人気記事!!
試験監督は稼げる!?辛い?楽?お勧めの求人サイトは?
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「本業の収入だけではお金が足りない」「本業以外の収入が欲しい」「でも平日は中々時間が取れないし、体力的にもWワークはきつい」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

収入を増やしたい時に検討するのが、副業です。しかし、本業以外に仕事を持つというのはそう簡単ではありません。

平日の夜にアルバイトをしたら、疲れから翌日の本業に身が入らなくなってしまいます。

週末にアルバイトをするという手もありますが、休日にまで疲労の残る仕事をしていては身が持ちません。

休日に楽に出来る仕事はないか?そう考えたときに行きつくのが、試験監督のアルバイトです。

「試験監督は楽で簡単に稼げる」という評判を耳にした事がある人は多いでしょう。

しかし、本当に試験監督は楽で簡単に稼げるのでしょうか?

この記事では、

  • 試験監督の仕事内容は?楽なの?
  • 試験監督の給料
  • 試験監督を副業にしても会社にバレないか
  • 試験監督に必要な物は?
  • 試験監督の仕事の流れ
  • 試験監督の仕事の探し方

について解説していきます。

目次

スポンサーリンク

試験監督とは?

試験監督は、国家試験から資格試験・学力試験などの試験を監督する仕事です。

試験を監督するというと、黒板前の机に座って試験している人を監視しているようなイメージがありますが、これだけが試験監督の仕事ではありません。

試験監督の業務
  • 試験会場の設営
  • 試験を受ける人の案内・受付
  • 受験票と本人の確認
  • 試験の説明
  • 試験問題の配布
  • 試験中の見回り
  • 試験を受けている人のサポート
  • 答案用紙の回収
  • 試験後の後片付け

簡単といわれる試験監督ですが、並べてみると以外にやる事はたくさんあります。

とはいっても、この業務内容の全てを一人でこなすわけではありません。

受験生の本人確認や試験の説明などはベテランの試験監督員が行い、募集時の条件も異なる場合が多いです。

チェック

初めて試験監督の仕事をする場合は、試験場への誘導や試験の配布などの簡単作業が仕事になります。

試験監督の仕事は楽?単純?

試験会場の設営は机や椅子の移動を行う為、それなりに体力を使ってしまい楽ではなさそうです。

試験が大規模であり、数百人単位の机や椅子を準備するとなると大変ですが、大抵の試験では数十人程度の規模です。

また、大学などが試験場であれば元々机や椅子は準備されているので、試験監督の準備はそう大変ではありません。

試験監督と会場設営は募集の時点で分かれている案件もあるので、体力を出来るだけ使いたくないのなら会場設営が別個に募集されている案件に応募するのが良いでしょう。

試験の見回り中は基本的に立ち仕事になり、案件によっては座る事が禁止されているものもあります。

ただ座っているだけでいい、というわけではないので注意しましょう。

また、試験を受ける人は資格を取る為、自身の学力を計る為、真剣に試験を受けています。

試験中の人をサポートするというのも試験監督の大切な仕事であり、緊張感から多少の気疲れは出てくるでしょう。

チェック

しかし、トータルで見ると難しい仕事は不要で重いものを運ぶわけではなく、単発の仕事で人間関係のわずらわしさもない試験監督は楽な仕事と言えるでしょう。

試験監督の勤務時間

試験監督の仕事は案件によっては午前・午後のみというものありますが、基本的に1日仕事になります。

朝7:30から夕方16:00、長いものなら18:00ぐらいまでが拘束時間となります。

休憩は昼食に1時間程度が基本で、実働は6から9時間程度です

勤務時間は長目ですが、仕事時間の大半は試験中の見回りになります。

働いているより静かにしている時間が長い、というのが試験監督の実情です。

試験監督の仕事はどんな人がやっている?

