人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

横浜銀行と言えば、地方銀行の中ではトップクラスの規模と知名度のある銀行ですよね。

そんな横浜銀行には「横浜銀行カードローン」があります。

今回はこの横浜銀行カードローンの特徴やメリット&デメリットを詳しく解説し、どのような人にお勧めできるのかをお伝えしています。

「横浜銀行カードローンに興味がある!」という人の役に立つ内容となっていますので、申し込みを検討中の人や、カードローン選びに迷っている人はぜひ参考にしてください。

目次

スポンサーリンク

横浜銀行カードローンの貸付条件&特徴

まずは横浜銀行カードローンの貸付条件と特徴を確認していきましょう。

横浜銀行カードローンの貸付条件は以下のとおりです。

借入限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
金利 年1.9%~14.6%
使いみち 事業資金以外
契約期間 1年(1年ごとの自動更新)
借入方法 当座貸越
返済方法 毎月10日に返済指定口座から自動引落し
担保・保証人 不要(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証)

特徴は限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借入が可能であり、使い道も基本は自由といった点が上げられます。

  • 生活資金
  • 交際費
  • 娯楽費用
  • 旅行費用
  • 他社借入のおまとめ

など様々な利用目的で借入が出来ます。

また、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)」が保証業務を担当してくれますので、担保や保証人は不要です。

横浜銀行カードローンのメリット

横浜銀行カードローンのメリットは以下の7つです。

  • 横浜銀行の口座アリなら申し込みが楽チン!
  • 消費者金融よりも低金利なので利息を抑えやすい!
  • ATM手数料がいつでも何度でも無料!
  • 利用できるATMが多い!
  • 毎月の返済額が低いので余裕を持った返済が可能!
  • 限度額は最大1,000万円とタップリ!
  • ネットバンクをお持ちなら24時間振替での借入が可能!

横浜銀行の口座アリなら申し込みが楽チン!

横浜銀行の口座をお持ちの人なら「WEB完結契約」が利用でき、申し込み~契約までネットで完結出来ますので申込手続が非常に楽チンです。

WEB完結契約の場合、横浜銀行のキャッシュカードを用意し、申し込みページにて本人確認を行なうだけで申し込みが完了します。

その為、本人確認書類の提出が不要となるというメリットがあるのです。

こうしたことから、限度額50万円以下であればその他の書類も必要なく、キャッシュカードと簡単な入力情報だけで申し込みが完了します。

また、限度額50万円超を希望する場合は収入証明が必要ですが、その提出もWebで可能ですので手間はかかりません。

消費者金融よりも低金利なので利息を抑えやすい!

横浜銀行カードローンの金利は「年1.9%~14.6%」であり、上限金利が14.6%ですので、消費者金融よりも低金利で借入できる可能性が高いです。

以下のように大手消費者金融の上限金利は18.0%が相場となっています。

業者名 金利
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
レイクALSA 年4.5%~18.0%

カードローンの金利は新規契約時の場合、上限金利に設定されることが多いです。

この為、上限金利の低いカードローンの方が低金利で借入れができる可能性が高いんですね。

横浜銀行カードローンの場合、上限金利が14.6%ですので18.0%が相場である大手消費者金融よりも3.4%も低くなっています。

そうしたことから、消費者金融よりも低金利で借入ができ、利息も抑えることができる可能性が高いのです。

例えば、20万円を借りた場合ですと、14.6%と18.0%では以下のような利息差がつきます。

返済期間 14.6%(横浜銀行カードローン) 18.0%(大手消費者金融)
1年 29,199円 36,000円
2年 58,399円 72,000円
3年 87,599円 108,000円
4年 116,799円 144,000円
5年 145,999円 180,000円

※「利息=借入額×金利÷365×返済期間」で算出

ご覧のように金利14.6%と18.0%では、利息にかなりの差があることが分かりますね。

このように、横浜銀行カードローンは消費者金融よりも低金利であり、利息も抑えられる可能性が高いというメリットがあるのです。

ATM手数料がいつでも何度でも無料!

