人気記事!!
遺品整理代行ってどんな仕事?業務内容から大変・辛い部分まで解説します
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

最近注目される副業の一つに、遺品整理代行の仕事があります。

遺品整理代行とは故人の家族に代わり、残された遺品の整理を行う仕事です。

TVドラマの舞台として遺品整理代行が放送されたこともあり、それをきっかけに遺品整理代行について知ったという人も多いのではないでしょうか?

また、遺品整理代行には、

  • 報酬が良い
  • 特殊清掃をしなければいけない
  • 遺品整理代行は将来性が高い

などいろいろな意見もあり、それが気になっている人もいることでしょう。

この記事では、遺品整理代行について

  • そもそも遺品整理代行とは何をするのか?その詳しい仕事内容について
  • 遺品整理代行の良いところつらいところ
  • 遺品整理代行の給料はいくら?待遇面について
  • 遺品整理代行はどんな人に向いていて、どんな人に向いていないのか
  • 遺品整理代行の仕事はどうやって探すのか

について解説していきます。

この記事を読めば、遺品整理代行がどんな仕事で、どのような人に向いているのか、よい条件の遺品整理代行の仕事の探し方について、理解できます。

スポンサーリンク

遺品整理代行ってどんな仕事?

遺品整理代行とは故人の家族に代わり、故人の残した遺品を整理する仕事です。

現在の日本は高齢化社会の進行に加え、核家族化による両親との別居も当然になっています。

一人暮らしの高齢者が亡くなっても近くに親族が住んでおらず、亡くなった人の遺品を整理するのが物理的に難しい家庭が少なくありません。

また、残された遺品のうち、ベッドなど大型家具の搬出は力仕事になり、遺族だけでおこなうのは大変です。

一人暮らしの人の遺品の整理は手間と時間がかかり、この点でも遺品整理代行が求められています。

日本の高齢化・核家族化は今後も進行していくことが予想されており、遺品整理代行はこれからさらに需要が高まっていく仕事として注目されているのです。

遺品整理代行と特殊清掃は違う?同じ?

遺品整理代行の仕事でもっとも気になるのが、仕事内容に特殊清掃が含まれるのか?という点になるかと思います。

特殊清掃とは事件や事故、自殺などの変死現場で遺体の発見が遅れ、室内に残った汚れや腐臭を清掃する仕事です。

いうまでもなく、特殊清掃の仕事は精神的に非常な負荷を伴うもので、初めて特殊清掃の仕事をする人の中には現場の惨状に呆然として、何もできなくなる人も少なくありません。

