人気記事!!
副業!!輸入ビジネスを始めたほうが良い10のメリット!!成功する秘訣や事前に準備しておくものも紹介
☆すぐ借りれる、超低金利で借りれるカードローンランキングはこちら

少しでも”輸入ビジネス”に興味があるならこの記事を読んで頂きたいです。

輸入ビジネスはやり方によっては儲けることができますので、この記事を読み終えた後には、輸入ビジネスを始める事になるでしょう。

この記事を読めば分かること

  • 輸入ビジネスの概要
  • 輸入ビジネスのメリット①~⑨
  • 輸入ビジネスを始める前の事前準備
  • 輸入ビジネスを今すぐに始める手順
  • まとめ
スポンサーリンク

輸入ビジネスの概要

輸入ビジネスとは、名前の通り「海外の商品を輸入して、日本で販売すること」です。

日本と比べて安価で売られているものを仕入れし、日本で仕入れ価格よりも高い価格で販売することで、利益を発生させて稼ぐというものです。

輸入ビジネスを成功させるには「売れやすい商品を知ること」や「輸入にかかるコストを知ること」など、知識がなければ儲けを増やすことができません。

例えば、1万円で仕入れた商品を2000円の利益を出す為に1万2000円で販売できたとしても、もっと細かく仕入れにかかる輸送費などのランニングコストを計算する必要があります。

ちなみに、日本では中国や韓国からの「輸入ビジネス」が浸透しています。

その理由は、近隣国なので輸送費が安く、仕入れ価格と販売価格の差が利益に近づきやすいことが理由です。

輸入ビジネスを始める為に知っておきたい3つの心構え

輸入ビジネスを始める為に知っておきたい3つの心構えとしては、

  • 売れる商品を仕入れる
  • 他のショップよりも上手にプロモーションをする」必要があります。
  • 顧客対応

の3つを大切にしなければなりません。

というのも、輸入ビシネスは仕入れ価格よりも誰でも簡単に稼ぐことができると思いがちですが、難しい面も持ち合わせています。

商品が売れなければ在庫を抱えますから、まずはファーストステップとして「売れる商品を仕入れる」必要があります。

次に、売れる商品を仕入れたとしても、バイヤーが目を付ける商品は被ることが多く、別のショップがその商品を販売しているかもしれません。

そういった場合には仕入れた商品を「他のショップよりも上手にプロモーションをする」必要があります。

食べ物や日用雑貨などの商品は、シーズンごとにCMなどのプロモーションが変わりますよね。

商品の売り出し方によって売れ行きは変動します。

紹介文や商品写真などを工夫して、同じ商品でもより良く見せることも大切です。

最後に、リピーターを増やすためには「顧客対応」も大切です。

常に一定数の新規の客を獲得することは難しいため、どんなお店でもリピーターを確保する必要があります。

好印象を与えるポイントは、発送日数や梱包の丁寧さ、問い合わせなどの対応が含まれます。

ショップに好印象を持ってもらうと、別の商品でも「このショップで買おう」といったようなショップのファンを作ることができます。

特に重要なこの3つを抑えると輸入ビジネスの副業で稼ぐことに一歩近づきます。

「売れやすい商品」、「プロモーション」、「顧客対応」の知識と心がけを持っておきましょう。

輸入ビジネスメリット①:日本よりも原価が安い国で商品を仕入れると儲かる

引用元:(https://www.ab-road.net/article/prices/page04.html)