ローンカード利用時のATM手数料が完全無料もなるというメリットもあります。

以下のATMでは利用時間や曜日、利用回数に限らず利用手数料が完全無料になります。

  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
  • イオン銀行

カードローンの場合、提供元の銀行以外の提携ATMで利用すると手数料が発生するケースがあります。

しかし、横浜銀行カードローンでは自行のATMはもちろん、セブン銀行・ローソンATM・イーネット・イオン銀行の4つの提携ATMでも利用手数料は一切発生しません。

利用できるATMが多い!

ローンカードを利用できるATMが多いというのも強みです。

横浜銀行ATMだけでなく、コンビニATM、銀行、信用金庫など多くの提携金融機関で利用可能です。

また、小田急線全70駅に設置されている横浜銀行のATM(ステーションATMプラスバンク)でも利用ができます。

この為、利用したい時に不便を感じずに利用できるというメリットがあります。

毎月の返済額が低いので余裕を持った返済が可能!

毎月の返済額が低いので返済負担も軽く出来るというメリットもあります。

横浜銀行カードローンの月々の返済額は以下のようになっています。

借入額 毎月の返済額
2千円以下 前月の定例返済後の借入残高
2千円超 10万円以下 2,000円
10万円超 20万円以下 4,000円
20万円超 30万円以下 6,000円
30万円超 40万円以下 8,000円
40万円超 50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 200万円以下 25,000円
200万円超 250万円以下 30,000円
250万円超 300万円以下 35,000円
300万円超 350万円以下 40,000円
350万円超 400万円以下 45,000円
400万円超 450万円以下 50,000円
450万円超 500万円以下 55,000円
500万円超 以降100万円増加するごとに60,000円に5,000円加えた金額

上記のように最低2,000円からとかなり低めの返済額になっているため、毎月の返済負担を抑えやすくなっています。

限度額は最大1,000万円とタップリ!

横浜銀行カードローンの限度額は最大1,000万円と、大手の消費者金融や銀行カードローンと比較しても高めです。

カードローンタイプ カードローン名 最高限度額
大手消費者金融 アコム 800万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
プロミス 500万円
レイクALSA 500万円
大手銀行カードローン みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円

このように、横浜銀行カードローンは大手の消費者金融や銀行カードローンと比較しても高めの限度額になっているため、「できるだけ高額の借入ができるカードローンが良い!」という人にメリットが高くなっています。

ネットバンクをお持ちなら24時間振替での借入が可能!

