人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら
データ入力のバイトは、学生や主婦を中心に人気のある仕事です。
ただ読者の中には以下のような疑問をお持ちではないでしょうか?

 

  • データ入力のバイトに興味はあるけど未経験や初心者でもできる仕事なの?
  • データ入力の仕事って稼げるの?稼いでいる人の話が聞きたいなぁ?

 

この記事ではデータ入力のバイトについて以下の3点について解説いたします。

この記事を読めば理解できる内容

  • データ入力の仕事内容や稼げる金額
  • データ入力の仕事が初心者や未経験者でもできる理由
  • データ入力のやり方
  • データ入力で稼いでいる人の体験談

データ入力に興味がある人や簡単にできる副業を探している人にはお勧めの内容です。

時間がない人でも見出しを読むだけで内容が理解できるのでぜひ読んでみてください。

目次

スポンサーリンク

データ入力の仕事は指定されたデータなどを入力する仕事

データ入力の仕事は雇用先から渡された情報の入力や企業の情報を調べて指定のページに入力する仕事です。

具体的には以下のような仕事が募集されています。

  • 指定されたデータをエクセルなどに入力する
  • レシートに書かれている内容をエクセルに入力
  • 会議やセミナーの議事録
  • 名刺を見て文字を入力する

 

データ入力の仕事はWindowsユーザーだけでなく、Macユーザーでもできる仕事です。

そのためパソコンを持っている人であれば誰でもできる仕事の一つです。 

またデータ入力の雇用先ではきちんとしたマニュアルが用意されていることが多いので、データ入力の仕事をしたことがない人や初心者でも、簡単にできます。

データ入力のバイトの報酬制度は2種類ある

データ入力のバイトで得られる収入の相場について解説します。

報酬制度は仕事内容により違いますが、概ね以下の2種類です。

 

  • 1文字あたりの単価で決まる=1文字入力すれば0.1円貰える
  • 1件あたりの単価で決まる=1件の仕事をこなせば100円貰える

 

また雇用先の会社によっては、納品数が多い人ほど優遇されます。

例えば、1ヶ月の納品数が他の人と比べて上位であれば、ボーナスとして10,000円が貰える会社もあります。

データ入力のバイトで得られる収入の相場は1文字あたり0.1円〜1円!

データ入力のバイトで得られる収入の相場は1文字あたり0.1円〜1円です。

また件数ごとに収入が得られる場合の相場は、1件あたり10円〜50円です。

 

下記の画像は、クラウドソーシング大手のランサーズ依頼者用ページです。依頼者用ページでもデータ入力の依頼価格の相場は100件で1000円〜10000円になっています。

(画像引用元:ランサーズ公式サイト

 

データ入力のバイトは、単純な作業が多いため1件あたりの単価は低く抑えられています。

その為、月に数万円以上稼ぎたい人は、タイピングのスピードをアップさせ、できるだけ多くの文字数を打てるようにならなければなりません。

データ入力のバイトは在宅で稼げるのか?

ここからはデータ入力のバイトが在宅で稼げるのか説明します。

結論からいえば、データ入力のバイトは在宅でも稼ぐことができ、タイピングスピードが早く多くの時間働いている人であれば、月に5万円稼ぐこともできます。

初心者や未経験者は在宅でのデータ入力が稼ぎやすい

そもそもデータ入力のバイトは以下の2種類の働き方があります。

  • オフィスに通勤する 
  • 在宅でおこなう

以下の表はデータ入力のバイトをオフィスに通勤して働いた場合と在宅で働いた場合の比較です。

【オフィス・在宅のそれぞれで働いた場合の比較表】

オフィス就業 在宅就業
労働時間

決められている事が多い(6-8時間)

移動時間が必要

自分で決定できる

納期がある

教育研修
難易度
給料体系 時給制 歩合制

オフィスで働く場合は、簡単な文字入力の仕事だけとは限りません。

コールセンターでの電話と顧客情報の入力や、会社の事務作業(伝票の処理など)の仕事も含まれることがあります。

つまり、オフィスに通勤して行うデータ入力のバイトは、文字入力以外のスキルが必要になるケースもあります。

一方、在宅でのデータ入力のバイトは、ほとんどの仕事において専門的なスキルは求められません

クラウドソーシングサイトでは初心者や未経験者歓迎・大量募集の仕事が多くあります。

在宅で作業を進めることもできるので、自分の好きなペースで行うことができます。

したがって、忙しくてなかなか外に出れない主婦の方でも、家事の間のスキマ時間を利用して仕事をすることができるのです。

在宅で働く場合は働いた分だけ収入は大きくなる

給料体系については、オフィスで働く場合は、時給制です。

しかし、在宅で働く場合は、歩合制です。

全く働かなければ一切収入が発生しません。在宅の場合は、案件ごとに1文字あたりの単価や報酬が決まっています。

下記の表は在宅で働いた場合の収入の一例です。

【在宅勤務時の収入目安

入力文字数
(1ヶ月)
入力文字数
(1時間)
1文字0.3円
50,000字 833字 15,000円
100,000字 1,666字 30,000円
200,000字 3,332字 60,000円

※月に60時間(週5日3時間ずつ)働いた場合

1ヶ月で入力した文字数が50,000字であれば、15000円の収入にしかなりません。

しかし、文字数が200,000字になると月収は60,000円です。

上の表では、1ヶ月に入力する文字数が200,000字なので、「かなりハードだなぁ」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、1時間あたりに入力する文字数が2,000字でも5万円近く稼ぐことは可能です。

 

【入力文字数が2000文字/1時間の場合】

  • 働く時間を1時間だけ増やして週5日4時間ずつ(=月80時間)働く
  • その場合、2000文字☓0.3円☓80時間で48000円稼ぐことができます。

 

また、働く時間が少ない方は、データ入力の実績を積めば大丈夫です。

実績をもとに文字単価を上げられれば、働く時間が少ない割に稼げる金額は多くなります。

データ入力のバイトは未経験者や初心者にお勧め!