試験監督の仕事をする人は様々で、学生のアルバイトからサラリーマンの副業、主婦のアルバイトと色々な人がいます。

試験監督に特別なスキルは必要ないので、募集条件は未経験歓迎というものが多くなります。

ただし、試験を監督するという性質上、成人している事が条件に入っている案件は多くなります。

試験によって働く人は大きく異なり、傾向的にスーツ着用が義務の試験はサラリーマンなどの社会人が増え、ある程度ラフな服装が許される試験では学生が増えます。

国家試験などの試験監督になると、募集条件に社会人である事が加わる場合もあります。

試験監督の給料はいくらぐらい?

試験監督の給料は日払いと時給制があり、時給換算で900円~1,200円程度が相場になります。

試験監督は1日仕事が多く、日当にすると6,000円から10,000円が稼げる為、1日でまとめて稼ぎたいという人に試験監督は向いています。

試験監督は責任に応じて職種が代わり、主任試験監督員になれば時給1,500円とより高い報酬を得る事も可能です。

チェック

続けても特別なスキルは身につかなさそうな試験監督員ですが、ベテランになれば相応の見返りが期待出来ます

試験監督のアルバイトは即日払いもあり

試験監督の案件にもよりますが、給料は即日で支払われる場合もあります。

仕事が終わればその場で領収書の発行、給料の受け取りが可能なので、急ぎのお金が欲しい人は即日払いの案件を探してみると良いでしょう。

急ぎのお金が欲しい場合、日払いと即日払いの違いに注意しましょう。

日払いとは給料の支払いの計算方法が一日単位であるというだけで、すぐに給料がもらえるというわけではありません。

即日払いは言葉の通りで、働いたその日に給料を受け取る事が可能です。

急ぎの場合は即日払いに条件を絞って仕事を探すと良いでしょう。

試験監督は副業にしても会社にバレない?

試験監督のアルバイトをしたいけれど、会社が副業を認めてくれるか不安、という人も少なくないでしょう。

試験監督の副業を会社にバレずに行う事は可能なのでしょうか?

