人気記事!!
【5分で読める本要約】ピーター・ディアマンディス|2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

2030年、社会は・世界はどのように変化しているでしょうか。

そこをしっかりと思い描くことができるかどうかで次の時代にあなたが生き残っていけるかどうかが決まると言ってもいいでしょう。

2010年に今の2020年の状況を予測できた人はいますでしょうか。皆がスマホを持つ自宅からテレビが消えていっています。

テレビ番組よりもYouTubeやNetflixを見る時代になりました。ブロックチェーン技術の浸透により国家に属さない仮想通貨が普及し始めました。

情報に無料でアクセスできる時代になり、何を言うかよりも誰が言うかが重視される時代になりました。

オンラインサロン、クラウドファンディング、さまざまな新しいカタチのコミュニケーションが生まれました。この時代の到来さえ予測できていればきっと今頃、億万長者になっていることでしょう。

100年かかって起きる変化がたった数年で起きてしまうような変化の激しいこの現代で現状をしっかり把握し未来を正確に予測する。

これは必要不可欠なスキルと言っていいでしょう。

しかし、そう言ってもなかなかテクノロジーにも疎いしそんな予測なんて出来ないよと思われるかもしれません。

しかし、大丈夫です。世界中の名だたる研究者が未来を予測し、私達にそれを伝えようと本を書いてくれているんです。

本を読む、それだけで私たちは自分たちでは到底できないような未来の予測すら知ることができるんです。

本日は"2030年全てが「加速」する世界に備えよ"を紹介させて頂きます。今ですら変化が速いこの現代がさらに加速度を増していく2030年に必要な知識が詰まった分厚い一冊になっています。

スポンサーリンク

自分の分身を作り出せる時代がもう目の前まで来ている

まず最初にご紹介したいのはエンターテイメントの未来です。2016年6月に公開された不気味な短編映画、サンスプリングをご存知でしょうか。

実はこれニューラルネットを使ったAIに何百本というSF映画の台本を読ませた上で独自の作品を書かせたものなんです。

その2ヶ月後には20世紀フォックスからホラー映画、モーガン・プロトタイプ L9の予告編が公開されました。

これもAIの手を借りたもので、今回使われたのはIBMのワトソンだったんです。この予告編を作るためにワトソンは100本のホラー映画の予告編を見て視覚・音声・構成を分析して人間が何を怖いと感じるかを理解し場面を抽出しました。

最終的には人間が介入してワトソンが抽出した場面をまとまりのある順番に並べ直したものの、ワトソンのおかげで予告編の制作期間は10日から1日に縮まったのです。

お分かりいただけましたでしょうか。単純にAIがこんな映画作ったんだって、すごいよね、とかちょっと意味わからないけど映画っぽい雰囲気のものをAIが作るようになったんだね、というレベルじゃもうすでになくなっているんです。

AI はすでに実際のクリエイティブの場面で仕事の効率化のために使われだしているんです。人間の真似事をクオリティーが低いレベルでできるというのはとうに終わって人間ではできない速度で素晴らしい仕事をAIがこなせるようになっているんです。

遠い未来の話ではなく、もうすでに機械化時代に突入しているんです。機械化時代に突入しているのは映画だけではありません。ジョージア工科大学の研究者らはビデオゲームの冒険内容をプレイヤーの好みに合わせて作成するAIシェヘラザードを開発しました。

つまり、プレイしながらあなたの好みを学習し、あなたの好みに合った展開で進んでいくゲームということです。

現在のAIを使ったビデオゲームはもともと一定数のデータセットが入っている。つまり、物語の展開には限りがありました。

それに対してシェヘラザードはデータセットが無制限、つまり数限りない冒険を可能にするマシーンなんです。

無限に生み出されるコンテンツ作成はAIとクラウドの協力によって進められています。これを聞いてへーそうなんだ、未来のゲームは楽しそうだね、という感想で終わってしまってはもったいないんです。

