人気記事!!
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

「自由に使えるお金が欲しい」「自分でお金を稼ぎたい」「空いた時間でなにか仕事をしてみたい」

子供に手がかからななくなったり、子育てに余裕がでてくると、こういう希望をもつ方も増えてくるのではないでしょうか?

「でも、仕事ができるスキルなんてないし…」

特別な資格が無く、仕事のブランクが長いとこのような悩みがでてきて、なかなか踏み出せないという人もいるでしょう。

そういう人におすすめなのが、家事代行の仕事です。

最近はテレビや雑誌などで取り上げられることも増えてきている家事代行。

家事代行は普段つちかった家事のスキルが生かせる、主婦にぴったりの仕事です。

この記事では

  • 家事代行の詳しい仕事内容
  • 家事代行の時給はどれぐらいか
  • 家事代行のメリット・デメリット
  • 家事代行に向くのはどんな人
  • 家事代行の仕事の探し方

について解説していきます。

目次

スポンサーリンク

家事代行とは?

家事代行はその言葉通り、料理・掃除、整理収納などを依頼主に代わって行うことで報酬をえる仕事です。

家事代行の仕事は、

  • 料理
  • 掃除
  • 整理収納
  • 買い物代行
  • 洗濯
  • ペットケア
  • 子供の相手
  • アイロンがけ
  • 郵便物の受け取り
  • 庭の水やり

など様々です。

この仕事を全てやるとなると大変そうですが、実際は決められた時間の中で、料理や掃除など約束した範囲の仕事を行います。

「料理は得意だけど掃除は自信がない」という人なら、料理を専門に家事代行の仕事を請け負うことも可能です。

家事代行の仕事は日常の家事の範囲内でが基本

家事代行の仕事の中で需要が高いのは、掃除、料理、整理収納といったもので、主婦が普段おこなう家事が仕事になります。

家事代行の仕事はあくまで日常的な家事の範囲になり、専門的な知識やスキルが求められるものは仕事に含まれません。

  • 身体介護
  • 医療行為
  • 体に触れるような仕事

は家事代行の仕事に含まれません。

子供の勉強を見るという場合、小学生の宿題を見るぐらいなら家事代行の仕事に含まれるでしょうが、高校受験のための勉強などになると完全に業務外になります。

チェック

専門的なものではなく、日常的な家事を代わりに行う、これが家事代行の仕事になります。

家事代行を頼むのはどんな人?

家事代行を依頼するのは共働きで時間のない家庭、一人暮らしの独身男性、家事をこなすのが難しくなった高齢者など様々です。

女性の社会進出の推進から共働きの家庭は増加しつつあり、未婚のまま生きる人も少なくなく、高齢化も進行しています。

この傾向は今後も続くと考えられるため、家事代行の仕事はこれからより需要の高まっていくジャンルです。

家事代行と家政婦の違いは?

家事代行と家政婦、どちらも家事をやるのが仕事ですが、違いはどこにあるのでしょうか?

家事代行と家政婦の違いは次の2点です。

  • 雇用形態の違い
  • 仕事の範囲の違い

家政婦は雇用主と直接契約するのが基本ですが、家事代行は雇用主との間に家事代行サービス(またはマッチングサイト・アプリ)が入ります。

間に家事代行サービスが入り、雇用形態が異なることにより、物を毀損してしまった時の対応などが変わります。

家事の途中、皿洗いで皿を割ってしまった。掃除の途中で壺を壊してしまった。どちらもありそうなシチュエーションです。

皿や壺には高価なものも多く、それを弁償するとなると大きな負担です。

こういう場合、直接契約の家政婦なら、責任は全て家政婦当人が負うことになります。(こういう事態に備え、家政婦は保険に入ります)