副業が会社にバレる場合、問題になるのは2点です。

  • 人の口から副業が会社に伝わる
  • 住民税の額から他の収入がある事が判明し、副業がバレる

試験監督の場合、イレギュラーではありますが、何かの資格試験の試験監督のアルバイトをしていたら、そこにたまたま会社の人が来てしまった、という事態も考えられます。

自分の職種に縁のない試験のアルバイトならこの可能性は高くはないでしょうが、リスクは0ではありません。

副業を隠したいのなら口外はしないように注意

副業を隠したいのなら、他人の口に注意が必要です。

副業で稼いでいると、つい人に自慢したくなるものです。それがまわりまわって会社に伝わり、副業がばれてしまうという例は少なくありません。

副業が会社にバレたくないのなら、余程信頼できる人以外には副業をしている事を口外しない方が賢明でしょう。

試験監督の副業は住民税の問題から隠すのが難しい

副業バレの一番の問題が、住民税です。

住民税は会社の給料とその他の収入が合算されて請求されます。そして、会社員は住民税の支払いを特別徴収という形で会社に代行してもらっています。

その結果、会社の給料より明らかに多い住民税の請求が会社にいってしまうと、給料以外に収入があるというのが判明し、副業をしているのでは?という疑いにつながります。

副業バレを回避する手段として、住民税を自分で支払う普通徴収にするという手があるのですが、試験監督の副業ではこの手が使えません。

給与所得は普通徴収が認められていない為(一部例外アリ)、試験監督で収入があれば会社に他の収入があると伝わってしまいます。

試験監督の給料が少額であれば見過ごされる可能性はありますが、基本的に試験監督の副業を隠すのは難しいと思っておかなければいけません。

試験監督の副業をするのなら、会社の許可をとってから始める方が良いでしょう。

試験監督のメリット

試験監督のメリットを、特に副業という点から見ていきましょう。

試験監督のメリット
  • 週末の時間を活用出来る
  • 特別なスキルが不要
  • 働きたい時だけ働ける
  • 報酬の割が良い
  • 支払いが早い

試験監督は週末の時間を活用出来る

副業として試験監督を考える場合、土日に働けるというメリットは大きなものがあります。

試験の多くは休日に開催されます。平日に試験をしても受けたい人の都合がつかない可能性が高くなってしまうのですから、試験の休日開催は当然です。

これが試験監督の都合にも合い、週末の時間を活用して副業が出来るのです。

平日の副業というのは時間的にも体力的にも厳しいものです。

ただ働くだけでも厳しいですが、1日の内に2度の出勤があると、移動するだけでも時間がかかってしまいます。

夜遅くまで働けば、睡眠不足から翌日の本業に悪影響が出かねません。

チェック

予定の無い休日なら、比較的余裕をもって副業が出来ます。特に、体力的に楽な試験監督なら尚更です。

特別なスキルが不要

試験監督のアルバイトには特別なスキルが一切不要です。

仕事内容は当日に簡単な説明を受けただけでこなせるもので、誰でも出来るというのが試験監督の魅力です。

試験監督の仕事の大部分は試験中の見回りで、何もしない時間が長いのです。

もちろん、問題があれば対処しなければなりませんが、そういう例は滅多にありません。

チェック

特別なスキル不要で楽に稼げるとうのが試験監督の人気の理由です。

試験監督の仕事は単発なので働きたい時だけ働ける

副業を継続的に続けるのは案外難しいものです。

コンビニのアルバイトに定期的に入るとしたら、本業が忙しい時でもシフト通りの出勤が義務になります。

定期的に働ければその分収入は安定しますが、Wワークを長期間続けるのは体力的にも精神的にも厳しいものがあるでしょう。

試験監督のアルバイトは1日がメインで、長くても数日というものです。

お金が必要な時、時間に余裕がある時だけ応募して働けばいいので、働きたい時だけ働けばいいというのが試験監督のメリットです。

報酬の割が良い

試験監督の時給の相場は、900円から1,200円となかなかのものです。

とはいえ、これだけなら他にもっと時給の良いアルバイトはあるでしょう。

例えば家庭教師のアルバイトなら、時給2,000円も現実的です。しかし、家庭教師のアルバイトは誰でも出来るわけではありません。

塾講師や有名大学卒などの前歴がないと、家庭教師の仕事は見つかりません。

試験監督は誰でも出来て仕事内容が簡単、というのが特徴です。

特別なスキルが不要で楽に稼げる、そう考えると試験監督は仕事の内容に対して報酬の割が良いといえるのです。

最短即日でお金が手に入る

試験監督の仕事は単発が基本で、案件によってはその場で報酬がもらえる即日払いです。

普通、アルバイトをしても給料の支払いは一カ月後というのが多いのですが、試験監督では最短即日に報酬が手に入ります。

働いてすぐにお金が欲しい、今お金に困っているという人なら大いに助かる条件です。

ただし、試験の日程は決まっているので、実際に仕事を始めるまでにタイムラグがある点、試験監督のアルバイトの全てが即日払いでない点には注意が必要です。

