人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「クレジットカード」と聞いて、皆さんはどのようなカードブランドを思い浮かべるでしょうか。

VISAやマスターカード、JCBなどの大手ブランドではないでしょうか。

しかし、「アメックス」と呼ばれ、1990年前後のバブル時代に「持つことがステータス」と言われたアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを忘れてはいけません。

この記事ではアメリカン・エキスプレスの発行するクレジットカードを種類別に審査基準と通過するための3つのコツを詳しくご紹介します。

目次

スポンサーリンク

アメックスカードとはどのようなカードか

アメックスはこんなカード!!

・審査にかかる時間は最長3週間程度!!
・審査通過からカード発行まで1週間程度!!
・アメックスを持てば自身のステータスとしても印象が良い!!

基本的には一般的なクレジットカードと同じです。

中でもアメリカン・エキスプレスのクレジットカードは充実した会員特典が魅力のカードとなっています。

審査にかかる期間は最大で3週間程度となっており、申込者の属性によって異なっています。

審査通過からカード発行まで1週間程度で完了する方から3日程度で審査落ち(否決)連絡が来る方まで様々です。

年収や申し込み時の年齢、職業の属性や副収入の有無等の様々な視点から見て、微妙な立ち位置である場合、より審査は慎重に実施される傾向が強く、時間を要することが多いカードです。

カードの種類はランク順で・・・

  • 一般カードとなる「アメリカン・エキスプレス・カード」
  • その上のランクの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」
  • 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」
  • 「アメリカン・エキスプレス・ブラック・カード」となっています。

 

残念ながらプラチナとブラックのランクのカードはご自身で選択して申し込むことが出来ません

アメリカン・エキスプレス社から「プラチナ(ブラック)カードを持つのにふさわしい人間だ」というお墨付きが無い状態では案内のお声掛けすら無いという大変貴重なカードとなっています。

このカードを持っていれば、ステータスとしては最高の状態です。

では、各カードの特長としてはどのような点があり、どのような審査基準でカードを発行しているのか順に見ていきましょう

アメリカン・エキスプレス・カード

審査難易度・・・

まず、入門編として通称アメックス・グリーン・カードと呼ばれている一般カードがあります。

アメックスの特徴

  • 空港のラウンドが無料
  • 海外旅行先で24時間日本語のサポートを受ける事が可能
  • ポイントプログラムによりお得なプレゼントキェンペーンも開催

 

特長としては空港のラウンジを無料で使うことが出来たり、海外旅行先で24時間日本語でのサポートを受けたりすることが出来ます

また、ポイントも買い物金額に応じて貯まる仕組みとなっており、「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムが用意されていて、ご入会時にはポイントのプレゼントキャンペーンも行われています。

キャンペーンでのご入会時には利用金額や初めての利用などに応じて最大18,000ポイントを獲得することが可能です。

グリーン・カードの年会費はいくらか

アメックスの費用

年会費は「12,000円+消費税」
家族カードを発行する場合、「6,000円+消費税」

アメリカン・エキスプレスは一般カードで年会費を取っている数少ないカードなのですが、それを差し引いても他カードではゴールドクラスの十分なサービスを受けられるカードとなっています。

ポイントの付与についてはクレジット利用額100円につき1ポイント貯まります。

審査基準はどのような内容か

まず、一般的なクレジットカードの審査では申込者の情報の中で、以下の項目を重視して確認しています。

 

  • 一定以上の定期収入があるか(年収300万円程度が一定のライン)
  • 年齢が20歳を超えている
  • 勤続年数はどの程度か
  • 安定した職業や正社員として勤めているか
  • クレジットカードの返済等に延滞や遅れはないか(事故情報の有無)
  • 債務整理を行っていないか
  • 安定した資産を保有しているか

 

特に預貯金等の資産保有に関して、下記の図にあるように200万円以下という項目も設けられていますが、200万円以下を選択した場合、審査に加点となっている可能性は低いと考えられます。