この職務内容の過酷さから、特殊清掃は高報酬の仕事して一部で有名でした。

遺品整理代行の給料がよいという噂にはこの特殊清掃が含まれるから、というイメージからくる面もあるのでしょう。

ですが、遺品整理代行と特殊清掃は、一応は別物です。

一応という前置きがつく理由は、遺品整理代行と特殊清掃は同じ事業者が並行して行っている場合が多く、求人情報などでも区別が明確でない場合が多いからになります。

ゆえに、遺品整理代行に特殊清掃が含まれるのかも、募集している業者によって変わってきます。

副業として考える場合、特殊清掃を仕事とするのは精神的にかなり厳しいものがあり、報酬を考えても割に合わないという人も多いでしょう。

また、現在は特殊清掃に従事する事業者が増えたことから、以前ほどの高報酬ではなくなってもいます。

遺品整理代行の詳しい給与面については後述しますが、特殊清掃なしの遺品整理代行の時給が900円から1,500円

特殊清掃ありで1,200円から2,000円程度が相場です。

あまりに条件のよい遺品整理代行の場合、特に業務内容に明記されていなくても特殊清掃込みの可能性があるので、この点は注意しておく必要があります。

この記事では、基本的に特殊清掃はなしという前提で解説をすすめていきます。

遺品整理代行の仕事の流れ

遺品整理代行の仕事の流れは下記のようになります。

  1. 遺品整理代行の相談受付
  2. 遺族との話し合いで見積もりを算出
  3. 現場に行って遺品の整理
  4. 簡単な清掃・供養

遺品整理代行では故人の遺品を扱うという点から、どの遺品をどのように整理するのかが重要です。

遺品整理代行で扱う遺品は

  • 家族の写真
  • 宝石などの貴金属
  • 土地の権利書・株券などの重要書類
  • タンス・ベッドなどの家具
  • 冷蔵庫などの電化製品

など多岐に渡ります。

写真などの思い出の品は残しておきたい遺族が多くなりますし、古くなった家具はそのまま処分したいという要望が多いです。

しかし、他人から見ると何気ないものであっても、遺族にとっては思い出のあるものというのは存在します。

遺品は処分するのではなく、整理するという考えが非常に重要です。

いらなくなった電化製品はリサイクルに出せばそれなりのお金になる可能性があります。

どの遺品は残し、どの遺品はリサイクルに出し、どの遺品を処分するのか。遺族の気持ち・利益を考え、綿密なコミュニケーションをとりながら作業をすすめることも、遺品整理代行では重要です。

副業としての遺品整理代行は現場仕事がメイン

相談・見積もりができれば、次は現場での遺品の整理になり、副業・アルバイトとして考えるなら、ここがメインの仕事です。

遺品の整理代行は、引っ越しをイメージするとわかりやすいかもしれません。

しかし、扱うものが遺品という点が引っ越しとはことなります。遺品を扱う以上、基本的に、丁重・丁寧な作業が求められます

業者や現場によっては遺品の大半が処分品になり、雑に扱う場合もないではありませんが、遺族の気持ちを考えるとこれはよくないでしょう。

遺品整理代行の仕事は部屋の現状回帰

遺品整理代行は家屋・部屋にあるものをすべて運び出すことが多く、家具の運び出しはなかなかの重労働です。

遺品の中には貴金属などの貴重品や、土地の権利書など重要なものもあります。

故人の住まいの中から貴重品・価値のあるものを探し出しだすのも、遺品整理代行の仕事です。

遺族のもとに残すもの、不用品として処分するものの仕分け作業も必要になり、残しておく遺品は綺麗に梱包します。

遺品をすべて運び出したら、最後に部屋を清掃して、遺品整理代行の仕事は完了です。

遺品整理はあくまでも整理するのが仕事

遺品整理代行は遺品を整理するのが仕事なので、不用品をなんでも処分すればいいというような雑な考えでは務まりません。

遺族の立ち合いはある場合は遺品の扱いについて了解をとりながら作業を進める必要があり、遺品整理代行は接客業的な一面もあります。

工場の流れ作業のように淡々と作業すればいいというわけでもない点は、注意が必要です。

遺品整理代行の仕事は楽?大変?