横浜銀行カードローンでは、ネットバンク(はまぎんマイダイレクト)をお持ちなら、24時間振替での借入ができます。

「今すぐ口座に入金してほしい!」といった時にかなり便利です。

借入手続もネット上から簡単にでき、振込手数料も無料というメリットもあります。

また、はまぎんマイダイレクトでは借入だけでなく、返済やカードローンの取引明細の確認なども行なえます。

横浜銀行カードローンの利用が非常に便利になりますので、中長期的な利用を考えている人ははまぎんマイダイレクトを開設しておくのがお勧めです。

横浜銀行カードローンのデメリット

横浜銀行カードローンのデメリットは以下の4つです。

  • 対象地域が限定されている
  • 即日融資には対応していない
  • 自宅への郵送物が必ず発生する
  • 返済方法と返済日が選べない

対象地域が限定されている

横浜銀行カードローンは対象地域が限定されています。

次の地域にお住まいまたはお勤めの方しか利用できないというデメリットがあります。

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の以下の市
  • 前橋市、高崎市、桐生市

大手の消費者金融や銀行カードローンのように全国対応というわけではないので、注意しなくてはいけません。

即日融資には対応していない

即日融資には対応していないという点も欠点です。

横浜銀行カードローンの場合、融資は最短で申込日の翌日となっています。

この為、即日融資には対応していません。

これは2018年1月より銀行カードローンの審査方法が変り、銀行カードローン自体が即日融資を完全に出来なくなったからです。

そうしたことから、「今日中にお金を借りたい!」という人には不向きなカードローンですので気をつけておきましょう。

横浜銀行の口座開設が必要

横浜銀行カードローンの利用には横浜銀行の口座開設が必要です。

口座がなくても申し込みは自体は可能ですが、同時に口座開設手続をしなくてはいけません。

口座開設の方法によっては時間がかかり、カードローンを利用できるまで数週間程度かかってしまうこともあります。

自宅への郵送物が必ず発生する

横浜銀行カードローンに申し込みした場合、自宅に「ローンカード」が必ず郵送されてきます。

大手消費者金融や銀行カードローンのように自動契約機や店頭で発行という形は取れませんので、これは回避することは出来ません。

また、毎年4月と10月の中旬~下旬に「利用明細」の郵送もあります。(はまぎんダイレクを開設済みなら電子交付に切り替えることも可能)

郵送物は「横浜銀行名」で届くため、外からはカードローン関連の物とは分からないようになっています。

しかし、開封されてしまうとカードローンの利用がバレてしまうリスクもあるため、絶対にバレないと言い切れないという欠点があります。

返済方法と返済日が選べない

返済方法と返済日が選べないという欠点もあります。

横浜銀行カードローンの返済方法は「横浜銀行口座からの自動引落しとなり」、返済日は「10日」と決まっています。

これ以外の返済方法と返済日はありませんので、こちらで自由に決めらないんですね。

ただし、ATMでの「随時返済」は可能です。

随時返済とは、毎月決まった金額とは別に返済をすることです。

例えば、その月の返済額が5,000円だとすれば、その5,000円とは別に3,000円や6,000円をATMで返済することを指します。

つまり、お金に余裕のある時に多めに返済するということですね。

しかし、随時返済をいくらしても通常の返済(口座からの引落し)は発生するので注意しておきましょう。

横浜銀行カードローンに向いている人&向いてない人

ここまでの解説で、横浜銀行カードローンの特徴やメリット&デメリットは十分理解してもらえたかと思います。

そこでこの章では、横浜銀行カードローンはどのような人が向いており、どのような人が不向きなのかをお伝えしていきます。

横浜銀行カードローンに向いている人

横浜銀行カードローンに向いている人は以下のような人です。

  • 横浜銀行の口座を持っている人
  • 消費者金融よりも低金利で借りて利息を抑えたい人
  • 提携ATMでの手数料を取られたくない人
  • 毎月の返済の負担を抑えたい人

とくに横浜銀行の口座を持っている人にお勧めできます。

横浜銀行の口座をお持ちなら、キャッシュカードを用意し、簡単な入力情報だけで申し込み~契約までが完了します。

融資までも早ければ申込日の翌日に受けられますので、「なるべく急ぎで!」といった場合でも十分間に合う可能性があります。

横浜銀行カードローンに向いていない人

横浜銀行カードローンに向いていない人は以下のような人です。

  • 即日融資を希望している人
  • 横浜銀行の口座を持っていない人
  • 自宅への郵送物をナシにしたい人

とくに即日融資を希望する人にはまったく不向きです。

何度かお伝えしているように、横浜銀行カードローンの融資時間は最短翌日ですので100%即日融資は不可能です。

また、横浜銀行の口座を持っていない人にも最適なカードローンと言えません。

理由は口座開設が同時に必要となり、開設手続はカードローンの手続とは別にしなくてはいけません。

手続方法によっては、カードローンが利用できるまで数週間程度かかってしまうこともあるからです。

横浜銀行カードローンの申込条件

ここまでの解説で、「横浜銀行カードローンに申し込みしたい!」と思ってもらえた人もいるかと思います。

そうした場合、まずはご自身が「申込条件」を満たしているか確認しておくことが必須です。

横浜銀行カードローンの申込条件は以下のとおりです。

  • 契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  • 横浜銀行の営業エリアに居住またはお勤めの方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