その理由はクレジットカードの支払いの仕組みにあります。

ショッピングでクレジットカードを利用すると、購入した商品代金を一時的にクレジットカード会社が立て替え払いを行っています

もし、利用者から期日通りに支払いが実施されなかった場合、クレジットカード会社は利用者に督促する等の方法を取って支払いを受けなくてはなりません。

その未払いリスクを軽減させるためにも審査時に年収や預貯金等の資産を申告する形をとる必要があり、緊急時の「支払い能力の有無」の判断を行っているという訳です。

また、資産を多く所持している申込者の方がゴールドカードやプラチナカードへとランクアップできる可能性を秘めています。

このような点から資産200万円を保有していないからといって審査時に減点になるわけではありませんが、利用枠決定の参考資料とされることはほぼ間違いないと考えられます。

引用元:アメックス公式HP(申込画面)

但し、アメリカン・エキスプレス社は、申し込み者の資産の保有状況や年収と年会費との釣り合いを見て総合的な判断を実施していますのですぐに諦める必要はありません。

なぜなら、アメリカン・エキスプレス社の審査で重要視されているのは「現在の支払い能力」であるからです。

基本的に審査では保有資産の状況だけといった「決めつけ」や「絶対」というような偏った見方で申込者の属性を決めつけることはありません

アメリカン・エキスプレス社をはじめ、クレジット会社の審査基準の中に「3C」と呼ばれる共通認識があります。

それは「Capacity(資力)」「Character(性格)」「Capital(資産)」の3点です。

その中でも「Capacity(資力)」は支払いや返済のための「継続的かつ安定した収入があるか」という観点です。

以下に3Cの情報を纏めますので参考にしてください。

Capacity(資力) 継続的かつ安定した収入源を持っているか。年収や家賃収入などがこれに当たります。
Character(性格) お金の扱い方や考え方。個人信用情報の事故情報(延滞など)から判断されます。
Capital(資産) 債務の担保となる持ち家や自家用車、預貯金の有無がこれに当たります。

クレジットカード利用で一番重要なのは、利用した分の返済が可能であるだけの収入が見込まれているかという点ですので、保有資産を売却することを当てにしてクレジットカードを発行しないというのがアメリカン・エキスプレス社の審査方法となっています。

アメリカン・エキスプレス社としてもクレジットカードを多くの方に持って頂き、利用してもらって初めて収益が生まれますので、なるべく多くのカードを発行したいと考えています。

特にアメリカン・エキスプレス社は利用額の一定枠を設けず、申込者個人で設定しているクレジットカード会社です。

よって、預貯金などの保有資産だけで審査で判断することはなく、仮に預貯金等の保有資産が少ない場合でも、収入がある程度あれば利用枠を小さくして発行するなどの調整を行えるように工夫がされているのです。

また、各カード申込において勤続年数については年数が伸びるほど審査時に加点がされます。

勤続年数が2年以上ある場合は現在がどのような雇用形態であってもマイナスになることはなく、最大で15~30%合格率が向上します。

これはクレジットカードの審査が「スコアリング評価」という方式で評価されていることに起因しています。

スコアリング評価って?

スコアリング評価とは?カードの申し込み者の個人情報(雇用体系、勤続年数、年収等)に対して点数付けをする事を言います。このスコアリング評価が高いほど当然ですが、審査に通りやすいといわれています。大抵各クレジットカード会社はスコアリング評価のボーダーラインも決めています。

 

アメリカン・エキスプレス社は前述の通り「現在の支払い能力」を最重視しています。

そのため、まずは年収で基本合格率が決められています

その後、各項目の審査で合格率を補正して審査を行うのですが、その中でも勤続年数の項目では正規雇用であれば3年以上で加点が始まっていると考えられる申込ケースが存在しています。

しかも、これはこれまでの審査状況の口コミ情報などから非正規雇用の場合でも正規雇用やビジネスオーナー等より劣るものの加点はあるものと判断でき、雇用形態に加え上場している企業などに勤務している場合は更に加点を加えられている可能性が高いと言えます。

グリーンカードの審査難易度は

引用元:アメックス公式HP(申込画面)

 

契約社員や主婦であっても、勤続年数や不労所得の有無などが加味されて、審査に通ることもあります

上記の図のように職業選択欄には「主婦・主夫」や「年金・不動産・利子配当による収入」という項目が設けられています。

 