試験監督のデメリット

試験監督のデメリットについても確認しておきましょう。

試験監督のデメリット
  • 手持ち無沙汰な時間が長い
  • 身だしなみに厳しい
  • 仕事を受けるまでが大変
  • 仕事場が毎回変わる
  • 朝が早い

手持ち無沙汰な時間が長い

試験監督の仕事の一番のデメリットが、試験中を静かにじっと過ごさなければならないという点です。

試験中は見回りや緊急時の対応が必要なので、暇というと少し語弊がありますが、実際のところ試験中はやる事がないという状態になりがちです。

試験中にスマホを見るなどは論外で、本などの持ち込みも禁止されている案件が多いです。

ただじっと試験が終わるまで待つ、この点に苦痛を感じる人も少なくありません。

チェック

静かにじっとしているというのが苦手なようだと、試験監督のアルバイトをするのは厳しいかもしれません。

身だしなみに厳しい

試験監督のアルバイトはスーツ着用が義務になっています。ラフな格好が認められる場合もありますが、これはあくまで例外です。

試験を受けている人の集中を乱さないよう、目立ちすぎる格好も禁止されています。

派手すぎる髪の色などはそれだけで不採用にされかねないので、身だしなみにとやかく言われるのがイヤという人には試験監督の仕事は向いていないでしょう。

身だしなみの基準は厳しめですが、黒髪でなければ駄目というほどに厳しいわけでもないので、どの程度が許されるのかは案件次第になります。

試験監督には服装の自由がない点には注意しておきましょう。

試験監督のアルバイトは受けるまでが大変

試験監督のアルバイトは人気が高く、募集が出てもすぐに定員が埋まってしまうという事が多いです。

試験自体は数多く行われていて、仕事の数も少なくないのですが、希望する人が多く競争率は高くなりがちです。

単発の仕事がメインの為、いちいち仕事を探さなければいけないといいうのも試験監督アルバイトのデメリットです。

チェック

試験監督のアルバイトを探す時は求人サイトを細目にチェックし、良い条件のものを見つけたら早めに応募しておくのが良いでしょう。

試験監督のアルバイトを真面目にこなしていれば、募集が出た際に声をかけてもらえるようにもなります。

仕事場が毎回変わる

試験はその種類によって、大学・学習塾・オフィスなど実施される場所が異なります。

試験監督は現地集合になる為、自分で会場を調べ、通勤方法を考えて出勤する必要があります。

知らない場所に行くというのを楽しむことも出来ますが、下調べが不十分だと試験会場へ行くのに思わぬ時間がかかってしまう、という事もありえます。

試験監督は遅刻が厳禁なので、前もって試験会場は調べておかなければいけません。

試験監督は朝が早い

試験監督は朝が早く、案件にもよりますが7:30には現地に集合という場合が多くなります。

当日の朝に準備と説明がある為、早朝からの仕事になってしまうのです。

副業で試験監督のアルバイトをやる場合、普段は休日の日に早起きする事になり、この点は厳しく感じられます。

また、試験事に試験会場が変わるという事もあり、朝は余裕を持って行動する為にも早起きが必須です。

休日はいつも昼まで寝ているという人は注意が必要です。

試験監督の仕事に必要な物

試験監督の仕事をするのに準備しておくべきなのは下記の物です。

試験監督のアルバイトに必要な物
  • スーツ
  • 音の出ない革靴
  • 腕時計
  • 絆創膏・指サック・メモ帳

試験監督はスーツが基本

試験監督の仕事はスーツが基本です。

ある程度ラフな格好が許される試験監督もありますが、この場合会場設営がメインの仕事になるかもしれません。

試験監督は試験という厳粛な場に立ち合う仕事ですから、正装が求められます。

また、試験監督が目立つ格好をしていては試験を受けている人の注意を引き、集中の邪魔をしてしまいます。

試験監督はその立場上、スーツが必要になるのです。

スーツは普段身に着けているもので十分なので、一般的なサラリーマンなら問題なく用意が出来るでしょう。

音の出ない革靴も必要

靴はスーツに合わせた革靴が必要になります。

高価な革靴が必要というわけではないので、普段スーツに合わせているもので問題ないでしょう。

ただし、用意する革靴は音の出ない革靴でなければいけません。

試験中は見回りの為に会場を歩き回る事もあります。試験中に靴音が響いていては、気が散って試験に集中出来なくなってしまいます。

試験を受けている人への配慮から、音が出ない靴が求められます。

正確に時間を計る為の腕時計

腕時計の準備も必要になる場合が多いです。

試験は時間が決まっています。全国的に行われる公的試験では公平性の観点から、開始時刻・終了時刻は同時にしなければいけません。

センター試験の時間がズレるとニュースで報道されるほどです。

試験監督員がスマホで時間を確認する訳にはいかない為、腕時計の準備が必要になります。

案件によっては秒針付き、という条件も加わります。

あった方が良いもの(絆創膏・指サック・メモ帳)