データ入力のバイトは未経験者や副業をあまりしたことがない初心者にお勧めの副業です。

未経験者や初心者にデータ入力の仕事をお勧めする理由は3つあります。

データ入力をお勧めする3つの理由

  1. 案件数が多い
  2. 初心者歓迎の案件が多い
  3. 初心者でも慣れやすい

1.データ入力のバイトは案件数が多いから

データ入力の仕事は他の仕事よりも案件数が多いです。
例えば、下記の表は大手クラウドソーシングサイトで募集されたデータ入力の案件数です。

 

【クラウドワークスとランサーズで募集された案件数】
サイト名 募集中案件 現在までのTotal案件数
クラウドソークス 475件 110,000件
ランサーズ 84件 31,000件

※2019年7月2日現在

ご覧のようにまさにこの瞬間も大手クラウドソーシングサイトでは、多くのデータ入力の仕事が募集されています。

さらに、1件の募集で数十人から数百人を募集している会社もあります。

したがって、実際にデータ入力の仕事をしている人数となると、さらに多いことが考えられます。

2.データ入力のバイトは初心者歓迎の案件が多い

データ入力のバイトは初心者歓迎の案件が多いことも特徴です。

あまりバイトをやったことがない人や副業をしたことがない人の中には、「私なんかで雇って貰えるのだろうか」と考える人も多いかもしれません。

そんな方も安心してください。

データ入力の仕事を募集している会社では、一度に多くの人数を採用しています。

また経験者も募集していますが、多くの会社では未経験者や初心者も積極的に募集しています。

3.データ入力は初心者でも慣れやすく稼ぎやすい

データ入力は単純作業なので、繰り返せば繰り返すほどスピードが早くなり、初心者でも上達しやすいです。

したがって、誰でもお金を稼ぎやすく、収入もタイピングスピードに比例して上がっていきます。

また文章を書くことが苦手な人でもできる仕事です。

データ入力が苦手な人にもお勧めの理由

  • あらかじめ入力する文字が用意されているから
  • 文字ではなく数字を入力するケースもあるから
  • 情報の入手先が決まっているから。

データ入力は入力する文字が用意されていたり、数字だけの入力を求められる仕事もあります。

また情報の入手先が決まっているので、誰でもお金を稼ぎやすいです。

例えば、企業の情報を入力する仕事があります。

その場合、情報の入手先は企業の公式サイトと業者の会社情報が簡単にまとめられているサイトの情報ぐらいです。

ところが、文章を書く仕事であるブロガーやライターの場合は違います。

リサーチする場合、情報収集先は多くあり、どこの情報を参考にするか自分で選ばなければなりません。

公式サイトだけでなく、実際にその企業について詳しい人のサイトやブログなども参考にしなければならないケースもあります。

さらに執筆する内容は自分で考えながら入力しなければなりません。

データ入力やることが少ない!!

  • データ入力→指定された文字を入力するだけの仕事が多く、情報の入手先も少なくてよい
  • ライターなど→自分で入力する文字を考えなければならない。リサーチ→構成→執筆の3段階が必要

このようにデータ入力の仕事は、誰にでもやりやすい仕事の一つです。

デメリットあり!!データ入力は仕事が単調で飽きやすい

ただし、データ入力の仕事は単調で飽きやすいというデメリットもあります。

同じ作業をずっと集中して続けるのが苦手な人には難しい仕事です。

また椅子に長時間座る作業なので、やりすぎると健康面でも良くない仕事です。

データ入力では難しいスキルは求められない!

データ入力のバイトは、難しいスキルが求められることはありません。

したがって、未経験者でもやることができます。

データ入力のバイトに必要なスキル一覧

  • パソコンとインターネット環境
  • パソコンの基礎的なスキル(情報を収集する・文字入力ができるなど)
  • ブラインドタッチなどのタイピングスキル
  • 正確な入力を求められる 
  • 社会人としてのマナー(コミュニケーション能力や納期を守る)

名刺の入力の仕事であればスマホだけでもできることもあります。

ただ、基本的にはパソコンが必要です。ブラインドタッチなどタイピングのスキルがあれば、採用して貰える可能性は高いです。

しかし、ブラインドタッチができない人や文字入力のスピードが遅い人でも採用はされます。

ただし、月に数万円稼ぐためには、文字入力のスピードを上げないと稼げません。

【ブラインドタッチとは】

パソコンのキーボードを見なくても文字入力をする方法。

在宅でデータ入力のバイトをするためにはクラウドソーシングサイトが一番!

