人気記事!!
【5分で読める本要約】苫米地英人|金持ち脳~捨てることから幸せは始まる~
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

金持ちになれるかどうかは、マインド次第である。

金持ちになりたければ金持ち脳をインストールしなければならない。貧乏脳を捨てなければだめなのだ。

洗脳によっていかに我々の生活には無駄が多かったかを知れば、捨てることによって金持ちのにつながり、本当の豊かさに満ちた金持ち人生が多くできる。

今回は、苫米地英人さんの"お金持ち脳〜幸せは捨てることから始まる"を要約して行きます。

「金持ちになれるかどうかはマインド次第であると、金持ちになりたければ今まで培ってきた貧乏脳を捨てて、金持ち脳をインストールしなければならないんだ」と筆者は言います。

現在、日本はますます景気が落ち込み、多くの人がお金がない。すなわち自分は貧乏であるという感覚を持っているんです。

しかし、現実をよく見て欲しいと筆者は今日本の実質GDPはここ30年以上多少の変動はあるものの確実に上昇している。物資も豊富になって、生活も向上してきた就職氷河期と言われているが日本では働き口は職種を選ばなければまだ何とかなる。

インフラも整い生活も便利になり生活の保障制度も確立されつつある。昔のような本当の貧乏な人などはほとんどいないと言っても過言ではない。

しかし、多くの人が自分の生活を苦しいと思い、自分は不幸でどうしてもお金持ちになりたいという願望を持っているのはなぜでしょうか。

ブータン王国の幸福度指数が一時期話題を呼びました。GDPが日本の1/20である国を何と95%の人が幸福であると思っているんです。

それはブータン王国ではお金ではなく人間関係の平和と交流を重視してるからである。

お金持ち=悪という図式がインプットされ、お金持ちでないと恥ずかしい、お金持ちでないと生きている価値がない、といった極端な考え方が蔓延しております。

これは政府がマスメディア、広告代理店を介してで行った貧乏脳への洗脳であります。

全ての人がもっと意識的にIQを上げて、政府や広告代理店などの恣意的な考えを察知し、その考えをいち早く捨て去りその裏に隠されている事実を見極める力を持つことが貧乏脳からの脱出方法、つまり金持ち脳を掴む方法なんです。

スポンサーリンク

あなたの中の「貧乏脳」は何か

重要なポイントを先に列挙していきます。

  1. 「不満足脳」「低自己評価脳」という二つの脳の働きが貧乏脳を形成していく。たとえ収入が低くても支出が少なければ金持ちで高収入を得ていても支出が多ければ貧乏である。収入が少ないのに少しも貧乏に見えない人は、収支のバランスが取れている。
  2. 使うお金がきちんと収入の中に収まり、ほんの少しの余剰がある。こういう人の脳は持っているお金の絶対量には関係なく、「金持ち脳」といえる。
  3. お金が減ると貧乏になるのではない、欲望が増えると貧乏になるのだ。だから、今の日本人はお金持ちなのに貧乏なのである。

これらのポイントを先に押さえてもらった上で具体的に深掘りして解説していきましょう。

まず、私たちが持つ貧乏脳は自分で作る2つの脳からなっているんです。

1つは不満足脳、もう1つは低自己評価脳であります。貧乏脳にしても金持ち脳にしても生まれながら備わっているものではなく自分で作るものなんですね。

自分が貧乏なのか金持ちなのかを判定する場合、我々はそれを収入と支出のバランスで考えます。すなわち、収入よりも支出の方が多ければ貧乏、支出よりも収入が多ければ金持ちということになります。