試験監督の仕事では答案を配布・回収します。

この時に紙で指を切ってしまう事もあるので、絆創膏を用意しておくと良いでしょう。

また、紙を扱うときに指サックなどがあると便利です。特に乾燥しやすい冬場にあるとスムーズに仕事が行えます。

メモ帳もあると便利です。気になった事や注意事項をメモ帳に書き込んでおけば、うっかりミスの予防にもなります。

試験監督の仕事の流れ

試験監督の実際の仕事の流れを時系列で確認してみましょう。

試験監督の仕事の流れ
  1. 説明会
  2. 試験会場への集合
  3. 試験の準備
  4. 案内・受付
  5. 試験の説明・配布
  6. 見回り
  7. 試験の回収
  8. 後片付け

説明会

試験監督に応募すると、登録を兼ねた説明会への参加が求められます。

試験監督のアルバイトは面接の無いものも多く、この説明会が面接代わりになっています。

説明会では1時間から3時間の研修が行われ、報酬もしっかりと支払われます。

説明会は必ず開かれるわけではなく、登録した後は集合場所へ行くだけという案件もあります。

この場合、試験当日の朝に具体的な仕事を説明される事になります。

チェック

初めて試験監督の仕事をする場合、出来れば説明会のある案件に応募した方が良いでしょう。

当日に知らされるより事前に仕事内容を知っていた方が、不安なく仕事を始める事が出来ます。

試験会場への集合

行われる試験によって会場がどこになるのかが異なります。試験会場がどこかは事前にしっかり確認しておきましょう。

試験会場へは現地集合で、交通費は支給される場合が多いです。

あまりに遠い試験会場での仕事を引き受けてしまうと、移動が大変になってしまいます。

試験監督は早朝集合が基本というのもあり、出来れば近場での仕事を受けたいものです。

チェック

試験監督のアルバイトに応募する際は、試験会場の場所も考慮した方が良いでしょう。

試験監督を副業とする場合、休日に早起きする事になるので、寝坊しないように注意が必要です。

説明

現地に集合したら、当日の仕事内容について説明があります。

事前に説明会やマニュアルの配布があれば良いのですが、無い場合はここで詳しい業務内容を確認する事になります。

試験監督が初めての場合、ベテランの人と組んで仕事をするケースが多いです。

試験監督といってもあくまで補助が職務なので、そう難しい仕事は任されませんが、自分の仕事はしっかり確認しておきましょう。

試験の準備

説明が終わったら試験会場に机や椅子の準備をし、黒板に注意事項などを書き出します。

TOEICなどの試験ではリスニング用の音源のチェックも行います。

準備に関してはマニュアル通りに行うだけなので、特に難しい事はありません。

案内・受付

試験会場の準備が終わったら、来場した人を試験が行われる会場へと案内します。

試験によっては多くの人の対応をする事になり、試験監督の仕事ではここが一番忙しい時間になるでしょう。

忙しいといっても、試験を受ける人に軽く挨拶をして、指定の会場へ案内するだけなので何か難しい事をするというわけではありません。

試験の説明・配布

試験開始前に、必要事項を口頭で説明します。

大勢の人の前で発言する事になるので慣れない人には難しそうですが、この仕事はベテランがやってくれるので、始めて試験監督をやる人は心配する必要はありません。

試験開始直前になったら、試験用紙を配布します。

試験の配布方法は、最前列の人に配って後列の人に回してもらう方法と、一人ずつ配布していく方法があります。

国家試験などになると、一人づつ配っていく方式が多くなります。

見回り

試験監督の仕事の一つに試験開始の合図をする、というものもあります。

たいていは「初めてください」と声をかけるだけです。この試験開始の合図も、ベテランの仕事です。

いざ試験がはじまったら、その間は試験会場の見回りを行います。机に座ったままでいい場合もありますが、試験中は着席禁止の案件もあります。

試験中はカンニングなどの不正のチェックを行いますが、ペンや消しゴムを落とした人の代わりに拾ったり、気分が悪くなった人がいれば医務室へ送ったりという仕事もあります。

