人気記事!!
多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金は借りれる?リスクを踏まえた対処法を紹介
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

現在、債務整理中(任意整理、特定調停、民事再生)で返済の最中にいらっしゃる方は、信用情報が金融ブラックの状態になっています。

おおよそ7年間は、金融ブラックとなり、自己破産の場合だと10年にもなります。

信用情報機関を介する審査の場合、通過が困難になり借入をする、ローンを組むといったことが困難になります。

本記事では、新しくお金を借りれる方法を紹介するのと同時に、それに伴うリスクやデメリットを紹介していきます。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金を借りれる方法一覧

お金を借りる方法お金ゲットレベル
(MAX星5)
詳細
中小消費者金融
担当者の判断による独自審査。最短即日、無担保での融資が可能
金融ブラック対応のクレカ
金融ブラック対応のクレカの場合年会費、デポジット型があるため費用掛かる。
給料ファクタリング
いわゆる給料の前借り。働いていればお金を借りれる。ただし、高手数料。
ゆうちょ銀行の自動貸付
定期貯金を担保として貸付をしてくれる方法。
生命保険の契約者貸付制度
現在加入している生命保険を担保にお金を借りる方法。
質屋
自宅にある不要な物を担保として借入する方法
バンドルカード
バーチャルカード。後払いでリアルカードとしても利用可。ただし高手数料
公的機関
用途別の融資制度が満載。必要書類等が多い

上記は、債務整理中、任意整理中の方でもお金が借りれる方法になります。

公的機関以外であれば、即日で融資・借入ができお金を借りることができます。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれる消費者金融

消費者金融実質年率/借入れ限度額特徴公式HP
アロー15.00-19.94%/200万他社と比べ審査が非常に緩い
セントラル4.80-18.0%/300万初回30日間無利息
いつも7.0-18.0%/50万ネットバンキングにて返済可能
ユニーファイナンス12.00-17.95%/300万プロミスのATMで利用可能
フタバ14.959-17.950%/50万初回30日間無利息
中央リテール10.95-13.0%/500万低金利・おまとめローンにも対応

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)の方が消費者金融からお金を借りたい場合は、中小消費者金融と呼ばれる、いわゆる街金からお金を借りたほうが良いでしょう。

大手と違い審査に柔軟なため、過去に金融事故を起こした方でも審査の対象になっています。

もともと地域密着型として貸金業をやっている業者ばかりなので、知名度は低い傾向にあります。

ただ、現代では店舗よりもネットからの申し込みが主流となっているため、店舗を構えずとも全国の方が融資対象となっております。

本記事に記載されている中小消費者金融は全て

  • 都道府県知事から認可を受け登録番号あり
  • 賃金業協会会員で会員番号あり

の業者となっているので安心して申し込みが可能となっております。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でも借りれる消費者金融「アロー」

貸付対象25歳以上65歳以下の安定した収入のある人
即日融資
来店不要
金利15.0~19.94%
限度額200万
貸金業登録番号愛知県知事(3)第04195号
日本貸金業界会員番号第005786号
こんな方にはおすすめ
  • 大手で審査落ちした方
  • 当日、即日での融資を希望の方
  • とにかく内容(金利・限度額等)よりも審査通過率を重視したい方

他の中小消費者金融で審査落ちした方でも、アローなら通ったという報告が多いようです。

ですが、金利は法定範囲の上限に近く高金利、かつ限度額も抑えられているためサービス面よりも即日でお金を用意しなければいけないという方に向いています。

審査最短45分となっており、一次審査に落ちしても連絡が来ない場合は否決の可能性が大きいです。

他社と比較して審査に通り易いようですが、誰でも無条件で通るということではないようです。

目安としては他社借入が5件以上ある場合は、ほぼ審査に落ちるでしょう。

債務整理中(任意整理中)の方であれば返済を1/3以上の返済が完了できている方は優遇されるとの口コミありです。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でも借りれる消費者金融「セントラル」

貸付対象20歳以上で安定した収入があり、セントラルの基準を満たす人
即日融資
来店不要
金利4.8~18.0%
限度額300万
貸金業登録番号四国財務局長(7)第00083号
日本貸金業界会員番号第001473号