とくに注意しておきたいのが地域指定がある点です。

以下の地域以外の人は申込対象にならないため気をつけておきましょう。

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の以下の市
  • 前橋市、高崎市、桐生市

横浜銀行カードローンの申込方法

申込条件に続いて「申込方法」も確認しておきましょう。

横浜銀行カードローンの申込方法は以下4つです。

  • インターネット
  • 電話(0120-458-014)
  • 郵送
  • FAX(0120-144-244)

この4つの中でもっともお勧めなのは「インターネット」です。

理由は「WEB完結契約」が利用できるためです。

横浜銀行カードローンに申し込む人は、「横浜銀行の口座を持っている」という人が多いかと思います。

横浜銀行の口座を持っている場合、WEB完結契約を利用でき、契約までもネット上で完結できます。

この為、申込手続が非常にスピーディーかつ楽になります。

申し込みに必要な書類

横浜銀行カードローンの申し込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明」の2つです。

本人確認書類

本人確認書類の提出は必須です。

ただし、横浜銀行に口座をお持ちの場合はキャッシュカードで本人確認をしますので提出不要です。

それ以外の人は、有効期限内もしくは現在有効で、なおかつ氏名・住所・生年月日が記載されている以下のいずれか1点の提出をします。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

収入証明書

収入証明は「限度額50万円超を希望する場合」に提出が必要です。

収入証明として有効な書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

限度額50万円超を希望する場合は、上記のいずれか1点の書類を用意しておきましょう。

横浜銀行カードローンの審査

横浜銀行カードローンには審査があります。

その為、審査に通過しないことには利用ができません。

審査は保証会社である「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)」が中心にすることになります。

どのような審査がされるのかは非公開ですので正確には分かりません。

しかし、カードローンの審査は「スコアリング審査」が基本なため、横浜銀行カードローン審査もスコアリング審査が採用されている可能性が高いです。

スコアリング審査とは

スコアリング審査とは、コンピュータによって申込者の返済能力をスコア化(採点化)する審査方法です。

カードローンの審査には年収や職業などの「個人情報」の入力や、「個人信用情報機関(あなたが利用したローンやクレカの利用記録がある機関)」への照会作業があります。

そのような情報がひとつひとつスコア化され、そのスコアによって審査の合否が決定するのがスコアリング審査です。

スコア化される項目は多くありますが、カードローンの場合はおもに以下のような項目が重要視されると言われています。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社借入状況
  • 過去の返済歴
  • 事故情報の有無

こうしたことから、審査に通過するためには、現時点での個人情報と信用情報が重要な鍵になってきます。

審査に通りやすいのはこんな人!

先述したとおり、横浜銀行カードローンの審査はスコアリングになる可能性が高いため、審査に通りやすいのは以下のような人です。

  • 年収高い
  • 安定した職業に就いている
  • 勤続年数が長い
  • 他社借入額と件数が少ない
  • クレカやローンの返済期日を守っている

年収高いほど、返済できる余力も大きくなるため審査に有利です。

公務員や上場企業の正社員など、安定した職業に就いている人ほど、将来収入を失う可能性が低いと判断され、審査に通りやすくなります。

勤続年数が長い人ほど同じ会社に留まる傾向が強いため、収入の安定性を評価され、審査上有利になりやすいです。

他社借入額と件数が少ないほど、毎月の返済負担が少ないため、返済能力を高く判断されやすいです。

クレカやローンの返済期日を守っている人ほど、お金に関しての信用ができると判断されやすくなり、審査にも有利に働きます。

審査に落ちやすいのはこんな人!