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

ここからは、在宅でデータ入力のバイトを探す方法について解説します。

在宅でデータ入力の仕事をするためには、「ランサーズ」「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトを使うのが一番です。

【データ入力案件豊富のクラウドソーシング】

クラウドソーシング 会員数 求人数 手数料
ランサーズ 100万人 213万件 5〜20%
クラウドワークス 208万人 210万件 5〜20%

※2019年6月時点

クラウドソーシングサイトで仕事を探すべき5つの理由は以下の通りです。

クラウドソーシングサイトで探すべき5つ理由

  • マニュアルがしっかりしている企業が多い
  • 雇用先も継続的に働いてくれる人を探している(未経験者や初心者でも構わなない)
  • 募集している仕事の案件数が多い
  • 実績が貯まりやすい
  • 金銭トラブルになる可能性が低い

特に雇用先が企業であればマニュアルなどしっかりしている企業が多いです。

私が働いたことのある企業でも、画像つきで説明されており、始めてデータ入力の仕事をする人でも、とてもわかりやすかったです。

クラウドワークスは案件数が多く、実績が貯まりやすい

またクラウドワークスを選ぶべき一番の理由は案件数が圧倒的な点です。

先程も説明しましたが、常時数十件〜数百件以上の仕事があるので、仕事に困りません。

仕事に困らないので、基礎的なスキルが身につき、文字入力のスピードも上がります。

その結果、収入も上がりやすいのです。

複数のクライアントと仕事をすれば、評価が貯まっていくので実績もアピールしやすくなります。

以下の画像は、私のクラウドワークスのプロフィール画面です。(※顔やプロフィールの詳細隠しています)

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

クラウドワークスでデータ入力の仕事に応募すると、雇用先はあなたが信用できるのかプロフィールページも見ることがあります。

赤枠を見ればわかりますが、受注実績と評価が大事な点です。

【信用されないケース】

  • 受注実績が0件
  • 評価がかなり低い(3以下)

普通に雇用先に指示された仕事ができていれば、星4.5〜5.0ぐらいの評価は難しくありません。

反対に評価が低すぎれば、「この人に依頼してもきちんとやってくれないのでは」という印象を与えてしまいます。

実績がない人でも採用はされます。

しかし報酬の高い仕事に採用されるかは、実績と評価も基準の一つです。実績が多くあり、評価が4.5以上であれば、採用される確率は高くなります。

クラウドソーシングサイトでは金銭トラブルなどが起こりにくい

さらにクラウドソーシングサイトは、仕事をしたいあなたと雇用先を仲介してくれます。

その為、「支払期日になってもお金が支払われない」リスクが低く、安心して働くことができます。

以下の画像はクラウドワークスの仕事の流れです。

クラウドソーシングサイトは赤枠のSTEP3で契約が成立した後、仮払いという方法で、金銭トラブルを防ぎます。

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

クラウドソーシングサイトを利用した場合は、雇用主とあなたの間にクラウドソーシングサイトが仲介してくれます。

そのため金銭トラブルになる可能性が低くなります。

クラウドソーシングサイトを利用した場合
  1. 契約成立
  2. 雇用先がクラウドソーシングサイトに仮払いをする
  3. 納品をする
  4. 雇用先は納品物を確認後、契約終了
  5. 自動的にクラウドソーシングサイトからあなたにお金が支払われる※

※最大で20%の手数料が掛かります。

一方、雇用先と直接契約を結ぶと以下のように、納品をしたのにお金が支払われなかったり、お金を支払うのが遅れるということがあります。

雇用先と直接、契約をした場合
  1. 契約が成立
  2. 納品をする
  3. 雇用先から支払いがされる
  4. ここで雇用先からお金が支払われなかったり、支払いの遅延が起きることが多々ある

お金が支払われない・お金の支払が遅れるということがありえるのかと思う人もいるかもしれません。

しかし、私の知り合いに雇用先が個人・法人のどちらでもこのような被害を受けた方が何人もいます。

求人情報誌には在宅でできるデータ入力の案件数はとても少ない

データ入力のバイトは大手求人情報誌でも募集が行われています。

しかし、そのほとんどはオフィスで働く必要があります。

在宅での仕事はとても少なく1件もないことがあります。

【大手求人情報誌のデータ入力の募集案件と在宅可能な案件※1

求人サイト 募集されている件数 在宅勤務可の件数
an 2261件 4件
マイナビバイト 2483件 3件※2
フロムエー 750件 0件※2

※1.2019年7月時点で各サイトで募集中の案件

※2.東京都のみのデータ

したがって、在宅でデータ入力の仕事を探す場合は、クラウドソーシングサイトで探すのが一番です。

実際にデータ入力をされた方の体験談!!