しかし、雇用主との間に家事代行サービスが入る家事代行の場合、弁償は家事代行サービスが担ってくれます。

給与の支払いも、家政婦が直接雇用主から受け取るのに対して、家事代行は家事代行サービスからの給料の支払いという形になります。

万が一雇用主が給料の支払いをしない場合、家政婦なら自分で給料の取り立てを行わなければいけません。

ですが、給料の支払いが家事代行サービスからの家事代行なら、この種の心配をする必要がありません。

もう一点の違いとして、家事代行は仕事の範囲が限定されていて、料理だけ、掃除だけというように請け負う仕事を限定することが可能です。

仕事の範囲が限られているおかげで、家事代行では得意なことだけを仕事にすることが可能です。

家事代行にもデメリットはあり、給料の支払いが保証される代わりに仲介の手数料などが給料から差し引かれてしまいます。

チェック

しかし、給料の心配や物を壊した時のリスクに怯えず安心して働け、自分の得意なことだけが仕事にできるというメリットは上記のデメリットより大きなものになるでしょう。

家事代行とハウスキーパーの違い

家事代行とハウスキーパーの分かりやすい違いに、掃除の用具を持ち込むかどうかという点があります。

ハウスキーパーは自前の掃除用品を準備し、仕事場の家庭へ持ち込んで使用します。

家事代行は基本的に、家庭にある掃除用具を使って掃除をおこないます。

チェック

ハウスキーパーは専門的な道具を用いるプロの仕事。家事代行は日常の延長上の仕事というのがその違いです。

家事代行に特別な資格は不要!

日常的な家事が仕事の家事代行に、特別な資格は必要ありません。

家事代行を依頼する人は、家事ができずに困っている人達です。

時間が取れない、一人暮らしを始めたけれど料理ができない、やらなければと思うけど、掃除ができない。

こういう人が、自分の代わりに家事をしてくれる人を探しています。

求められるのは代わりに家事をしてくれることであって、プロの料理を作って欲しいというわけではなく、業者のような清掃を求めているわけでもありません。

この人達にとって、普段なにげなくおこなっている家事のスキルはお金を支払う価値のあるものです。

もっとも、栄養士や収納整理士の資格が役に立たないというわけでもありません。

スキルがあればその分依頼者に喜ばれ、依頼の増加、それによる報酬の増加に期待が持てます。

資格や家事のスキルが高ければ、それは十分に評価されます。

家事代行にあると有利な資格

本当にがっつり稼ぎたいのであれば家事代行がお勧めです。専属契約を結んだ方が当然良い報酬を狙える可能性も出てきます。

しかし、そんなに大きい額を稼がなくても融通が利くのは家事代行ですので、隙間時間を活用したい等であれば、家事代行をお勧めします。

とは、言っても家事代行でもそれなりの収入になりますが。

家事代行の時給は2,000円越えもある!