ここで重要なのは、受動型のエンターテイメントがある近い将来終わりを迎えるということなんです。

受動型のエンターテイメントとは従来型の新聞、雑誌、テレビ、映画、書籍のことであり、情報が一歩通行であることが特徴で、それに対し労働型のエンターテイメントとはマリオメーカーのようにユーザーがコンテンツを作成できるようなものからAIを利用して自分好みにストーリーをゲーム展開をカスタマイズできるというものまで様々存在します。

その特徴により、コンテンツがこれまで以上に世界中の人とクラウドで、そしてAIとも協力的になりVRを含め五感を感じられるような没入型になって行き、そして一人一人の好みに合ったストーリーやキャラクターが生成される個別化に向かって進んでいくのは間違いないとされているんです。

ゲーム以外の分野でもこの能動型エンターテイメントの波は確実にやってきます。

というよりはすでにやってきているんです。例えば、アニメ業界では人工知能とクラウド機能を融合しストーリーを作るというマッシュアップマシンと呼ばれるプラットフォームがあります。

現在はユーザーがコンテンツをカスタマイズする過程で、AIはそのユーザのスタイルを細かく学習しアイデアを交換するなど、ストーリー作成を支援するという形をとっていますが、AIの大きな特徴は成長することなんですね。

人間を支援する中でコンピューター自体のストーリーテリング能力は一段と向上することは間違いないでしょう。

近いうちにその役割は単にコンテンツを作成するために関連のあるトピックや印象的なシーンを探してくることだけではなくなってしまいます。

小説や映画を丸ごと消化するなどを十分なストーリーテリングをインプットすることでダイヤモンドと鉄くずを見分けることができるようになるといいます。

つまり、現在はこれと似たようなストーリー展開ならこういったのもありますよ。程度のお手伝いしかできないわけなんですが、将来的にはこのストーリー展開は雑すぎておもろくないからこうやって直したほうが面白いよ、これはできすぎたストーリーだから、もっとリアリティ出していくのもありかもしれないよ、などといった感じのアドバイスまでできるようになるかもしれないということなんですね。

いずれにせよAIの成長がさらに一段上のエンターテイメントの世界を作り出すことは間違いないと言えるでしょう。

さらに、単純に面白い技術としてディープフェイクによる死者の復活ということも起こりえます。

ディープフェイクは動画内の顔に別の人の顔を貼り付けるという技術で政治や、ポルノの世界で悪用されたニュースがあってマイナスの印象を持っている人もいるかもしれません。

しかし、非常にユニークかつ実用的な技術でもあるんです。

例えば、すでに亡くなってしまっている役者さんの顔を貼り付けて個人が主演の新しい映画を作成するということも可能になります。

これによって続編を作ることができなかった映画の製作も可能になるかもしれません。また、さらにディープフェイクを利用して自分自身の分身を作るということも可能になります。

それによって例えば、コンサルティングしている人が自分の考え方のモデルをAIにインプットし自分の顔を貼り付けた映像を用意すれば、寝ている時だって100人相手だって個別にコンサルティングを行うことが可能になるんです。

YouTubeの動画やブログが寝ていても稼いでくれるんだ、言ってしまえばもう一人の自分が寝ている間も働いてくれているようなもんだね、と言っているユーチューバーの方もいますよね。

それがより本当に現実に近づいていくのがこの技術なんです。

本当にあなたのコピーを作り出し、それがあなたと同じように働いてお金を稼いでくれる、そんな事も可能になるんです。

実際に海外では自分のAIペルソナを作っている人もいます。AIペルソナは音声と写真を使ったシュミレーションで身のこなしから記憶まで本物と区別がつかないほどだと言います。