輸入ビジネスメリットとして挙げられるのは、原価が安い国で商品を仕入れると儲かるということです。

例えば、物価が安い近隣国として有名なのは「中国」とイメージする人が多いのではないでしょうか。

中国は日本と比べて物価が安いため、輸入して日本で販売すると利益を見込むことができます。

中国の物価がどのくらい安いかと言うと、嗜好品などで日本と中国の物価を比べてみると、中国の物価の安さが分かりやすいです。

バスの初乗りは日本が210円に対して中国は33円、ビール1本だと221円の日本に対して中国は36円。

これだけでみると中国は日本の約1/6の物価となります。

そのため、中国で輸入したものを日本で購入の売の金額で販売したとしても、利益を得ることができるのです。

国は中国に限定する必要がありませんが、近隣国であれば輸送費も低下価格で済みますし、純利益を確保しやすいです。

また、インターネット人材サービス「前程無憂(51job)」によると、中国の全国平均月給は7847元(約12万7000円)と発表しました。

パーソルキャリア株式会社」によると、2018年度の日本の平均給与は414万円で、月給は34.5万円。

中国の平均給与が低いのには貧富の格差が開いていることが原因かと思われますが、日本の平均給与と比較すると約3倍となっており、物価が異なるのにも納得できます。

輸入ビジネスメリット②場所や時間を選ばない

仕事をするのに時間や場所を選ばないことは輸入ビジネスのメリットと言えるでしょう。

輸入ビジネスは販売する商品を仕入れてしまえば、販売するのはネットショップやフリマアプリなどで販売するとネット上で24時間販売可能です。

通常の店舗であれば、人が常駐する必要がありますし、家賃や光熱費などのランニングコストがかかります。

仕入れた商品をネットショップで販売すれば時間や場所を選ばずに副業を行なうことができます。

Amazonの出品者登録をすると発送方法は出品者出荷かFBA出荷を選ぶことができます。

出品者出荷とは?

あなたの手元に商品があり、自分で梱包する方法

注文が入ると自ら梱包するため、自宅などに在庫を保有しておくか、注文が入ってから仕入れるかを選択して、購入者に商品を発送します。

注意:注文がはいってから商品を仕入れる場合は、Amazonの倉庫から直送するよりも少し時間がかかります。
そのため、購入者に少し時間がかかることを伝えておきましょう。

FBA出荷とは

FBA出荷とは、Amazonの倉庫に商品の在庫を預け、出荷作業の代行をお願いする方法

FBA出荷なら、商品発送に手間がかかることはありませんし、仕入れて商品の登録をするだけでOKです。

副業に時間を取られて本業がおろそかになっては元も子もありませんので、「時間や場所を選ばない」これが輸入ビジネスのメリットです。

輸入ビジネスメリット③商品のジャンルに固執せず販売できる

昨今、一流企業でも終身雇用として安定した将来を約束されているわけではありません。

中小企業庁のホームページによると、個人による事務所の開業後の事業存続と倒産の動向は次のようになっています。

引用元:(https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i1220000.html)

会社は設立1年後の生存率は72.8%となっており、その1年度にはそのうち約16.4%が倒産しています。

通常の会社員でも、数年後に早期退職を促されるかもしれませんし、20-30年後に急に会社が倒産してしまうかもしれません。

また、会社はある程度安定していても、人事異動などでこれまでの職場環境がガラっと変わり、働きにくい環境になってしまうかもしれません。

そのほか、企業の強みとしている商品が売れなくなり、仮に全く違うジャンルの商品を販売したとしても、その商品をヒットさせることは容易ではありません。

しかし、輸入ビジネスは個人でできる商売ですので、商品の売れ行きが悪くなってしまったとしても仕入れる商品を変えることも可能です。

また、物販ビジネスの歴史は長く、消費者の購買意欲がある限り廃れることはありません。

商品のジャンルに固執せず販売できることは、輸入ビジネスを始めるメリットと言えるでしょう。

輸入ビジネスメリット④効率よく利益を得ることができる

輸入ビジネスは効率よく利益を得ることができます。

通常、副業はどれくらいの期間で利益を出すことができるのでしょうか。

次の5つの副業を比較してみましょう。

1日の稼働時間稼げる金額所要期間効率
輸入ビジネス24時間(ネット)売上分1~2ヵ月
アフェリエイト24時間(ネット)報酬分2か月
アルバイト8時間7000円程度1日
ポイントサイト1、2時間1000円程度1日×
クラウドソーシング5~10時間1000-5000円1日

 