コンビニ(東京都) タスカジ CaSy
時給 1,061円 1,200円~2,100円 1,450円~

気になる家事代行の時給ですが、仕事内容が日常の家事の範囲内と聞くと、あまり時給に期待はできなそうです。

しかしこれはあやまりで、家事代行の時給は2,000円越えまでが狙える高時給になっています。

参考にコンビニの時給に比べてみると、コンビニの平均時給は東京都で1,061円となっています。

これに対して、家事代行サービスのタスカジなら1,200円から2,100円。

家事代行サービスのCaSyなら、最低が1,450円とコンビニよりはるかに大きな時給が設定されています。

さらに家事代行ではスキルによる報酬アップにも期待でき、依頼主からの指名が増えたり、よい評価が続くようだと報酬がアップします。

チェック

初期の時給も高く、報酬アップにも期待できる。家事代行は報酬面でも魅力的な仕事になっています。

家事代行のメリット

家事代行の仕事に報酬以外どのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

家事代行のメリット
  • 働く時間の自由度が高い
  • 未経験でもできる
  • 働くことでスキルが上がる
  • 家事をすることで感謝される

家事代行は働く時間の自由度が高い

アルバイト・パートなどをすると、シフトを組んで働く事になります。

週4日、1日6時間などのシフトになると、そう簡単に時間を取れないという人も少なくないでしょう。

家事代行は週1回2時間から、という募集案件が多いです。週1回で2時間だけでいいとなれば、働ける人の範囲は大きく広がります。

子供が学校に行っている昼の間に2時間だけ、という働き方も可能です。

また、家事代行は仕事場への直行直帰が基本になるので、場所を選べば通勤時間もかかりません。

家事代行の仕事は2時間なら2時間と時間単位で決まっているので、基本的に残業もありません。

チェック

時間の都合がつけやすく、空いた時間で働けるのが家事代行のメリットです。

家事代行は未経験でもできる

仕事をしたいと思っても、何かスキルが無いと自分にできるのかと不安になってしまうものです。

家事代行の場合、普段の家事がそのままスキルとして生かせます。

普段何気なくしている料理も、掃除も、収納整理も、人によっては自分には出来ない価値のあるスキルです。

普段まったく家事をしない夫をみればわかるかと思いますが、いなくなれば困るのは明白です。

家事代行を求める人はこういう人達がメインです。

チェック

未経験であることは、家事代行を始めるうえでなんの障害にもなりません。

家事代行は普段の家事のスキルアップにもつながる

家事代行は他人の家で家事をするのが仕事になります。

普段している料理や掃除でも、仕事としてやるのでは張りができ、上達につながります。

家事代行の仕事をしてからスキルが上がったという経験者は多くいて、家事代行の仕事は家庭に収入をもたらすだけでなく、おいしい料理や綺麗な空間ももたらします。

家事代行は感謝される仕事

引用:内閣府ホームページ・夫婦の家事・育児の分担割合

家庭で家事をしていても、それが当たり前の事と受け取られて感謝されない、そういう人は少なくないでしょう。

男女平等や家事の分担が唱えられるようになって久しいですが、現状ではまだまだ浸透していません。

頑張って家事をしても、当然として流され評価されないのが現実です。

しかし、家事代行の仕事では違います。困っている人を助けることから、仕事が終われば感謝されます。

チェック

家事をして、感謝される。これが家事代行の一番の魅力なのかもしれません。

家事代行のデメリット

家事代行のデメリットについて確認していきましょう。

家事代行のデメリット
  • 仕事場が毎回変わる
  • 都会以外は仕事を見つけづらい
  • 依頼主と合わない可能性がある
  • 物を壊したり、紛失した場合のリスク

家事代行は仕事場が毎回変わる

家事代行は依頼主の家へ出向いて仕事をします。

交通費は支給されるケースが多いので金銭的な負担は大きくありませんが、移動時間が長くなるとその分拘束時間が増えてしまいます。

特に1日に複数の家事代行をしようとすると、依頼主の家から家への移動となり、そのたびに移動時間が発生してしまいます。

また、次の仕事への時間が中途半端に空いてしまうと時間の使い方に困り、カフェに入ってお金をつかってしまうということもあります。

移動時間のデメリット対策としては、自宅からなるべく近い場所での仕事を受けるようにする。

また、1日に複数の仕事をする場合は仕事場同士が近いところを引き受けるようにする、という点に注意すると良いでしょう。

極端な話ですが、同じアパートの家事代行の仕事を引き受ければ移動時間は0にできます。

家事代行は仕事が都会に集中している

家事代行サービスは徐々に広まりつつありますが、現状ではその範囲は都市圏がメインです。

東京、大阪といった都市圏なら仕事を探すのは難しくありませんが、それ以外の地方だと仕事を見つけるのが難しくなっています。

家事代行のニーズ自体は地方にもあるため、マッチングアプリや求人誌を活用して探す努力を惜しまなければ、地方の人でも仕事を見つけることは不可能ではないでしょう。

依頼主と合わないと辛い

家事代行は仕事場への直行直帰が基本なので、同じ職場の人との人間関係に悩むことはあまりありません。

しかし、仕事場が他人の家であるということから、依頼主との関係には気を使うことになります。

依頼主とあまりにウマがあわないようだと、一つの家の下で一緒にいる時間がストレスになってしまいます。

人間、どうしても気が合わないということはありえます。

依頼主とどうしてもうまくやれそうにないのなら、担当を変えてもらった方が賢明でしょう。

そのほうが自分のためにも、依頼主のためにもなります。

物を壊したり無くしたりするリスクがある

家事代行の仕事中は、掃除などの途中に過失からモノを壊す可能性があります。

家事代行はなれない他人の家での作業であり、普段はしないようなミスがあってもおかしくありません。

また、掃除の時は不用品と思って捨てた物が、実は依頼主にとって大事な物だった、という可能性もあります。

家事代行サービスで働いていれば、基本的に保険が適用されるので物損などを過剰に気にする必要はありません。

チェック

しかし、大切な物を誤って捨てたりということがないように、依頼主とのコミニケーションはしっかり取っておきましょう。

家事代行が向くのはどんな人?