ここポイント!!アメリカン・エキスプレスは過去の個人信用情報(債務整理の有無)などの他、現在の収入状況や資産の保有状況を吟味し、先述の通り「返済能力の有無」を詳細に審査しているクレジットカード会社です。

 

それは、特に「Capacity(資力)」の項目が審査上で重視されているためで、アメリカン・エキスプレス社はカード発行時にクレジット利用額に一定枠を設けず、申込者個人毎で金額調整し、設定していることからも申込者の返済能力に柔軟に対応していると窺い知ることが出来ます。

 

他の日本のクレジットカード会社の審査に落ちたからといって、アメリカン・エキスプレス社の審査に落ちるとは言えないのです。

よって、アメリカン・エキスプレス・グリーン・カードの審査難易度は決して高いものではなく、気軽に審査を申し込んで通過できるレベルだと考えることが出来ます。

アルバイトや専業主婦などの収入が安定していなかったり、無収入であったりする場合は所得審査項目で引っかかってしまう可能性もありますが、会社の正社員として勤めていれば入手は比較的容易です。

しかし、審査はかなり丁寧に行われていて、最長で3週間ほどの審査結果が必要となります

審査の進捗状況も電話で聞かせてもらうことが出来ます。

但し、利用限度額が10万円程度からスタートという場合も多くあり、長期間にわたって年会費や利用した金額を延滞無く支払い続けるといった利用実績を積み重ねていく必要がありそうです。

この仕組みにはアメリカン・エキスプレス社の狙いがあり、その狙いのために利用限度額は「一律の制限なし」とされています。

この「一律の制限なし」というのは誰もの利用限度額が青天井であるという意味ではなく、「個人によって同じカードでも設定される限度額が異なる」という考え方です。

現在、アメリカン・エキスプレス社は都度、顧客の利用実績を確認しており、優良顧客か判断を行ってアメリカン・エキスプレス社のクレジットカードを多く利用しており、かつ今後の支払い延滞も無さそうな優良顧客の限度額を引き上げていくというスタンスをとっています。

そのために重視されているのがクレヒスと呼ばれる「クレジットヒストリー(利用履歴)」となります。

利用限度額は小さくスタートしてリスクを抑えつつ、高い頻度で使ってくれる、または大きな金額の買い物をして、支払いも延滞しない優良顧客を発見しようとしていると言えます

グリーンカード所持のメリット

アメリカン・エキスプレスの入門カードであるグリーン・カードですが、所持することのメリットにはどのような内容があるのでしょうか。

主なメリットとしては以下の点が挙げられます。

 

  • ゴールドカードレベルの空港ラウンジサービス
  • ポイントの交換対象にはホエールウォッチングなどの体験型、ハイブランド商品だけでなく、T-POINTやホテルのポイント、アマゾンギフト券などに交換も可能
  • 最高5,000万円までの旅行損害保険(海外・国内)を付帯
  • 世界3万都市の海外・国内ホテル宿泊代金8%OFF等の割引

 

上記は一部ですが、国内カードブランドのゴールドカード所持特典を上回ると言って良い程のメリットを備えています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

審査難易度・・・

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはこんなカード!!

・日本初のゴールドカード!!
・家族カードを1枚無料で発行!!(通常年会費12000円)
・グリーンカード同様、空港ラウンジ、旅行のサポートもあり!!
・利用金額等に応じて最大33,000ポイントを獲得する事ができる!!

世界中のクレジット会社が発行するゴールドカードの頂点とも言うべき存在であるのが「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。

このカードは日本で初めてのゴールドカードで、世界でも初めてアメリカン・エキスプレス社の発行した世界標準になっていると言えるゴールドカードでもあります。

このカードは俗に言う「使う人を選ぶカード」です。

世界標準という言葉通り、日本国内の使用よりも海外に頻繁に行く人にメリットを与えるカードとなっています。

大きな特長としてはグリーン・カードの特典として付帯されていた空港ラウンジや旅行のサポートに加えて、年会費12,000円の「家族カード」を1枚無料で発行することが出来ます。

そのカードランクも「グリーン」または「ゴールド」を選択できます。また、「ゴールド・たイニング」というグリーンカードにはないサービスも付帯します。このサービスは国内でも利用できるので、メリットを享受し