輸入ビジネスは1ヵ月目に商品のリサーチをして商品を仕入れ、2ヶ月目に出品と販売を行うことができれば、利益を得ることができます。

利益の金額は仕入れ額と販売額によって異なりますが、2000円で仕入れたものを4000円で売ることが10回できれば送料などを含まなければ2万円の利益となります。

ネットトなので24時間体制で販売することができ、他の副業と比べて効率の良い副業と言えます。

アルバイト副業は労働基準法により、1日の働く時間に限度があるため、働く時間が限られてしまいます。

また、ポイントサイトやクラウドソーシングは同じ案件は2回することができませんが、輸入ビジネスなら、在庫があれば同じ商品を何度も販売することが可能です。

輸入ビジネスは24時間体制で、効率良く利益を生むことができます。

輸入ビジネスメリット⑤事業モデルがシンプルである

今も昔も「物販」のビジネスは途絶えることなく行なわれています。

“物を販売してその対価を受け取る”という至ってシンプルなものなので、ある程度は物価や市場の流れなどの知識が必要にはなりますが、副業が初めての人でも始めやすいのが輸入ビジネスです。

というのも、輸入ビジネスはインターネットの環境さえあれば始めることが可能です。

例えば、先ほどご紹介した【Amazon出品者登録】を行い、出品者出荷を選択して商品を販売するとします。

商品が購入されると商品を仕入れて販売する、これだけで利益を生むことができるのです。

先ほどご紹介した副業の1つである「アフェリエイト」と比較してみましょう。

アフェリエイトとは

アフェリエイトとはブログなどにアクセスさせてバナー広告などで広告を貼ることで、広告をクリックさせて購入までの導線を作り、報酬を得ることができる。

アフェリエイトで稼ぐことは一見簡単に見えますが、ユーザーにアクセスしてもらうための文章をブログなどに掲載しなければなりません。

さらに、アクセス数を増やすためには定期的にブログなどを更新する必要があります。

これには執筆力だけでなく、ユーザーが興味を持つ話題のネタに対する知識が必要です。

いかがでしょうか。

輸入ビジネスはニーズの多いものを仕入れて販売することができれば、大ヒット商品を生み出すこともできますし、自分次第で売り上げが左右するので面白みもあります。

「まだ世に広まっていない商品を広めていきたい」や「インフルエンサーになりたい」という人にも向いているビジネスです。

輸入ビジネスメリット⑥個人事業主として運営できる

副業ではなるべく人に合いたくないという方やできるだけ在宅で仕事がしたいという人には「仕入れ」と「商品管理・発送」を外注化すれば完全在宅で勤務することも可能です。

例えば、お店を出店するとなると従業員を雇うなどの人件費が必要になりますが、輸入ビジネスであれば1人で完結することもできます。

1人でバリバリ取り組みたい方や、反対に自分のペースで副業をしたいといった方も、それぞれその人に合ったやり方で取り組むことができます。

1人でも十分に活動することができるというのは輸入ビジネスのメリットと言えるでしょう。

輸入ビジネスメリット⑦完全外注化も可能

輸入ビジネスは「完全外注化」をすることも可能です。

リサーチも外注を雇い、商品管理から発送までをAmazonなどのショッピングサイトに委託してしまえば、商品の在庫を自宅に置いておく必要もありません。

外注を探すのであれば、仕事依頼や応募者選定が完全無料のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」がオススメです。

※案件の納品が完了した際に手数料として料金が発生します。

また、仕入れの際には外国語を話せなければ難しいのではないかと思いがちですが、国によっては日本語を話せるセラーもいますし、最近ではPocketalk (ポケトーク) などの機能の高い翻訳機も販売されているので安心です。

輸入ビジネスメリット⑧先駆者が多いのでノウハウを手に入れやすい

「副業を始めたい!」と思っても、これまで誰も行ったことのないビジネスであればそのリスクや危険性を懸念し、なかなか始められない人も多いですよね。

輸入ビジネスは「物販」という観点で言うと物々交換を行なっていた時代から行われているビジネスモデルです。

そのため、先駆者が多く、ノウハウを伝授してもらいやすいということもメリットです。

先駆者の多い輸入ビジネスなら、ブログや書籍に先駆者の生の声を知ることができるので、安心して副業を始めることができます。

前例があるのであれば家族などにも相談しやすいので、家庭を持つビジネスマンの副業として最適です。

中には商品の出品は専業主婦の奥様や両親が行なっているという家族もいるそうですよ。

輸入ビジネスメリット⑨リスクが小さい

輸入ビジネスは失敗した際のリスクが小さいということもあり、副業初心者でも始めやすい傾向にあります。

一方、株や投資、お店の開業となると、初期投資の費用がかさみます。

印章店を開業するにはどのくらいの費用が掛かるかというと、飲食店の開業をサポートする会社「みんなの飲食店開業.com」によると、15坪以下のお店の開業資金は次のようになりました。