遺品整理代行の仕事は楽ではありません。

先述のように、家具の運び出しは重労働です。遺品は丁寧に扱うことが求められるので、神経を使う仕事でもあります。

また、遺品整理代行は亡くなった人の家屋で仕事をするのが前提なので、精神的な負荷もかかります。

みんなで楽しく仕事をするのが好き、というような人は遺品整理代行に向いていないかもしれません。

遺品整理代行は現場によって大変さが異なる

遺品整理代行を頼むのは、問題のない人ばかりではありません。

孤独死し、長期間発見が遅れた場合、遺体は悲惨な状態になります。

遺体が運び出された後も死臭は残り、虫が発生したままの家屋での遺品整理が必要になる場合もあります。

こうなると、特殊清掃と何が違うのか?と思えるような現場で仕事をすることになってもおかしくありません。

遺品整理代行は肉体的にも精神的にもハードな仕事です。

しかし、家族を亡くし、悲しみ困っている人に代わって遺品を整理するのは感謝される仕事でもあります。

とはいっても、副業にキツイ仕事をしたくないというのなら、同じく代行業務で肉体的には疲労のない結婚式の代理出席などのほうが良いという人もいるでしょう。

また、自宅で仕事が可能なデータ入力ライターという選択や、土日に働けて報酬も悪くない試験監督という選択もあります。

遺品整理代行が本当に自分に向くのかは、よく考えてから判断したほうが賢明です。

遺品整理代行のメリット

キツイ面もある遺品整理代行ですが、メリットもあります。

  • 土日の仕事が多く時間の都合をつけやすい
  • 需要が高く将来性が高い
  • 困っている人から感謝される

遺品整理代行は土日のみの勤務可という募集が多く、会社員の副業として時間の融通をつけやすいのがメリットです。

また、残業なしを明言する案件が多いのも、遺品整理代行の特徴です。

土日にできる副業を探す人、決まった時間に働きたい人にとっては遺品整理代行の仕事は魅力的です。

先述のように、遺品整理代行は日本の高齢化から今後も需要が高まっていくと予想されており、安定した仕事になります。

詳しくは後述しますが、遺品整理士・遺品査定士といった資格もあり、取得すれば待遇がよくなったり、独立も視野に入ります。

AI・フィンテックの進化により銀行が大規模な人員整理を決めるニュースが流れる中、安定した仕事が期待できる、将来性があるというのは遺品整理代行のメリットです。

先ほども述べたように、遺品整理代行は家族を亡くし、困っている人の手助けをする仕事になります。

遺族から直接お礼を言われることもあり、やりがいは強い仕事です。

工場の流れ作業のようになにをしているのかわからなくなるような倦怠感とは無縁です。

遺品整理代行のデメリット

キツイ理由の繰り返しになりますが、遺品整理代行のデメリットは

  • 体力を使う
  • 遺品の扱いに神経を使い精神的に疲れやすい
  • 仕事現場が毎回異なり、現場によっては重労働に

という点です。

遺品整理代行は家屋からすべての家具を持ち出すので、ベッドやタンスといった重い荷物を運び出します。

体力の損耗的には引っ越しのバイトにちかいので、特に力仕事を期待される男性で体力に自信がない人。休日に疲労を抱えたくない人は、遺品整理代行は避けたほうがよいでしょう。

育児中や専業主婦も超簡単!!スマホのみ副業のポイントサイトでお小遣いを月10万稼ごう!!

また、遺品整理代行は遺品を扱うという点から物の扱いに丁寧さが求められます。

ゴミを扱うわけではないので、雑な扱いは厳禁です。

亡くなった人の部屋での仕事というのもあり、精神的にも楽ではありません

スマホのみでプチ稼ぎ!?懸賞金で稼ぐ7つのコツを伝授!!

毎回仕事現場が変わるのも遺品整理代行のデメリットです。

遺品整理代行の仕事で交通費が支給されるかは業者により異なるので、遠い現場の仕事を引き受けてしまうと交通費の捻出が大変になる可能性があります。

また、現地集合の場合は場所を調べるのにも時間がかかります。

遺品整理代行の待遇はどう?時給・日給はいくら?

遺品整理代行の時給は900円から1,500円が相場となっており、日給の場合は7,000円から12,000円が相場です。

当然、時給・日給は高い方が良いのですが、先述のようにあまりに報酬が高い場合、業務内容に特殊清掃が含まれる可能性があります。

給与の良さだけで判断すると大変な目にあう可能性もあるので、業務内容をよく確認し、わからない点は事前に質問し、説明を聞いてから応募する業者を選んだほうがよいでしょう。

遺品整理代行は、専門の募集よりリサイクル・生前整理などと並行して募集されている場合が多くなります。

その分給与の幅も大きく、業者によって時給も大きく変わるので注意が必要です。

遺品整理代行の勤務時間

遺品整理代行の勤務時間は3時間程度の短時間勤務から、8時から17時までのフルタイムでの勤務があります。

3時間の勤務なら一つの現場での仕事になりますが、フルタイムでの仕事だと1日で複数の現場を回る場合もあります。

遺品整理代行の仕事は残業なしの募集が多く見受けられますが、残業ナシは業者によるので決まった時間働きたい人は、注意が必要です。

遺品整理代行は土日だけの勤を可としている業者が多く、副業として考えると働きやすい職場となっています。

遺品整理代行に必要なスキルはある?始める前に準備したほうがいいものは?

遺品整理代行に特別なスキルは不要です。募集の年齢も幅広く、男女の区別もありません。

ただし、遺品整理代行には家具運びだしなどの重労働もあるので、基本的に体力のある人のほうが歓迎されます。

とはいえ、遺品の扱いには丁寧さももとめられるので、女性も活躍できる場面は多いです。

遺品整理代行であったほうが良いスキルとしては、運転免許があります。

遺品整理代行は毎回現場が異なり、移動に公共の交通機関が利用できるとも限らないため、普通免許があると有利です。

募集の条件に普通免許の所持が求められる場合もあり、中型免許があると時給が上がるなど待遇が良くなるケースもあります。

遺品整理代行で準備するもの

業者によっては軍手・作業着を自前で準備することが求められます。

普段仕事で軍手・作業着を使わない人の場合、新たに購入しなければならなくなる可能性があります。

服装について特に規定がないのなら、わざわざ作業着を準備する必要はなく、自前の動きやすい服装でも十分です。

現場への移動が現地集合の場合、移動手段は自分で確保する必要があります。

公共の交通機関が使えるのか。車で行くのなら場所がどこかは事前にグーグルマップなどで確認しておかなければいけません。

遺品整理代行で有利になる資格は2つ!