やすいと考えられます。

ご入会時のポイントのプレゼントキャンペーンもグリーンカードと同じく行われています。

入会時からの一定期間内の利用金額や初めての利用などに応じて最大33,000ポイントを獲得することが可能です。

ゴールド・カードの年会費はいくらか

年会費

・年会費は「29,000円+消費税」
・家族カードを発行する場合は1枚目の年会費は無料
・2枚目以降の年会費は「12,000円+消費税」

年会費は「29,000円+消費税」となっており、一般的なゴールドカードの感覚で見ると年会費は少し高めの金額に設定されています

例えば同じゴールドカードである「JCBゴールドカード」の年会費は「10,000円+消費税」、「三井住友VISAゴールドカード」も年会費は「10,000円+消費税」となっています。

以下に主だったゴールドカードの年会費を纏めます。

カード名 年会費
アメリカン・エキスプレス・ゴールド 29,000円+消費税
JCBゴールドカード 10,000円+消費税
三井住友VISAゴールドカード 10,000円+消費税
dカードGOLD 10,000円+消費税
MUFGカードゴールド 1,905円+消費税
イオンゴールドカード 無料

 

アメリカン・エキスプレス社の場合、家族カードを発行する場合は1枚目の年会費は無料、2枚目以降の年会費は「12,000円+消費税」となっています。

ポイントの付与についてはクレジット利用額100円につき1ポイント貯まります。

尚、ポイントを一度景品に交換するとポイント有効期限が無制限になります。

年会費の高さ以上に得られるメリットは後述しますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには他社のゴールドカードの追随を許さないものがあります。

審査基準はどのような内容か

現在、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査基準は一般的なゴールドカードの審査項目と大きく変わりないと考えられます。

ただし、グリーンカードの審査に比較して年収項目の審査基準は引き上げられており、年収500万円程度が目安として必要となっています。

グリーンカードの審査基準で記載した「スコアリング評価」の中に収入に関するスコア項目が存在しています

スコアリング評価で加点を行い、100点を超えてくるとカード発行率はほぼ100%となりますが、収入に関する項目で年収500万円を超えたとき、スコアリング加点が大きく跳ね上がります

スコアリング評価って?

スコアリング評価とは?カードの申し込み者の個人情報(雇用体系、勤続年数、年収等)に対して点数付けをする事を言います。このスコアリング評価が高いほど当然ですが、審査に通りやすいといわれています。大抵各クレジットカード会社はスコアリング評価のボーダーラインも決めています。

収入項目で50点を超えた状態から補正審査(預貯金や持ち家などの審査)をしてもらうことは審査通過に有利に働きます。

しかし、500万円を超えていない場合、30~40点からのスタートが濃厚となっており、補正をかけても基準点に到達しない可能性が高まっていきます。

よって、ゴールドカードを無事に手に入れる為には、年収500万円程度あれば合格の可能性は高まると言えるのです。

もちろん、年収500蔓延なければ審査に合格出来ないという訳ではありません。

後述しますが、ゴールドカードの審査難易度は下がってきており、他の項目で補正をかけることで十分に合格が可能です。

以下にゴールドカードを所持する為に持っておきたい審査条件を記載します。

 

  • 一定以上の定期収入があるか(年収500万円程度が一定のライン)
  • 年齢が20歳を超えている
  • 勤続年数はどの程度か
  • 安定した職業や正社員として勤めているか
  • クレジットカードの返済等に延滞や遅れはないか(事故情報の有無)
  • 債務整理を行っていないか
  • 安定した資産を保有しているか(100万円より加点)

 

申し込み者の資産の保有状況については、2,000万円以上の資産を所持している場合は、問題なく審査に合格できるという判断を出すことが出来ます

なぜなら、下記の図(申込フォーム)から分かるように審査申込フォームの中に資産「2,000万円以上」を超えるの保有資産の選択項目が用意されていないからです。

グリーンカードの審査でも同様の項目ですが、つまりアメリカン・エキスプレス社の中では「保有資産2,000万円以上は上位顧客と位置付けられている」ということが推測出来ます。

引用元:アメックス公式HP(申込画面)

ゴールドカードの審査難易度は

引用元:アメックス公式HP(申込画面)

現在のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査難易度はバブル時代などと比較すると甘くなっていると言えます。