■15坪以下ほどの小さな店で個人開業する場合の投資コスト

店舗開業資金
繁盛ジビエ居酒屋1030万円
たこやきダイニング910万円
蕎麦居酒屋340万円

15坪以下の飲食店を開業する場合の目安は、平均760万円ほどであることが分かります。

340万円の店舗は自分たちでDIYを行って初期費用を節約したようなので、通常は900万円~1000万円の費用がかかります。

それに比べて、輸入ビジネスの場合は土地代や改装費も不要ですので、必要なのは商品の仕入れ代とショップの運営費のみです。

まずは数量の仕入れ品から半場する場合は数万円~数十万円でビジネスを始めることができ、他の副業と比べてリスクが小さく、手軽に始めることができます。

輸入ビジネスメリット⑩ファンを増やせば簡単に利益が出る

ネットショップで販売する場合は、「このショップから買いたい」というファンを作ることも大切です。

輸入ビジネスを行なっているセンスの良いバイヤーは目を付ける商品が似通ってしまうことが多いです。

「ショップA」と「ショップB」で同じ商品が同じ値段で販売されていたとします。

そういった場合に購入者が比較検討する要素となるのは他の購入者からの口コミです。

例えば、次のようなショップレビューがあった場合、あなたはどちらの商品を購入しますか?

同じ商品で同じ値段であれば、ショップBから購入する人が多いのではないでしょうか。

こういった口コミをよくするためにも、まずは丁寧な顧客対応を心がけることも大切です。

購入者にとって、他の購入者からの口コミは購買意欲を左右する大きな要因になります。

逆に言えば、ショップのファンを増やせば新しい商品を出品しても購入してもらいやすいサイクルができあがり、利益が出やすくなります。

輸入ビジネスを始める前の事前準備

輸入ビジネスを始める前に、いくつか事前準備として必要な作業があります。

事前準備を怠ってしまうと法律違反になってしまったり、節税対策ができない可能性も出てきますので、注意が必要です。

少しでも輸入ビジネスやほかの新しいビジネスのスタートを検討している人はしっかり読んでくださいね。

個人事業主・開業届の登録(提出)

輸入ビジネスだけでなく、副業などでビジネスを始める人は会社員ではなく「個人事業主」として認識されます。

そのため、ビジネスを始めるのであれば、個人事業としての開業届の提出が必要です。

開業届けを提出する理由は、税務署に「個人事業主として事業を始めた」ということを申告するためです。

というのも本業と同じく、副業として働いて稼いだ利益に対しても所得税は発生します。

副業の場合は、収入が年間20万円を超えた場合に所得税が掛かり、輸入ビジネスで年間20万円以上の利益が発生する場合には「開業届」が必要となります。

個人事業主として開業

 

 

 

 

 

 

 

 

するためのポイント

 

 

  • 開業したらすぐに提出する
  • 2.提出期限は1ヶ月以内
  • 3.「屋号」は何でもOK

1ヵ月以内であれば届け出はいつでもOKですので、出し忘れずにしっかりと提出しておきましょう。

開業届の提出の仕方は?