家事代行の仕事に求められるのは

  • 日常的な家事がこなせるスキル
  • 人の要望をしっかり把握できるコミニケーションスキル
  • 家事の途中で知ったことを無暗に話さない口の堅さ
  • スマホが使えること

この4点です。

家事のスキルは日常的にこなせる程度で十分

再三書いているように、家事代行に求められるのは日常的に家事をこなせるスキルです。

そのため家事代行は未経験でも仕事を始めることができますし、採用に年齢も関係ありません。

80歳を超える方でも活躍しているのが家事代行です。

必要なのは、あくまでも日常の家事をこなせるレベルです。

チェック

普段から家事をこなす主婦、家事の好きな人に家事代行は向いているといえるでしょう。

人の要望をしっかり把握できるコミニケーションスキル

家事のスキルだけがあれば、それだけで家事代行の仕事ができるというわけではありません。

先ほど書いたように、お互いの認識のズレをなくすためのコミニケーションスキルも重要になります。

依頼主の中には高齢の人もいて、話し相手を求めている場合もあります。

チェック

家事代行はサービス業の一種です。しっかりコミニケーションを取り、相手の求めていることをできるスキルも重要です。

口の堅さ

家事代行は他人の家というプライベートスペースに入りこんで家事をします。

家事の途中でその家庭の情報を知ることになるでしょうが、そこで得た情報を人に話してはいけません。

噂好き、話好きの人はこの点に重々注意しなければいけません。

チェック

自分の家のことを他人に噂されてうれしい人はいません。家事代行には守秘義務があるということは忘れないようにしましょう。

スマホが使用できる

家事代行の仕事では連絡や仕事情報の管理に、スマホが必要になります。

家事代行サービスの中には、面接もスマホでおこなうところもあるほどです。

スマホを持っていないという人は準備してから応募した方が良いでしょう。

家事代行は男性でもできる

家事と聞くと女性のイメージが強くなってしまいますが、男性の募集がないわけではありません。

明確に募集要件に女性のみとしている家事代行サービスは目立ちません。

異性に部屋に入られるがイヤ、女性に頼むには気が引けるような少し重めの労働などで、男性の家事代行にも需要があります。

とはいっても、現状では家事代行は女性が多い職場であり、実際に男性の募集があるかは要確認です。

家事代行に向くのはこんな人

家事代行に向くのは、料理や掃除ができて、しっかりコミニケーションが取れ、守秘義務を守れる人です。

連絡のため、スマホを使用できることも必要です。

チェック

プロの技術が求めれれるわけではなく、得意な家事があって常識が守れる人であれば、家事代行に向いているといえるでしょう。

家事代行の実際の働き方

家事代行が実際にどのように仕事をするのか、確認していきましょう。

家事代行の仕事の流れ
  • 準備する物
  • 通勤
  • 家事代行
  • 終了・帰宅

家事代行に準備する物

他人の家に上がる、料理をするという点から身だしなみは大切です。清潔感があり、動きやすい服装をしておく必要があります。

エプロンなどは支給される場合もありますが、自前の場合は汚れのない清潔なものを準備しておきましょう。

家事代行は基本的に依頼主の家にある物を使って家事を行います。

掃除用具や調理器具は原則持ち込みません。重いものを持って移動する必要なないので、移動の負担は少なくなります。

ただし、掃除の時にマスクなどがあると便利なので、これは自分で用意しておくと良いでしょう。

通勤は直接顧客の家へ

家事代行は直行直帰が基本です。

家事をする家には自分で向かいます。送迎などはないので、依頼主の住所情報は調べ、通勤方法は考えておきましょう。

遅刻は良くないので、特に始めて行く家の場合は時間に余裕を持って行動した方が良いでしょう。

家事代行中は在宅が多い

家事代行中は、家の人が在宅しているパターンといないパターンがあり、基本的に在宅のパターンの方が多くなります。

家事を続けて信頼関係ができれば、鍵を預けてもらって不在の間に家事をする、ということもあります。