審査に落ちやすいのは先ほどとは間逆の以下のような人です。

  • 年収が100万円以下など極端に低い
  • 職が安定しない
  • 他社借入額や件数が多い
  • クレカやローンの延滞歴がある
  • 信用情報に事故情報がある

上記のような人は「返済能力や信用に問題があり」と見なされる可能性が高いため、審査上かなり不利です。

とくに信用情報に「事故情報」がある場合はほぼ審査に通りません。

事故情報として扱われるのは、主に「債務整理(個人再生・任意整理・自己破産)」、「強制解約」、「長期延滞」、「代位弁済」等です。

これらを過去に起こし、その情報がまだ信用情報に残っている場合(記録期間は5年~10年程度)、審査に通るのは非常に難しいです。

審査には在籍確認もある

横浜銀行カードローンの審査には「在籍確認」があります。

在籍確認とは、申込者が申告した職場にちゃんと勤めているを確認するためのもので、この作業は職場への電話という形になります。

よって、申込時に申告した勤め先の電話番号に在籍確認の電話があります。

そうしたことから、「職場に電話が来るなんて困る!」という人も多いかと思いますが安心してください。

横浜銀行カードローンの在籍確認は「担当者の個人名」でされます。

決して、「こちら横浜銀行カードローンですが・・・」なんて電話はかかってきません。

その為、あなたがお金を借りようとしていることが会社の上司や同僚、部下などにバレてしまう可能性は限りなく低いです。

電話内容も以下のように簡易なものになります。

横浜銀行の担当者:「こちら斉藤を申しますが○○様はいらっしゃいますでしょうか?」

あなた:「○○は自分ですが」

横浜銀行の担当者:「ご本人様でしたか。この度はお申し込みありがとうございました。これにてお勤め先の確認を終了とさせて頂きます。担当の斉藤がお伝えしました」

このような簡易なものとなるため、早ければ1分程度で完了します。

電話への返答も「はい」、「分かりました」程度で良いため、電話内容を他人に聞かれたとしても、カードローンの利用がバレてしまうこともありません。

審査結果が通知されるのはどれくらいか?

横浜銀行カードローンの審査は最短で申込日の翌日に通知されます。

通知方法は、自宅・会社・携帯電話の3つの中からあなたが選んだものとなります。

ただし、土日祝は審査に対応していないので注意です。

この為、土日祝申し込みをした場合ですと、審査開始となるのは横浜銀行の翌営業日となり、審査完了までに時間がかかってしまうケースがあります。

また、金曜日に申し込みした場合も土日を挟んでしまうため、審査結果が通知されるのは最短で翌週の月曜日になってしまいます。

そうしたことから、審査にスピードを求める場合は平日の月曜~木曜以内に申し込みをするのがお勧めです。

限度額と金利はどれくらいになる?

「いくら借りられて金利は何%になるのか?」という部分は、多くの人気になる点ではないでしょうか。

結論から言いますと限度額と金利がいくらになるかは、審査を受けてみるまでは分かりません。

まず、金利は以下のように限度額によって決まります。

限度額 適応金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

上記のように金利は限度額によって決まり、反比例する形で下がっていきます。

この為、限度額を高めに設定してもらえるほど低金利で借入できる可能性が上がるのです。

では限度額はどう決まるのか?

限度額は審査によって決定されます。

審査によりあなたの返済能力を判断し、その返済能力の範囲内で決められます。

そうしたことから、審査を受けてみるまではいくらになるかは分からないんですね。

ただし、新規契約時は50万円以下がほとんど!

限度額がいくらになるかは申し込みする人の返済能力次第ですので、なんとも言えません。

しかし、横浜銀行カードローンのようなカードローンの新規契約時の限度額は、一般的に50万円以下になるケースが多くなっています。

ネットの口コミサイト等でカードローンを実際に利用した人の感想を確認してみると、一番多いのは30万円~50万円という限度額です。

100万円以上の高額の限度額を最初から設定してもらえる人は、そう多くないんですね。

この為、借入できる金額は50万円以下になると思っておくのが無難です。

限度額50万円なら金利は14.6%!