本人は音声だけ聞いているとすでに妻でさえ私ではないと気づきません。でも、何より興味深いのはAIそのものです。

ある人物がどう考え何を感じ何を生み出すと捉える能力は驚異的です。記憶力は私のそれとは比較にならないとまで述べているんです。

自分の分身を作り出せる時代がもう目の前に来ていると言ってもいいのかもしれません。

まとめ
  1. AI技術は人間の真似事をクオリティーが低いレベルで出来るというのはとうに終わって人間ではできない速度で素晴らしい仕事をこなせるようになってきている
  2. 受動型のエンターテイメントが近い将来終わりを迎え、協力的かつ没入型かつ個別化された能動的エンターテイメントが主流になる
  3. 自分の分身を作り出せる時代がもう目の前に来ている。YouTuberは自動的でもあり能動的でもあるエンターテイメントだと思いますが、多くの人にとっては結局利便性の高いテレビでしかなく受動的なエンターテイメントになってしまっているのかもしれません

どこでもドアが現実になる

ドラえもんの秘密道具の中で皆さんが欲しいものを一つ挙げるとしたら何でしょうか。

私はどこでもドアが欲しいなと思います。そんなどこでもドアが現実のものになるかもしれない技術が開発されつつあることを皆さんはご存知でしょうか。

日本は今最も早いとされる交通機関がリニアモーターカーその速度が時速500kmで大体新幹線の倍程度の速度ですね。

その上を行くのがイーロン・マスクが手掛けるハイパーループ。これは時速1200km目標としています。

磁気浮上技術を使い筒状の真空チューブの中で乗客を乗せた車両を走らせることで、そこまでの速度を実現することができるんです。

だが、そこで止まらずさらに有人火星飛行のために設計した巨大ロケット・スターシップを地球上輸送に使うとマスクは発言しました。

時速はなんと約28,000kmニューヨーク・上海間がなんともわずか39分で結ばれることになります。

これは遠い未来の話かと思うかもしれませんが、テクノロジー自体は3年以内に形になるとされていて安全性を含め確認にもう少し時間はかかるんですが、そんな遠い未来の話ではないということになるんです。

速28,000km確かにものすごいスピードです。ほぼどこでもドアと言ってもいいかもしれません。これから10年ほどの間にちょっとランチにヨーロッパまで行ってくるわというのが当たり前になるかもしれないんですね。

僕が欲しいどこでもドアはそうじゃないです。どこでもドアはドアが開いた瞬間に目的家にたどり着くことができるものなのです。

それと比べるとまだ遅いとも言えます。

さて本題に入りましょう。どこでもドア、それがアバターとロボットの時代です。アバターというのはもう一人の自分のこと。

私たちは家の椅子に座って行きたい場所をAlexaに頼むだけ。するとVRゴーグルが目と耳を触覚センサーが触覚を別の場所にテレポートしてくれます。

つまり、あなたが感じている感覚だけをすぐにどこにでも飛ばすことができるということです。それによってあなたは自宅に座っていながら南極に行って探検をすることだってできるかもしれません。

実際に南極にいるのは皆でシェアしているロボット。そのロボットを借りて実際にその場にいるのと同じ感を味わい体を動かすことができる。意識は完全に南極にいるんです。

家にいるのは抜け殻の体だけ。そのような状態を作り出すテクノロジーが近い将来実現すると言われています。

実際に既に触覚センサーも完成に近づいていますし、VRゴーグルも身近になりましたよね。5Gの普及で通信速度が上がりさらに現実に近い感覚をリアルタイムで受信できるようにもなりました。

あとはそれが組み合わさって更なるうねりを生むだけ、もう実用段階に来ていると言えます。

10年前だったら夢物語だと笑われた話かもしれません。しかし、今はどうでしょうかとつ一つのテクノロジーが可能になっていることをこの10年間で見てきた私たちにとってこのテレポートの話も夢物語ではないと思っていただけるのではないでしょうか。

どこでもドアとの違いは体をテレポートできるかどうか。意識はもうテレポートの時代に来ているんです。

むしろ、アマゾンの奥地を探検したって病原体を持った虫に刺される心配もないんです。どこでもドアの上位互換とも言えるかもしれません。さらにこのテクノロジーのテレポート先は現実世界に限りません。