上記の図は「ゴールド・カード」の申し込み内の職業選択画面です。

この中に「主婦・主夫」や「派遣・契約社員」も申込項目に含まれていることからゴールドカード申込の門戸は一昔前と異なり、かなり広くなっているものと考えられるからです。

さらに、「年金・不動産・利子配当による収入」という職業選択欄を作成していることからも、アメリカン・エキスプレス社はより多くの人をゴールドカードの発行対象としたいという思惑があると考えられます

また、一昔前まではクレジットカード審査に有利なステータスと考えられていた「持ち家の有無」については、下記の図のように項目としては設けられてはいるものの、「社宅」や「賃貸」という項目があることから、必須条件ではないと判断できます。

もちろん、「自己所有」であることが加点され、審査に有利に働いていくのは言うまでもありませんが、持ち家が無くてもゴールドカードの発行は可能であると考えられます。

引用元:アメックス公式HP(申込画面)

但し、年収項目に関しての審査基準はグリーンカードよりも厳しくなっています。

年収が「200万円以下」という項目もありますが、こちらを選択して通過することはまず考えにくいです。

グリーンカードと同じく、こちらも勤続年数については年数が伸びるほど審査時に加点がされます。

勤続年数が2年以上ある場合はどの雇用形態であってもマイナスになることはなく、最大で15~30%合格率が向上します。

引用元:アメックス公式HP(申込画面)

ネット上の口コミサイト等には、400万円~500万円程度の年収があれば、審査に通過したという声が多く寄せられています。

ローンの有無や個人信用情報などの様々な顧客属性も審査に関わりますが、年収という面では上記金額で一定ラインが引かれているようです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査難易度は年収が500万円程度あれば、決して高い壁ではなく、審査を申し込んで十分に通過できるレベルだと考えることが出来ます。

契約・派遣社員や専業主婦(主夫)などの収入が安定していない方でも持ち家を所持していたり、保有資産が2,000万円近く所持していたりする場合、審査通過は比較的容易であると考えられます

ゴールドカード所持のメリット

アメリカン・エキスプレスの上位カードであるゴールド・カードですが、所持することのメリットとしてどのような特典が用意されているのでしょうか。

まず、グリーンカードにも付帯している持つ以下のメリットが挙げられます。

 

  • ゴールドカードレベルの空港ラウンジサービス
  • ポイントの交換対象にはホエールウォッチングなどの体験型、ハイブランド商品だけでなく、T-POINTやホテルのポイント、アマゾンギフト券などに交換も可能
  • 世界3万都市の海外・国内ホテル宿泊代金8%OFF等の割引

 

上記は一部メリットの紹介ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは他のクレジットカードブランドのゴールドカード所持特典を遥かに上回る以下のメリットを備えています。

  • 【アップルワールド】で国内外の旅行予約で代金5%OFF
  • 「ゴールドダイニングby招待日和」で所定コース代金1名無料
  • 最高1億円までの旅行損害保険(海外・国内)を付帯
  • 海外旅行時、スーツケース1個を無料で配送サービス
  • 自宅から国内の国際空港への送迎を割安定額価格でご案内
  • 世界中のレストランで優待
  • 提携ホテル2泊以上宿泊でゴルフコースプレー1名分無料
  • キャンセル費用の補償最大10万円
  • ゴールドカード専用回線が用意され、土曜日も受付対応

世界を旅するのであれば必携と言える充実のサービスとなっています。

アメリカン・エキスプレス社のゴールド・カードは旅行や体験型の特典などエンターテイメントサービスの特典がグリーンカードよりも更に強化されています

ゴールドカードを審査なしで手に入れる方法

このように大変大きなメリットを備えており、富裕層のためのクレジットカードと思われがちなアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですが、お金を使いたがっている富裕層が申し込むカードになりますので、アメリカン・エキスプレス側も発行を積極的に行っています