男性の一人取暮らしの家に女性一人で行くのは不安、という人も中にはいるでしょう。

この対策として、家事代行サービスにもよりますが、男性の一人暮らしの家事を行う際は二人一組で行く、としているところもあります。

気になる人は、応募の際にこの点を質問して確認しておくと良いでしょう。

家事は時間内に終わらせなければいけない

家事代行の時間は2時間から3時間が基本で、この間に頼まれた家事を終了させる必要があります。

時間内に終わらせるというのが意外に難しく、家事代行を始めたばかりの頃は時間内に終わらなかった、という人も多くいます。

なれない場所での家事というのも考慮すると、最初はなかなか難しく感じられるかもしれません。

家事代行の仕事が決まったら、自分の家の家事を意識して時間内に終わらせるなどして練習しておくと良いでしょう。

家事代行の時間は2時間程度と長くはありませんが、体力的にはそれなりにキツイという声もあります。

チェック

最初はあまり無理せず、余裕をもって仕事のスケジュールを組んだほうが良いでしょう。

仕事が終わったら、交通費をもらってそのまま帰宅

家事代行は基本的に残業はありません。時間が来たら仕事は終了です。

働き先にもよりますが、交通費は依頼主から帰宅時に現金で支払われます。

家事代行サービスによっては、帰宅後に仕事内容についてのレポート作成が必要になる場合もあります。

もしもトラブルが起きたら

  • 物を壊した
  • 貴重品が紛失した
  • クレームが来た

これらの場合、家事代行サービスを利用しているのなら対処は会社側が行ってくれます。

弁償なども会社が損害保険に加入しているので心配する必要はありません。

ただし、当然ですが、故意の物損や盗難は許されません。

家事代行の仕事の探し方

家事代行の仕事の探し方は3つあります。

  • 家事代行サービスに応募
  • マッチングサイト・アプリを利用
  • 求人サイトを利用

このうち、初心者におすすめなのは家事代行サービスへの応募です。

理由の一つは、家事代行サービスには研修があることです。

家事代行の仕事を受けて、いきなり他人の家へいって仕事をする、というのはかなりハードルが高いです。

家事代行サービスでは簡単な研修がおこなわれいるので、どのように仕事を行えばよいが事前に練習することが可能です。

研修の中で自分の家事のスキルがどの程度なのか、客観的な評価をもらうこともできます。

必ずではありませんが、初めて依頼主宅へ仕事へ行く際は社員が付き添ってくれるので、この点も安心です。

また、男性の一人暮らしの家へ仕事へ行くときは2人組でいく、という配慮をしてもらえる場合もあります。

もう一つの理由として、損害保険の存在もあります。

物を壊してしまった時の対応や、トラブルの対処を自分でやらなくて済むというのは精神衛生上大きなものがあります。

これらの理由から、初心者が家事代行の仕事を探すなら家事代行サービスへ応募するのがおすすめす。

家事代行サービスにも欠点はあり、仕事をサポートしてもらえる代わりに中間手数料が取られ、マッチングアプリや直接契約に比べると報酬は少なくなる傾向にあります。

しかし、安心して仕事ができるというメリットは初心者にとって非常に大きなものがあり、多少の報酬額とは代えられないものでしょう。

家事代行を続けて自信がついてきたら、マッチングアプリの利用や直接契約なども考慮すると良いでしょう。

家事代行サービスのおすすめランキング

CaSy タスカジ カジタク
時給 1,450円~ 1,200円~2,100円 1,300円~
対応地域 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、宮城県、愛知県 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県 東京都、宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県、熊本県
特徴 スマホで面接が可能 働いている人の3分の1が時給2,100円 働きながら資格の取得をフォロー