バーチャル世界のアバターの中にあなたが入り込む。ネットの社会で生きていくというSF物語のような話がすでに現実になってきているんです。

さらに、このVRを含めた体感型シュミレーションは様々な場面で活用が期待されています。

例えば、教育分野では人種差別、性差別をはじめ様々な差別を自分のこととして体験するプログラムを組み、身をもって経験できるようなものもあるんです。

例えば、道場で暮らす高齢のアフリカ系アメリカ人のホームレス女性の日常とはどういうものなのか、知識として差別や偏見を知ることと実際に体験してみることでは大きな違いがあります。

実際に経験することで共感と理解が大幅に高まり、行動に持続的な変化が生じることも分かっているんです。

テクノロジーは確かに急速に進んで、怖い・わからない・今のままの方が良い、と思ってしまう一面もあるかもしれませんが、生活をよりよく変えていてくれているものなんだということを実感させてくれる非常に有益な実験と言えます。

まとめ
  1. 巨大ロケット「スターシップ」を地球上輸送に使うという話は既に現実味を帯びており、ちょっとランチにヨーロッパまで行ってくる、というのが当たり前になるかもしれないということ
  2. VRゴーグルが目と耳を、触覚センサーが触覚を別の場所にテレポートすることで椅子に座りながら世界中をそしてバーチャルの世界すら旅できるようになる
  3. これらの技術をただ怖いとか、面白いだけの最新技術ではなく生活をよりよく変えていてくれているものなんだという実感を持つことが大切。SDGsが話題になっていますが、環境問題の解決や世界平和ももしかしたらテクノロジーによって生まれるのかもしれません

家が50万円で建つ時代

2030年と言わずもうすでに実用化されつつある凄まじいテクノロジー、3Dプリンティングについて解説したいと思います。

3Dプリンターといえば一時期、拳銃のようなものを作った人がニュースになって話題になりましたよね。

この3Dプリンターは今や圧倒的な進化を遂げているんです。

プラスチックやゴムのようなものしか印刷できないイメージがあるかもしれませんが、今日の3Dプリンターは元素周期表をほぼ制覇していて金属・ゴム・プラスチック・ガラス・コンクリートさらには細胞比較、チョコレートなどの有機材料まで数百種類の材料をフルカラーで印刷できるんです。

これにより世の中は大きく変わります。

自宅に3Dプリンターが置いてあればネットで欲しい商品を注文した時に、わざわざ宅配を待っていなくても、数分で自宅のプリンターから欲しかった商品が印刷されて出てくるかもしれません。

このメリットは完全に宅配を待つ時間がなくなるということだけではないんです。輸送ネットワークが入らなくなったり、商品の在庫を持つ必要がなくなり、さらに、在庫がなくてもいいということは、廃棄する物が出なくなるということなんです。

環境にとってもメリットが大きいといえます。また、世界中のものをいつでも取り寄せることができるようになり、さらには宇宙ステーションであっても瞬時に物が届くという状態になるんです。

現在、人間の火星移住計画なども進んでいますが、地球と火星であっても簡単に欲しいものを送ったり、受け取ったりできるようになるということなんです。

そしてこの3Dプリンターにまでは作れないあいものはないんじゃないかというぐらいに性能が高まっています。

例えば、今では食用臓器も作られるようになってきているんです。

実際に2002年の段階で血液をろ過し、尿を作る能力を持った世界初の人工腎臓が3Dプリンターで作られました。

2010年には世界で初めて血管が印刷されました。さらに、今では毛細血管も印刷できるようになり、2023年には3D印刷された臓器が市場に登場すると予想されています。

