人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「毎月の借金の返済額が収入を圧迫して生活費を捻出することが困難になっている」

「借金を返したいがその方法が分からず、ずるずると今の生活を続けてしまっている」

そんな悩みを抱え、毎月の返済日が来る度に憂鬱な気分になっている方はいらっしゃらないでしょうか。今回の記事では、借金の返済を少しでも楽にする方法をご紹介し、解決へのお手伝いをさせていただこうと考えています。

スポンサーリンク

自分の借金状況を把握し見直す

まずはご自身の借入先や借入総額、約定金利(利息額)は正しく把握しているのでしょうか。

もし、毎月の返済に追われていて、把握できていない場合に必要なのは自分の現在の借入状況にしっかりと向き合うという作業です。

以下の手順で向き合うとスムーズですので参考にして下さい。

  1. 借入総額と借入先を確認する
  2. 毎月の収入から返済可能額を計算する
  3. 利息を計算し返済をシミュレーションする

借金生活の見直し方①:借入総額と借入先を確認する

まずはどこから借り入れているのか正しく把握することからスタートします。

必要な項目は現在の「借入額」「約定金利」「毎月返済額」「毎月返済日」の4点です。

もし、借入額などの詳細が不明の場合は、直接電話すると借入金額を照会可能である場合がほとんどですので利用しましょう。

また、借入先が和歌ならないという場合は個人信用情報機関に問い合わせ、開示請求を通じて情報を得る方法もあります。

個人信用情報機関は3機関存在しており、借入先企業の業界によって利用している信用機関が異なっているのが一般的です。

信用情報機関名 主な加盟企業の業種・業態
株式会社日本信用情報機構(JICC) 消費者金融・クレジットカード会社
株式会社CIC 信販会社・クレジットカード会社
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 全国の銀行

借金生活の見直し方②:毎月の収入から返済可能額を計算する

ご自身の借入総額の情報が明らかになったら、続いては、今後の返済計画を考える必要があります。

まずは毎月の収入額の手取り額を算出します。

手取り額は一般的に「給与」として銀行に振り込まれている金額です。

その金額から家賃・食費・光熱費・保険代・新聞代などの固定費や毎月必要となる金額を引きましょう。

その残った金額から返済可能額を算出します。

収入からどの程度までの金額であれば返済に回すことが出来るのかを計算し、毎月の収支を見直しましょう。

借金生活の見直し方③:利息を計算し、返済をシミュレーションする

返済が始まった当初、毎月返済をしっかりとしているのに借金がなかなか減っていかないと感じることがあるかもしれません。

返済する上で重要なことはいかに早く元金を減らすか、です。

毎月返済している額には元金の他に利息も含まれています。

利息は一般的に以下の式で算出されます。

 利息の算出式

利息=元金×約定金利(実質年率)÷365日×借りた日数(借入期間)
例えば、実質年率10%で100万円借り入れた場合の1ケ月に支払う利息はいあの通り計算されます。
100万円×0.10÷365×30日間=8219.1…円
上記のようになり、月々の返済額が3万円だったとすると、利息8,291円を返済額から引き、実際には元金を約21,780円しか返済していないということになります。
つまり、元金が多く返済されていないので、次月は100万円から約21,780円を差し引いた元金額で再度利息計算をすることになるので初めのうちはなかなか借金が減らないのです。
状況を打破するため、ネット上にある返済シミュレーションを利用して、今後自身が支払う利息や返済期間を把握し、他に条件の良い借り換えローンなどが紹介されれば、そちらに移ることも良い方法ではないかと考えられます。

借金生活から抜け出す為の上手な返済方法とは

さて、出来る限りの下準備をしたら、いよいよ返済日に追われているだけの借金生活から抜け出す為の方法に話を移しましょう。

具体的にはどのような返済方法が解決策としてあるのでしょうか。

当サイトでは以下の6つの方法を解決策として提案したいと考えています。

【借金生活から抜け出す為の6つの返済方法】

  1. おまとめローン・借り換えローンを利用する
  2. 退職金を利用する
  3. 親・親族や友人に借りて返済する
  4. 保険の解約返戻金で返済する
  5. 副業をして増えた収入で返済する
  6. 債務整理を行う

借金生活から抜け出す為の返済方法①:おまとめローン・借り換えローンを利用する

まず初めに紹介する方法は銀行や消費者金融の提供している「おまとめローン」や「借り換えローン」を利用する方法です。

この2つのローンは現在の借金の金利を見直し、月々の返済額を減らす方法や複数の借入がある場合、全ての借入をまとめて借り直し、金利を下げて返済業者を1社にまとめる方法を取る商品です。

