人気記事!!
副業|運転代行はどんな仕事内容?始め方からメリット・デメリット、事前に必要なものまで解説していきます
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

車が好きな人にお勧めの副業に、運転代行の仕事があります。

運転代行はお客様の車を代わりに運転し、車ごとお客様を自宅へ送り届けるのが仕事です。

運転代行の業務内容は車の運転がメインなので、車が好き・運転が好きという人は、仕事自体を楽しめます。

運転代行やタクシーのドライバーになるには2種免許が必須です。

しかし、タクシー運転手と同じような仕事内容でありながら、運転代行は2種免許なしでも始める事が出来ます。

仕事時間が夜間メインになり週末に需要が集中する為、サラリーマンが副業にしやすいのも魅力です。

この記事では、運転代行に興味のある人に向けて、下記の点について解説していきます。

■この記事で解説する事

  • 運転代行の詳しい仕事内容・具体的な仕事の流れ
  • 運転代行の報酬・勤務時間について
  • 運転代行のメリット・デメリット
  • 運転代行を始める為に必要なもの
  • 運転代行の仕事の探し方

この記事を読めば、週末に車を運転する事で、月の報酬を3万円アップする方法が分かります。

目次

スポンサーリンク

運転代行ってどんな仕事?

運転代行は飲酒などで車の運転が出来なくった人の代わりに、その人の車を代わりに運転し、目的地まで本人とその車を送り届ける仕事になります。

運転代行を頼むのは主に、お酒を飲んだ帰り道の人です。

夜お酒を飲みに行き、車を運転出来なくなった。こういう人が運転代行を頼む場合が大半です。その為、運転代行の仕事も夜20:00から5:00頃に働く事が多いです。

運転代行は二人一組で行う!

タクシー運転手なら、お客様を目的地まで送り届ければ、タクシーで次のお客様の元へ移動できます。

運転代行ではお客様を送り届ける際に自分たちの移動用にもう1台車を用意しておきます。

運転代行は仕事中に2台の車を扱う事から、運転手も二人必要になります。結果的に、運転代行では二人一組での仕事になります。

運転代行は2種免許がなくても出来る!

運転代行では、2種免許が必要になるのは、お客様を同乗させ、お客様の車を運転する方の運転手です。

人を車に乗せて仕事をする運転手は、2種免許が必須になります。この点は運転代行・タクシー運転手・バスの運転手すべて同じです。

しかし、運転代行ではお客様を乗せない、移動用の車の運転があります。こちらは、お客を乗せないので、普通免許があれば仕事が出来ます。

ただし、2種免許があったほうが良いのも事実です。

2種免許があった方が報酬面は優遇されますし、採用の面でも有利なのは間違いありません。

運転代行は普通免許だけでも出来ますが、2種免許保有者であれば、運転代行により一層向いているといえます。

もしも運転代行中に事故を起こしたら?

運転代行では車を運転するので、当然事故の可能性があります。

特に慣れないお客様の車を運転する場合は事故のリスクが上がりますし、実際に人の車で事故を起こしてしまうと大問題です。

万が一事故を起こした場合は、基本的には運転代行業者が保険で対応してくれます。

事故に備えて、運転代行業社は保険に入る事が義務付けられています。

しかし、居眠り運転などで過失が重いと保険を適用してもらえない可能性もあるので、眠気をコントロールなどするして過失なく運転する事が重要です。

運転代行の仕事前に、短くても仮眠を取る、眠気覚ましのガムを用意しておく、などの準備しておき眠気対策はしっかりおこなっておく事が事故を起こさない為には肝心です。

運転代行は悪質業者に注意!