遺品整理に特別なスキルは不要ですが、採用・待遇面で優遇される資格が2つ存在します。

  • 遺品整理士
  • 遺品査定士

の2つがそれで、いずれも一般社団法人・遺品整理士認定協会が認める資格です。

遺品整理代行に有利な資格1:遺品整理士

遺品整理士は、

廃棄物やリサイクル品の取り扱いに関する各法規制を正しく学び、遺品整理業特有の事項に対して正しい知識を持ち、それにともなった正しい処理を行うことを目的にする資格

一般社団法人:遺品整理士人的協会公式ホームページ

遺品整理士は遺品整理の専門家として活動し、遺品整理業界の健全化を図るも期待されています。

遺品整理業者の中には不当な高額請求や不法投棄を行う悪徳業者もあり、その撲滅のためにも正しい知識を持ち、責任ある行動のとれる遺品整理士が求められているのです。

遺品整理士認定協会では、遺品整理士の資格所持者に行政が優先的に仕事を発注するように働きかけもしています。

遺品整理士の資格があれば、待遇の向上、より多くの現場での活躍が見込めるようになるでしょう。

遺品整理士の資格取得は通信制となっていて年齢や学歴、資格に関係なく誰でも受講可能です。

受講期間は2か月間で、入会金が25,000円。会費に5,000円が必要となっています。

合計30,000円の出費は安くありませんが、今後需要の高まる職業であることを考えると、早いうちに資格を取得しておくのも悪くないでしょう。

遺品整理士認定協会:遺品整理士資格受講申し込み仕込みページ

遺品整理代行に有利な資格2:遺品査定士

遺品査定士は

遺品の買取に関わる様々なジャンルの鑑定士とも関係を結びながら、ご遺族が安心して、遺品を繋ぐことへの支援を行う、遺品の査定と買取に特化した専門家

遺品査定士養成講座

遺品整理に遺品の買い取りは必須です。

遺族の使わない電化製品、貴金属などは適正な値段で売れば遺族の利益になります。

しかし、悪徳業者の中には遺品を不当に買いたたく業者もあり、遺族が安心して買い取りを依頼できる遺品査定士の需要は高いものがあります。

買い取りの知識はほかの業務・私生活にも援用できそうな点を考えると、遺品査定士の資格は取っておくと便利そうです。

遺品査定士の受講もだれでも可能になっていて資格や職業に関係なく、未成年や60歳以上の人などだれでも関係なく受講が可能です。

受講期間は2か月で、入会金25,000円、会費5,000円と遺品整理士と同じとなっています。

遺品整理士認定協会:遺品査定士資格受講申し込みページ

まとめ:遺品整理代行に向いているのはどんな人?

遺品整理のメリット・デメリット、求められるスキルをまとめると下記のようになります。

【遺品整理代行のメリット】
  • 土日の仕事が多く時間の都合をつけやすい
  • 需要が高く将来性が高い
  • 困っている人から感謝される

 

【遺品整理代行のデメリット】

  • 体力仕事
  • 遺品の扱いに神経を使い精神的に疲れやすい
  • 仕事現場が毎回異なり、現場によっては重労働に

 