ここからは実際にデータ入力をされたことがある方の体験談を聞くことができたので解説させていただきます。

まず一人目の方は専業主婦で幼い子どもが二人いる方です。

子育てをしながらデータ入力の仕事をどのようにされていたのか詳しく聞くことができました。

項目 内容
主な業務 レシートの情報を入力する
体験者 主婦(子どもの人数2人)
報酬 最短3日間で600円
現在のデータ入力の経験 3年
メリット
  • 1日のスケジュールが自由
  • 子どもがいてもできる
  • 簡単でゲーム感覚でできる
デメリット 文字単価が低い

 

口コミについては以下の通りです。

 

口コミ①データ入力は在宅でできるので、子育て中の主婦の方におすすめ!
私は33歳の専業主婦で、2人の子どもがいます。小さいお子さんがいると、なかなか外に働きに出るのは難しいですよね。下の子が1歳を過ぎた時に、お小遣い程度でいいから在宅で仕事がしたいと思い、ネットで簡単にできるデータ入力の仕事を探していました。育児中は、頭を使って文章を考えたり、誰かとやり取りをするのは困難です。さらに、私は一つの事にのめりこむ性格なんです。頭を使う仕事は、子どもたちに中断されるとストレスになり、続けられないんですよね。 私が見つけた仕事はレシートのデータ入力でした。最近は、スマホを使って家計管理をする方も多いですよね?仕事内容は、スマホで撮影したレシートに記載されている購入日・時間・商品名・合計金額を入力することです。マニュアルもあり、入力方法も難しくありません。 マウスを使わなくてもレシートの拡大・縮小ができ、入力項目をキーボードで飛ばすことができます。具体的に以下の順番でデータ入力をしました。①専用の画面を開く②送られてくるレシートを確認する③日付・時間・品目・金額を入力する④合計金額がレシートと同じであることを確認して完了!タイピングが苦手な方は時間が掛かりますが、得意な人なら、ゲームのような感覚で楽しくできるお仕事です。仕事を始める前は、子どもが一人遊びをしている時や昼寝の合間にでき、タイピングも得意だから結構がっつり稼げるかもと思ってました。ただ、現実は厳しいです。ちょっと手が空いたので、パソコンを開くと、「ママが何か楽しそうなことをしている!」と息子が飛んできます。子ども達が起きていて、話しかけられると、なかなかデータ入力の作業はできませんでした。単純なデータ入力といっても、内容を読んだり金額を目で追うなど、集中できる環境が必要です。しかし、子供が学校で体調不良を起こした場合でも、すぐに迎えに行き、病院に連れていける点は安心です。また、レシート1枚の入力時間は短く、途中で中断する事も可能でした。子どもが突然トイレに行きたくなっても、入力中のレシートを1枚完成させて、トイレにつき合うことができます。そのため、ストレスもほぼなく、ゲームのような感覚でお仕事をさせてもらいました。現在、子どもたちは3歳と6歳です。これぐらいの年齢になると子どもたちのおしゃべりに付き合わなければならないので、難しいかもしれません。したがって、データ入力のお仕事は子どもの年齢が低いほど、続けやすいお仕事だと感じました。特に、一人遊びが好きな子やほとんど寝ている赤ちゃんであれば、長く作業を続けることができますね。皆さん気になるのは実際にどれくらい稼げたかですね。私が最近まで何度もお世話になった会社は、40000字の入力で600円でした。子ども達が起きていないスキマ時間にやっていたので早いときは3日、遅いときは納品日に間に合わないこともありました。この会社の報酬額はさすがに安すぎるなーと感じました。ただ、報酬額が少なくても、母親業だけでなく自分だけの時間が欲しい方には、とても向いているお仕事かも知れません。できれば、もう少し文字単価が高く設定されていたら継続してやりたいと思える仕事でした。
次に二人目の方は専業主婦で子どもがいる方です。データ入力の経験は浅いですが、データ入力の具体的な作業内容やメリット・デメリットについて詳しく聞くことができました。

 

項目 内容
主な業務
  • ネットで調べた情報をExcelやWordに入力
  • 掲示された写真の内容を決められたフォームに入力
体験者 主婦(子どもの人数一人)
現在のデータ入力の経験 浅い
報酬 1ヶ月数千円
メリット
  • 長く続ければ仕事がもらえることがある
  • 在宅ワーク初心者でも採用されやすい
  • 納期が良心的で、子どもに思わぬ事態が起きても安心
  • スキマ時間を使ってお金が稼げる
デメリット
  • 文字単価が低い
  • 飽きやすい
  • 漢字が苦手な人には厳しい

 

口コミについては以下の通りです。

 