返済日を1日にまとめられるメリットや金利を下げることで返済負担を減らすことが出来るメリットがあります。

この商品を利用する際の注意点としては、借金をまとめたからといって借り入れた原本の金額が減るわけではないということです。

また、まとめた際に返済期間が長くなってしまうこともあり、その場合、金利が下がったにも拘らず支払う利息が多くなってしまう場合があります。

そのようなことにならないようにする為にも、返済シミュレーションを必ず実施し、返済額の総額が少なくなるのかまで気を配って選ぶと良いでしょう。

しかし、現在の生活水準が苦しく、将来的な返済総額が増えてもいいので、現在の月々の返済額が減るなら助かるということであれば、選択するのも良い判断ですが、お勧めはしません。

 おまとめ・借り換えローンのメリットとデメリット

【メリット】
  • 毎月の返済額を減額できる
  • 返済日をまとめることが出来るので、スケジュール管理や精神的負担が緩和される
【デメリット】
  • 金利が大きく下がらないと元本返済が遅くなる
  • 返済期間が長期化すると支払利息が増え、返済総額が増える

また、おまとめローンについては更に下記で詳しく記載をしておりますので、宜しければそちらもご覧ください。

借金生活から抜け出す為の返済方法②:退職金を利用する

現在、返済にお困りの方が60歳前後でお勤めの会社が定年退職となる場合などは、退職金が出る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

定年退職時に関わらず退職時に退職金が支給される会社にお勤めの場合、一括返済をすることが可能である場合があります。

一括で返済する分は元本の「繰り上げ返済」となりますので、利息がかかりません。

その為、利息負担が減少しますので総返済額も減少するので、金銭に余裕があれば退職金にこだわらず、試してみても良いのではないでしょうか。

しかし、退職後に次の勤務先が決まっていなかったり、数カ月を過ごせる蓄えがなかったりする場合、この方法は返済後の生活をかなり危険なレベルにまで追い込む可能性があるということを知っておくと良いのではないでしょうか。

特に定年退職後の老後資金として退職金を受け取っている場合、怪我や病気で入院したり、介護が必要になったりする等の突発的なケースも存在しますので気を付けてください。

退職金を返済に充てるメリットとデメリット
【メリット】
  • 繰り上げ返済で利息は軽減するので総返済額は減少する
  • 返済期間が短くなる
【デメリット】
老後の資金繰りが苦しくなる
全額返済をすると突発的な支出に備えられない

また、別の記事にて退職金について解説をしています。

借金生活から抜け出す為の返済方法③:親・親族や友人に借りて返済する

親や親戚、友人の力を借りることも一つの手だと知っておくと良いのではないでしょうか。

借金生活をしていく上で返済者の方々を苦しめ、借金生活が長引く原因となるのは「金利(支払利息)の高さ」です。

自身の周囲に親族や友人に借金の悩みを打ち明け、返済に力を貸してくれる方がいらっしゃるのであれば、精神的な負担もかなり軽くなりますし、利息を気にする必要もほとんどありません

しかし、注意点として110万円を超える金銭の受け渡しは贈与税が発生する可能性があります。

利息が発生しなくても、借り入れた事実と毎月の返済金額を明記した紙を準備しておくことをお勧めします。

また、そもそも金銭を借りるということは相手からの信頼を失うことに繋がりますし、返済などが滞れば、これまでの関係がどれほど良好であったとしても関係悪化は避けられないでしょう。

親族・友人にお金を借りて返済するメリット

【メリット】
  • 利子が非常に安いか不要になる
  • 精神的な負担が業者に対してよりも小さい
【デメリット】
  • 書面なしでの110万円以上の借入は贈与税となる場合がある
  • 人間関係の悪化(信頼の喪失)

借金生活から抜け出す為の返済方法④:保険の解約返戻金で返済する

現在、生命保険などの契約を持っている場合、その保険を解約すると「解約返戻金」という金銭が返ってきますので、そのお金で返済するという方法もあります。

また、付随するメリットとして解約することで月々の保険の支払いも無くなるので、そちらも返済に回すことが出来ます

一度保険を解約してしまうと、新規で保険に入る為の審査が厳しくなったり、年齢によっては保険料が割高に設定されてしまいます。

しかし、現在の生活が出来ない場合は将来の保険の心配よりも現在の借金を何とかしないといけないという発想をお持ちになることが大切なのではないでしょうか。

あまり大々的にお勧めする方法ではありませんが、解約返戻金が一定以上あるのであれば検討してみても良い考え方なのではないでしょうか。

保険金で支払うメリットとデメリット

【メリット】
  • 保険を解約するので、月々の保険金負担が減る
  • 返済が楽になる
【デメリット】
  • 一度解約すると、同じ契約を結ぼうとしても前回より割高になる
  • 入院や手術をした際に補償金等が出ない

保険に入っているけど、”解約返戻金”という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思いますので、別記事にて詳細を説明しています。

