人気記事!!
【5分で読める本要約】茂木健一郎|眠れなくなるほど面白い脳の話
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

自分が望む容量を変えることはできるか人口知能はすでに多くの分野で人間の能力を超えている。

囲碁、将棋、チェスでは人間を遥かに凌駕するようになった。計算能力はもちろん、パターン認識の能力でも人工知能は人間を上回っている。

このような時代に人間の脳に求められることは一体何なのか。

今回は"眠れなくなるほど面白い脳の話"を要約していきます。本書は脳についての興味深いトピックや、知っておくべき基礎的な知識がまとめられており、この本を読めば読む前よりも脳についての理解が深まり人工知能時代にも負けないで前に進む自信が生まれてくるでしょう。

本書を通してまずは自分の脳の働き、仕組みを知ってください。

その上で自分にしかないユニークな能力とは何か。

どこが欠点で、どこが長所なのかじっくりと考えていきましょう。

スポンサーリンク

自分が望むように脳を変えることはできるか

結論から先に申し上げると、意欲する方向に脳は進むので、できるということになります。

脳の回路全体の指揮者は前頭葉ですが、中でも前頭前野と呼ばれる分野はその時々の意欲や欲望に従って様々な脳回路の活動を上げ下げしているのです。

だからこそ、音楽家を目指す人の脳は次第に音楽家の脳になっていきます。

同じように数学者の脳、職人の脳など意欲を持って日々過ごしているうちに少しずつ変化して、それぞれのプロフェッショナルへと、どんどん進化していくということであります。

意欲さえあれば脳は変わる。

これは脳科学の観点から確かなことであります。意欲的に取り組めば私たちの脳はちゃんと答えてくれるわけです。

毎日流されるように漠然と生活していては前頭前野の活性化は期待できません。脳の進化を望むのであれば目標に挑戦し続ける意欲を持つことです。

目標について学んだり情報を集めることも脳にとっては良い刺激となります。

そして、これを聞いても「そんな脳は簡単に成長しないだろう」と思う人いるかもしれません。

しかし、脳の発達には年齢制限がないということも分かっています。

人間の脳はいくつになっても成長できます。人間は一生学び続ける存在です。

人間の脳はいくつになっても成長できる可能性を秘めております。

しかし、新しいことに挑戦しなければせっかくの脳の学習能力を活かすことはできません。

幼い子供に限らず、いい大人が新しいことに挑戦している姿も見ていて非常に微笑ましいものです。

ましてやおじいちゃんやおばあちゃんがぎこちなくてもチャレンジを続けている姿はうっとりするほど美しいと筆者は言います。

それまでの自分の価値観や世界観と違う事に遭遇してもごまかしたり否定するのではなく、冷静に眺める心の余裕が必要です。

年をとっても何かに挑戦している人は発想が柔軟で若々しく見えます。

そして、間違いなくその人の脳は成長を続けているのです。

まとめ
  1. 自分が望むように脳を変えることができる。意欲する方向に脳は進化する。脳の進化を望むのであれば目標に挑戦し続ける意欲を持つことである。
  2. 人間の脳はいくつになっても成長できる。だからどんどん新しいことに挑戦しよう。

地頭を良くする方法

世間では生まれつき地頭は決まっていて、後天的なトレーニングではどうすることもできないという意見と、あとからでも頑張れば地頭は鍛えられるという意見があります。

答えは結局どっちなのでしょうか。

それを知るためにまずは頭がいいとはどういう人のことを言うのかということを理解しなければいけません。

人間は他の動物よりも様々に劣っているところがありますよ。それにも関わらずこれだけの文明を発達させてきたのです。

この事実を見ると少しは人間って頭がいいなと思ってもいいかもしれません。

では人間の頭の良さとはどんなことに由来するのでしょうか。

現在の脳科学では頭の良さ=他人とうまくやっていけることだと考えられております。

他人と心を通じ合わせて協力して社会をつくり上げることが人間の頭の良さの本質だと言うゆうことであります。

頭の良さというのは社会性と深く関わっています。他人の心を読み取る能力を専門用語で心の理論と言います。

コンピューターはいくら計算が早くできてもこの心の理論は持ちません。他人の心を読み取って初対面の人とコミュニケーションを取れる能力においては、人間はコンピューターよりもはるかに優れております。