口コミ②データ入力は在宅でパソコン一つでできるお仕事!
男児と夫の3人暮らしをしている36歳主婦です。在宅ワークを始めた頃はアンケートに答えたり、ネット調査をしたりと簡単なお仕事をしていました。今は主に文字起こしやデータ入力を中心にコツコツとお仕事していますが、経験は浅いです。データ入力の仕事の指示は様々ですが、以下の2つの内容をやりました。①決まったテーマに沿ってネットで調査した内容をExcelやWordに打ち込んで納品する②提示された写真の内容を決められたフォームに打ち込むだけの作業。私の経験上、決められたテーマに沿ってネットで検索して入力する作業の報酬がやや高めでした。しかし、すぐに求めている情報が表示されるわけではないので、内容によって調べるのに時間が掛かります。報酬は固定制の案件が多いです。一方で、写真に表示されている内容を決められたフォームに入力するだけの案件は、1文字1円以下など、出来高で報酬が決まるものが多いです。ただ淡々と入力するだけの作業ですが、稼ぐためには根気が必要です。ガイドラインも細かく、注意事項が決められています。①誤字脱字②入力内容の相違③写真の文字が読み取りずらい。入力後、内容に間違いがないか確認しなければなりません。間違いが多いと、途中で仕事を打ち切られる場合があります。単純な作業ですが、報酬をあげるためにはタイピングスピードと正確性が必要です。データ入力の案件数は多いですが、報酬はそこまで高くありません。時給や日給で考える人は途中で心が折れてしまうかもしれません。全く興味も知識もない情報を無心で入力する仕事なので飽きやすいです。長く続けるコツは、初めのうちはスキマ時間の稼ぎとして割り切ることですね。長く続ければ、タイピングスピードが上がり、信頼も増えます。仕事をもらえる機会が増えるので、お金を稼ぐチャンスも増えます。普段の仕事はクラウドワークスで探しています。データ入力はパソコンだけででき、在宅ワークの初心者でも採用されやすいので助かります。ただ、漢字が苦手な人にはあまりお勧めできません。特に人名や地域名は読みづらい漢字が多く、ある程度の漢字力は必須だなと思います。比較的、納期は良心的なので、以下のような思わぬ事態が起きても安心です。①子供が熱を出しても、面倒を見ながらスキマ時間に仕事を進められる②学校行事や家族行事で作業ができなかった日は、夜にまとめて件数を稼げる。スキマ時間を利用できる点もメリットです。経験上、長時間集中している時はタイピングスピードが上がり、 件数も稼げます。私が今月データ入力で得た報酬は子供行事で忙しかったので2000円ほどでした。あくまでもスキマ時間で行ったデータ入力のみの報酬です。いつもは毎月数千円ぐらい稼いでいます。データ入力だけでたっぷり稼ぐのは今の段階では難しいので、他の仕事とのバランスも考えるべきだなと毎回反省します。ただ、納期や生活スタイルを考えると、ストレスがなく、自分のペースが守れるので楽です。データ入力で1万円以上稼ぐためには、タイピングスピードを上げることと経験を積むことです。 報酬が少ないからと、途中で投げ出すことはおすすめできません。また、仕事によって入力ルールが違うので、実際にやるまでは複雑に感じるかもしれません。必ずルールや禁止事項を理解して作業を始めれば、多くの案件をこなしやすいです。在宅ワークのお仕事は初めは稼げないと言われています。ただ、経験を増やすことでたくさんのお仕事ができ、高収入にも繋がります。もしこれから始めようと考えている方は、報酬の多さにこだわらず少しずつ経験を増やしてみてください。合わなければ、また違う種類の仕事を選んでチャレンジすることも可能です。

三人目の方は正社員として働きながらデータ入力の仕事をされている方です。

データ入力で効率よく稼ぐための方法を詳しく聞くことができました。

項目 内容
主な業務
  • 画像の内容を読み取り、サイトのフォームに入力・登録する
  • 学生の試験の回答に対する採点作業
  • 20〜30文字程度の文章をカテゴリ分けし、カテゴリ記号をシートに入力する
体験者 30代正社員女性
報酬 月に2万円
現在のデータ入力の経験 3~4ヶ月(パソコンスキルあり)
メリット
  • タイピングや各種ツールの経験を活かせる
  • 在宅でもできる
  • 良い仕事を契約すれば月に2万円も稼げる
デメリット 業務内容と報酬の割が合わないクライアントもいる

 

実際の口コミについては以下の通りです。

 

