 1年毎の自動更新 6年6ヶ月(78回まで)
借りた金額が30万円の場合の最少返済額 7000円 6000円 10000円 6000円 6000円
無利息期間などの有無

借入額5万円まで180日間利息ゼロorWebで申し込むと借入額全額60日間利息ゼロ(いずれも契約額1万円~200万円まで)

なし なし なし なし

キャレントは少額だけ借りたい場合や最短即日融資・無利息期間が受けられる点で優れている

まずキャレントが銀行カードローンと比べてどのような点が優れているかについて説明します。キャレントはお金を少額だけ借りたい人や最短即日融資でお金を借りたい人におすすめのカードローンです。

キャレントと銀行カードローンを比較したメリット!!
最短即日融資が可能 10万円未満の借り入れが可能 無利息期間がある

 

ここがポイント!!一番のメリットは銀行カードローンとは違い最短即日融資が可能な点です。銀行カードローンは前述したとおり即日融資が一切認められなくなりました。そのため審査も融資に掛かる時間も翌営業日までまたなくてはいけません。

 

しかし、キャレントは審査に掛かる時間が最短15秒で、Webで最短60分う融資も可能です。急にお金が必要いなった時は、すぐにお金を借りられるのです。

限度額については銀行カードローンの方が多くの金額を借りることができます。しかし、キャレントは借りられる金額が1万円から可能なので、10万円も借りる予定がない人にはおすすめです。

無利息期間のサービスも選べるため、銀行カードローンで借りるよりもお得にお金を借りることができます。銀行カードローンでは無利息期間のサービスをやっているところはほとんどありません。

特に無利息期間は借り入れ金額が28万円を下回れば、毎月の返済金額や回数にもよりますが、お得にお金を借りることができるのです。

以上の点から、キャレントはすぐにお金を借りたい人にはおすすめの方法です。下記に当てはまる方は、他のカードローンよりもキャレントで借りた方が良いでしょう。

キャレントをおすすめできる人
  • 30万円以下の金額を借りる人
  • キャレントの利用が初めてで無利息期間を受けられる方
  • 最短即日融資を受けたい方

 

金利・限度額・最少返済額では銀行カードローンに軍配

次に金利や限度額・毎月の返済金額を少なくしたい人ははキャレントを選ばず、銀行カードローンを選んだ方がお得です。

まずキャレントAlSAを利用したことのある方は無利息期間が利用できません。また借り入れ金額が30万円を超える場合もおすすめできません。

なぜなら銀行カードローンの上限金利14.5%とキャレントの上限金利18.00%では3.5%も金利が違うからです。借りたお金が少額で数ヶ月で返済できるのであれば、利息金額の差は大きくありません。。

しかし、長期間借りることが前提の場合は、金利が高いと利息だけでかなりの金額になります。また初めから限度額を多く借りることが前提の人も、お金を多く借りられれば利息も安くなるので、銀行カードローンがおすすめです。

そして、毎月の返済金額を少なくしたい人も銀行カードローンの方が少しお得です。大手の主要銀行のカードローンなら毎月の返済金額を少なく設定できます。

したがって以下のような方は銀行カードローンでお金を借りた方がお得にお金を借りられます。

 

キャレントをおすすめできない人
  • キャレントを既に利用したことがある人
  • 借り入れ金額が30万円以上
  • 収入がない人(専業主婦含む)
  • できるだけ安い金利でお金を借りたい人

 

キャレントと消費者金融を比較!比べてわかった3つの強み!

ここからはキャレントと消費者金融の比較をします。キャレントは消費者金融です。他の消費者金融と比較してどちらがメリットがあるのか説明します。

キャレントは振込手数料・毎月の最小返済額・無利息期間が選べる点で優れている!

下記はキャレントと消費者金融4社を様々な条件からの比較した表です。

キャレントと消費者金融4社の比較

キャレント プロミス アイフル アコム SMBCモビット
金利 4.5%〜18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%〜18.0% 3.0%〜18.0% 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜500万円 500万円 1000円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜800万円
審査に掛かる最短の時間 最短15秒 30分 30分 30分 30分※1
融資に掛かる最短の時間

Webで最短60分融資も可能

60分 60分 60分 60分※1
申し込み方法にWEB完結型サービスがあるか あり あり あり あり あり
コンビニATMで借り入れ・返済した場合の振込手数料無料の有無 無料 1万円以下は110円、1万円以上は220円 1万円以下は110円、1万円以上は220円 1万円以下は110円、1万円以上は220円 1万円以下は110円、1万円以上は220円
返済方式 残高スライドリボルビング方式+元利定額リボルビング方式 残高スライド元利定額返済 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式 定率リボルビング 借入後残高スライド元利定額返済方式
最長返済期間と回数 8年(96回まで) 6年9ヶ月(80回まで) 13年6ヶ月(140回まで) 9年7ヶ月(100回まで) 5年(60回まで)※2
借りた金額が30万円以下の場合の最少返済額 7000円 11000円 11000円 13000円 11000円
無利息期間などの有無と期間

借入額5万円まで180日間利息ゼロorWebで申し込むと借入額全額60日間利息ゼロ(いずれも契約額1万円~200万円まで)

30日間(借り入れ日翌日から) 30日間(契約日翌日から) 30日間(契約日翌日から) なし

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
※2 ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)

キャレントを他の消費者金融と比べると、以下の点でキャレントは優位に立っています。

キャレントと他の消費者金融を比較したメリット
コンビニの手数料無料 最少返済額が少ない 無利息期間が選べる

まず多くの消費者金融では全国にあるコンビニで借り入れや返済をすると手数料が掛かります。しかし、キャレントは提携しているATMを使えば振込手数料が無料です。

提携しているATMも新生銀行カードローンATMだけでなく、セブン銀行・ローソンATM・コンビニATME-Netがあります。

カードローンでは振込手数料無料があたりまえのサービスです。

お金を借りる人の中には数回で返済しない人もいます。数十回に分けて返済を考えている人にとって、毎月の振込手数料はバカになりません。金額と返済回数によっては、振込手数料だけで1万円行くこともあります。

毎月の最少返済額については他の追随を許さないほど、安い金額で済みます。他の消費者金融では30万円を借りると最低でも1万円以上返済しないとなりません。しかし、キャレントなら7000円から返済することが可能です。

また無利息ゼロサービスは消費者金融では行なっている会社が多いです。しかし、キャレントは選べる無利息があり、場合によっては、キャレント ALSAの方がお得になります。

 

金利や限度額の面では他社より少し劣っているが、ほとんどの人にはデメリットはない!

キャレントが他の消費者金融と比較して負けている部分はあるのでしょうか?結論としては、ほとんどないに等しいです。金利ではプロミスに上限金利が0.2%負けており、借りられる限度額についても他社よりも負けている点はあります。

しかし、0.2%の差は銀行カードローンぐらいの差はなく、そんなに多くの金額を消費者金融から借りる人は多くありませんし、条件も厳しいです。

したがって、キャレントは消費者金融の他社よりもサービスの面でメリットが大きいことがわかります。

キャレントはすぐにお金を借りたい人には十分なカードローン!

いかがでしたでしょうか?キャレントは銀行カードローンから消費者金融になりましたが、むしろ、最短即日融資や無利息期間などの充実ですぐにお金を借りたい人にとってはとても使いやすいカードローンになりました。

キャレントはお金を借りたことがない若い年代の人にはぜひおすすめするカードローンです。またあまり多くのお金を借りる予定がない人も無利息期間を利用すれば他の会社よりもお得にお金が借りられるので、ぜひ申し込んでみてください。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事