だから、この収入と支出のバランスが取れていてプラスマイナスゼロならば貧乏でもお金持ちでもありません。

収入から支出を差し引いたその答えが常にマイナス状態であることを貧乏状態と考えれば貧乏でない状態は0あるいはプラスであることです。

そうすれば、貧乏ではなくなるという極めて単純な式が成立するんです。

つまり、たとえ収入が低くても支出が少なければ金持ちでございます。高収入を得ていても支出が多ければ貧乏なんです。問題は収入にあるのではなく支出にあるんです。

これは極めて単純な図式なんですが、ここを押さえておかないと問題が見えてきません。なぜならば不満足脳は収支のバランスの崩れから生まれるからであります。

これが分かっていれば収入が少ないのに、少しも貧乏に見えない人がいる不思議も理解できるでしょう。

なぜ貧乏に見えないのか、それは収支のバランスが取れているからであります。したがって、貧乏脳の要素の1つである不満足脳を持っていないんです。

つまり、彼らは低収入にも関わらず満足しているんです。それに対して不満足脳は満足をしていません。収支のバランスが取れていなくて支出が優先しているからであります。

高収入があるにも関わらず満足できない場合もあるんです。その理由は簡単で、彼らは満足はお金で買えると思っているからです。

お金が払えること=満足

あるいは

お金を払うこと=物やサービスを手に入れること

という勘違いをしているんですね。しかし、物やサービスを買う場合、お金がいる場合と、いらない場合があってお金がいらない物やサービスというのは実はたくさんあるんです。

先ほど述べた入りが少なくても貧乏に見えない人はお金がいらない物やサービスを上手く利用しているわけです。

そして、自分が貧乏であることと認識している。貧乏脳はもう1つ自分には金を稼ぐ能力がないことを自覚するという低い自己評価をしているんです。

稼ぐ能力が無いから貧乏に甘んじなければならないと考える。あるいは金を稼ぐ能力がないから大企業の会社員になりたがる。

こういう人々をエフィカシーが低い人と言います。エフィカシーとはコーチング用語で日本語に訳すと自己能力の自己評価という意味であります。

それに対してエフィカシーが高い人は年収が少なくてもその気になれば自分は稼げる人間であるという自信を持っているんす。

彼らはその気がないだけなんです。例えば、コンビニでフルタイムの働き方をすればそれなりの収入が得られますが、彼らはそういう働き方を嫌います。

自己評価が高くより効率の良い働き方ができると考えているからであります。

貧乏脳はこうして不満続脳と低自己評価脳という2つの脳が生じることで形成されていくものであります。

つまるところ、貧乏のお金持ち脳とは持っているお金の絶対量の問題ではありません。持っているお金に対して使っているお金がどのくらいかということなんです。

昔に比べると持っているお金の絶対量においても、暮らしの便利さにおいても、今の方がはるかに豊かであることは明らかです。

それにもかかわらず金がないと私たちは嘆く、貧乏を出して金持ちになりたいという、なぜでしょうか。

これも理由は単純で欲望が増えたから貧乏感が増しているんです。お金が減ると貧乏になるんじゃありません。

欲望が増えると貧乏になるということであります。例えばバブルの頃はBMWに乗っているだけでかっこいいと言われました。今BMWに乗っている人などそこら中にいますよね。

そうなると、かっこいいと言われるようになるためにはもっといい車に乗りたいという意欲が出てきます。

それを求めれば当然金が足りなくなるでしょう。こうしたい欲望の増幅があらゆるところであらゆるものについて生じているんです。

だから、今の日本人は大金持ちなのに実際は貧乏なんです。つまり、しょうもない欲望がどんどん膨らんでそれにますますお金がかかるようになっているから、みんなお金がないと感じてしまうんです。

本当はお金なんてなくても十分に豊かな生活を享受できているはずなんです。家でネットに繋がっていてNetflixが見れるだけでYouTubeが見れるだけで昔に比べれば全然エンタメなどは充実しているはずです。

YouTube が見れるだけでも昔の人から比べればそれでエンタメ料としては十分だったはずですよね。

社会が豊かになるにつれもっともっとを求める欲望がどんどん膨らんで、本当はお金があるにも関わらず、そういう欲望にお金を使ってしまい私達はいつもお金がないと感じるわけなんですね。