口コミ③データ入力を副業として始めて感じた、良いお仕事を契約するために知っておくべきこと
私は正社員として働いている30代の女性です。 在宅のスキマ時間とパソコンスキルを活かしてお小遣い稼ぎができないか考えていました。その中で最も興味があったのがデータ入力業務です。お仕事をする環境は、自前のノートパソコン・キーボード・マウスのみです。事前準備や業務内容に関係ないファイルの操作をする時は、静かでテーブルが広めのカフェで作業をすることもあります。 基本的にはその時の気分や業務内容で作業場所を変えています。私が実際に経験したお仕事で、個人的に二度とやりたくない業務を1つ、またやりたい業務を2つご紹介します。まず、個人的に二度とやりたくない業務内容は、「指定画像の内容を読み取り、サイトのフォームに入力・登録する作業」です。お仕事内容の紹介欄には「非常に単純な作業で、キーボード入力ができれば誰でもできるお仕事」と記載されていました。作業量は数万文字単位で600円(固定報酬)でした。業務内容は、「文字列・数字列を撮影した画像を見て、記載されている文字列・数字列をデータ登録サイトへ入力する」作業です。納期は作業開始から24時間以内でした。 私はタイピング速度には自信があったため、数万文字の入力でも問題も無く、スムーズにできると考えていたのです。ところが実際に作業を始めてみると、画像も不鮮明なもの、ブレているもの、入力する文字が小さくて読みづらく、作業がまったく進みません。納期に間に合うか微妙なペースだったので、クライアントに納期の延長をお願いし、期日までに作業を終えました。しかし、クライアントからの評価は低めにつけられ、金額の割に作業量がつらいため、もうやりたくないなと思いました。固定報酬制の仕事は、事前に必ず分量と納期が見合っているかをクライアントに確認して、納期が守れる自信がある場合のみ応募するべきだと感じました。またやりたいと思えた業務内容の一つ目は「学生の試験の回答に対する採点作業」です。 採点専用システムを使い、1問じつ学生の試験回答に点数をつけていく作業です。 1問1円未満の完全出来高制で、数千単位の受注を3日間で完了させる仕事でした。システムも非常に使いやすく、スムーズに作業できました。 作業マニュアルは完備、サポート体制も完璧でした。作業中に不明点が出ても、すぐに確認できたため、ストレスも感じません。さらに、納期に間に合わない人のヘルプもしたので、報酬額が上乗せされました。報酬額は1000円でした。またやりたいと思えた二つ目の仕事は「20〜30文字程度の文章をカテゴリ分けし、カテゴリ記号を用意されたスプレッドシートに入力する」お仕事です。分量は数百行〜数千行で完全出来高制ですが、カテゴリ分けのルールが明確でFAQも充実していました。大手のクライアントなので、行単価も数十円と高いですが、入力内容のチェックが厳しく速度と正確性が求められました。幸い私の得意分野だったため、1時間で作業に慣れ、1行につき数秒でカテゴリ分けができました。報酬額は8000円と、かなり稼ぐことができました。お仕事紹介欄に、報酬額や納期について割に合う仕事かまできちんと明記されている案件は少ないです。そのため、応募する際は、必ず業務内容と併せてクライアント情報も確認するべきです。私はこれまでの傾向から、発注実績が数件程度のクライアントの案件は以下の条件に該当した場合、応募しません。①業務内容が曖昧②固定報酬金額が100円未満③固定報酬金額が50万円と極端に高い。また、クライアントに積極的に質問やメッセージを送り、返答が数時間以内にくるかチェックします。100人単位で採用する業務の場合はマニュアルやFAQの完備も大事なチェックポイントです。私は副業を本格的に始めてからまだ3〜4ヶ月程度ですが、データ入力業務だけで2万円以上を稼いでいます。とても良いお仕事を受注できたのは、コツコツと作業を続けた結果だと思います。これから在宅でデータ入力業務の副業を始める方は、まずは在宅ワーカーとしての実績を重ねることをオススメします。また、良いお仕事内容で募集しているクライアントは、必ず応募者の実績やスキルを見て採用します。実際に在宅ワーカーとしての実績があり、自分のスキルアピールのポイントも把握しつつ、少しずつお仕事内容を増やしていくのが、より良いお仕事採用への近道だと思います。

四人目の方は正社員として働きながらデータ入力の仕事をされている方です。

データ入力で効率よく稼ぐための方法を詳しく聞くことができました。

項目 内容
主な業務
  • レシートの情報を入力
  • 名刺に書かれている情報を入力
  • 芸能人の情報を調べて入力
  • 高校から進学した学校名や合格者数の入力
体験者 29歳女性
報酬 数千円
現在のデータ入力の経験 数ヶ月(パソコンスキルあり)
メリット
  • 初心者でもできる
  • 在宅でもできる
  • 働いてる実感は得られる
デメリット
  • クラウドソーシングサイトの手数料が高すぎる
  • マニュアルが思っていたよりも難しいことがある
  • あまり稼げず、時間がとても掛かる

 

口コミについては以下の通りです。

口コミ④【在宅で楽に稼ぎたい】
私は、29歳の実家暮らしの女性です。元々正社員として働いていましたが、事情があり在宅でできる仕事を探していました。これまでに4件データ入力の仕事をしたことあります。1つ目の仕事は、レシートなどに書いてある、日付、ショップ名、価格、品名や電話番号などを打ち込んでいく作業です。初心者歓迎、誰でもできるかんたんな仕事という言葉を信じて応募しました。 条件は、24000字を450円で48時間以内に完了させる事です。実際、初めてみるとマニュアルがあるのですが、思っていたよりも難しく、苦戦しました。期限内に納品でき、報酬が支払われたときは達成感がありました。他にも何度かお仕事をいただき、80000字で1週間以内のデータ入力もしました。私は、単純作業をコツコツすることが好きだったので合いました。何万字と打つたびにルールを自然と覚え、タイピングも早くなり、楽しかったです。 2つ目の仕事は、名刺に書いている情報を入力する仕事でしたが、難しく、挫折しました。3つ目の仕事は、芸能人の本名、出身地、学歴、ツイッターなどをウイキペディアで調べてエクセルに記入して提出する仕事です。1件につき15円の報酬です。楽しかったですし、知らない芸能人について知ることもできました。4つ目の仕事は、高校の進学先の学校名(大学など)と合格した現役者・既卒者の人数を記入する仕事です。報酬は200件で4,320円(税込み)です。過去3年分のデータを調べなければならないので大変です。コピペも禁止なので1件あたり30分以上掛かりました。最終的には200件の作業をしました。 さらに修正作業も含めると1週間も掛かりました。データ入力はパソコンさえあれば、電話の対応もなく、好きな時間に自分の部屋でできるので気が楽な仕事です。ただ、怠けてしまいそうなので、納期を守るために日程は決めました。例えば最低1万字のような目標の立て方です。基本的に早い納品を心掛けていました。一番のデメリットはクラウドワークスを利用すると報酬のうち2割も手数料が掛かることです。例えば、1つ目の仕事の場合、450円(税込)の報酬ですが、手数料を抜かれるとたったの360円です。さらに振込手数料が掛かるので、最低でも100円は引かれてしまいます。したがって、仕事をこなしても手数料などを引かれるとあまり稼げません。本当に稼ぎたい人は他の仕事をした方が良いです。ただ、初心者でもできる仕事でしっかりと働いているという実感は得られるので、お小遣い稼ぎにはおすすめです。

 

データ入力をされてた方の共通点は、初心者でもできる仕事や在宅でできる仕事を探していた点です。

 

稼げるかは、その人次第ですが、副業をやったことがない人でもお小遣いぐらいなら稼ぎやすいことがわかります。

データ入力で稼ぐための4つのコツについて解説!!