正面から所持しようと審査を申し込む場合は年収をクリアできれば、発行に大きく近づくものと言っても過言ではありません。

しかし、このゴールドカードを手に入れるための審査を経ずに手に入れる方法があります。

それは「グリーン・カード」からのランクアップです。

ゴールドを所持する方々の多くが取っている手法で、利用実績を作り、ゴールドへのランクアップ切り替えを行うという方法を紹介します。

「グリーン・カード」の審査基準をクリアしたのであれば、基本的に「ゴールド・カード」の審査基準も利用実績があれば問題なくクリアできることが多いのです。

「グリーン・カード」を取得し、1年間程度利用を続け、支払い延滞などの金融事故を引き起こしていないのであれば、アメリカン・エキスプレス社より「ゴールド・カードへの切り替えの招待状」が送付されてくるのが一般的です。

この申し込み招待状は当然、招待されていますので、規定通りに申し込めばゴールドカードが手に入ることになります。

1年間程度と少々長い時間はかかりますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードも手に入り、手軽でアメリカン・エキスプレス社からの信頼も築くことが出来る一石二鳥の良い方法なのです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

審査難易度・・・

 

※上記はイメージです。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはこんなカード!!

・希望者が直接申し込みをする事はできない!!
・招待状を受けた方のみ手に入れる事ができる!!

いよいよ、公式ホームページには掲載されていないステータスのカードとなる「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の紹介です。

このカードはどのような条件をクリアすれば審査を通過し、入手することが出来るのでしょうか。

まず、このアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは希望者が直接申し込みを行うことが出来ない上位ランクのクレジットカードになります。

「あなたはこのプラチナ・カードを持つのにふさわしい人物です」とアメリカン・エキスプレス社より認定され、インビテーションと呼ばれる招待状を手に入れる必要があります

発行の大前提としてこのインビテーションが手元にあるのかが大きなポイントとなります。

プラチナ・カードの年会費はいくらか

年会費

・年会費は13万円+消費税

年会費は公式には公開されていない情報ではありますが、13万円+消費税が年会費として設定されているようです

年会費だけでも高額なので、よっぽどの富裕層でなければ所持することを維持できないカードとなっていると考えられます。

審査基準はどのような内容か

まず、入手の為には当然ながら「ゴールド・カード」の所持者であることが前提の条件として存在しています。

なぜなら、アメリカン・エキスプレス社はプラチナ・カードの審査としてゴールド・カードの利用実績を鑑みてインビテーションを発行するかの可否を決定しているからです。

これは、ゴールド・カードの所持者の利用実績や支払いの状況をアメリカン・エキスプレス社は定期的に確認しており、プラチナ・カードを持つのに相応しい人物かを判断しているということになります。

つまりこの利用実績を積み重ねていくことが、審査を通過するための第一のスタートとなるのです。

外部向けの申し込みサイトが存在していないということは、プラチナカードを入手する為に必要なことは、日々の支払いにゴールドカードを利用し、プラチナカードを持つにふさわしい人物であることをアメリカン・エキスプレス社にアピールするしか近道となる方法が無いということです。

どの程度ゴールドカードを利用すればインビテーションが送られてくるのかについては、アメリカン・エキスプレス社側の公開情報はありませんので不明ですが、一般的にはゴールドカードで2年間程度、年間決済額が100万円以上の利用と資産状況が1,000万円を超えていることがインビテーションが発行される目安と考えられています。

プラチナカードの審査難易度は

プラチナカードを得るために通過するための審査で我々利用者側が出来ることは、「ゴールドカードを利用し続けること」でした。

では、そのカードをどこで使うのが近道と言えるのでしょうか。

あくまで一般論にはなりますが、アメリカン・エキスプレス社と提携をしている企業や店舗で使用を続けると「この顧客はアメリカン・エキスプレス社を好んでくれている優良顧客だ」と判断されるのではないでしょうか。

インビテーションを得るまでの年間利用額も1,000万円も利用する必要はなく、年間100万円から200万円の利用でもインビテーションを得ることが出来たという情報もあります。

普段から日常遣いのカードとしてゴールドカードを利用すれば最短1年間程度でインビテーションを得ることが出来ると思われますので利用を続けましょう

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

審査難易度・・・

 

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードはこんなカード!!

・アメリカンエキスプレス最高峰のカード!!
・このカードの所持者はプラチナカード招待権を持てる!!