こんな方にはおすすめ

  • 利便性の高さ重視(借り入れ・返済が楽)の方
  • 無利息サービスを使って短期的のみお金を借りたい方
  • 人気度を重視する方

当サイト独自の調査で審査の通過難易度は今回ご紹介する中小消費者金融の中ではアローの次に低いと言えます。

セントラルでは初回ご利用の方に対し、契約時から30日間無利息があり、セブン銀行ATMや銀行振込での借入、返済が自由にできるため、利便性においては中小消費者金融のなかでもトップクラスです。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でも借りれる消費者金融「K・ライズホールディングス・いつも」

貸付対象20歳以上66歳未満で安定した収入のある方
即日融資最短30分
来店不要7.0~18.0%
金利
限度額
貸金業登録番号50万
日本貸金業界会員番号
収入証明書50万以上の融資、他社借り入れと合わせて100万を超える場合
こんな方におすすめ
  • 専業主婦、自営業等の方
  • インターネットバンキングを使って返済をしたい方

中小消費者金融では珍しく、インターネットバンキングによる返済が可能です。

初回は最大60日間無利息でご利用ができ、専業主婦や自営業の方も借りれる可能性があります。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でも借りれる消費者金融「ユニーファイナンス」

貸付対象20歳以上で安定した収入のある人
即日融資
来店不要
金利12.0から17.95%
限度額300万
貸金業登録番号東海財務局長(11)第00086号
日本貸金業界会員番号第003412号

んな方におすすめ

  • 大手消費者金融の強みを活かしたい方
  • 使い勝手を優先したい方

大手消費者金融であるプロミスと提携しているため、プロミスのATMでご利用可能というのが大きな特徴です。

プロミスは消費者金融の中でもトップの無人契約機、ATM数です。そのため外出中に急にお金が必要になった場合でも対応が可能です。

また、専業主婦や自営業の方といった属性が弱くなってしまう方も借りれる可能性があります。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でも借りれる消費者金融「フタバ」

貸付対象20歳以上70歳以下の安定した収入のある人
即日融資
来店不要
金利14.959~17.950
限度額50万
貸金業登録番号東京都知事(2)第31502号
日本貸金業界会員番号第000034号

こんな方におすすめ

  • 営業年数が長く信頼度が高い業者を選びたい方
  • 無利息サービスを利用したい方
  • 審査が不安な方

初回のご利用で30日無利息のサービスが適当されます。フタバは他社と違い創業50年以上の老舗消費者金融です。

無店舗型の消費者金融となっており、振込での融資が可能となっています。

2020年2月にHPをリニューアルしており、ますます新規顧客獲得に向けて力を入れています。

ご利用限度額は10万円~50万円までですので、一時的に一定額を借りたい方向けです。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれるクレジットカード

 

セディナカードJiyu!da!は、他社と違い審査に柔軟なクレジットカードです。

キャッシングの利用枠も上限が200万円と高く、セブンやイオン、ダイエーにてショッピングをすると「わくわくポイント」が毎日3倍貯まります。

ポイントも同時に貯めたいという方であればピッタリのクレジットカードです。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれる給料ファクタリング

 

給料ファクタリグとは、給料の前借りのことです。

ただし、現在の勤め先から直接お金を前借りとしてもらえるわけではなくファクタりング会社から指定の口座に入金をしてもらえます。

通常、企業で働いた場合、企業は労働者に「給料を支払わないといけない」という給料債権が発生します。

その給料債権をファクタリング会社が買い取り、所定の手数料を引いた額をもらえるというわけです。

所定の手数料は20〜40%が相場となっています。

なので、20万円が給料だとしたら、4〜8万円が手数料として給料ファクタリング会社に持っていかれてしまいますので、強くおすすめはできません。

これは、どうしてもお金が必要という時に利用するようにしましょう。

また、従業員貸付制度であれば「借入」ということでお勤め先からお金を借りることができます。

信用情報を参照しない福利厚生に入っている融資制度なので、興味がある方はご覧ください。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれるゆうちょ銀行の自動貸付