この間は基本的に立ちっぱなしになり、静かに過ごすことが求められます。

なにか時間をつぶしたいところですが、当然ながらスマホを見るなどは論外です。

試験が終わるまでは見回りに徹するしかありません。

マレに試験中は本を読んも良い、という案件もあるようですが、基本は立ちっぱなしで見回り以外にやる事はありません。

座ってもいいなら疲れはありませんが、手持無沙汰感は増してしまいます。

試験監督の仕事を大変という人にはこの時間が苦手、という人が多いようです。

答案用紙の回収

試験の終了時刻が来たら、答案用紙の回収を行います。

この仕事は大切で、答案用紙の枚数が人数分あるかしっかりチェックを行います。

試験監督側のミスで解答用紙を紛失し、試験に落ちたというようなことになれば大問題になる為、確認はしっかり行う必要があるのです。

休憩もあり

昼食を挟む試験では休憩が入ります。

必ずではありませんが、試験監督のアルバイトでは昼食が準備されている案件も多いです。なかにはおやつがつく案件も存在します。

給料をもらえる上に1食分の食費が浮き、節約にもなるのでありたいものです。

後片付け

試験が全て終了したら、後は片づけをして終了です。

机や椅子を移動していたら、それを元の場所に戻す。案内の提示物をはがすなどが主な仕事です。

全て片付いたら、そこで仕事が終了です。

即日払いなら、その場で給料を受け取れます。

試験監督の仕事の探し方

試験監督の仕事は求人の雑誌、求人サイト、試験を行う学習塾のホームページなどで探す事が出来ます。

試験監督の仕事は人気が高く、募集されてから定員が埋まって締め切られるでが早い傾向にあります。

試験監督のアルバイトを探す場合は、求人をこまめにチェックしておくのが良いでしょう。

そうなると、更新が早く様々な案件が紹介される求人サイトを利用するのがベストな選択です。

紙の雑誌は情報が最新とは言えず、学習塾などの個別のホームページを確認していくのは手間になってしまいます。

最新の情報が確認できる、試験監督のアルバイトを探す時におすすめの求人サイトを2つ紹介します。

試験監督の仕事を探すならお勧め求人サイト:フロムエー

フロム・エー ナビは無料求人誌のタウンワークなどでもおなじみの、リクルートグループのアルバイト情報サイトです。

仕事情報の更新が早く、いち早く試験監督のアルバイトを探したい時にうってつけのアルバイト情報サイトになります。

2018年12月時点で175,146件の求人が掲載されており、情報量の多さも確かです。

フロムエーで試験監督の仕事を探す場合、トップページにあるフリーワード検索で「試験監督」と入力します。

引用元:フロムエー公式ホームページ

この条件だけだと自分とは関係のない地域の案件も表示されてしまうので、さらに条件を絞り込んで検索し、自分にあった試験監督のアルバイトを探しましょう。

フロムエーでは仕事をしたい地域や時給、勤務期間、勤務日数を指定してのアルバイト探しが可能です。

気になった試験監督のアルバイトはキープリストに登録する事が出来、複数の案件にまとめて応募する事も出来ます。

フロムエーのサイトにメールアドレスを登録しておけば、希望の条件の求人が出た際にメールで情報配信をしてもらう事も可能です。

試験監督を探すなら筆者が個人的にお勧めな求人サイト:LINE(ライン)バイト

現在求人数も30万件近くになっているLINEバイトですが、筆者個人的にはお勧めです。

まず、

  • サイトのデザイン、求人の記載がとてもシンプルで見やすい
  • 地域から選択して探しやすい
  • 基本的に面接の日程調整の連絡はLINEで行う

上記の理由から、筆者個人的にはLINEバイトはお勧めです。

引用元:LINEバイト公式HP

職種から探すと「試験監督」という項目がダイレクトにあります。

ぜひ試験監督だけでなく、今住まれている地域の近くでも良いアルバイトが見つかるかもしれません。

まとめ

試験監督は試験中の見回りを中心に、試験がスムーズに進むようサポートするのが仕事です。

朝が早く、試験事に異なる試験会場に現地集合しなければならないという大変な面もありますが、1日だけでも働ける、高報酬、未経験可で週末に働けると副業にピッタリの条件がそろっています。

即日払いの案件が多いのも試験監督のアルバイトの魅力です。

週末の副業を探しているなら、試験監督は魅力的な選択です。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事