「わざわざ開業の届け出を提出するなんて大変そう…。」と思う方もいらっしゃいますよね。

しかし、実際の開業届の提出は簡単に行うことができます。

まず最初に国税庁のホームページから届出用紙のフォーマットをダウンロードします。

次に、必要事項である、最寄りの税務署名と提出日、自宅の住所、氏名と生年月日、職業と屋号、マイナンバーを記載して提出するだけです。

輸入ビジネスをする場合には職業欄「海外製品の輸入販売」と記載し、屋号には、ネットストアなどで使用するショップ名を記載します。

必要事項が記入できれば、印刷後に捺印し、税務署に提出するだけでOK。

書類の提出時の持参物は印鑑(認印)とマイナンバーカード、運転免許証などの身分を証明できるものを忘れずに持っていきましょう。

節税対策ができる「青色申告承認申請書」の作成も行っておくべき理由

通常、個人事業主は「白色申告」と「青色申告」の2種類から確定申告を行なう方法を選ぶことができます。

この2つにどういった違いがあるのかというと「白色申告」は簡単に提出できるが控除がなく、節税対策ができません。

一方、「青色申告」は記帳が必要になりますが、「青色申告特別控除」となり10万円か65万円の控除が受けられます。

この値段の違いは「簡易簿記(控除額10万円)」、「複式簿記(控除額65万円)によって異なります。

簡易簿記は簡単に言えばお小遣い帳のようなもので、仕入れ金や支出額、収入などを簡潔に記載します。

複式簿記はお金の入出金と、その原因となる2つの側面を記載しなければなりません。

■複式簿記(控除額65万円)の例

簡易簿記の場合には「支出3,000円」の記載でOKですが、複式簿記のお場合は要因を2つ書かなければいけません。

少しややこしいですが、最近ではソフドなどで簡単に計算してくれるものが増えていますので、比較的簡単に記載することができます。

これだけではない!青色申告のメリット

  • 青色事業専従者給与
    生計をともにしている配偶者などに対して給料を支払い、その給与を経費として扱うことができ、節税になります。
  • 損失が繰越し可能
    赤字の場合は、その損失を最大3年間繰り越せます。翌年に黒字となった場合には、前年の赤字と相殺することができるので、節税対策になります。

継続的に長くビジネスを行う場合は、「青色申告承認申請書」の提出は必須と言っても過言ではありません。

逆にビジネスを辞める(廃業する)場合には、廃業届の提出が義務付けられています。

クレジットカードの作成

海外の商品を輸入(決済)する場合にはクレジットカードが必須です。

現金のみで仕入れるには手間もかかりますし、損する場面が多くなっています。

まず第一のメリットと言えるのはクレジットカードでの支払いだと振込の手間が省けるという点です。

クレジットカードさえあれば家に居ても決済手続きを行なうことができますし、決済までもスピーディーです。

現金での振り込みの場合は郵便局や銀行ATMまで行かなければいけませんし、振込手数料もかかります。

時間と手間を考えるとクレジットカードで決済を行なうのがベストだと言えるでしょう。

次に、クレジットカード決済ならポイントが貯まるという点もメリットと言えます。

貯まるポイントはカード会社によって異なりますが、楽天カードなら「100円につき1ポイント」、イオンカードなら「200円につき1ポイント」貯まります。

現金で決済をしていると手数料がかかる上に、ポイントは1ポイントも貯まりません。

例えば、楽天カードで20万円分の仕入れを行った際には“2,000ポイント”貯まります。

これを毎月行っていたとすれば、数年後にはまとまった金額になっていることでしょう

現金で仕入れの決済を行う予定にしている人は、クレジットカードの作成を行いましょう。

なんらかの支払いが遅延していたりする場合にはクレジットカードの審査が通らなくなることも考えられますので、気を付けましょう。

事業専用の銀行口座を開設する

個人事業主とし開業した場合には、これまで自分が使っていた使い慣れた口座を使うべきか、新しく銀行預金口座を開設するのかどうしればいいのか分からない方もいらっしゃると思います。