ですから貧乏になるのは欲望が増えた時でございます。お金が減ると貧乏になるのではありません。このことをしっかりと押さえておいてください。

まとめ
  • 不満足脳と低自己評価脳のという2つの脳の働きが貧乏脳を形成する。例え収入が低くても支出が少なければ金持ちで、高収入を得ていても支出が多ければ貧乏である。収入が少ないのに少しも貧乏に見えない人は収支のバランスが取れているからである。
  • 使うお金がきちんと収入の中に収まりほんの少しの余剰がある。こういう人の脳は持っているお金の絶対量に関係なく金持ち脳と言える。お金が減ると貧乏になるのではない欲望が増えると貧乏になるのだ。だから今の日本人は金持ちなのに貧乏なのである。

「貧乏脳」から「金持ち脳」へ乗り換える方法

貧乏脳を捨てて金持ち脳へと切り替える方法について解説していきます。

先ほども言った通り、貧乏脳、お金持ち脳は持っているお金の絶対量が問題なのではありません。持っているお金に対して使っているお金がどのくらいかということでございます。ではどうすれば貧乏脳を脱出して金持ち脳になれるのでしょうか。

先ほど、金が減るから貧乏になるのではなく、欲望が増えると貧乏になると言いました。その裏を返せば金持ちになるのは簡単なことでございます。

貧乏脳につながる欲望を何とかすればたとえ月収20万円・年収300万円足らずでも十分に金持ち脳に変わることができます。

金持ちか貧乏かそれを決定するのは収入の多い少ないではありません。

金の入りすなわち収入と、金の出、すなわち支出の関係でございます。金持ち脳になるために一番重要なのは収入を増やすことではなく、支出をコントロールすることであります。

例えば、月収20万円でも月の出が18万円の人は金持ちのでございます。一方で月収が1,000万円でも支出が月に1,200万円の人は収入が人より多くても貧乏脳ということになります。

あなたの周りにも高給取りなのになぜかお金がないという人がいませんでしょうか。要するに、収入が優位の人は金持ち脳、支出が優位の人は貧乏脳、それだけのことなんです。

ではなぜ僕らは支出をいつもコントロールできないのでしょうか。それは世の中には貧乏脳を増幅する仕掛けがあるからでございます。

テレビなどの各種メディアと広告業が僕らを消費行動に走らせるからであります。大手広告会社が人の欲望を増幅させ消費行動に走るよう、あの手この手で物をアピールしているからです。

それに日々触れていると知らないうちに脳が洗脳され、欲望がどんどん増幅してしまうんです。結果必要のないものを買いに走り収入以上の支出をしてしまうです。つまり貧乏脳になってしまうんです。

ではそんな欲望を刺激してくる広告から逃れるにはどうすれば良いでしょうか。筆者は最も簡単な方法はテレビを捨てることだと言います。

テレビ見ていなかったら断じて支出優位にはならないと言います。僕らはテレビを見ることによって本当に必要だから買っているんではなくて、無意識のうちに欲しいと思い込まされて買っているんです。

あなたの欲しいと思うものの大半はテレビが決めているんですね。

そして、テレビを捨てる以外に支出をコントロールするための方法があります。それは物を買う時にその値段は機能についたものか?装飾についたものか?を自問自答することであります。

先ほども言った通りテレビや広告によって私たちは必要でないものを本当に必要だから買っていると思い込まされているんです。

そして、たいていテレビや広告では煌びやかなデザインとかブランド品といった装飾が付いたことによって値段が高くなっているものが宣伝されるんです。

昨日は大して変わらないのに見た目がいいとか、ブランド品であるとか、そういった理由で物の値段というのはつり上がっているわけです。

だから、テレビや広告に踊らされないためには物を買う時にその値段は機能についたものか装飾についたものかこのことをいつも自問自答してください。

言い換えるのならば物を買う時には機能以外を一切求めないということでございます。

無駄に高いブランド品の時計やバッグを買うのではなく、頑丈で長持ちして機能が良いものを買うということでございます。

そのようにして少しずつ自分自身の支出をコントロールしていかなければなりません。

ここで注意したいのは、別に物欲があること自体を否定しているわけではないということです。問題は物欲があることではありません。その物欲がメディアの洗脳によって生まれているということであります。