現在までの知見を総合すると、厳密な意味で他人の心を読み取ることができるのは全ての動物の中で人間だけだとされているのです。

相手の気持ちを読むときやその場の空気を読む時に脳は2つの方法を使っております。

1つ目は他人の心のシュミレーション学習です。これは自分の心のプロセスを元にして他人の心のプロセスをあたかも自分のプロセスとして実現する行為です。

そして、2つ目が他人の行動観察による学習です他人が何にどう反応するのかをパターン学習して他人の目に見える行動を当てはめています。

この2つの学習をすることによって私たちの脳は、その場の空気を読み他人とうまくやっていく能力を発揮しているのです。

実はその時私たちの道は他人の心をシュミレーションし他人の行動観察を行っているわけです。

この能力が高く他人と心を通してうまくやっていける人のことを脳科学では頭のいい人だと捉えているわけです。

では次にいわゆる地頭を良くする方法はあるのかということを考えていきましょう。

イギリスのチャールズスピアマンという心理学者は人間の多くの能力に共通しているg因子というものがあり、このg因子が高い人は様々な分野で学力が高いことを統計的手法によって示しました。

つまり、g因子が高い=地頭がいいとも言えるでしょう。

そして、その後の脳科学の研究によってg因子の高い人は前頭葉の集中力の回路がよく働くということがわかったのです。

つまり、皆さんg因子がいい人とは前頭葉の集中力の回路がよく働く人ということがわかったのです。

地頭がいい人とは前頭葉の集中力の回路がよく働く人でもあるわけです。

ではこの集中力を鍛えるには一体どうすれば良いのでしょうか。

4つほどここで紹介します。

 

■集中力を鍛える方法

  1. 勉強する時にはいきなりトップスピードでやる
  2. ノイズのある所で仕事をする
  3. ルーティーンの中に自分を入れる
  4. タイムプレッシャーをかける

ではそれぞれ簡単に解説していきます。

勉強する時にはいきなりトップスピードでやる

筆者は子供たちには勉強する時には「いきなりトップスピードでやれ」と言っているそうです。

これは慣れないうちは辛いかもしれませんが、続けていくうちにいきなりトップスピードで勉強できるようになっていきます。

こうすることで前頭葉の集中力の回路が徐々に鍛えられていくのです。

ノイズのある所で仕事をする

ノイズがあるところで勉強や仕事をするという方法もお勧めです。

例えば、居間という雑音の多い場所で集中して何かをすることによって前頭葉の記憶の回路の働きが強化されます。

実際に東大合格者は居間で勉強していた人が多かったという話をお聞きになった方も多いはずです。

脳科学的に見れば人間の前頭葉はどんな場所でも瞬間的に集中できるように設計されておりますから、集中するべき時はいつでも集中できるように脳を癖づけするのです。

ルーティンの中に自分を入れる

この集中すべき時にいつでも集中できるようになるために決まったルーティンの中に自分を入れてしまうということが極めて大切になっていきます。

例えば、新しい仕事に着手した時、イントロでいつも決まった手順を踏むのです。

まずネットでキーワードを検索するとか、図書館に行って関連書を探すとか、ワープロで成功ストーリーを文字にするとか何でも構いません。

よくスポーツ選手がやるような靴の紐は最後に結ぶ、左足からフィールドに入るといったジンクスでも構いません。

大切なのはルーティーンなどのありとあらゆる手を使って瞬間的に集中する習慣を身につけることです。

脳の中にこの回路ができればしめたものです。この後は体が勝手に動いてくれるようになるからです。集中するための回路さえできれば、あとは自動的に集中できるようになるんだと筆者は言っております。