運転代行業者の中には無許可で運営し、保険に入っていない業者が混ざっている場合があります。

保険に入っていない運転代行業者は、事故が起きても責任は取ってくれません。

事故は運転手の過失とし、弁償するのが当然という対応を取ります。

事故を起こした場合、車の修理費は高額になる事が多いですし、人に怪我をさせると治療費もかかります。

万一に備えて、運転代行で働く場合は仕事先の運転代行業者が保険に入っているかは、事前に確認しておきましょう。

アルバイト求人サイトなどで見つかる運転代行の募集要項には、保険について記載されているのが普通です。

引用元:タウンワーク

運転代行に応募する際は必ず募集要項に目を通し、保険について記載があるかを確認しましょう。

また、社用車に運転代行業のステッカーを張ってあるかでも、正規の業者かを確認出来ます。

サンプル画像:表示義務屋

運転代行業者の車には上の画像のように、許可を出している公安委員会認定番号が明記されたステッカーが必ず表示されています。

事故という万一の事態に備え、安心して働く為にも、運転代行は正規の業者で働く事が大切です。

運転代行の仕事の流れ!

運転代行の仕事は、以下の流れで進んでいきます。

運転代行の仕事の流れ

  1. ペアを組む人の確認
  2. 当日使用する社用車の確認
  3. 運転代行の依頼が入ったら、現地へ
  4. お客様から車のキーを預かり、運転代行開始
  5. 目的地に着いたら、料金を受け取って代行完了
  6. 勤務時間終了まで3から5までの繰り返し

運転代行の仕事の流れ1:当日ペアを組む人の確認!

運転代行業者へ出勤したら、まずは当日一緒に仕事をする人・ぺアを組む人の確認を行います。

運転代行は二人一組の仕事なので、一緒に仕事をする人と気が合わないと、気詰まりです。特に移動中は狭い車内で二人きりなので、気が合わない人との仕事は、正直なところつらいものがあります。

逆に気の合う人とペアに慣れれば、上司の監視があるわけでもない運転代行は、楽しく仕事が出来ます。

運転代行の仕事の流れ2:使用する車両の確認!