基本的には、個人事業主として事業を始める場合には事業専用口座の開設がおすすめです。

事業専用の銀行預金口座の開設をオススメする理由は、3つあります。

事業専用の銀行口座を開設するメリット

  • 銀行預金口座の入出金の内容を判断しやすい
  • 個人事業の資金繰りの行いやすい
  • プライベートの取引を見せる必要がなくなる

まず、「銀行預金口座の入出金の内容を判断しやすい」という理由は、1つの口座内で仕事とプライベートの入出金などの明細が増えると管理が難しくなります。

この取引は仕事で行ったのか、それともプライベートで行ったものなのか分からなくなってしまうと処理を行うのが大変になってしまいます。

そのため、事業用の銀行預金口座を開設し、プライベートのものと完全に分けることで内藤が明確になり、管理もしやすくなります。

次に、「個人事業の資金繰りの行いやすい」ということ。

個人事業主にとって、資金が不足してしまうと倒産となり、会社を続けることができなくなってしまいます。

個人事業用の銀行預金口座を開設することで、口座内にある資金が事業の残高ということになりますので、資産を管理しやすくなります。

同じ口座で管理していると、プライベートのお金なのか事業で使えるお金なのか分からなくなってしまいます。

そういったリスクを防ぐためにも個人事業主専用口座の開設を行いましょう。

また、事業用とプライベートの口座を同じにすることによって、確定申告などの際に税理士などに依頼をすると事業の取引を把握するために通帳を見せる必要があります。

通帳が同じなら、その際にプライベートの取引も記載されていますので、税理士が見たくなくとも目に付いてしまいます。

プライベートの入出金などのやり取りを他人に見られたくないという人は口座を分けるようにしましょう。

輸入ビジネスを今すぐに始める手順

輸入ビジネスを始める際に何か特段必要な資格はあるのかと言うと、特にありません。

「輸入ビジネスを始めたい」と思ったとすれば、今日や明日からでも「輸入ビジネス」を始めることができます。

手順①「開業届」と「税関発給コード(輸入者符号)」を発行する

特に必要な資格はありませんが、この記事の中で申し上げた「開業届」と「税関発給コード(輸入者符号)」を発行する必要があります。

税関発給コード(輸入者符号)とは、あなたがどのような貿易を行っているかを管理するものです。

これに登録するとあなたが「いつ、どこで、どんなものを輸入・輸出した」のかが記録されています。

税関発給コードは関税で発行することができ、住民票などの本人確認書類が必要となります。

手順②商品を輸入する

開業届などの必要な手順が終わったら、商品の輸入を行います。

輸入する商品でヒットが期待できるのは「日本で販売されていないブランド」や「海外セレブが使っている商品」です。

海外ではブームだけど日本で販売されていないものであれば、購買ルートが限られています。

定番の購入ルートの1つになるためには早く商品を取り扱っている必要があります。

今話題になっている商品をしっかりとリサーチし、相場などの市場を知っておきましょう。

商品の相場や物価を知っておくことで利益を得やすくなっています。

手順③ショッピングサイトで商品を販売する

商品の仕入れが終わったら、国内のショッピングサイトや自社サイトなどで商品を販売します。

ショッピングサイトなどで掲載している商品が売れたら、まずは購入者に発送手配を行いましょう。

中には、売れる売れないの見極めは難しいため、在庫を抱えるのが怖いという方もいらっしゃいますよね。

そういう方は「注文が入り次第に仕入れて発送したい」と思うもの。

商品が売れてから仕入れるまでに時間がかかる場合には海外からの発送のため、商品の到着が遅くなってしまうことを伝えておく必要があります。

しかし、消耗品などでリピーターが見込める場合にはある程度一度に仕入れておくのもおすすめです。

手順④入金を確認して取引終了

商品を発送し、購入者の手元に商品が届き次第、売上金があなたの口座に入金されます。

反映されるまでにはサイトによって日数が異なりますが、ここで基本的に取引は終了となります。

しかし、取引が終了したと思いきや、お客からの商品についてのお問い合わせは商品到着後が多いです。

「使い方が分からない」や「初期不良」などのお問い合わせがあるケースも。

ここで適当な対応をしてしまうと、“悪いショップ”のイメージが蓄積される可能性があります。

お客からのお問合せには真摯な対応を心がけるようにしましょう。

まとめ

輸入ビジネスについて記載していきましたが、いかがでしたかでしょうか?

1人で輸入ビジネスを始める自信がないという方は「輸入ビジネスセミナー」などのアドバイスが受けられるコンサルも開催されています。

知識を習得してからビジネスを始めたいという方や不安な方はセミナーを受けてみるのもよいでしょう。

セミナーは有料のものがほとんどですので、初期費用こそかかってしまいますが、知識を得ることで長い目で見ると得することもあるかもしれません。

即日でお金を借りれる・無利息期間あり低金利のキャッシング・カードローンランキング

マネー塾では、国内で2000近くある消費者金融から厳選して自身に合っているキャッシング業者をランキング形式で公開しております。
・低金利である
・即日・当日借入が可能
・他社で借りていても借りれる
・スマホから借りれる
上記の項目を満たしたキャッシング・カードローンをご覧下さい。

おすすめの記事