家事代行サービスを選ぶ際に重視したいのが、時給と働くエリアの2点です。

当然ですが、同じ働くなら時給が高い方が有利です。

働くエリアに関しては、近くに住んでいないとそもそも仕事ができません。

安心して仕事を始めるために、研修と保険の有無も大切です。

これから紹介するCaSy、タスカジ、カジタクはいずれもこの条件を満たしています。

おすすめの家事代行サービス1位:CaSy

CaSy
  • 時給:1,450円~
  • 勤務時間:週1日2時間~
  • 対応地域:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、宮城県、愛知県
  • 業務内容:料理代行、掃除代行

CaSyは首都圏を中心に展開する家事代行サービスです。

CaSyの最低時給は1,450円と、他の家事代行サービスより高くなっています。

家事代行は高時給が売りですが、経験の浅いうちからそのメリットが得られるというのはうれしいものです。

CaSyのもう一つの特徴は、スマホで面接が可能な点です。遠出せずに家で面接が可能というのは便利です。

おすすめの家事代行サービス2位:タスカジ

タスカジ
  • 時給:1,200円~2,100円
  • 勤務時間:3時間・週1回~
  • 対応地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、
  • 京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県
  • 業務内容:掃除、整理収納、洗濯、買い物、料理、作り置き、ペットケア、子供の相手

タスカジは2014年に立ち上げられた家事代行サービスです。

タスカジの時給は1,200円から2,100円の間で、自分で時給の選択が可能です。

タスカジで働く人の3分の1が2,100円で働いているというのも、自身で選択しているからこその結果です。

とはいっても、最初から2,100円が選択できるわけではなく、仕事の評価などで段階的に設定額の選択の幅が広がっていきます。

タスカジは他の家事代行より少し長い3時間の仕事時間が特徴です。

家事代行は移動時間の関係からまとめて仕事をするのが難しいというのがネックなので、仕事時間が長いというのはメリットにもなります。

タスカジ1番の魅力は、やはり自分で時給を選択できるという点でしょう。

おすすめの家事代行サービス3位:カジタク

カジタク
  • 時給:1,300円~
  • 勤務時間:週1回2時間~
  • 対応地域:東京都、宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県、熊本県
  • 業務内容:掃除代行、料理代行、整理収納代行(有資格者のみ)

カジタクはイオングループの家事代行サービスです。

時給は1,300円からとCaSyには及ばないものの、なかなかの高時給です。

カジタクではパート・アルバイトだけでなく、正社員も募集されており、家事代行としてもっと働きたいという場合は正社員を目指すことも可能です。

カジタクでは働きながらの資格取得をサポートしているのも特徴です。

家事に自信のある人にはくらしのマーケットがおすすめ

くらしのマーケットとは、インターネット上で出張・訪問サービスの依頼ができるインターネット商店街です。

前述のランキングで紹介された家事代行サービスは対応地域が限られていて、自分の働けそうな地域では募集がない、という人もいるでしょう。

少し難易度は高いですが、くらしのマーケットでは家事代行として自分で出店することができます。

自分での出店なので、全国どこでも働く地域を指定することが可能ですし、時給も自分で決めることができます。

出店といっても店舗を持つ必要はなく、自分が提供出来る家事代行を明示したページをくらしのマーケット上に作成します。

出店用のページが用意する必要があること。研修等もなく自分で家事代行にまつわる仕事をすべてこなす必要があること。

この2点から、くらしのマーケットでの出店は初心者がはじめるには難易度が高くなってしまいます。

しかし、地元に家事代行サービスがなく、どうしても家事代行の仕事がしたいというのなら、くらしのマーケットでの出店は挑戦する価値があるでしょう。

また、家事代行に慣れてきた人が独立して仕事をしたいという場合にも、報酬を自分で設定できるくらしのマーケットでの出店は魅力的な選択になります。

まとめ

家事代行は資格や高いスキルがなくても始めることができます。

それでいて、他のアルバイトに比べ高い時給がもらえるのが家事代行の魅力です。

働く時間の融通が利き、週1回2時間から働けるのも家事代行のメリットです。

家事代行を始めるのなら、研修と損害保険のある家事代行サービスを選ぶのがおすすめです。

家事代行サービスの中でおすすめなのは、CaSy、タスカジ、カジタクの3つです。

少し難易度は高くなりますが、自分で報酬を設定できるくらしのマーケットで出店するというのも魅力的な選択になります。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事