だから、本当に得たい情報があるならば本当に欲しいものがあるならば、テレビを消して自分で能動的にその情報を取りに行けばいいんです。

まとめ

金持ち脳になるために一番重要なのは収入を増やすことではなく支出をコントロールすることである。貧乏と感じるのは収入のせいでも不景気のせいでも収益の上がらない職業のせいでもない、必要なのは自己コントロール能力である。

僕らがいつも支出をコントロールできないのは、世の中には貧乏の往復する仕掛けがあるからだ。テレビなどの各種メディアと広告業が消費行動に走らせるからだ。だからテレビを捨てよう。物を買うときはその値段は機能についたものか装飾についたものかをいつも自問自答しよう。

金持ち脳になるための最短経路

重要なポイントを最初に列挙しておきましょう。

  1. やりたくない仕事をしている人は最も貧乏脳になる危険性がある。やりたくない仕事をしている人は仕事の外に満足を求めようとするるため仕事で我慢していれぶん、稼いだ金で楽しみたいとどうしても支出が多くなりがちである。
  2. 金持ち脳になる一番の王道は仕事から満足を得ること。そのためには好きな仕事をすることである。やりたいことをやっている人の生産性はやりたくないことをやっている人の生産性の実に数百倍である。
  3. 本当に満足できる仕事であれば決して貧乏脳にはならない。個人にとって一番の財産は人生時間である。生きている時間をいかに満ち足りたものにしていくかこれが人生の価値を決める。
  4. 必要なのは好きなことを仕事にできるのであれば給料は下がっても構わないという思いである。その仕事がその人の転職であれば自然とお金が集まってくる。

具体的にそれぞれ解説していきます。

これまで金持ち脳と貧乏脳を分けるのは収入の多い少ないではない。収入によらず支出が収入を上回る人は貧乏脳、支出が収入を下回る人は金持ちのである。

こうした収入と支出のバランスはまず、物を欲しがる自我をコントロールすることで調節できるんだということを述べてきました。

そして、ここで重要なことを述べたいと思います。それはやりたくない仕事をしている人は最も貧乏脳になる危険性があるということでございます。

これは収入が月に20万円だろうが1,000万円だろうが関係ありません。これも収入の多い少ないは大した問題ではなく、重要なのは自分がその仕事を好きかどうかなんです。

なぜかと言えばこれも非常に単純な話で、やりたくない仕事をしている人は仕事の外に満足を求めるようになるため、どうしても支出が多くになりがちになるからです。

例えば、キャバクラなどの水商売では確かにお金はたくさん稼げます。しかし、仕事でストレスが溜まってしまって、ストレス発散でお金を使いすぎてしまい結局お金が貯まらないんです。

逆に働くことが好きで働くことによって心から満ち足りた状態になればわざわざ金を費やして別の満足を得ようとはしません。

金持ち脳になる王道は、仕事から満足を得ること。そのためには好きなことを仕事にすることなのです。さらにやりたいことをやっていると金持ちになれるという根拠はやりたいことをやっている時は生産性が数百倍になるからであります。

ハーバードビジネススクールとアメリカTPIの共同研究によれば、やりたいことをやっている人の生産性はやりたくないことをやっている人の生産性の実に数百倍であると言います。

好きなことをやることが、いかに脳に良い刺激を与え、発想力や判断力、行動力を高めるかということが分かるでしょう。

このデータから次のように言うことができるでしょう。すなわちやりたいことを仕事にすることで最初は給料が下がっても個人の生産性は数百倍に高まる従って貧乏脳にならないばかりか結果的にはより多く稼ぐことにつながる。

だから、筆者は好きなことを仕事にできるのであれば給料は下がっても構わないという思いを持てと言うんです。

別に仕事で満足感が得られていれば無駄遣いしないので給料が多少低くても大丈夫であるというわけでございます。

まとめ
  1. やりたくない仕事をしている人は最も貧乏脳になる危険がある。やりたくない仕事をしている人は仕事の外に満足を求めるようになるため仕事で我慢しているぶん、稼いだ金では楽しみたいとどうしても支出が多くなりがちになる。
  2. 金持ち脳になる一番の王道は仕事から満足を得ること。そのためには好きな仕事をすることである。やりたいことをやっている人の生産性はやりたくないことをやっている人の生産性の実に数百倍である。
  3. 本当に満足できる仕事であれば決して貧乏脳にはならない。個人にとって一番の財産は人生時間である。生きている時間をいかに満ち足りたものにしていくか。これが人生の価値を決めるんだ。
  4. 必要なのは好きなことを仕事にできるのであれば給料は下がっても構わないという思いである。その仕事がその人の転職であれば自然とお金が集まってくる。