タイムプレッシャーをかける

集中力を鍛えるにはタイムプレッシャー、すなわち制限時間を設けて自分がこれ以上早くできないという限界を超えようと努力することが大切です。

そして、アスリートのトレーニングのように限界を少しずつ上げていくことです。

これを徹底的に繰り返すのです。

例えば問題集を解くとき1つの問題でじっくり考えるよりも次、次、、次と、問題を素早くページをめくっていきます。

とにかく勉強でも仕事をする時でも制限時間をかけてできるだけ早くそれを終わらせるように努力する。

そして、慣れてきたら制限時間をもっと短くしてさらに速くする。このような訓練を徹底的に行えば集中力は自然と鍛えられていきます。

まとめ
  1. 現在の脳科学では頭のいい人とは他人と心を通してうまくやっていける人のことである。
  2. 地頭をよくする方法は前頭葉の集中力の配慮を鍛えることである。
  3. 集中力を鍛える4つの方法は、

・勉強する時にはいきなりトップスピードでやる

・ノイズのある所で仕事をする

・ルーティンの中に自分を入れる

・タイムプレッシャーをかける

能力を最大限に高める方法

私たちは勉強している時や仕事をしている時に自分の脳がもっと働けばなぁと感じることがあるでしょう。

ここでは脳の力を最大限に高める方法について解説します。

結論を先に言うと能力を最大限に高める方法は3つです。

  1. 新しいことに挑戦する
  2. ゲーミフィケーション
  3. 生の体験をする

この3つがあるのです。

それぞれ順番に解説していきましょうか。

新しいことに挑戦する

どんな小さなことでもいいですから何かに挑戦すると脳内の神経伝達物質であるドーパミンが分泌されますね。

ドーパミンは、

  • 快の感情
  • 意欲
  • 学習

に関わっていてドーパミンの分泌によって脳の回路が強化される強化学習という現象が起こります。

そして、強化学習はドーパミンが分泌される直前に行われていた行動を強化する働きもするのです。

例えば、自分は勉強ができないと思っている子供が苦手な勉強に挑戦してテストの点がグンと上がったりすると、大きな喜びを感じ勉強への意欲が一気に高まります。

これもドーパミンの働きによるものであります。

ゲーミフィケーション

強化学習にとって重要なキーワードの1つにこのゲーミフィケーションがあります。

これは勉強にゲームの要素を取り入れるという意味ですが、例えばこれだけの英単語を10分間で全部覚えてやろうといったタイムプレッシャーもゲーミフィケーションのテクニックのひとつです。

タイムプレッシャーは全力で取り組んでできるかできないかというギリギリの時間設定にすることがポイントです。

ぎりぎりの時間設定でできた時の達成感は次の挑戦の意欲をかきたてるからです。

このようなテクニックは子供の学習の場面で使われることが多いのですが、大人になって何かに挑戦すればドーパミンが分泌されますし、ゲーミフィケーションというテクニックを使って自分の脳を自分で伸ばしていくことが可能であります。

このゲーミフィケーションを日々の仕事や学習に活用すれば、脳の活性化を促進することができます。

苦痛と感じがちなことも遊び心をもって取り組むと脳の報酬系が刺激されて行動力・集中力が高まります。

では脳を活性化させるゲームフィケーションの具体的なやり方を解説しておきましょう。

ゲーミフィケーションのポイントは2つ。

  1. 目標を明確にする
  2. テーマを設定する

1つ目の目標を明確にするについては、例えば英単語10個を30分間で覚える、企画書を2本書いたら休憩する、など達成する目標を具体的に決めてください。

目標は一生懸命頑張ってギリギリ達成できるラインにしましょう。2つ目のテーマを設定するに関しては目標を決めたら達成後に満足感を得られるテーマを設定して欲しいのです。