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用することんよって審査無しでお金を借りることができます。

ゆうちょ銀行口座で貯金をしている、担保定額貯金、担保定期貯金を担保としてお金を借りるため審査が不要というわけです。

預けている金額の90%以内の金額(上限300万円)のお金を借りることができます。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 印鑑
  • 通常貯金の通帳
  • 定期貯金の通帳

上記を持っていけば手続きは完了します。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれる質屋

質屋であれば、銀行や消費者金融の審査と違った審査方法となりますので、最短で1時間でお金を借りることができます。

自宅にある不要なもの(特にお金になりそうな貴金属や時計、宝石、ブランド物が良い)を査定に出し、査定額の70%程度でお金を借りることができるので便利です。

一番のメリットは、返済ができなそうであれば物品をそのまま買い取ってもらうことができ、返済をする必要がない。

一度検討してみてみ良いかもしれない。

大黒屋の店舗検索はこちら

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれるバンドルカード

バンドルカードは、アプリで最短1分で発行ができ、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。

Web上だけでなく、実際の店舗でも使えるように「リアルカード」の発行も可能です。

「プリペイドならチャージしなくちゃいけないから手元に現金がないとダメだよね?」と思われる方もいらっしゃいますが、実は、「後払い」に設定することができます。

所定の手数料を支払うことによって、後払いにできるため利用分は翌月末に銀行引き落とし、もしくはコンビニなどで返済をすることが可能です。

デメリットは手数料の発生と、一度のチャージ上限金額が3万円ということと、月間チャージ金額上限が12万円ということで小さい買い物しかできないという点。

チャージ上限金額をあげたい場合は、年会費がかかってきます。

目先で少額かつ、緊急で必要なものがある場合に使用することをおすすめします。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれる公的機関

公的機関の融資制度を利用することによってお金を借りることができます。

代表的な融資制度を紹介します。

生活福祉資金貸付制度

低所所得者や高齢者、障害者の生活を支援する貸付制度になっています。

■融資までの期間
3週間-4週間程度(貸付予定者の状況による)

総合支援資金

資金の種類概要貸付限度額貸付利子連帯保証人
生活支援費生活再建までの間に必要な生活費用

(二人以上)月20万円以内 (単身) 月15万円以内

連帯保証人あ り 無利子

連帯保証人な し 年1.5%

原則必要
ただし、連帯保証人なしでも貸付可
住宅入居費

敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用

40万円以内

一時生活再建費一時的に必要で生活費で賄えない費用

60万円以内

引用元:生活福祉資金一覧より

社会福祉資金の緊急小口資金

資金の種類概要貸付限度額貸付利子連帯保証人
緊急小口資金緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける小額の費用

(高校)月3.5万円以内 (高専)月6万円以内 (短大)月6万円以内

(大学)月6.5万円以内 ※特に必要と認める場合は、

上記各限度額の1.5倍まで貸 付可能

無利子原則不要
※世帯内で連帯借受人が必要

引用元:生活福祉資金一覧より

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りれる生命保険の契約者貸付制度

契約者貸付制度は、解約返戻金の一部を保険会社から借入できる制度をいいます。

現在、積み立てをしているお金を担保としているため多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)の方でも問題なくお金を借りることができます。

解約をしなくて済むということがこの制度の大きなメリットです。解約をした場合戻ってくるお金が元本割れをする可能性もありますのでデメリットが生じます。

金利も2〜6%程度となっていますので、積立型の保険を利用されている方であれば一度保険会社に相談をしてみると良いでしょう。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)なら身内に協力してもらいお金を借りる

どうしてもお金を借りたいのであれば、親や兄弟、親戚、親友に相談し名義を借りてキャッシングをすることも可能です。

名義を借りようとする方の信用情報に問題がなく、かつ毎月安定した収入があればお金を借りることができます。

名義を借りれる場合には以下の方法でお金を借りることができます。

  • キャッシング・カードローンで借入をする
  • クレジットカードのキャッシング枠で借入をする
  • 現金を借りる

ただし、注意点が必要です。

他人名義でお金を借りる場合、犯罪行為にもなりうります。仮に無断で名義を利用しお金を借りた場合、刑法246条の詐欺罪にあたり、10年以下の懲役となっています。

トラブルがないよう以下のことは最低でも実施しましょう。

  • 返済期日を決める
  • 返済額を決める
  • 返済プランを決める
  • 借用書や契約書を作る

名義を借りるということは、賃金業者からすると、その名義の方に対して返済義務が生じます。

迷惑が掛からないように慎重に考えてください。

まだ、債務整理(任意整理)をしていないなら「おまとめローン」で借金の一本化も検討してみては!?