社用車の確認では、ガソリンが入っているか、運転に支障がないかなどを事前に確認します。

社用車が故障していると運転代行の依頼が入っても出発できず、お客様を待たせる事になってしまいます。

また、運転代行の走行中に問題が起きると車を止めねばならず、この場合もお客様を待たせる事になり、よろしくありません。

社用車の状態確認はしっかり行う必要があります。

運転代行の仕事の流れ3:運転代行の依頼が入ったら、依頼人の元へ出発

運転代行の仕事が入ったら、社用車でお客様の元へ向かいます。

運転代行は常時仕事があるとは限りません。平日の仕事だと、なかなか依頼が入らないというケースはよくあります。

運転代行の依頼が入るまでの時間は、待機時間になります。

待機時間は事務所か社用車の中で仕事が入るのを待つのですが、この間は基本的に自由時間です。仮眠を取るのも、スマホを見るのも自由です。

依頼が入ったら事務所から連絡が入るので、場所を確認し社用車に乗って出発です。

運転代行の仕事の流れ4:お客様から車のキーを預かり、運転代行開始

依頼人の元に到着したらお客様の車のキーを預かり、その車を運転して目的地へ出発です。

2種免許持ちの人はお客様の車に本人を乗せて先行し、もう一人は社用車を運転して目的地までついていきます。

2種免許が必要な前方車の運転はお客様の相手があり、道順を確認しながらになるので、後方車に比べると大変です。

運転代行で単に楽をしたいというのなら、後方車の運転に専念するというのも悪くないでしょう。

お客様はお酒を飲んだ後なので、酔っています。深酒している人や酒癖の良くない人の相手だと、面倒な場合もあります。

道順の確認はカーナビやアプリもあるので、目的地にたどり着くというのはむずしくはありません。

後方車は一人での運転なので、運転に集中できます。しかし、前方車にピッタリついていかなければいけないという点は、それなりに気は使います。

運転代行の仕事の流れ5:目的地に着いたら、料金を受け取って代行完了

無事目的地までお客様を送り届けたら、料金を受け取ってその仕事は完了です。

たいていのお客様は自宅へ帰るのが目的なので、目的地もお客様の自宅になります。

運転代行の料金は、社用車に設置されたメーターで計測します。

距離によって料金は増えていくので、長く走るほど料金も高くなります。

料金を受け取ったら、そこで一件の代行依頼が完了です。

運転代行の仕事の流れ3:勤務時間終了まで3から5までの繰り返し

運転代行の仕事の流れ

1、ペアを組む人の確認

2、当日使用する社用車の確認

3、運転代行の依頼が入ったら、現地へ

4、お客様から車のキーを預かり、運転代行開始

5、目的地に着いたら、料金を受け取って代行完了

6、勤務時間終了まで3から5までの繰り返し

運転代行は勤務時間終了まで上記3から5の繰り返しになります。

飲み会の多い年末年始は忙しく、休む間もないほど忙しいです。

一方で平日などは代行の依頼がなく、仕事の合間に長い休憩時間があり、仮眠を取り放題という場合もあります。

運転代行の場合、忙しいのは収入的に悪い事ではありません。この点については、次の運転代行の報酬についてで解説します。

運転代行の給料はどれぐらい?

運転代行の報酬は歩合制が多いですが、時給制の場合もあります。

■歩合制の場合

  • 2種免許有り:料金の25%から75%
  • 2種免許無し:料金の20%から70%

■時給の場合

  • 2種免許有り:1,200円から2,000円
  • 2種免許無し:900円から1,500

上記が運手代行の報酬の相場になります。

運転代行の報酬は特に歩合制の場合、年末年始などの繁忙期やそれ以外で収入が大きく変わります。

平均的にみると、週末に1日勤務・5時間稼働で大体5,000円から8,000円。

月に30,000円程度というのが、運転代行の収入の目安になります。

歩合制の元になる運転代行の料金は、5キロメートルまで2,000円で、1キロ増える事に料金が200円から300円増加というのが一般的です。

歩合制の場合は最低保証があるケースも!

運転代行の報酬が歩合制の場合、報酬は料金の20%から75%となっていて、非常に大きな幅があります。

料金が5,000円だった場合、料金の75%がもらえるのなら、3,750円が報酬になります。ですが、料金の20%しかもらえないなら、報酬は1,000円です。

ここまで収入に幅があると、歩合制が低いのには損しか感じません。

ですが、歩合制の幅の広さには理由があり、報酬の歩合が低いのが、そのまま悪い勤め先という事にはなりません。

運転代行の給料には一日の最低保証が定められているケースがあり、こういうケースほど、歩合制の取り分が少なくなっています。

例えば、最低保障が6,000円あるのなら、歩合制が20%でもトータルでは悪くない条件といえます。

上記のケースなら、一日働いての総料金が10,000円でも、収入は8,000円(最低保証6,000円+料金の20%・2000円)になります。

仮に一件も仕事がなかったとしても、最低保証の6,000円はもらえます。

最低保証がなければ、いくら歩合が良くても、一件も仕事がなければ収入は0です。

収入の安定を取るのなら、最低保証がある運転代行を選んだほうが良いでしょう。

運転代行は収入のバラつきが多い!

お酒を飲む人は平日より休日の方が圧倒的に多いので、仕事が増えるのは週末です。また、花見や忘年会・新年会の時期も、運転代行の繁忙期になります。

仕事が多い時期なら歩合が良いほど報酬は伸びるのですが、平日なら全く仕事がないという可能性もあります。

こういう場合なら、歩合制が低くても最低保証のある方が、給料的にはおいしいです。

車で仮眠を取っているだけでお金をもらえるので、仕事的にも楽です。

貰える報酬の落差が大きくなってもいいから稼げるときにしっかり稼ぎたいなら、歩合の良い仕事を。安定的に稼ぎたいのなら、最低保証のある仕事を選ぶのが良いでしょう。

運転代行は2種免許があると有利!

運転代行の報酬は歩合制・時給制どちらにしても、2種免許があった方が待遇が良いです。

歩合制の場合だと2%から5%。時給制の場合、200円から500円ほど2種免許保持者の報酬が、高くななります。

引用元:タウンワーク

月の収入に直すと、2種免許保持者の方が1万円ほどの収入アップが見込め、週1日・5時間勤務で月に40,000円以上稼げます。

2種免許を持っている人なら、運転代行ではより大きく稼ぐ事が可能です。

運転代行業者によっては、資格取得を支援してくれる制度があります。普通免許から仕事を始め、慣れてきたら2種免許取得を目指す、という働き方も運転代行では可能です。

運転代行の勤務時間!