ここからはデータ入力で稼ぐための4つのコツについて説明します。

 

データ入力で稼ぐためには雇用先からの信頼を得ることが大前提です。

 

雇用先からの信頼を得ることとは?

  • 誤字脱字がないなど正確な文字入力ができる
  • 社会人としてのマナーや対応ができている
  • 納期に必ず間に合わせる

データ入力の仕事では入力のスピードよりも正確さが求められる

データ入力の仕事では、文字入力のスピードだけでなく、入力した文字の正確さも求められます。

誤字脱字がない状態で提出することも大事です。

なぜなら、文字入力のスピードが早くても、誤字や脱字が多いと何度も修正をしなければなりません。

誤字や脱字の多いものを納品し続ければ、雇用先の信頼を失います。

私は在宅ではないですが、アルバイトでデータ入力の仕事をしたことがあります。

その時に雇用先の上司が言っていたのが、「少々スピードが遅くても構いません。

ただし、数字の打ち間違えなどの入力ミスは絶対にやめてほしいです。」という言葉でした。

それだけ責任が必要な仕事であることは忘れてはなりません。

誤字脱字を防ぐためには納品前に何度も見直すことで防ぐことができます。

社会人としてのマナーはとても大事

雇用先から信頼を得るためには社会人としてのマナーや対応が出来ることも大事です。

納期を守ることや仕事を進めていて困ったことがあればすぐに相談をするなど当たり前のことが大事です。

意外かもしれませんが、納期を守らずにそのままバックレる方も多いです。

きちんと納期に正確なデータを入力し続けるだけで雇用先の方は喜んでくれます。

【納期を守れない原因は?】

納期を守れない原因の一つは計画の見通しの甘さです。ある程度、自分の入力できる文字数を把握しておかないと、納期ギリギリになって焦ってしまうので注意してください。

社会人として当たり前の対応をし、日々の仕事をこなすだけで雇用先の評価は上がります。

雇用先からの評価が上がれば、通常の仕事よりも単価が高い急な案件を貰えることもあります。

その結果お金も稼ぎやすくなります。

自分のタイピングスピードと一日に働ける時間を把握しておく

データ入力のバイトで継続的に稼ぐためには自分のタイピングスピードと一日に働ける時間を把握しておくことは大事です。

 

なぜなら、データ入力は単調な仕事が続くため、どのぐらいの文字数を入力すれば、これだけのお金を稼げるのか把握しておかなければモチベーションが上がらないからです。

 

【具体的にやること】

  • 1時間でどのぐらいの文字数を入力できるのか計測する
  • 1日のなかで集中しやすい時間帯や働ける時間の合計を把握する

 

集中できる環境づくりは必須

飽きやすいデータ入力のバイトで効率よく稼ぐためには、いかに集中できる環境を作れるかです。

データ入力の仕事中はなるべく他の事に気が散らないようにするべきです。

【集中するために心がけたいこと】

  • こまめに休息を取る
  • スマホなどは遠ざけておく

そもそも人間の集中できる時間は限られています。

したがって、1日に1万字の入力をしたくても、5時間続けて仕事をするのは効率的ではありません。

なかなか一つのことに集中し続けるのは苦手という方にお勧めの方法が「ポモドーロ・テクニック」です。

ポモドーロテクニックはイタリアの起業家フランチェスコ・シリロによって提唱された時間管理メソッドです。

最近ではメンタリストのDaigoが著書の「自分を操る超集中力」でメソッドを紹介しています。

ポモドーロテクニックの具体的なやり方を簡単に説明すると以下の通りです。

ポモドーロ・テクニックのやり方
  1. やるべき作業を細かく決めておく
  2. タイマーセットして25分間集中する
  3. 5分休憩(ここまでが1ポモドーロ)
  4. 2と3をあと3回繰り返す※
  5. 15分休憩(ここまでが4ポモドーロ)
  6. 再び2と3を繰り返す