たくさん借金をしていて返済に手が回らない…

債務整理(任意整理)以外にも借金の返済を楽にし完済できる方法があります。それが「おまとめローン」です。

例えば下記のようにA社・B社・C社の3社から借金をしているとします。

おまとめローンを行う事により下記のことが可能になっています。

  • 毎月の返済額を抑えることができる
  • 返済額の利率を下げ返済額総額を抑えることができる

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でも借りれる消費者金融「おまとめローンの中央リテール」

貸付対象複数の貸金業社に債務のある人
即日融資
来店不要不可:来店必須
金利10.95~13.0%
限度額500万
貸金業登録番号東京都知事(3)第31283号
日本貸金業界会員番号第005560号

こんな方におすすめ

  • 既に複数の業者から借り入れをしている方
  • 借金の返済額を抑えたい方
  • 借金を管理しやすくしたい方

中央リテールは、おまとめローン専用の総量規制の対象外であるため比較的他の中小消費者金融と比べ高い金額と低金利で借りることができます。

おまとめローンが強い消費者金融ですので、既に複数からの借り入れがある方にはお勧めです。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)の方が新たにお金を借りることはリスク

弁護士との契約解除の可能性あり

任意整理中の借金返済を遅延した場合、賃金業者は債務者(お金を借りている人)へ催促の連絡はしません。

任意整理をしているということは、債務者に連絡を一切しない、というルールも和解のなかで結んでいるからです。

ということは、返済を遅延した場合、賃金業者は弁護士に連絡をします。

任意整理中にお金を借りて借金返済の遅延が出た場合、弁護士に連絡がいき債権者(お金を貸している人)との契約が解除される可能性が出てきます。

さらに、一度契約が解除された賃金業者と再度任意整理で和解をすることはハードルが高くなります。

弁護士にて再度任意整理を依頼しても断られる可能性が出てくるわけです。

新たな手間と費用が掛かる

仮に借金返済ができず、二度目の任意整理での和解契約を結んだとしても、依頼している弁護士に再度、弁護士費用を払う可能性もでてきます。

弁護士費用相場
1社20,000-50,000円
2社目以降1社につきプラス10,000円
弁護士への報酬減額の2割

上記はあくまでも大まかな費用です。

当然ですが、借金の額、借金している件数によっても変わってきます。

また、弁護士に支払う報酬ですが、これは弁護士が自由に値段を設定できるよう、弁護士協会にて決まっていますので依頼する弁護士によっても若干変わってきます。

「期限の利益を失う」より一括返済を求められる

弁護士が賃金業者と任意整理で和解契約を締結した際には、「借金返済の滞納が2,3ヶ月続いた場合、期限の利益を失う」という条項(ルール項目)も設定しています。

簡単に申すと借金返済の遅延(2,3ヶ月)が続いた場合、一括返済を求められるということです。

滞納期間大半のケース
1ヶ月1ヶ月のみなら、そのまま任意整理を継続
1-2ヶ月賃金業者に弁護士から説明をして頂き再和解
2ヶ月以上一括返済を求められる

期限の利益を失った場合、債権者は借金を一括返済するように通達することが可能になりますので場合によっては訴訟を起こされる可能性だってでてきます。

自己破産の免責が下りづらい

民事再生や自己破産は裁判所を通して「現在あるすべて借金」を整理します。

すべての借金ということは、当然特定の会社に損をさせないために設けているルールです。

このように裁判所では平等性ということを重要視されるため、新たにお金を借りた場合、自己破産を行うための免責が下りない可能性が出てきます。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)時の信用情報掲載機関

■信用情報の異動情報保管期間

JICCCICKSC

滞納(60日、もしくは3ヶ月以上)

1年5年5年

強制解約

5年
代位弁済5年
任意整理・特定調停・民事再生5年5年5年
自己破産5年7年10年

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)でもお金が借りるには?