運転代行の勤務時間は、9:00から翌5:00までの間でシフト制というのが一般的です。

運転代行は比較的シフトの融通をつけやすく、本業に響かないように、22:00から3:00ぐらいまでの勤務にしたいという場合、希望は通りやすいです。

運転代行が忙しくなるのは、22:00から翌2:00ぐらいなので、翌日の朝5:00まできっちり働く事はあまり求められません。

運転代行の需要は週末に集中するので、週末1日だけという勤務も可能です。

副業として考えるなら、週末だけ・4時間程度の短時間勤務が可能な運手代行は、仕事がしやすい環境です。

運転代行のメリット・デメリット!

運転代行のメリット・デメリットをまとめると、下記のようになります。

■運転代行のメリット!

  • 週末だけの勤務が可能で、仕事時間が夜なので副業にしやすい
  • 給料の現金日払いが多い
  • チップをもらえる可能性も

■運転代行のデメリット!

  • 酔った人の相手をしなければいけない
  • 残業がある可能性あり
  • 本業の勤め先に副業がバレる可能性が高い

運転代行のメリット1:週末だけの勤務が可能!仕事時間も夜なので副業にしやすい!

運転代行の仕事は週末が忙しく、仕事が入るのは19:00から翌5:00までの間が基本です。

平日昼間に本業がある人でも、夜なら副業の時間が確保出来ます

夜働くと、睡眠不足から翌日の本業に支障がでてしまいそうなのが心配ですが、週末だけの勤務なら、翌日が休みなのでこの点は問題ありません。

週一回でも深夜まで起きていると、生活のリズムが狂う可能性はあるのでその点の調整は必要ですが、週末・夜に働ける運転代行は、サリーマンの副業としては好条件です。

運転代行のメリット2:給料の日払いが多い!

運転代行の給料は、現金即日払い可となっている仕事が多いです。

普通のアルバイトなら給料の振り込みは一月先ですが、即日払いの運転代行なら、働いたその日にお金が手に入ります。

今、お金に困っている。こういう場合、即日払いの運転代行は非常に魅力的です。

運転代行のメリット3:チップをもらえる可能性も!

運転代行の仕事をしていると、お客様からチップをもらえる場合があります。

日本で仕事をしてチップをもらうというのはかなりめずらしい話ですが、本当です。

運転代行は酔ったお客さんの相手が多くなります。

酔った状態で気前が良くなる人というのはけっこういて、車から降りた後にチップをくれる場合があるのです。

さすがにチップはそう頻繁にもらえるようなものではありませんが、給料以外に収入があるというのは、運転代行のうれしいポイントになります。

運転代行のデメリット1:酔った人の相手をしなければいけない!

酔ってって気前よくチップを支払ってくれるお客様なら良いのですが、残念ながら酔ってタチが悪くなる人というのも世の中には存在します。

特に狭い車内でお客様と二人きりになる2種免許持ちの人は、酒癖の悪い人に当たると大変です。

お酒が入ると乱暴な口調になる人、ひたらすら愚痴をこぼす人、いろいろな人がいます。そのような人の相手をしながら、目的地まで慣れない車を運転するというのは、運転代行のつらい点です。

運転代行の仕事をする以上、酔っ払いの相手は避けられないので、この点は注意しておく必要があります。

運転代行のデメリット2:残業がある可能性あり!

運転代行はシフトの融通はつけてもらいやすいのですが、定時で帰れるとは限りません。運転代行には残業の可能性があります。

運転代行の仕事は、お客様を目的地まで送り届ける事です。

当然ですが、目的地までどれぐらいの距離があるかは客様により代わります。

勤務時間が2:00までの場合でも、終わり間際に片道30分かかる仕事がはいったら、勤務終了は3:00近くになってしまいます。

運転代行は残業の可能性のある副業なので、定時上りは出来ません。

特に、年末年始などの繁忙期は、残業の可能性が高くなります。

残業が絶対に嫌。こういう人には、運転代行の仕事は向いていないといえるでしょう。

運転代行のデメリット3:本業の勤め先に副業がバレる可能性が高い

運転代行の仕事は、給料制です。くわしい解説は下記の記事を参考にしてほしいのですが、給料制の副業は会社に隠すのが難しく、運転代行は副業バレの可能性が高いです。

サラリーマンの副業がバレない方法を解説!!会社にバレない副業22選!!