 

お金が減ると貧乏になるのではない欲望が増えると貧乏になるのだ。

だから、今の日本人は大金持ちなのに貧乏なのである。これは筆者の名言だと私は思いました。確かに昔の時代に比べれば私たちは今とても豊かです。

それなのにみんなお金がないと感じている。それは欲望が増えたからなんですね。いっぱい魅力的なものが出てきて、そして私達はテレビや広告によってそれらを欲しいと思われている。

だから、あれが欲しい、これが欲しいと言って商品の欲望に取り憑かれてどんどんお金を使ってしまい貧乏のように感じるということでございます。

だから、金持ちになりたいならこれらの欲望を絶対にコントロールしなくてはいけません。一番簡単なのはやはり筆者が言うようにテレビを捨てたりと欲望そのものを見ないようにしたり近づかないようにすることでしょう。私達は、知らないものを欲しいと思うことができません。

だから、テレビを消して広告さえ見なければ欲しいという欲望が刺激されることはないんだよ。こうやって自分を防衛しないとどんどん無駄なものを欲しいと思わざれ支出が増えていく生活になってしまうわけなんですね。

そして、筆者は金持ちになりたければ好きなことを仕事にするのが一番早いと言うんです。

その理由は2つ。

  • 1つ目は好きな仕事をしていれば仕事からの満足感が得られるのでプライベートでお金を使って満足感を得ようとしないから支出が少なくなるということ。
  • 2つ目はやりたい仕事をやっていれば生産性が数百倍になるわけだから結果として稼げるようになるというわけでございます。

こう聞くと確かに好きな仕事をすることが金持ち脳になるための一番の近道であると思います。

ただ、問題はやはりどうやって自分の好きなことを仕事にするのかという方法でございます。

そして残念なことに誰にでも通用する自分の好きなことを仕事にする方法なんていうのはないんです。

これは個人が1人1人がなんとか見つけるしかありません。

そして、様々な本で語られている自分の好きなことを仕事にする唯一の方法をここで補足として軽く紹介したいと思います。

それはトライ&エラーで試行錯誤でございます。

とにかく何がうまくいくかわからないし、世の中にはどんなニーズがあるのかというのは実際にやってみないとなかなかわからないのでとにかくトライ&エラーで数を打って、自分の好きなことを仕事にする方法を見つける、ということでございます。

おそらくこれしか自分の好きなことを仕事にする方法はありません。本当にあなたが自分の好きなことを仕事につなげたいと願うのであれば、普段はサラリーマンとして働いているとしても仕事が終わった後や土日などにコツコツと自分の好きなことを仕事にするためのトライアンドエラーをしなければならないでしょう。

もちろんそれは簡単なことではありませんが、昔に比べると自分の好きなことを仕事につなげやすい環境は圧倒的に整っていると思います。

そして、この恵まれた環境を利用してトライ&エラーをした人の家の一部が自分の好きなことを仕事にするという幸運を手にできるんだと思います。

確かに好きなことを仕事にするのは簡単なことではありません。無数のトライ&エラーを一人でやらなければならないでしょう。それは孤独な時間でありますし、誰にも相手にされない時間でもあります。

周りの人からは何やってるんだあいつは。と、そんなことより土日を楽しめばいいじゃないかと笑われるかもしれません。

しかし、好きなことを仕事にするというトライ&エラーをコツコツと行っておき、実際に好きなことを仕事にすることができれば圧倒的なリターンが得られるし、自分の人生に満足して幸福な人生を送ることができると思うのでトライしてみる価値は十分にあると思います。

あとは個人の覚悟の問題です。

あなたが自分の好きなことを仕事にしたいとどれだけの願っているのか、それが問われているわけであります。

 

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事