最後はアメリカン・エキスプレス社最高峰のクレジットカードである「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の紹介です。

いわゆる「ブラック・カード」と呼ばれるクレジットカードで、収入、資産、地位など最高峰のステータスを持っていないとインビテーションが届かないカードになります。

このブラックカードの保有者は知人や友人にプラチナカードの招待状を送付できる資格を保有しています

もし周囲にこのカードを保有している方がいらっしゃる場合、アメリカン・エキスプレス社を通さずにプラチナカードを作ることが可能となります。

下記に各カードのランクについてまとめます。

カードの種類 審査の方法/入手難易度
センチュリオンカード 招待状 / 非常に難しい
プラチナカード 紹介・招待状 / 難しい
ゴールドカード 申込・招待状 / 比較的容易
グリーンカード 申込 / 比較的容易

※「申込」の場合、年収や職業などが審査対象になります。

グリーンカードも入手難易度は「比較的容易」となっていますが、審査が簡単なわけではなく、厳しい審査が実施されています。

このランクの最高峰カードとなるセンチュリオンカードは、通称「アメックスブラック」と呼ばれ、芸能人の神田うの氏が所持していることで芸能ニュースを騒がせたこともありました。

現在はバブルの頃と異なっていて、このブラックカードを持っていることが最高のステータスの証明となっています。

ブラック・カードの年会費はいくらか

年会費

・35万円+消費税

年会費は35万円+消費税となっています。

初年度だけはこの年会費とは別に入会費が約55万円必要となっています。

所持するためにはまずはこの年会費と入会費を支払うことが出来ることがまず第一関門となります。

また、このカードの所持者には専任のコンシェルジュがつき、顧客のリクエストに応えてくれます

審査基準はどのような内容か

まず審査対象者はアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを所持している利用者で、その中から「この顧客はアメリカン・エキスプレス社の最高のクレジットカード顧客として相応しい超優良顧客だ」と判断されることで所持が出来ます。

つまり、プラチナカードを所持している顧客の一部にセンチュリオンカードのインビテーションが届き、晴れて保有の権利を持つことが出来るという流れになっています。

このカードは存在自体をアメリカン・エキスプレス社はほとんど公にしていないので、謎に包まれているカードとなります。

プラチナ&ブラックカード所持のメリット

選ばれた方だけがクレジット会社から招待されて所持することが出来、数多くのステータスを所持することが出来るカードがプラチナカードやブラックカードです。

そのメリットは非常に大きいもので、以下のようなメリットがあります。

  • プラチナ&ブラックカード所持者限定のイベントへの招待
  • 会員制クラブへの招待
  • 高級レストランの料金優待
  • 空港や旅行先での最上級のホスピタリティの提供
  • 提携ホテルでの宿泊部屋の無料アップグレード
  • 提携航空会社のファーストクラスに無料アップグレード(センチュリオンのみ)

他にもカード会社にとって最高の顧客をもてなすために、ありとあらゆるサービスを享受できるように工夫されています

審査を通過するための6つのコツ

アメリカン・エキスプレス社の中でもプラチナカードやブラックカードは言わば日常生活に必要ではないステータス用の「特別なカード」とも言えます。

しかし、所持することの恩恵は非常に大きく、日常の生活をより豊かに過ごすことが出来ます。

審査の難易度は高く、年収や職業、今までの利用履歴まで全てをチェックされ、カードを持つのに相応しい顧客がどうかを判断されます。

最後に入手のために気になる点をまとめて記載したいと思います。

コツ①:利用時に延滞はしない&記入ミスをしない

当然のことになりますが、まず絶対にやってはいけないのが他のクレジットカード利用時の支払いの延滞です。

延滞があることによってクレジット会社から申込者への信用は地に落ちてしまいます

新規申込時には利用履歴(クレジットヒストリー)がアメリカン・エキスプレス社によって確認されますし、一定期間の延滞履歴も残ってしまいます。

そして、申込記載内容の間違いです。

嘘をつくことは調査ですぐにばれてしまいますので、絶対に止めることはもちろんですが、この申込書の記載は審査基準の「3C」の中にある「Character(性格)」項目に関与しているからです