【遺品整理代行にあると歓迎されるスキル】

  • 運転免許
  • 遺品整理士・遺品査定士の資格

上記のメリット・デメリット、求められるスキルを加味して遺品整理に向く人考えると、人物像は下記のようになります。

遺品整理代行に向く人

体力に自信があり、遺族の方に配慮して遺品を丁寧に取り扱うことが可能で、精神的にタフな人

遺品整理はチームで行うことが多いので、必ずしも体力が求められるわけではありません。

ですが、男性の場合はやはり力仕事を期待される点が大きくなります。

遺品の取り扱いという点から、繊細な扱いが求められ、丁寧な作業ができるのも大切です。

小物の仕分けなどはものを繊細に扱える女性のほうが向いている面もあり、丁寧、誠実な対応ができる人は遺品整理への適性があります。

亡くなった方の家で仕事をするという点から、仕事場では厳粛な空気が支配的です。

精神的に陽気にはなりづらく、一人暮らしの孤独死の部屋での仕事は荒れた現場もあるので、精神的にタフな人でないと、遺品整理代行はつとまらないでしょう。

厳しい面も目立つ遺品整理代行ですが、家族を亡くし困っている遺族の力になれる、人の役に立つ仕事です。

感謝を実感できる仕事という点は遺品整理代行の持つ、ほかの副業にはない魅力です。

遺品整理代行の仕事の探し方

繰り返し述べてきたように、遺品整理代行は需要の高い仕事です。

一般社団法人・遺品整理士協会によると、遺品整理の業者は全国に数万社あるとされています。

しかし、いざ遺品整理代行の募集をさがすとなると、案外見つけるのが難しく、なかなか見つけることができません。

需要が高いなら遺品整理代行の仕事は簡単に見つかるだろうと高をくくっていると、肩透かしを食らいます。

遺品整理代行の探し方1:アルバイト・求人サイトをこまめにチェック

副業、アルバイトを探したい場合、最初にチェックしておきたいのはインターネット上のアルバイト・求人サイトになります。

しかし、アルバイト・求人サイトで遺品整理代行と検索しても、見つかるのはごみの収集ドライバー、ビルの清掃会社、葬儀の会社などです。

一見すると遺品整理代行と関係ないように見えますが、遺品整理はほかの業務と兼任する業者が多く、ビルの清掃会社が遺品整理を兼ねているケースもあります。

もちろん全く関係のない業者の場合もあるのですが、業務内容を詳しく確認すると、遺品整理代行を行っている、という募集が多いのです。

アルバイト・求人サイトで遺品整理代行を探す場合は、よく業務内容を確認する必要があります。

インターネットでアルバイト・求人サイトをチェックする場合、気軽にいつでも見れるのがメリットです。

インターネットは更新が早いので、自分の住む地域、希望する条件に合うかじっくり判断して応募すことができるので、まずはアルバイト・求人サイトから遺品整理代行の仕事を探すのがお勧めになります。

とはいっても、正直なところアルバイト・求人サイトだけでは遺品整理代行の仕事を見つけるのは難しいです。





遺品整理代行の探し方2:遺品整理の専門業者に直接応募する

アルバイト・求人サイトで遺品整理代行を探しても見つからない。

見つけても複数の業務を行う業者ばかりで、遺品整理代行の仕事が本当にできるのかわからない、こういうケースは多いです。

遺品整理代行の仕事をするつもりで応募したのに、実際に仕事をするのは清掃やリサイクルばかりだった、ということになるかもしれません。

遺品整理代行を仕事にしたいと強く決めているのなら、遺品整理の専門業者に直接応募する手が有効です。

アルバイト・求人サイトに募集のない遺品整理の専門業者を探すとなると難しそうです。

そこで利用したいのが、遺品整理士認定協会のホームページにある、遺品整理業者の推薦優良企業の登録ページです。

この中にはホームページを持っている遺品整理業者も多く登録されており、インターネット上で募集をかけているケースもそれなりにあります。

その中から自分の働きたい地域の業者を探し、ホームページの採用情報から応募するか、思い切って電話で応募の相談をしてみれば、採用される可能性があります。

電話というのは少しハードルが高いですが、人手不足の業界なので働くチャンスは少なくないでしょう。やってみる価値はあります。

遺品整理代行の探し方3:その他の方法

無料のフリーペーパーからも、遺品整理代行の仕事を探すことができます。

しかし、時期的な要因もあるかもしれませんが、遺品整理代行の募集はフリーペーパーにはあまり載っていないことが多いです。

フリーペーパーで探す場合は地域性もあり、遺品整理代行の募集があるかどうが定かではありません。

しかし、無料のフリーペーパーならチェックしても損はないでしょう。

案外簡単に、遺品整理代行の仕事が見つかる可能性もあります。

知人に遺品整理代行の仕事をしている人がいるのなら、仕事を紹介してもらうのも悪くありません。

知っている人から直接仕事内容を聞ければ、業務内容を理解してから仕事をはじめることができます。

知人に遺品整理代行の仕事をしている人がいるのなら、紹介してもらえるように頼んでみるとよいでしょう。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事