細かい部品まで寸分の狂いもなく印刷できる素晴らしい技術です。しかし、それは細い小さなものだけに止まりません。

もっと大きいものも印刷できるんです。それがなんですね。2014年には中国のウィンさんが10件の戸建て住宅を24時間以内に3D印刷したとして話題になりました。

1個あたりの費用は5,000ドル以下、つまり50万から60十万円程度で家が建ってしまっているんです。

さらにその進化は加速し数ヶ月後には5階建ての集合住宅を週末だけで印刷。

2017年には別の中国企業が3Dプリンティングをモジュール工法と組み合わせ57階建ての高層ビルを19日で建てたんです。

中国だから建築基準適当なんじゃない、とか怖くて進めないよ、と思われるかもしれませんが、2019年にはカリフォルニアのマイティービルディングが3Dプリンティングの進化をロボティクス材料科学と融合し、アメリカの建築基準法を満たせる戸建住宅を人件費は業界平均の1/10、最終価格は1/3で完成させるという初の試みをやってのけたんです。

この技術を活用して被災地に住宅を低コストで即日提供することが可能になったりとより生活を安心できるものに変えて言ってくれているんです。

まとめ
  1. 今日の3Dプリンターは元素周期表をほぼ制覇していて、金属・ゴム・プラスチック・ガラス・コンクリートをさらには細胞比較・チョコレートなどの有機材料まで数百種類の材料をフルカラーで印刷できる
  2. 2023年には3D印刷された臓器が市場に登場すると予想されている
  3. 1個あたりの費用が50万円から60万円程度、さらには1日かからず家が建ってしまう

 

これらのテクノロジーの発達に大きく関わっているのがコンピューターの進化です。

例えば、今のAIで使われている深層学習の発想自体は随分昔からあったんですが、今やっとコンピューターの演算機能が追いついてきて、それが今のこのAIブームとなって爆発しているんです。

そして今量子コンピューターの波があっています。その演算性能は凄まじいもので、チェスの世界王者を破ったIBMのディープブルーが1秒で2億手を検討した、と言いますが、量子コンピューターなら同じ1秒で1兆手以上が検討できるんです。

まさに、桁違いの性能と言えます。

今現在のテクノロジーの進歩の最大の推進力がコンピューターの性能が1956年当時のコンピューターの処理能力から比べると1,000億倍になったということなんです。

しかし、このコンピューターの性能というのは無限に高まっていくというものではなく物理的な限界があるとされていました。今まさに性能の限界に近づき、成長速度が鈍化してきていたんです。

スマホやパソコンを買う時でも感じるかもしれませんが、昔の急激な進化に比べると今は数年経っても昔のモデルと何が変わったのかわからないという程度の処理能力の向上しかしていないということが多くなってきているんです。

それを解消するのがこの量子コンピューターの技術なんですが、量子コンピューターが現実のものになり、成熟したら宇宙のすべての原子のストレージ能力を上回る情報を保持する能力すらえられるといいます。

これまで現実でテストするような治療薬の開発もコンピューター内で開発することができるんです。

それを恐ろしい進化だと思うのか、素晴らしい進化だと思うのか、とそれぞれだと思いますが、いずれにせよしっかりと情報として知っておくことがこれから先、大切になってきます。

本書の解説にも書かれていましたが、日本のニュースはやはり日本企業が関わっているものを多く取り上げる傾向にあります。

そのため自国企業が変わっていないハイパーループなどの技術革新は日本のメディアではあまり取り上げられないみんな知らないという状態になってしまいがちなんです。

逆に日本企業が関わっているがゆえに、国内メディアだけで角に大きく扱われるトピックも多く、例えば日本のスーパーコンピューター富嶽は海外ではほぼ重視されていないと言います。

なぜならもう世界の注目は量子コンピューターだからなんです。

もちろん自国の企業、自国の産業に目を向けるという意識も大切なんですが、技術革新にしっかりと築いていくために日本のニュースだけに頼るのではなく自分から進んで情報を取りに行く必要があります。

そういった意味でも本性を含めた未来予測関連の本、テクノロジー関連の書籍を是非お手に取って読んでいただきたいと思います。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事