求められている情報を正しく提供できるのかは、アメリカン・エキスプレス社からの信用を得るために重要な項目だと心得てください。

もちろん、ミスが見つかってしまうとその審査だけでなく、その後のクレジットカードのランクアップにもマイナスに働く可能性がありますので、注意してください。

コツ②:同時に多数の申し込みをしない

実はクレジットカードの申し込み履歴は閲覧することが出来ます。

短期間に多数のクレジットカードを特典目当てなどで申し込むと、クレジットカード会社に「お金に困っている」と判断されることに繋がってしまいます。

審査の結果が出るまで浮気をせずに待つことが大切です

コツ③:転職後や起業後すぐには申し込まない

もし、転職や起業の予定がある場合は、その前に審査を終えましょう

これは勤続年数も審査の対象となっているからで、新規の顧客で転職したてであったり、起業したばかりだったりするのは心証が良いものではありません。

クレジットカードの審査の基本は「今までの支払い履歴」「今後支払うことが出来る見通しが立っているか」という2点に主眼が置かれていることを忘れずにお願いします。

コツ④:キャッシング希望枠は0円で希望

クレジットカードの利用枠には2種類あるのをご存知でしょうか。

それは「ショッピング枠」と「キャッシング枠」です。

ショッピング枠は普段の買い物時に利用する所謂「立て替え払い」の枠のことです。

それに対してキャッシング枠は「銀行等のATMから現金を引き出せる」枠のことです。

後者は借金になりますので、キャッシング枠を付けたクレジットカードを発行希望することで審査の難易度は上がることとなります。

こちらの希望を0円とすることでクレジットカード会社のカード発行リスクは軽減されますので、審査は通りやすくなります

コツ⑤:所持しているクレジットカードで毎月の固定費を支払う

既にクレジットカードを所持している場合、審査申込前に公共料金などの固定費をクレジットカード払いにしておくとクレジットヒステリー(利用履歴)が記録され、支払いをきちんと行っている利用実績を作ることが出来て、審査にも有利に働きます

コツ⑥:セゾンカードから申し込む

実はセゾンカード(クレディセゾン)でも提携型の「アメリカン・エキスプレス・カード」を入手することが出来ます

こちらの方が審査基準がセゾンカードの基準となり、取得しやすい傾向があります

サービスを求めているのではなく「アメリカン・エキスプレス・カードを持ちたい」という希望の申込者の方であれば、維持費も安いこのカードを申込することで審査の通過率を上げることに繋がるはずです。

各カードに共通する疑問

以下に各カードに共通する疑問点とその答えをまとめます。

Q.20代でもカードは作成できるのか

A.グリーンカード、ゴールドカードは問題なく作成可能です。

現在の審査方法であれば、高年収が必要なカードではなく、延滞などの信用情報に傷が無ければ審査が通る可能性は高いと考えられます。

プラチナカードやブラックカードは利用年月や収入も関係しますので、一概には決められませんが、紹介が無い限りインビテーションが届くことはまず無いものと考えられます。

Q.10代での作成は難しいのか

こちらは一般的にクレジットカードの作成時の年齢で未成年者は審査に合格できないことが多いので、その基準に則っていると考えられますので、難しいと言えます

但し、セゾンカード発行のアメリカン・エキスプレスのクレジットカードである「セゾンパール」であれば可能であるようですが、サービス面はアメリカン・エキスプレス社の他のカードよりも大きく見劣りしています。

Q.審査にかかる期間はどれくらいか

一般的な正社員や公務員からの申し込みであれば収入も確認しやすいので、遅くとも1~2日程度で審査結果のメールが届きます。

しかし、カードの到着までは1週間から10日程度はかかることが多く、他のクレジットカード会社よりも遅めの配達となっています。

Q.自営業者でもカードを所持することはできるのか

こちらも問題ありません。所持することが出来ます。

経費の支払い用であれば法人用カードも作成することが可能です。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの審査

 

アメリカン・エキスプレス社のクレジットカードは審査は非常に精密に行われています。

但し、現在のゴールドカードの審査は、バブル時代のゴールドカードの位置付けが変わってきたこともあり、比較的易しくなっていると言えます。

一昔前の厳しい審査は鳴りを潜めており、プラチナやブラックを望まなければ、比較的持ちやすい大衆的なクレジットカードになりつつあると考えられます

スマートフォンからでも申し込みすることが可能なので、一度チャレンジをしてみると良いかもしれません。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事