横浜銀行カードローンの場合、限度額100万円以下ですと金利は14.6%です。

よって、限度額50万円であれば、金利は上限金利の14.6%が適応になります。

先ほどからお伝えしているとおり、新規契約時の限度額は50万円以下になるケースが多いため、金利も14.6%が適応になる可能性が高いです。

その為、金利は14.6%になると思っておくのがお勧めです。

横浜銀行カードローンの申込手順

横浜銀行カードローンの申込手順は、口座ありかなしかによって少々異なってきます。

そこでそれぞれの流れをインターネットから申し込みをすると仮定し、お伝えしてきますね。

横浜銀行の口座ありの場合

横浜銀行の口座ありの場合ですと、申し込みの流れは以下のようになります。

  1. 公式サイトより「WEB完結契約の申し込み」を選択
  2. 審査~審査結果の通知
  3. 契約手続
  4. カードの発行

まずは、公式サイトより「WEB完結契約の申し込み」を選択し、手元にある横浜銀行のキャッシュカードで本人確認をし、申込手続をします。

その後、横浜銀行から「申込確認の電話」があり、申し込みの意思確認や個人情報の確認をされます。

申込確認が終了後、審査開始となります。

審査は最短で翌日に終了し、結果は申込時に指定した電話番号に通知されます。

なお、収入証明の提出が必要な場合はその旨が「SMS(ショートメッセージサービス)」で通知されますので、アップロード・郵送・FAXのいずれかの方法で提出しましょう。

無事に審査に通過できましたら、WEB上から契約手続をします。

その後はカード発行手続が開始され、カードは簡易書留郵便にて1週間程度で郵送されてきます。

カード到着前でも横浜銀行の口座へ振込によって、融資は受けられますので「すぐに借りたい!」という人は、その旨を担当者に伝えればOKです。

横浜銀行の口座なしの場合

横浜銀行の口座なしの場合ですと、申込手続は以下のような流れになります。

  1. 公式サイトより「通常お申し込みWEB受付」を選択
  2. 審査~審査結果の通知
  3. 横浜銀行普通預金口座の開設
  4. 契約手続
  5. カードの発行

基本的な流れは口座ありの場合とほぼ一緒ですが、審査後は契約までの間に横浜銀行の普通預金口座を開設する必要があります。

口座開設の方法は以下のとおりです。

口座開設の方法 開設までの時間
来店 最短当日
スマホアプリ 約1~2週間
郵送 約3週間

上記のように来店以外の開設方法ですと時間がかかってしまうため、できれば来店して開設するのが一番お勧めです。

口座開設が済みましたら、契約書類を提出することになります。

提出方法は「郵送」または「FAX」の2つです。

郵送を選択した場合は契約書類が自宅に郵送されてきますので、必要事項を記入して返送します。

FAXを選択した場合は契約書類を以下のURLからダウロードし、必要事項を記入して「0120-458-009」に送付します。

「横浜銀行カードローン」FAXでのご契約手続きのご案内 

その後の流れは先に解説した、口座ありのケースと同様です。

まとめ

横浜銀行カードローンは横浜銀行の口座をお持ちであれば、お勧めできるカードローンです。

横浜銀行の口座があれば「WEB完結契約」が利用できます。

WEB完結契約ではキャッシュカードで本人確認が可能であるため、限度額50万円以下であれば必要な書類はありません。

申し込み~契約までの手続もすべてネット上で可能ですので、来店や郵送の手間も発生しません。

審査時間も申込日から最短翌日で完了し、審査終了後はすぐに融資も受けられるため、最短翌日に借入ができます。

このように横浜銀行の口座をお持ちなら、申し込みが楽チンですし、借入までもそれなりにスピーディーに出来るため、申し込みを検討しても良いかと思います。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事