大手の消費者金融や銀行カードローンでは事故情報(異動情報)が残っているうちは借りることはまず出来ません。

これは大手の消費者金融・銀行では過去の情報から機械的に判断し、システムによって申し込み希望者を点数化しており、事故情報は大きなマイナス点となるためです。

大手消費者金融や銀行カードローンではなく、もっと規模の小さい中小消費者金融であれば独自の審査基準が設けてあり、大手と比べ審査難易度を緩く設定されているため、多重債務ブラックの方や債務整理中(任意整理中)の方でも借りれる可能性はあります。

中小が行っている独自審査について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

街金の”独自(自社)審査”なら金融ブラックも借りれる可能性大の理由を解説

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)の方が借りれる前に見直すべきこと

債務整理を終えていない状態で新たに貸金業者からお金を借りることには大きなデメリットが生じます。

まずはそういった状況になるパターンを考察していきます。

生活費と収入のバランスは合っていないか?

生活費と収入のバランスはとても大切です。

例えば、住宅費は、収入の28%、おおよそ3割程度の額が目安とされております。仮に下記の状況を想定します。

月の給料の手取りが20万円

  • 20万円×0.28=56,000円

残り月に144,000円しか使う事ができないのです。

他にも電気、ガス、水道、携帯、インターネット代、外食費等を考えるとこの家賃でも高いと感じるくらいです。

まず、どこか見直すべき点はないのか客観的に確認をしましょう。

きっともっと借りずに済む方法があるかもしれません。

節約を心掛ける

いくら一定額の収入があっても、支出が多すぎていては借金返済に追い付かないのは当然です。

節約のために衣服や食などを好きでもない物で代用し、我慢することは非常に大きなストレスになります。

ですが、現状は、債務整理をしているという状態です。

その部分を見直すことができないということは、今後もこの状態から抜け出すことは非常に難しいのではないでしょうか。

まずは債務整理を終えるまでだけでも、毎月掛かってくる支出を徹底的に見直し、本当に必要なものであったか、これでなければいけなかったか、精査することが重要です。

副業を検討する

どうしてもお金が足りないということであれば、収入を上げていくということも視野に入れる必要があるかもしれません。

副業として早朝や深夜のバイト、プログラミング等のスキルがある方でしたらネットビジネスも可能です。

ネットビジネスの場合、スキルを売るためのサイトも増えており、クラウドワークス・ランサーズ・ココナラといったサイトで自分の得意を売るといったことが可能です。

ココナラは占いとデザイン関係が需要の大半を占めているため、これらの知識や技術があるのであれば挑戦してみる価値があります。

医療費がかさむケース

いくら節約をした生活を意識していたとしても、必要な医療受診のためにお金を削る訳にはいきません。

ですので、医療に関する制度の知識をしっかり学び、一定の支出を抑えることを心掛けることが大事です。

手術や入院で高額な医療費が掛かって生活が苦しくなっているという話がよくありますが、そういった状況にいる方の中には以下にご説明致します。

高額療養費制度を活用

医療を受診すると、加入している保険(国民健康保険、協会けんぽ、組合)と窓口負担(ご自身の実費負担分)の2つからお支払いしている形になります。

  • 例)3割負担の方が1万円の医療を受信した場合

窓口で3千円お支払いし、保険証提示で加入している保険から残り7千円を払って頂く。
この窓口負担分が手術や入院でかさんでいくと、月に何万円、十数万円と掛かってくることになり、生活を圧迫してくるのです。