借金生活から抜け出す為の返済方法⑤:副業をして増やした収入で返済する

続いてはご自身の稼ぐ力で収入を増やし、可処分所得を増やすことで現在の生活レベルを維持しながら返済をスムーズに行う方法です。

昨今の副業を行うことを解禁する流れに乗って、多くの企業が副業可の働き方を提示し始めています。

副業で行う仕事は自身のスキルアップにもつながる仕事を選ぶと良いでしょう。

副業サイトには1日数分・数円の報酬の簡単な作業から、時給換算すると2000円を超える専門的な仕事まで様々な募集があります。

特別な資格をお持ちであれば、その資格を活用した高収入の仕事も得られるのではないでしょうか。

しかしながらこの方法も「会社にばれてしまった」という事例や「夜中に作業をしすぎて本業に支障が出てしまった」等のトラブルも抱えています。

大きな収入を得ることを目標にするのではなく、毎月の返済額分を稼ぐつもりで行うと目的もはっきりとしており、良いのではないでしょうか。

副業成功のポイントは無理することない日数(休日のみなど)で、無理のない時間帯で行うことが鉄則です。

もし、年間20万円以上の所得を得た場合は、確定申告が必要になります。

その際に住民税を「普通徴収」で申請をしないと、現在勤めている会社に金額が大きくなった住民税通知が届き、副業がばれてしまうことになりますので注意してください。

副業より発生した収入で返済するメリットとデメリット

【メリット】
  • 自身のスキルアップになる
  • 慣れれば増えた分の収入で返済が可能
【デメリット】
  • 収入を上げすぎると会社にばれる可能性がある
  • 年間20万円以上の所得で確定申告が必要になる
  • 夜中に仕事をしすぎて本業に支障が出ることがある

副業について更に詳しく知りたい方は、下記の記事で一覧化をしております。即日で手に入る方法等も記載をしていますので、興味がある方はご覧下さい。

副最新副業60選!!目的別で今すぐにお金を作る・稼ぐ方法を一覧化!!初心者でも最低月10万円は即日で現金化!!

借金生活から抜け出す為の返済方法⑥:債務整理を行う

最終手段として君臨しているのがこの債務整理という法律的な解決方法です。

一般的に債務整理と呼ばれている方法は以下の4種類になります。

  1. 自己破産
  2. 任意整理
  3. 特定調停
  4. 個人再生

これらの方法の特徴をまとめると以下のようになります。

処理方法 処理に裁判所の必要性 専門家の必要性 返済までの期間 信用情報へのダメージ 費用の相場
自己破産 必ず必要です。 弁護士・司法書士 免責 最大10年間掲載 30~80万円
任意整理 必要ありません。 必ず必要ではありません。 3~5年間・一括返済 5年間掲載 1事業者当たり2~3万円+減額報酬(減額した額の10%~20%)
特定調停 必ず必要です。 裁判所所属の調停委員 3~5年間 5年間掲載 5万円~10万円程度
個人再生 必ず必要です。 必ず必要ではありません。 3年間(最大7年まで延長可) 最大10年間掲載(7年程度) 50万円~

債務整理は全ての方法が借金をチャラにする制度というわけではありません。

もちろん借金をゼロにしてやり直したい方の為に「自己破産」という制度がありますが、手続きも、審査も難解で文字通りの最終手段となっています。

基本的には法律家を頼って債務整理の道を探り、減額された借金をコツコツ返済するのが借金生活から抜け出す最短ルートとなります。

問題点としては債務整理を実施すると個人信用情報に事故情報(異動情報)が登録される場合がほとんどであり、その期間は5年から10年と長期となる為、その期間新規の借入やクレジットカードの発行等を行うことは出来ません。

債務整理で返済するメリットとデメリット

【メリット】
  • 返済方法や金利の変更で月々の返済負担額が減額される
  • 返済が遅れていたことによる督促から解放される
  • 専門家に依頼すれば根本的解決に繋がる道を示してもらえる
【デメリット】
  • 弁護士や司法書士を雇うのに高額な費用が必要になる
  • 信用情報に傷がつくので債務整理後の生活再建が大変

債務整理についてはこちらも下記にて詳しく記載をしています。

債務整理(任意整理)検討中の方必見!!メリット・デメリットや費用の相場とは?

月々の返済が難しくなったらどうすればいいのか

借金生活を抜け出したいと考えていても、なかなか思ったようにはいかないのが現実です。

今月は出費が多いと考えているうちに返済日が迫ってきて、口座の残高を確認すると残高不足となっていることが判明、ということもあるかもしれません。

月々の返済に遅れてしまう場合は、前もって業者に連絡をすることが重要です。

そして、何より返済日までに連絡することが重要です。

その連絡があるかどうかだけでその後の対応も変わってくる場合もあります。

貸金業者が最も嫌がるのは「借入を行った人と連絡が取れなくなってしまうこと」です。

支払を延滞状態で放置することは、業者としても不信感を募らせますし、社機械人のマナーとしてもやってはいけないことです。

前もって相談すれば多くの貸金業者は返済の相談に乗ってくれるので、安心して相談しましょう。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事