英単語10個を30分で覚えたらSNSを10分見るなど達成後に楽しみが待っていることで前頭葉の回路が刺激されるわけです。

生の体験をする

生の体験をすることがなぜ大切なのかと言うと、生の体験の記憶整理が脳を鍛えるからであります。

記憶という視点から見ると生の体験にはユニークな特性があります。

それは特定の意味に整理される以前の言い換えれば編集前のノイズが豊富に含まれているということであります。

書籍や映像を通して得られる知識は誰かが整理し編集してくれたものです。

もちろんこれも必要なのですが、一方で自分で工夫しなんとか言葉にしていくというアグレッシブな側面にかけてしまうことになります。

生の体験の記憶は脳の大脳皮質の側頭葉に蓄えられます。脳に蓄積された記憶は長い年月をかけて徐々に編集されます。

そして、様々なノイズに満ちた経験から意味を見出す編集作業こそが脳を鍛えて成長させていくのです。

記憶は一度定着してもずっとそのまま止まっているわけじゃないんですね。

長い時間をかけて編集され続けるものなのですが、例えば随分前に体験したことの記憶が突然蘇ってその意味が腑に落ちることがあります。

こんなことが起こるのは脳の中でその時の記憶がずっと編集され続けていたからです。

私たちはいくつになっても生の体験を重ねていくことが脳の成長には欠かせないわけです。

まとめ

能力を最大限に高める方法は3つある。

  1. 新しいことに挑戦すること。
    それによってドーパミンが分泌されて強化学習が起こる。
  2. ゲーミフィケーション
    強化学習にとって重要なキーワードはこのゲーミフィケーション。ゲーミフィケーションを日々の仕事や学習に活用すれば脳の活性化を促すことができる。
  3. 生の体験をすること。
    生の体験の記憶整理が脳を鍛える。生の体験の記憶は脳の大脳皮質の側頭葉に蓄えられます。脳に蓄積された記憶は長い年月をかけて徐々に編集されます。様々なノイズに満ちた経験から意味を見出すこの編集作業こそが脳を鍛え成長させていくのです。

マインドフルネスが脳にいい理由

最後に脳を鍛えるという話になると絶対に出てくるマインドフルネスについて解説していきましょう。

マインドフルネスをすると、集中力が上がったり脳の働きが良くなったりと様々なメリットがあるとよく言われているわけなのですが、なぜマインドフルネスが脳に良いのでしょうか。

その理由をしっかりと理解してマインドフルネスをするモチベーションにしてもらえたらと思います。

では結論から言います。

マインドフルネスはなぜ脳に良いのか。それは今ここに注意を向けDMNを生み出すからです。

人間はなんと1日6万回思考していると言われ、ほとんどが自分の意思とは無関係に自動的に思考や感情が湧いてきます。

これを放っておくと思考や感情が自動操縦状態に陥ってしまい、未来に対して不安を感じたり、過去の出来事を思い出して後悔したりする時間が増えてきます。

この悪循環を断ち切るために有効なのがマインドフルネスをなのです。

これは今ここで起こっていることだけを見つめ、今の感情思考を判断せずに冷静に観察している心の状態を言います。

日本語では気付きなどと訳され、近年では脳科学や心理学、認知科学の分野からのアプローチが進んでおります。

また、アメリカの先端のIT企業ではマインドフルな状態を維持するためにマインドフル瞑想を社内研修に取り入れており、認知度が急速に高まっております。

ではマインドフルネスになると脳の中ではどんなことが起こっているのでしょうか。

ここで出てくるのがデフォルトモードネットワーク、通称DMNです。DMNとは私たちが何もしていなくてぼーっとしている時に活性化する脳の経路のことです。

このDMNには脳の様々な領域を調節し情報や感情などを整理整頓する働きがあるということが分かってきました。

いってみれば脳のお掃除係のようなもので、これがストレス解消にも効果を発揮していると考えられております。

DMNを活性化するためには意識的にボーッとした状態を作る必要があります。

そこでこのマインドフルネスの出番です。マインドフルネスを行っている時は何かを考えているわけではないので脳がアイドリング状態になってDMNが発動しやすい状態になります。

これで脳のメンテナンスがおこなわれ、気づきを得られたり、ストレスが解消されたり創造性が高まったりします。

まとめ

マインドフルネスが脳にいい理由は脳の様々な領域を調節し、情報や感情などを整理整頓する働きのあるDMNを活性化させるからである。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事