※4回目の5分休憩は5番目の15分休憩になります。

つまり、25分集中+5分休憩を4回繰り返すのです。

この方法は、デスクワークをする方に愛用されている方法で、私もよく利用しています。

集中力に自信がない人にはぴったりの方法です。

何時間か集中してデータ入力をしたい時に使ってみてください。

データ入力の仕事をするクラウドソーシングサイトは絞る

クラウドソーシングサイトでデータ入力の仕事をする際に気をつける点はサイトを一つに絞ることです。

なぜなら、クラウドソーシングサイトでは、1件の仕事が終わるとお互いに評価をする仕組みがあるからです。

1つのサイトで10件の仕事をすれば、10件分の評価が実績として残ります。

しかし、2つのサイトで5件ずつの仕事をしてしまうと、それぞれのサイトで5件ずつしか実績が残りません。

クラウドソーシングサイトでは、実績が少ない人よりも多い人が採用されやすくなります。

特に、単価が他の案件よりも高めで競争担った場合は実績が多いことが判断基準の一つになります。

クラウドソーシングサイトの登録方法について解説

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

ここからは在宅でデータ入力のバイトをするのに不可欠なクラウドソーシングサイトの登録方法について解説します。

今回は実際にデータ入力の案件数が多いクラウドワークスを例に解説します。

以下の流れに沿って登録だけでなく、プロフィールまで終わらせれば、いつでも仕事に応募できます。

登録の大まかな流れ
  1. 公式サイトから仮登録
  2. メールが来る
  3. 本登録
  4. プロフィール入力

まずは仮登録から本登録を完了させる

まずクラウドワークス公式サイトから真ん中の会員登録ボタンを押します。

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

 

次に下記の画面に鳴るのでメールアドレスを入力し会員登録をします。

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

 

下記のメールが来るので、青いリンクをクリックして本登録へ進みます。

下記の画面になるので必要事項を記入すれば登録完了です。職種はデータ入力を選択します。

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

プロフィールなどを埋める

登録が完了したらプロフィールを入力します。

プロフィールを入力するボタンを押します。

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

プロフィールを入力します。職種は簡単在宅ワーカー、データカテゴリはデータ入力を選びます。

他の仕事もする場合はその仕事でも構いません。

自己PRはサンプルを参考にしても良いのでしっかりと埋めましょう。

 

(画像引用元:クラウドワークス公式サイト

 

ここまでで一応登録作業は完了です。

すぐにお仕事に応募できます。またスキル登録などを必要に応じて行えば、スカウトなどが来る確率が上がります。

クラウドソーシングでデータ入力のバイトを始める流れを解説

(画像引用元:ランサーズ公式サイト

ここからはクラウドソーシングでデータ入力のバイトを始める流れについて解説します。

大まかな流れは以下の通りです。

クラウドソーシングサイトのデータ入力でお金を稼ぐ流れ
  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールなどの情報をきっちり埋める
  3. 応募したい案件を見つけて応募
  4. 業者によっては採用を決めるテストがある
  5. お仕事開始
  6. 納品
  7. 報酬が支払われる

プロフィールはできるだけ埋めるようにしてください。
なぜなら、雇用先はプロフィールページがきちんと書かれているかを見て採用を決めることもあるからです。

ちなみに、お仕事の情報では下記のような情報が掲載されています。

【タイトル】

初心者歓迎!名刺を見て文字入力するだけの簡単なお仕事です!

【仕事の概要】

名刺の画像を見て、文字を入力するだけの簡単なお仕事です

【募集人数】

50人以上

【報酬】

名刺1枚あたり5円支払います

【注意点】

エクセルなどは使わず専用のフォームに入力します

連絡方法は専用のチャットで行います

【応募資格】

与えられた仕事を責任強く続けられること(途中で連絡が取れなくなることは避けてください)

コツコツと作業をするのが得意な人

1日に2時間以上働ける方

 

雇用先によっては、あなたのタイピングスピードを測るテストなどをすることもあります。

 

またデータ入力の仕事は単発の仕事と継続的な仕事があります。報酬のタイミングについては以下のような流れです。

 

  • 単発の仕事→納品終了後、売上が入る。クイック入金などを使えば、2,3日でお金を手にすることができる。
  • 継続的な仕事→月末までの作業分をまとめて、後日支払われるケースが多い

 

安定した収入が欲しいのなら継続案件がお勧めです。なぜなら単発の場合は、仕事が終われば、一旦契約終了になるからです。

そして、次の仕事を探さなければならないので、時間がもったいないです。

継続案件であれば、毎日仕事に困らないので、データ入力に集中できます。その結果継続的な収入につながりやすいのです。

データ入力は高校生や大学生でもできるのか?

データ入力の仕事は、高校生でも可能ですが、大手求人情報誌などで募集されている会社に通勤する仕事がほとんどです。

つまり、高校生が在宅でデータ入力の仕事をするのはかなりハードルが高いです。

しかし、大学生であればランサーズなどのクラウドソーシングサイトで仕事をすることができます。

クラウドワークスとランサーズでは20歳未満の高校生や大学生についての扱いが違います。

 

クラウドワークス】 

18歳以上20歳未満の場合は、保護者の同意が必要

引用元:クラウドワークス公式サイト

 

【ランサーズ】

18歳以上であれば利用可能 

引用元:ランサーズ公式サイト 

 

したがって、20歳未満の高校生や大学生はランサーズなら保護者の同意が必要ないので仕事を始めやすいです。

データ入力のバイトは、初心者でも努力次第で月5万円の収入を狙える

データ入力の仕事は、未経験者や初心者でも稼ぐことができるバイトです。タイピングスピードが早ければ、月に5万円以上稼ぐことも可能です。
クラウドソーシングサイトを利用すれば、案件も多く、効率的にお金を稼ぐことができます。より稼ぐためにはポモドーロ・テクニックなどを使ってデータの入力に集中することです。
データ入力の仕事をやりたい人は、クラウドソーシングやランサーズに登録して応募してみてはいかがでしょうか?
即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事