これを解決するための手段が高額療養費制度で、月当たりの窓口負担分が一定額を超えた場合に還付されます。

問題は窓口分は一度全額支払い、申請してから数か月後に還付という形で払い戻される方法ということです。

ですので、還付されるまでの間は支払い額に圧迫されることになります。ただし後に戻ってくることから、一時的な支払いということで計画は立て易いかもしれません。

限度額適用認定証を申請

高額の医療療養費が掛かることが予め分かっている場合には、限度額適用認定証を申請しておきましょう。

窓口負担金を一定額以上支払わなくても済むようになります。

高齢者向けのはり・きゅう・マッサージ施術券を申請

自治体によりサービスの内容にかなり差があり、実施していない自治体もありますが、ご自身の地域ではどのようなサービスがあるのか役所などに問い合わせてご確認下さい。

御身体の状態によっては代替医療の方が効果が出る場合もあるかもしれません。

そういった時にはこういったサービスをご活用下さい。

これら医療に関する制度は毎年いろいろと更新されるため、

で確認し、役所で相談するなどして新しい情報を得るようにしておく必要があります。

また、下記も厚生労働省が出しているページなので、確認しておくと良いです。

保険料の支払いがきついケース

加入保険の見直しはされてみましたか。

同じ条件でも保険会社によって掛け金に差があるものです。ご自身の取り巻く環境から必要な部分に焦点を合わせ、比較を行い無駄を省きましょう。

場合によっては積み立て型から掛け捨てタイプに変更するのも選択肢の一つです。

毎月の掛け金が大きく下がります。それに今まである程度積み立てて来られた方でしたらそれなりの金額が戻ってくる場合もあります。

そしてここがポイントなのですが、保険の見直し時には自己アフィリエイトを積極的に活用するようにしましょう。

自己アフィリエイトでは保険見直しの相談をするだけで契約が成立しなくても1回1時間ほどで約1万円前後相当のポイントが貰えるのです。

このポイントは最終的に現金に換えることが可能なため、割りの良い副業という位置付けで知られています。

複数の保険会社でご利用出来るため、全て行えば10万円ほど稼ぐことも可能です。

有名なところではA8ネットというものがあり、自己アフィリエイトを行うための方法も詳しく説明されています。

冠婚葬祭による突然の出費によるケース

  • 大切な人をお祝いしてあげたい
  • お世話になった人へ感謝の気持ちを乗せたい
  • 付き合いとしてある程度は包まなければいけない

そんな心境や事情からそれなりの金額をお渡ししたいとしても、今の現状を振り返りましょう。

今、人に何かしてあげれる状況でしょうか。最低限の金額に留めておきましょう。

ちなみに別サイトで目安となる金額のページがありましたので紹介します。

こういったパターンの方たちについては、それぞれまず先に行うべき対策がありました。

そして繰り返しますが、借りなければ生活が成り立たない状況なのであれば、その環境下では借金から逃れることは出来ません。

ですからまずは環境を変えることが出来るか否かをしっかりと見つめ直し、その上で一時的に必要な最小限の金額で検討していくことをお勧め致します。

多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)の方が絶対にやってはいけないこと

闇金業者に手をだす

中小消費者金融を探す上で気を付けておかなければならないのが甘い言葉で勧誘してくる闇金業者です。

闇金業者とは法外な利息で貸付を行う業者のことです。

自己破産や個人再生を行うとその情報が日本国の機関紙(広報誌)である菅報に個人情報が掲載されることになるのですが、ヤミの金融業者はそれによって得た個人情報(住所や氏名)を元にDMを送るなどして接触を図ってくるようです。

その為、何とかして今借りなければならないという人にとってかなり良いタイミングで勧誘してくることになるのです。

債務整理を行うと借り入れは中々出来るものではありませんから、そんな時に狙いをすまして他所では無理でも自分のところなら借りれると言われると、つい意識がそっちに向かってしまうかもしれません。

ですがその甘い言葉に惑わされてしまうと法外な金利によってその後の人生において、取り返しの付かないことに成り兼ねませんから、聞き慣れない名前の業者には注意をして下さい。

そもそも法外な商売をしているようなところですから、取り立てもまともではありません。

家族や友人・知人、職場なども巻き込んで取り立ててくるため、人間関係の崩壊や職を失うといったことも十分考えられます。

そうして自分を取り巻く環境が壊されてしまえば稼ぐ場を失うということですので返済はさらに難しくなるという負の連鎖に嵌ってしまうのです。

法律では金利年20%以内と法律によって定められており、闇金業者はそれを上回る法外な金利を課してきます。それが1つの判断基準になります。

しかし登録をしてある正式な貸金業者であっても、この法律で定められた年20%を上回る金利であれば真っ当なところではありませんから、こういったところも利用しないように気を付けなければいけません。