会社が副業を認めていない場合、運転代行の仕事は基本的に避けた方が良いでしょう。

お金を稼ごうと副業を始めたのに、副業のせいで本業をクビになったり、評価が下がったりといった支障が出るのは良くありません。

会社にばれない副業は下記のものがあるので、そちらを参考に副業を考えた方が、本業への影響は少なくて済みます。

運転代行を始める為に必要なもの

当たり前ですが、運転代行を始めるには普通免許が必要です。

その他求められるスキルとしては、下記のものがあります。

  • 運転技術
  • コミュニケーション能力

運転代行の仕事には、運転技術が必要です。

お客様を乗せて走る前方車の運転手は、普段乗らない車コミュニケーションを取りながらの運転になります。

運転する車は軽・ワゴンやフォード・エクスペディションのような大きい車。トヨタ・クラウンのような高級車の運転もあるかもしれません。

どのような車でも、事故無く安定して運転出来る技術は重要です。

また、お客様を乗せる以上、ただ運転が出来るだけでなく、適度なコミュニケーション能力も運転代行には求められます。

無駄話が嫌いな人もいるので一概には言えませんが、狭い車に人がいれば、自然と会話が必要です。

お客様を不快にさせない程度のコミュニケーション能力は、運転代行に必要なスキルとなっています。

運転代行は定期的に利用する人も多く、そういう人に気に入ってもらえると指名が入るようになり、仕事の安定化につながります。

お客様から信頼が貰えるような運転技術、コミュニケーション能力は、運転代行ではどちらも重要です。

会社の車で追走する後方車の場合、コミュニケーション能力はそれほど求められませんが、前の車に遅れずについていく運転時術はやはり必要になります。

運転代行アルバイトの探し方

運転代行アルバイトは、インターネットのアルバイト求人サイトで探す事が可能です。

  • タウンワーク
  • フロムエー
  • アン

上記のサイトを使えば、運転代行の仕事は簡単に見つける事が出来ます。運転代行の仕事を探すのに、苦労する事は無いでしょう。

運転代行は夜の仕事、酔ったお客様の相手が多い事などから、離職率の高い仕事です。

運転代行の募集が多いのにはこのような理由もあるので、務めた後が大変という可能性はあるのですが、仕事探しで苦労しないのは単純にうれしい点です。

運転代行のブラック企業には要注意!

仕事を探しやすいのは良いのですが、運転代行業者の中にはブラックなところもあります。

運転代行は酔っ払い運転が社会問題になった際に、急拡大した市場です。

あまりタチのよくない業者、無許可営業の業者はまだ残っているので、運転代行の勤務先選びは慎重に行いましょう。

ブラックな業者だと給料の未払いがあったり、事故があった際に保険が利かず、責任を一方的に押しつけられる可能性があります。

運転代行の勤め先を探すときは、保険に加入しているか社用車にステッカーがあるかを確認し、正規の企業で働くようにしましょう。

サンプル画像:表示義務屋

まとめ:運転代行は車好きにお勧めでサラーリマンの副業にもピッタリ!

運手代行は酔って運転が出来なくったお客様に代わり、お客様の車を運転し、目的地まで安全に送り届ける仕事です。

運転代行は19:00から翌5:00までの間が仕事時間になり、週末だけの勤務も可能なので、サラリーマンが無理なく出来る副業になります。

運転代行を始めるのに2種免許は不要なので、運転免許さえあれば、始める事が可能です。

もちろん、2種免許があれば給料面で優遇されるので、資格取得者には運転代行がよりお勧めできます出来ますきます。

酔った人の相手をしなければいけない、眠気に注意が必要とつらいところもある運転代行ですが、車好きの人にはお勧めできる副業です。

運転代行の副業なら、週末だけの勤務で月に3万円の収入アップが可能です。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事