闇金業者かどうかは登録をしているのかしていないのかをまずは確認することが大事です。

こちらの

からご確認いただけます。

そしてもう一つ気を付けなければならないのが、今回ご紹介する正規の消費者金融と同じ名前を名乗り誘導している闇金業者が多いということです。その対策として、DMで送られてきた案内には絶対に返さないということが重要になってきます。

個人間融資

個人間融資とはその名の通りではありますが、銀行や消費者金融などの貸金業者からお金を借りるわけではなく一般人同士がお金の貸し借りをすることです。

あくまでも個人同士のやりとりのため当然信用情報を参照されることもなく多重債務ブラックや債務整理中(任意整理中)であろうと問題なくお金を借りることができます。

ただし、トラブルが多く年々増えていっているのも事実です。

2000年〜2010年は個人間掲示板というものが主流となっておりましたが、2010年以降はSNSが流行しており、「#(ハッシュタグ)個人間融資」という投稿をすることによってお金を借りたい方を集めている傾向にあります。

国民生活センターによれば、個人間融資をめぐる被害相談は2011年ごろから年から増加傾向にあり、2018年には20件ほどに増えています。

2019年11月からはツイッターの公式アカウントで個人間融資を持ちかけているツイートに対して、貸金業法に抵触する恐れがあるという趣旨の返信を金融庁がおこなっていますが、それでもまだまだ詐欺が多いの実態です。

トラブルの種となりますので個人間融資は絶対行わないようにしましょう。

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用しお金を作る方法です。

実際に現金化する方法を例としてあげます。

  1. クレジットカードのショッピング枠を利用して金券(ギフト券など)を購入
  2. 手元に届いたら近くの金券ショップで売る
  3. 現金を手に入れ完了

こちらは、買取式と呼ばれるクレジットカードの現金化です。ギフト券などは、金券ショップで高い還元率でお金を手にいれることができます。

他にもキャッシュバック式と呼ばれる方法もあります。

クレジットカード現金化をおこなう業者が、ある商品を高額で購入し、現金を得るという方法です。

上記のような手法は、完全に法律違反というわけではなく、グレーゾーンになります。

例えば、「金券をプレゼントする予定でクレジットカードで購入をしたが、渡せなくなたため売った」ということが違法になるかと言われると必ずしもそうではありません

法律では、明確に取り締まることが困難です。

ただ、法律では取り締まっておらずともクレジットカード会社の利用規約では違反行為とみなされます。

その場合、クレジットカードの解約に繋がってしまい、クレジットカード会社から一括返済を求められる可能性もあります。

また、債務整理中(任意整理中)の方が今後自己破産も検討して場合、破産法第252条第1項第2号の「不当な債務負担行為」 と判断され、裁判所から免責(借金の免除の許可)が認められない可能性もでてきます。

クレジットカードの現金化は行わないようにしましょう。

最後に、これからのためもう一度だけご確認下さい

今回ご紹介致しました中小消費者金融は非常に借り易いところです。

安易に借りてしまいそうになるかもしれませんが、根本的な解決策というものを考えていかなければ、その後の人生で待っているのは抜け出す事の出来ない一生続く借金返済の道ではないでしょうか。

ただ、今の現状を変えるため解決策を考えるにもいろいろな情報や知識が必要ですから、多方面からヒントになりそうなものをご提案させて頂きました。

まずは目の前の現実を直視する勇気を持ち、現実をしっかりと受け止め、今後も含めた計画的で現実的な解決法を考えてみることをお勧め致します。

考えることさえ止めなければ、まだ気付いていない別の解決策が見付かるかもしれません。

何度もお伝えしてきましたが、借りることは簡単です。ですがこれが一番の解決方法であるのか、その選択を間違えないようにだけはして頂きたいと切に願います。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事